イーサリアム(Ethereum)とは?特徴・歴史から今後の将来性を解説

仮想通貨のひとつであるイーサリアム(Ethereum)。イーサリアムは、ビットコインに次いで将来性があると言われる注目の仮想通貨のひとつです。

ただし、仮想通貨の取引は値動きが激しいため、それぞれの通貨が持つ特徴をしっかりと把握してから購入することが大切です。そこで今回は、初心者の方に向けてイーサリアム(Ethereum)の特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説していきます。

イーサリアムが何かを知りたい方、イーサリアムに投資を考えている方はぜひ参考にしてください。
仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
購入はこちら

イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサリアム

イーサリアム(Ethereum)とは、スマートコントラクトを備えた分散型アプリケーションの開発プラットフォームのことで、簡単に言うとアプリを作るための基盤です。

イーサリアム(Ethereum)は、カナダ人のヴィタリック・ブテリン氏によって開発されました。

 イーサリアム(Ethereum)の時価総額は、ビットコインに次ぐ第2位で、大きな注目を集めている仮想通貨です。

このイーサリアム(Ethereum)で使用される仮想通貨をイーサ(ETH)と言います。

日本ではプラットフォームを意味する「イーサリアム(Ethereum)」も、通貨を意味する「イーサ」も、どちらも「イーサリアム(Ethereum)」と表現されることが多いです。

イーサリアム(Ethereum)の概要

通貨記号 ETH
時価総額 約50兆円※
発行上限 上限なし
上場時期 2015年8月6日
開発者 ヴィタリック・ブテリン氏

参照・出典:https://coinmarketcap.com/ja/(2022年3月時点)

仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
購入はこちら

イーサリアム(Ethereum)とビットコインの違い

コイン

イーサリアム(Ethereum)とビットコインはどちらも仮想通貨としては同じですが、相違点もあります。ここでは、イーサリアム(Ethereum)とビットコインの違いを4つ解説します。

イーサリアム(Ethereum)とビットコインの違い
  • 開発者が分かるか分からないか
  • 発行上限があるかないか
  • 送金スピード
  • 利用用途

違い①開発者が分かるか分からないか

まずは、それぞれの開発者の素性が分かっているか分かっていないかの違いです。イーサリアム(Ethereum)はヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたということが分かっています。

一方で、ビットコインはサトシ・ナカモトによって開発されましたが、本名や正体などの素性は明らかになっていません。

違い②発行上限があるかないか

仮想通貨の発行上限枚数にも違いがあります。イーサリアム(Ethereum)は発行枚数に上限がありません。しかし、ビットコインは発行上限が2,100万BTCと決まっています。

仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
購入はこちら

違い③送金スピードが速いか遅いか

小銭 時計

それぞれの仮想通貨の取引送金時間も対象的です。送金時間に違いが生まれるのは、取引を記録するためのブロックを生成する時間に差があるからです。

イーサリアム(Ethereum)の場合、ブロック生成時間は15秒ほどで完了します。一方で、ビットコインはブロック生成時間が10分毎で、イーサリアム(Ethereum)に比べて40倍の時間がかかります。

違い④利用用途

最も大きな違いは利用用途です。ビットコインは、価値の交換や保存などの決済手段として利用されます。

対して、イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨というだけではなく、プラットフォームとしてさまざまなアプリケーションの開発が可能です。別名「ワールドコンピューター」とも言われ、スマホやPCにおけるOSのような用途が想定されています。

仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
購入はこちら

イーサリアム(Ethereum)の特徴

イーサリアム(Ethereum)の大きな特徴は以下の2つです。

イーサリアム(Ethereum)の特徴
  • スマートコントラクト機能を搭載
  • 分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォーム

スマートコントラクト機能を搭載

パソコン スマホ

イーサリアム(Ethereum)には、スマートコントラクト機能が搭載されています。スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上に、アプリケーションを記録したりさまざまな契約を締結・保存したりできる仕組のことです。

 スマートコントラクトによって、これまでは人の手で行ってきた手続きを自動で行うことができるようになります。

たとえば、レンタカーを借りるときに実店舗に訪れる必要がなくなります。契約からキーの付与、決済まで全てインターネット上で完結できるようになるからです。このように仲介の必要がなくなるため、手数料や時間の面でメリットを享受できます。

ブロックチェーン上に契約情報が保存されることで改ざんが不可能となるため、汎用性が高い技術として注目が集まっています。
仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
購入はこちら

分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォーム

PCとスマホ

イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨としての役割だけではなく、分散型アプリケーションを開発できるプラットフォームとしての側面があることも大きな特徴です。

分散型アプリケーション(dApps)とは、ブロックチェーンを用いて、中央管理者なしで分散管理されているアプリケーションのことです。

 中央管理者がいないため、データ改ざんなどの内部の不正や、情報漏洩のリスクを抑えることができます。

実際に、さまざまな分散型アプリケーションが、ゲーム分野などで実装され始めています。
仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
購入はこちら

イーサリアム(Ethereum)のメリット

ここでは、イーサリアム(Ethereum)のメリットを4つ紹介していきます。

イーサリアム(Ethereum)のメリット
  • 自動での契約や取引が可能
  • ステーキングが可能
  • 市場の先駆者
  • 世界中の有名企業が注目

    メリット①自動での契約や取引が可能

    PC

    先ほども触れましたが、イーサリアム(Ethereum)ではスマートコントラクト機能を搭載しています。これによって、これまで手動で行っていた契約や取引を、自動で行うことが可能です。

     自動化によって、これまでかかっていた手数料や時間を削減できるようになります。

    金融や行政サービスなど、さまざまな分野で活用されることが期待されています。
    仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
    購入はこちら

    メリット②ステーキングが可能

    お金

    ステーキングとは、仮想通貨のイーサ(ETH)を一定期間保有することで、ネットワークの運用に貢献し、金利を得る仕組みのことです。

     簡単に言うと、ウォレットにイーサ(ETH)を預けて、報酬を得るということです。

    2022年3月には、イーサリアム(Ethereum)のステーキング量が1,000万ETHを突破するなど、ステーキングが注目されています。

    仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
    購入はこちら

    メリット③市場の先駆者

    コイン

    イーサリアム(Ethereum)は、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨です。それに伴って、仮想通貨の中では知名度も高く、市場の先駆者的存在です。

     注目度が高くイーサリアム(Ethereum)自体のポテンシャルも高いため、今後も需要の増加に伴う価格の上昇が見込めます。
    仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
    購入はこちら

    世界中の有名企業が注目

    PC

    イーサリアム(Ethereum)は世界中の有名企業が注目しており、2017年にはビジネスでの活用を目指して「イーサリアム(Ethereum)企業連合」が設立されています。イーサリアム(Ethereum)企業連合には、150社以上の企業が参加していて、以下のような有名企業も加盟しています。

    イーサリアム(Ethereum)企業連合に参加する主な企業
    • マイクロソフト
    • intel
    • MasterCard
    • JPモルガン
    • トヨタ自動車
    • KDDI
    • 三菱UFJグループ

    有名企業が注目しているということは、イーサリアム(Ethereum)には将来性や信頼性があるという担保になります。

    仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
    購入はこちら

    イーサリアム(Ethereum)のデメリットやリスク

    に、イーサリアム(Ethereum)のデメリットやリスクを見ていきましょう。以下の3つについて解説していきます。

    イーサリアム(Ethereum)のデメリットとリスク
    • 速度遅延と手数料の高騰
    • 他のプラットフォームの台頭
    • 各国による規制

      速度遅延と手数料の高騰

      小銭 時間

      イーサリアム(Ethereum)のリスクは、取引が急激に増えることで、処理速度の遅延や手数料の高騰をもたらす可能性があることです。

       現在イーサリアム(Ethereum)は高速の処理速度を実現していますが、取引量が増えると、処理に時間がかかりやすくなります。

      同時に、ブロックチェーンが処理しきれなくなりマイニングコストが上昇すると、手数料が高騰するリスクがあります。

      仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
      購入はこちら

      他のプラットフォームの台頭

      アルトコイン

      イーサリアム(Ethereum)と同じように、分散型アプリケーション(dApps)を開発できるプラットフォームがあります。それが『IOST』という仮想通貨です。

       イーサリアム(Ethereum)にはスケーラビリティの問題があり、取引量の増加によって処理速度が遅くなったり、手数料が高騰したりする可能性があります。

      一方で、IOSTは独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しているため、スケーラビリティの問題がありません。このように、ポテンシャルの高い他のプラットフォームが台頭すると、イーサリアム(Ethereum)の立場が徐々に弱くなるリスクがあります。

      仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
      購入はこちら

      各国による規制

      注意

      イーサリアム(Ethereum)上ではトークンを簡単に発行できるため、ICOによる資金調達が人気です。ICOとは、Initial coin offeringの略称で、企業などがトークンを発行して、公衆から仮想通貨の調達を行うことです。

       しかし、ICOを利用した詐欺が流行しました。その結果、現在は世界的にICO規制が行われています。

      ICOの規制は通貨発行の妨げとなるため、イーサリアム(Ethereum)にとってデメリットとなっています。

      仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
      購入はこちら

      イーサリアム(Ethereum)の買うべきタイミングとは?

      iDeCo

      投資をする際には、タイミングを見計らうことが重要です。ここでは、イーサリアムを買うべきタイミングについて解説します。

      買うべきタイミング
      • 価格が暴落したとき
      • 世界の投資家がイーサリアム(Ethereum)に対して前向きな発言をしたとき
      • 長期保有をする場合はいつ購入してもよい

      価格が暴落したとき

      イーサリアム(Ethereum)をはじめとする仮想通貨は値動きが激しいため、上昇していた価格が暴落したタイミングを狙うことをおすすめします。

      下落の継続が終わり、上昇し始めたタイミングで購入できれば、相場が上昇した際に売却益を得やすくなります

      価格が暴落する要因は、取引所のハッキング被害や政府による規制などが挙げられます。

      イーサリアム(Ethereum)を安値で購入したい方は、頻繁にチャートをチェックし、価格の暴落のタイミングを把握しましょう。

      世界の投資家がイーサリアム(Ethereum)に対して前向きな発言をしたとき

      ビットコイン 損失

       仮想通貨の値動き激しいため、影響力のある世界の投資家の発言や行動によって、価格が大きく変動します。

      そのため、世界の投資家のツイート発言や、投資家の発言を取り上げるニュースなどをチェックするのも、チャートを予測する一つの手段です。

      実際に、アメリカの大手仮想通貨投資企業の創設者のマイケル・ノボグラッツ氏は、数々の予測を的中させてきました。

      また、イーサリアムの開発者チームサイドより、今後のイーサリアムの動きや計画に関する発表があった際は、価格変動する可能性もあります。 

      長期保有をする場合はいつ購入してもよい

      イーサリアム(Ethereum)は、今長期的に見て価格上昇する可能性があると言われています。そのため、数年単位など長期で保有すれば、購入するタイミングを気にする必要はありません。

      仮想通貨は相場の変動が激しいため、短期的に利益を得ようとする場合、常にチャートを確認する必要があります。

      長期保有するのであれば、頻繁にチャートをチェックする必要はありません。

      イーサリアム(Ethereum)の歴史

      ここでは、イーサリアム(Ethereum)を理解する上で重要な歴史を振り返っていきます。

      The DAO事件

      チャート 投資

      当時、イーサリアム(Ethereum)上で「The DAO」というプロジェクトが行われていました。

       しかし2016年6月に、「The DAO」の欠陥を突いて、約50億円相当のイーサ(ETH)が何者かに盗まれるという「The DAO事件」が発生しました。

      この事件を受けてイーサリアム(Ethereum)のコミュニティは、ブロックチェーンを分岐させることで、被害者にイーサを戻す施策を実行しました。

      これによって、イーサリアム(Ethereum)は「イーサリアム(Ethereum)」と「イーサリアム(Ethereum)クラシック」という仮想通貨に分岐したのです。

      仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
      購入はこちら

      大型アップデートによる進化

      PC

      イーサリアム(Ethereum)は2020年12月に、コンセンサスアルゴリズムを変更する「イーサリアム(Ethereum)2.0」へのアップデートを始めました。

      これまでは、『PoW(Proof of Work)』という方式を採用してきましたが、『PoS(Proof of- take)』に変更します。

       これによって、スケーラビリティの問題が改善されるため、価格の上昇が期待されます。
      仮想通貨を始めたい方向け! イーサリアム(ETH)の
      購入はこちら

      イーサリアム(Ethereum)の今後や将来性

      コイン 貯蓄

      イーサリアム(Ethereum)は、今後価格の上昇が予想されます。価格上昇を期待できる理由は以下の3つです。

      価格上昇を期待できる理由
      • イーサリアム(Ethereum)企業連合に有名企業が参加しており、将来性や信頼性を担保している
      • 大型アップデート完了によるスケーラビリティの問題解決で、需要が見込める
      • アメリカでイーサリアム(Ethereum)ETH(上場投資信託)の承認が期待されている

        実際にJPモルガンやファインダー社も、イーサリアム(Ethereum)の価格が今後上昇していくと予想しています。よって、イーサリアム(Ethereum)は将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。

        イーサリアム(Ethereum)が取引できるおすすめ仮想通貨取引所5選

        イーサリアム(Ethereum)に投資ができる、おすすめの国内取引所を5つ紹介します。

        イーサリアム(Ethereum)に投資できるおすすめの国内取引所
        • Coincheck(コインチェック)
        • GMOコイン
        • DMM Bitcoin
        • BITPoint
        • bitFlyer(ビットフライヤー)

          Coincheck(コインチェック)

          コインチェック

          コインチェックのおすすめポイント
          • 東証一部に上場しているマネックスグループが親会社
          • アプリのダウンロード数が国内だけで440万以上
          • 500円から取引可能

          コインチェックは、東証一部に上場しているマネックスグループが親会社なので、安全性の高い仮想通貨取引所です。

           シンプルな操作画面が使いやすいと評判で、アプリのダウンロード数は、国内だけで440万ダウンロードを超えています。

          少額からの取引が可能で、500円からの取引ができます。また最短1日で取引を始められるので、今すぐにイーサリアム(Ethereum)に投資したいという方におすすめです。

          暗号資産初心者におすすめ Coincheck
          無料口座開設はこちら

          Coincheck(コインチェック)の基本情報

          運営会社 コインチェック株式会社
          取引所手数料 無料
          レバレッジ取引 なし
          取り扱い通貨 17種類

          • イーサリアム(ETH)
          • イーサリアムクラシック(ETC)
          • ビットコイン(BTC)
          • リスク(LSK)
          • ファクトム(FCT)
          • リップル(XRP)
          • ネム(XEM)
          • ライトコイン(LTC)
          • ビットコインキャッシュ(BCH)
          • モナコイン(MONA)
          • ステラルーメン(XLM)
          • クアンタム(QTUM)
          • ベーシックアテンショントークン(BAT)
          • アイオーエスティー(IOST)
          • エンジンコイン(ENJ)
          • オーエムジー(OMG)
          • パレットトークン(PLT)

          参照:https://coincheck.com/ja/

          暗号資産初心者におすすめ Coincheck
          無料口座開設はこちら

          BITPOINT

          bitpoint

          BITPOINTのおすすめポイント
          • 株式会社ビットポイントジャパンによって運営される仮想通貨取引所
          • 取り扱い通貨が多彩
          • 各種手数料が無料

          BITPOINTは、株式会社ビットポイントジャパンによって運営される仮想通貨取引所です。イーサリアム(Ethereum)のような認知度が高い仮想通貨以外にも、ジャスミーやアルトコインなど他社では取り扱いの少ない仮想通貨も取り扱っています。

          取引手数料や入出金手数料など、各種手数料が無料で使えます。

          また、初心者でもスマホで簡単に取引できる使いやすいツールが充実しています。
          珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
          無料口座開設はこちら

          BITPOINTの基本情報

          運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
          取引所手数料 無料
          レバレッジ取引 なし
          取り扱い通貨 12種類

          • イーサリアム(ETH)
          • ビットコイン(BTC)
          • エックスアールピー(XRP)
          • ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
          • ライトコイン(LTC)
          • ベーシックアテンショントークン(BAT)
          • トロン(TRX)
          • エイダ(ADA)
          • ジャスミー(JMY)
          • ポルカドット(DOT)
          • チェーンリンク(LINK)
          • ディープコイン(DEP)

          参照:https://www.bitpoint.co.jp/

          珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
          無料口座開設はこちら

          bitFlyer(ビットフライヤー)

          bitFlyer

          ビットフライヤーのおすすめポイント
          • ビットコイン取引量が6年連続No.1※1
          • 15種類の仮想通貨を1円から売買可能
          • 徹底したセキュリティシステムで7年以上もハッキングゼロを実現

          Bitcoin日本語情報サイト調べによると、ビットフライヤーは日本国内の取引所の中で、ビットコイン取引量が6年連続No.1※1です。

           ビットフライヤーは少額からの売買ができ、15種類の仮想通貨を1円から売買可能です。

          徹底したセキュリティシステムで7年以上もハッキング0を実現しています。そのため、安心して利用ができます。

          セキュリティの強さに定評 bitFlyer
          無料口座開設はこちら

          bitFlyer(ビットフライヤー)

          運営会社 株式会社bitFlyer
          取引所手数料 0.01%~0.15%
          レバレッジ取引 2倍
          取り扱い通貨 15種類

          • イーサリアム(ETH)
          • イーサリアムクラシック(ETC)
          • ビットコイン(BTC)
          • ライトコイン(LTC)
          • ビットコインキャッシュ(BCH)
          • モナコイン(MONA)
          • リスク(LSK)
          • リップル(XRP)
          • ベーシックアテンショントークン(BAT)
          • ステラルーメン(XLM)
          • ネム(XEM)
          • テゾス(XTZ)
          • ポルカドット(DOT)
          • チェーンリンク(LINK)
          • シンボル(XYM)

          ※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)」

          セキュリティの強さに定評 bitFlyer
          無料口座開設はこちら

          GMOコイン

          GMOコイン

          GMOコインのおすすめポイント
          • 東証一部上場企業であるGMOインターネットグループが親会社
          • 「暗号資産取引所 現物取引」部門でNo.1※1
          • 取り扱い通貨数が20種類

          GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットグループを親会社に持つ仮想通貨取引所で、信頼性が抜群です。2021年のオリコン顧客満足度では「暗号資産取引所 現物取引」部門でNo.1※1に輝いています。

           取り扱い通貨数が20種類と多いのが特徴です。

          イーサリアム(Ethereum)だけに限らず、多くの仮想通貨を売買してみたい方は、ぜひ利用してみてください。

          暗号資産取扱数が多い GMOコイン
          無料口座開設はこちら

          GMOコインの基本情報

          運営会社 GMOコイン株式会社
          取引所手数料 Maker:0.01%Taker:0.05%
          レバレッジ取引 2倍
          取り扱い通貨 20種類

          • イーサリアム(ETH)
          • ビットコイン(BTC)
          • リップル(XRP)
          • ネム(XEM)
          • ライトコイン(LTC)
          • ビットコインキャッシュ(BCH)
          • ベーシックアテンショントークン(BAT)
          • ステラルーメン(XLM)
          • クアンタム(QTUM)
          • エンジンコイン(ENJ)
          • テゾス(XTZ)
          • オーエムジー(OMG)
          • ポルカドット(DOT)
          • コスモス(ATOM)
          • シンボル(XYM)
          • モナコイン(MONA)
          • カルダノ(ADA)
          • メイカー(MKR)
          • ダイ(DAI)
          • チェーンリンク(LINK)

          ※1 https://coin.z.com/jp/

          暗号資産取扱数が多い GMOコイン
          無料口座開設はこちら

          DMM Bitcoin

          DMM

          DMMビットコインのおすすめポイント
          • 大手DMMグループが運営する仮想通貨取引所
          • DMMグループで培われた高いセキュリティ
          • レバレッジ取引の取り扱い暗号資産種類が国内No.1※1

          DMMビットコインは、大手DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

           DMMグループで培われた高いセキュリティで、安心安全に取引ができます。

          国内暗号資産交換業者のWEBサイトによると、DMMビットコインは、レバレッジ取引の取り扱い暗号資産種類が国内No.1※1です。レバレッジ取引とは、預けた金額以上の取引を可能にするシステムのことです。たとえば、レバレッジが2倍の場合、10万円の資金で20万円分の取引ができます。

          リスクも大きいですが、その分リターンも大きい取引方法になります。上級者になってきたらぜひ挑戦してみましょう。

          DMM Bitcoinの基本情報

          運営会社 株式会社 DMM Bitcoin
          取引所手数料
          レバレッジ取引 2倍
          取り扱い通貨 14種類

          • イーサリアム(ETH)
          • イーサリアムクラシック(ETC)
          • ビットコイン(BTC)
          • リップル(XRP)
          • オーエムジー(OMG)
          • ベーシックアテンショントークン(BAT)
          • ステラルーメン(XLM)
          • クアンタム(QTUM)
          • モナコイン(MONA)
          • ネム(XEM)
          • ライトコイン(LTC)
          • テゾス(XTZ)
          • エンジンコイン(ENJ)
          • ビットコインキャッシュ(BCH)

          ※1 https://bitcoin.dmm.com/

          よくある質問

          イーサリアム(Ethereum)とは?
          イーサリアム(Ethereum)とは、スマートコントラクトを使用した分散型アプリケーションのプラットフォームです。カナダのヴィタリック・ブテリン氏によって開発された仮想通貨です。
          イーサリアム(Ethereum)とビットコインの違いは?
          イーサリアム(Ethereum)とビットコインの大きな違いは、利用用途です。ビットコインは価値の保存や交換に便利で、ワールドコンピューターと称されています。イーサリアム(Ethereum)の開発者はヴィタリック・ブテリン氏であると明らかになっていますが、ビットコインは本名や正体が明らかになっていません。また、イーサリアムは。また、送金スピードや発行上限も異なります。
          イーサリアム(Ethereum)のメリットは?
          イーサリアム(Ethereum)のメリットとして、自動での契約や取引や、ステーキングが可能であることが挙げられます。また、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨であると言われており、世界中の有名企業が注目されています。
          イーサリアム(Ethereum)のデメリットやリスクは?
          イーサリアム(Ethereum)は、処理速度の遅延や手数料が高騰するリスクがあります。イーサリアム(Ethereum)と同様の分散型アプリケーションの『IOST』が台頭すると、イーサリアム(Ethereum)の立場が徐々に弱くなる可能性があるというデメリットがあります。
          イーサリアム(Ethereum)の歴史は?
          2016年6月に約50億円相当のイーサ(ETH)が盗まれた「The DAO事件」が発生しました。その後、2020年12月には「イーサリアム(Ethereum)2.0」へのアップデートによって進化を遂げました。
          イーサリアム(Ethereum)の今後や将来性は?
          イーサリアム(Ethereum)は、今後価格が上昇することが予想されています。価格上昇が期待される理由として、企業連合に有名企業が参加していたり、大型アップデートされたり、アメリカでイーサリアム(Ethereum)の承認が期待されたりしていることが挙げられます。
          イーサリアム(Ethereum)を購入すべきタイミングは?
          イーサリアム(Ethereum)は、価格が暴落したときや、世界の投資家がイーサリアム(Ethereum)に対して前向きな発言をしたときに購入すべきです。長期的に保有する場合は、購入するタイミングを気にする必要はありません。

          まとめ

          この記事では、イーサリアム(Ethereum)について解説してきました。

          イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨としての役割だけではなく、分散型アプリケーションの開発プラットフォームとしての側面を持っています。

          その点で、ビットコインとは大きく異なります。

          イーサリアム(Ethereum)は、スマートコントラクト機能による契約や取引の自動化が可能で、多くの分野で活用されることが期待されます。

          世界中の有名企業も注目していることに加え、大型アップデートによる進化も控えているため、今後価格が上昇していくことが期待されます。

          イーサリアム(Ethereum)は1円単位の少額から購入できるので、気になる方はぜひ投資してみてください。

          暗号資産初心者におすすめ Coincheck
          無料口座開設はこちら
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事