Image,Of,A,Woman,Using,A,Laptop,Computer

副業で月10万円を目指す!おすすめの副業5種類を紹介

せっかく副業で稼ぐなら「月10万円の副収入」を目標にしている方も多いのではないでしょうか。副業には選択肢が多く、中には準備や初期費用をかけずにスタートできる仕事もあります。では「月10万円」を稼ぐにはどのような副業が望ましいのでしょうか。 この記事では、「副業で月10万円」の壁を超えるために、おすすめの副業を紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

月10万円を稼ぐためにおすすめの副業5種類

Young,Woman,Holding,Money,Shot,In,The,Studio

どの副業を選ぶかによって、得られる収入や初期費用の負担などに違いがあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、人によって向き、不向きがあるため、どの副業が適しているのか、十分に検討することが大切です。

それでは、月10万円を稼ぐのにおすすめの副業を5つに絞って紹介します。

地道に稼げる「アルバイト」

月10万円という目標を継続的に達成したいとお考えなら、夜間や高時給のアルバイトを検討しましょう。アルバイトは時給が決まっているため、働く時間が長いほど時給が発生するのが最大のメリットです。

短時間勤務で高時給を得られるアルバイトには、引っ越しやイベントのサポート、コンパニオンなどがあります。本業で催事のディレクション経験が豊富ならイベントディレクターなど、自分の体力や知識、経験に合ったアルバイトを選ぶと良いでしょう。

ただし、アルバイトは一定時間の拘束があり、本業が多忙という理由では休むことができません。あくまでも副業ですから、本業に支障が出ない程度の拘束時間にとどめておくことが必要です。

知識やスキルを活かせる「クラウドソーシング」

クラウドソーシングは、インターネットを介して仕事を受発注できるサービスを指します。

募集される仕事内容は多岐にわたり、データ入力やライティング、紙面デザイン、ホームページ制作、翻訳など、自身の得意分野から探せます。

クラウドソーシングで、始めてすぐに10万円を稼ぎ出すことは現実的ではありません。経験を積むうちに個人の評価が上がり、高単価の仕事につながっていきます。

成果報酬を得られる「アフィリエイト」

ホームページやブログに広告を掲載し、広告を経由して商品やサービスが売れると、掲載主から一定の割合で報酬を受け取ることができるものです。この仕組みをアフィリエイト(成功報酬型広告)と呼びます。

ホームページやブログの運用に関する知識、日々の更新作業の手間などから敬遠される方も多いようです。しかし最近はSNSを用いた、手軽なアフィリエイトサービスが増えており、スマートフォンさえあれば始められます。

また、こちらも短期的に高収入を得られる副業とはいえません。まず広告を目にするユーザーを増やす必要があるので、専門的な知識が必要です。半年から1年など長期的な視点で収入計画を立てるのがおすすめです。多くのユーザーを獲得できれば、安定した収益を見込めます。

巣ごもり需要で人気拡大中「ネットショップ経営」

ショッピングサイトを運用することをネットショップ経営と呼びます。ショッピングサイトとは、インターネット上で商品を購入できるサイトのことです。顧客と対面で販売するショップ経営とは異なり、初期費用やランニングコストはほとんどかかりません。ネットショップを開店するには、以下の2種類の方法があります。

・ショッピングモールに利用登録する

・ショッピングカートを利用する

ショッピングモールを利用する場合、ショッピングサイトを構築しなくても登録のみで出店できます。決済や集客をモール側に任せられるメリットもあります。

一方で、ショッピングカートを利用する場合は、自身でショッピングサイトを構築することが必要です。集客を自分で行う必要があるものの、獲得した顧客情報は独占できます。また、サイトのデザインが豊富なため、自社の特色を押し出すことが可能です。

ほかにも、ネットショップ経営に関して仕入れ専用のサイト、在庫管理から発送まで対応してくれるネットショップ向けのサービスなどもあり、専門知識がなくても運営できます。

ネットショップは、仕入れた商品によってはすぐに月10万円の収入を達成できる可能性もあります。事前に売れ筋商品や商品の価格帯についてリサーチしておくと良いでしょう。

短時間で稼げることも?「投資」

本業が忙しく、できるだけ短時間で収入を狙いたいなら「投資」を始めるのもおすすめです。主な投資先について簡単に紹介します。

株式投資

株価の値動きに合わせて株式を売買することで、短期間で月10万円の利益を得ることも決して珍しいことではありません。まとまった投資額は必要ですが、成功すれば投資額以上のリターンを得られる可能性があります。ただし、投資先の企業の業績や経済状況の変動によって株価が低下すると、その分損をしてしまうリスクもあります。

また、短期間で儲けるなら、毎日のように取引する「デイトレード」で日中、常に株価を注視しなければなりません。株価はほんのわずかな時間でも大きく変わることがあるので、本業が多忙であれば日中に株価をチェックし続けるのは現実的ではないでしょう。

FX

外国通貨を売買したときに発生する差額で利益を狙う投資方法がFX(外国為替証拠金取引)です。基本的に365日、24時間いつでも取引可能なため、会社員であっても始めやすい副業といえます。

また、「レバレッジ」という手法を活用すれば、少ない元手で大きなリターンを得るチャンスもあります。とはいえ、レバレッジが大きいほど損失もそれだけ大きくなるため、損切り(ロスカット)するタイミングをあらかじめ決めておくことが前提です。

FXを扱う証券会社は、ほとんどがスマートフォンアプリを提供しており、少額でも投資可能な証券会社も多く、誰でも気軽に始めることができます。

また、本番と同じ環境でFXを体験できる「デモトレード」のサービスもあるなど、初心者へのサポートも豊富です。

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)は、インターネットでやり取りできる資産です。「資金決済に関する法律」第二条は、暗号資産を代金の支払いに使うことができ、通貨と交換できる、電子的に記録されるなど一定の条件を満たすものと定めています。

暗号資産は少額で取引を始めることができ、元手をあまりかけたくない方におすすめです。短期間で価値が何倍にも上昇することもあり、高収入を得られるチャンスもあります。

ただし、比較的新しい投資方法のため、信頼できる暗号資産であるか見極めることが大切です。

副業で月10万円稼ぐためのポイント

Young,Asian,Woman,Working,In,The,Room.

これまで月10万円を稼げる可能性がある副業を紹介してきましたが、誰でも簡単に10万円を稼ぐことは難しいでしょう。そこで押さえておきたいポイントを紹介します。

一度にいろんな副業に手を出さない

複数の仕事に手を出さないのがポイントです。まずはひとつの副業に集中できるように、自身の得意分野から選ぶことをおすすめします。

ひとつめの副業が安定したら、ほかの分野へ手を広げていくなど、長期的な視点に立って焦らずに収入増を目指すのがおすすめです。

継続して続けられる副業を選ぶ

掛け持ちのバイトを除けば、個人が副業を始めてすぐに月の収入が10万円を超えることはあまりないものの、コツコツと長く続けることが収入アップにつながります。長く続けても苦にならない副業を選びたいものです。

本業と並行して仕事を増やすのは、肉体的にも精神的にも負担がかかります。収入を増やしたくても続かなければ意味がありません。楽しみながら取り組める副業を選びましょう。

【副業で月10万円】年間収入・所得の「20万円ルール」に注意が必要

Hands,Of,Elderly,People,Doing,Calculations,With,A,Calculator

給与を得ている会社員は、会社が年末調整をすれば所得税と住民税の申告が済みます。しかし、副業で得た所得(または収入)が年間20万円を超えているときは、会社ではなく自分自身で確定申告する必要があります。

確定申告とは、毎年2月15日から3月15日までの期間に行う税務申告です。前年1年間の課税所得(所得から必要経費を差し引いた金額)を申告します。※副業で得た課税所得が20万円以下の場合は申告不要です。

まとめ

副業で月10万円を稼ぐには、どんな仕事を選ぶにしても、ある程度の時間やスキルが必要です。また、本業に支障が出てしまうなど、本末転倒にならないように、負担のない範囲で取り組むようにしましょう。

コツコツと続けることで副業の収入を大きく増やす方もいます。仕事の技術や趣味など、ご自身の得意分野を活かして、楽しめる副業から始めてみてはいかがでしょうか。