ビットコイン 始め方

現在、暗号資産は投資の方法として注目されています。1ビットコインの価値は、2022年5月23日時点で3,872,748円となっており、資産価値として大きなモノへと変化しています。

「仮想通貨が大きく値上がりする前に購入できれば、大きな利益を得られる。」このような背景から暗号資産に興味を持ち、買い方を知りたいという人は多いです。

そこで今回は、仮想通貨・ビットコインの買い方を解説します。事前に購入の流れについて把握しておけば、値上がりのタイミングを狙って投資できるようになるでしょう。

おすすめの暗号資産取引所5選も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
暗号資産を始めるなら! 仮想通貨取引所
おすすめ5選比較
※出典:bitFlyer

仮想通貨・ビットコインの始め方・買い方

ビットコイン

仮想通貨・買い方の流れ
  1. 取引所を選ぶ
  2. 取引所へ口座開設の申し込みをする
  3. 口座開設完了後に入金
  4. 仮想通貨を購入

1,取引所を選ぶ

ビットコインなどの暗号資産を購入するためには、まず暗号資産取引所の口座を用意する必要があります。暗号資産取引所によって手数料の価格やサービス面などが異なるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ビットコインなどの主要な暗号資産であれば、大半の取引所では扱っていますが、ビットコイン以外の暗号資産(アルトコイン)には差異があります。

 今後もビットコイン以外の暗号資産に投資する可能性があるのであれば、できるだけ多くの通貨を扱っている取引所を選ぶと良いでしょう。

せっかく口座開設をしても、投資したい暗号資産を扱っていなければ、他の取引所を利用しなければなりません。他にも、初めて暗号資産投資を始める人であれば、少額投資に対応しているかを確認するのもおすすめです。

少額から通貨を購入できれば、値崩れ・暴落時のリスクを最小限に抑えられ、気軽に試せます。
暗号資産を始めるなら! 仮想通貨取引所
おすすめ5選比較

2,取引所へ口座開設の申し込みをする

口座開設の申し込みをする

暗号資産取引所を選んだら、口座開設の申し込みをします。必要になるのは、登録用のメールアドレスと住所・氏名などの個人情報本人確認書類などです。

詳しい口座開設の方法は取引所によって異なりますが、ほとんどの取引所ではトップ画面の申し込み画面にメールアドレスを入力すると、登録用のURLが送られます。

届いた登録用URLにアクセスし、口座開設の条件を満たしているか確認すると、住所や氏名、パスワードなどの入力画面に移ります。

 必要情報を入力したら本人確認書類を提出しますが、スマホであればその場で撮影したものをアップロードできるのでおすすめです。

対応している本人確認書類は取引所によって異なりますが、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどが該当します。

また、取引所によっては本人確認書類が正しいかどうか、提出書類とは別で顔写真を提出する場合もあります。このように、口座開設では厳重に本人確認を実施しているので注意してください。

以上の工程が完了し、審査に通過すれば口座が開設されます。

3,口座開設完了後に入金

口座開設完了後に入金

口座を開設したらその口座にお金を送金し、口座内にあるお金を使って暗号資産を購入します。

口座開設が完了すると、取引所のマイページの「入金」メニューから入金できるようになります。入金方法も取引所によって異なるので注意してください。

主な入金方法は、銀行振込とコンビニ入金などがあります。銀行振込の場合は指定の口座が案内されるので、指示に従って振り込みします。

 コンビニ入金の場合、決済するコンビニを選択すると決済番号が表示されるので、こちらも指示に従って入金すれば完了です。

他にも、クイック入金に対応している場合もあります。クイック入金は、パソコンやスマホ、ATMなどから料金を支払いでき24時間365日決済できる方法です。

クイック入金は、反映時間こそ短いですが、その分銀行振込などよりも手数料が高いのがデメリットです。

4,仮想通貨(暗号資産)を購入

ビットコイン

入金が完了したら、その金額で暗号資産を購入できます。暗号資産を購入する際は、入金額の範囲で通貨の数量を指定し、「購入」を選択します。

 暗号資産によっては1通貨単位の価格が大きいため、購入数量が小数点以下になることも多いです。

例えば、2022年5月18日時点のビットコインの価格は「3,951,738.43円」です。つまり、1通貨を購入するためには400万円必要になります。

このような場合でも、小数点以下の数量を指定することで購入できます。取引所によっては、購入後にメールが届き内容を承認することで購入手続きが完了するものもあります。

暗号資産を始めるなら! 仮想通貨取引所
おすすめ5選比較

 

※出典:CoinMarketCap

ビットコインの購入におすすめ取引所5選

Coincheck

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • セキュリティ強度が高く安心して取引ができる
  • 口座開設は簡単で取引を始めるまで3ステップで済む
  • 暗号資産に関するさまざまなサービスを展開している

Coincheckは2014年からサービスを開始しており、国内でも老舗の取引所の1つです。

運営しているコインチェック株式会社はマネックスグループの傘下で、大きな企業の後ろ盾があり金融サービスに関するノウハウが充実しているため安心感があります。

 2段階認証やSSL暗号化通信などの基本的なセキュリティ対策以外にも、コールドウォレットなどを実施しているため、安全性が高いです。

口座開設は3つのステップで完了し、最短1日で取引を開始できます。暗号資産に関連するサービスが充実しているのも大きな特徴です。

暗号資産だけでなく、電気やガスなどのサービスも行っています。
形式 販売所・取引所
取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位 取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料 取引所:0%

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

※出典:Coincheck

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 7年以上ハッキング0を実現している
  • 各種手数料が無料で利用しやすい
  • 1円から暗号資産を購入できる

株式会社bitFlyerが運営している「bitFlyer」は、国内でも主要な暗号資産取引所の1つです。

 7年以上もハッキングの被害を受けておらず、セキュリティ強度が高いです。

各種手数料が無料なので、コストを気にせずに暗号資産のやり取りを行えるでしょう。さらに、1円からの少額投資ができるため初心者でも参入ハードルが低いです。

他にも、貯めていたTポイントを投資に使えるなど、サービスが多岐にわたっています。

「かんたん積立」など、暗号資産を積み立てできるサービスもあります。
形式 販売所・取引所
取扱暗号資産

15種類

BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・XRP・BAT・XEM・XLM・XTZ・DOT・LINK・XYM

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料 販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%

 

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

※出典:bitFlyer

BITPoint

BITPoint

BITPointのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料で利用できる
  • 使いやすい取引ツールが充実している
  • 500円以下の少額投資にも対応しているので、初心者でも簡単に始められる

BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営している暗号資産取引所です。

 現物取引にかかる手数料がすべて無料であり、即時入金手数料、暗号資産の出金手数料、口座管理料なども必要ありません。

さらに、暗号資産取引の初心者から上級者まで満足できる取引ツールがあります。スマホからでも簡単に操作できるため、気軽に取引できるでしょう。

500円以下の少額投資に対応しており、リスクを抑えて取引したい人にもおすすめです。

ビットコイン以外にも、さまざまなアルトコインを扱っています。
形式 販売所・取引所
取扱暗号資産

11種類

BTC・JMY・DOT・BCH・ETH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA・LNK・DEP

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引
取引手数料 無料

 

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

※出典:BITPoint

マネックスビットコイン

マネックスビットコイン

マネックスビットコインのおすすめポイント
  • 大手の金融機関であるマネックス証券が運営している
  • レバレッジをかけて取引できる
  • スマホアプリの取引ツールが充実している

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供している取引所サービスです。メンテナンス時を除く24時間365日取引可能なので、土日など休日でも利用できます。

 レバレッジをかけて手元資金の最大2倍まで取引できるのも魅力です。

他にも、注文方法が豊富であり、自分のスタイルに合った取引ができます。使いやすい取引ツールがあり、口座開設から取引、入出金もスマホがあれば簡単に操作できます。

ビットコイン以外の主要な銘柄を揃えているのも特徴の1つです。
形式 販売所
取扱暗号資産

4種類

BTC・ETH・BCH・XRP

最低取引単位 0.01BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料 無料

 

※出典:マネックスビットコイン

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引に対応している暗号資産の種類が多い
  • 各種手数料が無料なので取引しやすい
  • サポート体制が充実しており、セキュリティ対策も万全

DMM Bitcoinは、大手企業であるDMMグループが運営している暗号資産取引所です。取引に関する各種手数料が無料なので、気軽に暗号資産を扱えます。

 さらに、レバレッジ取引に対応しており最大で2倍までレバレッジをかけられます。

国内でもレバレッジをかけられる暗号資産の種類が多いことも大きな特徴です。サポート体制も充実しており、365日体制でサポートを受けられるため初心者でも安心です。

他にも、パソコン・スマホの取引ツールも使いやすく人気があります。
形式 販売所
取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位 0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料 無料

※出典:DMM Bitcoin

仮想通貨・ビットコインに投資するメリット・デメリット

値動き

暗号資産のメリット

主なメリット
  • 値動きが激しいため売却益が期待できる
  • ユーザー同士で売買できる
  • 取引所に申し込みをしてからすぐに取引できる

値動きが激しいため売却益が期待できる

暗号資産は現在注目されているため、需要・供給のバランスが日々変動しており、値動きが激しいのも特徴です。

そのため、安い時に暗号資産を購入して高くなったときに売れば、その差分の利益(売却益)を得られます。

特にアメリカなどの主要な国家の通貨や、暗号資産関連のニュースと連動して大きく値動きするため、暗号資産の種類によっては短期間で大きな利益が出る可能性があります。

 一般的な通貨と違い、暗号資産の基盤になるブロックチェーン技術はさまざまな分野で活躍しているため、通貨単体ではなく「技術」にも投資することも可能です。

将来性が期待できる技術を使った新しい通貨であれば、安いときに多く購入しておけば十分な投資効果が期待できるでしょう。

実際に、ビットコインの価格は2011年頃は数千円でしたが、最も値上がりしたときは760万円にまで上がりました。もし2011年頃に1通貨だけでも購入しずっと保有していれば、いずれ700万円以上の利益が出る可能性があったのです。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

ユーザー同士で売買できる

ビットコインの買い方

暗号資産は「投資」のイメージが強いですが、優秀な送金手段としても利用されています。管理するウォレットがあれば、相手のアドレスを指定するだけで送金可能です。

銀行などの金融機関を利用するよりも着金が早く、手数料も低いため注目されています。これらの特徴を利用して、ビットコインなどの主要通貨は決済手段として利用されていたり、国の政府が採用していたりします。

このようなユーザー間のやり取りから、取引所を介さずにユーザー同士で売買することも可能です。

取引所に申し込みをしてからすぐに取引できる

取引

暗号資産は取引所の口座を開設すれば、すぐに取引ができる点は大きなメリットです。

もちろん取引所の種類や入金方法によって異なりますが、順調に申し込み手続きや審査が進めば、口座開設をした当日に取引できることも多いです。

 少額から取引できるケースが多いことも、大きなメリットといえるでしょう。

ビットコインのように1通貨あたりの価格が百万円以上の通貨もあれば、将来性が期待できる通貨でも数十円~数百円で購入できるものもあります。

このような通貨であれば短時間で大きな値動きは期待できませんが、長期保有すれば価格が上昇する可能性は十分に考えられます。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

暗号資産のデメリット

主なデメリット
  • 価値が保証されていない
  • システムがダウンする可能性がある
  • ハッキングのリスクがある
  • 詐欺の被害も存在する

価値が保証されていない

ビットコイン

暗号資産は一般的な通貨と違い、政府や金融機関などによって価値が保証されているわけではありません。

 そのため、急激に価格が下がってしまったり、通貨として機能しなくなったりする可能性もあります。

暗号資産はブロックチェーンという技術により、取引の信頼性を保持しています。取引データは各ブロックに分散されて保存されるため、改ざんなどが難しいのが特徴です。

つまり、技術によって取引の真正性を保っていますが、国などによって管理されていないため、保証する組織が存在しないのです。

暗号資産投資は大きな利益が期待できますが、同時に大きな損失が生まれる可能性もあります。

システムがダウンする可能性がある

暗号資産に関するシステムがダウンすると、使えなくなる可能性があります。このシステムダウンが起こる可能性があるのは、暗号資産を管理している主要なコンピュータや取引所です。

暗号資産はブロックチェーンを通じて分散管理されていますが、通貨によっては特定の複数の組織が中心になって運営しているケースもあります。

 データ処理の大部分を担っているシステムがダウンしてしまうと、取引などができなくなる可能性があるでしょう。

また、取引所も処理できるキャパシティを超えるアクセスや取引などが発生すると、処理が遅くなったりダウンしてしまったりすることがあります。

その場合は、一時的なメンテナンスが入ることになり、完了するまで利用できません。このような事態に備えて、複数の取引所で口座を開設するのもおすすめです。

ハッキングのリスクがある

ハッキングの被害

暗号資産は日本円などの通貨とは違い、現物のコインはなく全てデータ上の存在です。そのため、ハッキングの被害を受けて資産を失うリスクがあります。

実際に、国内の取引所もハッキングの被害を受けて資産を流出してしまい、大きなニュースとして報道されました。現在では、どの取引所も万全のセキュリティ対策を講じていますが、100%安心とは断言できません。

詐欺の被害も存在する

暗号資産は注目度が高いことや、一部の人が大きな金額を稼いでいることもあり、詐欺の被害も存在しています。

 ユーザー間でやり取りできることもあり、相手にお金を預けたことで大金を騙し取られたケースもあります。

暗号資産の取引は個人でも行えるため、詐欺の被害を防ぐためには、自分で取引所を介して購入することが大切です。

まとめ

この記事では、ビットコインの買い方やおすすめの取引所について解説しました。

ビットコインなどの暗号資産を購入する際は、まず対応している暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。

取引所によって特徴が異なるため、自分のスタイルに合ったものを選び、快適に取引をしてみてください。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事