【初心者必見】FXのデモトレードでおすすめの口座5選!取引が上達するコツも解説

「FXのデモトレードはどの口座がおすすめ?」
「口座を選ぶ基準は?デモトレードの上手い活用方法についても知りたい」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

FXではデモトレード口座を開設することで、資金を失うことなくいくらでも練習できます。とはいえ、口座によってツールの使い勝手などが異なるため、迷ってしまう方も多いでしょう。

この記事では、FXのデモトレード口座で悩んでいるあなたのために、おすすめの口座や上手な活用方法についてまとめました。

デモトレードを活かして効率的に取引を上達させられますので、ぜひご覧ください!

なお、一番おすすめなのは「GMOクリック証券」です。

GMOクリック証券では、デモトレードでも本番環境と変わらないくらい豊富なツール・チャート分析機能が使えるため、練習には最適だと言えるでしょう。

もちろん無料で開設できますから、ぜひGMOクリック証券のデモトレードを試してみてください!

デモトレード初心者必見! おすすめの
FX口座はこちら

FXのデモトレードにおすすめの口座5選

これからFXのデモトレードを始めるなら、以下5つの口座がおすすめです。

おすすめのデモトレード口座
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • DMM FX
  • 松井証券
  • みんなのFX

それぞれの特徴をわかりやすく解説します。

(1)GMOクリック証券

GMOクリック証券

もっともおすすめの口座は「GMOクリック証券」です。

デモトレードにも関わらずツールが豊富で、機能やデザインは本番とまったく変わりません。もちろん、チャート分割やテクニカル指標も問題なく使えます。

以下3つのツールから選べるのも嬉しいポイントです。
GMOクリック証券のツール
  • ブラウザ
  • はっちゅう君FXプラス
  • プラチナチャート

GMOクリック証券なら口座開設が即日で完了するため、本番環境への移行もスピーディーです。これからデモトレードを始めるなら、ぜひGMOクリック証券に登録しておきましょう。

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

(2)外為どっとコム

外為どっとコム

本格的に取引したいなら「外為どっとコム」が最適です。

チャート分析の方法やマーケット情報が豊富に公開されており、初心者でも本格的なトレードを楽しめます。

外為どっとコムでは、以下3種類のチャートが用意されています。
外為どっとコムのチャート
  • チャート
  • ディールスコープ
  • ハイブリッド

特に、ディールスコープでは買われすぎ・売られすぎが一目でわかるようになっており、初心者が売買タイミングを図るのに役立ちます。

6種の手数料が全て0円! 外為どっとコム
無料口座開設はこちら

(3)DMM FX

DMM FX

FXがまったくわからない初心者には、「DMM FX」もおすすめです。

DMM FXはとにかく使いやすさがウリで、特にスマホ版アプリは直感的に操作できるようになっているため、操作方法で迷うことはありません。

初心者にとって使いやすいのは非常に嬉しいポイントですね。

登録はメールアドレスとニックネームだけで、非常に簡単ですので、ぜひ登録してみましょう。

(4)松井証券

松井証券

無期限でトレードしたいなら「松井証券」が良いでしょう。

本来、デモトレードには1ヶ月程度の期限が設けられていることが多いですが、松井証券なら無期限で利用できます。

チャートや設定がリセットされたりしないのは便利ですね。

また、デモトレードでも豊富な注文方法(成行、指値、逆指値、追跡指値)を選べるため、いろいろなトレード方法を試しながら練習できますよ。

歴史の長い老舗の証券会社ですので、初心者でも安心して取引を始められるでしょう。

50万円まで株式手数料0円! 松井証券
無料で口座開設してみる

(5)みんなのFX

みんなのFX

登録が面倒なら「みんなのFX」を試してみましょう。

メールアドレスなどの情報を入力せず、すぐにデモトレードを始められるのが最大の魅力です。PCでしか使えませんが、十分便利ですね。

機能性はそこまで優れているわけではありませんが、シンプルで扱いやすいため、初心者には最適だと言えるでしょう。

口座開設&取引で最大5万円もらえる みんなのFX
無料口座開設はこちら

そもそもFXのデモトレードとは

デモトレードは、練習用の取引環境を指します。

FXはレバレッジを掛けられるため大きな利益を狙えますが、その分リスクも大きく、知識がないまま取引するとあっという間に資金がなくなることもあります。

FXが危険だとよく言われているのは、知識をつけずに取り組む人が多いのも要因です。

一方、デモトレードは架空の資金を使って取引できるため、いくら損失を出してしまったとしてもリアルマネーが減ることはありません。

もちろん利益も出ませんが、練習用には最適だと言えるでしょう。初心者は、まずデモトレードから始めてみるのもおすすめです。

デモトレード口座を選ぶ3つのポイント

デモトレードは多くの証券会社が提供していますが、口座によって使い勝手は大きく異なります。

デモトレード口座を選ぶなら、以下3つのポイントを押さえておきましょう。

デモトレードの選び方
  • 取扱通貨数
  • 資金量の多さ
  • 有効期限

それぞれ詳しく解説します。

(1)取扱通貨数

FXには「通貨ペア」があります。

 通貨ペアとは
ドルと円、ユーロと円など、2つの通貨の組み合わせのこと。

通貨ペアによって値動きの要因やボラティリティ(値動きの大きさ)などが異なるため、初心者はまず自分が得意な通貨ペアを見つけるところから始めるのがおすすめです。

ただ、取り扱っている通貨ペアは証券会社ごとに異なります。

いざデモトレード口座を開設しても、取引したい通貨ペアがないことも十分に考えられるため、あらかじめ確認しておきましょう。

ドル円、ユーロ円などメジャーな通貨ペアであればどこでも取り扱っています。

(2)資金量の多さ

資金量の多さもチェックしておきましょう。

デモトレードで利用できる資金量は、証券会社によって変わってきます。あまりに自分の資金量とかけ離れていると、良い練習とは言えません。

たとえば、5万円から取引しようとしているのにデモトレードの資金量が1,000万円だと、いざ本番に移ったときに混乱してしまうでしょう。

資金量が自由に選べるサービスもあるため、あらかじめ資金量について確認しておきましょう。

資金量に乖離があると、値動きの感覚などが狂ってしまいます。

(3)有効期限

デモトレード口座によって有効期限は異なります。

多くのサービスは、30日間経つと終了してしまいます。また登録し直せば問題なく利用できますが、面倒なら有効期限の長いサービスを利用した方が良いでしょう。

なお、「松井証券」なら無期限でデモトレード口座を利用できるため、期限を気にする方におすすめです。

無期限のデモ口座なら、チャート設定などが消えることもないため、安心してトレードできますね。

デモトレードを利用する2つのメリット

デモトレードを利用することで、次のようなメリットがあります。

デモトレードのメリット
  • 資金が減らない
  • すぐに取引できる

それぞれ詳しく解説します。

(1)資金が減らない

不動産投資信託(REIT)の利回り

FXで勝てるようになるには、何度も取引を繰り返して分析することが必須ですが、それまでに資金がなくなることも十分考えられます。

デモトレードなら資金が減らないため、思う存分取引の練習ができます。

すでに本番環境で取引している方でも、新しい手法を試してみたいときにはデモトレードが役立つでしょう。

(2)すぐに取引できる

楽天ポイントで投資

FXの口座開設にはいくつかの手順が必要です。

本人確認書類も用意する必要がありますし、開設までに数日かかるケースもあり、取引を始めるまで待たされる可能性もあります。

しかし、デモトレード口座なら本取引口座と違って入力項目は少ないですし、申し込みしたらすぐに取引を始めることが可能です。

特に、「DMM FX」ならメールアドレスとニックネームだけで簡単に開設できるので、手軽に取引したい方におすすめです。

デモトレードを利用する3つのデメリット

デモトレードは資金を失うことなく取引できて便利ですが、次のようなデメリットについても理解しておきましょう、

デモトレードのデメリット
  • 緊張感がない
  • 有効期限がある
  • 使えないツールもある

(1)緊張感がない

デモトレード最大の欠点は、緊張感がないことです。

本来、FXトレードは自分の資金を使って行うため、損失が出ないように慎重に取引を行ったり、真剣にチャート分析を行うもの。

しかし、デモトレードはいくら失敗しても損失が出ない分、どうしても取引に対する真剣さが失われてしまいます。

デモトレードは、どうしてもゲーム感覚になってしまうのが初心者にとってよくありません。

(2)有効期限がある

デモトレードには有効期限があります。

期限を迎えても、また登録し直せば実質無制限に使えますが、手間がかかりますしチャート設定などがリセットされてしまうのが面倒です。

ただし、中には無期限でデモトレードができる証券会社もあります。

(3)使えないツールもある

デモトレードは本番環境とまったく同じとは限りません。

中には、リアルトレードとは違うツールを提供していたり、一部機能を制限していたりする証券口座もあります。慣れてくると、物足りなく感じてしまうことも多いでしょう。

なお、GMOクリック証券なら本番と変わりない環境で取引できるのでおすすめです。

デモトレードと少額取引どちらが良いのか

PCを見て悩む男性

FXの練習をするなら、少額取引の方がおすすめです。

リアルトレードでは、少額とはいえ自分の身銭を切って取引しているため、デモトレードよりも真剣に向き合うことになります。

わずかながらリアルマネーが増えることもあるため、モチベーションも保ちやすいでしょう。

とはいえ、まったく仕組みや操作方法がわからないまま、本番取引に移行するのはおすすめできません。

一番最初はデモトレードで基本的な知識や操作を身に付け、それから少額取引に移行すると良いでしょう。

なお、「松井証券」なら1通貨単位から取引可能です。わずか数百円からでも取引を始められますので、資金がない方はぜひ活用しましょう。

デモトレードで身に付けたい3つのスキル

不動産投資ローンの金利

デモトレードはなんとなく行っても上達しません。

本番環境に移行する前に、次のようなスキルを身に付けることを意識しましょう。

デモトレードで身に付けたいスキル
  • 注文方法
  • 取引ルール
  • トレードスタイル

それぞれ詳しく解説します。

(1)注文方法

デモトレードを行うなら、さまざまな注文方法を試してみましょう。

FXには次のような注文方法があります。

FXの注文方法
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO注文
  • トレール注文

たとえば、成行注文は現在表示されているレートで売買する方法で、指値・逆指値は指定した価格に到達したときに初めて取引する方法です。

状況に応じて、注文方法を使い分けられるようになっておきましょう。

(2)取引ルール

義業計画書

真剣に利益を出したいなら、取引ルールを決めておきましょう。

エントリーの根拠や損切りタイミングをはっきり決めておけば、余計なエントリーやロスカットを防げます。自分の手法がどれくらいの勝率なのか、分析できるのも利点です。

取引のルールは人それぞれ。デモトレードを何度も行い、試行錯誤を繰り返しながら、少しずつ自分なりのルールを確立させていきましょう。

きちんと利益を出したいなら、ルールを決めるのは必須だと言えます。

(3)トレードスタイル

トレードスタイルについても決めておきましょう。

FXには、大きく分けて以下4つのスタイルがあります。

FXの取引スタイル
  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイング
  • ポジション

たとえば、常にチャートに張り付けていられるなら、短期取引を繰り返す「スキャルピング」も可能です。

逆に、仕事や家事で忙しいサラリーマンや主婦は、エントリー後ある程度値動きを任せる「デイトレード」や「スイング」が向いていると言えるでしょう。

放置が良いなら、スワップポイント狙いの「ポジション」を選ぶのも手です。

無理なく続けるためにも、取引方法はライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

デモトレード以外にFX取引を上達させる3つの方法

調べる

何も、取引の上達方法はデモトレードだけではありません。

次のような方法を活用すれば、デモトレードに加えてさらに技術を向上させられます。

トレードを上達させる方法
  • 試行回数を増やす
  • 負けを分析する
  • うまい人のトレードを見る

ひとつずつ実際に試していきましょう。

(1)試行回数を増やす

勝てるようになるには、試行回数を増やすことが大切です。

取引の勝率を測るには「分析」が必要ですが、この分析の精度は、どれくらい取引を繰り返してきたかで変わります。

たとえば、100回の取引結果と1,000回の取引結果では、後者の方が信憑性が高いと言えるでしょう。

正しく取引を分析するには、ある程度の試行回数が必須です。

取引スタイルは、試行回数を稼ぎやすいデイトレやスキャルピングを選ぶのも良いでしょう。

(2)負けを分析する

注意点

負けを分析することも重要です。

トレードで勝てない人の特徴として、自分の取引を分析しないことが挙げられます。トレードの分析をしなければ、どこに問題があるのかわからず、永遠に負けを繰り返すことになるでしょう。

負けから原因を探るためにも、前述した試行回数の確保も重要になってきます。

負けは完全に無駄にはなりません。負けから自分のトレードの問題点を洗い出し、改善していくことで、少しずつ勝てるトレードができるようになるのです。

(3)うまい人のトレードを見る

上手い人のトレードを見るのもおすすめです。

自分の知識や経験だけで取引しようとすると、どうしても限界が生じます。YouTubeやコミュニティなどで勝てている人のトレードを見ることで、新たな気づきが生まれるかもしれません。

ただし、取引スタイルは人によって異なります。まずはスタイルや手法を決め、そのやり方に近い人から学びを得ると良いでしょう。

自分に近いスタイルの人でも、まったく違う手法が得られる可能性があります。

なお、次項ではおすすめのFX口座を紹介しています。

同じデモトレードでも、口座によって取り扱っている通貨ペアやツールなどは大きく異なりますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのFX口座

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 業界最小水準のスプレッド!
  • PC・スマホともに充実した取引ツール
  • 手数料や金利が比較的安い

GMOクリック証券は、業界最安水準の取引コストで取引できるFX会社です。取引手数料は0円スプレッドは原則固定でドル円が0.2銭と狭く設定されています。
※公式サイトより

スマホ・PCいずれも取引ツールが充実しており、チャンスを逃さずに取引できます。さらに、入金はネットバンキング・銀行振込・投資信託から引き落としなど、複数の方法が選択可能です。

 インターネットバンキングでの入金なら、24時間365日リアルタイムで入金が反映しますよ。

サポートも充実しており、問い合わせフォーム・電話で連絡可能です。いずれの問い合わせ方法でも24時間窓口が営業しており、緊急の質問にも対応可能な体制になっています。
24時間電話でサポートを受け付けているのは、いざというときにうれしいポイントですね。
業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

GMOクリック証券の基本情報

会社名 GMOクリック証券株式会社
最小取引単位 10,000通貨
通貨ペア数 20種類
スプレッド(原則固定)

ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ユーロ/米ドル 0.4pips
など

最短即日取引
デモ取引

※参照 GMOクリック証券 公式サイト

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

DMM FX

DMM FX

DMM FXのおすすめポイント
  • 口座維持手数料など各種手数料無料
  • 充実したサポート
  • FX口座数が80万口座を突破
    ※公式サイトより

DMM FXは、動画やゲームサービスで有名な、DMMグループのFX会社です。口座維持手数料や出金手数料などの、各種手数料が無料な点が魅力的です。

口座開設もスムーズで、スマホから本人確認を完了すると、最短1時間で取引スタート可能です。

 スマホ1台で入力から本人確認まで全て行えます。

さらにサポートも充実しており、営業日は24時間、電話・メールで問い合わせを受け付けています。

LINEからも気軽に問い合わせできますよ。
また、口座開設・新規取引数量に応じて最大20万円のキャッシュバックがあります。

DMM FXの基本情報

会社名 株式会社DMM.com証券
最小取引単位 10,000
通貨ペア数 21種類
スプレッド

ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.50銭
ポンド/円 1.0
pips
など

最短即日取引 即日
デモ取引

※参照 DMM FX 公式サイト

LINE FX

LINE FX

LINE FXのおすすめポイント
  • 業界最高水準のスワップポイント
  • 経済指標・急変動をLINEで知らせてくれる
  • LINEで問い合わせ可能
    ※公式サイトより

チャットアプリで有名なLINEが提供するFXサービスです。23種類の通貨ペアが用意されており、選択肢が豊富です。

LINE FXでは取引手数料などの各種手数料が無料で取引可能です。取引に発生するコストはスプレッドのみのため、取引コストは低い口座と言っていいでしょう。

 スプレッドは業界最安水準と公式サイトでうたっているだけあり、狭い

また口座開設も非常にスムーズで、スマホ1台で最短3分間で申し込み完了できます。

今なら口座開設&取引で、最大56000円がもらえるキャンペーン開催中です。※キャンペーン開催期間未定
LINEでアラートを受け取れる! LINE FX
無料口座開設はこちら

LINE FXの基本情報

会社名 LINE証券株式会社
最小取引単位 1000通貨
通貨ペア数 23種類
スプレッド

ドル/円 0銭
ユーロ/円 0.銭
ポンド/円 0.銭 

など

最短即日取引 あり
デモ取引 無し

※参照 LINE FX 公式サイト

LINEでアラートを受け取れる! LINE FX
無料口座開設はこちら

まとめ

初心者はデモトレードから始めるのもおすすめです。

デモトレードであれば、いくら失敗しても資金が減ることはないため、知識のない方でも安心して取引を始められます。

とはいえ、デモトレードは本番環境とは異なるのも事実。まずはデモ口座で最低限の知識や操作を身に付けたら、証券口座で本口座開設を行うと良いでしょう。

なお、デモトレードを始めるなら以下の口座がおすすめです。

デモトレードにおすすめの口座
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • DMM FX
  • 松井証券
  • みんなのFX

もっともおすすめなのは「GMOクリック証券」です。

GMOクリック証券のデモトレードでは、本番環境と変わりないツールやチャートを利用できます。チャートの分割機能がアプリでも使えるため、本格的に取引を始めたい方にも役立つでしょう。

これからデモトレードを始めるなら、ぜひ「GMOクリック証券」に登録してみてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事