暗号資産ジャスミー(JMY)とは?6つの特徴と将来性を徹底解説

「暗号資産ジャスミー(JMY)を今さら購入しても遅いだろうか?」「ジャスミーはどのような特徴を持っているんだろう?」「将来性について知りたい!」とお考えの方も多いと思います。

そこでこの記事では、ジャスミーの5つの特徴と、ジャスミーに関する2022年の最新ニュースを解説。また過去の価格変動や現在の価格についても解説します。

ジャスミーは他の暗号資産とは大きく異なり、「個人データの民主化」という明確な目標を持っています。この記事を読んで、投資するか検討してみてください。

JMYが購入できる取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 将来性が期待できるアルトコインの取扱が豊富
  • 500円以下の少額から購入できる!
  • 各種手数料が0円
  • Apple Watchでチャートを確認できる
BITPOINTの基本情報
取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ディープコイン(DEP)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)のジャスミー(JMY)とは?

ジャスミー

暗号資産JMYとはジャスミー株式会社が発行する通貨で、今後『Jasmy IoT Platform』で利用できるようになるトークンです。

 海外取引所に2021年に上場し、日本では2021年10月にBITPOINTに、2022年7月にHuobi Japanに上場しています。

現在私たち消費者の個人データ情報は、企業である中央集権によりデータ管理されています。たとえばGoogleを使用すれば、アカウント作成時に必要なデータやアクセス履歴などはすべてGoogleによって管理されています。

しかし本来、個人データは個人で管理するものであり、中央集権に提供するときには価値が生み出せるはず。ジャスミーはその考えから「個人データの民主化」を実現させるべく作成されたプロジェクトです。

通貨名 ジャスミー
通貨単位 JMY/JASMY
時価総額 ¥5,738,324,752.38
時価総額ランキング 415位
発行上限枚数 500億枚
現在の価格 ¥1.21
扱っている取引所 BITPOINT、Huobi Japan

 

ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

出典:JasmyCoin -CoinMarketCap ※2022年7月25日現在
出典:ジャスミー株式会社

暗号資産(仮想通貨)のジャスミー(JMY)の5つの特徴

チェックリストを持つ女性

1.基本理念は個人データの民主化

ジャスミー株式会社は、『データの民主化』を理念に掲げており、個人データが生活者本人に返ってくるよう安全安心な社会をめざしています。

現在インターネット上では様々なサービスが提供されていますが、ユーザーである私たちがそれらのサービスを利用するとき、無料で利用できる変わりに個人データを企業に渡しています

 たとえば、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)のサービスを使用するとき、はじめに登録をしたりアカウントを作成しますが、これは個人データを企業に渡している状態です。

またアクセス履歴のような行動履歴も、すべてサービスを提供しているプラットフォームに提供し管理されています。中央集権である企業はこれら個人データを管理し分析することで、サービスの発展に繋げています。

ユーザーは無料でサービスを利用できるのでメリットは大きいですが、反面、個人情報がハッキングなどにより流出したり、行動を追跡され望んでいない広告を配信されたりとデメリットもたくさん存在しています。

そこでデータの主権は生活者本人の手に帰るよう「データの民主化」を行おうとしているのが、ジャスミーなのです。
ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

2.日本発祥の暗号資産

日本地図

前述したように、JMYは日本が発祥の暗号資産です。

発行元のジャスミー株式会社は、ソニー元代表取締役社長兼COOの安藤国威氏や、ソニースタイルドットコム・ジャパン代表取締役社長の佐藤一雅氏などが創設した会社で、2016年に設立されました。

 現在、日本発祥の暗号資産で知名度が高いのはJMYとMONAくらいでしょう。2022年7月時点でJMYは時価総額ランキング415位、MONAは459位です。

どちらも海外ではまだまだ知名度が低いですが、今後JMYやMONAが日本を代表する暗号資産になる可能性もあるでしょう。

日本発祥の暗号資産なので、ホワイトペーパーも日本語で公開されており、翻訳の必要なく読むことができます。
ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

3.IoT×ブロックチェーン技術

ジャスミーはブロックチェーン技術とIoT技術を組み合わせて作っています。

Iotとは?
「Internet of Things」の略称。モノがインターネットを介して通信すること。モノが人手を介さなくてもデータを送信できるような仕組みのことを指します。

今まではPCやスマホを人が操作して、外部に通信を行っていました。しかしIoTは人手を介さずとも、モノ同士で通信を行うことができるのです。

 たとえば、モノである機械が「調子が悪い」ことを自ら発信し、それをインターネットを介して送信。外部で機械のエラーについて聞くことができるので、故障に迅速に対応が可能です。

ジャスミーではIoTから送信されるデータを安全に効率よく管理できるIoTプラットフォームを提供。ユーザーは安全にデバイスを操作し、企業はIoT機器の状況把握を行うことができます。

4.新しいデータ経済圏『Jasmy IoT Platform』の実現

パソコンとスマホ

先に述べたように、ジャスミーが目指すのは個人のデータの価値を企業が管理するのではなく、本来の持ち主である生活者に戻すこと。

そうすることにより、データは個人資産として扱うことができるようになるので、個人データに経済的な価値が生まれ、新しいデータ経済圏を構築することが可能です。

 このように個人データを経済圏で利用できるように考えられたのが『Jasmy IoT Platform』です。

通常の経済圏は労働の対価として報酬を受け取りますが、『Jasmy IoT Platform』は企業に個人データを提出すると報酬(リワード)が受け取れる仕組みになります。

今までのように個人データが自動的に収集されてサービスに生かされるのではなく、個人データを取引に使用することができるのです。

そのため私たちはいつものように生活をするだけで、「個人データ=経済的価値」を生産することが可能です。
ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

5.ふたつのコアサービスを提供

ジャスミーでは「セキュアナレッジコミュニケーター(SKC)」と「スマートガーディアン(SG)」と呼ばれる独自のコアサービスを提供しています。

SKC
  • 提供ブロックチェーンを簡単に利用開始できる本人認証と登録機能(KYC)
  • 安全にブロックチェーン上に個人データを分散管理・蓄積する機能
  • ユーザー自身が自らの意思で自身のデータを許諾したりトレースしたりできる機能
  • 企業側は個人情報を自社で保有せずにユーザーが望む形で利用する機能
SG
  • IoT機器を安全かつ簡単に独自のブロックチェーン網に登録して、持ち主のユーザーしか使用できないように設定する

『SKC』によりユーザーの個人情報から生成されるデータを護りながら活用し、『SG』によって、ユーザーが所有するモノとそこから生成されるデータをコントロールします。

つまりこれらのコアサービスを利用することで、ユーザーは個人情報の提供をコントロールし、企業側は個人データを自社で保有することなく適宜ユーザーから提供してもらうことが実現できるのです。

ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 将来性が期待できるアルトコインの取扱が豊富
  • 500円以下の少額から購入できる!
  • 各種手数料が0円
  • Apple Watchでチャートを確認できる
BITPOINTの基本情報
取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ディープコイン(DEP)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

【2022年】ジャスミー(JMY)の最新ニュース

NEWSと書かれたブロック

ジャスミーに関する2022年最新ニュースは以下の2点です。

最新ニュース
  • サガン鳥栖ファントークンサイトを公開、事前登録を開始
  • ジャスミーと日本旅行がユーザー生成コンテンツ(UGC)活用に向けた実証実験を開始

サガン鳥栖ファントークンサイトを公開、事前登録を開始

2022年7月2日、ジャスミーがオフィシャルスポンサーを務めているサガン鳥栖の『サガン鳥栖ファントークン』サイトを公開しました。

『サガン鳥栖ファントークン』は、ジャスミーのブロックチェーンを使用したNFTファントークンで、保有すれば「各種投票券」に使用できたり、「様々な情報や参加の権利」を得られます。

 トークンの収益の一部は選手獲得や育成の強化に使用されるので、チームに貢献しながら嬉しい特典が受けられます。

『サガン鳥栖ファントークン』は応援すればするほど、保有ファントークンのステータスが上がるダイナミックファントークンと呼ばれる技術を使用しているので、ステータス獲得上位者には更なら特典が期待できるでしょう。

現在サイト上で事前登録を開始しており、2022年9月1日より発売開始予定です。
ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

出典:サガン鳥栖ファントークン事前ご登録 – Jasmy

ジャスミーと日本旅行がユーザー生成コンテンツ活用に向け実証実験を開始

トリパ

2022年4月より、ジャスミー株式会社と株式会社日本旅行が共同して実証実験を開始しました。

この実験では、ジャスミーと株式会社Archaicが共同開発中のAIエンジンを用いることで、日本旅行が運営しているメディアサイト『Tripα』のユーザーへの訴求力向上を目指します。

 従来のエンジンとは異なり、収集した情報から得られる個人の嗜好性を、全く異なるサイトやジャンルでもおすすめできるように活用できる仕組みです。

つまり旅行に関心のあるユーザーは、『Tripα』のサイトを訪問した際に、旅先の新たな魅力の発見や、新たな旅の出会いの提供を受けられるようになります。

このような訴求力のあるメディアを提供できるよう、実証実験が開始されたのです。
ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 将来性が期待できるアルトコインの取扱が豊富
  • 500円以下の少額から購入できる!
  • 各種手数料が0円
  • Apple Watchでチャートを確認できる
BITPOINTの基本情報
取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ディープコイン(DEP)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

出典:日本旅行とジャスミーがブロックチェーンとエッジAIによるユーザー生成コンテンツ(UGC)活用に向けた実証実験を開始 -PR TIMES

ジャスミー(JMY)の現在価格と過去の値動き

過去の値動き

ジャスミー(JMY)の過去の値動き

過去の値動きは上記のようになっています。2021年1月に暗号資産取引所『MEXC』に上場したJMYは、2月中旬に海外の取引所『Gate.io』にも上場。誕生してすぐに450円前後まで高騰しており、2月16日には過去最高値である約684円まで上昇しました。

その後200円前後を推移していましたが、5月中旬頃から中国でのビットコインのマイニングの禁止や、テスラのビットコイン決済停止の発表により、暗号資産全体が冷え込み、ジャスミーも同様に下落してしまいます。

 10月頃まで1円〜2円前後で推移していたJMYですが、2021年10月にアメリカの大手取引所『Coinbase』に上場。その後も『Binance』や『Bybit』などに上場し、11月3日には約31円まで高騰します。

また日本でも『BITPOINT』で国内初上場され、1ヶ月足らずで15倍もの伸びを記録しました。

出典:JasmyCoin|CoinMarketCap

現在価格

ジャスミー(JMY)の現在価格

2022年に入ると再び暗号資産全体が冷え込み、ジャスミーも下落。1円〜2円の間を推移しており、2022年7月現在まだ回復の兆しは見えていません。

暗号資産全体が下落相場のため、影響を受けているのも理由の1つですが、ジャスミーのプロジェクトのほとんどが現時点で開発途中のものばかりのため、今後が分からないのも原因でしょう。

 誕生当初に比べるとジャスミーへの期待が下がっており、需要が減っているのは否めません。

ただし、言い換えればまだまだ発展途上の通貨なので、きっかけひとつで大きく価格上昇する可能性もあります。

ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 将来性が期待できるアルトコインの取扱が豊富
  • 500円以下の少額から購入できる!
  • 各種手数料が0円
  • Apple Watchでチャートを確認できる
BITPOINTの基本情報
取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ディープコイン(DEP)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

出典:JasmyCoin|CoinMarketCap

ジャスミー(JMY)の将来性|価格上昇となるポイント

価格上昇のポイント
  • ロードマップの進捗
  • 取引所上場・他の暗号資産の価格上昇

ロードマップの進捗

道と矢印

ジャスミーは今後どのように「個人データの民主化」を進めていくのかのロードマップを公開しています。第Ⅰ期である現在は、コアサービスを活用しエンドユーザーを獲得する時期。

このあと、プラットフォームに参加する企業が拡大する第Ⅱ期、個人データを提供してリワードが受け取れるようになる第Ⅲ期。

 ホワイトペーパーで公表している最後の第Ⅳ期では、リワードを使用できる『ジャスミーデータマーケットプレイス』を誕生させる予定です。

これら公開しているロードマップを計画通り着実に進めていくことで、JMYに注目が集まり、価格上昇のきっかけとなる可能性は高いでしょう。

ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 将来性が期待できるアルトコインの取扱が豊富
  • 500円以下の少額から購入できる!
  • 各種手数料が0円
  • Apple Watchでチャートを確認できる
BITPOINTの基本情報
取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ディープコイン(DEP)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

取引所上場・他の暗号資産の価格上昇

現在、国内でJMYが上場しているのは『BITPOINT』と『Huobi Japan』の2社で、まだまだ取扱いが少ないのが現状です。今後、他の大手取引所に上場することで、需要が高まり、価値上昇する可能性は高いでしょう。

 しかし暗号資産全体に元気がない今の時点で、JMY単体で価格上昇する可能性は低いです。

暗号資産を牽引するビットコインが再び上昇トレンドに転換したときこそ、JMYも上昇トレンドに向かうタイミングです。

ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

ジャスミーを取引する際のコツを紹介

ステーブルコインの購入方法

 

ここではジャスミーを取り引きする際のコツについてみてみましょう。取り引きする際のコツとしては次の4つです。

ジャスミーを取引する際のコツ
  • 生活に影響を与えない程度の資金で取引する
  • 少額投資から始める
  • リスク回避を意識した投資をする
  • ジャスミーに関する情報収集を行う

ジャスミーは日本発祥の銘柄ということもあり、投資を検討している方も多いのではないでしょうか。

これから紹介するコツは、ジャスミーの取引を検討している方ならば、抑えておきたい項目です。

生活に影響を与えない程度の資金で取引する

1つ目が生活に影響を与えない程度の資金で取引をすることです。

なお、余剰資金で投資を行うのはジャスミーに関わらず投資全体でいえることです。

特に仮想通貨は価格変動が大きいものであり、ジュスミーもその特徴がある銘柄です。投資の基本は万が一、損をしてもできるかぎり損失額を抑えることです。

生活資金までも取引に回してしまうと、損失した場合の生活が送れません。そのため生活に影響を与えない程度の資金で取引をしましょう。
ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

少額投資から始める

2つ目が少額投資から始めることです。

 先にも述べたように、ジャスミーは価格変動の大きい銘柄です。

そのため、多くの資金で取引を行うと損した場合の損失額が非常に大きくなります。投資では一度に大きな利益を得ようとせずに、リスクを抑えることが重要です。

多額投資は当たれば多くの利益をもたらしますが、多くの人は損をします。少額投資から初めていき、様子を見て投資額を上げていきましょう。

リスク回避を意識した投資をする

3つ目がリスクを回避した投資を行うことです。先述したとおり、投資で重要なのはリスク回避です。

リスクを背負った投資は基本的にはおすすめしません。
ジャスミーは価格変動が激しい為、複数の銘柄に投資をしてリスク回避をしましょう。
仮想通貨のなかでも比較的安定しているのがビットコインです。1つの銘柄に投資するのではなく、複数の銘柄に少額ずつ投資することでリスク回避が可能です。
ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

ジャスミーに関する情報収集を行う

4つ目がジャスミーに関する情報収集を行うことです。

 価格変動を予測する際に重要なのが、情報収集です。

仮想通貨に注目が集まったり、ジャスミーに関する情報が出たりすれば価格が上る可能性があります。

投資は予測が難しいため運である部分もありますが、情報収集によってある程度は予想できることもあります。そのため、日々ジャスミーに関する情報収集は積極的に行っておきましょう。

ジャスミーに限らず、仮想通貨では取引をする際は情報収集が重要です。
ジャスミーを購入できる! 仮想通貨取引所
おすすめはこちら!

ジャスミー(JMY)が購入できるおすすめの取引所

BITPOINT

公式サイト

BITPOINTのおすすめポイント
  • JMY・LNK・DEPなど他社取扱いの少ないアルトコインが充実
  • 『貸して増やす』でJMYのレンディングが可能
  • 各種手数料が無料

『BITPOINT』は2021年「日本初の暗号資産取扱数」No.1※1の取引所。ジャスミーをはじめ、ディープコインやエイダコインなど日本初上場の通貨を豊富に取り扱っています。

保有している通貨をBITPOINTに貸し出すことで、賃借料を受け取れるサービス『貸して増やす』を提供しており、ジャスミーも貸し出して賃借料を受け取ることが可能です。

 またBITPOINTは、入出金手数料や販売所・取引所手数料が無料なので、コストを気にせず取引ができるでしょう。

アプリは価格やチャートが見やすく、資産管理がグラフで簡単に確認できます。Apple Watchでいつでも簡単に相場を確認できるので、利便性はとても高いです。

BITPOINTでは上場のタイミングで記念のキャンペーンを行うことが多く、「入金で数千円〜数万相当のプレゼント」や、「『貸して増やす』で年率100%キャンペーン」などが受けられますよ。

500円以下の少額からでも取引を始められるので、初心者の方にもおすすめです。

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ディープコイン(DEP)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

出典:BITPOINT
※1 金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」をもとにBITPOINTが調査

よくある質問

ジャスミーとはどんな仮想通貨?
ジャスミーとはジャスミー株式会社が発行する通貨のことです。個人データは個人で管理するべきという考えであり、個人データの民主化を目的を目指しているプロジェクトです。
ジャスミーの特徴は?
ジャスミーは「個人データの民主化」「日本発祥の暗号資産」「IoTとブロックチェーン技術をかけ合わせたもの」「独自のコアサービスを2つ提供」といった特徴があります。
ジャスミー株式会社とはどんな会社?
ジャスミー株式会社とは、ソニー元代表取締役社長兼COOの「安藤国威」氏や、ソニースタイルドットコム・ジャパン代表取締役社長の「佐藤一雅」氏などが創設した会社で2016年に設立しました。
ジャスミーの認知度はどのくらい?
ジャスミーは海外では認知度が低いものの、日本国内ではある程度知名度のある銘柄です。
ジャスミーの今後は?
ジャスミーはロードマップが公開されており、その予定で進んでいきます。値上げのきっかけとなるかもしれないので、こまめに情報収集を行っておきましょう。
ジャスミーが怪しいって本当?
ジャスミーは怪しいといわれているものの、怪しさはなく詐欺ではありません。怪しいといわれるようになった背景は、アメリカの掲示板でそのような書き込みがあったためです。デマであるため注意してください。
ジャスミーは将来性のある銘柄?
ジャスミーは将来性のある銘柄だといえます。なぜなら独自性を持った仮想通貨であること、過去に上昇したことがある、ロードマップが公表されているからです。
ジャスミーに関するニュースが発表されれば、今よりも価格が高くなる可能性があります。現在は価格が下がっているものの、理由としては仮想通貨全体の価格が下がっているためです。
仮想通貨市場が再び注目を浴びれば高騰する可能性大です。ジャスミーに関する情報収集、仮想通貨に関する情報収集は忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は、ジャスミーの6つの特徴やジャスミーに関する最新ニュース・将来性などを解説しました。

ジャスミーが掲げる「個人データの民主化」とは、現在のインターネットの流れやWeb3.0の分散管理の流れともマッチしています。

ジャスミーのプラットフォームに参加する企業が増え、ユーザーが個人データの価値に気づけば、JMYの価値自体が高まる可能性は非常に高いです。

理念に賛同したい、投資したい方はぜひ購入してみてください。

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事