カードローン審査に通らない理由|4つの対策とおすすめローン

「急な出費でカードローンを利用したいけど審査に通るか不安」「審査に落ちずにカードローンを利用する方法はないの?」と、今すぐお金が必要な人にとってカードローンの審査は大きな不安要素です。

「虚偽の内容を申告すれば審査に通るのでは?」と考える人も多いですが、バレる可能性が高いです。なぜバレるのか、どのような審査基準で融資しているのか、気になる人も多いでしょう。

そこで今回は、カードローンの審査基準や審査に通らない人の共通点、審査通過の4つの対策を解説します。

おすすめの消費者金融系カードローンと銀行系カードローンもピックアップ!ぜひ参考にしてくださいね。

カードローンの審査基準とは?

LOANと書かれた紙と電卓

カードローンの会社は、審査基準を公開していないため、審査基準の詳細は不明です。しかし、年収や在籍情報などによる「返済能力」や、過去の支払いの遅延や延滞を確認する「信用情報」の2つが大きく関わっていると考えられています。

消費者金融、事業者金融、クレジットカード会社など「賃金業者」の貸付には「総量規制」という法規制があり、賃金業者はこの規制を遵守しなければなりません。

総量規制とは?
消費者を借り入れから守るためにある制度。年収の3分の1を超える貸付は原則禁止。

銀行のローンやショッピングローンは、賃金業者ではないので総量規制の対象外です。銀行のローンなら、年収の3分の1を超える貸付も法律上は可能ですが、ほとんどの銀行で自主規制をおこなっています。

審査をパスするためには「返済能力」「信用情報」「総量規制」のすべてについて、クリアしている必要がありますよ。

カードローン審査に通らない人|考えられる4つの理由

カードローン審査に通らない男性

カードローンの審査は公表されていませんが、通らない人には共通点があります。以下4つが審査に通らない理由と考えられます。

審査に通らない理由
  1. 信用情報に傷がついている
  2. 複数社に申請して返済能力がないと判断されている
  3. 虚偽の内容を申告している
  4. 在籍確認がとれない

1.信用情報に傷がついている

信用情報に傷がついている人は、カードローンの審査に通らない可能性が高いでしょう。信用情報とは「個人の今までのクレジットカード・ローンの取引事実を登録した個人情報」のことです。

 カードローンに申し込むと「信用情報」のチェックは必ず実施されます。

過去に債務整理をしていたり、強制解約をしていたりすると傷がついている可能性は高いでしょう。またローンの契約や完済に関する信用情報や、過去の返済の延滞歴なども記載されています。

一度信用情報に傷がつくと、長ければ数年間は「金融事故情報」として記録が残るので、他社での借り入れも難しいでしょう。

日頃からローンや契約ルールはしっかり守り、滞納や支払いの遅延を避けて信用情報に傷がつかないようにしておくことが大切です。

2.複数社に申請して返済能力がないと判断されている

たくさんのカード

返済能力がないと判断されると、審査に通らない可能性は高いでしょう。返済能力とは「融資をしても問題なく返済ができるかどうか」「安定して返済できるお金を生み出せるか」を指します。

 収入が少ない・不安定、借り入れ希望額が収入に対して大きすぎる、在職期間が短いなども返済能力がないと判断される可能性があります。

複数社で借り入れがある場合は、借り入れ総額が年収の3分の1に達していると審査に通りません。借り入れ総額が年収の3分の1以下でも、短期間で複数社に同時申し込みをすると、返済能力を疑われる可能性があります。

短期間での多重申し込みは「お金に非常に困っている」と判断されるリスクがあります。申し込みは1社に絞るようにしましょう。

3.虚偽の内容を申告している

虚偽の内容を申告している場合も、審査に落ちると考えてよいでしょう。正直に書くと審査に通らないと考え、虚偽の内容を書いてしまう人も少なくありません。たとえば以下の情報をごまかそうとしがちです。

虚偽内容を書きがちな項目
  • 年収額
  • 勤続年数
  • 勤務先
  • 他社借り入れ額

など

これらの情報は、虚偽内容を申告してもほとんどのケースでバレます。仮に審査時にバレなかったとしても、借り入れ後に発覚する可能性が高いです。

借り入れ後に虚偽が発覚した場合は、契約破棄となり一括請求されるリスクがあるので、正直に申告しましょう。

4.在籍確認がとれない

在籍確認の電話

カードローンの審査では、申込者が申告した会社で「本当に働いているのか」の在籍確認が行われます。在籍確認は電話で行われるのが一般的ですが、社員証・給与明細書・保険証などの書類提出で対応可能な場合もあります。

 電話確認の場合、本人が電話に出る必要はありません。電話を取った担当者が「今は席を外している」と伝えるだけでも、在籍していると判断され審査は終了です。

在籍確認がとれない場合も、審査に落ちる可能性があります。ほとんどのカードローン会社は、在籍確認の電話ではプライバシーに配慮され、カードローン会社名は名乗りません。

在籍確認の電話では勤務先に借り入れがバレるリスクは低いです。もし心配なら事前にコールセンターで、時間調整ができないか相談しましょう。

カードローン審査に通るための4つの対策

少しでもカードローン審査に通りやすくするために、以下4つの対策がおすすめです。

カードローン審査に通るためのコツ4つ
  1. 利用希望額を下げる
  2. おまとめローンで借り入れを整理
  3. 短期間に複数の会社に申し込まない
  4. 申し込みまでの期間を空ける

1.利用希望額を下げる

豚の貯金箱

利用希望額を下げると審査に通りやすくなるでしょう。「返済能力がない」と判断されて審査に落ちる場合、希望額に対して年収が低いと予想できます。

 「総量規制」の観点からも年収の3分の1を超える貸付はできないので、利用希望額を抑えたほうが借り入れしやすくなるでしょう。

たとえば年収300万円の人が借入希望額を100万円以上にすると、年収の3分の1を超えるので審査落ちする可能性は高いです。また収入が高い場合でも、安定した収入がないと融資ができません

申込みフォームに入力する際は、必ず借入希望額を「年収の3分の1以下」に設定するようにしましょう。

2.おまとめローンで借り入れを整理

審査落ちした人で、すでに他社で複数の借り入れを行っている場合には「おまとめローン」で、返済先を1社に絞っておくのがおすすめです。

 複数社に借り入れがある場合には、返済日にお金がなく他社からお金を借りて返済にあてていると疑われ、返済能力がないと判断されています。

多くの会社でローンを組んでいると金利負担が重くなりすぎて、返済額がなかなか減らないという問題に陥りやすいです。返済先をひとつにまとめる「おまとめローン」を活用して、借り入れを整理しておくとよいでしょう。

現在の借り入れよりも低い金利のローンにまとめれば、負担額を減らしつつカードローンの審査も比較的通りやすくなりますよ。

3.短期間に複数の会社に申し込まない

カードをはさみで切る

短期間で他社カードローンに複数申し込んでいる人は注意が必要です。複数に同時申し込みした情報は、信用情報に記録されており、照会時に確認が入ります。

 借り入れするペースが早いと、返済能力に問題を抱えていると判断されやすくなるので、審査落ちる可能性が高いです。

ローン会社やクレジットカード会社が照会を行った場合、照会履歴も残ります。複数に同時に申し込んでいることは、審査時にバレると考えてよいでしょう。

タイムラグで信用情報に記録されておらず問題ない場合もありますが、短期間に複数のカードローンに申し込むのは避けたほうが安全です。

4.申し込みまでの期間を空ける

申し込みまでの期間を空けることも、場合によっては有効です。信用情報についた傷を回復させてから申し込める可能性があります。

 信用情報に傷がついていて審査に落ちると、一生カードローンを利用できないと考えがちです。しかし、信用情報は時間をおけば回復可能です。

ただし回復までには一定期間が必要で、一般的に信用情報の傷は5年程度残るといわれています。また、一度審査落ちしてしまった場合、すぐに再申請しても審査には通らないと考えてよいです。

過去の申し込みした記録は信用情報機関に6ヶ月保管されるので、6ヶ月以上空けてから再び申し込みをしましょう。

カードローンの審査が通らなかった場合の代替案は?

不動産一括査定サイトの注意点

信用問題に傷がついている人や返済能力に問題がある人は、カードローン審査に通らない可能性が高いです。

そのような人でもお金を借りることができるのでしょうか。ここでは、カードローン審査が通らなかった場合の代替案を紹介します。

カードローン以外にお金を借りる方法
  • クレジットカードのキャッシングを利用する
  • 質屋からお金を借りる
  • 銀行の預金担保貸付を利用する
  • 公的融資を利用する

クレジットカードのキャッシングを利用する

カードローン審査が通らなかった時の代替案として、クレジットカードのキャッシングを利用する方法があります。

 クレジットカードにキャシング枠が設定されていればすぐにでもお金を借りられます。

しかし、キャッシング枠がない場合やクレジットカードを持ってない場合は、キャシングを受けるための審査が必要になるので、注意しましょう。

クレジットカードを持っている場合は、キャッシング枠が設定されているかを確認しましょう。

質屋からお金を借りる

質屋を利用してお金を借りる方法もあります。質屋に高価な商品を預けることで、預けた商品の担保に応じた金額を借りる仕組みです。

 営業時間内に商品を持ち込むと、その日に査定が完了し、現金を受け取れることがほとんどです。

よって、すぐにでもお金を借りたい人には向いている方法と言えるでしょう。期限までに利息を含めた金額を返済すれば、預けた商品も帰ってきます。

とはいえ、状態の良いブランド品でないと十分な額の借入は難しく、品物によって受け取れる金額に差が出ることには注意してください。

期限までに返済できなければ、預けた商品を売られる可能性があることは覚えておきましょう。

銀行の預金担保貸付を利用する

銀行の預金担保貸付を利用して、お金を借りる方法もあります。預金担保貸付とは、銀行に預けている貯金を担保にお金を借りる方法のことです。

貯金金額の9割程度であれば借入可能です。ゆうちょ銀行では、0.25%~0.5%の金利で融資を受けられるため、カードローンに比べるとかなり安いコストでお金を借りられます。

 預金担保貸付は、貯金を担保にしているので、審査がありません。

さらに、「〇〇までに完済しなければいけない」といった返済のルールも設けていないので、自分のペースで返済できるのも魅力の一つでしょう。

ただし、貯金額の9割までしか借入できないので、貯金額が少ない人は借入できる金額も少なくなってしまいます。

ある程度の貯金額がある人や審査を受けたくない人におすすめの方法です。

公的融資を利用する

公的機関の融資を受ける方法もあります。公的機関では、利用者の状況にあった融資制度が用意されています。主な制度を下表にまとめます。

制度 対象者 借入上限金額・金利
教育一般貸付(※1) 高校・大学・専門学校などに通う子どもを持つ世帯 子ども一人あたり350万円・固定金利年1.95%
女性福祉資金(※2) 都内の市町村に6か月以上居住している配偶者のいない女性 上限303万円・利息なし
中小企業従業員生活資金融資制度(※3) 都内に在勤又は在住の中小企業従業員

上限130万円・金利1.3%~1.8%

上記の対象者に該当する人は、利用を検討するとよいでしょう。

(※1)教育一般貸付

(※2)女性福祉資金

(※3)中小企業従業員生活資金融資制度

公的融資を利用すれば、カードローンよりも安い金利で融資を受けられます。

おすすめカードローン5選

プロミス

プロミス

プロミスの特徴
  • 「おまとめローン」「自営者カードローン」「目的ローン」などローン商品が豊富
  • 申込み〜借入までスマホの『アプリローン』で完結
  • はじめての利用なら30日間利息0円

プロミスは、年率4.5%〜17.8%で利用できるカードローンサービス。プロミスをはじめて利用するなら、30日間利息0円で借入ができるサービスを提供しています。

ローン商品が豊富なことも魅力のひとつ。限度額最大500万円の『フリーキャッシング』、他社の借り入れを一つにまとめられる『おまとめローン』、事業資金として利用できる『自営者カードローン』などが選択可能です。

 ローンの使い道が決まっているなら『目的ローン』がおすすめ。実質年率が6.3〜16.5%と上限金利が低めに設定されています。

プロミスが提供しているアプリ『アプリローン』なら、お手持ちのスマホで申込み〜借入まで完結させることが可能。カードレスなので、24時間いつでもどこでも利用可能です。

プロミスの審査はスピードが早く、最短25分の即日融資もできますよ。
30日間利息0円! プロミス
申込みはこちら

プロミスの基本情報

実質金利 4.5%~17.8%※1
無金利期間 初めての利用なら最大30日間
融資スピード 最短25分
借入限度額 最大500万円
WEB完結
利用条件 18歳以上74歳以下※2のご本人に安定した収入のある方
会社の基準を満たす方

出典:プロミス
※1フリーキャッシング
※2お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※2高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※2収入が年金のみの方はお申込いただけません。

30日間利息0円! プロミス
申込みはこちら

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローンの特徴
  • 金利が年率1.5%〜15.0%
  • 適用利率引き下げサービスが利用できる
  • アプリで明細情報や次回返済金額の確認ができる

三井住友カード カードローンは、1.5%〜15.0%と低金利が強みのカードローンサービス。毎月返済日にしっかり返済しているなら、2年目以降の金利が引き下げられるのが特徴です。

 年間で0.3%、最大で1.2%まで引き下げられます。返済は口座自動引き落としなので、返済日前日には口座残高をしっかり確認しておきましょう。

借入希望額が50万円以下で即時融資に申し込めば、最短5分で審査が終わります※1.2。審査に通過できれば、WEBからすぐに借り入れができるので、急いでいる人にもおすすめです。

明細情報や次回返済金額はアプリで確認可能!WEBから手続きすればカード到着前に借り入れもできるので、便利に活用しましょう。

三井住友カード カードローンの基本情報

実質金利 1.5%〜15.0%(振込専用なら1.5%~14.4%)
融資スピード 最短5分※1,2
借入限度額 900万円
WEB完結
利用条件

満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)

※すでに「三井住友カード カードローン(振込専用)」をお持ちの方は、申し込み不可。
「三井住友カード カードローン(振込専用)」を解約てから申し込む必要があります。

出典:三井住友カード カードローン ※1:最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。 ※2:最短5分の会員番号発行 受付時間:9:0019:30

アコム

アコム

アコムの特徴
  • 自分に合ったローンが選べる
  • アプリ『myac』で利用状況がひと目で分かる
  • 返済日と3日前にプッシュ通知で知らせてくれる

アコムは、年率3.0%〜18.0%で利用できるカードローンサービス。通常のカードローンなら限度額最大800万円までの融資に対応しています。

賃金業者債務の借換えに利用できる『借換え専用ローン』、個人事業主が利用できる『ビジネスサポートカードローン』なども利用可能です。

 専用アプリ『myac』では、QRコードを利用してカードなしでATMでの借り入れや返済ができます。

アプリでは利用可能額や返済日などがひと目で確認でき、返済日を忘れないように「返済期日3日前と当日」にプッシュ通知を受け取れる設定も可能です。

最短30分で融資が受けられるので、今すぐお金を借りたいという急いでいる人にもおすすめですよ。
最短30分で借入が可能! アコム
申込みはこちら

アコムの基本情報

実質金利 3.0%〜18.0%
無金利期間 初めての利用なら最大30日間
融資スピード 最短30分
借入限度額 800万円
WEB完結
利用条件 18歳以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する方
アムコの基準を満たす方

出典:アコム
※通常カードローン

最短30分で借入が可能! アコム
申込みはこちら

バンクイック

バンクイック

バンクイックの特徴
  • 年率1.8%〜14.6%と低金利
  • 三菱UFJ銀行の普通預金口座持ちなら振込融資が可能
  • スマホアプリ『バンクイック』で利用状況が簡単確認

バンクイックは、三菱UFJ銀行が提供しているカードローンサービス。年率が1.8%〜14.6%と低金利なのが特徴で、三菱UFJ銀行のATMや提携コンビニATMで手数料無料で借り入れ・返済が可能です。

 三菱UFJ銀行の預金口座がなくても借入可能ですが、口座開設済みなら口座への直接振込が可能なため、ATMに行かずにWebだけで融資を受けられます。

スマホアプリ『バンクイック』を提供しており、アプリで簡単に利用状況の確認が可能です。残高や利用可能額、次の返済日の確認などはもちろん、近くのATM検索や書類提出もアプリからできます。

メガバンク運営で安心感があるのもバンクイックの強みですね。

バンクイックの基本情報

実質金利 1.8%〜14.6%
無金利期間 なし
融資スピード 最短翌営業日
借入限度額 500万円
WEB完結
利用条件 20歳以上65歳未満の安定した収入のある方
保証会社アムコの保証を受けられる方

出典:バンクイック

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴
  • 返済のたびにTポイントが貯まる
  • スマホアプリ『SMBCモビット公式スマホアプリ』で履歴照会や増額審査申込が可能
  • 審査最短30分、振込キャッシングによる借入最短3分

SMBCモビットは、SMBCグループの会社が提供しているカードローンサービス。Tポイントサービスの利用が可能で、返済額の利息分200円につき1ポイントが貯められます。

 会員専用サービスの『My モビ』からは、Tポイント1ポイント=1円として返済に利用可能です。

『SMBCモビット公式スマホアプリ』があれば、カード不要で全国の提携ATMで入金出金が可能。増額審査申込みや利用状況照会なども利用できます。

ネットから申込み〜融資まですべて完結でき、本審査の結果が出るまで最短30分とスピーディな点も魅力です。

振込キャッシングなら最短3分で借り入れが行えますよ。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの基本情報

実質金利 3.0%〜18.0%
無金利期間 なし
融資スピード 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入限度額 800万円
WEB完結
利用条件 20歳以上74歳以下の安定した収入と返済能力を有する方
SMBCモビットの基準を満たす方
※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

出典:SMBCモビット

よくある質問

カードローンの審査基準とは?
カードローンを利用する場合は、審査をパスする必要があります。審査では、「返済能力」「信用情報」などがチェックされます。
カードローンに通らない人の特徴とは?
信用情報に傷がついている人や無職の人はカードローン会社の審査に通らない可能性が高いです。また、審査に通らないことを恐れて虚偽の内容を申告したとしても、借り入れ後に発覚するケースが多いので、正直に申告しましょう。
カードローンに通るためのコツは?
「返済能力がない」と判断された場合は、利用希望額を下げることで審査に通りやすくなります。また、短期間に複数のカードローンに申し込むと返済能力を疑われるので、避けた方がよいでしょう。
カードローン審査が通らなかった時の代替案は?
「銀行の預金担保貸付を利用する」「公的融資を利用する」が挙げられます。これらは、カードローンよりも安い金利で融資が受けられます。
カードローン審査に通らない理由を調べる方法は?
CICや全国銀行個人情報センターのような「信用情報機関」で情報の開示請求をすることでカードローンに通らない理由を調べられます。開示請求はスマホから可能です。気になる方はチェックしてみましょう。
カードローンの審査で必要な書類は?
年収証明書類(源泉徴収や納税証明書など)や本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)が必要です。
おすすめのカードローンは?
「プロミス」「アコム」「三井住友カード カードローン」がおすすめです。これらは、融資の実績やローン商品が豊富です。専用アプリでスムーズに借り入れや返済ができるので、初心者にも使いやすいサービスとなっています。

まとめ

今回は、カードローンの審査基準や審査に通らない人の共通点、カードローン審査に通るための対策について解説しました。審査基準は非公開情報ですが「返済能力」「信用情報」「総量規制」が深く関係していると考えられています。

審査に通りやすくするには「利用希望額を下げる」「短期間に複数の会社に申し込まない」「申し込みまでの期間を空ける」のがコツです。必ず審査に通るとはいえませんが、可能性は高まるでしょう。

複数社で借り入れをしているなら「おまとめローン」を使用して、借り入れを整理するのもおすすめですよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事