ビットコインの今後の相場や将来性を調査!おすすめの取引所5選

ビットコイン取引を始めてみたいけど、今後の将来性について気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ビットコインの相場や将来性、おすすめの取引所5選について詳しく解説します。

これからビットコイン取引を始めてみたい方は、ぜひ参考にしてください。
ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

ビットコインとは

コイン

ビットコインとは、仮想通貨の種類の1つで、一番初めに世の中に誕生した仮想通貨です。

2008年10月に中本哲史(Satoshi Nakamoto)という人物がインターネット上に投稿した論文が提唱されたのが始まりです。

 ビットコインにも、円やドルのように単位があり、BTC(ビーティーシー)で表記されます。
ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

ビットコインと現金通貨との違い

コイン 毛布

ビットコインと、円やドルなどの現金通貨との違いは以下の通りです。

ビットコインと現金通貨との違い
  • 仮想通貨であるため手に取って見えるお金ではない
  • 管理する組織が存在しないため個人間で自由にお金の取引ができる
  • 支払いの際に手数料が発生しない

    ビットコインは、仮想通貨であるため紙幣や硬貨で手元に残る円やドルなどと違い、ネット上でのみ利用できるお金となります。

    そのため、パソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買ができるシステムとなっています。

     また、ビットコインは銀行などのお金を管理する組織が存在しないため、個人間でのお金の取引が可能です。

    円やドルなどの一般的なお金だと、銀行を介しての取引なるため手数料が発生しますが、ビットコインだと手数料が発生しません

    近年では、パーソナルジムの決済で現金やクレジットカード、QRコード決済以外にも、ビットコインでの支払いの導入をしているところもあります。

    今後は、さらに実店舗でもビットコインでの支払いが承認されていくことでしょう。
    ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

    ビットコインの今後の相場や将来性

    ここでは、ビットコインの今後の相場や将来性についてご紹介します。

    ビットコインのリアルタイムチャートはこちら

    上記のレートは、ビットコインのリアルタイムチャートです。

    こちらのレートを見ると2022年6月には一時260万円程度まで下落ていますが8月には価格を持ち直しています。

    ビットコインは、2009年に運用が開始されてから10年以上が経ちますが、最も価格が上昇したポイントは、2021年11月あたりからです。

     

    ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

    ビットコインの今後や将来性に影響するもの

    では、今後のビットコインの将来性に影響するものとは何なのかについて、以下で詳しく解説します。

    機関投資家の参入

    まずは、機関投資家の参入による影響が考えられます。機関投資家とは、銀行や信用金庫、政府系金融機関などのことを指し、顧客から大きな資金を預かって取引をする組織のことです。

     個人投資家よりも大きなお金を動かせるため、機関投資家がビットコインへの投資に積極的になればなるほど、今後のレートが上がりやすくなります。

    ビットコインETF承認による影響

    次に、ビットコインETF承認による影響です。ビットコインETFとは、ビットコインの値動きに連動した上場投資信託のことをいいます。

     上場投資信託では、通常の投資信託とは違い、購入価格がリアルタイムで変動するなど、株式投資に近い取引ができます。

    ちなみに、ビットコインETFが承認されている国は、2021年10月時点でアメリカ、カナダ、バミューダの3か国のみです。

    今後、その他の国でもビットコインETFが承認されれば、機関投資家も参入することができ、より大きな資金が流入します。

    そのため、ビットコインETFが承認されるとビットコインの価格もさらに上昇するでしょう。
    ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

    途上国によるビットコインの法定通貨利用

    アルトコイン

    3つ目は、途上国によるビットコインの法定通貨利用です。

     ビットコインを法定通貨とする国が増えるほど、ビットコインの信頼と需要が高まり、レートが上がりやすいといえます。

    実際に、2021年6月には中米のエルサルバドルという人口約648万人の国で、ビットコインの法定通貨化が発表された事例があります。

    エルサルバドルでビットコインの法定化が決まる前までは、ビットコインの相場が下降傾向でしたが、法定化が決まった途端相場が上昇傾向に変わりました。

    ビットコインの法定化が、途上国でどんどん承認されるようになると、さらにビットコインの価値は上がっていくでしょう。
    ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

    ビットコインの今後の価格予想

    小銭 時計

    ここでは、ビットコインの後の価格予想を見ていきます。

    海外メディアによる2022年末の価格予想

    2社の海外メディアによる2022年末のビットコインの価格予想をご紹介します。

    海外メディアによる2022年末の価格予想
    • Coin Price Forecast:4万6,419ドル
    • Digital coin:6万1,960ドル

      こちらは、2022年始値の4万7,900ドルを参考にしています。2社の海外メディアの予想を比較すると、予想が大きく異なっていることが分かるでしょう。

      2021年から2022年にかけて、価格の変動が激しかったこともあり、上昇か下降のどちらに転ぶかは判断が難しいところです。

      参照:Coin Price ForecastDigital coin

      海外メディアによる2025年末の価格予想

      海外メディアによる2025年末の価格予想
      • Coin Price Forecast:11万9,943ドル
      • Digital coin:9万7,279ドル

        こちらは、2022年始値の4万7,900ドルを参考にしています。

        2025年末予想では、どちらも価格が上昇する見込みとなっています。予想を見る限り、ビットコインの普及によって、さらに需要が高まると期待しても良いのではないでしょうか。

        しかしこれはあくまで予想なため、その通りになるとは限らないので今後の動向をチェックしていくことが大切です。
        ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

        ビットコインが暴落する可能性は?

        Axie Infinityの仕組みや稼ぎ方

        ここでは以下のケースにて、ビットコインの価格が暴落すると考えられています。

        国際情勢の悪化による影響

        国際情勢の悪化に対する懸念も、ビットコインの暴落の原因となります。

         新型コロナウイルスによる不況や、ロシア、ウクライナによるウクライナ情勢が悪化した際にも価格の低迷が続きました。

        その背景には国際情勢が悪化し、経済への不安が高まる際、投資家によるリスクオフが行われることが理由としてあげられます。

        これらの動向が見られる際は、価格の暴落に注意しましょう。

        アプリや取引所で起こるトラブルでも価格が下落する可能性があります。
        ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

        大幅に価格が上昇した後

        ビットコインの価格が大幅に上昇したあとは、価格が低迷する場合が多いです。

         これは、ビットコインの価格が上がったことにより大量売却が起こり、それにともない仮想通貨の価値が下がりやすくなるためです。

        大幅に価格が上昇した際は、チャートを注意深く確認するようにしましょう。

        ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

        ハッキングなどによる事件が発生する場合

        過去にはCoincheckが約580億円分の仮想通貨を不正アクセスにより流出した事件が発生しました。

        このようなハッキングによる仮想通貨の流出は、ビットコインの信頼性が下がり価格の暴落に繋がります。

        現在は、仮想通貨を管理するセキュリティが進み安心して取引を行える場合が多いです。
        ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

        ビットコインのリスクや注意点

        クレジットカード コイン

        ここでは、ビットコインのリスクや注意点をご紹介します。

        仮想通貨のビットコインは法定通貨よりも暴落しやすい

        まず、仮想通貨のビットコインは円やドルなどの法定通貨よりも暴落しやすいです。

        法定通貨であれば、国がお金の価値を保証しているため、100円の価値は一定して100円ですが、ビットコインは常に価値が変動します。

         ビットコインの欠点が出てきたり、他に魅力的な投資先が見つかったりすれば、ビットコインは途端に暴落してしまいます。

        また、法定通貨のように国が管理しているわけではないため、暴落してしまうと歯止めがかからなくなるリスクもあるでしょう。

        ビットコインに投資をするなら、ビットコインの価格は決して安定しないことをおさえておきましょう。
        ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

        ビットコインなどの仮想通貨は世界中で規制が進められている

        コイン 鍵

        次に、ビットコインなどの仮想通貨は世界中で規制が進められています仮想通貨には暴落のリスクがあるため、国が投資家を守るために規制を強めるのも理解ができるでしょう。

         ビットコインの規制が進むと、ビットコインのイメージダウンにつながり、需要が減ってどんどん価格が暴落していく可能性があります。

        世界各国では、さまざまなビットコインの規制がありますが、以下で中国やアメリカの規制事例を見ていきましょう。
        ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

        中国

        元

        中国では、2021年に仮想通貨に関する規制が立て続けに起こりました。

        中国におけるビットコインの規制
        • 金融機関が仮想通貨関連サービスの提供を禁止(2021年5月)
        • マイニングへの規制を開始(2021年5月)
        • 仮想通貨の関連事業及びマイニングを全面禁止(2021年9月)

        中国では、2013年頃から仮想通貨の規制を度々行っており、仮想通貨を根本から排除しようという動きが見られます。

        中国は、世界の経済に大きな影響力を持っています。そのため仮想通貨取引を行う場合は、今後の中国の動きもチェックする必要があるでしょう。

        ビットコインを買うなら おすすめの取引所5選

        アメリカ

        $

        アメリカでは、FRB(米連邦準備制度理事会)、OCC(通貨監督庁)、FDIC(連邦預金保険公社)が共同で、1.5兆ドル規模の仮想通貨規制を協議しています。

         中国とは違い、協議段階であるため直近での影響は少なそうですが、もし仮想通貨の規制が可決されると大きな影響を及ぼすでしょう。

        アメリカの場合は、個人投資家保護を目的とした規制を考えているため、規制が決まると個人での取引が自由にできなくなる恐れがあります。

        中国やアメリカなどの主要国が、ビットコインの規制を強めていくことで、世界各国が足並みを揃えて規制が行われる可能性もあるでしょう。

        ビットコイン購入におすすめの取引所5選

        ここでは、ビットコイン購入におすすめの取引所5選をご紹介します。

        bitFlyer

        bitFlyer

        bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量6年連続No.1と多くのユーザーに利用されている仮想通貨取引所です。
        ※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

        bitFlyerのおすすめポイントは以下の通りです。

        bitFlyerのおすすめポイント
        • 少額からの取引が可能
        • ビットコインの取引手数料が無料
        • Tポイントをビットコインに交換できる

          また、三井住友銀行を利用すれば振込手数料が無料なります。100円からの取引が可能で、少額から始められるのも魅力的でしょう。

          初心者で、まず少額から仮想通貨取引をしようと考えている方は、bitFlyerがおすすめです。
          運営会社 株式会社 bitFlyer
          本社所在地 〒107-6233 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
          問い合わせ 03-6434-5864

          Coincheck

          Coincheck

          Coincheckは、国内最多の通貨ペアを取り扱っている仮想通貨取引所です。

          17銘柄を取り扱いつつ、スマホの操作性が優れていることから、初心者からベテランまで幅広い層に利用されています。Coincheckのおすすめポイントは以下の通りです。

          Coincheckのおすすめポイント
          • 仮想通貨の自動積立が可能
          • スマホのUI/UXが充実していて使いやすい
          • 国内最多の17種類もの通貨ペアを取り扱っている

            また、Coincheckは親会社が東証一部上場のマネックスグループであるため、セキュリティや信頼性も高いです。

            仮想通貨取引だけでなく、NFTマーケットやIEOなどもあるので、さまざまなサービスを試してみたい方はぜひ利用してみてください。
            運営会社 コインチェック株式会社
            本社所在地 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
            問い合わせ 公式サイトから行う

            出典:Coincheck公式サイト

            GMOコイン

            GMOコイン

            GMOコインは、親会社が東証一部上場のGMOインターネットグループで、安心して取引ができる基盤が整っています。GMOコインのおすすめポイントは以下の通りです。

            GMOコインのおすすめポイント
            • 仮想通貨の自動積立が可能
            • セキュリティ体制が万全
            • 口座開設が最短即日で完了

              また、GMOコインでも仮想通貨の自動積立ができ、手間をかけることなく取引を始められます。

              現物取引・レバレッジ取引の両方が可能なため、状況に合わせたトレードができます。
              運営会社 GMOコイン株式会社
              本社所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
              問い合わせ 公式サイトより行う

              出典:GMOコイン公式サイト

              DMM Bitcoin

              DMM Bitcoin

              DMM Bitcoinは、大手DMMグループに所属する仮想通貨取引所です。多数の銘柄でレバレッジ取引ができるので、少ない資金から始められます。

              DMM Bitcoinのおすすめポイントは以下の通りです。

              DMM Bitcoinのおすすめポイント
              • 取引ツールが高性能
              • スマホアプリが使いやすい
              • 現物・レバレッジ取引の両方が可能

                また、DMM BitcoinではLINEでのサポートも行っているため初心者でも安心です。

                手数料も安いため、ビットコイン取引をするならDMM Bitcoinをおすすめします。
                運営会社 株式会社DMM Bitcoin
                本社所在地 〒103-6010
                東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
                問い合わせ 公式サイトやLINEから行う

                出典:DMM Bitcoin公式サイト

                SBI VC トレード

                SBI VC トレード

                SBI VC トレードは、SBIグループが運営する仮想通貨取引所で、2021年12月にTAOTAOと合併をしました。SBI VC トレードのおすすめポイントは以下の通りです。

                SBI VC トレードのおすすめポイント
                • SBIグループの傘下でセキュリティ体制が万全
                • 入出金・取引手数料など各種手数料が無料
                • スマホアプリが使いやすい

                  SBI VC トレードには24時間365日のサポート対応があり、初心者にも安心できるサービスです。

                  さらに、通貨の補償制度もあるため不正ログインで損害を受けたとしても、最大で100万円を補償してくれます。

                  SBI VC トレードは、まだまだ若い仮想通貨取引所なため、今後も新たなサービスのリリースに期待ができるでしょう。
                  運営会社 SBI VCトレード株式会社
                  本社所在地 〒106-6021 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
                  問い合わせ 03-6779-5110

                  出典:SBI VC トレード公式サイト

                  ビットコインに関するよくある質問

                  ビットコインは紙幣や硬貨にできる?
                  ビットコインは仮想通貨なため、紙幣や硬貨にはできません。ビットコイン対応の店舗やWebサイトでの利用が可能です。
                  ビットコインはどうやって取引をするの?
                  ビットコインは、パソコンやスマホなどを使ってネット上で取引を行います。ネット環境があれば、いつでもどこでもできるので非常に便利です。
                  ビットコインは誰が管理しているの?
                  ビットコインは、個人での取引なるため、国や銀行などの金融機関での管理はしていません。中央管理者が存在しない代わりに、コンピュータネットワークで管理がされています。
                  ビットコインはどうやって手に入れる?
                  ビットコインの入手方法は、いくつかありますが、サービスや商品の対価として受け取ったり、ビットコイン取引所で購入したりします。また、周囲の人とビットコインを交換することも可能です。
                  ビットコインを利用するメリットは?
                  手数料がかからないことや、個人間で自由に取引ができるところです。銀行が休みの日でも、家にいても取引ができるのは魅力的でしょう。
                  ビットコインの価格はどうやって決まる?
                  ビットコインの価格は、需要と供給によって決定します。ビットコインの需要が高まれば価格は上昇し、需要が減れば価格も下降します。
                  ビットコインの価値がなくなることはありますか?

                  ビットコインの価値がなくなる可能性はあります。政治的な問題でビットコインの利用が廃止となったり、ビットコインのシステムに不具合が起きたりするリスクもあります。

                  ビットコインだけでなく法定通貨でも、将来的にずっと価値があると保証されているものは存在しないことをおさえておきましょう。

                  まとめ

                  ビットコインは、今後も価値が上昇していくと予想されています。

                  しかし、将来のことがどうなるかは分からないので、安易に取引をしてしまうと大きな損をしてしまうこともあります。

                  ビットコイン取引は、経済動向をチェックしたり、リスクを考慮したりした上で行うようにしましょう。
                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                  ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                  ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                  おすすめの記事