暗号資産(仮想通貨) のスプレッドとは?狭い・小さい取引所も紹介

「購入した通貨の価格が上昇したから売ったのに、儲からない」「むしろ元本より減って損失になっている」こんな場面に直面した方も多いのではないでしょうか?

このようなことが起こる原因が暗号資産取引にある『スプレッド』という仕組みです。

初心者のうちはスプレッドの仕組みを知らずに損する方も多いですが、一度ポイントを抑えておけば、余計なコストをかけずに取引ができるようになります。

そこでこの記事では「スプレッドとはどのようなものなのか、その特徴」や「スプレッドをできるだけ抑える方法」について解説。また各取引所のスプレッド比較表も紹介しています。

スプレッドが狭い取引所5選も紹介しているので、取引所が決まっていない方は、ぜひ参考にしてください。
まずは基本情報をチェック! 暗号資産(仮想通貨)の
スプレッドとは?

暗号資産(仮想通貨)のスプレッドとは?

お金

スプレッドは買値と売値の差

暗号資産取引をする際には、『スプレッド』と呼ばれるものが発生します。これは、通貨の買値価格と売値価格の差のこと。

たとえば2022年7月現在、bitFlyerの販売所のビットコインの買値価格と売値価格は以下のようになっています。

買値価格(ASK) 3,116,767円
売値価格(BID) 2,934,274円

買値価格(ASK)が「3,116,767円」であるのに対し、売値価格(BID)は「2,934,274円」なので、スプレッドは差額の「182,493円」になります。

 つまり今すぐ1BTCを購入すれば、311万かかり、購入後すぐに売却したとしても293万円でしか売れないのです。

このように、スプレッドは実質手数料のようなもの。スプレッドは高額になりやすいので、しっかり頭に入れておかないと損をするので注意が必要です。

スプレッドと取引手数料の違い

電卓とノート

暗号資産で取引をするときには、様々な手数料が発生します。その中には取引手数料もありますが、スプレッドとはどのような違いがあるのでしょうか?

暗号資産を取り扱う取引会社の中には、取引会社を相手に暗号資産の売買を行う『販売所形式』と、同じユーザーを相手に売買を行う『取引所形式』の2種類があります。

 取引所形式は、買いたいユーザーと売りたいユーザーのマッチングを行う板取引なので、スプレッドは発生しません。そのため少額の取引手数料が発生します。

逆に販売所形式では取引手数料を無料としている代わりに、「買値」と「売値」の差のスプレッドをとっているのです。

『販売所形式』にかかる手数料をスプレッド、『取引所形式』にかかる手数料を取引手数料と考えると分かりやすいでしょう。

ただし、販売所形式でも販売手数料が必要な場合もあります。

スプレッドは変動する

ローソク足

スプレッドは常に一定ではなく変動するのが特徴です。市況によって変化する場合もありますし、通貨の種類や取引所によっても異なります。

「◯◯の取引所はスプレッドが広い!(狭い!)」といった意見をネット上で見かけることがあるかもしれませんが、スプレッドは常に変動しているので、いつもスプレッドが広い、もしくは狭い取引所はありません

 ビットコインの今日のスプレッドが5,000円だったとしても、大きな変動が起きて需要と供給のバランスが変わると、明日には50,000円のスプレッドになる可能性もあります。

そのため各取引所のスプレッドの狭さを比較したいのなら、同じタイミングで比較するようにしましょう。

スプレッドが小さい銘柄を解説!

暗号資産用のウォレットを作成

ここではスプレッドが小さい銘柄についてみていきましょう。スプレッドが小さい銘柄は次の5つです。

スプレッドが小さい銘柄
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン

スプレッドコインは実質手数料のようなものであり、コストを抑えるためにはできるだけ狭い銘柄を選ぶ必要があります。

1回自体の手数料が安くとも、塵も積もれば山となるためできるだけ抑えたいものです。

ビットコイン

1つ目がビットコインです。仮想通貨と聞くと、ビットコインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 ビットコインは世界で初めての仮想通貨であり、時価総額が世界1位、さらにはスプレッドも小さいのが特徴です。
ビットコインは情報を得やすく、取引している方がとても多いため初心者にもおすすめの銘柄です。銘柄で迷ったらビットコインに投資といわれるほど、メジャーな銘柄です。

イーサリアム

2つ目がイーサリアムです。

 イーサリアムはビットコインの次に、2番目に時価総額が高い銘柄です。
ビットコイン以外の仮想通貨のなかでは需要が高く、供給もあるためバランスが取れておりスプレッドが小さいです。メタバースやNFTブームにより市場が盛り上がっており、今後も期待値が高い銘柄の1つでしょう。

イーサリアムは知名度が高いため、知っている方も多いのではないでしょうか。

リップル

3つ目がリップルです。

リップルは取引所によってスプレッドが広かったり狭かったりと、1円以下で提供している取引所もあります。

かつてはスプレッドが広かったものの、現在は小さくなっています。
取引所によってスプレッドが狭いところもありますが、広い場合もあり、取引所によってかなり差があり、取引所選びが重要となってきます。

ライトコイン

4つ目がライトコインです。

ライトコインも他の銘柄同様、価格が安く、スプレッドが小さいのが特徴です。

こちらもリップルのようにかつてはスプレッドが広かったものの、現在は小さくなっています。
安いコストで購入できるため、気になる方は購入してみてはいかがでしょうか。再び仮想通貨ブームが訪れれば、高額かつスプレッドが広くなる可能性もあります。

モナコイン

5つ目がモナコインです。

 モナコインもライトコインやリップルのようにスプレッドが小さい銘柄です。
仮想通貨ブームのときはスプレッドが高めであったものの、現在は小さいため取引をしやすい銘柄の1つでもあります。金額が低いうえにスプレッドも小さい銘柄となっています。

モナコインは日本が生み出した銘柄の1つであり、さまざまな可能性を秘めているため期待を込めて購入するのも良いでしょう。

スプレッドが狭い・小さい!おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所5選

コインチェック

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • 取扱通貨が豊富
  • アプリダウンロード数No.1※1 
  • 取引所の取引手数料が無料

『コインチェック』はマネックスグループが運営する暗号資産取引所。シンプルで直感的に操作できる『Coincheckアプリ』が人気で、ダウンロード数は3年連続国内No.1に輝いています。

 販売所形式だけでなく取引所形式の取引手数料も無料なので、コストを気にすることなく取引できるでしょう。

サービスも充実しており、自動でつみたて投資ができる『Coincheckつみたて』や、ガス代や電気代をビットコインで支払える『Coincheckガス』『Coincheckでんき』も利用できます。

取扱い通貨が豊富なので、色んな通貨に分散投資が可能です。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

取引暗号資産(仮想通貨)
  • BTC(ビットコイン)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料(税込)
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(3万円未満時)
  • クイック入金:770円(3万円未満時)
出金手数料(税込) 407円

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

出典:コインチェック
※1 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • BitMatch注文が利用できる
  • 高機能のPCツールとスマホツール
  • 各種手数料が無料

『DMM Bitcoin』は、DMMグループ運営の取引所。販売所形式と取引所形式の良いところを取ったハイブリッド注文『BitMatch注文』が利用できます。

 BitMatch注文なら、販売所形式で仲値価格で注文できるので、スプレッドを気にせず取引が可能です。

またレバレッジ取引できる通貨数は国内最多※1の20通貨あるので、豊富な種類から選べます。

365日サポート対応で、LINEからの問い合わせも可能です。
取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ジパングコイン(ZPG)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
※BitMatch注文は取引単位あたり37円(現物BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin
※1 2022年7月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコイン取引量6年連続No.1※1
  • 1円から売買ができる
  • 自動購入できる『かんたん積立』を提供

『bitFlyer』は、ビットコイン取引量が6年連続No.1の暗号資産取引所。イーサリアムやリップルなどのメジャー通貨から、ポルカドット、チェーンリンクなどのアルトコインまで15種類の暗号資産が1円から売買できます。

 bitFlyerには、自動で購入できる『かんたん積立』もあるので、コツコツと投資したい方にもおすすめです。

bitFlyerのアカウントに自動でビットコインが貯まる『bitFlyerクレカ』も提供しています。

ポリゴン(MATIC)とメイカー(MKR)が近日中に取扱いを開始する予定です。

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料(税込)
  • 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円
出金手数料(税込) 220円〜770円

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

出典:bitFlyer
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BITPOINT

BITPOINT

BITPOINTのおすすめポイント
  • 日本初の暗号資産取扱数No.1※1
  • 直感的で簡単に使えるスマホアプリを提供
  • さまざまな手数料が無料で利用可能

『BITPOINT』は、イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの3つの暗号資産の部門で、出来高ランキングNo.1※2の実績を持つ取引所。

 エイダ・ディープコイン・ジャスミーなどの通貨を国内で取扱ったのも早く、いろんな通貨を他の取引所に先駆けて上場させています。

スマホアプリは視覚的に見やすく、直感的に操作しやすいよう工夫されているので、初心者の方でもすぐに使いこなせるでしょう。

販売所手数料、取引所手数料ともに無料なので、手数料を気にせず取引できます。

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ディープコイン(DEP)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダ(ADA)
  • トロン(TRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

出典:BITPOINT
※1 金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」をもとにBITPOINTが調査
※2 BITPOINT調べ 2020年8月 公式サイトより

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 取扱銘柄数国内No.1※1
  • 最短10分で口座開設が可能
  • アプリは『ノーマルモード』と『トレーダーモード』の切り替えができる

『GMOコイン』は、GMOグループが運営している取引所。取扱っている銘柄数は国内最多の22銘柄で、2021年話題※2になったドージコインの取引も可能です。

 GMOグループでは利便性を重視しているため、即時入金や日本円出金・通貨送金・販売所手数料などすべて無料で利用できます。

スマホアプリは初心者でも使いやすい『ノーマルモード』と、高機能な分析ができる『トレーダーモード』が簡単に切り替え可能です。

コールドウォレット管理でマルチシグに対応しているので、セキュリティも強固です。

暗号資産取扱数が多い GMOコイン
無料口座開設はこちら

取引暗号資産(仮想通貨)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • リンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料

Maker:-0.01% Taker:0.05%(BTC,ETH,XRP)

Maker:-0.03% Taker:0.09%(その他)

入金手数料 無料
出金手数料 無料

暗号資産取扱数が多い GMOコイン
無料口座開設はこちら

出典:GMOコイン
※1 JVCEA 「取扱暗号資産及び暗号資産概要説明書」をもとにGMOコインが算出
※2 仮想通貨「ドージコイン」急騰 テスラCEOのツイートで -日本経済新聞

暗号資産(仮想通貨)取引所のスプレッド比較

天秤で比較

おすすめで紹介した暗号資産取引所の、販売所1BTCのスプレッドが以下です。

取引所 Ask Bid スプレッド
コインチェック 2,975,127円 2,800,806円 174,321円
DMM Bitcoin 2,905,497円 2,854,125円 51,372円
bitFlyer 2,973,794円 2,800,563円 173,231円
BITPOINT 2,890,124円 2,880,000円 10,124円
GMOコイン 2,950,834円 2,806,890円 143,944円

比較するタイミングや通貨によっても異なりますが、現時点ではBITPOINT、DMM Bitcoinのスプレッドが狭くなっています。

取引の際は、最新のスプレッドを調べてみてくださいね。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

※2022年7月26日時点

暗号資産(仮想通貨)の取引でスプレッドを抑える方法

COSTの文字をはさみでカット

スプレッドを抑える方法は大きく以下の5つがあります。

スプレッドを抑える方法
  • 取引所形式で取引する
  • 同じタイミングで各社のスプレッドを比較する
  • 取引回数を少なくする
  • タイミングと流動性を見て取引する
  • DMM BitcoinのBitMatch注文を利用する

取引所形式で取引する

最もおすすめなのは、できるだけ販売所形式は利用せずに取引所形式で取引をすることです。取引所形式なら、ユーザー同士の買いたい価格と売りたい価格でマッチングする板取引なので、スプレッドは発生しません。

 取引所形式にも「取引手数料」や、「最小指値売り注文と最大指値買い注文の差額」などは発生しますが、スプレッドに比べれば微々たるものです。

そもそもスプレッドが広いときに購入してしまうと、大きく価格上昇しない限り利益にならないので、取引所利用は必須と言えるでしょう。

ただし通貨によっては取引所形式で扱っていないものもあるので、その場合は販売所形式を使用してください。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

同じタイミングで各社のスプレッドを比較する

時計

先に述べたようにスプレッドは市況によって変動しますし、取引所によっても異なります。そのためスプレッドをできるだけ抑えて取引をするなら、同じタイミングで比較して、そのとき価格差が少ない取引所で売買しましょう。

いろんな取引所で口座開設しておけば、そのときスプレッドの狭い取引所を選べますし、豊富な通貨が売買できるのでおすすめです。

スプレッドは通貨によっても異なるので、購入予定の通貨で比較するようにしましょう。

取引回数を少なくする

できるだけ取引回数を少なくするのも重要でしょう。スプレッドがある取引は、言い換えれば「はじめから大きく損をした状態で取引開始をする」ことです。

大きく価格が上昇してプラスマイナス0。さらに大きく価格上昇して、やっと利益になります。

 1日のうちに取引を何度も繰り返したり、数日程度で取引を繰り返したりしても損失の方が大きくなります。

販売所形式を利用する場合、取引回数をできるだけ少なくして中期〜長期で投資を行うことで、スプレッドを抑えることができるでしょう。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

タイミングと流動性を見て取引する

青空とチャート画面

スプレッドには変動しやすい相場環境や、時間帯があります。たとえば取引が少ない時間帯である深夜や早朝は流動性が低いので、スプレッドが広がりやすくなります。

また雇用統計のような重要な経済指標が発表されたあともスプレッドは変動しやすいです。

 参加者が多いタイミングを見計らって、取引することでスプレッド費用を抑えることができるでしょう。

また取引量の少ない流動性の低い通貨もスプレッドが広くなる傾向にあります。

流動性の高いビットコインやイーサリアムなどを取引すれば、スプレッドを抑えることができます。

DMM BitcoinのBitMatch注文を利用する

DMM BitcoinのBitMatch注文

またDMM Bitcoinの『BitMatch注文』を利用するのも、おすすめです。BitMatch注文とは、DMM Bitcoinが提示するMid価格を参考に、ユーザー同士でマッチングを行い取引する注文方法です。

買値(Ask)と売値(Bid)の間にあたる仲値(Mid)価格で売買でき、かかるのは取引手数料のみです。

 取引の銘柄や数量などはユーザー同士でマッチングしますが、最終的に約定する取引相手はDMM Bitcoinと行います。

BitMatch注文とは、販売所形式と取引所形式の良いところを兼ね揃えたハイブリッドな注文方法なのです。

出典:BitMatch注文とは?|DMM Bitcoin

よくある質問

暗号資産取引でよく聞くスプレッドとは?
スプレッドとは取引をする際に通貨の売値と買値で生じる価格差のことです。例えば買値が3,000円、売値が2,800円であればスプレッドの差額は200円となります。
スプレッドと取引手数料の違いとは?
スプレッドと取引手数料の違いは発生する場所です。スプレッドは取引所形式のように買いたいユーザーと売りたいユーザーのマッチング形式であれば発生しません。
しかし、販売取引所では取引手数料が無料である代わりにスプレッドが設けられています。販売取引所がスプレッドであり、取引所手数料にかかる手数料が取引手数料なのです。
スプレッドは一定?
スプレッドは一定ではなく、変動するのが特徴です。市況が影響するのはもちろんのこと、取引所ごとによってもスプレッドの広さは異なります。スプレッドは常に変動しており、広いときもあれば狭いときもあります。
スプレッドを抑える方法とは?
スプレッドを抑えるには「取引所形式で取り引きする」「取引所同士でスプレッド比較をする」「取引回数を少なくする」などが挙げられます。取引所によってスプレッドの広さは違うため、取引前に確認しておくと良いでしょう。
スプレッドは銘柄によって変わる?
スプレッドは銘柄によって変わり、さらに取引所によっても異なります。そのためAの取引所では安いのに、Bの取引所では安いことも当たり前のようにあります。スプレッドを抑えるには複数の取引所を利用していきましょう。
スプレッドはどこから確認できる?
スプレッドは販売所の取引画面にて確認できます。買値から売値を引いて求めましょう。
スプレッドが安くなる時間帯などはありますか?
スプレッドは深夜や早朝を除いた取引量が多くなる時間帯が、狭くなる傾向にあります。

まとめ

今回の記事は、暗号資産におけるスプレッドの特徴や、スプレッドが狭いおすすめの取引所、スプレッドを抑える方法について解説しました。

スプレッドは買値と売値の価格差で、暗号資産取引業者への手数料のようなものです。

販売所形式で通貨を購入するとスプレッドがかかるので、利益を上げにくくなります。できるだけ取引所形式を利用して売買しましょう。

板取引の画面は難しいように見えますが、30分もあれば初心者の方でも慣れるので、ぜひ利用してください。

取引所形式にない通貨を売買する場合は、DMM BitcoinのBitMatch注文もおすすめですよ。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事