doge/ ドージコイン

「DOGE(ドージコイン)は今後に期待できる?」「ドージコインはどうやって購入するの?」と、何かと話題のドージコインの購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

ドージコインは、短期で価格上昇する可能性は低いものの「2025年までに価格上昇している可能性は高い」とポジティブな予想をする識者が多いコインのひとつです。

そこで今回は、ドージコインの特徴や将来性、過去の値動きを解説し、ドージコインの買い方を初心者でも分かりやすく3STEPで紹介します。

ドージコインの購入方法は画像付き!ドージコインの購入を検討しているなら、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

 

ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

Dogecoin Price Prediction 2022 – 2025 – 2030 -Coin Price Forecast
 Dogecoin Price Prediction and Forecast Data for 2025 -Walletinvestor

暗号資産(仮想通貨)のDOGE(ドージコイン)とは?

ドージコイン

DOGE(ドージコイン)は、2013年にジョーク通貨として誕生した暗号資産です。

 もともとはただの草コインだったドージコインですが、電気自動車企業テスラの創設者であるイーロン・マスク氏がTwitterでドージコインを推したことで価格が急上昇し、一時4割も急騰しました。※

2020年12月初旬には1枚0.4円程度の価値でしたが、2021年5月7日には74.68円まで高騰した過去もあります。現在では、暗号資産の時価総額ランキング10位になっており、メジャー通貨の一員といえるまで成長したコインです。

通貨名 ドージコイン
通貨単位 DOGE
時価総額 ¥1,016,021,670,207
時価総額ランキング 10位
発行上限枚数 なし
現在の価格 ¥7.65
扱っている取引所 BTCBOX、Binance、Bybit、Bittrexなど

 

ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

出典:Dogecoin -CoinMarketCap 2022年6月14日現在
仮想通貨「ドージコイン」急騰 テスラCEOのツイートで-日本経済新聞

暗号資産(仮想通貨)のDOGE(ドージコイン)の特徴4つ

ドージコイン

ドージコインには以下4つの特徴があります。

DOGEの特徴
  1. ビットコインを模倣して作られた通貨
  2. 発行枚数に上限がない
  3. ビットコインより取引処理が速い
  4. DogeMarketやテスラ商品で利用できる

1.ビットコインを模倣して作られた通貨

ドージコインは、もともとジョークで作られた通貨です。柴犬の写真とテキストで背景された「ドージ」というインターネットミーム(WEBで流行っているネタのようなもの)が2013年頃流行していました。

 ミームとしてのドージの人気は止まらず、2013年の後半にはトップミームに選ばれ、それをきっかけに作られたのがドージコインの始まりです。

ドージコインは、ビットコインのパロディとして作られたコインのため、機能性はほとんどビットコインと変わりません。ビットコインのように決済・送金として使用できます。

今ではインターネットミームを基礎とした暗号資産は多く誕生していますが、その始まりはドージコインですよ!
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

2.発行枚数に上限がない

無限大のマーク

ビットコインとドージコインの違いに、発行上限枚数の有無が挙げられます。ビットコインには2,100万枚という発行上限枚数があり、将来的に上限枚数よりも流通量が増える可能性はありません。

 ドージコインには発行枚数の上限が設けられておらず、何枚でも発行が可能です。

ビットコインは枚数に限りがあるので、希少性は年々上昇していくと予想されます。インフレに強いのがビットコインの特徴といえるでしょう。

ドージコインは上限が決まっていないので、通貨が過剰に発行されればインフレが起こる可能性があり、価格に価値がなくなるリスクを孕んでいます。

3.ビットコインより取引処理が速い

ビットコインとの違いは、送金スピードにもあります。ビットコインは、送金するのに平均して10分程度かかりますが、ドージコインは1/10の1分で送金が完了します。

 送金手数料も1DOGE程度であり、2022年6月時点では7円程度と安いです。

暗号資産取引所でビットコインを送金した場合、0.0005BTCの送金手数料がかかります。日本円で1,500円程度なので、いかにドージコインの手数料が安いか分かるでしょう。

送金速度が速く手数料も安いので、ドージコインは少額決済に適しているといわれていますよ。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

4.DogeMarketやテスラ商品で利用できる

スマホでショッピング

ドージコインは、様々な店舗で決済に利用可能です。オンラインショップ『DogeMarket』ではドージコインを利用して買い物ができます。また、テスラの一部商品やスペースXのグッズ商品も、ドージコインで購入可能となりました。

大手映画館チェーンのAMCシアターではドージコインでのギフトカード購入に対応しています。さらに2022年5月にはGUCCIの一部店舗で、ドージコイン決済が利用可能です。

今後もドージコイン決済を取り入れる店舗が拡大する可能性は高いでしょう。

DOGE(ドージコイン)の現在価格と過去の値動き

DOGEの現在価格

DOGEの現在の価格

2022年の1月頃まで20円前後を推移していたドージコインですが、2022年6月23日現在の価格は8.65です。2022年に入ってから、暗号資産全体で下降トレンドに入っています。

ドージコインも同様に下落しており、今だ上昇の兆しは見えていません。

 5月中旬、6月中旬にも暗号資産全体で大きく下落していますが、ドージコインも同じ動きをしています。

上記画像は過去3ヶ月のドージコインのチャートですが、ビットコインとほとんど同じ形をしています。ビットコインを模倣して作られたドージコインは、価格も連動しやすいことが分かります。

2022年下半期にどのように値動きするかはビットコインの動き次第ですが、再び価格上昇するまでにはしばらく時間がかかるでしょう。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

DOGEの過去の値動き

DOGEの過去の値動き

上の画像はドージコインの過去の値動きです。2013年に誕生したドージコインは、0.01円〜0.04円前後を推移していましたが、暗号資産ブームがあった2017年の中旬頃から2018年頃にかけて価格が上昇。一時2円近い価格がつきました。

一度目の暗号資産バブルが終わるとドージコインの価格も下がり、0.2円前後まで下落。2020年頃まで同価格帯で推移していましたが、前述のTikTokのトレンドやイーロン・マスク氏の推奨で再び価格上昇。

 2021年1月1日は0.5円でしたが、同年5月には70円まで上昇。5月8日には過去最高値の99.86円となり、約5ヶ月で200倍上昇しました。

5月中旬頃に、暗号資産全体の価格下落とともに、ドージコインも30円台まで下落しています。ビットコインやその他のアルトコインは2021年の8月頃から再び上昇トレンドに入り、過去最高値を更新する通貨も多い傾向でした。

ドージコインは2021年5月以降はさほど盛り上がりを見せておらず、現在もゆっくりと下落しています。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

DOGE(ドージコイン)の将来性|今後値段は上がる?

青空と人差し指

ドージコインの将来性を左右するポイントは、以下3つと考えられます。

DOGEの将来性を左右するポイント
  1. 暗号資産全体の価値
  2. ロードマップの実行
  3. 日本の取引所への上場

1.暗号資産全体の価値

一番大きなポイントは、暗号資産自体の価値が今後上がるかどうかです。ドージコインはビットコインに合わせた価格変動をしており、2022年に入ってからはより顕著になっています。

 2022年6月現在、ビットコインは280万円〜300万円前後を推移しており、直近6週間で約40%の下落をしています。

また各国で暗号資産の規制や法整備も進められており、暗号資産にとってネガティブなニュースも多いです。ビットコインには価値がないと判断されれば、ドージコインも一緒に下降していく可能性は大いにあるでしょう。

ビットコインの将来性が、ドージコインの鍵も握っています。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

2.ロードマップの実行

ロードマップ

ドージコイン財団は2021年末に、ドージコイン初となるロードマップを発表しました。

 発表されたロードマップには「プロダクト開発用のライブラリの提供」「プラットフォーム導入サービスの提供」「アプリ開発キット」など、8つの計画が記載されています。

なかでも大きな変化が、大口のドージコイン保有者だけでなく、誰もがネットワーク運営の貢献に対して報酬を得られる『ステーキング』を計画している点です。

ロードマップの計画内容を着実に実行していければ、ドージコインの価値が高まる可能性は高いでしょう。

3.日本の取引所への上場

2022年6月現在、日本の取引所ではBTCBOXでのみドージコインの購入が可能です。ただしBTCBOXは知名度は低く、利用者も多くはありません。日本で「ドージコインが購入できる取引所がある」と知っている人も少ないでしょう。

 今後、もしCoincheckやDMM Bitcoinなど取引量の多い取引所に上場すれば、大きなニュースとなり、投資家の関心が寄せられるのは間違いありません。

日本の取引所への上場が増えれば、ドージコインの価格が上昇する可能性は高いでしょう。

ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

DOGE(ドージコイン)保有のメリット・デメリット

DOGE保有のメリット

ドージコインのメリットに喜ぶ女性

ドージコインを保有するメリットは以下の3つです。

DOGE保有のメリット
  • 少額で購入が可能
  • ビットコインと連動しやすく予想が立てやすい
  • 大きな利益を出せる可能性がある

ドージコインは、現在1枚7円前後です。将来的に再び値上がりすると予想を立てるなら、少額でたくさん先行投資できるのがメリットでしょう。

 ドージコインはビットコインと連動して動く傾向にあるため、予想が立てやすいコインでもあります。

過去のドージコインの値動きを見ると、一度話題に上がると価格が急上昇する例が何度もありました。値動きは少ないものの、一時的にボラティリティが大きくなるのが特徴です。

タイミングが合えば大きな利益を出せる可能性があるのも、ドージコインのメリットでしょう。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

DOGE保有のデメリット

ドージコイン保有のデメリットに頭を抱える男性

ドージコインを保有するデメリットは以下の3つです。

DOGE保有のデメリット
  • 著名人の発言やニュースに左右されやすい
  • 国内取引所での扱いが少ない
  • 機能性に欠ける

2021年5月8日、イーロン・マスク氏が「ドージの父」としてアメリカの人気番組『サタデーナイトライブ』に出演することが分かると、ドージコインは過去最高値まで上昇しました。

しかし、番組放送中に下落し始め、24時間で29%も急落した過去があります。ドージコインは著名人の発言やニュースに左右されやすい傾向があります。

 通常はあまり大きな値動きがないものの、時折ボラティリティが激しいので、積み立てていく投資には不向きです。

2022年6月現在、日本の取引所にはBTCBOXしか上場していません。その他で購入するには海外取引所を使用するか、DEX(分散型取引所)などを使用する必要があるのもデメリットです。

ドージコインは他のメジャーアルトコインのような、突出した特徴がないのも弱みです。ビットコインのパロディとして生まれた通貨であり、決済や送金でしか利用できないと考えられています。

ドージコインのプロジェクトや機能性など、将来性に期待しての投資は考えにくいでしょう。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

DOGEを日本で買うには|ドージコインの買い方3STEP

3STEPとブロック

ドージコインを購入するまでの手順を、3STEPに分けて解説します。DOGEコインは2022年6月現在、大手の国内取引所では扱っていないので、海外取引所で購入するのが一般的です。

ただし海外取引所は日本からの銀行振込に対応していない場合が多く、クレジットカードは手数料が高いためおすすめできません。そのためここでは、国内から暗号資産を送金する方法を紹介します。

「国内取引所の開設」「国内取引所で暗号資産購入」「海外取引所に暗号資産を送金しDOGEを購入」の3STEPです。

STEP.1国内取引所を開設

はじめに、国内の暗号資産取引所に口座開設をしましょう。ここでは国内取引所のCoincheckを例に解説しますが、どの取引所でもほとんど手順は変わりません。ぜひ参考にしてください。

Coincheckの口座開設
  • (スマホの場合)Coincheckアプリをダウンロードする
  • メールアドレスとパスワードを登録してアカウント作成
  • 各種重要事項への同意
  • 名前、住所など必要情報の入力
  • 本人確認書類の撮影
  • 顔の写真撮影
  • 二段階認証の設定

PCから手続きする場合には、Coincheckの公式WEBサイトから、スマホから手続きする場合には『Coincheckアプリ』をダウンロードして、アカウントを作成しましょう。

各種重要事項をよく読んで、問題なければ「同意」をタップし必要情報を入力しましょう。入力ができたら、本人確認書類の提出を行います。

利用できる本人確認書類
「運転免許証」「パスポート」「在留カード」「特別永住者証明書」「運転経歴証明書」「住民基本台帳カード」「個人番号カード」

 

本人確認は「郵送」「かんたん本人確認」が利用可能です。

 「かんたん本人確認」はスマホで「本人確認書類」と「顔写真」の写真撮影を行う方法で、審査完了後すぐに利用できるのでおすすめです。

本人確認の写真撮影が終わったら手続き完了です。審査が完了するまで、しばらく待ちましょう。早ければ即日、遅くても数日程度で審査が完了します。

万が一のハッキングリスクに備えるためにも、セキュリティ性を重視し、二段階認証の設定も忘れずに行いましょう。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

STEP.2国内取引所で暗号資産を購入

口座開設ができたら、取引口座に日本円を入金しましょう。はじめに画面下の「ウォレット」をタップして、「日本円」をタップします。

日本円の入金1

次に「入金」をタップします。

日本円の入金2

入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類から選べます。ここでは「銀行振込」で、銀行を「GMOあおぞらネット銀行」を選択します。

日本円の入金3

振込先が表示されるので、指定口座に振り込みをします。ネットバンクをお持ちなら、指定口座の情報をコピーできるのでWEB上でスムーズに振り込み可能です。

日本円の入金4

これで日本円の入金が完了です。入金が確認できたら、暗号資産を購入しましょう。「販売所」を選択し、購入したい通貨を選択した上で「購入」をタップしましょう。

「購入数量」を指定して、再度「購入」ボタンをタップすれば完了です。

暗号資産の購入

海外に送金するための暗号資産なので、購入する通貨はどの通貨でも問題ありません。しかし、できるだけ送金速度が速く、送金手数料の安い通貨を選ぶと、コストを抑えてドージコインを購入できます。

 ビットコインは送金手数料が高く送金時間も長いので、おすすめしません。

おすすめの通貨は「リップル」です。2022年6月現在、50円前後の手数料で送金でき、数秒から数分で送金できます。

ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

出典:Coincheck(コインチェック)のやり方を解説!口座開設から購入・取引まで -Coincheck
出典:iOS/Androidアプリ:銀行振込で入金する方法 -Coincheck

STEP.3海外取引所に暗号資産を送金しDOGEを購入

暗号資産の購入ができたら、海外取引所に暗号資産を送金しましょう。送金するためには、海外取引所の「アドレス」が必要です。(通貨によっては「MEMO」も必要。)

海外取引所で「仮想通貨入金」を選択し「送金する仮想通貨を選択」「ネットワーク」を選択して、アドレスとMEMOを表示させてください。

アドレスとMEMO

上の画像は海外取引所「Binance」の画面です。リップルを送金する場合は「通貨」でXRPを選択し、ネットワークで「XRP」を選択すると、上画像のようにアドレスとMEMOが表示されるので、コピーしましょう。

コピーをしたら、Coincheckに戻り「暗号資産の送金」を選択。送金する通貨「XRP」を選択し「宛先」にアドレスを「宛先タグ」にMEMOの内容をペーストします。

 送金額を入力して申し込みを確定すれば、送金手続き完了です。数分〜数十分で暗号資産が海外取引所に送金されます。

送金されたら、海外取引所でDOGEコインを購入しましょう。

Binanceでは「USDT建て、BUSD建て、BTC建て、SHIB建て」しかないので、BTC以外で送金したら、一度換金する必要があります。
ドージコイン購入の第一歩! 国内暗号資産取引所
おすすめ3選をチェック!

おすすめの国内取引所3選

ドージコインを入手する方法としては、国内取引所に口座開設してから海外取引所に送金する手順がおすすめです。ここではおすすめの国内暗号資産取引所を3つ紹介します。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破※1
  • 取り扱い暗号資産数No.1※2
  • 最短10秒で購入可能

コインチェックは、マネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

 取り扱う暗号資産の数が17種類と、国内最大級※2となっています。

これらの暗号資産は約500円から購入が可能で、最短10秒でスマホから簡単に取引することができます。

また、暗号資産アプリのダウンロード数は415万突破の実績を誇り、使いやすさが評判のため初心者の方にもおすすめです。

お得なキャンペーンも随時開催しているため、気になる方はチェックしてみてください!

24時間対応可能なサポート体制が充実しているため、安心して取引できるでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)
※2020年1月〜2021年6月対象。公式サイトより
※2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ。公式サイトより

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴
  • 新規口座開設で2,000円プレゼント
  • DMMグループによる確かなセキュリティ体制
  • 口座開設は無料

DMMグループにより運営されている、セキュリティの優れた仮想通貨取引所です。

 レバレッジ取引が12種類、現物取引が6種類と、種類が豊富なのも特徴です。

取引手数料が無料であるため、初心者にも始めやすいメリットがあります。また、新規口座開設で2,000円プレゼントキャンペーンも実施中。

口座開設は無料なので、少しでもお得に解説したい方におすすめです。

サポート体制も充実していることから、高い信頼性を持った仮想通貨取引所であると言えます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位  0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料※BitMatch取引手数料を除く
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint

BITPOINT(ビットポイント)のおすすめポイント
  • 初心者でも簡単に取引可能
  • 使いやすい取引ツールが実装されている
  • 取り扱われている資産の信頼性が高い

BITPOINT(ビットポイント)は、初心者でも簡単に取引可能な仮想通貨取引所です。各種手数料が無料であるため、手軽に利用できるのが特徴の1つです。

 暗号資産交換業者だけでなく、金融商品取引業者にも登録されています。

このように、管理体制が整っているため、初心者でも安心できる環境を提供しています。取り扱い暗号資産は11種類で、BTCやJMYなど豊富な品ぞろえとなっています。

取引ツールの使い勝手も良いため、これから仮想通貨に触れてみたいと言う方にもおすすめです。
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の基本情報

取扱暗号資産

11種類

BTC(ビットコイン)・JMY・DOT・BCH・ETH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA・LNK・DEP

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引 -
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

出典:BITPOINT(ビットポイント)

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

まとめ

今回は、DOGE(ドージコイン)の特徴や過去の値動き・将来性・購入方法について解説しました。現在、暗号資産全体が下落トレンドのため、ドージコインの価格も下落しています。

しかし再びビットコインの価値が上がれば、ドージコインの価格も上昇する可能性は十分にあります。2022年6月現在、大手国内取引所でドージコインのは取り扱いがありません。

ドージコインを購入する際には、ぜひ本記事で解説した購入方法を参考にしてくださいね。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事