仮想通貨 エアドロップ

現在暗号資産投資は注目を集めており、メジャー通貨の価格は非常に高くなっております。大きな利益を得るため暗号資産投資を始めるには、相応の資金の用意が必要です。

暗号資産に興味がある方の中には、値崩れ・暴落により大きな損失が生まれることに不安を感じる人も多いでしょう。そのようなときは、エアドロップによってトークンを保有するのがおすすめです。

そこで今回は、暗号資産のエアドロップについて詳しく解説します。2022年に開催されている暗号資産も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

エアドロップのメリット・デメリットについても紹介していますよ。

暗号資産エアドロップとは?

エアドロップ

暗号資産のエアドロップとは、特定の条件を満たすことで無料のトークン(通貨)を配布するイベントのことです。取引所や暗号資産の種類によって、トークンを入手できる条件は異なります。

 例えば、一定期間に特定の数量以上のトークンを保有することで貰えたり、TwitterなどのSNSで公式アカウントをフォローするだけで条件を達成できたりするものもあります。

エアドロップの種類によって入手ハードルが低いこともあり、手軽に暗号資産投資を始められることもあるため人気です。

このようにエアドロップは、一般的な企業が新商品の広告・宣伝のために、無料でサンプルを配布するキャンペーンに似ているでしょう。

知名度の向上で価格が上昇

暗号資産側がエアドロップを実施する最大の目的は、知名度の向上です。暗号資産は、知名度が高く需要が高まることにより価格が上昇していきます。

また、エアドロップはビットコインなどのメジャー通貨ではなく、まだ新しい暗号資産や知名度が低いマイナー通貨で実施していることがほとんどです。

お得に暗号資産を獲得できるイベントなので、エアドロップを実施すると注目度が高まりやすく、それに伴って暗号資産の価値も高まります。

【2022年最新】開催されている暗号資産エアドロップ

TRON(TRX)

TRON

TRONは、中国を拠点にしているトロン財団が実施しているプロジェクトであり、動画・音楽・ゲームなどのデジタルコンテンツに関するプラットフォームを開発しています。

各コンテンツを自由に公開・配信できる環境構築を目指しているNFT関連銘柄です。

また、TRONはトランザクションの処理速度が速いことも大きな特徴であり、今後は送金手段などとしても注目されています。

 TRONは2021年6月から2023年まで、期間限定でAPENFTというNFTトークンを配布するエアドロップを実施しています。

エアドロップを受け取るためには、100TRX以上を対応している取引所の口座に保有していることが必要です。

暗号資産名 トロン/TRON
通貨単位 TRX
発行数上限
公開・取引年 2017年
時価総額 916,470,471,901円
現在(2022年5月22日)の価格 9.47円

出典:CoinMarketCap

トロン(TRX)のエアドロップに参加するならBITPOINTがおすすめ!
bitpoint
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料なため、ランニングコストを抑えたい方におすすめ!
  • 2021年日本初暗号資産取扱数No.1を獲得
  • 時価総額の高い人気銘柄13種類を取扱中
  • 少額資金である500円から投資を始められる
  • 投資初心者から上級者まで満足できる取引ツールが充実
Coincheckの基本情報
取扱通貨

13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料

法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

※公式サイトより

出典:ビットポイント公式サイト

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

Flag Network(FLAG)

Flag Networkは、イーサリアムのブロックチェーンを基盤にした暗号資産です。

イーサリアムはガス代の高騰・通信速度の遅延など、さまざまな課題があり、それを解決するためにFlag Networkが開発されました。

エアドロップを受け取るためには、いくつかのタスクを完了させる必要があります。タスクといっても、チャットツールである公式テレグラムに参加するといった内容です。

配布されるトークンの量が20ドル分と金額が大きいこともあり、人気があるエアドロップの1つです。
暗号資産名 フラッグネットワーク/Flag Network
通貨単位 FLAG
発行数上限 10,000,000,000
公開・取引年 2022年
時価総額 53,201,997円
現在(2022年5月22日)の価格 0.01326円

出典:CoinMarketCap

暗号資産を始めたい方! エアドロップに
参加するならこちら

LEGION NETWORK

LEGION NETWORK

LEGION NETWORKは、ドバイで生まれた暗号資産プロジェクトであり、Webウォレット・DeFi・NFTといったサービスを提供しています。

 特にアプリ上では、動画の閲覧やミニゲームなどをプレイすることで、トークン(LGX)を獲得できることも大きな特徴です。

このアプリはダウンロードして登録するだけでもLGXを獲得できるエアドロップを実施しています。

暗号資産名 リージョンネットワーク/LEGION NETWORK
通貨単位 LGX
発行数上限 1,000,000,000
公開・取引年 2021年
時価総額
現在(2022年5月22日)の価格 3.74円

出典:CoinMarketCap

暗号資産を始めたい方! エアドロップに
参加するならこちら

過去に開催されていた暗号資産エアドロップ

Symbol(XYM)

Symbol

Symbol(XYM)とは、ネム(XEM)のアップデートであるハードフォークによって生まれた暗号資産です。

 主に企業とブロックチェーンを結びつけることにより、新しい価値を生み出す支援をするプラットフォームを構築しています。

この環境の中で利用できるトークンがXYM(ジム)です。そして、2021年にリリースした直後に、XEMを保有しているユーザーに対してエアドロップが実施されました。

暗号資産名 シンボル/Symbol
通貨単位 XYM
発行数上限 8,999,999,999
公開・取引年 2021年
時価総額 46,921,263,186円
現在(2022年5月22日)の価格 8.40円

出典:CoinMarketCap

暗号資産を始めたい方! エアドロップに
参加するならこちら

Donnie Finance(DON)

Donnie Financeは、韓国が中心になり開発が進んでいる暗号資産のプロジェクトです。IOSTのブロックチェーンを利用しており、DeFiプラットフォームを構築しています。

このDonnie Financeでは、IOSTを保有しているユーザーに対して、DONを配布するエアドロップを実施しました。
暗号資産名 ドニーファイナンス/Donnie Finance
通貨単位 DON
発行数上限 10,000,000
公開・取引年 2021年
時価総額
現在(2022年5月22日)の価格 82.20円

出典:CoinMarketCap

Boba Network(BOBA)

BOBA

Boba Networkは、オープンソースである「イーサリアムレイヤー2」の開発技術であるOptimismコードから発生したネットワークです。

 このネットワーク上で利用できるトークンが暗号資産「BOBA」であり、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために作られた技術でもあります。

また、OMG Networkと関係性があり、2021年にOMGのサービスはBoba Networkに移行されています。

そのこともあり、2021年にはOMG保有者を対象に、BOBAが配布されるエアドロップが実施されました。
暗号資産名 ボバネットワーク/Boba Network
通貨単位 BOBA
発行数上限 500,000,000
公開・取引年 2021年
時価総額 9,591,582,256円
現在(2022年5月22日)の価格 60.24円

出典:CoinMarketCap

暗号資産を始めたい方! エアドロップに
参加するならこちら

暗号資産エアドロップへの参加方法

口座の開設

参加方法
  1. 取引所の口座を開設する
  2. エアドロップが開催されている情報を検索する
  3. エアドロップの条件を達成する

1,取引所の口座を開設する

暗号資産の種類によって細かい入手方法は異なりますが、共通している流れもあるので押さえておくのがおすすめです。

まずは、暗号資産取引所の口座を開設します。口座はエアドロップによって配布されたトークンを受け取るために必要です。

 取引所によってはエアドロップに関する情報を配信しているケースもあります。ただし、その取引所で扱っている暗号資産しか対応していないため注意しましょう。

また、エアドロップを獲得するためには、既に一定量以上のトークンを保有していなければならないこともあるため、口座を開設しておく必要があります。

取引所の口座は必要な情報を入力するだけで完了するため簡単ですが、審査や本人確認に時間がかかる場合があるので、事前に準備しておくのがおすすめです。

トロン(TRX)のエアドロップに参加するならBITPOINTがおすすめ!
bitpoint
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料なため、ランニングコストを抑えたい方におすすめ!
  • 2021年日本初暗号資産取扱数No.1を獲得
  • 時価総額の高い人気銘柄13種類を取扱中
  • 少額資金である500円から投資を始められる
  • 投資初心者から上級者まで満足できる取引ツールが充実
Coincheckの基本情報
取扱通貨

13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料

法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

※公式サイトより

出典:ビットポイント公式サイト

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

2,エアドロップが開催されている情報を検索する

エアドロップの情報

エアドロップはゲリラ的に実施されるものから、事前に案内があるものもあります。また、基本的に期間限定で実施されるため注意が必要です。

口座を開設したら、エアドロップに関する情報を探しましょう。エアドロップの情報は随時更新されたり、突発的に配信されたりすることもあるため、小まめにチェックするのがおすすめです。

自分が開設した取引所ではない、別の取引所でエアドロップを実施している場合もあるので注意してください。
暗号資産を始めたい方! エアドロップに
参加するならこちら

3,エアドロップの条件を達成する

エアドロップを受け取るためには、配布条件を満たす必要があります。主な条件は次のようなものがあります。

エアドロップの主な条件
  • 一定量以上の指定トークンを保有しておく
  • SNSで指定された内容を投稿する
  • テレグラムなどのチャットツールを使い、公式アカウントに申請する

指定された量のトークンを保有することで、エアドロップを受け取れる場合、「スナップショット」と呼ばれる判定時期があります。このスナップショットまでにトークンを保有していなければ、条件は達成できないので注意が必要です。

このように、条件を満たしておけばエアドロップを獲得できます。

エアドロップに参加するなら!おすすめ仮想通貨取引所3選

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破※1
  • 取り扱い暗号資産数No.1※2
  • 最短10秒で購入可能

コインチェックは、マネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

 取り扱う暗号資産の数が17種類と、国内最大級※2となっています。

これらの暗号資産は約500円から購入が可能で、最短10秒でスマホから簡単に取引することができます。

また、暗号資産アプリのダウンロード数は415万突破の実績を誇り、使いやすさが評判のため初心者の方にもおすすめです。

お得なキャンペーンも随時開催しているため、気になる方はチェックしてみてください!

24時間対応可能なサポート体制が充実しているため、安心して取引できるでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)
※2020年1月〜2021年6月対象。公式サイトより
※2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ。公式サイトより

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴
  • 新規口座開設で2,000円プレゼント
  • DMMグループによる確かなセキュリティ体制
  • 口座開設は無料

DMMグループにより運営されている、セキュリティの優れた仮想通貨取引所です。

 レバレッジ取引が12種類、現物取引が6種類と、種類が豊富なのも特徴です。

取引手数料が無料であるため、初心者にも始めやすいメリットがあります。また、新規口座開設で2,000円プレゼントキャンペーンも実施中。

口座開設は無料なので、少しでもお得に解説したい方におすすめです。

サポート体制も充実していることから、高い信頼性を持った仮想通貨取引所であると言えます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位  0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料※BitMatch取引手数料を除く
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint

BITPOINT(ビットポイント)のおすすめポイント
  • 初心者でも簡単に取引可能
  • 使いやすい取引ツールが実装されている
  • 取り扱われている資産の信頼性が高い

BITPOINT(ビットポイント)は、初心者でも簡単に取引可能な仮想通貨取引所です。各種手数料が無料であるため、手軽に利用できるのが特徴の1つです。

 暗号資産交換業者だけでなく、金融商品取引業者にも登録されています。

このように、管理体制が整っているため、初心者でも安心できる環境を提供しています。取り扱い暗号資産は11種類で、BTCやJMYなど豊富な品ぞろえとなっています。

取引ツールの使い勝手も良いため、これから仮想通貨に触れてみたいと言う方にもおすすめです。
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の基本情報

取扱暗号資産

11種類

BTC(ビットコイン)・JMY・DOT・BCH・ETH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA・LNK・DEP

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引 -
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

出典:BITPOINT(ビットポイント)

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

暗号資産エアドロップは確定申告が必要?

確定申告

暗号資産のエアドロップに関する税金の発生・確定申告の有無に関しては、まだ明確な指針が出ていません。基本的に暗号資産の取引では、利益が確定した際に課税対象になります。

例えば、暗号資産の値が低い時に購入し、高くなった時に売れば利益が出るので、その利益分は課税対象になります。

また、暗号資産による利益は雑所得に分類され、副業として取り組んでいる場合は20万円以上の利益が出たときに確定申告が必要です。

 エアドロップの場合、配布時点では時価がついていないことがあり、受け取った時点で利益を計上できない場合があります。

このような場合では、収益として認識しなくても問題ありませんが、今後は暗号資産に関する課税の取り扱いが変更・整備される可能性は高いでしょう。

売却時に発生した利益を計上

現在では、取得した時点では利益としてカウントせず、売却時に発生した利益を計上する方法が有力です。適切に確定申告をするためにも、受け取った数量・日時・市場価格をメモに控えておくのがおすすめです。

エアドロップで得た通貨が大きく値上がりした場合、課税や確定申告について不安がある場合は、税理士に相談すると良いでしょう。
トロン(TRX)のエアドロップに参加するならBITPOINTがおすすめ!
bitpoint
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料なため、ランニングコストを抑えたい方におすすめ!
  • 2021年日本初暗号資産取扱数No.1を獲得
  • 時価総額の高い人気銘柄13種類を取扱中
  • 少額資金である500円から投資を始められる
  • 投資初心者から上級者まで満足できる取引ツールが充実
Coincheckの基本情報
取扱通貨

13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料

法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

※公式サイトより

出典:ビットポイント公式サイト

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

暗号資産エアドロップのメリット

仮想通貨・トークンを無料で受け取れる

無料で受け取れる

エアドロップでは、暗号資産・トークンを無料で受け取れるのが最大の特徴です。

暗号資産に興味がある人でも、気になる通貨が既に高額で手を出せない場合や、投資自体に不安があり一歩を踏み出せないこともあるでしょう。

例えば、ビットコインのようなメジャー通貨であれば、1通貨で数百万円の値がついており、投資するためには高額な資金が必要になります。

そこで、エアドロップであれば費用をかけずに暗号資産を入手できます。また、暗号資産投資にはさまざまな専門知識が必要です。
 
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

将来的に暗号資産投資を本格的に取り組みたい人におすすめ

少量でも実際にトークンを保有することで得られる知識もあるため、将来的に暗号資産投資を本格的に行いたい人にもおすすめです。

 さらに、エアドロップによって通貨を保有する人が増え、ユーザー数・知名度・流動性が高まることで、通貨の価値も上がる可能性があります。

また、暗号資産の種類によってはゲームなどを通じてエアドロップを受け取れることもあり、少量ながらも遊びながら通貨を入力できます。

取引所で売却可能

将来性

エアドロップで受け取った通貨でも、対応している暗号資産取引所であれば売却可能です。少しでも価格がついていれば、売却することでお金を得られるでしょう。

 ただし、エアドロップを実施しているのはマイナー通貨が多いため、受け取った直後は価格が低いことがほとんどなので、そこまで儲けはでないでしょう。

実際に、時価がついていない通貨も多いです。しかし、価格が上がるまで持ち続ければ、大金を得られる可能性は十分にあります。

トロン(TRX)のエアドロップに参加するならBITPOINTがおすすめ!
bitpoint
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料なため、ランニングコストを抑えたい方におすすめ!
  • 2021年日本初暗号資産取扱数No.1を獲得
  • 時価総額の高い人気銘柄13種類を取扱中
  • 少額資金である500円から投資を始められる
  • 投資初心者から上級者まで満足できる取引ツールが充実
Coincheckの基本情報
取扱通貨

13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料

法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

※公式サイトより

出典:ビットポイント公式サイト

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

将来性が期待できる

エアドロップで手に入れた通貨が、現在のビットコインのように高い値がつくことがあります。無料で受け取れたものが数十万円などの価格になれば、大きな利益になるでしょう。

実際に、時価がついていないトークンが多いですが、過去にエアドロップを実施した通貨の中には数百円、数千円以上の価値がついているものもあります。

特に技術が優れているものや、ゲームや音楽などのNFT関連銘柄であれば、将来的な価格の上昇を期待できます。
 
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

暗号資産エアドロップのデメリット

詐欺に遭う可能性がある

パソコンで作業している男性

エアドロップを実施している暗号資産は、新しく生まれたものが多いため関連情報が少ないです。そのため、どのようなトークンなのかよく分からずに受け取る人は少なくありません。

エアドロップだとトークンの入手ハードルが低いので、気軽に参入する人も多いです。これらの特徴から、エアドロップを利用した詐欺や個人情報の悪用などの被害に遭うリスクがあります。

 実際に、詐欺や個人情報取得を目的にエアドロップを実施している悪徳トークンも存在します。

また、エアドロップを受け取る際にメールアドレスなど個人情報の入力を求められる場合が多いです。エアドロップはメリットが多いですが、詐欺へのリスクを懸念しておきましょう。

受け取る際には、できる限りの情報収集をして安全なものか調べるのがおすすめです。
 
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

売却する際に税金が発生する

税金

暗号資産は売却した際に利益が発生すると、税金を納める義務が発生するケースもあるので注意しましょう。

主に暗号資産の取引では、利益は「雑所得」に分類され、利益の金額が20万円以上になると会社員などの場合は確定申告しなければなりません。

先程の通り、エアドロップに対する課税については明確な指針が出ていませんが、売却時に利益が確定するため、そのときに税金が発生するという見方が一般的です。

確定申告漏れのペナルティについて

確定申告を忘れると、いくつかのペナルティが課せられるため注意しましょう。

 無申告の場合は無申告加算税、期限後に申告した場合は延滞税、隠ぺいなど悪質な場合は重加算税が課せられる可能性があります。

さらに、納税を滞納した場合にも延滞税などが発生します。このような事態を防ぐためにも、暗号資産に関する課税・確定申告の知識を身に付けるのがおすすめです。

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

よくある質問

暗号資産エアドロップとは?

暗号資産のエアドロップとは、特定の条件を満たすことで無料のトークン(通貨)を配布するイベントのことです。取引所や暗号資産の種類によって、トークンを入手できる条件は異なります。手軽に暗号資産投資を始められるため、近年人気が上昇しています。

暗号資産エアドロップのメリットは?
暗号資産・トークンを無料で受け取れるのが最大のメリットです。また受け取ったトークンが価格上昇し、利益を生み出す場合もあります。暗号資産に興味がある人でも、気になる通貨が既に高額で手を出せない場合や、投資初心者の方におすすめです。
暗号資産エアドロップのデメリットは?

エアドロップを実施している暗号資産は、新しく生まれたものが多いため関連情報が少ないです。また、エアドロップだとトークンの入手ハードルが低いので、気軽に参入する人も多いです。そのため、エアドロップを利用した詐欺や個人情報の悪用などの被害に遭うリスクがあります。

エアドロップの配布条件とは?

配布条件には、「一定量以上の指定トークンを保有しておく」「SNSで指定された内容を投稿する」「テレグラムなどのチャットツールを使い、公式アカウントに申請する」の3点があります。また指定された量のトークンを保有することで、エアドロップを受け取れる場合、「スナップショット」と呼ばれる判定時期があります。このスナップショットまでにトークンを保有していなければ、条件は達成できないので注意が必要です。

スナップショットとは?

スナップショットとは、特定のファイルやデータベースファイルなどの状態を切り取り、まるごと保存することを指します。保存することによって、トラブルを未然に防ぐことができます。

エアドロップには確定申告が必要?

暗号資産のエアドロップに関する税金の発生・確定申告の有無に関しては、まだ明確な指針が出ていません。基本的に暗号資産の取引では、利益が確定した際に課税対象になります。例えば、暗号資産の値が低い時に購入し、高くなった時に売れば利益が出るので、その利益分は課税対象になります。また、暗号資産による利益は雑所得に分類され、副業として取り組んでいる場合は20万円以上の利益が出たときに確定申告が必要です。

エアドロップに参加するためのおすすめ仮想通貨取引所は?

おすすめ仮想通貨取引所には「コインチェック」が挙げられます。コインチェックでは、国内最大級の取り扱い暗号資産数を誇り、これらの暗号資産は約500円から購入が可能です。また最短10秒でスマホから簡単に取引することができます。

まとめ

この記事では、暗号資産のエアドロップについて解説しました。エアドロップは無料でトークンを入手できるお得なイベントです。

獲得するには設定条件を達成する必要がありますが、いずれもハードルは低いため入手しやすいです。しかし、エアドロップを騙った詐欺や、個人情報悪用などの被害もあります。

十分に調べてからエアドロップに参加するのがおすすめです。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事