カードローンの借り換えによるメリットやデメリットは何がある?

カードローンを利用していく中で、ローンの借り換えをしたいと考えたことのある方もいるのではないでしょうか。

カードローンの借り換えってよく聞くけど、実際にできるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

そこで今回は、カードローンの借り換えに関する概要や選び方を、おすすめカードローンの紹介を交えながら解説します。

カードローンの借り換えに関するメリット・リスクも併せて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそもカードローンの借り換えとは?

クレジットカード デニム

そもそもカードローンの切り替えということ自体がよくわからないという方もいるかもしれません。

 カードローンの借り換えが意味することは、既存のカード会社から別のカード会社のローンに切り替えることです。

例えば、A社から借りているローンを返済するため、新たにB社から借り入れをするということが借り換えにあたります。

ABCと複数社から借入をしており、この3社のうち一社のみのローンを返済するためD社と契約することも借り換えローンに該当します。

おまとめローンとの違いは?

クレジットカード ゴールド

借り換えローンと似たような用語の「おまとめローン」とは、複数社からの借入総額を返済するために新たに一社と契約することを指します。

 一般的な借り換えローンの考え方が「1対1」だとすれば、おまとめローンは「複数対1」ということです。

おまとめローンは、借り入れの負担額を軽減し、複数の借り入れを一本化することであると認識しておきましょう。

複数社からの借り入れによる負担で生活がままならないという方が検討する手法です。

借り換え目的のカードローンの選び方

クレジットカード セキュリティ

借り換え目的のカードローンの選び方
  • 返済額
  • 金利
  • 利便性や限度額

以下では、それぞれの選び方について深掘りします。

返済額で選ぶ

借り換え先の支払い返済額が、借り換え前より負担があるようでは全く意味がありません。

返済額の負担はもちろん、返済のしやすさにも配慮されたカードローンへの借り換えをおすすめします。

金利で選ぶ

クレジットカード 決済

毎月の返済にかかる金利率が低い方が、単純に毎月の負担は軽減されます。

カードローン会社によっては金利に関するキャンペーンを開催しているので、金利率を基準にして借り換え先を検討することもおすすめです。

利便性や限度額で選ぶ

返済できるATMが近くにあるかどうかや、申し込みのしやすさ審査や融資のスピード感も重要な観点です。

また、返済の負担が大きくなりすぎないよう、地に足のついた借り換え限度額であるかどうかも重要な判断材料になるでしょう。

借り換えにおすすめのカードローン5選

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 国内100,000台のATM手数料無料
  • 2021年11月4日〜12月3日までの申し込みで2022年2月6日まで金利0.95〜7.25%
  • ネットやコンビニでの借入・返済が可能

楽天銀行株式会社によるカードローンで、期間限定の金利50%オフキャンペーンなどが注目されています。

 限度額が800万円となっており、冠婚葬祭や車の修理など、イレギュラーな出費にも対応できるのが強みです。

新規入会特典として、期間限定で利用できるポイント付帯サービスなども常時行われています。

楽天会員であれば手続きも簡単なため、普段から楽天をご利用されている方に特におすすめです。

楽天銀行スーパーローンの基本情報

金利 1.900%~14.500%
限度額 10万円~800万円
申し込み資格 満年齢20歳以上62歳以下の方(国内在住)
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
返済日 毎月1日・12日・20日・27日

出典:楽天銀行スーパーローン
※楽天銀行スーパーローン公式サイトより

アコム

アコムのカードローン

アコムのカードローンの特徴
  • パート・アルバイトの方でも申し込み可能
  • 30日間の無利息期間あり
  • 常時返済可能で、利息は利用日数分のみ

アコムのカードローンは、年齢・年収・他社の借入状況を入力するだけですぐに融資可能かどうかを確認できます。

 融資までのスピードもとにかく早く、最短で即日融資が可能となっています。

ATMやネットから24時間借入・返済が可能なため、日中が忙しい方にもおすすめです。

申し込みはネットで簡単にできるため、ぜひ利用をご検討ください。

アコムのカードローンの基本情報

金利 3.000%~18.000%
限度額 1万円~800万円
申し込み資格 安定した収入と返済能力のある20歳以上の方
返済方式 定率リボルビング方式
返済日

出典:楽天スーパーローン

JCB CARD LOAN FAITH

JCB CARD LOAN FAITH

JCB CARD LOAN FAITHスーパーローンの特徴
  • 手数料・年会費が永年無料
  • 借り換えやおまとめもできる自由度の高さがある
  • 最大2.5ヶ月分の利息0円(※JCB CARD LOAN FAITH公式サイトより)

JCB CARD LOAN FAITHは、JCBが発行するキャッシング専用のカードにより利用できるカードローンです。

 リボ払いの年率が最大でも12.500%だというメリットがあります。

また、キャッシング一回払いの場合であれば年利は5.00%です。

全国のコンビニやショッピングセンターで気軽に利用できる点もメリットと言えるでしょう。

JCB CARD LOAN FAITHの基本情報

金利 4.400%~12.500%
限度額 50万円~500万円
申し込み資格 安定収入のある20歳以上58歳以下の方
返済方式 残高スライド元金定額払い・毎月元金定額払い・ ボーナス併用払い
返済日

出典:JCB CARD LOAN FAITH

北海道銀行のカードローン「ラピッド」

北海道銀行のカードローン「ラピッド」

北海道銀行のカードローン「ラピッド」の特徴
  • 月々2,000円から返済可能
  • 全国のコンビニATM手数料が無料
  • 利息は1日12円計算

ラピッドは、北海道銀行により運営されているカードローンです。

 スマホで申し込みから契約まで完結できる手軽さと、1万円から借入可能な点などがメリットです。

いわゆる地方銀行の運営にもかかわらず、毎月2,000円からの低額返済が可能ということで注目されています。

北海道在住の方はもちろん、全国どこに在住でも使い勝手の良いカードローンと言えるでしょう。

北海道銀行のカードローン「ラピッド」の基本情報

金利 1.900%~14.950%
限度額 1万円~800万円
申し込み資格 安定した収入のある方
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済日 35日ごとか毎月6日を除く指定日

出典:北海道銀行のカードローン「ラピッド」
※ラピッド公式サイトより

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴
  • 月々2,000円から返済可能
  • カードローンでのみずほ銀行のATM手数料が無料
  • キャッシュカードでローン機能を利用可能

みずほ銀行のカードローンは、自動引き落としATM返済みずほダイレクトなどの多岐にわたる返済方法が特徴です。

 利息に関しては、1日借入の場合は19円、30日借入の場合は575円と、非常にお得になっています。

みずほ銀行の口座をお持ちの方であれば、インターネットからスムーズに申し込み可能です。

もちろんみずほ銀行の口座を持っていなくても、口座の新規開設と併せて利用ができます。

みずほ銀行カードローンの基本情報

金利 2.000%~14.000%
限度額 10万円~800万円
申し込み資格 満20歳以上満66歳未満の方(契約時)
返済方式 残高スライド方式
返済日 毎月10日

出典:みずほ銀行カードローン
※みずほ銀行カードローン公式サイトより

カードローン借り換えのメリット

クレジットカード ネットショッピング

カードローン借り換えのメリット
  • 毎月の返済額を減額できる
  • 利用限度額の増枠ができる
  • 借入先をまとめられる
  • 返済方法の選択肢が広がる

以下では、カードローン借り換えに関するメリットについて、詳しく解説します。

毎月の返済額を減額できる

カード会社によって毎月の返済額は異なるため、現在の返済が負担になっている場合は、より低額の返済ができる可能性があります。

 また、現在利用しているカードローンよりも金利の低い借り換え先を選択することも、毎月の返済額を減らすうえで重要になってくるでしょう。

利息の負担を軽減することで収支に余裕ができれば、毎月の負担軽減はもちろん、元金の臨時返済などにもつながります。

現在利用しているカードローンを「元金低額方式」から「元利低額方式」に変更するだけでも負担が変わるので、ぜひご検討ください。

利用限度額の増枠ができる

クレジットカード 財布

利用額限度額を増額することで、これまでできなかったことを実現できるというメリットがあります。

 カードローンの借り入れ時に限度額に不満がある場合、いっそ利用限度額を上げてしまうのが最も手っ取り早いと言えるでしょう。

ただし、利用限度額の内容や現在のカードローンでの借り入れ状況によっては審査に通らないことがあります。

利用限度額の増額を目的とした借り換えの場合は、まずご自身が対象となるカード会社の審査基準に達しているかどうかを確認しましょう。

借入先をまとめられる

クレジットカード 支払い

借り換えローンを上手に活用することで、複数あった借り入れ先をまとめられるというメリットがあります。

 借り入れ先をまとめることで、返済日や返済額の管理が楽になり、非常に効率的です。

借り入れ先が複数社ある場合、返済スケジュールを把握しきれず返済が漏れてしまう可能性があります。

また、返済先をまとめることになるため、返済にかかる手数料を削減することにもつながります。

返済方法の選択肢が広がる

クレジットカード VISA

借入額の返済方法はカード会社によって異なるため、場合によっては返済方法自体が負担になってしまう場合があります。

 一般的な返済方法にはカード会社提携のATMをはじめ、コンビニ・ネット返済・口座振込・窓口返済などが挙げられます。

いずれかの返済方法に関するネックがあったり、複数社の借り入れで返済方法が各社異なったりする際、借り換えにより解消する可能性があります。

おまとめローンを活用し、返済方法をひとつに絞ることも利便性の向上に効果的です。

カードローンの借り換えによるリスク

クレジットカード アメックス

カードローンの借り換えによるリスク
  • 合計の返済額が増える可能性が高まる
  • 再審査が必要になる
  • 返済期間が伸びてしまう
  • 借り換え先によって利用方法や返済方法が異なる

カードローン借り換えに関するリスクについて、それぞれ以下で詳しく解説します。

合計の返済額が増える可能性が高まる

カードローンの借り換えにより、毎月の負担額が減少しても返済総額が増えてしまうことがあります。

 元金定額方式から元利定額方式に借り換えた場合、返済額+利息が返済額のみになるため毎月の負担額は確かに減少しますが、完済までのゴールは少し遠くなってしまいます。

元利定額方式は確かに返済額が一定になるメリットがありますが、金利が同じ場合であれば、元金定額方式の方が返済総額は抑えられるでしょう。

毎月の負担額のみに注力して元利定額方式を選択することで、かえって損をしてしまうことがあります。

再審査が必要になる

クレジットカード 電子マネー

カードローンの借り換えと聞くと、現在の状況をそのままに会社だけを切り替えるような簡単な印象を持つ方もいるかもしれません。

 借り換えは、「新たにカードローンを申し込むこと」と同じ扱いになります。

そのため、各社に設定された審査基準によっては、そもそも借り換え自体ができない可能性があります。

カードローンの借り換えを検討する際は、借り換え先の審査基準にご自身が該当しているかどうか事前に把握しておく必要があるでしょう。

返済期間が伸びてしまう

クレジットカード 複数

借り換え先によって返済額が増えてしまった場合、それに応じて返済期間も長くなってしまいます。

 返済期間が長くなればなるほど支払い総額が増えたり、単純に毎月の負担が増えたりします。

多くの方は「毎月の負担額を減少させる」ことに意識を向けがちです。

しかし、あくまで支払い総額に応じた返済期間が重要になることも、把握しておきましょう。

借り換え先によって利用方法や返済方法が異なる

クレジットカード ポケット

金利や総額が借り換え先によって変動するように、利用や返済に関するやり取りが変わることがあります。

 返済額の支払い方法や支払い可能時間などが例に挙げられます。

日中に時間が取れないのであれば24時間対応可能な借入先であるかどうかや、ATMやネットなど返済方法が多岐に渡るかどうかという基準を重要視しましょう。

毎月の返済日をご自身の収入に合わせて変更することも重要になります。

カードローンの借り換えに関するよくある質問

カードローンの借り換えってそもそもどういうもの?
すでに借り入れをしているカード会社から、別のカード会社のローンに切り替えることを指します。
おまとめローンとは何が違うの?
一般的なカードローンの借り換えが、一社から借りているローンを別の一社に借り換えるものです。
対しておまとめローンは、複数社からの借り入れを一社にまとめ、負担を軽減するための方法と言えます。
カードローンの借り換えには審査はある?
はい、あります。借り換えとはいうものの、新たにカードローンの承認を得ることと同義なため、審査が必須です。
カードローン借り換えに関するメリットを知りたい!
返済額の減額や利用限度額の増額などのメリットがあります。
また、借入先をまとめられること、返済方法の幅が広がることもメリットです。
カードローンの借り換えにはどんなリスクがある?
場合によっては返済額の合計が増えてしまうことがあります。再審査の必要性や返済期間の長期化に関することもリスクと言えるでしょう。

また、借り換え先によって返済方法などが異なる点も注意しておきましょう。
カードローンの借り換えをするべき人ってどんな人?
現在利用しているカードローンで生活が圧迫されているという方は、ぜひ借入をご検討ください。

その際、無理なく返済できる見通しがしっかり立てられるかを重要視してください。
カードローンを借り換えない方が良い人の特徴を知りたい!
無理なく返済できていたり、サービスに満足していたりと、現状のカードローンで困っていない方であれば、借り換えをする必要はないでしょう。

まとめ

今回この記事では、カードローン借り換えの概要や選び方メリットやリスクについて紹介しました。

実際に借り換える場合におすすめしたいカードローンも紹介しているので、ぜひご参考ください。

一般的な住宅ローンなどとは異なり、借り換えを前提としたカードローンは事前に押さえておくべき知識が非常に多くなります。

カードローンの借り換えを検討したいけど、詳しいことがわからず停滞しているという方は、ぜひ今回の記事で紹介した内容をご参考ください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事