Coincheck(コインチェック)の評判を徹底解説!手数料や入金方法も紹介

暗号資産取引サービスの「Coincheck(コインチェック)」は、3年連続国内トップのアプリダウンロード数を誇る取引所です。初心者から投資経験者まで高い評価を受けています。

しかし、中には「Coincheckは他社と比べてどんな特徴があるのかな?」「Coincheckを利用するメリットとデメリットとは?」このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、仮想通貨取引を本格的に始めたい人に向けて、Coincheck(コインチェック)の口コミと評判、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

さらに現在実施されているお得なキャンペーン・特典情報も併せて紹介しますので、ぜひこの機会に参考にしてください。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

【仮想通貨取引所】Coincheck(コインチェック)とは

コインチェック

Coincheck(コインチェック)は、2012年8月に設立された暗号資産取引所です。取引所の運営や暗号資産の購入や売買、送金などのサービスを提供しています。

 ビットコイン含む最多の17種類の仮想通貨を取り扱い、仮想通貨投資初心者でも見やすくて分かりやすい直感的操作が可能な取引アプリが魅力です。

また、利用者がCoincheckへと貸した暗号資産と利息分を最大年率5%で暗号資産を受け取れる貸暗号資産サービスやビットコイン決済サービスなども提供しています。

さらに大手取引所ならではのセキュリティ対策も充実しており、2段階認証設定コールドウォレットと呼ばれるインターネットに繋がっていない状態で暗号資産を管理できます。

Coincheck NFT(β版)では、国内初となるNFTと暗号資産の取引ができるマーケットプレイスを提供しています。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

【手数料無料!】Coincheck(コインチェック)のメリット

国内最多の18種類の仮想通貨を取り扱う

【手数料無料!】Coincheck(コインチェック)のメリット

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインを含めると国内最多の18種類の仮想通貨を取り扱っている大手取引所です。

 メジャーコインのビットコインやイーサリアムは勿論のこと、エンジンコインやパレットトークンなどのマイナーコインまで取引できるので、リスクを抑えた分散投資が可能です。

また、取り扱い銘柄が多いと、いざ注目される銘柄が出てきた時でも乗り遅れることなく投資できるので、利益チャンスがあるのが最大のメリットだと言えるでしょう。

なぜなら、取り扱い銘柄数が少なければタイムリーに投資ができませんし、口座開設にも手続きをするステップが意外と多くあるので、すぐに値上がりしてしまう可能性があるからです。

取扱銘柄数が多いことは大きなメリットなので、銘柄数の豊富さを重視して取引所を選ぶ方が多いです。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

取引所での手数料が無料

【手数料無料!】Coincheck(コインチェック)のメリット

Coincheck(コインチェック)では「販売所」と「取引所」2つの場所で仮想通貨の取引ができ、取引所での取引であれば手数料無料で利用できます。

 一日中取引していても手数料が無料なので、毎日何度も取引する短期トレーダーにはCoincheckは最適な取引所だと言えるでしょう。

一方で販売所での取引は手数料がかかるため気をつけてください。その他にも、入出金手数料などの細かい手数料もかかるので口座開設時に抑えておきましょう。

シンプルなデザインで取引しやすい

【手数料無料!】Coincheck(コインチェック)のメリット

Coincheck(コインチェック)の魅力の一つに、取引画面がシンプルで使いやすく分かりやすいです。そのため、初心者でも直感的操作が可能となっています。

 線チャートとローソク足の2つのタイプがあり、線チャートでは価格変動を線で結んだ初心者でも見やすい設計になっています。ローソク足は株式投資やFXで利用され線と同じです。

Coincheckのアプリは自分好みのチャートを表示させるカスタマイズ性があったり、操作がシンプルなので迷うことなく取引できたりすることが魅力です。

また、ヘルプページも充実しているため、「ちょっと分からないな…」と疑問に思った操作についてすぐに解決できます。誰でもすぐに慣れることができるでしょう。

機能性と操作性を兼ね備えた取引アプリなので、初心者に限らず投資経験者からも評価が高いです。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

一部上場企業のマネックスグループが運営している

【手数料無料!】Coincheck(コインチェック)のメリット

Coincheck(コインチェック)は、東証一部上場企業であるマネックスグループが運営しているので、安心・安全に利用できるのがメリットの一つです。

 グループ入り後のセキュリティ強化に伴い、2段階認証システムやコールドウォレットを用いて第三者の不正ログインや不正使用を防ぐことが可能となっています。

このコールドウォレットは、インターネットに繋がっていない外部のウォレットに暗号資産(仮想通貨)を移動し管理するため、ハッキングされる心配はありません。

Coincheckはシステムの安定性やセキュリティ対策、短時間でスピーディーな取引を保証する強固なサービスを提供しています。

何の心配もなく安心して取引できる環境が整っています。

貸仮想通貨サービスを提供している

【手数料無料!】Coincheck(コインチェック)のメリット

Coincheck(コインチェック)では貸仮想通貨サービスと呼ばれる、自分が保有している仮想通貨をCoincheckに貸すことで、貸借料(利息)を稼ぐ取引方法が利用できます。

 俗に「貸仮想通貨(レンディング)」と言われており、仮想通貨の保有量を堅実にそして確実に増やせるとあって、仮想通貨投資家の間で人気となっている投資方法の一つです。

また、Coincheckでは最大年率5%で提供しているので、仮想通貨を保有しているだけで毎年5%ずつ資産形成していくことが可能です。

例えば、100万円を貸仮想通貨(レンディング)すれば1年間に5万円、1,000万円を貸仮想通貨(レンディング)すれば1年間に50万円の利益を堅実に上げることができます。

仮想通貨取引は損をすることはありますが、レンディングは損を被ることはありません。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)のデメリット

レバレッジ取引が不可能

Coincheck(コインチェック)のデメリット

Coincheck(コインチェック)は残念ながらレバレッジ取引に対応していないので、レバレッジを目的に口座開設されたい方には向いていません。

 一般的に大手仮想通貨取引所は最大レバレッジ2倍まで取引可能です。ただ、Coincheckは大手にも関わらずレバレッジ取引できないのがネックと言えます。

レバレッジ取引を利用すれば、少額資金を大きく増やせる可能性があるので、「少額から大きく増やしたい」という目的の人にはおすすめできません。

ただ、初心者が初っ端からレバレッジを利用して取引すると、大きく損を出してしまう可能性も高いため、初心者はレバレッジ取引を使用できないCoincheckが最適かもしれません。

取引に慣れてきたらレバレッジ取引が利用できる取引所に乗り換えするのも一つの手段です。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

スプレッドが広めに設定されている

Coincheck(コインチェック)のデメリット

Coincheck(コインチェック)は他社が提供する取引所に比べ、スプレッドが広めに設定されているのがデメリットの一つです。

スプレッドとは売買手数料のことで、取引するたびに発生する実質的なコストです。スプレッドが狭ければ顧客が有利に働き、スプレッドが広いと会社が有利に働きます。

 つまり、Coincheckは会社側に有利な設計にされているので、顧客はスプレッドの概念を知らずに手数料を取られている可能性があるので十分に気をつけましょう。

例えば、ビットコインの購入価格が1,010,000円で、売却価格が1,070,000円の時、「1,010,000円−1,070,000円」=「30,000円」の差が生じます。

この「30,000円」がスプレッド手数料になります。Coincheckは若干広めにスプレッドが設定されているので、取引をする際はスプレッドを考慮して取引しましょう。

スプレッドが狭ければ狭いほど顧客に有利であることを覚えておきましょう。

過去にハッキング被害があった

Coincheck(コインチェック)のデメリット

Coincheck(コインチェック)は実は過去に大きな事件を2回も引き起こしてします。

1度目は2018年1月26日約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」がハッキングによって盗まれてしまった事件。

 当時は仮想通貨ブームだったため、ハッキング事件は世間に衝撃を与え、連日国内問わず海外でもニュースとして報道されました。

2014年にマウントゴックスと呼ばれる取引所から流出した約470億円のハッキングによって盗まれた金額を大きく超えてしまいました。

この事件をきっかけに金融庁はCoincheckに業務改善命令を出し、体制の見直しを図った過去があります。

今現在は2段階認証システムやコールドウォレットなどの強固なシステムを用いているので、安心・安全に利用することができます。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

取引所での取扱い銘柄数が少ない

Coincheck(コインチェック)のデメリット

Coincheck(コインチェック)は取扱銘柄数が17種類と豊富に取り扱っていますが、これは「販売所」による銘柄数です。なので、「取引所」での取扱銘柄数ではありません。

 つまり、「販売所」は17種類全て取引できる一方で、「取引所」ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETC)、ファクトム(FCT)、モナコイン(MONA)の4種類のみです。

販売所は取引手数料がかかりますが、取引所では個人同士の取引なので取引手数料はかかりません。無料で取引できる一方で4種類しか販売所で取引できないのは大きなデメリットです。

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーなコインのみを取引するだけであれば問題ありませんが、アルトコインを無料で取引したい方にはCoincheckは向いていないかもしれません。

販売所ではなく取引所をメインで利用したいという方にはデメリットに感じるかもしれません。

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判を紹介

Coincheck(コインチェック)の良い口コミ

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判を紹介

シンプルな設計で初心者でも取引しやすい
Coincheck(コインチェック)は取引画面が使いやすく分かりやすいのがいいですね。始めは難しそうなイメージを持っていた取引操作ですが、アプリを数分触っていたらすぐに理解することができました。
一部上場企業が運営しているので安心して利用できる
色々な仮想通貨取引所があるため、始めはどの取引所を利用すればいいのか分かりませんでした。ですが、上場企業が運営していることと「アプリダウンロード数が3年連続No.1」という実績を見て口座開設したことを覚えています。
メジャーコインからマイナーコインまで取引できるのが良い
Coincheck(コインチェック)は国内最多の17種類と豊富に銘柄が取り扱っているのが良いですね。いざ注目されているコインが出てきた時も、チャンスを逃さずスピーディーに取引可能なので銘柄数が多いに越したことはありません。
初心者でもストレスなく使用できる
一番好きな取引所は断然Coincheck(コインチェック)ですね。口座開設も早くて売買画面も使いやすい。さらにビットコインの板取引ができたり、周りの友達や知り合いも皆んな使用していたりと安心感があるのはやっぱり大きいです。
銀行振込で手数料が無料なのはビックリした
色々な仮想通貨取引所を利用してきましたが、Coincheck(コインチェック)は銀行振込で手数料が無料になるのには驚きました。手数料無料で入金できる口座はあまりないので、かなりお得だと感じて口座開設しました。

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)のイマイチな口コミ

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判を紹介

過去にハッキング被害があったので使うのが怖い
Coincheck(コインチェック)は2018年の仮想通貨ブームの時、一度ネムという仮想通貨を560億円分の仮想通貨を盗まれたのはショッキングだった。大手取引所で一度でもこのような事件が起きると信頼できなくなる。
スプレッドが広めに設定されているのはちょっと…
スプレッドは売買した際に発生する取引コストなのですが、他社に比べて若干スプレッドが広いのがネックです。Coincheck(コインチェック)は初心者の利用者が多く、スプレッド手数料を沢山取られていると認識されている人が少ないようです。
レバレッジ取引ができないのは取引所としては問題外
大手取引所のbitFlyer、DMM Bitcoin、GMOコインなどの取引所は、最大レバレッジ2倍で提供しているにも関わらず、Coincheck(コインチェック)はレバレッジ取引ができないので、あまり使用しても旨味がないと感じています。
短期で何度も取引する人には向いていない
Coincheck(コインチェック)は販売所形式を採用しているので、初心者にとっては複雑な操作が少なく簡単に利用できます。ですが、その分スプレッドが広く設定されているので、1日に何度も取引する短期投資の方には向いていません。

Coincheck(コインチェック)の利用手順を解説

ステラルーメン(XLM)のメリット

コインチェックの利用手順は次の5つに分けられます。

コインチェックの利用手順
  1. アプリをインストール
  2. アカウントの作成
  3. 本人確認
  4. 口座への入金
  5. 銘柄の購入

これからコインチェックを利用する方は、必見の内容となっています。

コインチェックは王道の取引所といっても過言ではないため、覚えておいて損はありません。
なお、ここではスマホ利用者向けに解説しています。それでは実際に、それぞれの手順を詳しく見てみましょう。

1.アプリをインストール

1ステップ目がアプリをインストールをします。

スマホユーザーはアプリからの取引が主流です。

iOSの方はAppstore、Androidの方はplayストアからインストールしましょう。

パソコンユーザーの場合は、公式アカウントよりアカウント登録になります。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

2.アカウントの作成

2ステップ目がアカウントの作成です。

利用前にアカウント作成が必須です。
会員登録の際に、メールアドレスの入力をしましょう。この際、パスワードの設定などをしますが、メモをして忘れないようにしてください。電話番号を入力して、SMS認証を行いましょう。
 電話番号がない方は利用できないため、注意してください。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

3.本人確認

3ステップ目が本人確認を行います。

本人確認では、顔写真付きの書類が必要になります。
なお本人確認申請の受付は日本に住んでいる方、なおかつ18歳以上74歳以下の方が対象となります。基本情報である名前や利用目的を入力して、運転免許証等の顔写真付き書類を提出してください。
 本人確認はすべてネット上で完結できます。

4.口座への入金

4ステップ目が口座へ入金しましょう。

取引には口座への入金が必要です。
口座への入金方法は次の3つです。
口座への入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金(一時停止中)
  • クイック入金(一時停止中)
銀行振込はモアタイムに加盟している金融機関がおすすめです。加盟していない場合は翌営業の反映となることがありますが、モアタイムへ加盟していればすぐに反映されるためです。
 大手銀行やネット銀行ならば、モアタイムを導入しているところがほとんどです。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

5.銘柄を選択して購入

5ステップ目が銘柄を選択して購入しましょう。

口座への入金が完了したら、いよいよ取引です。
画面下の取引所をタップし、購入したい銘柄を選択して「購入」をタップするだけです。その後、購入金額などを設定して、実際に購入となります。
スマホアプリで取引が完結するため、パソコンを持っていない方でも問題なく取引可能です。
 ネット環境があれば、どこでも取引が可能です。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の手数料を解説

お金の画像

コインチェックでは手数料が発生します。

コインチェックの手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 仮想通貨入金手数料
  • 仮想通貨出金手数料
  • 取引手数料

ここではそれぞれの手数料についてみていきましょう。

入金手数料

まずは入金手数料を紹介します。

現在は銀行振込のみの対応となっているため、入金手数料は無料です。とはいえ、振込手数料はお客様負担となっています。

振込手数料が無料である金融機関を利用するとよいでしょう。
銀行振込 無料(ただし振込手数料はお客様負担)
コンビニ入金 3万円未満:770円
3万円以上30万円以下:1,018円
クイック入金 3万円未満:770円
3万円以上50万円以下:1,018円
50万円以上:入金金額×0.11%×495円
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

出金手数料

続いてが出金手数料です。

出金手数料は、銀行口座に出金する際に発生するものです。
暗号資産を利益確定して日本円に交換し、コインチェックの口座から自分の銀行口座に出金する際は「出金手数料」として一律407円かかります。
  出金の条件額は一塊あたり5,000万円となっています。

仮想通貨入金手数料

続いては仮想通貨入金手数料です。

仮想通貨入金手数料とは、他の暗号資産取引所のウォレットから暗号資産を送金する際にかかる手数料のことです。

  なお銘柄によってはトランザクションが混雑して、送金に時間がかかる場合があります。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

仮想通貨送金手数料

続いては仮想通貨送金手数料です。

仮想通貨入金手数料とは、他の取引所の口座やウォレットに暗号資産を送金する際にかかる手数料のことです。

実際にかかる手数料は暗号資産の銘柄によって異なり、Coincheckでは銘柄によって細かく決められています。

 コインチェックのユーザー同士であれば、送金手数料は無料です。

取引手数料

最後が取引手数料です。

取引手数料とはユーザが直接取引する取引所での取引、ユーザ同士が取引する取引所での取引が挙げられます。

前者は販売所取引といい、販売所手数料の額は一定ではなく、スプレッドといわれるものが手数料となります。スプレッドであるため、買うときの値段と売るときの値段の差で決まります。

後者は取引所手数料といわれるものです。取引所での手数料では、 Maker手数料とTaker手数料に分けられ、0.050%から0.100%の手数料が発生します。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

コインチェックの利用がおすすめな人は

Axie Infinityの始め方

コインチェックの利用がおすすめな人は次の3つです。

コインチェックがおすすめな人
  • 初めて暗号資産の取引をする初心者の人
  • 取扱通貨数が多い取引所を希望している人
  • 取引手数料のコストを抑えたい人
  • スマートフォンからの取引をする人
  • 安心できる運営元の取引所を求めている人

コインチェックを利用する前に、自分は向いているかどうか確認してみましょう。

初心者の人

1つ目が初心者の人です。ビットコインはUIに優れているため、初めて利用する方でも見やすくスムーズに取引できます。

画面がごちゃごちゃしていて分かりづらい、使いこなすまで難しいといったことはありません。

さらにコインチェックに関する情報はネットで沢山出ており、サービスに関するお問い合わせも公式サイトより受け付けています。初心者の人にはもちろんのこと、上級者の人にもおすすめできる取引所です。

今なら、新規登録をして本人確認をすればキャンペーンが受けられます。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

取扱通貨数が多い取引所を希望している人

2つ目が取扱通貨数が多い取引所を希望している人です。

 コインチェックが2022年5月時点で取り扱っている通貨数は17種類

有名な取扱通貨数は一通り揃っているため、普通に取り引きする際に困ることはないでしょう。

取扱通貨数が多く、取引所も見やすいためストレスなく取引ができます。

今後取引したい通貨が増えるかもしれない、という方もコインチェックならば柔軟な取引が可能です。

参照:Coincheckで取引できる通貨は何種類?暗号資産(仮想通貨)の購入手順 | Coincheck(コインチェック)

取引手数料のコストを抑えたい人

3つ目が取引手数料のコストを抑えたい人です。

コインチェックの取引手数料は無料となっており、コストを抑えることができます。

出金手数料や暗号資産送金手数料などの手数料も発生するため、こうして無料なのは魅力的です。

さらにコインチェックのユーザー間同士ならば、送金手数料は無料です。手数料は複数回も取引すれば大きな出費と鳴なるため無料の取引所をおすすめします。

参照:送金・売買・入出金手数料 | 暗号資産取引所のCoincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

スマートフォンからの取引をする方

4つ目がスマートフォンからの取引をする人です。

コインチェックではスマートフォンのアプリが提供されており、外出中でも相場の動向や取引が可能です。

ネット環境があればスマートフォン1台でどこでも取引できます。

UIも見やすくストレスなく取引できるため、パソコンを所有していなくとも心配することはありません。

安心できる運営元の取引所を求めている人

5つ目が安心できる運営元の取引所を求めているです。取引所を利用する際、初めて聞いた会社が多く不安な方も多いのではないでしょうか?

しかしコインチェックは親会社がマネックスグループ株式会社です。

マネックスグループ株式会社は投資サービスを提供しているオンラインの証券会社です。

東証一部上場企業であり、名前が知られている企業であるため安心して利用できるでしょう。

 ハッキング事件以降に経営がされ、ハッキング対策は万全です。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)のキャンペーン

現在、コインチェックでは1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

 本人確認完了後に日本円入金を行った方全員に1,500円荘とのビットコインがプレゼントされます。

対象者や付与方法については公式サイトより確認でき、キャンペーン期間は2022年9月30日 23:59までとなっています。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

よくある質問

コインチェックが行っているセキュリティ対策について教えてください。
ガバナンス体制やコンプライアンス体制の強化、顧客資産部熱管理の実施、コールドウォレット、二段階認証、SSL、マルチシグなどを行っています。
コインチェックは最低いくらから購入可能ですか?
最低購入金額は500円からとなっています。
利用料などはかかりますか?
アカウント登録や利用料などはすべて無料です。取引をする際に入金額が必要となります。
どのようにすれば送金ができますか?
送金するには口座開設の手続きを完了させてください。なお、登録電話番号を返答した後は24時間送金ができません。
コインチェックは出金されるまでどのくらいの日数が必要ですか?
銀行の営業日の午後9時以降に申請の出勤をした場合は申請日を除く2営業日後です。9時以前の申請であれば翌営業日に反映されます。
お問い合わせ時間について教えてください。
電話での苦情または相談に関する受付は平日10:00〜17:00(土日祝を除く)となっています。
本人確認が終了するまでにどのくらいの日数が必要ですか?
本人確認の作業は1〜2営業日となっています。本人確認をした後に取引ができます。

まとめ

ここまで本記事では、仮想通貨投資を検討している方に向けて、Coincheck(コインチェック)の口コミや評判、利用するメリット・デメリットについて詳しく紹介してきました。

Coincheckは機能性と操作性を兼ね備えた取引アプリの使いやすさや分かりやすさ、通貨の変動を教えてくれるプッシュ機能などの利便性がいいので、メインの取引所に最適と言えます。

また、東証一部上場企業であるマネックスグループを親会社に持つため、安心・安全に取引できるところも魅力ポイントです。特にこれから仮想通貨投資を始める方にはピッタリです。

取扱通貨も業界最多の17種類と多く、初心者から上級者まで人気の取引所なのでおすすめです。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事