暗号資産のレンディングとは?やり方・メリット・おすすめ取引所

「暗号資産投資を始めたいけど、知識がない」「毎日忙しくて相場を追う時間がない」と、暗号資産に参入するのが難しいと悩んでいる人も多いでしょう。

たしかに暗号資産をトレードで稼ごうとすると、専門的な知識が必要です。しかしレンディングなら、ほとんど知識なしで始められ、手間もほとんどかかりません。

そこで今回は、暗号資産のレンディングの仕組みやメリット・デメリット、やり方について解説します。レンディングにおすすめの取引所も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、レンディングの全貌が把握でき、今日から始めることができますよ。

暗号資産のレンディングとは?仕組みを解説

ビットコインとチャート

暗号資産でいう『レンディング』とは、一定期間、保有している暗号資産を取引所に貸し出すことで利益を得る方法を指します。利回りが高いので、トレードと同じく利用者の多い投資方法のひとつです。

 暗号資産を「貸すだけ」で利益を得られるのは、投資家のなかには取引所から暗号資産を借りている人もいるためです。

投資家が取引所から暗号資産を借りる際には、取引所に「手数料」を支払います。その手数料の一部がレンディングで貸し出しした投資家に配布されるので、取引所に「貸すだけ」で賃借料である利息を得られる仕組みです。

つまり、暗号資産取引所は、貸主と借主の仲介をしている状態といえます。

レンディングで得られる利息は、貸し出しする通貨・取引所・預け入れる期間などによって異なります。

暗号資産「レンディング」のメリット4つ

MERITと書かれた文字

レンディングには大きく以下4つのメリットがあります

レンディングのメリット
  1. 貸し付けるだけで暗号資産が増やせる
  2. チャートをチェックする必要がない
  3. 特別な知識がいらない
  4. 銀行に預けるよりも高金利

1.貸し付けるだけで暗号資産が増やせる

レンディングは、一定期間貸し付けるだけで暗号資産を増やせることが大きなメリットといえるでしょう。例えば1BTCを取引所に貸し付けしたとすれば、年率5%なら1年後に0.05BTCが利子としてもらえます。

 預けたビットコインは返却され利息分も追加されるので、1.05BTCとなり、ビットコインの枚数を増やせます。

レンディングを行えば、必ず暗号資産の枚数を増やせるのはメリットといえるでしょう。ただし、価格変動により暗号資産1枚分の価値が低くなってしまう可能性があるので、必ずしも「お金」が増えるわけではありません。

2.チャートをチェックする必要がない

チャートを見る男性

レンディングは取引所に暗号資産を貸し出すだけなので、チャートを追いかける必要がなくなります。トレードで稼ぐ場合、相場をチェックして価格変動を予想する必要があるので、毎日チャートを見なければなりません。

 トレードでは、価格が上がったり下がったりを繰り返すチャートを日々追いかけ、チャート分析も行う必要があります。

しかしレンディングは、一度預ければ一定期間が終わるまで基本的には引き出せません。つまりチャートを見る必要なくコインの枚数を増やせます。

毎日チャートを見る必要がないため、もともと時間がなくてトレードができなかった人でも暗号資産に参入できるでしょう。

3.特別な知識がいらない

レンディングは、暗号資産に関する知識がほとんどなくても利用できます。非常にシンプルな稼ぎ方で、以下3つのポイントをおさえておけば、誰でもレンディングが可能です。

レンディングの仕組み
  • 暗号資産を一定期間預けて、期間が終了すれば利子がついて返却される
  • 返却時、暗号資産の価値が上がっていれば利益は増え、価値が下がっていれば損益となる
  • もし損益となっても、保有し続けていればいずれ利益になる可能性がある

レンディングには特別な知識は不要ですが、トレードで利益を得る場合には十分な下調べが必要です。

暗号資産の価格変動が起こりそうな景気動向や企業の財務状況などをチェックや、『テクニカル分析』でチャートを分析する必要もあるでしょう。しかしレンディングなら、初心者でもプロ投資家とほとんど同じ土壌で投資が可能です。

将来性の低い暗号資産でレンディングした場合、損失がでる可能性があるので、通貨を見極める力は必要ですよ。

4.銀行に預けるよりも高金利

銀行

現在、メガバンクの年利は0.001〜0.002%しかありません。これは、仮に100万円を1年間預けた場合でも、10円〜20円の利息しかもらえない計算です。

 暗号資産のレンディングなら1%〜5%程度の年利が受け取れます。

たとえば、100万円分の暗号資産でレンディングをした場合、価格変動がなければ1万円〜5万円の利息を受け取れるので、銀行に預けるよりもレンディングを活用したほうが利益を得やすいです。

暗号資産の価格が上昇すれば、さらに高い利益を得られるのも、レンディングのメリットですね!

円預金金利 -三井住友銀行
円預金金利 -三菱UFJ銀行

レンディングのデメリット3つ

メリットが大きいレンディングにも、デメリットがあります。デメリットも把握しておかないと損失が出て後悔する可能性もあるので、必ずチェックしておきましょう。

レンディングのデメリット
  1. 価格変動で暗号資産の価格が下がる可能性がある
  2. 基本的には中途解約ができない
  3. 取引所が倒産する可能性がある

1.価格変動で暗号資産の価格が下がる可能性がある

価格が下がるチャート

価格変動によって、預けていた暗号資産の価格が下がる可能性がある点はデメリットでしょう。レンディングを行うことで、暗号資産の枚数は増えますが、価格が下がれば損失となります。

たとえば、2020年11月から「BTC1枚」を「365日間」「年率5%」で貸し付けしていたとします。2020年11月時点では「1BTC=153万円」でしたが、2021年11月には「1BTC=721万円」に大幅に値上がりました。

 貸し付け1BTC+利息0.05BTC=757万円となり、604万円の利益になります。(内36万円が利息分の利益です)。

一方、2021年3月の「1BTC=600万円」のときに、同じ条件で貸し付けをした場合、2022年3月は「1BTC=450万円」と値下がりしている状況です。

そのため、2022年3月に受け取れるのは「貸し付け1BTC+利息0.05BTC=472万円」です。利息は22万円付与されていますが、総合的な価値を考えると128万円の損失となります。

メジャーなコインでレンディングしておけば、一時的に価値が下がっても将来的に価値が上がる可能性もありますよ!

2.基本的には中途解約ができない

中途解約できないスマホ

レンディングは、基本的には中途解約できないこともデメリットです。レンディングする際、はじめに貸出期間を選択しますが、その期間中は解約できません。

トレードなら暗号資産が暴落してしまった場合には損失を最小限にするための損切りができますし、相場のトレンドを予想して先に売っておくこともできます。

 レンディングで貸し出し中の場合は、たとえ暴落が予想できていても黙って見ておくしかできません。

もし貸し出し中の値下がりが不安なら、レンディングの貸出期間を短くするのもよい手段です。

取引所の中には、中途解約が可能な取引所もあります。しかし、中途解約を行った場合は、賃借料は支払われないので注意しましょう。

3.取引所が倒産する可能性がある

企業のビル

あまり多いケースではありませんが、取引所が倒産してしまう可能性があることも、レンディングのデメリットといえるでしょう。

 万が一取引所が経営破綻した場合、返金する明確な保証がないため、貸し出ししていた資産を失ってしまう可能性があります。

2014年に世界最大規模の交換業者であった『マウントゴックス社』のサーバーがハッキングされ、BTCが流出。最終的に破綻まで追い込まれています。

「大手だから大丈夫」「有名な取引所だから大丈夫」という確証はありません。常に最悪のケースを想定しておきましょう。

 

出典:マウントゴックス事件とは?ビットコインが消失した事件の全貌を知る -DMM Bitcoin

仮想通貨(暗号資産)のレンディングには税金がかかる?

COZUCHIのリターン

暗号資産のレンディングは特別な知識がなくとも初められるうえに、手間もかからずに利益を出せる投資方法です。しかし税金がかかるのであれば、実際手元に残るお金は少なくなります。

結論からいうと、仮想通貨のレンディングでは税金が発生します。ここでは、レンディングで発生する税金にまつわることを詳しくみてみましょう。

仮想通貨で発生するレンディング
  • レンディングで得た利益の区分
  • 税金が発生するタイミング
  • 取得価額の算出方法
  • 取引所が倒産した場合

税金は収めないとペナルティが重くなります。払わないこと(脱税)は避けて、必ず収めておきましょう。

税金関係は複雑ですが、事前に勉強しておきましょう。

    それでは実際に、それぞれの項目をみてみましょう。

    レンディングで得た利益の区分

    レンディングで得利益の区分は、「雑所得」へ区分されます。

     雑所得とは利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得のいずれにも該当しない所得のことです。
    本来、銀行に預金をして受け取る利息などは利子所得に区分されますが、レンディングの場合は利子所得には区別されません。
    レンディングで得た利益も、通常の取引と同じ扱いと考えれば分かりやすいでしょう。

    税金が発生するタイミング

    レンディングで税金が発生するタイミングとして、年間の雑所得合計額が20万円を超えた場合が挙げられます。また、レンディング期間が終了して利益が発生した際に所得が発生します。

    また、リターンを受け取った際の時価に課税されるため注意してください。

     仮想通貨自体での利益が20万円未満だとしても、仮想通貨以外の雑所得が20万円以上あれば税金が発生します。

    サラリーマンの場合は、基本的に副業で得た所得が雑所得に該当します。

    しかし株の利益、雇用契約のあるもの、マンション経営などは雑所得に該当しないため注意してください。
    雑所得が20万円を超えた場合は、確定申告を行う必要があります。

    取得価額の算出方法

    レンディングで得た利益の算出方法は次のとおりです。

    取得価額の算出方法
    • 通貨を売却した金額−取得金額=損益額

    レンディングの取得金額は、取引所から利益を受け取ったときの時価です。

    ぱっとみたところ簡単に計算できるように思えますが、レンディングの税金は消費税が課されるうえに、取得したときの時価が利益となるなど複雑なものです。

    そのため、税理士などの専門家へ相談することをおすすめします。

    取引所が倒産した場合

    貸し出していた取引所が倒産した場合、貸し出していた資産を失ってしまう可能性があります。

    その場合は損失した額を経費にできる可能性があります。

    とはいえ、取引所が倒産するのは非常に低く、頻繁に起こるような話ではありません。
    万が一取引所が倒産した場合は、損失分を経費にできる可能性があると覚えておくと良いでしょう。

    レンディングにおすすめの暗号資産取引所3選

    レンディングを始めたい方はまずレンディングに対応している暗号資産取引所で口座開設する必要があります。取引所によって設定している年率が変わってきますので、必ず各社を比較するようにしましょう。

    特にCoincheckは年率5%と高利率。さらに初心者でも使いやすいツールを提供しています。

    コインチェック 

    コインチェック 

    コインチェックのおすすめポイント
    • 18種類の暗号資産がレンディング可能
    • 貸出期間を14日・30日・90日・180日間・365日の5通りから選択可能
    • 最大で年率5%

    コインチェックは「マネックスグループ」が運営する暗号資産取引所です。18種類の通貨を取り扱っており、すべての通貨でレンディングが可能です。

     貸出期間が「14日・30日・90日・180日間・365日」の5通り用意されており、期間が長くなるにつれて年率はアップします。

    365日間の貸出期間なら年率5%なので、他社と比較しても高い利益が期待できる数値です。コインチェックのアプリはシンプルなUIが特徴。ダウンロード数No.1の実績もあるので、使いやすさも魅力です。

    毎月自動積立できる「Coincheckつみたて」や、ガス・電気の支払いをBTCでできる「Coincheckガス・でんき」もあります。
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    Coincheck(コインチェック)の基本情報

    レンディング可能な取扱暗号資産

    18種類

    BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

    年率
    • 14日間 年率1%
    • 30日間 年率2%
    • 90日間 年率3%
    • 180日間 年率4%
    • 365日間 年率5%
    最低貸出数量 1万円相当額
    中途解約 なし

    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    出典:Coincheck(コインチェック)
    ※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

    BITPOINT

    BITPOINTのおすすめポイント
    • 13種類の暗号資産がレンディング可能
    • 高金利レンディングキャンペーンを行うことが多い
    • 各種手数料が無料

    BITPOINTは、ADA・JMY・DEPなど他社で扱いの少ないアルトコインも含め、13種類の暗号資産でレンディングが可能な暗号資産取引所です。

     通貨が上場したタイミングで高金利のレンディングキャンペーンを行うことが多いので、チェックしておくと稼ぎやすいでしょう。

    2021年12月にはJMYで年率100%のキャンペーンを実施、2022年6月14日まではDEPで30日間の年率100%キャンペーンを実施しています。

    BITPOINTの取引は、各種手数料が無料で500円以下の少額投資にも対応しているので、初心者にもおすすめですよ。
    珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
    無料口座開設はこちら

    BITPOINTの基本情報

    レンディング可能な取扱暗号資産

    13種類

    BTC・TRX・XRP・ETH・BCH・LTC・BAT・ADA・JMY・DOT・LNK・DEP・IOST

    年率 募集ごとに固定
    最低貸出数量 募集ごとに決定
    中途解約 なし

    珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
    無料口座開設はこちら

    出典:BITPOINT

    GMOコイン

    GMOコイン

    GMOコインの特徴
    • 国内最多の21種類の暗号資産がレンディング可能
    • 最大年率3%
    • レンディングの中途解約が可能

    GMOコインは「GMOインターネットグループ」が運営する暗号資産取引所です。国内最多の21種類の通貨でレンディングができるので、希望の通過でレンディングがしやすいでしょう。

     貸出期間は1ヶ月と3ヶ月の2種類が提供されており、3ヶ月コースなら年率3%の賃借料を受け取れます。

    手数料はかかるものの、中途解約もできるのがGMOコインの特徴のひとつ。万が一貸出中の暗号資産が暴落してしまった場合でも、早めに損切りを行い、被害を最小限に抑えることも可能です。

    かんたん本人確認なら最短10分で口座開設が可能!今すぐレンディングをしたい人におすすめです。
    暗号資産取扱数が多い GMOコイン
    無料口座開設はこちら

    GMOコインの基本情報

    レンディング可能な取扱暗号資産

    21種類

    BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・MONA・ADA・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・XYM・MKR・DAI・LINK・FCR

    年率
    • 1ヶ月 年率1%
    • 3ヶ月 年率3%
    最低貸出数量 0.1 BTC / 回
    中途解約 あり※償還時に受取予定の貸借料の10%の手数料

    暗号資産取扱数が多い GMOコイン
    無料口座開設はこちら

    出典:GMOコイン

    レンディングのやり方を3STEPで解説

    STEPと書かれたブロック

    実際にレンディングをする際の方法を紹介します。ここでは取引所「コインチェック」を例に解説しますが、どの取引所でも大きな違いはありませんので、ぜひ参考にしてください。

    STEP1.暗号資産取引所に登録して口座を開設する

    コインチェックの口座開設
    • WEBまたはアプリでメールアドレスとパスワードを入力
    • 登録アドレスにメールが届くので、リンクを押す
    • 各種重要事項を確認して「同意」を押す
    • 電話番号を入力し、SMSに届いた6桁の番号を入力
    • 名前、住所など必要情報を入力
    • 本人確認書類の撮影
    • 顔の写真・動画撮影
    • 審査が終われば口座開設が完了

    コインチェックの場合、本人確認には「ハガキによる本人確認」と、コインチェックアプリによる「かんたん本人確認」の2種類があります。

    かんたん本人確認なら、スマホで書類を撮影して顔写真・動画の撮影が済めば、すぐに審査が始まります。手間が少なく、最短1日で取引開始できるのでおすすめです。

    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    STEP2.暗号資産を購入する

    口座が開設できたらコインチェックに日本円を入金しましょう。コインチェックには「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つの入金方法があります。ここではアプリで銀行振込をして、BTCを購入するまでの手順を紹介します。

    まず、「ウォレット」「日本円」の順にタップしましょう。

    コインチェックの入金方法

    次に「入金」をタップしましょう。

    コインチェックの入金方法

    振込先が表示されるので、アカウント作成時に登録した名義で入金を行いましょう。

    コインチェックの入金方法

    これで入金が完了です。口座に入金した金額が反映されたら、暗号資産を購入しましょう。スマホ画面の下の「販売所」をタップして、「BTC」などの希望のコインを選択、次に「購入」をタップしてください。

    BTC購入

    購入する金額を入力して、「日本円でBTCを購入する」→「購入」をタップしましょう。これでBTCが購入できました。

    なおコインチェックのアプリは「取引所形式」での購入に対応していません。「取引所形式」でBTCを購入する際はWEB版を利用しましょう。

    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    出典:iOS/Androidアプリ:銀行振込で入金する方法 -コインチェック
    出典:Coincheck(コインチェック)の始め方|暗号資産ビットコイン(BTC)を購入する方法 -コインチェック

    STEP3.レンディングサービスに申し込み貸付する

    コインチェック 貸暗号資産

    BTCなどの通貨を購入したら「貸暗号資産サービス」に登録しましょう(PCからログインする必要があります)。登録した貸暗号資産のアカウントに、貸し出すコインを振り替えたら「コインを貸す」を選びます。

     貸し出ししたい暗号資産を選び、希望の「数量」と「貸出期間」を選択。「貸出申請をする」をクリックしましょう。

    貸出期間によって年率は変わり、1%〜5%の間で設定されています。また貸出数量は最低1万円相当額以上となっています。貸出申請後、コインチェック側で審査が行われ、承認されれば貸出開始です。

    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    よくある質問

    レンディングとはなんですか?
    レンディングとは保有している暗号資産を貸し出して利益を得る方法です。多くの人が行なっているトレードと同様、行なっている人が多い投資方法の1つです。
    レンディングは初心者でもできますか?また適していますか?
    レンディングは高い利回りであるうえに、特別な知識はいらないため初心者も取り組みやすい投資方法です。とはいえ、十分な下調べは必要です。十分な下調べさえできれば、初心者にもおすすめの投資方法です。
    レンディングのメリットについて教えてください。
    レンディングのメリットとして「一定期間貸し付けているだけで暗号資産を増やせる」「チャートを追いかける必要がない」「特別な知識は必要ない」の3つです。そのため忙しい方、初心者にも向いている投資方法になります。
    レンディングのデメリットについて教えてください。
    レンディングのデメリットは暗号資産の価格が下がれば、損失になることです。連弾ディングを行なったからといって必ずしも利益を得られるわけではありません。また基本的には中途解約ができず、価格が下がったとしても何もできません。
    レンディングの平均利回りはどのくらいですか?
    仮想通貨のレンディングの平均利回りは1%から5%前後に設定されていることが多いです。
    レンダリングをするうえで、オススメの取引所を教えてください。
    レンダリングをするうえでオススメの取引所は「コインチェック」「BITPOINT」「GMOコイン」です。これらの取引所は多くの銘柄をレンディングできるうえに、年利も高い取引所となっています。
    レンダリングをする場合、取引所に登録するだけで良いのですか?
    レンディングをする場合は取引所に登録後、レンディングサービスに申し込みをしましょう。

    まとめ

    今回は、暗号資産のレンディングの仕組み・やり方、レンディングのメリット・デメリットについて解説しました。レンディングなら、保有している通貨を貸し付けるだけで暗号資産が増やせます。

    暗号資産の特別な知識や手間はほとんど必要なく、初心者や仕事が忙しい人でも始めやすい投資です。まずは安定したメジャー通貨であるBTCやETHなどを短期間で貸出して、試してみるとよいでしょう。

    全ての暗号資産取引所でレンディングができるわけではありません。本記事で紹介したレンディング可能な取引所で、まずは口座開設してはいかがでしょうか。
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事