暗号資産(仮想通貨)FXとは?メリット・デメリット、取引方法紹介

暗号資産を使った方法の中には、レバレッジをかけて大きな利益を狙える「暗号資産FX」があります。

現物取引よりも稼ぎやすい一方で、暴落などにより大きな損失が生まれる可能性もあるため、基本知識を押さえておくことが大切です。

そのため、暗号資産FXについて興味があり、どのようなものか知りたい人は多いでしょう。特徴を押さえれば安全に取引しやすくなります。そこで今回は、暗号資産FXの特徴について解説します。

この記事で分かること
  • 暗号資産(仮想通貨)FXとは
  • 暗号資産(仮想通貨)FXのメリット・デメリット
  • 暗号資産(仮想通貨)FXおすすめの取引所
  • 暗号資産(仮想通貨)FXの取引方法
  • 暗号資産(仮想通貨)FXで成功するためのポイント

メリットやデメリット取引方法についても紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

暗号資産(仮想通貨)FXとは?

暗号資産FX

暗号資産FXとは、暗号資産を利用した証拠金取引サービスのことです。通常の暗号資産取引の場合、現物の通貨を購入し価格の変動によって差分の利益を得ます。

例えば、1単位あたり1,000円の通貨を100単位購入し、1,200円に上がったときに全て売却すれば、20,000円の利益を得られます。

 それに対して暗号資産FXは、現時点での価格で取引するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで、買い注文・売り注文を行い、決済した際に差額の利益を得る方法です。

暗号資産FXは暗号資産全体を対象にした取引で、特定の通貨に限定される場合は「ビットコインFX」などと呼ばれますが、これらも暗号資産FXに含まれます。

将来の価格にレバレッジをかけられる

数字

暗号資産FXは、FX取引のように投資する金額にレバレッジをかけられる点が通常の暗号資産の現物取引と異なるポイントです。

 つまり、暗号資産FXで利益を得る方法は、将来の価格変動を予測し、レバレッジをかけて取引します。予測が当たればレバレッジをかけた分だけ、大きな利益を得られるでしょう。

このように、暗号資産FXは一般的なFX取引と同じ仕組みであり、取引する通貨が外貨ではなく暗号資産になっていると考えると分かりやすいです。

今まで暗号資産の現物取引だけを行っていた人であれば、暗号資産FXに取り組むことで投資方法の範囲が広がります。

暗号資産(仮想通貨)FXのメリット

暗号資産FX

少額投資が可能

暗号資産FXは少額からでも取引ができるため、誰でも取り組みやすい投資方法の1つです。代表的な投資方法の場合、最低取引数量・金額が決まっており、一定額以上の資金が必要になります。

例えば、株式投資の場合、株式の取引単位は100株であるため、1株1,000円の銘柄でも購入するときは10万円の資金が必要です。

 FX取引の場合でも、FX会社や通貨ペアによって最低取引数量は異なり、1,000通貨であることが多いです。

それに対して、暗号資産の場合は最低取引数量は決まっているものの、その数量は非常に小さいことが多く、手元の資金が少ない場合でも取引できます。

24時間365日取引できる

カレンダー

暗号資産FXの場合、24時間365日いつでも取引ができる点も大きなメリットです。例えば、株式投資の場合であれば、市場がオープンしている平日9時から17時の間しか取引できません。

FX取引の場合は、世界中の市場で取引できるため24時間取引が可能です。しかし、取引する市場によって開いている時間帯は決まっているため、市場によっては取引できない場合もあります。

 その点、暗号資産の場合、現物取引・FX取引の場合のいずれであっても24時間いつでも取引が可能です。

時間帯による制約があれば、日中は仕事で忙しい人の場合、取引できる選択肢は限られてしまうでしょう。

24時間いつでも取引ができれば、仕事やプライベートの都合とバランスを取りやすいです。

株式投資だと仕事が終わった後の時間帯には既に市場が閉まっている可能性が高いので、取引できないケースもあります。

現物取引より大きく利益を狙える

海外紙幣

暗号資産FXの特徴であり大きなメリットであるのが、レバレッジをかけた取引が可能なことです。レバレッジは手持ちの資金を担保に、少ない証拠金でも大きな金額で取引ができる仕組みです。

暗号資産FXサービスを提供している暗号資産取引所によってレバレッジの倍率は変わりますが、基本的に2倍に設定されています。つまり、2倍の利益を狙いやすいです。

 暗号資産の場合、通貨の種類によって価格が大きく異なり、1通貨あたり数十円のものから数百万円するものもあります。

例えば、ビットコインの場合、1通貨300万円の価格で1BTCを購入し、1通貨400万円に上がったときに売却すれば100万円の利益が生まれます。

そこでレバレッジを活用すれば、1通貨分の費用で2通貨購入可能です。そのため、先程と同じように取引すれば、100万円×2倍で200万円の利益を得られるでしょう。

下げ相場で利益が出る

暗号資産FX

一般的な暗号資産の場合、利益を出すためには安い価格で購入し、高くなったときに売る必要があります。

しかし、暗号資産FXの場合であれば、通常のFX取引と同じように下げ相場で利益を出せることも大きなメリットです。

もしこれから暗号資産の相場が下がりそうなときに、売りポジションを取り、実際に暗号資産の価格が下がったときに決済すれば、差額が利益になります。

 例えば、1BTCが300万円のときに売りポジションを建て、200万円になったときに決済すれば差額の100万円が利益になる計算です。

暗号資産は株式投資・FX取引よりも、大きく値動きすることも特徴の1つです。経済情勢や金融政策の影響を受けやすく、高騰することもあれば暴落することもあります。

価格が上がったときだけでなく下がったときにも利益を得られるため、稼げる可能性が2倍に広がるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)FXのデメリット

暗号資産

長期間に渡っての保有に向いていない

暗号資産FXは、ポジションの長期的な保有には向いていません。その理由の1つは、暗号資産の価格は変動しやすいため、価格が急落することで大きな損失が生まれる可能性があるからです。

特にレバレッジをかけている場合は、損失の額も倍になってしまうでしょう。一般的なFX取引よりも価格変動が激しい分、稼げるチャンスと同様に損する可能性も高いです。

 また、暗号資産FXでは、レバレッジをかけた状態で日にちをまたいでポジションを保有すると、その都度レバレッジ手数料が発生します。

つまり、レバレッジをかけて取引をしている場合、長期保有すればするほど手数料が発生してしまい、利益が出ても利幅が小さくなるでしょう。

暗号資産FXに取り組む際には、デイトレードやスキャルピングといった短期的な売買が適しています。

ハイリスク・ハイリターン

チャート

暗号資産FXはレバレッジをかけて取引できる点と、暗号資産の価格変動が激しい点から、ハイリスク・ハイリターンな取引といえるでしょう。

 一般的なFX取引と同様に、レバレッジをかけることで得られる利益を大きく伸ばすことができますが、予想が外れた際には通常の損失よりも大きくなってしまいます。

現在では、暗号資産FXでかけられるレバレッジは2倍までですが、一般的なFX取引と同じように最大25倍までかけれるようになれば、利益・損失はさらに大きくなるでしょう。

取引強制終了の恐れがある

暗号資産FXの場合、レバレッジをかけて取引をしていると含み損が大きくなった際に、強制終了であるロスカットが起こる可能性があります。

 価格変動によって含み損が大きくなり、損失分が証拠金を上回るとロスカットによって強制的に決済されてしまい、損失が確定するため注意が必要です。

少額の資金で始めていれば損失分が膨らみにくいため、ロスカットのリスクは小さくなりますが、大きな利益を狙ってレバレッジをかけると、その分ロスカットになりやすいです。

価格変動のリスクが懸念される

価格変動

暗号資産は為替レートよりも値動きが激しい傾向にあります。実際に1日単位で価格が半分になってしまうケースも珍しくありません。

レバレッジをかけている場合は尚更、ハイリスク・ハイリターンな取引になります。損失が大きくなるだけでなく、証拠金の金額によってはロスカットのリスクも大きくなるでしょう。

また、暗号資産は関連する状況が変化することで、短時間で価値がなくなってしまう恐れもあります。

もし大きな金額を投資している通貨の価値がゼロになれば、発生する損失は計り知れません。

暗号資産(仮想通貨)FXをするなら!おすすめの取引所3選

GMOクリック証券

GMOクリック証券

おすすめポイント
  • FX取引高世界第1位のFX口座!
  • スプレッドが狭く低コストで取引可能!
  • 未経験者でも使いやすい取引ツール!

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020/1〜2021/12)

GMOクリック証券は、東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ企業である「GMOクリック証券株式会社」が運営しています。業界最大手で圧倒的な取引高を誇るFX口座です。

 スプレッドが狭く、手数料が安いので低コストで取引できるところが魅力です。

また、初心者でも取り組みやすい取引ツールが充実しているのでFX取引が初めての方も安心して取引することができるでしょう。

PCや、スマートフォンなど自分に合ったツールを利用して、スムーズに取引できますよ。
24時間無料でサポートを行っているため、何かあった時もすぐに相談することができます。
業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら
通貨ペア数 20
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:1.0pips
※原則固定

高スワップ通貨ペア

※10,000通貨あたり

ランド/円:7円
ペソ/円:4円
リラ/円:26
最小取引単位 10,000
チャート・取引ツール種類 5種類
配信ニュース提携社数 3社
デモ取引 可能
電話サポート時間 月曜日7:00〜土曜日7:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌営業日
業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

DMM FX

DMM Bitcoin

おすすめポイント
  • 各種手数料無料!
  • 最短でわずか1時間で取引開始!
  • 安心・安全のセキュリティ対策!

『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(弊社休業日を除く)

DMM FXは、「株式会社DMM.com証券」が運営しているFX口座です。各種手数料が無料なので、コストを抑えながら取引することが可能です。

※BitMatch取引手数料を除く

各種手数料
  • 口座維持手数料
  • 出金手数料
  • その他の各種手数料

また、口座開設時の本人確認をオンラインで完結させる「スマホでスピード本人確認」を使用すると、最短わずか1時間で取引が可能となります。

オンライン上で登録できる上に、すぐに口座が開設できるので便利ですね。
通貨ペア数 21
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:1.0pips

高スワップ通貨ペア

※10,000通貨あたり

ランド/円:8円
最小取引単位 10,000
チャート・取引ツール種類 6種類
配信ニュース提携社数 2社
デモ取引 可能
電話サポート時間

冬)月曜日7:00〜土曜日6:50

夏)月曜日7:00〜土曜日5:50

スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短1時間

LINE FX

おすすめポイント
  • 経済指標・急変動などをLINEですぐに通知!
  • スプレッドは業界最狭水準!
  • LINE証券の口座を開設すると最短1分で手続き完了!

LINE FXは、LINE証券と野村證券の共同開発で生まれたFX口座です。コミュニケーションツールでおなじみのLINEで、経済指標や急変動を通知してくれるので取引の見逃しを防ぐことに繋がります。

 LINE FXでは「LINE FX」「LINE FX Pro」など、多様なツールを使うことが出来ます。PC・iPhone・Androidなどで自由に使うことが出来ます。
また問い合わせに関しても、LINE FXは柔軟に対応しています。
問い合わせ方法
  • メールフォーム
  • 電話
  • LINE
LINEでカスタマーサポートを行っている会社は少ないため、ぜひ活用しましょう。わからないことや不安なことを気軽に相談できますね。
LINEでアラートを受け取れる! LINE FX
無料口座開設はこちら
通貨ペア数 23
基準スプレッド ドル/円:0.1銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:0.6pips

高スワップ通貨ペア

※10,000通貨あたり

ランド/円:8円
リラ/円:36円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 1種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短当日
LINEでアラートを受け取れる! LINE FX
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)FXで使う取引所の選び方

暗号資産

手数料の安さ

暗号資産の取引では手数料が発生し、取引所によって発生する手数料の種類や金額(割合)が変わります。手数料が高ければ、取引で得る利益の幅は小さくなるでしょう。

 手数料の種類には取引手数料・入金手数料・出金手数料・送金手数料などがあります。また手数料にはスプレッドも含まれます。

スプレッドとは買値と売値の差額のことで、基本的に買値の方が売値よりも高いです。このスプレッドの幅が広いと、取引の度に手数料の負担が大きくなってしまいます。

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

銘柄の多さ

暗号資産FX

暗号資産取引所によって取り扱い銘柄数は変わります。ビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨であれば多くの取引所で扱っています。

 しかし、それ以外のマイナー通貨は取引所によって取り扱いの有無が変わるため注意が必要です。

動向が気になる暗号資産がある場合は、あらかじめ取り扱っているかどうか確認すると良いでしょう。

また、扱っている暗号資産の種類が多い方が、投資対象が増えるためおすすめです。

取引ツールの使いやすさ

暗号資産取引所を選ぶときは、取引ツールの使いやすさを確認することも重要です。手数料が安く取り扱い通貨数が多くても、使いにくければ適切に取引できません。

例えば、パソコンだけでなくスマートフォンに対応している取引所であれば、自宅以外の場所でも手軽に取引できるでしょう。他にも、入金・出金の方法、実際の取引画面の見やすさなども大切です。

口座開設自体は無料でできますが、取引所の中にはデモ画面を使えるものもあるため、試してみるのがおすすめです。

セキュリティの高さ

暗号資産

暗号資産はデータ上の資産であるため、ハッキングの被害を受け流出するリスクがあります。実際に、ハッキングによるセキュリティ事故が起きた事例はあります。

現在では、セキュリティ体制に力を入れて運営している取引所が多いです。しかし、「絶対に安全」ということはないため、信頼できる取引所かどうかの見極めが大切です。

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)FXの取引方法

ここからは、暗号資産FXの取引を始める手順について解説していきます。基本的な流れは、以下の通りです。

取引手順
  1. 「暗号資産FX」を扱っている取引所で口座を開設する
  2. 開設した口座に入金する
  3. 暗号資産FXのメニューから注文する
  4. 注文を決済する

1:「暗号資産FX」を扱っている取引所で口座を開設する

暗号資産FX

取引するためには、サービスとして暗号資産FXを扱っている取引所で口座を開設します。口座開設の方法は簡単です。まずは、該当する取引所の口座開設ページにアクセスしてください。

 メールアドレスや氏名、住所などの必要情報を入力し、本人確認書類を提出すれば完了です。

本人確認に関しても、必要な書類をスマートフォンを使ってアップロードすれば良いため手軽です。

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

2:開設した口座に入金する

暗号資産取引所で取引を始めるには、原資となる資金が必要なため開設した口座に日本円を入金します。

 入金方法は取引所によって異なりますが、銀行振込やコンビニ入金が一般的です。銀行振込の場合、入金用の口座が用意されているため、希望する金額を振り込みます。

コンビニ入金の場合、入金方法を選択すると決済用の画面が表示されるため、コンビニのレジなどで決済すれば完了です。

入金の手続きを行っても、取引所や時間帯によっては口座に金額が反映されるまで少々時間がかかるため注意しましょう。

3:暗号資産FXのメニューから注文する

暗号資産FX

入金が完了したら、暗号資産FXのメニューから注文します。暗号資産FXの注文方法は大きく分けて「買い注文(ロング)」と「売り注文(ショート)」の2種類です。

注文する銘柄の価格が上がると予想する場合は「買い注文(ロング)」を選択し、反対に価格が下がると予想する場合は「売り注文(ショート)」を選択しましょう。

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

4:注文を決済する

注文した後は、価格の上下に合わせて暗号資産を売却しポジションを決済することで、利益が確定します。

多くの取引所の画面では、決済注文の約定後の損益の結果を確認できます。

暗号資産(仮想通貨)FXで成功するためのポイント

暗号資産FX

暗号資産FXで成功するためのポイント
  • 運用は余剰金で行う
  • チャート分析を行う
  • 自分ルールを作る

運用は余剰金で行う

暗号資産FXで失敗する人は、生活に必要な資金まで投資に使ってしまうケースが多いです。確かに、取引に使う資金が多ければ多いほど、得られる利益は大きくなります。

しかし、生活に必要な資金まで使ってしまう人は、生活水準が下がったり、生活費を捻出するために借金したりするケースが少なくありません。

そのため、暗号資産FXで取引する際は、余剰資金の範囲内に留めるようにしましょう。

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

チャート分析を行う

チャートを見る男性

暗号資産FXでは価格の上下を予測する必要があるため、チャートなどを用いて分析することが大切です。

暗号資産の価格は主要な通貨の価格に連動して変化しやすいため、関連する通貨のチャートを分析すれば、より精度が高い予測を行えるようになります。

自分ルールを作る

暗号資産FXで成功するためには、自分なりのルールをあらかじめ決めておくことをおすすめします。自分ルールを作っておけば、そのときの状況に応じて冷静な取引が可能です。

例えば、損切りなどポジションを決済するタイミングを決めておけば、損失を最小限に抑えやすくなります

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)FXの利益に税金はかかる?

資料を読む人

暗号資産の取引で得た収益は「雑所得」に分類されますが、暗号資産FXの利益も同様です。そのため、利益を得ている場合は1年間の取引結果をまとめ、確定申告をする必要があります。

雑所得に関する税金は主に、「住民税」と「所得税」です。住民税は年間の所得をもとに計算されるため、暗号資産FXで利益が出ている場合は、住民税の金額は大きくなるでしょう。

 所得税も同様に、暗号資産FXで利益を得た場合も同様ですが、累進課税であるため所得が増えれば増えるほど税率が高くなるため注意してください。

例えば、会社員として収入を得ながら暗号資産FXで利益を得ている場合は、「給与所得+雑所得」の金額に対して税金が発生します。

一般的に会社員の場合は確定申告をする必要はありません。しかし、暗号資産による所得が20万円以上になると確定申告をする必要があるため注意が必要です。

主な確定申告が必要な人
  • 給与所得が年間2,000万円以上の人
  • 給与所得以外で20万円以上の所得がある人
  • 給与を2ヵ所以上からもらっている人
  • 同族会社の役員やその親族などで、その同族会社からの給与のほかに、貸付金の利子などで支払いを受けた人

など

出典:国税庁 確定申告が必要な方

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

まとめ

この記事では、暗号資産FXの特徴について解説しました。通常の暗号資産の現物取引と違い、レバレッジをかけることで大きな利益を狙えることが特徴です。

しかし、ハイリスク・ハイリターンな取引方法であり、暗号資産は価格変動が激しいため、大きな損失が生まれる可能性もあることも念頭に置いておきましょう。

暗号資産FXの特徴を押さえて、自分のスタイルに合った取引を実践してみましょう。

記事内ではおすすめの暗号資産取引所も紹介したため、暗号資産FXのメリット・デメリットを理解した上で安全に取引を始めてみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事