暗号資産(仮想通貨)ウォレットおすすめ3選|種類や仕組みを徹底解説

暗号資産(仮想通貨)ウォレットは名前の通り暗号資産専用の財布です。大きく分けて5つの種類があり、利便性や特徴によって大きく異なります。

そのため、中には「暗号資産ウォレットの導入を検討しているがどれを選べばいいの?」「ウォレットを使用するメリットって何?」このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、仮想通貨の取引を始め資産が少しずつ増えてきた人に向けて、暗号資産(仮想通貨)ウォレットおすすめ3選と特徴や仕組みについて詳しく解説します。

さらに仮想通貨(暗号資産)のウォレットと取引所の違いや選び方についても併せて紹介します。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめウォレット3選

Coincheck(コインチェック

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • アプリダウンロード数3年連続No.1を達成
  • 大手企業が運営しており安心・安全に利用可能
  • 取引ツールが見やすくて分かりやすい設計
  • 国内トップの取扱通貨数17種類と豊富
  • コールドウォレットと2段階認証で万全なセキュリティ
    ※公式サイトより

Coincheck(コインチェック)は、アプリダウンロード数3年連続No.1を誇る仮想通貨取引所です。仮想通貨を始めるほ多くの方がCoincheckに登録して取引を始めています。※公式サイトより

 取扱通貨数が17種類と国内最多なので、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーコインから、ステラルーメンやクアンタムなどのマイナーコインの取引が可能となっています。

また、第三者による不正使用を防ぐ「2段階認証」や、インターネットに繋がっていないウォレットで暗号資産を管理する「コールドウォレット」というシステムを導入しています。

ハッキング被害に合わない構造になっているので、自分が購入した通貨が安全に守られます。安心・安全に利用できる点もCoincheck(コインチェック)の魅力と言えるでしょう。

Coincheckは親会社が東証プライム市場上場企業のマネックスグループなので、信頼性のある企業です。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

出典:Coincheck(コインチェック)

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • ユーザー数が多いため相場が安定している
  • 取扱銘柄数が15種類と業界最多水準
  • 業界7年以上ハッキング被害0
  • 各種手数料が全て無料で利用可能
  • 人気メジャーコインが1円から取引可能
    ※公式サイトより

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量6年連続No.1を達成した実績のある取引所です。大手企業から多くの出資を受けておりセキュリティレベルが非常に高いです。※公式サイトより

 bitFlyerは初心者向けのビットコイン取引所である「簡単取引所」、プロ向けビットコイン取引所である「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」を提供しています。

特にbitFlyer Lightningはビットコインの現物取引だけではなく、最大2倍のレバレッジ取引も可能です。日本1位のビットコイン取引量と流動性もあることから高い評価を得ています。

また、セキュリティ体制も万全で、秘密鍵を複数作るマルチシグネチャウォレットや、資産管理を行うコールドウォレットなどによって顧客の資産を厳重に守ってくれています。

仮想通貨取引所の中では初心者から上級者まで圧倒的人気保誇る取引所なのでおすすめです。
セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取扱暗号資産

15種類

BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・XRP・BAT・XEM・XLM・XTZ・DOT・LINK・XYM

最低取引単位  販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%
形式 販売所・取引所

 

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • 取扱銘柄数が15種類と豊富
  • 大企業が運営している取引所なので安心・安全
  • 最大2倍のレバレッジ取引が可能
  • 各種取引手数料が全て無料
  • 土日含め365日のサポート体制を敷いている

大手DMMグループが運営するDMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、取扱銘柄15種類全てで最大レバレッジ2倍で取引可能な人気の仮想通貨取引所です。

 特にDMMグループはネット証券などの様々な金融事業を展開しているので、セキュリティや運営ノウハウが充実していて安全・安心に利用できるのが魅力です。

また、取引アプリが初心者でも使いやすく、PC版に匹敵するほどの精度の高いチャート分析など、機能性と操作性を兼ね備えた設計になっています。

さらに最小注文単位が0.0001BTCと設定されているので、最小約100円からビットコインを購入できます。少額資金から仮想通貨を始めたい方に最適な取引所です。

取引手数料はもちろん、入出金手数料も無料なのでコストを抑えて取引したい方に最適です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位  0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料※BitMatch取引手数料を除く
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

仮想通貨(暗号資産)のウォレットとは?仕組みと併せて解説

秘密鍵

仮想通貨(暗号資産)のウォレットとは?仕組みと併せて解説

秘密鍵とは、仮想通貨(暗号資産)の所有者を証明するための機密データのことを言います。また、俗に「プライベートキー」とも呼ばれています。

 この秘密鍵は自分のみがアクセスできる場合に限り安全に使用でき、インターネットに接続していれば世界中のどこにいても管理・保管が可能です。

仮想通貨を購入すると2種類の鍵が発行されます。1つは公開鍵の役割を果たし、2つは秘密鍵としてウォレットの保管や管理を行います。

つまり、秘密鍵をインターネットで保管するのが「ホワイトウォレット」、インターネットから切り離して保管するのがコールドウォレットです。

公開鍵とトランザクションは誰でも見ることができますが、秘密鍵は本人であることを実証する目的があります。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

ブロックチェーン

仮想通貨(暗号資産)のウォレットとは?仕組みと併せて解説

ブロックチェーンは一本の鎖のようなイメージの取引履歴を保管する技術のことです。ブロックチェーン上に記録された情報は、ハッキングや改ざんが非常に困難です。

 また、参加者全員に分散してデータが保存されるので、仮に一部のコンピュータがダウンしても、他の参加者にデータが保存されているのでシステム全体がダウンすることはありません。

ブロックチェーンに一度記録されたデータは一生涯残り続け、政府や企業、個人などの部外者は一切介入することはできない公正な取引が可能な特徴を持っています。

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

仮想通貨(暗号資産)のウォレットと取引所の違い

仮想通貨(暗号資産)のウォレットと取引所の違い

仮想通貨(暗号資産)のウォレットと取引所の大きな違いは、秘密鍵を自分で管理しているか、取引所の運営会社が管理しているかどうかの違いです。

 ウォレットの秘密鍵は自分で管理しなければいけません。つまり、自分で管理している限り、第三者からは知られる心配がないということです。

一方で取引所は運営会社が管理しているので、取引履歴をブロックチェーン上にデータを記録することは行っていません。

ということは、取引所内でビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を保有しているということは、秘密鍵も運営元で管理していることになります。

つまり、ウォレットの場合は自分で秘密鍵を管理し、取引所の場合は秘密鍵を運営会社に任せているということです。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

仮想通貨(暗号資産)ウォレットの種類

ホットウォレット

仮想通貨(暗号資産)ウォレットの種類

仮想通貨(暗号資産)にはホットウォレットと呼ばれる、常にインターネットが繋がった状態で保管する方法があります。

ホットウォレットには様々な種類があり、インターネット上からダウンロードし、パソコン内に保管する「デスクトップウォレット」

 iPhoneのApple StoreやAndroidのGoogle Playなどからアプリをダウンロードし、スマートフォン内に保管する「モバイルウォレット」。

WEB上のサイトに保管する「ウェブウォレット」の3つの保管方法があります。いずれもインターネットに接続した状態で仮想通貨を保管します。

パソコンやスマホなど、どの端末からでも手軽に仮想通貨の出し入れや管理が簡単にできます。ですが、簡単がゆえにセキュリティレベルは低下してしまう特徴があります。

ホットウォレットはユーザビリティが高い保管方法と言えるでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

コールドウォレット

仮想通貨(暗号資産)にはホットウォレット以外にもコールドウォレットと呼ばれる、インターネットから切り離した状態で保管する方法があります。

コールドウォレットには様々な保管方法があり、仮想通貨を保管する秘密鍵とアドレスを紙に印刷することで、インターネットの外で保管する「ペーパーウォレット」

 「ペーパーウォレット」はハッキングの心配は一切ありませんが、紙にインクで保管するのでインクの経年劣化で読み取りにくくなったり、間違って捨ててしまう紛失リスクがあります。

また、インターネットから切り離された専用デバイス(USBメモリ)などで秘密鍵を保管する「ハードウェア・ウォレット」があります。

「ハードウェア・ウォレット」は、最もセキュリティレベルが高い保管方法です。仮想通貨を長期間保管するには一番最適な保管方法と言えるでしょう。

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの選び方

セキュリティ体制が整っているか

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの選び方

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの一番重要視するポイントは、セキュリティ体制が整っているかどうかです。

なぜなら、セキュリティに問題がある場合、ハッキングなどの被害で保有中の仮想通貨が流出してしまう危険性があるからです。

 なので、ウォレットを利用する際は、コールドウォレットとホットウォレットの特徴や違いを予め把握しておくことが大切です。

コールドウォレットはインターネットから完全に切り離された状況で仮想通貨を保管してくれるので、セキュリティレベルが最も高い水準で保管されます。

 しかし、コールドウォレットはハッキング等の観点では安全ですが、頻繁にビットコインを出し入れする場合は、秘密鍵の紛失や盗難されるリスクもあるので要注意です。

一方でホットウォレットはネットワークに繋がった状態で保管される方法なので、何らかの形で流出してしまう可能性は否めないことを抑えておきましょう。

仮想通貨を長期保管する目的がある方は、コールドウォレットで保管した方が無難でしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

目的に応じて保管方法を選ぶ

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの選び方

暗号資産(仮想通貨)ウォレットは、大きく分けて2つのタイプがあります。1つ目はホットウォレットと呼ばれるネットに繋がった状態で保管する方法です。

ホットウォレットには、ウェブウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットがあり、いずれも利便性に優れている一方ハッキングやウイルスに感染するリスクが高いです。

 2つ目はコールドウォレットと呼ばれる、インターネットから切り離して保管する方法です。コールドウォレットには「ペーパーウォレット」と「ハードウェアウォレット」があります。

「ペーパーウォレット」は、紙面に秘密鍵とアドレスを印刷して保管する方法です。「ハードウェアウォレット」はUSBメモリや専用なアプリに保管する方法です。

ハッキングやウイルスに感染するリスクは減りますが利便性は劣ります。

ウォレット一つとってもそれぞれ特徴があるので、自身の目的に応じて保管方法を選ぶようにしましょう。

外部デバイスがあるかどうか

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの選び方

暗号資産(仮想通貨)ウォレットを選ぶポイントは、保有する仮想通貨を管理する際に外部デバイスが必要なのかどうかです。

外部デバイスとは何かというと、大容量のデータを保存可能なUSBメモリ、スマートフォンアプリに保存する方法、紙に記録するペーパーウォレットなどが挙げられます。

 USBメモリやペーパーウォレットは外部に記録する方法なので、紛失リスクがあります。スマートフォンアプリは普段から利用する機器なので情報流出の危険があります。

これらのウォレットのメリットとデメリットを考慮したうえで、どのウォレットが一番最適なのか判断して利用することをおすすめします。

特に取引所ではなく自分自身で秘密鍵を管理したいと考えている人は、別途で外部ウォレットを利用して保管することがメリットとなるでしょう。

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

対応している通貨の種類は豊富かどうか

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの選び方

暗号資産(仮想通貨)は世界中に約6,600種類と様々な仮想通貨があるので、目的によってどのウォレットを利用するかは人によって違ってきます。

 ウォレットによっては対応していない仮想通貨もあるので、仮想通貨を保管する際は、どの通貨が対応していてどの通貨が対応していないのか必ず確認しましょう。

中にはコールドウォレットのUSBメモリで保管しながら、対応していない仮想通貨はホットウォレットにて、ウェブウォレットやデスクトップウォレットに保管する方もいます。

ただ、インターネットから切り離して保存するコールドウォレットは、外部機器や紙に保管するため紛失するリスクがあります。保管する場合は金庫などに預けることをおすすめします。

なお仮想通貨を取引する際は、今後の将来性が期待できる銘柄に投資するようにしましょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの作り方

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの作り方

 

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの作り方は、パターンによって異なります。ここでは、暗号資産(仮想通貨)ウォレットの作り方について、3つのパターンに分けて解説します。

暗号資産(仮想通貨)ウォレットの作り方
  • PCやスマートフォンにウォレットを作成する場合
  • 必要最小限のデータをダウンロードする場合
  • インターネット上にウォレットを作成する場合

PCやスマートフォンにウォレットを作成する場合

PCやスマートフォンにウォレットを作成する場合、まずはデバイスに仮想通貨のプログラムをインストールします。

ビットコインの採掘をする場合は、サービス開始の2009年以降の世界中の取引データをダウンロードすることが必要です。

 

そのため、デバイスには十分な空き容量を用意しておきましょう。

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

必要最小限のデータをダウンロードする場合

必要最小限のデータをダウンロードする場合

 

採掘をせずに仮想通貨の送金や受け入れのみを行う場合は、必要最小限のデータをダウンロードすれば問題なく利用できます。

 

過去の膨大な取引データをフルインストールする必要がないので、デバイスの負担を軽減することが可能です。

上記のタイプのウォレットであれば、PCはもちろん、スマートフォンでも利用できます。

インターネット上にウォレットを作成する場合

PCやスマートフォンにダウンロードやインストールはせずに、インターネット上のサイトにてウォレットを作成することも可能です。

 

 PCが壊れてしまったり、スマートフォンを紛失してしまったりしても、インターネット上にウォレットを作っておけば、データがなくなることはありません。

 

また、複数のPCやスマートフォンで利用できるという利便性の高さもメリットです。しかしメリットがある反面、利用しているサイトがハッキング被害にあう可能性があります。

多額の資金を保管しようと思っている方には、不向きでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

よくある質問

暗号資産(仮想通貨)とは?
暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上で取引できる財産的価値があるものです。17,000種類以上の暗号資産(仮想通貨)の銘柄があることが特徴です。
暗号資産(仮想通貨) のメリットは?
暗号資産(仮想通貨) を購入・運用するメリットは、通常24時間365日取引ができることや、少額からスタートできることです。また、投資や決済・寄付、アプリの開発のプラットフォームなどの幅広い活用方法があることも、魅力ポイントとして挙げられます。
暗号資産(仮想通貨) のデメリットは?
暗号資産(仮想通貨) を購入・運用するデメリットとして、国からの保証が得られないことや、詐欺被害が多数していることが挙げられます。また、暗号資産(仮想通貨) は値動きがしやすいため、購入時の価格を下回ったり、最終的に利益がゼロになったりする可能性もあります。
暗号資産(仮想通貨) のおすすめウォレットは?
暗号資産(仮想通貨) のおすすめのウォレットは、アプリダウンロード数3年連続No.1を誇る「Coincheck(コインチェック)」、取引銘柄数が15種類と豊富な「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」、ビットコイン取引量6年連続No.1を誇る「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。それぞれメリットや特徴が異なるので、自身に合ったツールを選びましょう。
暗号資産(仮想通貨) のウォレットと取引所の違いは?
暗号資産(仮想通貨) のウォレットと取引所の大きな違いは、秘密鍵の管理者が異なることです。ウォレットの場合は自分で管理、取引所の場合は運営会社が管理しています。
暗号資産(仮想通貨) ウォレットの種類は?
暗号資産(仮想通貨) ウォレットの種類は、常にインターネットが繋げた状態で保管する「ホットウォレット」、インターネットと完全に切り離された状態で保管する「コールドウォレット」の2つに分かれます。
暗号資産(仮想通貨) ウォレットの選び方は?
暗号資産(仮想通貨)ウォレットのツールやアプリを選ぶ際には、目的に応じた保管方法を選ぶことが重要です。また、セキュリティ体制が整っているか、外部デバイスの有無や対応している通貨の種類は豊富かなども確認しておくとよいでしょう。

まとめ

ここまで本記事では、仮想通貨(暗号資産)取引に最適なウォレットやブロックチェーン・秘密鍵などを利用したウォレットの仕組み、取引所との違いや選び方を紹介しました。

特に大手企業が提供する取引所ウォレットは一度もハッキング被害を受けたことがなく、セキュリティ体制抜群です。コールドウォレットで保管してくれるので安心安全に利用可能です。

ウォレットには大きく分けて5つの種類があり、それぞれ特徴や利便性が異なるので、使用用途を明確にして必ずセキュリティの高い取引所ウォレットを利用しましょう。

大手企業のウォレットはどこも高水準のセキュリティを敷いているので、本記事で紹介した取引所を利用すれば最高レベルの安心を手に入れられます。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事