Businessman,Hand,Touch,Screen,On,Virtual,Financial,Chart,And,Stack

少額投資でもハイリターンは狙える?おすすめの投資手法と運用ポイント

少額投資を始めてみようと考えている人の中には、たとえ少額でもハイリターンを狙いたいと考えている人もいるでしょう。

しかし、少額投資だとリターンも小さいのではないかと思ってしまうこともあるかもしれません。リスクを抑えながら、お金を貯めていくようなイメージを抱いている人も多いでしょう。

ここでは少額投資でハイリターンを狙う方法について紹介していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

少額投資でもハイリターンは可能?

Flipping,Of,Wooden,Cubes,Block,Which,Print,Screen,Risk,And

投資をする目的はお金を増やすことでしょう。できるだけリスクを負わずにお金を増やしたいものです。しかし、投資ではお金を増やせる可能性がある反面で、お金が減ってしまう可能性もあります。リターンを得ようとすれば、リスクも取らざるをえません。リスクを取らずにリターンだけ得ることはできないという点を理解しておきましょう。

また、基本的にリスクとリターンは比例する関係にあります。

リスクが大きければ、リターンも大きくなるのが一般的です。仮想通貨などのハイリスク・ハイリターンといわれる金融商品は、大きな利益を得られることもあれば、大損してしまうこともあります。

逆に定期預金などのローリスク・ローリターンの金融商品なら、1年かけても元本の1%未満しか増えませんが、元本割れしてしまうこともほとんどありません。

少額投資は元手となる資金の金額をが少なくすることでリスクを抑えています。そのため、ハイリターンは狙いづらいのが実情です。しかし、運用次第でハイリターンを狙える可能性はあります。

少額でもハイリターンが狙える投資手法3選

Business,Team,Meeting,Analyze,Financial,Graphs,Market,Growth,Reports,And

少額の資金でハイリターンを狙える投資手法としては次のようなものが挙げられます。

1.つみたてNISA

つみたてNISAというのは長期間の積立投資や分散投資を非課税で行える制度のことです。

専用の口座が必要で対象となる金融商品もあらかじめ決められていますが、少額の資金からでも始めることができます。

最低投資額は、銀行や証券会社によって異なりますが、ネット証券だと100円からでも始められるところが多いです。

また、運用する金融商品によってよりリスクやリターンの大小に差があります。主に海外株式だとリスクも高いですが、その分だけ高いリターンが期待できるでしょう。

運用益がマイナスになってしまうこともありますが、長期間保有すると価格が安定しやすいです。

2.ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングというのは、お金を預けて投資したい人と、逆にお金を借りたい人のマッチングを行うサービスです。

お金を預ける側は、運用条件を確認したり融資先企業についてチェックしたりする必要がありますが、それほど手間はかかりません。株式投資などと比べると、少ない知識でできます。その上、利回りは5~10%程度と高めです。

業者によって、最低投資額は異なりますが、1万円から始めることもできます。そのため、数万円程度の投資をする際にも、投資先を複数の企業に分散することが可能です。少額投資でハイリターンを狙いたい人にぴったりの投資手法といえます。

ただ、ソーシャルレンディングはその性質上、途中解約ができないという点に注意が必要です。また、貸し倒れのリスクに関しても、十分に理解しておかなければなりません。

3.不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングというのは、不動産会社が投資家から資金を集めて投資用の不動産を購入し、運用する投資手法です。不動産の運用益が投資家に配当として分配されます。

不動産投資を行うには、多額の資金が必要になりますが、不動産クラウドファンディングなら少額でも不動産投資を行えるのが魅力です。不動産会社によって、最低投資額は異なりますが、1万円からでも始められます。

利回りは投資対象の物件によって異なりますが、おおむね3~7%程度です。利回りの高い物件はリスクも高めですが、1万円から投資できるということであれば、ハイリターンを狙って投資したいと考える人も多いでしょう。

投資対象の物件に関する情報は、不動産会社から提供されるため、、自分で調べる必要はありません。 そのため、情報収集に時間をかけずに行うことができます。

また、複数の物件に分散して投資することも可能です。利回りの高い物件でハイリターンを狙いつつ、それと同時に手堅く利益を出せる物件にも投資することができます。

少額投資でハイリターンを狙う際の3つのポイント

Magnifying,Glass,On,Colourful,Pie,Chart,With,"investment",Text,On

少額投資でハイリターンを狙う際に、どんな点に注意すべきなのか見ていきましょう。

1.長期投資をする

長期投資というのは、投資対象とする不動産や株式などを短期間では手放さず、何年も保有し続けることです。短期間で何度も売買を続ける場合には、資金が多くないとまとまった利益を出すのは難しいですが、長期投資なら低コストでハイリターンを狙えます。

短期投資だと不動産や株式の売買のたびにかかる手数料が軽視できません。その点、長期投資なら手数料を支払う回数も少なくて済みます。

複利効果を得やすいのも長期投資でハイリターンを狙える理由のひとつです。投資期間が長ければ長いほど、複利効果は大きくなり、最初は少額で利益が小さかった場合でも大きな利益を生むようになります。

また、投資の対象物は値動きしますが、ときには大きく価格が変動することもあるでしょう。そのような場合に、短期投資なら大損してしまう可能性もあります。しかし、一時的に価格が変動しても数年後には元に戻っていることも珍しくありません。

数年単位や10年、20年といった長期間にわたって、投資の対象物を保有するなら、変動リスクの影響を受けにくいということになるでしょう。

2.分散する

投資用の資金をすべて同じ不動産や株式に投資する方法もあれば、複数の不動産や株式に少しずつ投資する方法もあります。ひとつの投資先に資金を集中させることで、ハイリターンを狙える反面で、リスクも大きくなるのが難点です。もし、その投資先の価値が下がれば、資産の大半を失ってしまうでしょう。

そのため、少額投資でハイリターンを狙うなら、なるべく複数の投資先を用意しておくのが望ましいです。分散投資することで、そのうちのひとつが大きく値下がりしても、損失を抑えることができます。

3.手数料を抑える

投資を行う際には、証券会社などの業者を利用するのが一般的です。その際に手数料がかかります。投資で利益を得ようと考える際には、手数料のことも考慮しておかなければなりません。

株式などの売買で利益が出た場合でも、手数料分を差し引くと利益がなくなるということもあります。特に、少額投資の場合には、資金が多い場合と比べて手数料が割高に感じられることが多いです。

証券会社などの業者によって手数料は異なるため、なるべく低いところを選ぶのが良いでしょう。売買金額で手数料が決まる業者もあれば、回数などで決まるところもあります。

少額投資でハイリターンを狙うなら応援型不動産クラウドファンディング「利回りくん」を利用してみてはいかがでしょうか。「利回りくん」なら1万円から投資可能です。

独特な コ独自のコンセプトを掲げた不動産を扱っているため、応援したいと思う物件を選ぶと良いでしょう。もちろん複数の物件に分散投資することも可能です。

運用想定期間は10年程度の物件が多いため、長期投資にも向いています。

まとめ

少額投資はリスクを抑えた投資方法であるため、ハイリターンを狙うのは難しい面もありますが、投資手法によっては可能です。ハイリターンが狙える投資手法としては主に、つみたてNISAやソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディングなどがあります。

ハイリターンを得るには長期投資で複利効果を狙うことと、投資対象分散させることが重要です。上手くリスクを抑えながら、少しずつ利益を上げていきましょう。