FX手数料

FX取引を始めてみたいけど、手数料がどれくらいかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

なぜなら「FXの取引手数料は無料です」と書いてあるところがあれば、また別のサイトで「FXの取引手数料では、スプレッドが手数料になる」と書いてあったりするからです。

実際のFX取引の手数料はいくらかかるの?と疑問をお持ちの方も多いかと思います。実は、FX会社によって手数料は変わってきます。FX取引などの投資では、手数料を知ることが非常に需要です。

そこで今回は、FXの取引手数料やスプレッドを詳しく解説し、おすすめのFX会社5選を厳選してご紹介します。

これからFX取引を始めてみたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

FXの取引手数料

手数料と書かれた積み木

FXの取引手数料は、FXの売買取引を行うときの各種手数料のことをいいます。主なFX取引の手数料は以下の通りです。

主なFX取引手数料
  • FX口座開設手数料
  • FX口座維持手数料
  • FX入出金手数料
  • FX取引手数料
  • FXロスカット手数料
  • FX両替手数料
  • FX手数料の消費税

    しかし、FXの取引手数料は、ほとんどのFX会社で無料となっています。

    FXの取引手数料はほとんどのFX会社が無料のため、スプレッドが実質的なコストに該当します。

    FX取引のスプレッドとは

    スマホで株価チャートを見る

    FX取引の際に発生するスプレッドとは、通貨ペアごとにあらかじめ設定されている為替レートの買値(ask)と売値(bid)の差のことをいいます。

    スプレッドの取引手数料の例を挙げると、スプレッドが0.5銭の場合、1000通貨で0.5円、1万通貨で50円なります。

    スプレッドは変動する

    利用するFX会社の中には、スプレッドが原則固定なっていることがあります。

     しかし、同じFX会社で同じ通貨ペアで取引をしたとしても、スプレッドが常に一定することはありません。

    原則固定方式でもスプレッドが変動するケースは、以下の通りです。

    原則固定方式でもスプレッドが変動するケース
    • 重要な経済指標の発表前後
    • クリスマスなどの年中行事
    • 災害やテロなどの突発的な報道
    • 早朝や年末年始

      米国雇用統計などの重要な経済指標の発表前後にはスプレッドが拡大しやすいため、なるべく取引をしないのが無難です。

       また、災害やテロなどの突発的な事象でも相場に影響が出やすい特徴があります。

      最近では、新型コロナウイルス感染症(コロナショック)の影響によって、相場の大変動が起こりスプレッドが急拡大しました。

      早朝や年末年始といった、必ず訪れる時間帯や時期にもスプレッドは変動します。取引参加者が少ないと取引量が減少し、市場の流動性が下がってしまうため、スプレッドが拡大しやすいです。

      上記のことを踏まえて、スプレッドが変動しやすいタイミングに注意をしながらFX取引を行いましょう。

      FX取引はスプレッドが狭いFX会社を選ぶ!

      電卓

      ここまでで、スプレッドが変動しやすい時期やタイミングを大体はご理解いただけたのではないでしょうか?

       しかし、スプレッドの変動に対応するには、取引の時期やタイミングを考慮するだけでなく、スプレッドの幅が狭い会社を選ぶことも大切です。

      スプレッドは通貨ペアによって異なりますが、ドル円だと0.2銭以下であればスプレッドは狭いといえるでしょう。

      以下では、主要なFX会社のスプレッドを一覧表でご紹介します。

      FX会社 USD/JPY(米ドル/円) EUR/JPY(ユーロ/円) GBP/JPY(ポンド円) AUD/JPY(オーストラリアドル/円) NZD/JPY(ニュージランドドル/円)
      DMM FX 0.2銭

      0.5銭

      1.0銭

      0.7銭

      1.2銭

      LINE FX 0.2銭

      0.5銭

      1.0銭

      0.7銭

      1.2銭

      SBI FX トレード 0.2銭

      0.5銭

      1.0銭

      0.7銭

      1.2銭

      外為どっとコム 0.2銭

      0.4銭

      0.6銭

      0.4銭

      1.0銭

      GMOクリック証券 0.2銭

      0.5銭

      1.0銭

      0.6銭

      1.2銭

      みんなのFX 0.2銭

      0.4銭

      0.8銭

      0.6銭

      1.0銭

      LIGHT FX 0.2銭

      0.4銭

      0.9銭

      0.6銭

      1.0銭

      インヴァスト証券 0.3銭

      0.5銭

      1.0銭

      0.6銭

      1.7銭

      外貨ex byGMO株式会社 0.2銭

      0.5銭

      0.9銭

      0.6銭

      1.2銭

      MATSUI FX 0.2銭

      0.5銭

      1.1銭

      0.7銭

      1.2銭

      スプレッドが横並びなっているFX会社は、スプレッドの変動を抑える原則固定方式を採用しています。

       スプレッドの幅が固定されていると安定はしますが、最初からスプレッドが広く設定されている傾向があるので注意しましょう。

      一方、変動スプレッドの場合は、その時のレートによってスプレッドの幅が決定するため、固定スプレッドより狭くなる場合もあります。

      FX会社を選ぶ際には、取引のタイミングや時間帯を考慮し、変動スプレッドか固定スプレッドのどちらで利用すべきか判断しましょう。

      ‎また、変動スプレッドか固定スプレッドのどちらで利用すべきかを、FXの取引量によって使い分ける方法もあります。

      取引量が少ない場合は変動スプレッドで、取引量が増えたらその分リスクも高まるので、固定スプレッドのFX会社に切り替えると良いでしょう。

      FXでスプレッドの狭い証券口座を選ぶコツを紹介

      スプレッド

      この項目では、FXでスプレッドの狭い証券口座を選ぶコツについて紹介します。

      これからFXを初める方で、証券口座をまだ開いていない方、証券口座選びで迷っている方は参考にしてみてください。

      FXでスプレッドの狭い証券口座を選ぶコツ
      • スプレッドが固定か変動か
      • スプレッド値の狭さ
      • 手数料

      それでは実際にFXでスプレッドの狭い証券口座をみてみましょう。

      スプレッドが狭い証券口座を選ぶことによって、取引コストを安く済ませられます。

      スプレッドが固定か変動か

      スプレッドには「変動スプレッド」と「固定スプレッド」の2つがあります。

      変動スプレッドは為替相場と同じように常に変動していますが、固定スプレッドは変動せずに常に一定です。

      変動スプレッドは変動するものの、非常に狭いスプレッドで取引ができることもあります。それと同様にスプレッドが開きすぎることもあり、取引のコストが高くなることもあるのです。

      反対に固定スプレッドとは、変動リスクをなくすために常に一定にしたものです。とはいえ、固定スプレッドでも経済指標の発表後は大きくスプレッドが開くこともあります。

       固定スプレッドのほうが変動しにくく、安定して取引ができて有利です。多くの証券会社は原則固定を採用しています。

      スプレッド値の狭さ

      証券会社によってスプレッド値の狭さは異なります。自分が取引する通貨ペア同士でスプレッド比較をしてみましょう。

       

       初心者のうちは米ドル/円のような通貨量の多いペアを選ぶことをおすすめします。

       

      各証券会社同士を比較してみて、その中でより狭いスプレッドのところを選ぶと取引コストを抑えられます。

      取引では利益が出ているものの、スプレッドにより損益がマイナスになってしまうことを手数料負けといいます。

      手数料

      できるだけ手数料が無料な証券口座を選びましょう。スプレッドが狭かったとしても、手数料で高いコストが発生すれば意味がありません。むしろ、余計に取引コストが発生する場合もあります。

       

       取引を行ううえでかかるコストは把握しておくのがおすすめ

       

      最近は手数料が無料の口座も増えていますが、念の為に確認をしておきましょう。

       

      加えてキャンペーンで比較してみるのもおすすめです。キャンペーンがあれば、お得に取引ができます。

      FXでスプレッド以外に注意するべきポイント

      スプレッド

      次はFXでスプレッド以外に注意するべきポイントについて見てみましょう。具体的に、スプレッド以外に注意するべきポイントは次の5つです。

      FXでスプレッド以外に注意するべきポイント
      • 高いレバレッジでの取引は控える
      • 余剰資金での取引することを意識する
      • ルールに基づいた取引を行う
      • できる限りロスカットを防ぐ
      • 損切りを決めておく

      FXは少ない資金で大きい利益を得られますが、その分リスクが大きいものでもあります。そのため、スプレッド以外にも注意するべきポイントがあります。それぞれのポイントを詳しくみてみましょう。

      損失のリスクを下げるためにもこれから紹介するポイントを押さえておきましょう。

      高いレバレッジでの取引は控える

      高いレバレッジでの取引は少ない資金で大きい利益を得られますが、その分損失リスクが高いデメリットもあります。

       取引に慣れていない初心者が高いレバレッジでの取引をするには非常に危険です。

      FX=リスクが高いといわれているのは、このレバレッジが理由です。まずは低レバレッジで取引を初めて、慣れるごとにレバレッジを高くしていきましょう。

      ハイリスク・ハイリターンな取引はできるだけ避けるのが懸命です。

      余剰資金での取引することを意識する

      FXを含め投資は余剰資金で取引を行うことが前提です。本業でFXを行っている方もいますが、それは非常にリスクが高い行為です。

       副業や初心者の方は余剰資金での取引をして、できるだけ余裕がある状態で意識しましょう。

      崖っぷちで行う取引は冷静な判断ができず、むしろ損失リスクを高めるため要注意です。

      上級者でも必ず利益を得られるわけではないFXで、初心者が生活費をかけるのは非常に損失リスクが高い行為です。

      ルールに基づいた取引を行う

      FXで利益を得るためには、感情に流されずにルールに基づいた取引を行うことも重要です。

       期待を持ったことにより損切りラインが曖昧になったり、無茶な取引をしたりすると、プラスへ持っていくことは困難です。

      後ほど紹介しますが損切りするラインを決める、感情が高ぶっているときは取引を行わないなど、ルールに基づいて取引を行いましょう。

      FXで重要なのは冷静かつ理論に基づいた判断です。

      できる限りロスカットを防ぐ

      ロスカットは、一定の損失が発生すると業者が自動で強制決済をす仕組みのことです。本来、ロスカットは大きな損失から投資家を守るものです。

      例えばロスカット率が50%であれば、含み損が保有資金の5割になった時点で強制決済されます。しかし、ロスカットは取引の自由度を下げるものでもあります。

       ロスカット率を把握し、それに基づいて戦略を立てることが重要です。

      証券会社によってはロスカット率の変更もできるため、そちらも確認しておきましょう。

      ロスカット率を下回らないように戦略を立てていきましょう。

      損切りを決めておく

      損切りを決めておくことで、損失を最小限に留めることができます。期待を込めて損切りができなければ、損失は拡大していきます。

       損切りは総資金の2%が目安です。継続して取引を行えることを基準に、損切り幅を決めていきましょう

      いかに損失リスクを抑えられるかは、FXにおいて重要なことです。

      ルールに基づいて取引を行うことで、損失の拡大を防ぐことができます。

      FX取引におすすめのFX会社5選

      ここでは、FX取引におすすめのFX会社5選をご紹介します。

      DMM FX

      DMM FX

      DMM FXは、DMMグループに属している非常に高い知名度を持つFX会社です。

      口座開設件数は80万件以上と国内最多であり、豊富な取引ツールを用意していることからプロトレーダーからも人気があります。

       FX取引の各種手数料は無料なっており、スプレッドも狭いため低コストで利用しやすいところが魅力です。

      DMM FXのスプレッドは以下の通りです。

      通貨ペア

      スプレッド

      USD/JPY(米ドル/円)

      0.2銭

      EUR/JPY(ユーロ/円)

      0.5銭

      GBP/JPY(ポンド円)

      1.0銭

      AUD/JPY(オーストラリアドル/円)

      0.7銭

      NZD/JPY(ニュージランドドル/円)

      1.2銭

      ただし最低入金額が5,000円からとやや高額で、最低出金額についても2,000円以上となっています。

      また、最小取引通貨単位が10,000通貨なのでUSD/JPY(ドル/円)であっても最低数万円が必要です。

      とはいえ、デモトレードにも対応していたり、お得なキャンペーンを定期的に行ったりしているので、初めてFX取引をしたい方にもおすすめです。
      運営会社 株式会社DMM.com証券
      本社所在地 〒103-6010
      東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
      問い合わせ 0120-961-522

      出典:DMM fx

      LINE FX

      LINE FX

      LINE FXは、通信大手のLINEが2020年の3月に提供を開始したサービスです。

       為替レートの変動や経済指標など、FXに関する情報をLINEで受け取ることができます。

      LINE FXのスプレッドは以下の通りです。

      通貨ペア

      スプレッド

      USD/JPY(米ドル/円)

      0.2銭

      EUR/JPY(ユーロ/円)

      0.5銭

      GBP/JPY(ポンド円)

      1.0銭

      AUD/JPY(オーストラリアドル/円)

      0.7銭

      NZD/JPY(ニュージランドドル/円)

      1.2銭

      LINE FXは、1,000通貨からの少額取引が可能なのでリスクを抑えたい方におすすめです。

      サービスの提供開始からまだまだ日は浅いですが、これからどんどんアップデートが期待できるでしょう。
      運営会社 LINE証券株式会社
      本社所在地 〒141-0033
      東京都品川区西品川一丁目1番1号住友不動産大崎ガーデンタワー22階
      問い合わせ 公式サイトから行う

      出典:LINE fx

      SBI FX トレード

      SBI

      SBI FX トレードは、SBIホールディングスが運営しているサービスで、最小1通貨からの取引が可能です。

      取り扱い通貨ペア数は、合計34通貨ペアとなっています。

      SBI FX トレードは、数多くあるFX会社の中でも豊富なペア数を誇っています。

      SBI FX トレードのスプレッドは以下の通りです。

      通貨ペア

      スプレッド

      USD/JPY(米ドル/円)

      0.2銭

      EUR/JPY(ユーロ/円)

      0.5銭

      GBP/JPY(ポンド円)

      1.0銭

      AUD/JPY(オーストラリアドル/円)

      0.7銭

      NZD/JPY(ニュージランドドル/円)

      1.2銭

      また、SBI FX トレードでは積立FXも利用できるため、レートを見なくても取引を行うことが可能です。

      まずは、少額からFXを始めてみたいという方は、SBI FX トレードがおすすめです。
      運営会社 SBI FXトレード株式会社
      本社所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
      問い合わせ

      固定電話から:0120-982-417

      携帯電話から:03-6747-2909

      出典:SBI FXトレード

      最大5万円キャッシュバック SBI FXトレード
      無料で口座開設してみる

      外為どっとコム

      外為どっとコム

      外為どっとコムは、数多くあるFX会社の中でも歴史の長いサービスです。

       外為どっとコムは、一流アナリストによる相場分析やFXを初歩から学べる情報コンテンツのほか、値動きの自動予測ツールなど、初心者から熟練者まで利用しやすい体制が整っていることが特徴です。

      外為どっとコムのスプレッドは以下の通りです。

      通貨ペア

      スプレッド

      USD/JPY(米ドル/円)

      0.2銭

      EUR/JPY(ユーロ/円)

      0.4銭

      GBP/JPY(ポンド円)

      0.6銭

      AUD/JPY(オーストラリアドル/円)

      0.4銭

      NZD/JPY(ニュージランドドル/円)

      1.0銭

      各種手数料についても全て無料となっていることに加え、口座への最低入金額が1,000円から可能です。

      そのため、一度に大きな資金を用意することが難しい方や、少額ずつ取引したい方にとっても非常に使い勝手が良いでしょう。
      運営会社 株式会社外為どっとコム
      本社所在地 東京都港区東新橋二丁目8番1号 パラッツォアステック4階
      問い合わせ 0210-430-225

      出典:外為どっとコム

      GMOクリック証券

      GMOクリック証券

      GMOクリック証券は、口座開設数70万件突破の実績を持ち、FXの取引高世界第1位を誇る国内最大手のFX業者です。
      ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

      利用者数の多さや高機能な取引ツールが充実しており、初心者からプロトレーダーまで人気があります。

      GMOクリック証券のスプレッドは以下の通りです。

      通貨ペア

      スプレッド(原則固定・1万通貨)

      USD/JPY(米ドル/円)

      0.2銭

      EUR/JPY(ユーロ/円)

      0.5銭

      GBP/JPY(ポンド円)

      1.0銭

      AUD/JPY(オーストラリアドル/円)

      0.6銭

      NZD/JPY(ニュージランドドル/円)

      1.2銭

      また、GMOクリック証券は、スマホやPCだけでなくApple Watchにも対応しており、チャート分析やアラート通知を受け取ることができます。

      スマホからのスピード本人確認を利用することで、最短即日でFX取引が可能です。

      運営会社 GMOクリック証券株式会社
      本社所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
      問い合わせ

      固定電話から:0120-727-930

      携帯電話から:03-6221-0190

      出典:GMOクリック証券

      FX手数料に関するよくある質問

      FX手数料にはどんなものがある?
      FX口座開設手数料、FX口座維持手数料、FX入出金手数料、FX取引手数料、FXロスカット手数料、FX両替手数料、FX手数料の消費税などがあります。
      ただし、これらの手数料はほとんどのFX会社で無料なっている場合が多いです。
      口座開設手数料を請求される業者ってあるの?

      基本的にありません。口座開設だけなら無料としている業者は非常に増えてきているので、口座開設によって手数料を支払うことはほとんどないと考えて良いでしょう。

      逆に、手数料を請求している業者は、その分開設をする人が減ってしまう恐れにつながるので無駄に損をしていることになります。

      FX手数料とスプレッドの違いは?

      FX手数料はほとんどのFX会社で無料となっているため、FXで手数料が発生するのはスプレッドがメインなります。

      ドル円のスプレッドを例にすると、「ドルを円に換金したい」場合と「円をドルに換金したい」場合の価格の差をいいます。

      FX手数料が安いおすすめの業者はどこ?

      取引量によって変わりますが、1,000通貨までの少額取引であればSBI FX トレードです。

      1,001通貨以上の取引をするのであれば、スプレッドが低水準の外為どっとコムやGMOクリック証券などがおすすめです。

      FXのスプレッドによるコストはいつ払っているの?

      FXのスプレッドによるコストは、常に取引の損益にあらかじめ反映されています。

      そのため、スプレッド分のコストを別途支払ったり、口座の残高から引かれたりするようなことはないので安心してください。

      両建てをした場合スプレッドは発生するの?

      両建ては、同じ通貨ペアで買いと売りの両方のポジションを同時に持つことをいいます。

      両建てを行うと、買いと売りの2つのポジションを保有することになるため、スプレッドによる手数料も2倍なります。

      スプレッドは固定ですか?

      スプレッドの幅が固定されていると安定はしますが、最初からスプレッドが広く設定されている傾向があるので注意しましょう。

      一方、変動スプレッドの場合は、その時のレートによってスプレッドの幅が決定するため、固定スプレッドより狭くなる場合もあります。

      FX会社を選ぶ際には、取引のタイミングや時間帯を考慮し、変動スプレッドか固定スプレッドのどちらで利用すべきか判断しましょう。

      まとめ

      いかがでしたか?このように、FX手数料にはさまざまなものがありますが、ほとんどのFX会社では無料となっています。

      一方で、FX取引には必ずといっていいほどスプレッドによる手数料が発生します。FX取引をする際には、スプレッドが変動しやすいタイミングを理解しておくことが大切です。

      また、FX会社によってスプレッドの広さも変わってくるので、取引量やスプレッドの方式を考慮しながら選ぶようにしましょう。

      FX取引は、ルールや手数料を詳しく理解することが重要です。安全に取引をするためにも、取引手数料を理解し、無理のない投資を心がけましょう。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事