将来性・今後に期待の仮想通貨5選|おすすめ取引所5選・買い方も紹介

暗号通貨取引を始めてみたいけど、今後の将来性が気になるから調べた上で判断したいと思っている方もいるのではないでしょうか。暗号通貨は、長期的に価格が上昇傾向にあることや、多くの店舗や金融機関で利用が進んでいく見込みがあることから将来性に期待できます。

そこで今回は、暗号通貨(暗号資産)の将来性や今後について徹底解説。さらには、おすすめの取引所、将来性の期待できる通貨を解説します。

これから暗号通貨取引を始めてみたい方は、ぜひ参考にしてください。
暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

暗号通貨は今後どうなるかを予想

まず、暗号通貨が今後どうなっていくのかといった予想をご紹介します。暗号通貨の長期的な価格動向や用途の広がりから見た、将来性の見解をお答えしていきます。

暗号通貨の価格は長期的に上がる?

レート

出典:Google Finance

上記はビットコインのレートをグラフに示したものです。]画像のように、暗号暗号通貨の価格は長期的に上がっていく傾向にあります。

画像のレートは、2015年末〜2022年3月28日までのビットコインの価格動向です。価格の変動は大きいものの、長期的に見ると右肩上がりに上昇しているのがわかります。

レート

表

出典:Google Finance

また、ビットコイン以外のイーサやライトコインといった暗号通貨も、総じて上昇傾向にあります。こちらも同じく2015年末〜2022年3月28日までのアルトコインの価格動向を示したものです。

コロナ禍以前に比べ近年は上昇幅が大きいことから、今後も大きな利益を期待できるでしょう。
暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

暗号通貨の用途は今後増々拡大する?

コイン

暗号通貨は、近年店舗での決済通貨として利用が増えてきています。例えば、スポーツジムや家電量販店でクレジットカードや現金払いに加えて、暗号通貨での支払いもできるところが存在します。

 暗号通貨が拡大する理由には、個人投資家だけでなく、機関投資家が参入してきていることがあります。

機関投資家とは、銀行や信用金庫、政府系金融機関などのことをいい、顧客から大きな資金を預かって取引をする組織のことです。機関投資家は、個人投資家よりも大きなお金を動かせるため、暗号通貨の投資に積極的になるほど、レートが上がりやすくなります。

機関投資家が増えることで、暗号通貨の信用性が高まります。
暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

価格と用途から見た暗号通貨の将来性は?

アルトコイン

暗号通貨ついては、長期的な価格の上昇と、年々利用機会が増えていることから、その将来性に期待できると言えるでしょう。しかし、いくらレートが上昇傾向とはいえ、価格が大幅に下落するタイミングもあるため注意が必要です。

 長期的に暗号通貨を保有する場合は、利益を得られる可能性は高いですが、短期売買の場合、取引のタイミングが悪ければ大きな損失につながる恐れがあります。

そのため、安易に暗号通貨取引を始めるのではなく、経済動向やリスクにも目を向けることが重要です。

暗号資産への投資も、基本的な原理は他の金融投資と大きくは変わりません。
暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

将来性に期待!暗号資産(仮想通貨)5選

ここでは、将来性が期待できる暗号通貨5選をご紹介します。

将来性が期待できる暗号通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

ビットコイン(BTC)

アルトコイン

ビットコインの特徴
  • 知名度が高い
  • 基軸通貨として扱われている
  • 家電量販店やスポーツジムの決済通貨として導入されている

ビットコインは、数ある暗号通貨の中で時価総額1位と流通量の多い暗号通貨です。通貨の流動性が大きく安定した取引ができるのが魅力です。

ビットコインは、将来的に決済通貨として日常に普及していく可能性があるため、期待を寄せられています。

ビットコインが取引できる仮想通貨取引所

 

暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

イーサリアム(ETH)

イーサリアム

イーサリアムの特徴
  • 価格の変動が激しい
  • ビットコインの値動きと連動している
  • NFT取引で利用できる

イーサリアムは、ビットコインと比べて価格が急激に上昇している通貨になります。急激に上昇している分、過去には大暴落した時期もありましたが、未だに上昇率は衰えていません。

イーサリアムは、NFTアートの取引で利用でき、スマートコントラクトと呼ばれるブロックチェーン上に契約内容を保存できる技術が施されています。

イーサリアムが取引できる仮想通貨取引所

 

暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

リップル(XRP)

リップル

リップルの特徴
  • 換金によるコストが安い
  • 時価総額ランキングが7位で1,000億枚以上発行されている
  • 中央集権型としてRipple Inc.が管理している

リップルは、通貨の決済や送金に特化された暗号通貨です。ビットコインやイーサリアムのような、ブロックチェーンなどの非中央集権型ではなく、金融機関のように中央集権型になります。

リップルは換金コストが安い上に、時価総額ランキングが7位と安定傾向にあります。リップルは、アメリカに拠点を置くRipple Inc.がシステムの管理をしているため、セキュリティも万全です。また換金や送金による手数料が安いため使いやすいのが特徴です。

リップルが取引できる仮想通貨取引所

 

暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

ビットコインキャッシュ(BCH)

アルトコイン

ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインよりも送金速度が速く手数料が安い
  • 決済可能な店舗が増えてきている
  • 基軸通貨として期待されている

ビットコインキャッシュは、ビットコインの取引者が増加したことによって、データの送金遅延を解消するために生まれた暗号通貨です。

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも送金にかかる時間が短く手数料も安いため、決済通貨としての利用が期待されています。またビットコイン同様に、基軸通貨としての期待感も高まっています。徐々に決済できる店舗も増えてきているため、価格の上昇も期待できるでしょう。

ビットコインキャッシュが取引できる仮想通貨取引所

 

暗号資産(仮想通貨)取引におすすめ! 仮想通貨取引所
5選をチェック

ライトコイン(LTC)

ライトコイン

ライトコインの特徴
  • ビットコインよりも発行上限が多い
  • ライトニングネットワークが導入されており高速かつ安全に決済ができる

ライトコインは、元GoogleのエンジニアのCharlie Lee氏により生み出された暗号通貨です。ビットコインキャッシュと同様に、ビットコインから派生して生まれた暗号通貨で、送金速度が速いのが魅力です。

ライトコインは、ビットコインよりも発行上限が多く8,400万枚となります。実用性に優れているため、決済サービスへの導入にも期待できます。

ライトコインが取引できる仮想通貨取引所

おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所5選

ここでは、暗号通貨の購入におすすめの取引所5選をご紹介します。

暗号通貨の購入におすすめの取引所
  1. bitFlyer(ビットフライヤー)
  2. DMMビットコイン
  3. GMOコイン
  4. コインチェック
  5. SBI VC トレード

コインチェック

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • 仮想通貨の自動積立ができる
  • 取引手数料無料
  • 少額500円からの取引が可能

コインチェックは、東証一部に上場しているマネックスグループが親会社なので、安全性の高い暗号通貨取引所です。

 コインチェックは仮想通貨の自動積立が可能で、500円からの少額取引ができます。

また仮想通貨の取引手数料が無料となっており、初めての方にも取引しやすいのも特徴です。アプリの操作画面も使いやすいと評判で、アプリのダウンロード数は、国内No.1の440万ダウンロードを超えています

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

コインチェックの特徴

取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社

参照:https://coincheck.com/ja/

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
  • 少額からの取引ができる
  • 仮想通貨の取引手数料が無料
  • Tポイントをビットコインに交換できる

Bitcoin日本語情報サイト調べによると、bitFlyer(ビットフライヤー)は日本国内の取引所の中で、ビットコイン取引量が6年連続No.1です。bitFlyer(ビットフライヤー)は少額からの売買ができ、15種類の仮想通貨を1円から売買可能です。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)」

 また、bitFlyer(ビットフライヤー)の仮想通貨は、取引手数料が無料となっています。

またお手持ちや取引で貯まったTポイントを、ビットコインに交換することも可能です。その他、bitFlyer(ビットフライヤー)は徹底したセキュリティシステムで業界最長である7年以上もハッキング・ゼロを実現しています。

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

取引所手数料 0.01%~0.15%
レバレッジ取引 2倍
取り扱い通貨 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
運営会社 株式会社bitFlyer

※1 https://bitflyer.com/ja-jp/

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

GMOコイン

GMO

GMOコインのおすすめポイント
  • 仮想通貨の自動積立ができる
  • 取引手数料無料
  • 口座開設が最短即日で完了
  • 取り扱い通貨数が、国内で最多の20種類

GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットグループを親会社に持つ暗号通貨取引所です。

 GMOコインでは仮想通貨の自動積立が可能で、取引手数料も無料です。

しかも取り扱い通貨が20通貨と国内最多で、口座開設が最短即日なため、始めたいと思ったその日から取引可能なケースもあります。2021年のオリコン顧客満足度では「暗号資産取引所 現物取引」部門でNo1※1に輝いています。

暗号資産取扱数が多い GMOコイン
無料口座開設はこちら

GMOコインの特徴

取引所手数料 Maker:0.01%
Taker:0.05%
レバレッジ取引 2倍
取り扱い通貨 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • テゾス(XTZ)
  • オーエムジー(OMG)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
運営会社 GMOコイン株式会社

※1 https://coin.z.com/jp/

暗号資産取扱数が多い GMOコイン
無料口座開設はこちら

DMMビットコイン

DMM

DMMビットコインのおすすめポイント
  • 取引ツールが高性能
  • スマホアプリが使いやすい
  • レバレッジ取引は2倍で固定

DMMビットコインは、大手DMMグループが運営する暗号通貨取引所です。DMMグループで培われた高いセキュリティで、安心安全に取引ができます。

 DMMビットコインのスマホアプリは取引に合わせたモード変換が可能で、取引ツールも高性能です。

また、レバレッジ取引も15銘柄と幅広く対応できるのが特徴です。国内暗号資産交換業者のWEBサイトによると、DMMビットコインは、レバレッジ取引の取り扱い暗号資産種類が国内No.1※1となっています。

DMMビットコインの特徴

取引所手数料
レバレッジ取引 2倍
取り扱い通貨 14種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • オーエムジー(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
運営会社 株式会社 DMM Bitcoin

※1 https://bitcoin.dmm.com/

SBI VC トレード

SBI

SBI VC トレードのおすすめポイント
  • 入出金・取引手数料など各種手数料が無料

  • スマホアプリが使いやすい

  • 新規口座開設で1,500円分の暗号資産プレゼント

SBI VC トレードは、SBIグループが培ってきたノウハウを活かして、高いセキュリティ対策を講じた運営がされています。

 SBI VCトレードが提供する公式暗号資産取引アプリでは、販売所・取引所のどちらもアクセス可能です。

また各種取引手数料が無料で、新規口座開設で1,500円分の暗号資産プレゼントの特典付きです。

SBI VC トレードの特徴

取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨 7種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LINK)
  • ポルカドット(DOT)
運営会社 SBI VCトレード株式会社

参照:https://www.sbivc.co.jp/

初心者向けの暗号通貨の買い方

スマホを触る男性

初心者の方は、暗号通貨の買い方が複雑そうなイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、暗号通貨は比較的簡単に購入できるので初心者の方でも気軽に始めやすいです。暗号通貨の購入は大きく分けて2つの方法があります。

暗号通貨の購入方法
  • 暗号通貨取引所から購入する
  • 暗号通貨を売却しているユーザーから購入する

暗号通貨取引所から購入する

スマホ

暗号通貨取引所からの購入は、以下の順番で行います。

暗号通貨取引所からの購入手順
  1. 暗号通貨取引所を選ぶ
  2. 暗号通貨取引所の口座を開設する
  3. 開設口座に日本円を入金する
  4. 暗号通貨の銘柄を選んで購入

口座開設から取引まで、2〜3日あれば完了します。

 暗号通貨を販売しているページにアクセスし、必要な金額と希望している暗号通貨を選択すれば、比較的簡単に暗号通貨を購入できるようになっています。

暗号通貨販売所で購入するのはユーザーからの購入よりも簡単な方法なため、暗号通貨を簡単に購入したい場合は、販売所で扱われているレートで購入しましょう。初心者でも簡単にできる方法なため、購入したい暗号通貨が確実に手に入るのがメリットです。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

暗号通貨を売却しているユーザーから購入する

ツールの操作

次に、暗号通貨を売却したいと考えているユーザーから購入する方法です。

暗号通貨を売却しているユーザーからの購入手順
  1. 暗号通貨取引所を利用し、ユーザーが売却したいと考えている暗号通貨とレートを確認
  2. その上で購入したいと考えているレートと一致しているものを購入

暗号通貨を売却しているユーザーからの購入は、自分で検索する必要がある分、低レートで購入できる暗号通貨もあるのがメリットです。明らかに高いレートを提示している人は少ないため、支払額も抑えられることでしょう。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)を取引するメリット・デメリット

高評価

ここでは暗号資産を取引するメリットとデメリットについてみてみましょう。暗号資産は利益を得られることもありますが、必ずしもそうとではありません。

まずはメリットについて紹介します。

暗号資産を取引するメリット

暗号資産を取引するメリットは次の4つです。

暗号資産を取引するメリット
  • 場所や時間を問わない(24時間365日取引が可能)
  • スマートフォンから取引できる気軽さを得られる
  • 少額から取引ができる
  • 海外への送金・決済が簡単

それぞれのメリットについてみていきましょう。

場所や時間を問わない(24時間365日取引が可能)

暗号資産は場所や時間を問わない、つまり24時間365日取引が可能です。

株式投資は平日の9時〜15時、FXは平日の24時間のみとなっています。

自分の生活リズムに合わせて取引ができるため、ストレスなく継続的な取引が可能です。暗号資産は株式投資やFXでは取引が難しい方に適しており、ネット環境があればどこでも取引が可能です。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

スマートフォンから取引できる気軽さを得られる

暗号資産はスマートフォンから気軽に取引ができます。

パソコンを持っていない方でも気軽に取引できるのはとても魅力的です。
コインチェックやbitFlyerなどの取引所はスマートフォンでも取引のしやすいよう、専用のアプリを提供しています。
また、UIが優れており、取引しやすくストレスを感じさせないアプリとなっています。

少額から取引ができる

暗号資産は少額からの取引が可能です。

株式投資は平日の9時〜15時、FXは平日の24時間のみとなっています。

株式投資の国内株などの取引は100株単位からとなっており、1株単位で購入できる外国株でも数千円からが多いです。

しかし暗号資産は500円から始めることができ、まとまった資金は必要ありません

 少額投資はリスクを抑えられるというメリットもあります。

海外への送金・決済が簡単

暗号資産はインターネット上での通貨となっており、海外への送金・決済が簡単にできます。

さらに銀行振込に比べて手数料が安かったり、着金が早かったりなどといったメリットがあります。

海外送金は数千円かかることもざらですが、仮想通貨ならば無料の場合もあります。

初めて取引をする方はもちろんのこと、今まで海外取引をしていて手間に感じたことがある方に暗号資産はとても魅力的でしょう。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

暗号資産を取引するデメリット

ここでは暗号資産を取引するデメリットを紹介します。具体的には次の3つです。

暗号資産を取引するデメリット
  • 価格変動が大きい
  • サイバー攻撃で資産を失うリスクがある
  • 初心者にとってはハードルが高いと感じる場合がある

暗号資産は将来性があり、成功すれば大きな利益を得られるもののデメリットもあります。

ここではそれぞれのデメリットをみていきましょう。

後悔しないためにも、あらかじめデメリットについて把握しておきましょう。

価格変動が大きい

1つ目が価格変動が大きいことです。つまり、昨日まで大きくプラスだった銘柄が今日は大きくマイナスになるということがあるのです。

暗号資産は成功すれば大きな利益を得られるものの、逆にいえば価格変動が大きいため大きな損をする可能性もあります。

 損失のリスクを下げるためにも少額投資をおすすめします。

特に初心者の方はリスクを抑えた取引を意識しましょう。

サイバー攻撃で資産を失うリスクがある

2つ目がサイバー攻撃で資産を失うリスクがあることです。

取引所はサイバー攻撃を防ぐためにも二段階認証やコールドウォレット、24時間関しなども行っていますが、それでもサイバー攻撃を受ける可能性はあります。

有名な取引所であるコインチェックも流出した過去があります。

できる限りサイバー攻撃を受けないための対策や万が一受けたときの対策を設けているものの、それでもリスクは0ではありません。

多額な資金を取り引きする方にとって、サイバー攻撃を受ける可能性があるのは大きなデメリットです。

初心者にとってはハードルが高いと感じる場合がある

3つ目が初心者にとってはハードルが高いと感じる場合があることです。

ハードルが高いと感じる理由としては次の理由が挙げられます。

初心者が仮想通貨へのハードルが高いと感じる理由
  • 価格変動が大きい
  • 銘柄によっては海外取引所を利用しなければならない
  • 悪質な情報商材屋が増えている

初心者であるためTwitterなどで調べて仮想通貨について勉強しようとする方もいますが、悪質な情報商材屋が増えているのも事実です。

そして暗号資産自体の価格変動も激しいことから、なかなか手を出せない方もいるようです。

信頼できる情報源を見つけ、取引の際はリスクを抑えるために少額投資をおすすめします。

よくある質問

暗号資産は最低いくらから取引できる?
ビットコインの場合は約500円程度から初められます。
損失リスクを下げるためにできることはある?
暗号資産についての勉強、利益よりもリスクを押さえた取引を意識する、現物取引をするが挙げられます。
Twitterやコミュニティなどの情報は信頼できる?
信頼できる情報もありますが、悪質な方もいるため信頼できる情報源がどうか確認しましょう。疑問があれば調べるようにするのがおすすめです。

まとめ

暗号通貨は、価格の変動はありますが、長期的に見ると価格は上昇傾向なため将来性に期待できます。今後は、個人投資家だけでなく機関投資家や店舗での決済通貨の導入も進んでいくと予想されているため、さらに暗号通貨のレートは上がりやすくなるでしょう。

しかし、将来のことは不確定なため安易に投資を始めるのではなく、日頃から経済動向をチェックしたり、リスクを考慮したりするのが大切です。暗号通貨取引所の口座開設は無料なので、まずは自身が投資したい暗号通貨を購入できる口座の開設をしてみましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事