Businessman,Draw,Growth,Graph,And,Progress,Of,Business,And,Analyzing

【気軽さが魅力】おすすめのポイント投資を紹介

近年、気軽に始められる投資のひとつとして「ポイント投資」が話題になっています。ショッピングなどでポイントを貯められるサービスにはさまざまな種類があり、それにともないポイント投資も増えています。

ポイント投資は、うまく運用できればポイントをさらに増やしたり、増えたポイントを現金化したりすることが可能です。この記事では、おすすめのポイント投資について紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

最近よく耳にする「ポイント投資」とは?

Stack,Of,Money,Coin,With,Trading,Graph,,Financial,Investment,Concept

「ポイント投資という言葉は聞いたことがあるけれど、そもそもどのようなサービスなのか、どんな種類があるのかなど詳しくは分からない」という方もいるかもしれません。

まずは、ポイント投資の基本について説明します。

ポイントを使った新しい投資

ポイント投資とは、貯まったポイントを使って投資をする新しいサービスのことです。ショッピングなど、さまざまな場面でポイントを貯めている方も多いのではないでしょうか。

ポイント投資では、貯まったポイントを金融商品と交換することができます。現金を使う株やFXなどと違い、ポイントによる投資なので気軽に始められる点が魅力です。

少額から始められるサービスも多く、特に投資初心者に人気のサービスとなっています。運用して利益を得るだけでなく、「投資を学ぶ」という目的から、最初の投資に選ぶ人が増えています。

ポイント投資の方法は2種類

ポイント投資の方法は、大きく分けて「ポイント運用型」と「ポイント投資型」の2種類があります。それぞれどのような特徴があるのか、詳しく説明します。

1.ポイント運用型(疑似運用型)

「ポイント運用型」は、持っているポイントを現金化せずにそのまま運用する方法です。ポイントをそのまま運用会社に預けて運用するため、「擬似運用型」とも呼ばれています。

預けたポイントは、実際の株式や投資信託などの値動きに合わせて増えたり減ったりします。もともと持っていたポイント数より減ってしまうリスクもありますが、運用結果によってはより増やすことも可能です。

通常、株を買うときは証券会社で口座を作ってから購入しなくてはなりません。しかし、ポイント運用型のポイント投資は証券口座が必要なく、ポイントさえあればすぐに投資が可能です。

2.ポイント投資型(現金投資型)

「ポイント投資型」は、貯まったポイントを現金化してから、株式や投資信託などの金融商品を購入する方法です。「現金投資型」とも呼ばれており、実際の投資を体験することができます。

ポイント運用型と違い、ポイント投資型は証券口座を開設する必要があります。現金で運用を行うため、投資によって得る利益もポイントではなく現金です。

口座開設など多少の手間がかかることや、実際の投資ができることなどから、ポイント運用型で投資に慣れてから始めるという人が多いです。

ポイント投資のメリット・デメリット

Asian,Woman,Using,The,Smartphone,On,The,Sofa

ポイント投資を始める前に、どのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことも大切です。

ここでは、ポイント投資のメリットとデメリットについて解説します。

メリット

ポイント投資のメリットは、投資の元手となるものが現金ではないため、失敗したときのリスクが低いことです。貯まったポイントを利用するため、開始にあたって経済的な負担が少なく、失敗してもポイントを失うだけで済みます。

利用するサービスによっては、1ポイント単位からの少額投資も可能です。株式などを購入するときは、ある程度まとまった現金が必要になります。

しかし、ポイント投資なら現金を使わないうえ、少額からでも始めることができます。

ポイントさえあれば気軽に始められるハードルの低さは、投資初心者にとって大きなメリットだといえるでしょう。

デメリット

ポイント投資のデメリットは、「あくまでも投資なので損失自体のリスクはある」という点です。株の値動きに合わせて投資したポイントや、購入した金融商品の価値が変動するので、場合によってはポイントが減ることもあります。

また、サービスによっては、取引手数料や運用報酬などの費用がかかるというデメリットもあります。ポイント投資型(現金投資型)の場合は証券口座を開設する必要もあります。

「気軽に始めたものの、やらなければならないことが増えて大変……」ということにもなりかねません。ポイント投資を検討中の人は、こうしたデメリットがあることを知った上で始めるようにしましょう。

おすすめのポイント投資を紹介

Portrait,Photo,Of,Young,Beautiful,Asian,Woman,Feeling,Happy,Or

ポイント投資ができるサービスには、いくつかの種類があります。

ここからは、おすすめのポイント投資サービスを紹介します。

Tポイント

TSUTAYAや提携するコンビニエンスストアなどで利用できるポイントです。貯まったTポイントは、さまざまなタイプの投資に利用することができます。

Tポイントの投資運用を行う会社は3社あり、株式や投資信託のほか、FXや暗号資産なども取り扱っています。商品によっては最低100ポイント(100円)から投資が可能です。

投資初心者はもちろん、さまざまな投資方法を気軽に試してみたいという方にもおすすめです。

楽天ポイント

楽天グループのサービスなどを利用することで貯められる楽天ポイントは、楽天証券を通じて投資をすることができます。

気軽に始められるポイント運用型に加え、株式や投資信託、バイナリーオプションなど取り扱っている金融商品も豊富です。

ほかのサービスと比べて手数料が比較的安いことや、1ポイント(1円)単位で使用できる手軽さも特徴です。投資信託は100円から購入することができます。

Pontaポイント

ローソンやローソンストア100などで貯められるPontaポイントは、大手証券会社と提携しているサービスを利用することでポイント投資ができます。

保有しているPontaポイントを「1ポイント=1キャッシュポイント」に交換した上で、株式を購入することが可能です。少額から購入でき、1株分以上になれば本物の株式と交換することもできます。

また、ネット専業の証券会社が運営するサービスでは、「100ポイント(100円)以上、1円単位」で投資信託を購入することもできます。「株式や投資信託を試してみたい」という人におすすめです。

dポイント

NTTドコモが運営しているdポイントは、100ポイント単位で気軽に運用できることが特徴です。投資方法は大きく2種類あり、運用会社に任せる「おまかせ運用」と、自らテーマを選んで投資する「テーマ運用」です。

おまかせ運用では、バランスコースとアクティブコースのどちらかを選択でき、より大きなリターンを得たい方にはアクティブコースがおすすめです。できる限りリスクを避けたいという方は、バランスコースの方が良いでしょう。

テーマ運用には、日経平均株価(日経225)や米国大型株などいくつか種類があり、自分に合ったものを選ぶことができます。ひとつだけではなく、複数を選んで同時運用することも可能です。

「投資に興味はあるけれど、自分で商品を選ぶ自信がない」という人におすすめです。

そのほか初心者向けの投資はさまざまある

このように、ポイント投資にはいくつかの種類があります。元手が現金ではないポイント投資は、低リスクが魅力です。

とはいえ、リスクの低さという観点から見れば、ポイント投資以外にも初心者向けの投資はさまざまあります。

最後に、ポイント投資以外の初心者向け投資について簡単に紹介します。

つみたてNISA

少額投資非課税制度「つみたてNISA」です。少額から投資可能で、長期にわたって積立・分散投資ができるため、投資によるリスクを減らすことができます。最長20年間、年間40万円まで利益に対して非課税になるのもメリットです。

個人向け国債

国が資金調達のために発行している「個人向け国債」も、投資初心者向けです。国債は国に対してお金を貸して、利息を受けることができる仕組みのことです。国の財政が破綻しない限りは損をすることはありません。ただし、ほかの金融商品に比べて利率が低いというデメリットがあります。

iDeCo(イデコ)

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは私的年金制度のことです。 自ら毎月の掛金や運用方法を選択し、得られた利益は掛け金と一緒に給付金として受け取ることが可能です。利益は非課税で、掛け金は全額所得控除になるため、税金対策としてのメリットもあります。

まとめ

ポイント投資にはさまざまなサービスや種類があり、それぞれに特徴があります。普段使っているサービスによって利用しやすいポイント投資も異なるため、生活スタイルや投資方法をふまえた上で選ぶと良いでしょう。

ポイント投資以外にも少額からできる初心者向けの投資はいくつかあります。

応援型不動産クラファン「利回りくん」も、一口10,000円から出資できる少額投資商品で、初心者でも利用しやすいサービスです。

利回りくんは、不動産投資とクラウドファンディングを組み合わせた新しいサービスで、特定のコンセプトを持った不動産物件に投資を行うことで、配当金を受け取ることができます。単に配当金を受け取るだけでなく、投資を通じて社会貢献や地域創生などの支援ができるというのは、ほかの投資サービスにはない大きな特徴です。

「利回りくん」の詳しいサービス内容はこちらから