【初心者向け】不動産投資の始め方を徹底解説|準備や流れを紹介

人生100年時代の副業として、不動産投資は注目を集めています。しかし、「不動産投資が気になるけれど、なにから始めたらいいか分からない」そんなふうに思っている人は多いのではないでしょうか。

不動産は滅多に購入する機会がないうえに、難しく聞き慣れない業界用語が多いので、ハードルが高く感じるかもしれません。

そんな初心者の方向けに、不動産投資の種類や投資を始めるまでの流れ、初心者向けの不動産も紹介します。

これから不動産投資を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。
不動産投資ならSYLAがおすすめ!
シーラ
1口1万円少額から不動産投資に挑戦できるので初心者におすすめ!
不動産投資に関するセミナーを定期開催!無料面談など手厚いサポートが魅力
今なら応募で楽天ポイント最大3万円プレゼント!
※2022年4月26日10:00まで
SYLAの基本情報
取り扱い物件数 -
金融機関提携 -
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

不動産投資の種類

不動産投資の種類

不動産投資というと、大家さんのような家賃収入を得る方法を想像しませんか?しかし、不動産にもさまざまな投資スタイルがあります。

例えば、新築の一棟アパートをインカムゲイン目的で購入する投資。キャピタルゲインを狙った中古の戸建て物件への投資、といった方法です。どちらを目的とするのかで、不動産の運用方法は大きく変わります。

インカムゲイン とキャピタルゲイン は、投資を始めると頻繁に目にする言葉ですよ。

インカムゲインとキャピタルゲインの意味や不動産の種類について、順番にチェックしてみましょう。

 

賃貸に出す

不動産投資の種類

インカムゲイン とは、資産を保有していることで得る利益です。株なら配当金、債権なら利子、不動産投資においては、家賃収入をインカムゲインといいます。

インカムゲインは毎月安定した利益を得られることがメリットです。

 一度入居した人は、少なくとも契約更新までは住み続けることがほとんどなので、少なくとも1〜2年は収入が入り続けます。

一度に大きな利益は得られませんが、本業がある人や老後の生活費など、長期的な収入が目的の人には合った投資法です。

しかし、賃借人が退去してしまったときに収入が途絶えてしまうことがデメリットでもあります。空室が長引けば、収入が途絶えるだけではなく赤字になることもあるでしょう。

集客力と空室が出ないような物件にすることが、投資家としての腕の見せ所です。 
なお、不動産投資におけるインカムゲインの特徴は以下のとおりです。
 メリット 長期的な安定収入を見込めること
デメリット 空室になったら利益がなくなってしまうこと

売却する

不動産投資の種類

キャピタルゲインとは、直訳すると「資産による利得」という意味です。不動産を購入したときよりも高い価格で売却して得る利益が、キャピタルゲインにあたります。

もしも2,000万円で購入した不動産を3,000万円で売却できたら、キャピタルゲインは1,000万円です。

キャピタルゲインはインカムゲインに比べて大きな利益を得られるのがメリットですが、必ずしも利益が出るわけではありません。

投資なので、購入したときよりも売却額が安くなってしまうリスクもあります。また、利益が大きい分高い税金が課される可能性があるので、注意が必要です。

 メリット 大きな利益を得られること
デメリット 売却価格が購入価格を下回る可能性があること

物件の種別

不動産投資の種類

不動産投資は、一棟マンション・アパート、区分マンション・アパート、戸建てといった物件種別でも分類されます。

一棟マンションやアパートは部屋数が多いため、うまく経営して低い空室率にできたら、高額な家賃収入を得られるでしょう。

 投資家の中には、大きな一棟マンションを満室経営している人もいます。ここは、投資家の腕の見せ所です。

また、区分マンションやアパートは一棟ものの不動産に比べると利益は少ないけれど、資金も小額で購入できます。

最近は築年数の古い戸建て物件を購入し、リフォームして再販売する投資法もよく見られます。

雑誌やテレビで「リノベーション物件」を特集しているのをよく見かけますね。

不動産の物件種別によって、見込める収益や投資にかかる手間が変わります。自分に合った投資スタイルを考え、物件種別を決めましょう。

不動産投資を始める準備

不動産投資を始める準備

不動産投資を始めようと思ったらやるべきことは3つあります。貯金すること、不動産について勉強すること、投資物件を見ることです。

不動産投資を始める準備
  • 投資資金を用意する
  • 不動産について勉強する
  • 投資物件を見てみる
  • 不動産投資会社を比較する

投資資金を用意する

不動産は高額なので、銀行でローンを組んで投資することを前提に考えているかと思います。少し前までは全額銀行から借り入れての投資も多く行われ、フルローンでの投資法を紹介する本も多くあります。

しかし、現在は融資の審査が厳しくなっているため、購入代金をすべてローンで賄うことはできません。融資を申し込む際には、頭金を用意する必要があります。

2018年に発覚した地方銀行による不正融資事件をきっかけに、全国の銀行で融資が年々厳しくなっています。

必要な頭金は、購入する予定の不動産の資産価値や申し込み人の職業・年収などによって変わります。

頭金は多ければ多いほど購入できる物件の選択肢が増えますが、まずは500万円を目標にするといいでしょう。

不動産について勉強する

不動産投資を始める準備

投資資金を貯めるのと同時に、不動産についてしっかり勉強しましょう。不動産に関する情報は、インターネットや本、セミナーなどあらゆる場所で集められます。

投資のノウハウ、投資家の体験談など、手軽に読める本も多く出版されていますよ。

不動産投資と税金は深い関係があるので、税金についても勉強しておくといいでしょう。不動産所得税や減価償却については、知らないと損することになります。

セミナーやSNSを通して、不動産投資仲間をつくるのもおすすめです。

 

投資物件を見てみる

投資資金が用意できていなくても、とりあえず物件を探してみましょう。不動産情報サイトで投資物件を見ることで、不動産の相場観がついてきます。

「こんな物件が欲しい」という具体的な目標ができると、貯金もさらにがんばれますよ。

投資物件は、まずは住んでいる街で探してみましょう。チェックするポイントは、売り出し価格や間取り、築年数、利回りなど。

こまめに見ていると、どんな物件がすぐに売れてどんな物件が売れ残っているのか分かるようになります。

 調査するのは実際に住んでいる街じゃなくても構いません。しかし、需要などをイメージしやすいので土地勘のある地域がおすすめです。

もしも気に入った不動産があれば、投資資金が500万円もなくても内見して融資を申し込んでもいいでしょう。

場合によっては、少ない自己資金でも融資がおりるかもしれません。

不動産投資会社を比較する

不動産投資を始める前に、複数の不動産投資会社を比較してから決めることをおすすめします。

不動産投資会社のサービスは、投資に最適な物件の提供と、補償の充実など、各会社によってその内容が異なるため、安定した収益を望むなら慎重に選びましょう。

なお、不動産投資会社の選び方は以下の3点です。

不動産投資会社の選び方
  • 売買戸数・管理戸数・入居率などの実績が高い
  • リスクに関しての説明がある
  • アフターフォローが充実している

これらを参考に、不動産投資会社を検討しましょう!

不動産投資を始めるまでの流れ

不動産投資を始めるまでの流れ

不動産投資を始める準備が整ったら、いよいよ不動産投資家としてデビューです。不動産投資のスタートまでは以下のような流れで進みます。

不動産投資の流れ
  1. 不動産投資の勉強をする
  2. 物件探し
  3. 物件の調査・見学
  4. 購入の申し込み
  5. 重要事項の説明
  6. 売買契約の締結
  7. 住宅ローンの申し込み・審査
  8. 決済・物件の引き渡し
  9. 不動産投資のスタート

ここからは、それぞれの手順において、はじめに知っておくべきことについて解説していきます。

不動産会社のセミナーに参加する

不動産投資に関して自力で情報収集をするのには、限度があります。また、ネットの情報は信憑性が低く、偏った情報のみ吸収してしまう場合もあります。

 不動産投資セミナーでは、不動産の専門家による最新の情報を手に入れることができるため投資に関して有利になれるでしょう。

質疑応答や相談の時間も設けられているため、自分で調べてもわからなかったことなどを聞けるチャンスにも繋がります。

「不動産投資セミナー」と聞くと怪しく感じてしまう方も多いと思いますが、優良セミナーが多く、投資のリスクや手順などを詳しく解説してくれます。

不動産投資に関して勉強したい方におすすめです!

投資物件の探し方

不動産投資を始めるまでの流れ

まずは投資する物件を探します。1番簡単な投資物件を探す方法は、不動産投資専門サイトを見ることです。たくさんの不動産が掲載されていて、面積や築年数の他に利回りからも検索できます。

もちろん、投資専門ではない不動産情報サイトに掲載されている物件の中から探しても構いません。思わぬお宝物件が隠れている可能性もあります。

プロの投資家の中には1日中不動産情報サイトを見ている人もいるので、いい物件は争奪戦ですよ。

不動産会社に仲介を依頼するのもいいでしょう。不動産のプロが、希望に合った予算や立地の物件を探し出してくれます。

不動産会社は「レインズ」という不動産業者専用の情報システムを使って物件を探せるので、インターネットでは見かけない物件を紹介してもらえるかもしれません。

 不動産情報システムのレインズには、全国の売り物件の情報が掲載されています。レインズは、不動産業者しか見ることができません。

また、不動産投資を続けていくつもりならば、不動産会社と良好な関係を築いておくのはいいことです。売り出し前の不動産情報を紹介してもらえることもあります。

投資初心者におすすめ! 不動産投資会社
5選をチェック!

投資物件の調査・内見

不動産投資を始めるまでの流れ

いい物件を見つけたら、内見前に調査するべきポイントがあります。

物件のチェックポイント
  • 所在エリアのニーズ
  • 周辺の空室率
  • 周辺の家賃相場

いくら金額や築年数、間取りなど不動産自体の条件がよくても、そもそも物件所在エリアでニーズのない物件だったら借り手は見つかりません。

どんな賃貸需要があるのかという点に加えて、周辺の競合物件はどれくらい入居者がついているのか、家賃はどれくらいなのかも確認しましょう。

所在エリアで需要のない不動産を買ってしまったら、賃貸も売却も難しいでしょう。

調査して問題がなさそうであれば、不動産会社に内見を申し込みます。不動産の状況をチェックし、気になる点があれば不動産会社に確認しましょう。

投資初心者におすすめ! 不動産投資会社
5選をチェック!

購入の申し込みと売買契約の締結

不動産投資を始めるまでの流れ

内見した物件を購入したいと思ったら、買付証明書を提出します。

買付証明書には、氏名や住所、購入希望額などを記入。購入希望額は自由に書くことができますが、売り出し価格よりも安くすると、売主に申し込みを断られる可能性もあります。

購入希望者が多い物件だと、購入希望額を高く書く人もいますよ。

買付証明書を見た売主が金額などに納得すれば、売買契約の締結に向けた準備の開始です。

まずは銀行にローンの事前審査を申し込み、結果を待つ間に不動産会社から重要事項の説明を受けます。

 重要事項説明書は、不動産を購入するか最終判断するための重要な情報が書かれた書類です。

その後、売主と買主が集まって売買契約を締結します。売買契約の際には、手付金を払うことが一般的です。

あとはローンの本審査に申し込み、審査がおりるのを待つだけです。もしもローンがおりなかった場合は手付金が返還され、違約金などなく売買契約を解除できます。

売買契約書に「融資利用の特約」という項目が盛り込まれているはずなので、契約の際に必ず確認しましょう。

投資初心者におすすめ! 不動産投資会社
5選をチェック!

決済と物件の引き渡し

不動産投資を始めるまでの流れ

ローンの本審査に通ったら、やっと決済と物件の引き渡しです。銀行から投資資金を借り入れると同時に、売主に不動産の購入代金を支払います。

 ローンを組む場合は、銀行で決済と引き渡しの手続きが行われることがほとんどです。

決済が済むと、司法書士が不動産の所有権を買主へ移転させる手続きをします。決済から数週間後には、不動産の所有権が移ったことことを証明する書類が買主の自宅へ郵送されます。

これで物件の購入手続きは終わりです。ついに不動産オーナーとしての活動を始められます。
投資初心者におすすめ! 不動産投資会社
5選をチェック!

初心者におすすめの不動産

初心者におすすめの不動産

いろいろな物件を見ていると、結局どんな物件を買えばいいのか分からなくなることがあるでしょう。

そこで、初心者におすすめの不動産を資金が豊富な人と資金が少ない人別で紹介します。

資金が豊富な人向けの不動産

投資資金が豊富に用意できる人は、新築の区分マンションがおすすめです。

新築の物件は、購入時の家賃が高くて家賃の下落も緩やかなので、しばらくの間は安定した収益を得られます。また、築古物件に比べて資産価値が高いので、売却もしやすいのがメリットです。

 後々ライバルとなる物件が増えないように、周辺に空き地や新築物件が少ないエリアを探すといいでしょう。

インテリアやDIYが好きな人には、中古の戸建てもおすすめです。安く物件を購入してリフォームに費用をかけることで、他の物件との差別化ができます。

しかし、あまり古い物件だと資産価値が低く評価され、銀行からの融資がおりにくいのが難点です。融資が組めても、借り入れ希望額以下しか借りれないケースも少なくありません。

融資を組む際にまとまった頭金が必要な高額物件や、融資がおりづらい築古物件は、自己資金が多い人なら購入できるかもしれません。

資金があると、一棟マンションや一棟アパートも視野に入れる人もいるかと思います。しかし、リスクが大きいため不動産経営の経験を積んでから購入した方がいいでしょう。

投資初心者におすすめ! 不動産投資会社
5選をチェック!

資金が少ない人向けの不動産

初心者におすすめの不動産

自己資金が少ない人は、中古の区分マンションがいいでしょう。ローリスクローリターンで、不動産投資を始めるには最適です。

中古の区分マンションなら、数百万円で購入できる物件も多くあります。中でもワンルームマンションは、手軽に始められるため若い人にも人気の物件です。

 新築マンションや戸建てに比べて家賃収入は小額ですが、区分マンションを複数保有して生計を立てている投資家もいます。

また、区分マンションは管理者がいるため、管理に手間がかからないこともメリットです。

一棟マンションや一棟アパートは規模が大きいため、管理を業者に委託していても区分よりも手間はかかります。

不動産投資初心者は自己資金に応じて、小規模な物件もしくは新築の物件を購入するといいでしょう。

不動産投資が向いている人の特徴

不動産投資にも向き不向きがあります。不動産投資を始める前に、自分が不動産投資に向いているのかどうか確認しましょう。

この章では不動産投資が向いている人の特徴を解説していきます。不動産投資が向いている人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

不動産投資が向いている人の特徴
  • 収入が安定している
  • 冷静な判断ができる
  • 行動力がある

収入が安定している

不動産投資が向いている人の特徴、1つ目は収入が安定している人です。そもそも不動産投資を始める上で多額の初期投資がかかります。

そのため資金力がないという方には、そもそも不動産投資は難しいでしょう。資金に余裕があるに越したことはありません。

 中には少額から不動産投資を行えるサービスもあります。

また不動産投資は長期にわたって運用することが前提となります。場合によっては想定外の支出があったり、思ったような収入が得られない可能性もあります。

安定した収入があれば不測の事態で金銭的な打撃があっても、持ち堪えられる可能性が高くなります。

不動産投資を始める前に蓄財しておくことも重要です。
投資初心者におすすめ! 不動産投資会社
5選をチェック!

冷静な判断ができる

不動産投資が向いている人の特徴、2つ目は冷静な判断ができる人です。いくら資金面で余裕があっても感情的に投資していると、大きな損失を被るリスクが高まります。

投資する不動産を決定する際には、メリットとリスクを天秤にかけて、冷静かつ合理的な判断をする必要があるのです。

 判断力を鍛えるにはある程度の不動産投資経験が必要です。

まずは設定した目標を数値的に具体的に決めて、その数値と明らかに解離していない不動産に投資していくことがおすすめです。

可能な限りのリスクヘッジを行いましょう。

行動力がある

不動産投資が向いている人の特徴、3つ目は行動力がある人です。冷静な判断は必要ですが、考えすぎるとチャンスを逃してしまいます。

 投資経験とリサーチ能力が物を言います。

また不動産投資は人脈も非常に重要です。優良物件は投資家たちがこぞって集まってくるため、いち早く情報を仕入れることが重要です。

ネットで入手できる情報には限りがありますので、時には自分の足で情報を収集する姿勢も必要になってきます。

場合によっては売り手との交渉をする必要があります。
投資初心者におすすめ! 不動産投資会社
5選をチェック!

不動産投資を始めるベストなタイミングは?

不動産投資に興味を持っている人の中には「いつ始めるのが一番言いの?」「お金が貯まってからはじめよう」と思っている方も多いでしょう。

結論から言えば、不動産投資を始めるタイミングは早いほうが良いです。特に今資金に問題がないのであれば、すぐにでも取り組むことをおすすめします。

 20代で大きな資産を築くことも可能です。

不動産投資を始める人の多くはローンを組みますが、ローンには利息がかかるため、ローンを完済するまでの間は大きな収益は見込めません。

ローンを完済してしまえば、収益は大幅に増加しますので、早く初めて早くローンを完済してしまうのが良いでしょう。

資金に余裕がない状態で取り組むのは避けましょう。

初心者におすすめの不動産投資会社5選

SYLA(シーラ)

シーラ

SYLAのココがおすすめ
  • 月1万円の少額からでワンルームマンション投資をスタートできる!
  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
  • 年間400戸近くを販売※2する実績
  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。SYLAの魅力は少額から気軽に不動産投資が始められる点です。

複数の投資家から資金を集めて運用を行うSYLAが提供する不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら、最低1万円から不動産投資をスタートすることができます。

経験を積んだ後には、入居率が99.3%を誇るSYFORMEで本格的な投資に挑戦できます。駅近の土地にこだわり開発したマンションで、空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のある物件です。

 空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

さらに入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実。集金代行の契約システムを利用すれば、様々なリスクを軽減することができます。

まずは気軽に不動産投資を始めたい方はSYLAのセミナーを受講することをおすすめします。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.3%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA 公式サイト

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
  • アプリで簡単に物件管理ができる
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

 購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

3つのプラン概要
  集金代行プラン
最低限のサポートで安い
ワイドプラン
設備リスクをしっかりカバー
NEOインカム
空室+設備リスクをカバー
設備修理・交換費用
空室時の負担
滞納時の負担
原状回復の費用
タテカンさぽーと
広告費の負担
契約期間
(更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
7年
(譲渡対価は1年ごと)
空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY 公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

※1~2
※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
※2)公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

※2021年6月度 公式サイトより

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

 建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:https://www.tohshin.co.jp/

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

FJネクスト

FJネクスト

FJネクストのココがおすすめ
  • 創業41年!東証一部上場企業で信頼と実績がある
  • 入居率99.0%※1。安定の運用が期待できる
  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※2
  • 無料セミナーを随時開催していて、WEBからも聞くことができる
  • 98.5%の物件が駅から徒歩10分以内※3で、入居者が決まりやすい

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

FJネクストは、「ガーラマンションシリーズ」でお馴染みの不動産会社です。

創業は41年になり、東証一部に上場。都心を中心に315棟、2万1907戸を供給していて、確かな実績があります。

 無料のセミナーや相談会も毎週のように行っているので、ライフスタイルに合わせて受講することができます。

管理戸数は1万7000戸超え。経験やノウハウがしっかりあるから、どんなトラブルにも柔軟に対応してくれるでしょう。
※公式サイトより

FJネクストのワンルームマンションの98.5%が駅から徒歩10分以内に位置しています。

特にワンルームマンションは、駅から近い方が空室リスクが少なく、すぐに入居者が決まるでしょう。

企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

出典:FJネクスト 公式サイト

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

※1~3
※1 2021年3月末時点。公式サイトより
※2 2021年6月末時点。公式サイトより
※3 2020年6月末時点、ワンルームマンションに限った場合。公式サイトより

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントのココがおすすめ
  • セミナーはなんと毎日開催!オンラインで参加可能
  • 不動産投資初心者でも、不動産投資のノウハウがよくわかるサービス「レイビー」を運営
  • 医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」が注目を集めている
  • 相続税の相談などもでき、心強い
  • 賃貸管理・建物管理も行っているので、購入後の手続きもスムーズ

グローバル・リンク・マネジメントは、渋谷区にある不動産会社。不動産の開発、販売、管理業などを行っています。

セミナーの開催はなんと毎日。開催時間もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて、好きな時に受けることができます。

 不動産投資についてわかりやすいコンテンツが豊富な「レイビー」を見れば、初心者も不動産投資がよくわかります。

記事はたった5分で読めて、誰でも簡単に理解できるので、不動産投資初心者にとってはありがたいコンテンツです。

他にも相続税の相談ができたりと、不動産についての困りごとには心強い存在となってくれるでしょう。

医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」も、不動産投資に興味がある医師たちから注目を集めています。

企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.42%

出典:不動産投資マンスリーレポート

不動産投資に関するよくある質問

不動産投資にはどんな種類がある?
不動産には一棟マンション・アパート、区分マンション・アパート、戸建て物件があり、中古か新築でも投資法は異なります。

毎月の家賃収入を得るインカムゲイン、不動産を購入時より高く売却して得るキャピタルゲイン、といった目的でも分けられます。

不動産投資を始めるために準備することは?
融資を利用して不動産を購入するつもりでも、手付金や頭金などの支払いに自己資金が必要です。まずは投資資金を貯めることから始めましょう。

並行して、本やインターネット、セミナーを利用して投資の勉強をしたり、物件情報を探すのがおすすめです。

不動産投資を始めるまでのステップを教えて
不動産情報サイトや不動産会社の仲介で物件を探し、どのような不動産か調査・内見します。

買付証明書を提出して売主に受理されたら、重要事項の説明を受け、売買契約の締結です。

最後に、購入代金の支払いと物件の引き渡しを同時に行います。

不動産投資はいくらから始められる?
購入する予定の不動産の価格や資産価値によるので、一概にいくらあれば大丈夫、とは言えません。

しかし、最近は融資を組む際に自己資本比率を多くすることを求められる傾向にあります。

選択肢を増やすためにも、少なくとも500万円はあるといでしょう。

初心者におすすめの不動産の種類は?
不動産投資初心者には、小規模・低価格または新築がおすすめです。自己資金がたっぷりある人は、新築マンションか中古の戸建て。

自己資金が少ない人は、中古の区分マンションがおすすめです。一棟マンション・アパートの経営は、経験や知識が必要になります。

不動産投資での注意点は?
不動産投資は自己責任で行うものです。投資なので、収益よりも経費の方が大きく赤字になる可能性もあります。

メリットだけでなくリスクを知るためにも、まずはしっかりと勉強しましょう。

また、不動産投資と関わりの深い税金についての知識もあると安心です。

まとめ

不動産投資を始めたいと思ったら、まずは貯金・勉強・情報収集を始めましょう。また、不動産投資を始めることでどのようになりたいのかを明確にすることも大切です。

目的や不動産投資にかけられる時間などを踏まえて、自分にはどんな投資法が合っているのかよく考えてみてくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事