暗号資産・仮想通貨って儲かるの?稼ぐポイントや注意点を解説

「暗号資産(仮想通貨)は儲かるの?」と疑問を抱いている方がいるのではないでしょうか。暗号資産をはじめるなら、まずは暗号資産で儲かる仕組みや方法を知る必要があります。

この記事では、そもそも暗号資産とは何なのかや儲けるための方法などを解説します。

暗号資産を十分な知識がなく始めると、リスクが伴うこともあるため要注意です。

暗号資産(仮想通貨)とは

コイン ダイヤ

暗号資産(仮想通貨)とは、財産的価値のある見えないお金です。金融機関を通さずに、インターネット上でやりとりができるものとして注目されています。

代表的な暗号資産には、ビットコインやイーサリアムなどがあります。また暗号資産は、銀行によって生産されているお金とは異なり、価値の変動に要注意です。

 大きく価値が変動する暗号資産は、入手と換金のタイミングを見極める必要があります。

さらに円やドルとは異なり、発行している国は特定されておらず、生活している国の通貨に換金できます

日本で暗号資産を入手し、その後アメリカに引っ越してもそのまま引き続き運用が可能です。

暗号資産(仮想通貨)は本当に儲かる?

暗号資産(仮想通貨)

率直にいうと、暗号資産は儲かる可能性が高い投資と言えるでしょう。実際に暗号資産の運用で生計を立てている方もいれば、億万長者になった方もいます。

 しかしその一方で、数十万円〜数百万円相当も損してしまう方もいることを知っておきましょう。

暗号資産を取り扱う事業所が破綻してしまえば、それまで運用していた暗号資産の価値はゼロになります

そのため暗号資産で儲けるためには、まず儲かるまでの仕組みや儲ける方法を知っておくべきです。

以下で暗号資産で儲かる仕組みや儲ける方法を解説します。

暗号資産(仮想通貨)で儲かる仕組み

ビットコイン 市場

暗号資産では、儲ける方法によって仕組みが異なります。一般的に知られている儲かる方法が、現物取引です。

 現物取引とは、暗号資産の市場価格が安いときに購入し、価格が上がったときに売却して利益を得る方法です。

例えば、市場価格が1BTC100万円の暗号資産を購入し、市場価格が1BTC200万円に上がったときに売却すれば、100万円の利益が得られます。

仕組みもわかりやすく、市場価格の変動は長期的に見て売却の判断を行うことが一般的です。

暗号資産(仮想通貨)で儲ける方法

コイン 芽

暗号資産で儲ける方法は、上記で記述した現物取引以外にも以下のような方法があります。

暗号資産(仮想通貨)の現物取引以外で儲ける方法
  • レバレッジ取引
  • レンディング
  • アービトラージ
  • マイニング

レバレッジ取引

レバレッジ取引は、元手が少額でも多額の利益が望める取引方法です。

レバレッジとは、利益率のことをいいます。

 レバレッジが10倍であれば、元手10万円で購入した暗号資産は100万円まで取引できます。

さらに値上がり率が10%であれば、元手10万円で10万円の利益が得られることになり、大きな利益を得ることも可能です。

レンディング

コイン 毛布

レンディングは、暗号資産を貸し出して利率で利益を得る方法です。

 暗号資産の利率は3%〜5%であり、貸し出す暗号資産が多ければ多いほど高い利益が得られます。

ちなみに銀行の利率は、0.01%〜0.1%であることがほとんどであり、ほとんど利益は得られません。

暗号資産をたくさん持っている方におすすめな取引方法です。

アービトラージ

アービトラージは、同じ暗号資産を利用して別の取引所で売却して利益を得る方法です。

例えば、A取引所の暗号資産を8,000円で購入し、1万円で扱われているB取引所で売却すれば、2,000円の利益が得られます。

 アービトラージで儲けるには、複数の取引所の情報や市場価格を把握する必要があります。

マイニング

ビットコイン 動き

マイニングは、コンピュータ演算による計算で暗号資産の取引内容が正しいのかを検証し、承認されたら利益が得られる方法です。報酬が受け取れるのは、1番最初に承認された方です。

 ただし、マイニングは企業も参入している方法でもあるため、個人で行っている方はなかなか承認に至らないことが多いです。

また高度な計算をし続ける必要があるため、高性能なパソコンを用意する必要があります。

常にパソコンを稼働させておくため、電気代などのコストがかかります。

暗号資産(仮想通貨)の種類

コイン スマホ

暗号資産の種類は、世界に2000種類以上もあります。数ある暗号資産の中でも、どの暗号資産を購入すべきかわからない方もいることでしょう。

そこでまずは、どのような種類の暗号資産があるのかを確認する必要があります。

暗号資産の主な種類は、以下の通りです。

主な暗号資産(仮想通貨)の種類
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • リップル
  • ネム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

暗号資産の選ぶ上でのポイント

コイン 収納

数ある暗号資産からどれが良いか選ぶ際には、次のようなポイントを参考にし選びましょう。

暗号資産を選ぶポイント
  • 安全性や信頼性が高い
  • 流動性が高い
  • 時価総額が高い
  • 将来実用される見込みがある

これらのポイントを踏まえると、やはりビットコインがもっとも流通している暗号資産だといえます。実用性に関しても、ビットコインを利用した支払い方法ができる店舗が増えています

未来のお金として、将来通常のお金と同じように使われる可能性が高い暗号資産を選ぶと良いでしょう。

暗号資産・仮想通貨のメリットとは?

高評価

暗号資産・仮想通貨のメリットは次の4つです。

暗号資産・仮想通貨のメリット
  • スマホから気軽に購入や売買ができる
  • 少額からの取引が可能
  • 送金スピードが早い
  • 24時間365日取引ができる

これから仮想通貨を始める人、検討している人は参考にしてみてください。

スマホから気軽に購入や売買ができる

1つ目がスマホから気軽に購入や売買ができることです。

仮想通貨はスマホから取引できるように、仮想通貨取引所から多くのアプリが開発されています。

 利便性が非常に高いため、使いづらいことはありません。

パソコンを持っていない方にとって、スマホ1台で管理・取引を始められるのは大きなメリットでしょう。

スマホからいつでも取引・変動の把握が可能です。

少額からの取引が可能

2つ目が少額からの取引が可能なことです。

仮想通貨は最小注文数量が数十円〜数百円と少額から始められます。他の投資では多額の資金が必要な場合でも、仮想通貨ならば取引が可能です。

リスクの高さを抑えるという意味でも、少額からの取引は魅力的です。
高額の資金は用意できない、リスクを抑えたい方には最適となっています。

送金スピードが早い

3つ目が送金スピードが早いことです。銀行からの海外送金は数日かかることもあり、手数料も1,500円〜2,000円以上かかることもあり非常に高額です。

しかし、仮想通貨であれば数分〜数十分で送金ができ、手数料も非常に安く抑えられます。

証券会社や銘柄によっては送金手数料が無料なこともあります。
送金スピードの速さと手数料のやすさは、仮想通貨ならではの大きなメリットです。

24時間365日取引ができる

4つ目が24時間365日取引ができることです。株は銀行の営業時間、証券会社の営業時間に合わせる必要があります。

ライフスタイルによっては取引が難しい場合もあるでしょう。
しかし仮想通貨ならばスマホがあれば、24時間365日いつでも取引できます。
 不規則な仕事や昼間に仕事がある方でも無理なく投資が可能です。

暗号資産(仮想通貨)と株式投資の違い

パソコンデータを調べる人

暗号資産に興味がある方は、他の投資にも興味を持っているのではないでしょうか。ここでは暗号資産と株式投資の違いを解説します。

最低投資額・取引時間・ストップ高とストップ安について解説するので、ご自身に合う投資方法を選びましょう。

最低投資額

暗号資産と株式投資の最低投資額は、以下の通りです。

暗号資産の最低投資額 数十円~1万円以下から
株式投資の最低投資額 数十万円から

暗号資産の最低投資額が安いのは、小数点以下の単位で購入できるからです。1BTC1万円の暗号資産を、0.1BTC1000円で購入できます。

 株式投資と比べると、暗号資産の方が少額からはじめられ気軽にはじめやすいといえます。

また通常の株式投資の場合は、100株単位で購入しなくてはいけない場合が多いです。1株1,000円であれば、10万円分まとめて支払う必要があります。

ただし10分の1の金額で購入できる「株式ミニ投資」や、毎月1万円からの支払いで購入できる「株式累積投資」もあります。

取引時間

小銭 時計

暗号資産と株式投資の取引時間は、以下の通りです。

暗号資産の取引時間 24時間365日
株式投資の取引時間 東証:平日の9:00~11:30と12:30~15:00
名証・札証・福証:平日の9:00~11:30と12:30~15:30

暗号資産の取引は24時間365日可能であり、いつでも購入・換金ができます。一方株式投資の場合、取引所によって営業時間が異なります

株取引ではどの取引先でも平日しか取引できないため、なかなか思い通りに運用できない方もいるでしょう。

ストップ高とストップ安

コイン ゴールドバー

暗号資産と株式投資のストップ高とストップ安は、以下の通りです。

暗号資産のストップ高とストップ安 なし
株式投資のストップ高とストップ安 基準値段によって異なる
(例:基準値段が1万円の場合は、ストップ高が13,000円で、ストップ安が7,000円)

そもそもストップ高とストップ安とは、株価が1日に変動できる値幅のことをいいます。

暗号資産には、ストップ高とストップ安が設けられておらず、値幅に制限はありません。ただし下限がないため、どこまで下がるのかが未知です。

 暗号資産FXなどの運用方法によっては、暴落するリスクもあるため要注意です。

一方で株式投資は、ストップ高とストップ安が基準値段によって決められています。下限があることで、ハイリスクを避けることも可能です。

ただし株式投資の場合は、上限があるため短期間で大儲けは困難と言えます。

暗号資産(仮想通貨)と株式投資のどちらが儲かる?

マンションの売却にかかる手数料

暗号資産と株式投資のどちらが儲かるのかは、取引期間や購入目的によって結果が変わります

 暗号資産であれば短期間でも儲けられますがリスクを伴う可能性が高く、株式投資は損をするリスクは低いものの、長期間の運用が必須です。

このように同じ投資方法でも儲け方が異なるため、儲かるのかは投資者次第です。

暗号資産(仮想通貨)のリスクや注意点

注意

暗号資産投資をはじめるなら、すべての投資にリスクがあることを把握しなくてはいけません。

そこで、暗号資産のリスクや注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

知名度の低い仮想通貨への投資はハイリスク

知名度が低い暗号資産は「草コイン」とも呼ばれています。草コインは、知名度が低いですが時価総額が安いため、購入する分には安く大量に買えると感じる方が多いでしょう。

 草コインは、ビットコインのように将来性があるかと問われると、その見込みが少ないと判断されることが多いです。

知名度が低いことで、取り扱いが廃止になることがあり、廃止になれば、最悪は価値がなくなります。

また中には詐欺コインが紛れ込んでいる可能性もあるため、しっかり見極めることが大切です。

 セキュリティ対策を万全に

注意

暗号資産を購入する場合、セキュリティ対策が行われているのかが重要です。

セキュリティがあまいと、個人情報や暗号資産が流出してしまうリスクがあります。特にハッキングには気をつけなければなりません。

 はじめて暗号資産を購入する方は、利用者が多い取引所を選ぶ方が無難です。

また過去にトラブルが無かったかを調べることをおすすめします。

仮想通貨は余裕資金で運用すること

買取の依頼

暗号資産の運用に、生活費を注ぎ込むことは危険です。

 暗号資産は価格の変動が激しいため、失敗しても生活に支障がない資金で運用することがポイントです。

そのため運用をはじめたい方は、まず資金作りから行いましょう。

また暗号資産を少額から購入し、利益を増やすことでその利益を運用資金に回すことも可能です。

暗号資産・仮想通貨の運用がおすすめな人

パートナー契約

仮想通貨がおすすめな人は次の4つに当てはまる人です。

仮想通貨の運用がおすすめな人
  • 情報収集を積極的にできる人
  • 仮想通貨のリスクについて理解している人
  • ネットの意見を鵜呑みにしない人
  • 資産に余裕がある人

仮想通貨はすべての人に適しているわけではありません。時間を無駄にしないためにも、あらかじめ自分に向いているか確認をしておきましょう。

仮想通貨は向いている人もいますが、向いていない人もいます。

情報収集を積極的にできる人

1つ目が情報収集を積極的にできる人です。

 

仮想通貨は価格変動が大きいのも1つの特徴でありますが、それは場合によっては損失額が大きくなる意味でもあります。

 

 価格変動は景気や市場の状況によっても大きく左右されるため、情報収集が重要です。

 

自ら率先して情報を収集する人は、仮想通貨投資で成功する可能性が高くなります。

情報収集をする人は仮想通貨投資のみならず、他の投資にも向いています。

仮想通貨のリスクについて理解している人

2つ目が仮想通貨のリスクについて理解している人です。

 

仮想通貨は価格変動が大きく、大損するリスクがあることを把握しておかなければなりません。また、仮想通貨はまだまだ始まったばかりであり、技術面や利便性はまだ完璧といい切れない部分があります。

逆にいえば仮想通貨はまだまだ伸びしろがあるということです。

それらのリスクをふまえて仮想通貨の取引をしましょう。

 

 リスクを把握してうえで抵抗がある場合は、仮想通貨をしてもイマイチとなる可能性が高いです。

ネットの意見を鵜呑みにしない人

3つ目がネットの意見を鵜呑みにしない人です。

 

1つ目で情報収集を積極的にできる人と述べたものの、すべての情報が信用でき根拠があるものではありません。

 

 特にTwitterやコミュニティでは、初心者の方を狙った情報商材や悪質なツールも増えています。

 

ネットの意見を鵜呑みにせず、信頼できる情報なのか見決められるかも重要です。

ネットで情報を見る際は法人サイトなどの一次情報を参考にしましょう。

資産に余裕がある人

4つ目が資産に余裕がある人です。先にも述べたように、仮想通貨は価格変動が大きいものです。そのため、損失が大きいリスクがあります。

 

余剰資金での投資ならば多少の損失は問題ないことが多いものの、生活を切り詰めたうえでの投資は限界があります。

 

 資金に余裕がない場合は、余剰資金を超えない取引を意識しましょう。

 

利益を得るための投資が、マイナスばかりで生活が苦しくなっては意味がありません。

価格変動が大きい仮想通貨では、資金の余裕を第一に意識して取引をしていきましょう。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破※1
  • 取り扱い暗号資産数No.1※2
  • 最短10秒で購入可能

コインチェックは、マネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

 取り扱う暗号資産の数が17種類と、国内最大級※2となっています。

これらの暗号資産は約500円から購入が可能で、最短10秒でスマホから簡単に取引することができます。

また、暗号資産アプリのダウンロード数は415万突破の実績を誇り、使いやすさが評判のため初心者の方にもおすすめです。

お得なキャンペーンも随時開催しているため、気になる方はチェックしてみてください!

24時間対応可能なサポート体制が充実しているため、安心して取引できるでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)
※2020年1月〜2021年6月対象。公式サイトより
※2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ。公式サイトより

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴
  • 新規口座開設で2,000円プレゼント
  • DMMグループによる確かなセキュリティ体制
  • 口座開設は無料

DMMグループにより運営されている、セキュリティの優れた仮想通貨取引所です。

 レバレッジ取引が12種類、現物取引が6種類と、種類が豊富なのも特徴です。

取引手数料が無料であるため、初心者にも始めやすいメリットがあります。また、新規口座開設で2,000円プレゼントキャンペーンも実施中。

口座開設は無料なので、少しでもお得に解説したい方におすすめです。

サポート体制も充実していることから、高い信頼性を持った仮想通貨取引所であると言えます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位  0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料※BitMatch取引手数料を除く
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint

BITPOINT(ビットポイント)のおすすめポイント
  • 初心者でも簡単に取引可能
  • 使いやすい取引ツールが実装されている
  • 取り扱われている資産の信頼性が高い

BITPOINT(ビットポイント)は、初心者でも簡単に取引可能な仮想通貨取引所です。各種手数料が無料であるため、手軽に利用できるのが特徴の1つです。

 暗号資産交換業者だけでなく、金融商品取引業者にも登録されています。

このように、管理体制が整っているため、初心者でも安心できる環境を提供しています。取り扱い暗号資産は11種類で、BTCやJMYなど豊富な品ぞろえとなっています。

取引ツールの使い勝手も良いため、これから仮想通貨に触れてみたいと言う方にもおすすめです。
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の基本情報

取扱暗号資産

11種類

BTC(ビットコイン)・JMY・DOT・BCH・ETH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA・LNK・DEP

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引 -
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

出典:BITPOINT(ビットポイント)

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)に関するよくある質問

暗号資産を始めるには年齢制限はある?

暗号資産の種類によって制限されている年齢は異なりますが、18歳以上からはじめられる取引所があります。

ただし20歳未満の方は、親の同意が必須である場合がほとんどです。

しかし2022年4月から18歳以上から成人とみなされるため、年齢制限を引き下げる取引所も増えることでしょう。

暗号資産の代表的な取引所の年齢制限は以下の通りです。

暗号資産取引の年齢制限
  • Coincheck:20歳以上75歳未満
  • bitFlyer:20歳以上
  • GMOコイン:20歳以上
暗号資産はどうやって購入できる?
暗号資産を購入する流れは、①暗号資産の取引所の口座を開設する②指定の銀行口座に日本円を入金する③購入する暗号資産を選ぶ④取引画面に進み購入する
暗号資産の取引所の口座を開設するときは、各取引所の公式ホームページから比較的簡単に行えます。5分程度で開設できることがほとんどです。
暗号資産で得た収入は確定申告すべき?

暗号資産で得た利益は、基本的に確定申告で申告しなければなりません。

ただし暗号資産の利益が年間20万円以上、または給与所得と合わせて年間20万円を超える場合は必ず行わなくてはいけません。

確定申告は、税理士に依頼できます。また税理士の費用を節約したい方は、ソフトを活用してご自分で確定申告書類を作成することも可能です。

暗号資産で実際に稼いでいる人はいる?
実際に1億円以上の利益を得た方はたくさんいます。暗号資産で1億円以上の利益を得た方は、「億り人」と呼ばれており、世界各国に複数人います。
暗号資産はどうやって現金に換えられる?

暗号資産を現金に換えるには、販売所や取引所で換金手続きを行う必要があります。

暗号資産販売所は、暗号資産を取り扱っている事業を相手に売買を行う場です。また暗号資産取引所は、投資家を相手に売買を行う場であり、買い手が見つからないこともあります。

さらにビットコインATMで現金に換金する方法もあります。ただしビットコインATMは海外では流通しているものの、2022年2月時点では日本には設置されていないようです。

スマホ1台でも暗号資産の運用はできる?
はい、スマホ1台で十分な取引ができます。ほとんどの取引所は、スマホ対応である場合が多いです。
スマホで暗号資産を運用する場合は、取引所のスマホアプリがあるのかもチェックしておくと便利です。
過去に暗号資産によるトラブルがあった事例はある?

暗号資産(仮想通貨)に関連付けた投資の詐欺や、不正アクセスによる暗号資産(仮想通貨)の消失などのトラブルが実際にありました。

暗号資産を利用した詐欺コインによるトラブルは、さまざまあります。詐欺コインは、実際に存在しない暗号資産を購入させ、支払い金額のみを回収する立派な詐欺の手口です。

騙されないためにも、暗号資産について知識を深め、知名度が高い暗号資産を購入することをおすすめします。

また取引所が受けたトラブルとして、ハッキングや不正アクセスが原因で暗号資産が流出してしまうトラブルもあります。

暗号資産が流出することで、取引所はもちろん利用者にとっても損失が大きいです。

このような損失を受けないためにも、セキュリティ対策が万全な取引所を利用するといいでしょう。

まとめ

暗号資産は難しそうに感じるかもしれませんが、仕組みや儲ける方法を知っておけば誰でも運用できます。

ただし暗号資産で儲けるには、しっかり知識を深めリスクも把握しておく必要があります。

「暗号資産をはじめたいがなかなか勇気が出ない」という方は、本記事をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

「未来のお金」だとも言われている暗号資産の運用で億万長者になることも夢ではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事