CREAL(クリアル)の評判・口コミは?メリット・デメリットを紹介

CLEAL(クリアル)は、想定利回りが3〜8%で1万円から始められる不動産投資クラウドファンディングサービスです。

一般的な不動産投資と不動産投資クラウドファンディングにはどのような違いがあるのだろうか?不動産投資クラウドファンディングにはどんな特徴があるの?と疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では不動産投資クラウドファンディングの仕組みや評判を紹介し、一般的な不動産投資に比べたメリット、利用する際の注意点をご紹介していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

CREAL(クリアル)の基本情報

CREAL(クリアル)

CREALは、不動産特定共同事業法に基づき不動産投資に特化したクラウドファンディングサービスです。

不動産等特定共同事業法とは
出資額を小口化した不動産に、売買・賃貸などの運用、利益の分配する事業について定めた法律。

主に、クラウドファンディング事業者の業務運営の確保、投資家の利益保護が目的で制定されました。

運用会社のクリアル株式会社は2022年3月25日に東京証券取引所にグロース市場の上場承認された企業で信頼感のある企業で累計調達額200億円を超えています。

 2018年のサービス開始から現在に至るまで元本割れ0件の償還実績を誇り、投資家からも多数の運用を任せられている不動産投資クラウドファンディングです。

現物不動産投資ではスタートの金額が1,000万円以上〜となっていることが多いため、なかなか始めにくいですが、CREALは最低1万円から投資することができるため、少額から気軽に始められます。

不動産投資クラウドファンディングとは
投資家から集めた資金をもとに不動産運用を行い、運用益や売買差を投資家へ分配する仕組みです。

現物不動産投資には、物件の定期的なメンテナンスやインフラやデフレを考慮した対策が必要になってくるため、日々の勉強が欠かせません。

不動産クラウドファンディングでは、運営会社が物件のメンテナンスや売却の手続きを行なってくれます。

株式投資などは、日々の値動きを気にしないといけないイメージがありますが、CREALは投資後ほったらかしでいい点が魅力です。
会社名 クリアル株式会社
所在地 東京都台東区東上野2-13-2 CREAL UENO
設立 2011年5月11日
資本金額 6億5800万円(資本準備金含む)
事業内容
  • 不動産ファンドオンラインマーケット運営事業「CREAL Partners
  • プロ向け不動産ファンド事業
    CREAL Pro

CREAL(クリアル)の特徴

CREAL 信頼できる

CREAL(クリアル)の特徴
  • 不動産クラウドファンディングサービスで少額から投資可能
  • 保育園や学校などのインフラ系不動産にも投資できる

 

現物投資では数百〜数千万円の初期費用がかかる場合が多く、多額の自己資金が必要となります。

長年サラリーマンとして、信用を築いてきた方だと融資も通りやすいですが、派遣社員やパートなどの非正規雇用の方だと審査が通らなかったり金利が高く不動産投資を諦めてしまう方も少なくありません。

 CREALでは、特別な資格や経歴が必要ではなく、最低1万円から投資することができます。

また、銀行などの通常貯金金利が0.001%〜0.003%であることが多いですが、CREALの分配金利回りの平均は2〜8%とされており、高い分配金利回りが期待できます。

少額で投資できるため、投資を始めやすく安定的に運用できることが特徴です。

さらに、CREALではオフィスや一棟レジデンス、ホテルといった大型の不動産をはじめ、保育園や学校、社会インフラ系などあらゆるジャンルの不動産にも投資できることが特徴です。

現物不動産やREITとの違いについて

無料の不動産投資セミナーが多数開催されている

不動産投資クラウドファンディングの他に、不動産投資の手法で現物投資REITがあります。

 現物不動産投資は、賃貸用物件として運用することに加え、現物資産として保有していることにもなります。

運用後は手元に現物資産を残すことができ将来の住まいとして活用できるほか、家族に相続することもできます。

また、土地を所有しているがあまり初期投資をかけたくない場合は駐車場・駐輪場運営の形もあり管理の手間や労力がかからない方法もあります。

しかし、家賃収入を得ることで成り立つビジネスなので、災害リスクや利回り、最寄駅などのリスクや懸念点を考慮しリスクへの対策を行う必要があります。

REIT(リート)は、投資家から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから獲得した賃貸収入や不動産売買益を投資家たちに配当する商品です。

 REITは、上場株式のように証券会社で売買しながら不動産に投資できる金融商品で、個別株式と似ています。

流動性が高く、運用から維持管理までを専門家が行うため、専門知識を活かした分散投資もできます。

一部の仕組みが不動産クラウドファンディングと似ていますが、1株当たりの価格が割高であったり、日々の値動きがあるため不動産投資クラウドファンディングよりも時間と労力をかける必要があります。

CREAL(クリアル)の口コミ・評判

良い口コミ

ここからはCREALの評判を紹介していきます。

評判をもとにどのような方に向いているかも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

CREALの良い評判

CREALの良い評判
  • 1万円から投資をできるので、はじめての不動産投資でしたが始めやすかったです。
  • 不動産の情報が明確に開示されており、不動産へ投資する妥当性を判断しやすいです。
  • 少額ですが、毎月分配金が入金されているのでリターンを実感しやすいです。
  • 値動きがなく、高金利だから、手間がかからない!

少額から投資できること、情報公開が明確なため投資して良いか判断しやすい、管理に手間がかからないなどの、意見が多数見受けられました。

また、つい最近までクラウドファンディングの1種であるソーシャルレンディングは「賃金業法」にあたり融資先の匿名化が原則として解釈されていました。

 融資先の匿名化はお金を貸した事業者が倒産した際、投資家が直接その事業者に対して取り立てを防ぐためのルールです。

しかし、不動産投資クラウドファンディングは投資家が直接不動産を運営する事業者に対してお金を出す形になっているため、不動産に関する情報や事業者に関する情報などがクリアになっている場合が多いです。

CREALのイマイチな評判

悪い口コミ

CREALのイマイチな評判
  • 応募開始から3分で応募終了になってしまいました。もっと投資できる枠を増やしてほしい。
  • 学校と保育園の案件に投資しようとしたのですが、先着順のためできませんでした。募集が珍しく投資したかったのでガッカリしました。

 

CREAL(クリアル)のイマイチな口コミには、募集開始から応募が殺到して投資できなかったことを指摘するようなコメントが多く見られました。

募集開始から数分程度で募集が締め切られてしまうケースもあるため、投資した案件に必ず投資できるわけではないようです。
人気エリアやリゾートなどの物件は人気であることが多いため、募集が始まったらすぐに投資できるよう準備しておくことが大切です。

CREAL(クリアル)のメリット

不動産投資初心者がやりがちな失敗CREALを利用し、不動産投資を始めたいのであれば利用することのメリットをしっかりと理解しておくことで、資産運用が成功へとつながります。

CREALにはたくさんのお得なメリットが多数あるので、他社と比較する際に参考にしてください。

CREALのメリット
  • 1万円から投資でき気軽に始められる
  • さまざまな種類の不動産に投資できる
  • 優先劣後出資を採用している
  • 毎月配当を受け取れる

1万円から投資でき気軽に始められる

現物不動産への投資では、土地や物件を購入する費用に加え不動産を管理するための費用が必要になります。

CREALは、最低投資金額が1口1万円からネットで始められます。

CREALでは不動産の管理を運営会社に任せておくことができるため、値動きを気にしチャートの動きを監視する必要がありません。

REITでは値動きが激しく、チャートの動きを監視し管理する必要があります。

さらに、現物不動産投資では空室リスクや流動性が低いため、売りたいと思った時にすぐに物件を売れないことがあります。

しかし、CREALでは不動産の管理のを運営会社に任せて置けることや、手間や専門的な知識を必要としないため、不動産投資を実際に少額からやりながら勉強したい方にもおすすめです。

さまざまな種類の不動産に投資できる

ガッツポーズする男性

CREALでは住宅以外にホテルや学校、保育園、リゾートなどさまざまな種類の不動産に投資することができます。

また、東京を中心に一部地方の物件も取り扱っており、幅広く投資できます。

 現物不動産投資では、資金面から一戸建ての住宅ではなくアパートやマンションなどの住宅に限定され、投資先を自由に選択できないことがあります。

CREALでは住宅以外の不動産を投資対象にしたファンドを組成・提供されているため、個人では投資しにくいような物件へも手を出すことができます。

また、不動産投資クラウドファンディングでは先着順となっていることが多く、なかなか投資できない場合もありますが、CREALは1〜2ヶ月に一件程度で掲載・募集をしています。

種類や案件数が多いため、継続的にさまざまな物件に投資することができます。

優先劣後出資を採用している

CREALは、上場企業のクリアル株式会社が運営しており信頼のおける企業です。

2018年のサービス開始から現在に至るまで、元本割れが0件となっていることから、損失が発生する可能性も低いといえます。

CREALでは投資家の元本自体は保証してはいませんが、「優先劣後出資」を用いているので、不動産運用によって損失が発生した場合には、劣後出資から損失を保護します。

優先劣後出資とは
投資家の出資額を「優先出資」、事業者の出資額を「劣後出資」と分けて管理し、損失が出た際は運営会社の出資分から負担する仕組みです。

例えば、優先:劣後=80:20である場合を考えてみます。

1000万円の投資案件の場合は、投資家の金額が800万円、事業者が200万円を出資することになります。

仮に200万円の損失が出た場合、まず事業者の出資分200万円から損失が負担されるため投資家の損失はゼロです。

 劣後の出資分以上の損失が発生した場合は投資家の元本が減ります。

毎月配当を受け取れる

ガッツポーズする男性

不動産投資クラウドファンディングでは、配当のタイミングがサービスによって異なり半年に1度や年に1度のサービスもありますが、CREALでは毎月1度配当金を受け取ることができます、

平均して2〜8%の利回りから配当金を受け取ることができるため、投資によるリターンを感じやすく、不動産投資を始めたことがない方だけでなく、投資自体を始めたことがない方にもおすすめです。

また、株式投資と異なり分配金の主な源泉が賃料となっているため値動きが激しくないため、安定した配当を提供されることが特徴です。

CREAL(クリアル)を利用する際の注意点

PCとスマホ

CREALを利用する際の注意点は以下の通りです。

CREALを利用する際の注意点
  • 元本が保障されない
  • 投資したら途中で解約できない
  • 高所得者の場合税金が高くなる場合がある
  • 競争が激しい案件は投資できない場合もある

元本が保障されない

先述の通り、CREALでは優先劣後出資をおこなっています。そのため、損失が出ても劣後出資から負担されるようになっています。

しかし、劣後出資以上の損失が出た場合では出資者の出資額から負担されるため、元本割れを起こす可能性も発生します。

風水害や地震などによる物件の倒壊や損傷、運営会社自体の倒産や債務不履行などにより元本割れのリスクもあります。

そのため、どのファンドを選ぶかはリスクや出資方法の仕組み、運営会社の税務状況などから倒産リスクを考慮し、慎重に選ぶことが重要です。

投資したら途中で解約することができない

無料の不動産投資セミナーが多数開催されている

CREALのファンドに出資を行ったら、運用期間が終了するまでの間途中解約をできず換金できません。

運用期間が長ければ、それだけ配当金が得られることになりますが長期化すると価格変動のリスクが生じます。

途中で価格が変動すると、投資開始前に計算していた配当金が得られない可能性もあります。

計算した通りの配当金が得られない可能性があることも念頭に入れておきましょう。

また、不動産投資に限らず投資を行う際は家計や必要経費に含まれない余裕資金を用いいて行うことが重要です。

高所得者の場合税金が高くなる場合がある

CREALに限らず、不動産投資クラウドファンディングでは、税制上の優遇処置が適用されません。

株式投資や現物不動産投資では、以下のような税制上の優遇処置を受け取ることができます。

税制上の優遇処置
  • 繰越控除:その年の譲渡益から控除しきれなかった損失金額を翌年以降に持ち越せる制度
  • 損益通算:その年の利益と損失を相殺し、税金を減らす仕組み。

株式投資の場合は、損失が発生したら翌年以降に3年間繰り越しでき、不動産投資であれば、損失を他の所得と相殺することで所得額を低く確定申告できます。

上記のように、株式投資や現物不動産投資では、所得税や住民税の軽減などの優遇を受けられます。

しかし、不動産クラウドファンディング投資では、利益が総合課税の対象となっています。

不動産投資クラウドファンディングでは分配金が支払われる前に、一律で20.42%の源泉徴収が行われた後分配金が支払われます。

源泉徴収の割合が一定であるため、節税対策で不動産投資を始める方には向いていないと言えます。

個人で納税する必要はありませんが、雑所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。

競争が激しい案件は投資できない場合も

CREALでは、提供するファンドのうち、投資家から人気の高いファンドは募集に対して応募が殺到し投資機会を逃してしまうケースがあります。

案件の情報が開示され、自分の興味ある物件を見つけ投資したいと思ったら、募集が開始される前にあらかじめ会員登録を完了させておきましょう。

ファンドの募集スケジュールを確認しておく、募集開始5分前には応募画面をまで準備を進めておくなど事前の対策が大切です。

CREAL(クリアル)がおすすめな人

JPリターンズの利用がおすすめな人の特徴

ここまでのCREALの評判やメリット、利用する際の注意点を踏まえると、CREALは以下の方に向いているといえます。

CREAL(クリアル)が向いている人
  • 時間や手間をかけずに資産運用したい
  • 少額からお試しで資産運用したい

時間や手間をかけずに資産運用したい

CREALを利用する際のメリットで紹介したように、CREALのファンド運用は全て運営会社のクリアル株式会社が行います。

普段は仕事で忙しい方や、家事や育児でパソコンやスマホに向かってチャートを監視する時間や手間をかける労力がない方でも常にモニターに向かっておく必要がないです。

普段は忙しく市場状況を把握できない方、投資が初めてでまだ分からないことが多い方にもおすすめです。

現物不動産投資では不動産を担保に入れ、金融機関から融資を受けることで高いレバレッジをかけることができます。

しかし、不動産投資クラウドファンディングでは不動産を担保に入れれないため、レバレッジの効果を得られません。

高いリターンを期待したい方には物足りないかもしれませんが、損失が発生した場合に自分が投資した金額内で損失が収まるため、レバレッジをかけた不動産投資よりもリスクを低い取引を行えます。

少額からお試しで投資を始めたい

PCとスマホ

CREALは1口1万円で投資ができるだけでなく、優先劣後出資となっています。

少ない資金で投資を始めることができるだけでなく、仮に損失が発生した場合でも事業者の出資額から損失へ補填されます。

損失額が事業者の出資額で収まれば、投資家への損失がゼロとなります。

また、投資後は運営元が管理・運用を行うため放置しておくことができます。さらに、サービス開始の2018年から元本割れや配当遅延が起きていないことからも比較的リスクが低いサービスであるといえます。

投資初心者でお試しをしてみたい方におすすめです。

CREAL(クリアル)で不動産投資を行う手順を解説

土地売買の手順

CREAL(クリアル)で不動産投資を行う手順
  1. 公式サイトより会員登録+本人確認
  2. 出資応募を行い同意後入金

 

CREALの会員登録は、インターネット上で完結し最短3分で登録が完了します。

しかし、CREALはデポジット口座方式なので事前にポジット口座(預託口座)へ投資資金を入金しておかないと投資できません。

会員登録はしていたけど、入金に時間がかかり希望の投資先へ投資できなかった、ということがないよう、CREALの会員登録の手順から入金方法まで紹介します。

1.公式サイトより会員登録+本人確認

pcと男性

会員登録ページからメールアドレスとパスワードの設定を行います。登録したメールアドレスに認証メールが届き、本文中にあるリンクをクリックすると完了します。

その後、会員登録ページから出資者情報を入力した後本人確認を行います。

 登録方法によって本人確認書類が異なり、スマートフォンで本人確認を行う際は、運転免許証、個人番号カード、在留カードのいずれかが1つ必要になります。

また、郵便受取で本人確認を行う際は、指定の本人確認書類を2点アップロードし、審査が完了後に自宅に届くハガキを受け取ることで登録が完了します。

※口座開設の際、口座の開設費用や維持手数料は一切かかりません。

2.出資応募を行い同意後入金

CREALでは募集開始の約3日前に案件についての情報が公開されます。CREALでは募集開始に対後すぐに応募が殺到し、募集が締め切られることが多いため情報が公開されたら、いくら振り込むか決め早めに入金しましょう。

休業日などは翌営業日に反映されるため、投資したい!と思ったらすぐに入金することをおすすめします。

CREAL(クリアル)と合わせてチェックしたい!おすすめ不動産投資型クラウドファンディング3選

CREALは、最低投資金額が少なく、さまざまなジャンルの不動産へ投資することができますが、人気のファンドはすぐに応募が終了してしまう特徴があります。

ここからはCREALと合わせてチェックしたい!おすすめの不動産投資型クラウドファンディング3選をご紹介します。

利回りくん

シーラ 利回りくん

利回りくんのココがおすすめ!
  • ライバーズマンションやロケット開発施設などユニークな物件を取り扱っている
  • 1口1万円からの小口資金で始められる
  • 収益不動産

利回りくんは、大手不動産投資会社である株式会社シーラによって運営されています。

利回りくんは、ライブ配信を行うライバーさんに向けた完全防音室を備えたライバーズマンションや、ロケット開発施設の大家さんの募集などさまざまなファンドを取り扱っています。

 最短10分で登録でき1口1万円から投資を始められることから、投資初心者の方でも気軽に始めやすいです。

また、扱っているファンドの想定利回りは3.0%〜5.71%で、運用期間は3ヶ月〜20年までと幅広く取り扱っています。

変わった不動産投資をしたい方から、長期的な不動産投資をしたい方など幅広くおすすめできます。

ファンド件数(累計) 21件
最低投資金額 1万円から
想定・期待利回り(年利) 3.00%~5.71%
運営会社

株式会社シーラ

出典:公式サイト

利回り不動産

利回り不動産

利回り不動産の特徴
  • 家賃収入から分配金を支払う
  • 満室補償を利用し空室リスクを回避
  • 出資後の不動産メンテナンス不要

利回り不動産は、2021年にサービス開始した比較的新しい不動産投資クラウドファンディングサービスです。

 比較的新しいサービスでありながら、想定利回りが5〜8%と高いため多くの投資家から利用されています。

また、1口1万円から不動産投資ができること、家賃収入を分配金として受け取れるため、資金が少ない投資初心者の方でも利用できます。

国内の都心エリアを中心に物件を取り扱っていますが、地方エリアの物件も多数取り扱っているため、幅広く不動産へ投資ができます。

ワイズコインという独自コインがあり、新規会員登録で2,000円分のワイズコインをプレゼントしているキャンペーンもあります。

1万円から不動産投資が始められる 利回り不動産
無料で資料を見てみる

ファンド件数(累計) 28件
最低投資金額 1万円から
想定・期待利回り(年利) 5.00~8.00%
運営会社 株式会社ワイズホールディングス

※出典:公式サイト

1万円から不動産投資が始められる 利回り不動産
無料で資料を見てみる

大家どっとこむ

大家どっとこむ

大家どっとこむの特徴
  • 利回りが高い
  • 株主優待で利回りアップ
  • 保証プランで資金が全額なくなるリスクが減らせる

 

大家どっとこむは、25年以上もの不動産売買やコンサルを営んできた株式会社グローベルスが運営しています。

大家どっとこむでは買取保証制度があり、物件の価値が下がったとしても買取保証がついている物件があります。

そのため、投資物件の価値が下がったとしても売却ができず、資金が全てなくなってしまうリスクが低いといえます。

 大家どっとこむは、株式会社プロスペクトの株主であると大家どっとこむの案件に投資した金額の1%がキャッシュバックされる株主優待もあります。

株主になることに、大きなハードルを感じられるかもしれませんが、1株の購入だけでも特典の対象になります。

長年のノウハウを生かした運用 大家どっとこむ
登録はこちら(無料)

ファンド件数(累計) 30件
最低投資金額 1万円から
想定・期待利回り(年利) 4.00%~10.00%
運営会社 株式会社グローベルス

出典:公式サイト

長年のノウハウを生かした運用 大家どっとこむ
登録はこちら(無料)

よくある質問

CREAL(クリアル)とは?
CREALは、不動産投資クラウドファンディングです。1口1万円から始められることやリゾートや保育園などの多数の投資先があります。
不動産投資クラウドファンディングとは何ですか?
不動産投資クラウドファンディングとは、投資家からクラウドファンディングで集めた資金で不動産を購入し、売却します。その賃貸運用期間中の賃貸収入や、売却する際の売却益を投資家に配当するものです。
CREAL(クリアル)の評判は?
少額から投資できること、情報公開が明確なため投資して良いか判断しやすい、運用管理に手間がかからないといったコメントが多数見られました。
CREALのメリットは?
CREALのメリットには、1万円からさまざまな種類の不動産へ投資できることや、投資家を保護するような仕組みがあること、毎月配当が得られることがあります。
CREALを使用する上での注意点は?
CREALでは元本が保証されないことや、運用開始途中で解約できないことに気を付ける必要があります。
CREALがおすすめな人とは?
CREALは、時間をかけずに資産運用したい方、少額からお試しで資産運用したい方、投資のリスクを抑えたい方におすすめです。

まとめ

ここまでCREALの評判やメリット、利用する際の注意点について中心的に解説してきました。

CREALは、1万円から不動産投資をできること、投資後の物件の管理を運営元が行なってくれるので、まだ資産運用をしたことがない方やさまざまなジャンルの取引を行いたい方におすすめの不動産投資クラウドファンディングです。

現物不動産投資ではなく、不動産投資にクラウドファンディングの方法もいいなと思っている方はぜひ、CREALを検討されてみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事