COZUCHIの口コミ・評判を徹底調査!メリット・デメリットも解説

COZUCHI(コヅチ)は、少額からでも不動産投資を始められる不動産投資の中でも、近頃注目を集めているクラウドファウンディングサービスです。

リスクを抑えたい人に特におすすめですが、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。例えば、元本割れのリスクがあったり、応募しても申し込みが成立しなかったりします。

適切に不動産投資を始めるためにも、COZUCHIの特徴を押さえておきましょう。そこで今回は、COZUCHIの口コミ・評判について紹介します。

サービスのメリットとデメリットについても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

COZUCHI(コヅチ)の基本情報

COZUCHI(コヅチ)の基本情報

主な特徴
  • 不動産のプロに運用を任せられる
  • 投資期間中でも解約し、換金できる
  • 1万円の少額からでも投資を始められる

COZUCHIは不動産投資クラウドファンディングのサービスの一つです。1万円の少額からでも投資を始められるため、初めて不動産投資にチャレンジする人にもおすすめです。

通常の不動産投資クラウドファンディングの場合、途中解約ができないことが多く、投資資金は引き出せません。

 COZUCHIは投資期間中でも解約に対応しており、急いで現金を用意したいときに便利です。マイページで簡単に換金申請を行えます。

他にも、想定利回りが10.00%を超える案件が多く、過去には想定よりも2倍以上の利率で運用した実績もあります。

このように投資効果が高いファンドに投資でき、実際の運用は不動産投資のプロに任せられるため、安心感があるでしょう。

投資家のリスクを小さくするさまざまな工夫がある点も大きな魅力です。
ファンド件数(累計) 50件
最低投資金額 1万円
想定・期待利回り(年利) 4.5%~50.90%
運営会社 LAETOLI株式会社

出典:COZUCHI公式サイト

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

COZUCHIの良い口コミ・評判の傾向

小さい家

良い口コミの傾向
  • 手軽に運用でき少額からでも始められる
  • ファンドの量や質も良い
  • 期間が短くリターンも高い
  • サービス全体の質が高い

手軽に運用でき少額からでも始められる

COZUCHIは手軽に始めやすい、少額からでも始められるという点が好評。1万円から始められるため、不動産投資に憧れがある人でも参入しやすい点にメリットを感じる人が多いです。

 実際に「大金を使わずに投資できるため安心感がある」「少しずつ積み立て感覚で使える」という、手軽な部分も評価されています。

プロに運用してもらえるため、専門知識がまだない投資の初心者でも不動産投資にチャレンジできます。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

ファンドの量や質も良い

COZUCHIが扱っているファンド

COZUCHIが扱っているファンドの量や質も多くのユーザーから良い評価を集めており、「プロが厳選したファンドだから安心できる」という声が目立ちます。

一般的な不動産投資の場合は、物件選びや運用を自分で行う必要があるため、初心者にとっては参入ハードルが高いでしょう。

COZUCHIはファンドの数が多く、投資判断に必要な情報が揃っているため選びやすいです。

ファンドの内容も「収益性が高いものが多い」と評価されています。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

期間が短くリターンも高い

COZUCHIのリターン

COZUCHIは運用期間が比較的短く、リターンが高いことから「投資効率が良い」という口コミが多いです。

「想定利回りを超える配当を受け取れた」という声もあり、期待以上の効果を実感している人も少なくありません。

また、運用期間が短いことから、すぐに成果に繋がる点も好評です。

サービス全体の質が高い

COZUCHIは「サービス全体の質が高い」という評価も受けています。実際に、投資家のリスクを小さくする仕組みが多くあり、安心して利用しやすいでしょう。

 物件情報には写真が豊富に掲載されており、どのような物件かイメージしやすいです。他にもファンドの説明が丁寧という声が多く、投資判断の参考になります。

また、シミュレーションを使えることにも魅力を感じている人が多いです。そして、他のクラウドファンディングでは少ない途中で解約できる点も好評です。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

COZUCHIのイマイチな口コミ・評判の傾向

COZUCHIのイマイチな口コミ・評判の傾向

イマイチな口コミの傾向
  • 案件数が少なく感じる

  • 希望のファンドに何度も落選した

案件数が少なく感じる

COZUCHIの利用者の中には「案件数が少ない」と感じる人もいます。現在では累計50件ほどですが、応募できる募集中の案件に限定すると、かなり数が絞られるでしょう。

 そのため、「せっかく会員登録・投資家登録したのに、応募したいファンドがなかった」という声もあります。

既に不動産投資クラウドファンディングを経験している人の場合、希望する案件が見つからず不満に感じることもあるかもしれません。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

希望のファンドに何度も落選した

COZUCHIで何度も落選する

COZUCHIの利用者の中には「希望するファンドが全て抽選式で、当選したことがない」という人がいます。

 クラウドファンディングであるため、申し込みが確定しなければ投資は成立しません。今までのファンドは実績が豊富なため人気があります。

しかし、利用者数とファンドの件数のバランスが悪く、競争が激化していると評価する人は少なくありません。そのことから「案件をもっと増やして欲しい」という声も目立ちます。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

COZUCHIの口コミから見るメリット

COZUCHIの口コミから見るメリット

優先劣後方式を採用

COZUCHIは「優先劣後出資方式」を採用しており、出資者の元本と配当金の安全性を高めているため、安心して利用しやすいです。

この優先劣後出資方式は、運営側の出資金を劣後出資、投資家から集めた資金を優先出資として分けて管理します。

もし投資対象の物件の価値が下がるなど損失が生じた場合は、劣後出資から損失を計上するため、投資家はリスクを負いにくいです。

 例えば、1億円の物件を不動産会社が3,000万円、投資家が7,000万円出資したとき、運用終了後に8,000万円でしか売れない場合は、2,000万円の損失が生まれます。

通常だと、20%の損失が出ていることになるため投資家は1,400万円の損失を負いますが、優先劣後出資方式が採用されていると、不動産会社の出資分から損失分が差し引かれます。

そのため、この場合だと投資家は損失を負いません。ただし、契約内容によって優先劣後出資方式の割合は変わるため、契約前に確認しておきましょう。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

途中解約が可能

COZUCHIは途中解約できる

不動産投資クラウドファンディングでは途中解約できないものが多いですが、COZUCHIは途中で解約できます。

 そのため、投資期間中に現金が必要になった場合でも、マイページから換金申請を行うことで、いつでも出資金を引き出せます。

途中解約が可能であれば、比較的大きな金額を出資して大きな利益を狙いやすくなり、投資効果を高めやすいです。

ただし、換金手続きには事務手数料が発生するため要注意です。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

1万円からの少額投資が可能

COZUCHIは1万円から始められる

COZUCHIは1万円の少額投資から始められます。もちろん出資額は多い方が得られるリターンも大きくなりますが、少額からであればリスクを抑えながら気軽に不動産投資を始められるでしょう。

一般的な不動産投資の場合、物件を購入するために数千万円の資金が必要になるケースは珍しくありません。

また、同じ不動産投資クラウドファンディングでも、最低投資金額が10万円以上のものもあります。

不動産投資に興味があり少額から始めてみたい人におすすめです。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

リスク低減の工夫がなされている

COZUCHIはリスクが小さい

COZUCHIはリスク低減の工夫がなされているため、初めて不動産投資に挑戦する人でも安心して取り組みやすいです。

 優先劣後方式・少額投資・途中解約以外にも、運用期間が短く設定されているファンドも多く扱っています。

一般的な不動産投資の場合、中長期的に収入を得るケースが多いですが、長く物件を所有すると価値の低減や空室率の上昇などのリスクもあります。

その点、COZUCHIは運用期間が短いため物件価格が急落するなどの危険性は小さく、リスクコントロールがしやすいことも利点の1つです。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

物件情報が豊富

COZUCHIは物件情報が豊富

COZUCHIでは投資対象の物件情報が豊富にあり、投資判断に役立ちます。それぞれの案件情報も詳細まで掲載されているため、比較検討もしやすいでしょう。

 一般的な不動産クラウドファンディングでは、ファンドに関する情報は物件の種類や想定利回りなどの概要が多いです。

その点、COZUCHIは物件の写真が豊富にあり、周辺情報などの有益な内容も公開されています。さらに、投資額を入力するだけで簡単なシミュレーションが行える点も魅力です。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

需要の多い物件を中心に扱う

需要がある物件が多い

COZUCHIのファンドとして扱われている物件は、需要が多い都内の不動産が中心であり空室リスクが小さいです。

 不動産投資では、どんなに良い物件でも空室が多ければ大きな利益は見込めません。COZUCHIでは、都内の物件や主要沿線の近辺など比較的需要が多い物件を扱っています。

また、扱っている物件に応じて投資の目的・手法が異なり、その内容が明確に示されているため、自分のスタイルに合ったものを選べます。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

COZUCHIの口コミから見るデメリット

COZUCHIの口コミから見るデメリット

元本・利回り保証がない

COZUCHIはリスクを抑えた不動産投資を行えるため、初心者にもおすすめですが、元本・利回り保証はありません。そのため、元本割れするリスクや想定利回りよりも低くなる可能性があります。

投資家のリスクを小さくするために、優先劣後出資方式を採用していますが、経済状況や運用内容などによって分配金が変動する可能性があります。

また、運用結果によっては元本が減るリスクもあるため注意が必要です。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

分配金は総合課税の対象

分配金にかかる税

COZUCHIの分配金は、所得税と復興特別所得税の20.42%の源泉徴収が行われ、取引口座に振り込まれます。

 この金額は雑所得扱いであり、総合課税の対象であるため原則確定申告が必要です。そのため、確定申告を手間に感じる人もいるでしょう。

例えば、株式投資を実施している人の場合、分離課税になることから税制上のメリットを受けられるため、このような投資方法と比較するとCOZUCHIはデメリットに感じやすいです。

運営元は非上場企業

COZUCHIの運営会社であるLAETOLI株式会社は1999年に設立しており、20年以上の歴史がありますが上場企業ではありません。

そのため、運営元に対して不安を感じる人もいるでしょう。実際に不動産投資は大きな金額が動くため、運用元の信頼性はサービスを利用する上で重要なポイントです。

大手企業など知名度が高い会社が運営している方が安心できるという人の場合、運営元が非上場企業であることはデメリットになるでしょう。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

COZUCHIの利用が向いている人の特徴

COZUCHIの利用が向いている人には、共通の特徴があります。ここでは、COZUCHIの利用が向いている人の特徴について解説します。

向いている人の特徴
  • 時間が限られている人

  • 少額から投資したい人

  • 安心して投資したい人

  • 比較検討して物件を選びたい人

時間が限られている人

時間が限られている人

 

COZUCHIは、時間が限られている人におすすめの不動産投資クラウドファウンディングサービスです。不動産投資をする際には、物件選びや情報収集、価格交渉など、手続きに手間がかかります

 しかしCOZUCHIであれば、不動産投資の専門家に、必要な手続きを任せることが可能です。そのため、仕事や私生活などで忙しい人にとっておすすめです。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

少額から投資したい人

COZUCHIは少額から投資をしたい人に適している、不動産投資クラウドファウンディングサービスです。

通常であれば、不動産投資をするためにローンを組んで高額投資する必要があります。

しかしCOZUCHIであれば、1万円から投資を始められるため、少額で大規模な運用が可能です。

安心して投資したい人

安心して投資したい人安心して投資したい人にも、COZUCHIを利用することを推奨します。通常の不動産投資では、投資価値がない物件もあるため最適な物件を探すのが難しいといったケースがあります

 しかしCOZUCHIでは、不動産投資のプロが厳選した物件に投資できるので、物件選びに失敗するリスクを抑えられます。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

比較検討して物件を選びたい人

COZUCHIは、多くの物件の中から比較検討して物件を選びたい人に適しています。COZUCHIでは投資対象の物件情報を豊富に取り扱っており、案件情報も詳細まで確認できます

 そのため、さまざまな物件を比較して、投資判断することに役立てられます。COZUCHIでは、物件の写真や周辺情報などの有益な情報が得られます。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

COZUCHIを利用する流れ

COZUCHIを利用する流れ

主な流れ
  1. 本人確認書類の準備
  2. 新規会員登録
  3. 投資家申請
  4. 審査結果の確認
  5. 案件ページにてファンドを選択
  6. 口座へ入金し手続き完了
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

1.本人確認書類の準備

本人確認書類の準備

COZUCHIを利用するためには、まず会員登録と投資家登録を済ませる必要があります。

登録には本人確認と審査が必要になるため、指定された書類を用意しましょう。COZUCHIの登録時に利用できる本人確認書類は次の通りです。

COZUCHIで利用できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

2.新規会員登録

必要情報を入力する人

本人確認書類を用意した後は、公式サイトにアクセスし画面の右上の「会員登録」から専用フォームに移動します。

会員登録画面では、まず電話番号・メールアドレスを入力し、パスワードを設定してください。このページの最後にある「個人情報の取り扱いに関する同意事項」に同意します。

 同意のチェックボックスは「個人情報の取り扱いに関する同意事項」のページを開かなければ同意ボタンをチェックできない仕様であるため注意してください。

同意して次に進むと、電話番号宛にSMSでアクティベーションコードが送られるため、画面のフォームに入力します。正しくアクティベーションコードを入力すると、投資家申請に移ります。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

3.投資家申請

投資家申請する人

投資申込には投資家登録が必要であり、必要情報の入力と本人確認作業が必須です。

そのため、本人確認書類とスマートフォン・タブレット・カメラ付きパソコンを用意してください。この画面で入力する必要情報は次の通りです。

投資家申請に必要な情報①
  • 氏名
  • ふりがな
  • 性別
  • 誕生日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号(既に入力済み)

その次に、審査に必要な次の情報を入力してください。

投資家申請に必要な情報②
  • 職業
  • 勤務先
  • 年収
  • 金融資産
  • 主な収入源
  • 投資目的
  • 投資の経験
  • 投資資金の性格
  • 不動産投資への興味の有無
  • 住まいの形態
  • 取引動機
  • 元本保証の商品でないことの理解

この画面の最後に「反社会的勢力に対する基本方針」の内容に同意すると完了です。

次の画面では、取引口座情報を入力し最後に本人確認のステップとして、スマートフォンで本人確認書類と顔写真を撮影しアップロードします。

本人確認書類の撮影方法も、細かく案内があるため簡単に手続きできます。
不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

4.審査結果の確認

審査結果を確認する人

COZUCHIの審査が完了すると、審査結果がメールで通知されます。審査に通過した旨が届くと、各ファンドへ出資の申し込みができるようになります。

COZUCHIの公式サイトにアクセスし、画面の右上の「ログイン」からマイページにアクセスしましょう。

5.案件ページにてファンドを選択

COZUCHIのファンドには、抽選式と先着順があります。先着順で想定利回りが高いなど、人気があるファンドはすぐに募集を締め切る可能性が高いため要注意です。

 その一方で、抽選型のファンドは仮に応募率が1,000%を超えていても申し込みできます。

応募するファンドが決まった後は、出資額(申し込み口数)を選択して申し込みを完了します。

不動産投資初心者向け! 不動産投資会社
おすすめ5選はこちら

6.口座へ入金し手続き完了

COZUCHIの手続きを完了する人

申込後はマイページにて、出資申し込み中の金額を確認できます。申し込み直後はまだ確定していないため、出資確定金額と「うち、未入金金額」が0円と表示されます。

 申し込みした出資が確定すると入金指示の連絡が届くため、案内に沿って入金しましょう。入金期限が設定されており、期限を過ぎるとキャンセルになるため要注意です。

入金が完了すると手続きが全て完了し、後はCOZUCHIに運用を任せるだけです。

あわせてチェックしたいおすすめ不動産投資会社5選

SYLA(シーラ)

シーラ

SYLAのココがおすすめ
  • 月1万円の少額からでワンルームマンション投資をスタートできる!
  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
  • 年間400戸近くを販売※2する実績
  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。SYLAの魅力は少額から気軽に不動産投資が始められる点です。

複数の投資家から資金を集めて運用を行うSYLAが提供する不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら、最低1万円から不動産投資をスタートすることができます。

経験を積んだ後には、入居率が99.3%を誇るSYFORMEで本格的な投資に挑戦できます。駅近の土地にこだわり開発したマンションで、空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のある物件です。

 空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

さらに入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実。集金代行の契約システムを利用すれば、様々なリスクを軽減することができます。

まずは気軽に不動産投資を始めたい方はSYLAのセミナーを受講することをおすすめします。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.3%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA 公式サイト

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
  • アプリで簡単に物件管理ができる
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

 購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

3つのプラン概要
  集金代行プラン
最低限のサポートで安い
ワイドプラン
設備リスクをしっかりカバー
NEOインカム
空室+設備リスクをカバー
設備修理・交換費用
空室時の負担
滞納時の負担
原状回復の費用
タテカンさぽーと
広告費の負担
契約期間
(更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
7年
(譲渡対価は1年ごと)
空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY 公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

※1~2
※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
※2)公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

※2021年6月度 公式サイトより

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

 建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:https://www.tohshin.co.jp/

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

FJネクスト

FJネクスト

FJネクストのココがおすすめ
  • 創業41年!東証一部上場企業で信頼と実績がある
  • 入居率99.0%※1。安定の運用が期待できる
  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※2
  • 無料セミナーを随時開催していて、WEBからも聞くことができる
  • 98.5%の物件が駅から徒歩10分以内※3で、入居者が決まりやすい

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

FJネクストは、「ガーラマンションシリーズ」でお馴染みの不動産会社です。

創業は41年になり、東証一部に上場。都心を中心に315棟、2万1907戸を供給していて、確かな実績があります。

 無料のセミナーや相談会も毎週のように行っているので、ライフスタイルに合わせて受講することができます。

管理戸数は1万7000戸超え。経験やノウハウがしっかりあるから、どんなトラブルにも柔軟に対応してくれるでしょう。
※公式サイトより

FJネクストのワンルームマンションの98.5%が駅から徒歩10分以内に位置しています。

特にワンルームマンションは、駅から近い方が空室リスクが少なく、すぐに入居者が決まるでしょう。

企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

出典:FJネクスト 公式サイト

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

※1~3
※1 2021年3月末時点。公式サイトより
※2 2021年6月末時点。公式サイトより
※3 2020年6月末時点、ワンルームマンションに限った場合。公式サイトより

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントのココがおすすめ
  • セミナーはなんと毎日開催!オンラインで参加可能
  • 不動産投資初心者でも、不動産投資のノウハウがよくわかるサービス「レイビー」を運営
  • 医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」が注目を集めている
  • 相続税の相談などもでき、心強い
  • 賃貸管理・建物管理も行っているので、購入後の手続きもスムーズ

グローバル・リンク・マネジメントは、渋谷区にある不動産会社。不動産の開発、販売、管理業などを行っています。

セミナーの開催はなんと毎日。開催時間もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて、好きな時に受けることができます。

 不動産投資についてわかりやすいコンテンツが豊富な「レイビー」を見れば、初心者も不動産投資がよくわかります。

記事はたった5分で読めて、誰でも簡単に理解できるので、不動産投資初心者にとってはありがたいコンテンツです。

他にも相続税の相談ができたりと、不動産についての困りごとには心強い存在となってくれるでしょう。

医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」も、不動産投資に興味がある医師たちから注目を集めています。

企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.42%

出典:不動産投資マンスリーレポート

よくある質問

COZUCHI(コヅチ)とは?
COZUCHIとは、不動産投資クラウドファウンディングサービスです。1万円の少額から投資を始められるため、不動産投資が初めての人も安心して始められます。また、通常の不動産投資クラウドファウンディングの場合は、途中解約が難しいことが多いですが、COZUCHIは投資期間中でも解約可能です。また、不動産投資の運用はプロに任せられるので、安心感を持って資産運用できます。
COZUCHIの良い口コミ・評判の傾向は?
「手軽に運用できて少額から始められる」「ファンドの質や量が良い」「期間が短くてリターンも高い」「サービス全体の質が高い」などの良い口コミ・評判が多く見受けられました。
COZUCHIのイマイチな口コミ・評判の傾向は?
イマイチな口コミ・評判としては、「案件数が少ない」「希望のファンドに何度も落選した」などの案件に関する不満も挙がっていました。
COZUCHIの口コミから見るメリットは?
COZUCHIの口コミから見るメリットは、優先劣後方式を採用しているため、出資者の元本と配当金の安全が高いという点です。また、他の不動産投資クラウドファウンディングではできないところが多いですが、COZUCHIであれば投資期間中に途中解約ができます。ただし、換金手続きには事務手数料が発生するので、留意しておきましょう。さらに、少額の1万円から投資できたり、リスク低減の工夫がなされていたりする点も、COZUCHIのメリットとして挙げられます。
COZUCHIの口コミから見るデメリットは?
COZUCHIの口コミから見るデメリットは、元本・利回り保証がなく、元本割れするリスクや想定利回りよりも低くなる可能性があるという点です。また、分配金は総合課税の対象である点や、運営元が非上場企業である点も、COZUCHIのデメリットとして挙げられます。
COZUCHIの利用が向いている人の特徴は?

COZUCHIの利用が向いている人は、時間が限られている人、少額から投資したい人、安心して投資したい人、比較検討して物件を選びたい人です。

COZUCHIを利用する流れは?
COZUCHIを利用する際には、まずは本人確認書類を準備しましょう。COZUCHIで利用できる本人確認書類は、運転免許証・在留カード・住民基本台帳カード・特別永住者証明書・運転経歴証明書・マイナンバーカードです。本人確認書類が用意できたら、公式サイトより新規会員登録をしましょう。投資家申請を終えると、審査結果が届きます。審査結果を通過したら、案件ページにてフファンドを選択し、口座へ入金して、手続き完了です。
あわせてチェックしたいおすすめの不動産投資会社は?
月1万円からワンルームマンション投資を始められる「SYLA(シーラ)」、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1の「RENOSY(リノシー)」、入居率97.4%の「トーシンパートナーズ」、東証一部上場企業と信頼と実績がある「FJネクスト」、セミナーを毎日開催している「グローバル・リンク・マネジメント」がおすすめです。

まとめ

この記事では、COZUCHIの口コミ・評判について紹介しました。COZUCHIは不動産投資クラウドファンディングの1つであり、1万円ほどの少ない資金でも投資を始められます。

物件情報が豊富であり写真も複数あるため、状況を把握した上での投資判断が可能です。さらに、途中解約にも対応しているため、投資額が大きい場合でも安心感があります。

利用者の人数に対して案件数が少ないと感じるユーザーが多く、競争が激しいため「全然申し込みできない」という声も。全ての案件が応募すると必ず申し込みできる訳ではないため要注意です。

COZUCHIの特徴や評判を押さえ、自分に合った投資方法を選んでみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事