【ネット証券】ETFおすすめの銘柄は?国内ETFと海外ETFの違いも解説

ETF投資に興味があり、これからチャレンジしてみたいという方が多いのではないでしょうか?初心者がETF投資を行う前には、まずはETFやETFの中でも人気のある銘柄を確認することが重要です。

そこで今回は、ETFの解説やおすすめの国内ETFと海外ETFをご紹介します。

ETFにおすすめのネット証券も紹介しますので、これからETF投資を始めようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ETFとは

ETFとは

ETFは「Exchange Traded Fund」の略称で、上場投資信託のことを言います。上場投資信託は、投資信託の一種であり証券会社の口座を開設すれば取引可能です。

 上場投資信託では、1つのETFに投資するだけで、複数の銘柄に分散投資できます。

また日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動されており、値動きが比較的わかりやすいのが特徴です。

ETFは希望価格を指定して売買する指値注文と、数量だけを指定して売買する成行注文の2つの方法から選べます。

ETFと投資信託の違いとは?

ETFと投資信託の違い

ETFと投資信託の違いを表にすると次のとおりです。

項目 ETF(上場投資信託) 投資信託(証券投資信託)
上場 している していない
価格変動 株式同様、リアルタイムに変動 更新は1日1回のみ
注文方法
  • 指値注文
  • 成行注文
注文した当日は基準価額が公表されず、注文した翌営業日に公表
種類の多さ 約250銘柄 約6,000銘柄
販売会社 証券会社 証券会社、銀行、販売会社など
取引可能時間 証券取引所の取引時間 いつでも購入可能

ETFと投資信託の大きな違いは、上場しているかしていないかです。ETFは上場しているため、市場が開いている時間に取引ができます。

東京証券取引所の場合は月曜日から金曜日の9:00〜11:30、12:30〜15:00(休日を除く)です。
一方の投資信託は市場の開いている時間に限らず、証券会社・銀行の定める時間であればいつでも取引が可能です。(海外の株式・債権の場合は投資先の国が休業日であれば受付申込み期間外)
他にもETFは株式と同じく市場が開いている時間にリアルタイムに価格が変動しますが、投資信託は1日1回のみの更新です。
そして注文方法に関してはETFは指値注文、成行注文ができます。しかし、投資信託は注文した翌営業日、もしくは数日後に取引成立価格が公表されます。注文した時点では取引成立価格はわかりません。
 取扱数は金融機関によっても異なりますが、種類は投資信託のほうが圧倒的に多いです。また、ETFはどの証券会社でも購入することができ、銘柄も揃っています。しかし、銀行での取り扱いはありません。

国内ETFと海外ETF

国内ETFと海外ETF

国内ETFとは、日本国内の金融商品取引所に上場しているETFのことを言います。日本国内にある金融商品取引所は、以下の通りです。

日本国内の金融商品取引所
  • 東京証券取引所
  • 名古屋証券取引所
  • 札幌証券取引所
  • 福岡証券取引所
  • 大阪取引所
  • 東京金融取引所

海外ETFとは、海外の金融商品取引所に上場しているETFのことを言います。

海外ETFも国内ETFと同様に、海外の株式指数と連動しているものもあれば、レバレッジ型やインバース型など種類がさまざまです。

レバレッジ型やインバース型はリスクが比較的高いため、取引の初心者にはおすすめできません。

 

国内ETFと海外ETFの違い

国内ETFと海外ETFの違い

ここでは、国内ETFと海外ETFの違いをご紹介します。以下の表で国内EFTと米国のEFTを比較してみましょう。

国内ETF

海外ETF(例:米国)

主な上場先

東京証券取引所

NYSE Arca, Nasdaq, Cboe

取引時間

日本時間

米国時間

取引通貨

日本円

米ドル

取扱証券会社

ほとんどの証券会社

海外ETFを扱っている証券会社

銘柄数

約250銘柄

約400銘柄

分配金

日本円での支払い

米ドルでの支払い

外国税額控除

分配金受取り時に処理される

自身で確定申告する

取引銘柄数は証券会社によって異なるため、下記でご紹介する「ETFにおすすめのネット証券3選」でお伝えします。

おすすめの国内ETF銘柄

おすすめの国内ETF銘柄

ここでは、おすすめの国内ETFの銘柄についての売買単位や取引価格などの商品詳細をご紹介します。おすすめの国内ETFは、以下の4つです。

おすすめの国内ETF
  • 1321 日経225連動投信
  • 1306 TOPIX連動型投信
  • 日経高配当株50ETF(1489)
  • 1540 純金上場投信

    どの銘柄を選べばいいのかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

    1321 日経225連動投信

    「1321 日経225連動投信」は別名「日経225ETF」といわれており、国内ETFの中でも最も一般的なETFの1つです。1321 日経225連動投信の詳細は以下の通りです。

    売買単位

    1口単位

    取引価格

    27,355円(2022年2月27日時点)

    分配金支払基準日

    毎年7月8日

    上場市場

    東京証券取引所

    信託報酬率(年率)

    0.1980%

    1306 TOPIX連動型投信

    「1306 TOPIX連動型投信」は、別名「TOPIX ETF」といわれており、TOPIX指数と連動している国内ETFです。1306 TOPIX連動型投信の詳細は以下の通りです。

    売買単位

    10口単位

    取引価格

    1,957円(2022年2月27日時点)

    分配金支払基準日

    毎年7月10日

    上場市場

    東京証券取引所

    信託報酬率(年率)

    0.0968%以内

    日経高配当株50ETF(1489)

    「日経高配当株50ETF(1489)」は、日経平均高配当株50指数と連動している国内ETFです。日経高配当株50ETF(1489)の詳細は以下の通りです。

    売買単位

    1口単位

    取引価格

    38,340円円(2022年2月27日時点)

    分配金支払基準日

    毎年1月7日・4月7日・7月7日・10月7日

    上場市場

    東京証券取引所

    信託報酬率(年率)

    0.3080%

    1540 純金上場投信

    「1540 純金上場投信」は、三菱UFJ信託銀行が管理している国内ETFです。1540 純金上場投信の詳細は以下の通りです。

    売買単位

    1口単位

    取引価格

    6,730円(2022年2月27日時点)

    分配金支払基準日

    不明(決算日は毎年1月20日)

    上場市場

    東京証券取引所

    信託報酬率

    0.4%

    おすすめの米国ETF

    おすすめの米国ETF

    ここではおすすめの米国ETFについて、売買単位や取引価格などの商品詳細をご紹介します。おすすめの米国ETFは以下の3つです。

    おすすめの米国ETF
    • バンガードS&P500ETF(VOO)
    • バンガードトータルストックマーケット ETF(VTI)
    • SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)

      海外ETFに挑戦したい方は、ぜひこれからご紹介するおすすめの米国ETFを参考にしてください。

      バンガードS&P500ETF(VOO)

      「バンガードS&P500ETF(VOO)」は、アップルやVISAなどの大型銘柄で構成されている米国ETF主にSBI証券やマネックス証券、楽天証券などのネット証券で扱われています。

      バンガードS&P500ETF(VOO)の詳細は以下の通りです。

      売買単位

      1口単位

      取引価格

      402.37ドル(2022年2月27日時点)

      分配金支払基準日

      四半期毎

      上場市場

      NYSE Arca

      信託報酬率

      0.03%

      バンガードトータルストックマーケット ETF(VTI)

      「バンガードトータルストックマーケット ETF(VTI)」は、現物取引とCFD取引の2つの取引方法から選べる米国ETFです。

      現物取引を行いたい方はSBI証券を、CFD取引を行いたい方はIG証券を選ぶと良いでしょう。

      バンガードトータルストックマーケット ETF(VTI)の詳細は以下の通りです。

      売買単位

      1口単位

      取引価格

      221.41ドル(2022年2月27日時点)

      分配金支払基準日

      3月・6月・9月・12月(日付は未定)

      上場市場

      NYSE Arca

      信託報酬率

      0.03%

      SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)

      「SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)」は、80銘柄に投資することができ配当利回りが高い米国ETFです。

      世界3大運用会社のうちの1つであるステートストリートが管理しています。

      SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)の詳細は以下の通りです。

      売買単位

      1口単位

      取引価格

      41.74ドル(2022年2月27日時点)

      分配金支払基準日

      3月・6月・9月・12月(日付は未定)

      上場市場

      NYSE Arca

      信託報酬率

      0.07%

      ETFのメリットを解説

      Bombcryptoで遊ぶ

      ETFのメリットは次の4つが挙げられます。

      ETFのメリット
      • リアルタイムでの取引が可能
      • コストが安い
      • 値動きが分かりやすい
      • 少額で分散投資が可能

      ETFは投資信託と似ていると思っている方も多いと思いますが、投資信託にはないメリットがあります。

      ETFはリアルタイムで価格が変わるため、機動的な売買に適しているなど、投資信託とは異なるメリットがあります。
      ここではETFのそれぞれのメリットをみていきましょう。

      リアルタイムでの取引が可能

      1つ目がリアルタイムでの取引が可能な点です。ETFは株式同様、証券取引所が空いている時間であればいつでも何度でも取引をすることができます。

      また、市場価格と変動しており、リアルタイムで価格を確認できます。

      リアルタイムの価格に合わせてすぐに取引ができるため、急激な相場の変化にも対応できます。
      投資信託は基準価値が確定するまでに時間がかかり、市場の相場に合わせた取引が難しくなっています。しかし、ETFではリアルタイムであるため機動的な売買ができるのです。

      コストが安い

      2つ目がコストが安いことです。ETFを保有している間、保有コストともいわれる信託報酬が発生します。

       しかし信託報酬は投資信託よりも安く、よりコストを抑えることが可能です。
      一回あたりの手数料は安くとも、長期的な運用では金額が増してしまいます。そのため利益を得るためには損失や手数料を安くすることが効率良い方法です。

      値動きが分かりやすい

      3つ目が値動きがわかりやすいことです。ETFは日経平均株価、NYダウ、TOPIXなどの指数に連動しているため、値動きがわかりやすくなっています。

      投資のハードルが高いと思っている方の多くが、値動きがわかりにくいと思っているからではないでしょうか。

      投資をするうえで、資産の値動きを把握するのは重要なポイントでそのなかでもETFは個別銘柄よりも値動きがわかりやすくなっており、投資初心者の方も挑戦しやすいでしょう。

      さらに日経平均株価と連動していればニュースや携帯からの確認もすぐにできるため情報収集の手間もかかりません。

      少額で分散投資が可能

      4つ目が少額で分散投資が可能なことです。ETFの指数は複数の銘柄で構成されています。つまり、1つの銘柄を購入すれば多くの銘柄へ分散投資されるようになっているのです。

       個別企業の株式投資では数十万といった資金が必要になりますが、ETFならば少額で分散投資が可能です。
      また投資は上級者でも初心者でもリスクをできる限り減らすことが重要になります。ETFは少額で分散投資ができるため、リスクを低減させての運用ができるのは、大変魅力的でしょう。
      リスクを抑えながら投資をしたい場合、分散投資は外せません。

      レバレッジ型ETFには注意

      レバレッジ型ETFには注意

      ETFにはさまざまな種類の商品がありますが、その中でもレバレッジ型ETFには要注意です。

      その理由は以下の3つが挙げられます。

      レバレッジ型ETFに注意が必要な理由
      • 価格変動が激しいことがある
      • 長期保有には向いていない
      • 取引に必要なコストが高め

        レバレッジ型ETFは、成功すれば大きなリターンが得られる分、大きな損失が生じる可能性があります。

        またレバレッジETFのパフォーマンスは、指数の値動きと比例するように長期間保有すると悪くなっていきます

        また、通常のETFと比べ購入手数料や信用報酬率が高く設定されていることが多いため、管理コストの膨張にも要注意です。

        ETFにおすすめのネット証券3選

        ここでは、ETFにおすすめのネット証券や、扱われているETF数や手数料などをご紹介します。ネット証券選びは「購入したいETFが扱われているか」もポイントの1つです。

        ETF投資を始めたいけど、どのネット証券が良いかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

        楽天証券

        楽天証券

        おすすめポイント
        • 国内ETF255銘柄、海外ETF395銘柄の取引ができる
        • いちにち定額コースなら100万円まで手数料が無料
        • 2021年新規口座開設数No.1

        楽天証券は、2020年のネット証券の新規口座開設数が最多であり、2021年の全口座開設数はネット証券第2位となっています。

        楽天証券で扱われているETFは、国内ETFが255銘柄で、海外ETFは395銘柄です。(2022年2月時点)

        また、国内ETFは1321 日経225連動投信1306 TOPIX連動型投信の取り扱い、米国ETFでは、RTFSPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF、バンガードS&P500ETF(VOO)も取り扱っています。

         楽天証券では、注文ごとに手数料が生じる「超割コース」と、1日の取引金額に応じて手数料が生じる「いちにち定額コース」から選べます。

        超割コースでは5万円までの取引なら55円の手数料がかかり、最高でも3,000万円を超える取引で1,070円です。

        いちにち定額コースでは、1日100万円までの取引なら手数料が無料です。

        楽天証券では「手数料0円ETF」の売買手数料が一切かからないETFもあります。
        低コストで投資が可能! 楽天証券
        無料口座開設はこちら
        会社名 楽天証券株式会社
        株式手数料(現物)
        • 5万円まで 55円
        • 10万円まで 99円
        • 20万円まで 115円
        • 50万円まで 275円
        • 100万円まで 535円
        • 150万円まで 640円
        • 3,000万円まで 1,013円
        • 3,000万円超 1,070円

        ※全て税込み

        株式手数料(信用)
        • 10万円まで 99円
        • 20万円まで 148円
        • 50万円まで 198円
        • 50万円超 385円

        ※全て税込み

        取扱い商品
        • 国内株式
        • 海外株式・ETF
        • 投資信託
        • 楽ラップ
        • 債権
        • 先物・オプション
        • 楽天FX
        • 外国為替
        • 保険
        低コストで投資が可能! 楽天証券
        無料口座開設はこちら

        SBI証券

        SBI証券

        おすすめポイント
        • 国内ETF255銘柄、海外ETF368銘柄の取引ができる
        • 1注文55円から購入可能
        • 投資初心者の方にもおすすめ

        SBI証券では、国内ETF255銘柄と、海外ETF368銘柄の取引が可能です。(2022年2月時点)

        SBI証券で扱われているETFは、国内ETFと海外ETFともにネット証券の中でもトップクラスとなっています。

        また、国内ETFは1321 日経225連動投信、日経高配当株50ETF(1489)の取引が可能。米国ETFはバンガードトータルストックマーケット ETF(VTI)の取る引きが可能です。

         SBI証券の手数料は、スタンダードプランでは1注文55円から購入でき、アクティブプランでは1日100万円までの取引なら無料です。

        これは、他の証券会社と比較しても最低水準の取引手数料に設定されているといえます。また米国ETFの手数料は、最低0ドルから注文が可能です。

        SBI証券のETFは、1口単位で購入できるものが多いため、少額から投資を始めたい方にもおすすめです。

        SBI証券では、ポイントサービスを利用すれば、Tポイント・Pontaポイント・dポイントのいずれかを貯めることもできます。
        国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
        無料口座開設はこちら
        会社名 株式会社SBI証券
        株式手数料(現物)
        • 5万円まで 55 円
        • 10万円まで99円
        • 20万円まで 115 円
        • 50万円まで 275 円
        • 100万円まで 535 円
        • 150万円まで 640 円
        • 3,000万円まで 1,013 円
        • 3,000万円まで 1,013 円

          ※全て税込み

        株式手数料(信用)

        【通常】

        • 10万円まで 99 円
        • 20万円まで 148 円
        • 50万円まで 198 円
        • 50万円超 385 円

        【大口優遇】

        • 0円
        取扱い商品 国内株式
        外国株式
        投資信託
        債券
        外国為替保証金取引(FX)
        先物・オプション
        CFD(くりっく株365)
        金・銀・プラチナ
        eワラント
        iDeCo(個人型確定拠出年金)
        保険
        国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
        無料口座開設はこちら

        出典:公式サイト

        松井証券

        松井証券

        おすすめポイント
        • 条件検索でETFを探すことが可能
        • お得でわかりやすい手数料
        • 25歳以下なら手数料が無料

        松井証券は、1日定額制での取引のみを扱う証券会社です。松井証券での1日の取引金額が50万円以内であれば手数料が無料のため、少額からでも気軽に取引できます。

         松井証券では、25歳以下の方なら取引金額が50万円を超えても手数料は無料となります。

        松井証券のHホームページでは、扱われているETFを条件付きで検索して探し出すことも可能です。

        松井証券で口座開設を検討している方は、ぜひ松井証券のHPで目当てのETFがあるのかをチェックしてみましょう。

        まずは少額で取引したい方に、松井証券はおすすめです。
        50万円まで株式手数料0円! 松井証券
        無料で口座開設してみる
        会社名

        松井証券株式会社

        株式手数料(現物)

        【26歳以上】

        • 50万円まで:0円
        • 100万円まで: 1,000円(税込1,100円)
        • 200万円まで: 2,000円(税込2,200円)
        • 100万円増えるごとに1,100円(税込)加算
        • 1億円超: 100,000円(税込110,000円)(上限)

        【25歳以下】

        無料

        株式手数料(信用)

        【26歳以上】

        • 50万円まで:0円
        • 100万円まで: 1,000円(税込1,100円)
        • 200万円まで: 2,000円(税込2,200円)
        • 100万円増えるごとに1,100円(税込)加算
        • 1億円超: 100,000円(税込110,000円)(上限)

        【25歳以下】

        無料

        取扱い商品
        • 株式・現物取引
        • 株式・信用取引
        • 投資信託
        • IPO
        • 貸株サービス
        • 立会外分売
        • ベストマッチ(約定価格改善サービス)
        • PTS
        • MMF
        • 先物・オプション取引
        • NISA/つみたてNISA
        • FX
        • ETF/REIT
        • iDeCo

        50万円まで株式手数料0円! 松井証券
        無料で口座開設してみる

        出典:公式サイト

        ETFに関するよくある質問

        ETFの取引価格と基準価格の違いは?

        ETFの取引価格は、取引所で売買の際に適用される価格のことをいいます。一方ETFの基準価格は、純資産総額をその日の口数で割った価格のことです。

        取引価格は取引が行われるたびに変動しますが、基準価格は1日に1度のペースで更新されるため日中の変動はありません。

        ETFを扱っている市場で取引を行う場合は、取引価格に着目すると良いでしょう。

        ETFにはどんなリスクがある?

        ETFだけに関わらず、一般の投資信託や株式投資と同じように、価格が大きく変動する可能性があります。

        価格が変動する理由は以下のことが考えられます。

        • 発行者の経営や財源状況の変化
        • 取引所での取引件数の減少・増加

        元本保証がないため、取引するタイミングよって損失が生じる可能もあります。

        分配金はいつもらえる?
        ETFの分配金は、決算日の約40日後に支払われることが多く、支払いペースは、年1回や年2回〜4回の場合もあります。
        ただし、分配金をもらうためには、決算日の2営業日前までにETFを保有しておく必要があります。

         ETFは何口単位で投資できる?

        ETFの最低購入単位は銘柄によって異なり、1口単位で購入できるものもあれば、10口や100口単位で注文できるものもあります。

        具体的には、日経平均株価指数や外国株式指数と連動する銘柄は1口から、TOPIXと連動している銘柄は10口から購入可能です。

        また口数ではなく、金額を指定して購入できる証券会社もあります。

        ETFにはどのような種類がある?

        ETFの種類は、以下の通りです。

        ETFの種類
        • 国内株式
        • 先進国株式
        • 新興国株式
        • 国内債券
        • 外国債券
        • 新興国債券
        • REIT(リート)
        • コモディティ(商品)

          さらに国内株式に関しては、総合・規模別・テーマ別・業種別・レバレッジ型の5種類に分けられます。

          ネット証券によって扱われているETFの種類は異なるため、自身が購入したい銘柄のネット証券を選びましょう。

          ETFを選ぶ際のポイントは?

          ETFを選ぶ際は、以下のポイントに注目してみましょう。

          ETFを選ぶ際のポイント
          • 売買代金の価格
          • 乖離率
          • チャートの陽線と陰線

            ETFの売買代金では、流動性の高さをチェック可能です。

            ただしカテゴリーによって売買代金の基準が異なってくるため、同じカテゴリーの中でも売買代金が高めの銘柄をおすすめします。

            またETFの乖離率とは基準価額と連動を目指す指数との差のことを言い、ETFの乖離率が小さいほど運用がうまくいっている状況です。

            ETFのチャートの表には白色の柱や黒色の柱があり、白色が陽線で黒色が陰線を表します。陽線は始値よりも終値の方が高いケースで、陰線は始値よりも終値の方が安くなります。

            ETFを購入する場合は、下降相場から上昇相場に切り替わるときを狙うと良いでしょう。

            逆に、売却するタイミングは、上昇相場から下降相場に切り替わる直前が高い利益獲得につながります。

            ETFによってかかるコストとは?
            ETFにかかるコストは、主に「売買手数料」と「運用管理費用」が挙げられます。
            売買手数料は購入時と売却時にかかるコストで、証券会社によって手数料が異なります。
            運用管理費用は信託財産の運用や管理に必要なコストで、売却後に保有しているETFがなければ運用管理費用はかかりません。

            まとめ

            ETFは別名「上場信託投資」であり、一般的な信託投資と株式投資のどちらの特徴も兼ね備えた商品です。

            1つのETFに投資すると、さまざまな銘柄に分配投資されるため、少額でさまざまな企業に投資ができるというメリットがあります。

            そのため「投資を始めるには大金がいるのでは?」と疑問を抱いている方や、「手軽に投資を始めたい方」にもおすすめです。

            ETFを購入をお考えの方は、この記事を参考に、おすすめのネット証券で口座開設してみましょう。

             

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事