ビットコインキャッシュ

「ビットコインキャッシュ(BCH)とは?」「ビットコインキャッシュは今後、価格上昇する可能性はある?」と、ビットコインキャッシュにの購入を迷う人も多いでしょう。

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも決済スピードが速く手数料も安いので、今では主要なアルトコインのひとつです。しかし、投資対象として将来性があるのかと悩みますよね。

そこで今回は、ビットコインキャッシュの特徴や最新ニュース、過去の値動きについて解説。将来性や今後の展望を占う鍵となるポイントも紹介します。

ビットコインキャッシュを取り扱っている暗号資産取引所もピックアップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。
ビットコインキャッシュならのCoincheckがおすすめ
Coincheck
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能
  • アカウント登録・基本情報入力・本人確認・顔写真の撮影の4STEPで口座開設完了
  • 国内最大17種類の暗号資産を約500円から購入可能
  • 「スマホで本人確認」を利用すれば最短1日で取引開始できる
  • 初心者にも優しいわかりやすい取引画面が魅力
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
Coincheckの基本情報
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)のBCH(ビットコインキャッシュ)とは?

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、通貨単位『BCH』と表記する暗号資産。2017年8月にビットコインからハードフォークして生まれました。

 基本的な機能はビットコインと似ていますが、ビットコインよりもブロックサイズが大きいので、ネットワークの処理能力が上がっているのが特徴です。

ビットコインよりも送金速度も速く、手数料も安いので、ビットコインが長年抱えていたスケーラビリティ問題を解消しています。

主要アルトコインのひとつであり、国内外問わず多くの取引所で取り扱われている暗号資産です。
ビットコインキャッシュならのCoincheckがおすすめ
Coincheck
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能
  • アカウント登録・基本情報入力・本人確認・顔写真の撮影の4STEPで口座開設完了
  • 国内最大17種類の暗号資産を約500円から購入可能
  • 「スマホで本人確認」を利用すれば最短1日で取引開始できる
  • 初心者にも優しいわかりやすい取引画面が魅力
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
Coincheckの基本情報
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

BCH(ビットコインキャッシュ)の基本情報

通貨名 ビットコインキャッシュ
通貨単位 BCH
時価総額 ¥308,772,049,517
時価総額ランキング 26位
発行上限枚数 2,100万枚
現在の価格 ¥16,168.62
扱っている取引所 Coincheck、DMM Bitcoin、bitFlyer、BITPOINTなど

 

ビットコインキャッシュが買える! 暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

出典:Bitcoin Cash -CoinMarketCap 2022年6月22日現在

暗号資産(仮想通貨)のBCH(ビットコインキャッシュ)の特徴4つ

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュには、大きく以下4つの特徴があります。

ビットコインキャッシュの特徴
  1. ビットコインからハードフォークで誕生した通貨
  2. ブロックサイズが大きく処理能力が高い
  3. オンチェーン処理のため透明性が高い
  4. スマートコントラクト機能が実装

1.ビットコインからハードフォークで誕生した通貨

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして誕生した通貨です。

ハードフォークとは?
アップグレードの1種。アップグレードを行った暗号資産と、行わなかった暗号資産が2つの通貨に分岐することを「フォーク」と呼び、それらに互換性がなくなることをハードフォークといいます。

2017年頃、ビットコインの需要が高まり拡大したことで「送金に時間がかかる」「手数料が高騰する」というスケーラビリティ問題が発生しました。

この問題解決の方法として、取引するデータを圧縮しブロック空き容量を増やす『segwit派』と、ブロックサイズを拡張して空き容量を増やす『Big Block派』の2つの派閥に分かれ、ハードフォークして生まれたという経緯があります。

segwit派がそのままビットコイン、Big Block派がビットコインキャッシュになりました。
ビットコインキャッシュならのCoincheckがおすすめ
Coincheck
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能
  • アカウント登録・基本情報入力・本人確認・顔写真の撮影の4STEPで口座開設完了
  • 国内最大17種類の暗号資産を約500円から購入可能
  • 「スマホで本人確認」を利用すれば最短1日で取引開始できる
  • 初心者にも優しいわかりやすい取引画面が魅力
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
Coincheckの基本情報
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

2.ブロックサイズが大きく処理能力が高い

並んだブロック

ビットコインキャッシュはブロックサイズが大きく、処理能力が高いのが特徴です。ハードフォーク当初は8MBでしたが、2018年にさらに拡大し、4倍の32MBとなっています。

 ブロックサイズが大きければ大きいほど、一度に書き込めるデータ量の増加が可能です。

ビットコインのスケーラビリティ問題を、ビットコインキャッシュはブロックサイズ拡大により解消しています。

多くの取引情報を処理できるので、送金時間がより速く、手数料も安く抑えられる通貨のひとつです。

3.オンチェーン処理のため透明性が高い

ビットコインキャッシュはオンチェーンで取引の処理をするため、透明性が高いのが特徴です。

オンチェーンとは?
すべての取引をブロックチェーン上に記録すること。取引がすぐにブロックチェーンに記録されるので、改ざんが難しく透明性の高い取引が可能。

オフチェーンの場合、全てを記録せずに最初と最後のみを記録します。ビットコインではオフチェーンで処理しようと進めているため、この点もビットコインとビットコインキャッシュの違いです。

オンチェーンはすべての取引を記録しているので、透明性の高い方式といえますね!
ビットコインキャッシュならのCoincheckがおすすめ
Coincheck
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能
  • アカウント登録・基本情報入力・本人確認・顔写真の撮影の4STEPで口座開設完了
  • 国内最大17種類の暗号資産を約500円から購入可能
  • 「スマホで本人確認」を利用すれば最短1日で取引開始できる
  • 初心者にも優しいわかりやすい取引画面が魅力
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
Coincheckの基本情報
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

4.スマートコントラクト機能が実装

自動販売機の自動契約

2018年5月のアップデートよりスマートコントラクト機能」が実装されたのも、ビットコインキャッシュの特徴のひとつでしょう。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で取引がトリガーとなり、プログラムを自動実行できる機能です。

 スマートコントラクトは「自動販売機」の仕組みと似ています。自動販売機は、お金を入れてボタンを押すと欲しい商品を入手できる仕組みです。

自動販売機にお金を入れて希望の商品を選ぶという「トリガー」をきっかけに、売買が成立しています。この自動販売機のようにスマートコントラクトは契約・取引の自動化ができるため重宝されており、今では様々な企業で活用されています。

現在は主にイーサリアムのスマートコントラクトが活用されていますが、今後ビットコインキャッシュのシェアも広がっていく可能性は高いでしょう。
ビットコインキャッシュが買える! 暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

【2022】BCH(ビットコインキャッシュ)の最新ニュース

新聞

2022年6月現在、ビットコインキャッシュの最新ニュースは、大きく以下の2つです。

ビットコインキャッシュの最新ニュース
  • グッチ、ビットコインキャッシュ決済を米国の一部店舗で導入
  • PayPalがビットコインキャッシュの送受信に対応

グッチ、ビットコインキャッシュ決済を米国の一部店舗で導入

2022年5月4日、ファッショブランドのGUCCI(グッチ)でビットコインキャッシュ支払いに対応することが発表されました。

 まずは米国の一部店舗で導入を開始し、2022年夏までに北米全店舗で対応すると発表しています。

店舗にあるPOS端末のNFCリーダーやQRコードと、スマホの暗号資産アプリを接続できるので、簡単に決済が可能です。

GUCCIでは、ビットコインキャッシュ以外にもビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ドージコインなども対応しています。
ビットコインキャッシュが買える! 暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

出典:Gucci to accept crypto in leap for luxury industry-VOGUE BUSINESS

PayPalがビットコインキャッシュの送受信に対応

スマホでオンライン決済

2022年6月7日、アメリカのオンライン決済サービスPayPalが「ビットコインキャッシュ」「ビットコイン」「イーサリアム」「ライトコイン」の暗号資産の送受信に対応したことを発表しました。

 すでに実装済みのため、PayPalのユーザー間でのビットコインキャッシュ送受信や、暗号資産取引所からPayPalへのビットコインキャッシュの転送が可能です。

ユーザー間の送受信には手数料はかかりませんが、取引所など外部に送金する場合は手数料が発生する場合があるので、外部への送金の際は注意しましょう。

世界で約3億人が利用しているPayPalでの利便性が高まることで、ビットコインキャッシュの価値も上昇する可能性も十分にありますよ!
ビットコインキャッシュが買える! 暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

出典:PayPal Users Can Now Transfer, Send, and Receive Bitcoin, Ethereum, Bitcoin Cash, and Litecoin-PayPal Newsroom 
公式サイトより

BCH(ビットコインキャッシュ)の現在価格と過去の値動き

BCH(ビットコインキャッシュ)の過去の値動き

BCH(ビットコインキャッシュ)の過去の値動き

上の画像は、ビットコインキャッシュの過去の値動きです。ハードフォークで誕生した2017年8月は、暗号資産の第1次ブームと重なっており、ビットコインキャッシュも順調に価格上昇

2017年の12月20日には59万4,484円と、過去最高値を記録しました。

 2018年1月に中国や韓国で暗号資産の規制を強める動きがあったこと、利確する人も増えたため暴落。ビットコインバブルが弾けると同時に、ビットコインキャッシュも下降しました。

2021年頃までは1万円〜10万円前後を推移していましたが、DeFiブームが始まり再び暗号資産ブームが訪れると、ビットコインキャッシュも価格は再び上昇。2021年5月には17万円まで回復しています。

元は同じコインのせいか、ビットコインキャッシュとビットコインの値動きには、類似性がありますよ。

BCH(ビットコインキャッシュ)の現在価格

BCH(ビットコインキャッシュ)の現在価格

2021年の11月頃まで8万円前後を推移していたビットコインキャッシュですが、2022年6月現在は16,168円と、大きく下落しています。

2022年に入ってから、暗号資産全体が下降トレンドです。ビットコインキャッシュも同様の動きをしており、今だ上昇の兆しは見えていません

多くの暗号資産はビットコインに影響されやすいですが、もともと同じ通貨であったビットコインキャッシュはより顕著に影響される傾向です。
ビットコインキャッシュならのCoincheckがおすすめ
Coincheck
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能
  • アカウント登録・基本情報入力・本人確認・顔写真の撮影の4STEPで口座開設完了
  • 国内最大17種類の暗号資産を約500円から購入可能
  • 「スマホで本人確認」を利用すれば最短1日で取引開始できる
  • 初心者にも優しいわかりやすい取引画面が魅力
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
Coincheckの基本情報
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

BCH(ビットコインキャッシュ)の将来性|今後値段は上がる?

「ビットコインキャッシュは今後、価格上昇するか」の鍵を握っているのは、大きく以下の2つです。

ビットコインキャッシュの将来性
  • 基軸通貨としての採用
  • 決済通貨としての需要増加

基軸通貨としての採用

チャートと男性

ビットコインキャッシュの今後を握る鍵として重要な点は、基軸通貨としての採用が増えるかでしょう。基軸通貨とは、決済に広く使われている通貨のことを指します。

国内取引所で取引をする際に「BTC/JPY」や「XRP/JPY」などがありますが、これは「円」という基軸通貨でビットコインやリップルの決済を行っています。

 国内で採用されている基軸通貨は「JPY」以外では「BTC」くらいですが、海外ではBCHが基軸通貨として取り扱われている取引所もあります。

基軸通貨に採用されるということは、通貨の安定性が高く、暗号資産市場での需要が大きいと判断可能です。

今後、ビットコインキャッシュが基軸通貨として採用されることが増えれば、価値が高まり価格上昇していく可能性は高いでしょう。
ビットコインキャッシュならのCoincheckがおすすめ
Coincheck
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能
  • アカウント登録・基本情報入力・本人確認・顔写真の撮影の4STEPで口座開設完了
  • 国内最大17種類の暗号資産を約500円から購入可能
  • 「スマホで本人確認」を利用すれば最短1日で取引開始できる
  • 初心者にも優しいわかりやすい取引画面が魅力
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
Coincheckの基本情報
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

決済通貨としての需要増加

オンライン決済サービスPayPalや、ファッションブランドGUCCIのように、今後ビットコインキャッシュを決済通貨として扱うサービスや店舗が増えれば、価格が上がる可能性は高いでしょう。

 2021年12月にクロアチアのスーパー「Konzum」のオンラインショッピングでBCH決済が可能になっており、11月にはアメリカの映画館チェーン企業AMCで決済対応が開始されています。

しかし、まだまだ一部の店舗のみで使える店舗数が多いとはいえません。今後どれだけビットコインキャッシュ決済が広まるかが、当面の課題でしょう。

大前提として暗号資産全体が盛り上がりを見せない限り、ビットコインキャッシュ単体で価格が上がることは考えにくいです。
ビットコインキャッシュならのCoincheckがおすすめ
Coincheck
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能
  • アカウント登録・基本情報入力・本人確認・顔写真の撮影の4STEPで口座開設完了
  • 国内最大17種類の暗号資産を約500円から購入可能
  • 「スマホで本人確認」を利用すれば最短1日で取引開始できる
  • 初心者にも優しいわかりやすい取引画面が魅力
  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
Coincheckの基本情報
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
運営会社 コインチェック株式会社
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

BCH(ビットコインキャッシュ)が購入できる国内取引所

Coincheck

Coincheck

Coincheckの特徴
  • スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • 取引所手数料が無料
  • 貸仮想通貨サービスでBCHのレンディングが可能

Coincheckは、シンプルで分かりやすいUIのスマホアプリが特徴の、初心者でも直感的に利用しやすい国内暗号資産取引所です。

 取り扱い通貨数は18種類と多く、取引所の取引手数料は無料のため、デイトレードや短期での売買が多い人でもコストを気にすることなく利用できます。

ビットコインキャッシュも扱っており、レンディング(貸暗号資産)も可能です。最大年率5%でBCHを増やせます。取引するのは不安でも、確実にBCHを増やしたいと考える人にも向いているでしょう。

Coincheckの口座開設はスマホで簡単に手続きができ、最短1日でスタートできるので、今すぐ始めたい人にもおすすめです。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

取扱仮想通貨(暗号資産)

【18種類】

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

レバレッジ
販売所手数料 取引手数料:無料
手数料相当額:0.1〜5.0%(カバー先又はCoincheck取引所の価格に対して)
取引所手数料 無料
入金手数料(税込)
  • 銀行振込:無料
  • コンビニ入金:3万円未満770円、3万円以上30万円以下1,018円
  • クイック入金:3万円未満770円、3万円以上30万円以下1,018円
出金手数料(税込) 407円

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

出典:Coincheck

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引の取り扱い通貨数No.1※1
  • スマホは『STモード』と『EXモード』を用意
  • 各種手数料が無料

DMM Bitcoinは、DMMグループが提供している暗号資産取引所。出金手数料や、取引手数料など、BitMatch取引手数料を除いた各種手数料が無料で利用できます。

 スマホの版の取引アプリはシンプルな表示の『STモード』と、本格的な取引ができる『EXモード』の2種類が切り替えできるので、初心者〜上級者まで満足できるでしょう。

レバレッジ取引の取り扱い数が19種類と、2022年6月現在では国内最多。ビットコインキャッシュのレバレッジ取引も可能です。

販売所形式と取引所形式のハイブリッド注文『BitMatch注文』ができるのもDMM Bitcoinならではです。
取扱仮想通貨(暗号資産)

【19種類】

BTC・ETH・XRP・TRX・LTC・BCH・XLM・ETC・OMG・ENJ・BAT・MONA・ADA・DOT・IOST・XTZ・XEM・QTUM・XYM

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※2 ※スプレッドあり
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin
※1 2022年6月現在、国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ
※2 BitMatch取引手数料を除く

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • Tポイントをビットコインに交換可能
  • 1円から売買可能
  • ビットコインが貯まる『bitFlyerクレカ』を提供

bitFlyerは、三井住友銀行グループやみずほフィナンシャルグループなど、メガバンクが出資を行う暗号資産取引所。ビットコインキャッシュを含む15種類の暗号資産を、1円から購入できます。

 日本初のTポイントをビットコインに交換できるサービスも提供しているので、お金をかけずに投資したい人にもおすすめです。

使えば使うほどビットコインが貯まる『bitFlyerクレカ』も提供。ビットコインキャッシュだけでなく、ビットコインにも興味があるという人なら、bitFlyerクレカも有効活用できるでしょう。

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続No.1※1の取引所です。

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

取扱仮想通貨(暗号資産)

【15種類】

BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・XRP・BAT・XLM・XEM・XTZ・DOT・LINK・XYM

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※スプレッドあり
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料(税込)
  • 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円
出金手数料(税込) 220円~770円

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

出典:bitFlyer
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

まとめ

今回は、ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴や過去の値動き、最新ニュースについて解説しました。2022年6月現在、暗号資産全体が下げ相場となっているため、ビットコインキャッシュもしばらくは厳しい状態が続くでしょう。

しかしいずれは底を打ち、反発するタイミングが出てくると予想されます。BCHを決済通貨として扱う店舗が増え、基軸通貨として扱う取引所が増えれば、需要は高まり価格上昇していく可能性は高いでしょう。

CoincheckならBCHのレンディングもできるので、取引しなくてもBCHを増やせます。まずは口座開設してみてはいかがでしょうか。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事