株とFXの違い

「FXと株式投資ってどう違うの?」
「自分はどちらを選んだ方が良い?自分に合った投資方法の選び方を知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

FXと株式投資では、投資対象や取引できる時間、リスクなどが大きく異なります。両者の違いだけでなく、自分の投資スタイルも加味した上で検討する必要があるでしょう。

この記事では、FXと株式投資で迷っているあなたのために、両者の違いや選び方、他の投資方法についても紹介しています。

あなたに合った投資方法が簡単に見つけられますので、ぜひ最後までご覧ください!

株とFXの違いとは?どちらを選ぶべきか解説

FXと株式投資では、投資対象から取引時間まで大きく異なります。

どちらを選ぶべきかは、あなたの投資目的やライフスタイルによって大きく変わってくるため、一概には言えません。

まずはFXがおすすめなのは次のような人です。

FXがおすすめな人
  • 少額取引したい
  • 好きな時間に取り組みたい
  • 楽しみながら投資したい

次に、株式投資がおすすめなのは次のような人です。

株式投資がおすすめな人
  • ある程度資金がある
  • 情報収集が嫌いではない
  • 配当や優待に魅力を感じる

持っている資金や投資目的に応じて、どちらを選ぶか決めましょう。

株とFXの違いをわかりやすく解説

FXと株式投資は同じ投資とはいえ、大きく異なるもの。

特に大きな違いは以下の5つです。

FXと株式投資の大きな違い
  • 投資対象
  • 値動きの大きさ
  • レバレッジの大きさ
  • 取引時間
  • インカムゲイン

まずは両者の違いを明確に理解しておきましょう。

(1)投資対象

FXと株式投資では、投資対象が異なります。

まずFXの投資対象は、各国政府が発行しているドルや円、ユーロなどの「通貨」です。基本的に2つの通貨を組み合わせた「通貨ペア」で取引を行い、ペアによって値動きなども異なります。

次に株式投資では、もちろん株式が対象です。

 株式とは
株式会社と呼ばれる企業が、資金調達のために発行する証券のこと。株式を購入するのは、その企業に投資するのと同じ意味を持つ。

株式投資では、日本以外にも米国や中国など、幅広い株式に投資できます。また、複数の株式をまとめた「投資信託」や「ETF」などの証券に投資することも、広義で言えば株式投資だと言えるでしょう。

(2)値動きの大きさ

値動きが異なると、利益の出しやすさやリスクが異なります。

まずFXはそこまで大きく値動きしません。

通貨の価格があまりに大きく変動すると、通貨を利用している国民が困るため、政府や中央銀行が値動きを抑えているのです。

 値動きは通貨によって異なる
ドルや円など先進国通貨は、値動きが安定しているが、発展途上国の通貨は比較的値動きが大きい傾向にある。

一方、株式は通貨よりも値動きが大きいです。

企業が大きく成長して投資家から評価されれば、短期で大きな成長を遂げることもありますし、反対に不祥事などで大暴落する可能性もあります。

企業が倒産すれば、株式の価格は0円となるため要注意です。

(3)レバレッジの大きさ

FXと株式投資では、掛けられるレバレッジも変わります。

 レバレッジとは
保有資金の数倍もの取引ができる仕組み。資金が10万円で4倍のレバレッジをかければ、40万円分の取引ができる。

FXは株式投資よりもレバレッジが大きく、国内だと最大25倍です。

レバレッジが大きいと少額から大きな利益を狙えますが、その分損失も大きくなりやすいため、判断を誤ると大損失を招いてしまいます。

一方、株式投資はレバレッジがありません。信用取引なら最大3.3倍のレバレッジを掛けられますが、それでもFXと比べると小さめです。

(4)取引時間

不動産投資セミナーの講師

FXは平日なら24時間いつでも取引できます。

早朝や夜中の取引もできるため、忙しいサラリーマンや主婦の方でも、時間を見つけて取り組みやすいと言えるでしょう。

最近ではスマホから取引できるため、外出が多い方でも安心です。

一方、株式の取引時間は以下の時間に限られます。

午前 9:00〜11:30(平日のみ)
午後 12:30〜15:00(平日のみ)

取引時間の短さは一見デメリットですね。しかし、取引時間外は値動きしないため、忙しい方でも値動きを追いやすいのは利点だと言えるでしょう。

(5)インカムゲイン

投資の利益には以下の2種類があります。

投資の利益の種類
  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

それぞれの違いですが、キャピタルゲインは資産の値動きによって得られる利益で、インカムゲインは資産を保有しているだけで得られる利益のを指します。

FXのインカムは「スワップポイント」です。

スワップとは通貨の金利差を指し、南アフリカランドに代表される高金利通貨を保有することで、日をまたいだときにスワップポイントを受け取れます。

 スワップポイントはマイナスになることも
低金利の通貨ペアだと、日をまたいだときにスワップポイントを支払わなければなりません。

株式のインカムは「配当金」や「優待」です。ただし、配当や優待の有無や大きさは、銘柄によって大きく変わってくるため注意しましょう。

株と比較したFXのメリット5つ

ポイントが貯まる

FXは株式投資と比較すると、次のようなメリットがあります。

FXのメリット
  • 少額から始められる
  • 24時間取引できる
  • 下落しても利益を狙える
  • 短期間で稼げる
  • 自動売買を活用しやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)少額から始められる

FXの魅力は少額から投資できることです

株式投資は、基本的に100株単位での取引になるため、具体的には数十万円単位のお金が必要になります。

一方、FXは証券口座によってはお小遣いのような額からでも取引できるため、資金の少ない学生や主婦でも取り組みやすいと言えるでしょう。

特に「松井証券」のように1通貨単位から取引できる口座なら、ほんの数百円でリアルトレードができるため、練習する機会も多いです。

練習ならデモトレード口座が用意されているので、そちらもおすすめです。

(2)24時間取引できる

前述した通り、株式投資は平日の限られた時間のみしか取引できないため、忙しい方にとって取引しにくいのが欠点です。

しかし、FXなら24時間いつでも取引できます。

特に、学生や主婦、サラリーマンなど日中どうしても時間を空けられない方は、ぜひFXに取り組んでみると良いでしょう。

ただし、株式投資でも指値注文は可能なので、まったく取引できないわけではありません。

(3)下落しても利益を狙える

FXは下落局面でも利益を狙えます。

FXでは現金ではなく「証拠金」を用いて取引を行うため、取引したい通貨を一度売却して後で買い戻すことで、下落しても利益を狙うことが可能です。

通貨ペアが上昇すると予想するなら買い、下落すると予想するなら売りでエントリーしましょう。

下落ばかりのトレンドでも、チャンスが生まれるのは嬉しいポイントですね。

(4)短期間で稼げる

FXはレバレッジの大きさが特徴です。

最大25倍までレバレッジを掛けられるため、たとえ値動きが小さかったとしても、大きな利益を狙える可能性があります。

たとえば、1日のうち値動きが0.1pips(0.1円)しか動かなかったとしても、レバレッジを25倍にしていれば2.5円値動きしたときと同じ利益を得られるのです。

当然、損失も同じくらい大きくなるため、リスクについてしっかり理解しておきましょう。

(5)自動売買を活用しやすい

FXは自動売買を活用しやすいのも利点です。

 自動売買とは
相場に応じて自動的にトレードしてくれるツールのこと。

株式にも自動売買はありますが、企業の業績や不祥事などを事前に予測することはできませんから、ツールだけで利益を出すのは難しいです。

しかし、FXはチャートだけを見て相場を分析する「テクニカル分析」でも十分利益を狙えますから、ツールも活用しやすいと言えるでしょう。

自動売買なら、トレードに時間を割かなくても勝手に利益を出してくれます。

株と比較したFXのデメリット3つ

FXは少額から取引できるのが魅力ですが、次のようなデメリットもあります。

FXのデメリット
  • リスクが大きい
  • ロスカットリスクがある
  • 追証を受けることもある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)リスクが大きい

FXは株式投資と比べてリスクが大きいです。

そもそも、FXをはじめとした「信用取引」は資金以上の取引ができる反面、読み間違えると一気に大きな損失を受けるリスクがあります。

特にレバレッジを掛けて取引している場合、相場が思った通りに動いてくれれば良いのですが、反対に動くとあっという間に損失が広がり、資金があっという間に溶けてしまいます。

FXは気軽に取り組める反面、仕組みについて理解していないと危険です。

株式投資でも、信用取引はFXと同じようにリスクが大きいです。

(2)ロスカットリスクがある

FXにはロスカットリスクがあります。

 ロスカットとは
含み損が一定以上に膨らんだことで、強制的に決済されて損失が確定されてしまうこと。

ロスカットされる水準は口座によって異なります。たとえば、含み損が証拠金の50%までになっただけでロスカットされるケースもあるため、取引する際は必ず「ロスカットレベル」を把握しておきましょう。

レバレッジを大きくすると、含み損が膨らみやすくなり、ロスカットされるリスクが高まるため注意です。

(3)追証を受けることもある

FXでは追証(おいしょう)を受けるリスクもあります。

追証とは、損失が証拠金を上回ってしまった際に、証券会社から追加で資金を要求されてしまうことです。

基本的に、追証を受ける前にロスカットが実行されるため、頻繁に追証が発生することはありません。しかし、急な相場変動でロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになってしまうことも考えられます。

追証を受けないよう、大きな値動きの要因については事前に予測しておく必要があるでしょう。

株とFXどちらを選ぶべきか

楽天証券の評判

この項では、FXと株式投資のメリット・デメリットを踏まえ、どちらを選ぶべきか詳しくまとめています。

まだ悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

(1)FXがおすすめな人

不動産査定サイトを使うべき理由

FXがおすすめなのは次のような人です。

FXがおすすめな人
  • 少額取引したい
  • 好きな時間に取り組みたい
  • 楽しみながら投資したい

FXは株式投資と違い、数百円単位から取引できます。

株式投資では、基本的に100株単位から購入することになるため、資金の少ない方ならFX取引の方が適していると言えるでしょう。

取引時間に関しても、平日なら24時間いつでも取引できるため、ライフスタイルに合わせやすいです。最近ではアプリからでも取引できるため、必ずしもパソコンに張り付いている必要はありません。

また、FXは株式投資と比べてややギャンブル性が高い側面があります。堅実な投資をしたい方には向かないものの、楽しみながら投資したい方には良い選択肢だと言えるでしょう。

(2)株がおすすめな人

株式投資がおすすめなのは次のような人です。

株式投資がおすすめな人
  • ある程度資金がある
  • 情報収集が嫌いではない
  • 配当や優待に魅力を感じる

株式投資は、基本的に100株単位での取引となります。

最近では「ミニ株」も登場していますが、すべての銘柄に対応しているわけではないため、やはりある程度資金力は必要になるでしょう。

また、値上がりする株を選ぶにはリサーチが必要不可欠。株価や業績をこまめにチェックするのが苦にならない方でないと、利益を出すのは難しいです。

ただし、株式には配当金や優待もあるため、インカムゲインを目当てにして長期的に保有することも視野に入れてみましょう。

株とFX以外におすすめの投資方法3選

何も投資方法は株とFXだけではありません。

他にも以下のような投資方法があるため、特に堅実な資産形成を求めている方は、ぜひ目を通してください。

他におすすめの投資方法
  • 投資信託
  • 海外ETF
  • REIT

それぞれ詳しく解説します。

(1)投資信託

安定性を求めるなら投資信託が一番でしょう。

投資信託は、株や債券、REITなどの複数の有価証券をまとめた商品のことで、誰でも簡単に分散投資できるのが魅力です。

投資信託は、株のバラエティパックのようなものだと考えてください。

特に、特定の株価指数に連動する「インデックスファンド」は長期的に安定した成長を見せているため、10〜20年の長期を見据えて投資するならおすすめです。

なお、投資信託は「NISA制度」にも対応しています。本来、投資の利益には税金がかかりますが、優遇税制を活用すれば一定期間カットできるため、ぜひ活用しましょう。

NISAはこちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

(2)海外ETF

投資 傾向

投資信託と並び、海外ETFもおすすめです。

ETFとは「Expert Traded funds」の略称で、日本語に直すと上場投資信託を指します。基本的には、ほぼ投資信託と同じものだと考えてもらって良いでしょう。

特に「米国ETF」はおすすめの選択肢です。

ETFには、国内投資信託やインデックスファンドにはない「配当金」があり、米国のETFでは高配当の銘柄も多々登場しています。

逆に、国内ETFはあまり魅力のある銘柄がなく、おすすめできません。

ETFはこちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

(3)REIT

不動産投資ならREITがおすすめです。

REITとはいわゆる「不動産投資信託」のことで、不特定多数の投資家から集めた資金を運用して、不動産投資で得られた利益を分配しています。

本来、不動産投資には数百〜数千万円ほどのまとまった資金が必要になりますが、REITは数万円程度から投資できるのが最大の利点。

こちらも、投資信託の不動産バージョンだと考えればわかりやすいですね。

REITはこちらの記事で解説していますので、参考にしてください。

なお、次項ではおすすめのFX口座を紹介しています。

口座によって取引できる通貨ペアや取引金額が異なりますので、ぜひ参考にしてください!

おすすめFX口座3選

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 業界最小水準のスプレッド!
  • PC・スマホともに充実した取引ツール
  • 手数料や金利が比較的安い

GMOクリック証券は、業界最安水準の取引コストで取引できるFX会社です。取引手数料は0円スプレッドは原則固定でドル円が0.2銭と狭く設定されています。
※公式サイトより

スマホ・PCいずれも取引ツールが充実しており、チャンスを逃さずに取引できます。さらに、入金はネットバンキング・銀行振込・投資信託から引き落としなど、複数の方法が選択可能です。

 インターネットバンキングでの入金なら、24時間365日リアルタイムで入金が反映しますよ。

サポートも充実しており、問い合わせフォーム・電話で連絡可能です。いずれの問い合わせ方法でも24時間窓口が営業しており、緊急の質問にも対応可能な体制になっています。
24時間電話でサポートを受け付けているのは、いざというときにうれしいポイントですね。
業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

GMOクリック証券の基本情報

会社名 GMOクリック証券株式会社
最小取引単位 10,000通貨
通貨ペア数 20種類
スプレッド(原則固定)

ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ユーロ/米ドル 0.4pips
など

最短即日取引
デモ取引

※参照 GMOクリック証券 公式サイト

業界最小水準のスプレッド! GMOクリック証券
無料口座開設はこちら

DMM FX

DMM FX

DMM FXのおすすめポイント
  • 口座維持手数料など各種手数料無料
  • 充実したサポート
  • FX口座数が80万口座を突破
    ※公式サイトより

DMM FXは、動画やゲームサービスで有名な、DMMグループのFX会社です。口座維持手数料や出金手数料などの、各種手数料が無料な点が魅力的です。

口座開設もスムーズで、スマホから本人確認を完了すると、最短1時間で取引スタート可能です。

 スマホ1台で入力から本人確認まで全て行えます。

さらにサポートも充実しており、営業日は24時間、電話・メールで問い合わせを受け付けています。

LINEからも気軽に問い合わせできますよ。
また、口座開設・新規取引数量に応じて最大20万円のキャッシュバックがあります。

DMM FXの基本情報

会社名 株式会社DMM.com証券
最小取引単位 10,000
通貨ペア数 21種類
スプレッド

ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.50銭
ポンド/円 1.0
pips
など

最短即日取引 即日
デモ取引

※参照 DMM FX 公式サイト

LINE FX

LINE FX

LINE FXのおすすめポイント
  • 業界最高水準のスワップポイント
  • 経済指標・急変動をLINEで知らせてくれる
  • LINEで問い合わせ可能
    ※公式サイトより

チャットアプリで有名なLINEが提供するFXサービスです。23種類の通貨ペアが用意されており、選択肢が豊富です。

LINE FXでは取引手数料などの各種手数料が無料で取引可能です。取引に発生するコストはスプレッドのみのため、取引コストは低い口座と言っていいでしょう。

 スプレッドは業界最安水準と公式サイトでうたっているだけあり、狭い

また口座開設も非常にスムーズで、スマホ1台で最短3分間で申し込み完了できます。

今なら口座開設&取引で、最大56000円がもらえるキャンペーン開催中です。※キャンペーン開催期間未定
LINEでアラートを受け取れる! LINE FX
無料口座開設はこちら

LINE FXの基本情報

会社名 LINE証券株式会社
最小取引単位 1000通貨
通貨ペア数 23種類
スプレッド

ドル/円 0銭
ユーロ/円 0.銭
ポンド/円 0.銭 

など

最短即日取引 あり
デモ取引 無し

※参照 LINE FX 公式サイト

LINEでアラートを受け取れる! LINE FX
無料口座開設はこちら

おすすめネット証券3選

LINE証券

LINE証券

LINE証券のオススメポイント
  • スマホ証券利用率№1
  • 業界最低水準の手数料
  • 直感的でシンプルなデザイン!初心者でも使いやすい
    ※公式サイトより

スマホ証券利用率№1の証券会社です。20代投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすいネット証券」№1に選ばれています。

LINEから気軽に口座開設手続きができ、最短翌営業日から取引スタート可能です。

 取引画面はスマホ特化。サクサクと操作でき銘柄探しがカンタンです。

入出金もスムーズで、LINE Payでの入出金なら即座に口座に反映されます。手数料は完全無料でLINEポイントも取引に利用可能です。

なお、投資商品が豊富で株・ETF/REIT・投資信託を取り扱っています。LINE証券のみで、分散投資やつみたて投資もスタートできます。

投資信託の取扱い銘柄は30種類です。少ないようですが、プロが厳選した銘柄のみを取り扱っていると言えます。
最大4,000円相当もらえる! LINE証券
無料口座開設はこちら

LINE証券の基本情報

株式手数料(現物) 【現物取引】
  • 〜5万円:99円(買付55円)
  • 〜10万円:99円(買付99円)
  • 〜20万円:198円(買付115円)
  • 〜50万円:484円(買付275円)
  • 〜100万円:869円(買付535円)
  • 〜150万円:1,056円(買付640円)
  • 〜3,000万円:1,661円(買付1,013円)
  • 3,000万円超え:1,771円(買付1,070円)

※全て税込み

株式手数料(信用) 0円
投資信託本数 30本
取扱い商品
  • 国内株式
  • ETF・REIT
  • 投資信託
  • 信用取引
キャンペーン

口座開設&かんたんなクイズに正解して、最大4000円相当の株がタダでもらえる
※キャンペーン開催期間2021.9.30まで

※参照 LINE証券公式

最大4,000円相当もらえる! LINE証券
無料口座開設はこちら

SBI証券

SBI 証券

オススメポイント
  • SBIグループの証券口座開設中720万突破!
  • 業界屈指の格安手数料
  • IPO銘柄・米国株式取扱
    ※公式サイトより

SBI証券は、国内株式個人取引シェアが№1の証券会社。手数料の安さも特徴で、業界屈指の格安手数料№1を誇ります。

 1日の取引が300円万円までなら、取引手数料が0円です。※1

サポート品質も高く、2020年の問い合わせ窓口格付けで「最高評価」を獲得しています。さらに、米国株式の取扱い数が4008銘柄・ファンドの取扱い数2680本など、とにかく取扱い商品が豊富です。

Tポイントで投資信託を購入できるのも大きな特徴です。買い物や食事で貯まったTポイントで、資産運用可能ですよ。 
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI 証券の基本情報

株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55 円
  • 10万円まで99円
  • 20万円まで 115 円
  • 50万円まで 275 円
  • 100万円まで 535 円
  • 150万円まで 640 円
  • 3,000万円まで 1,013 円
  • 3,000万円まで 1,013 円

    ※全て税込み
株式手数料(信用)

【通常】

  • 10万円まで 99 円
  • 20万円まで 148 円
  • 50万円まで 198 円
  • 50万円超 385 円

【大口優遇】

  • 0円
投資信託本数 2,698本
取扱い商品 国内株式
外国株式
投資信託
債券
外国為替保証金取引(FX)
先物・オプション
CFD(くりっく株365)
金・銀・プラチナ
eワラント
iDeCo(個人型確定拠出年金)
保険
キャンペーン
  • SBIハイブリッド預金の受取利息が100倍!
    ※キャンペーン対象期間:2021/4/20(火)~2021/10/16(土)
  • S株買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン!
    ※キャンペーン期間:2021/8/2(月)~2021/10/29(金)13:30まで
  • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン
    ※キャンペーン期間:2021/9/16(木)~10/29(金)※約定日基準

※参照 公式サイト
※1 手数料定額プラン(アクティブプラン利用の場合)

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

楽天証券

楽天証券

ここがオススメ
  • 総合口座600万円口座突破
  • 投資未経験者が75%
  • 20代~60代以上まで幅広く支持されている

楽天証券は多彩な商品ラインナップ、取引手数料が安さなどが魅力の証券会社です。取扱い商品は、国内外の株式・投資信託・NISAなど多岐に渡ります。

楽天グループでの買い物で貯まった、楽天ポイントを投資の資金にできる仕組みも備わっています。ポイントでの投資なら現金を使わず、気軽に投資デビューできます。

楽天ポイントは、投資信託、国内株式、バイナリーオプションの投資に使用可能です。

取引ツールも充実しておりPC用、スマホ用それぞれが用意されています。どちらでも高機能なチャートを利用でき、取引に役立つ豊富なマーケット情報を得られます。

 スマホ用の取引ツール「iSPEED」は、累計500万超のダウンロード数を誇ります。

低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら

楽天証券の基本情報

株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55円
  • 10万円まで 99円
  • 20万円まで 115円
  • 50万円まで 275円
  • 100万円まで 535円
  • 150万円まで 640円
  • 3,000万円まで 1,013円
  • 3,000万円超 1,070円

※全て税込み

株式手数料(信用)
  • 10万円まで 99円
  • 20万円まで 148円
  • 50万円まで 198円
  • 50万円超 385円

※全て税込み

投資信託本数 2,694本
取扱い商品
  • 国内株式
  • 海外株式・ETF
  • 投資信託
  • 楽ラップ
  • 債権
  • 先物・オプション
  • 楽天FX
  • 外国為替
  • 保険
キャンペーン 信用デビューでもれなく200ポイントプレゼント!
※開催終了時期未定

※参照 公式サイト

低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら

まとめ

株とFXはどちらも大きく異なる投資方法です。

投資対象や取引できる時間、値動きの大きさなどが異なるため、あなたの投資目的やライフスタイルに合わせて選びましょう。

最後に、それぞれどのような人におすすめかまとめました。

FXがおすすめな人
  • 少額取引したい
  • 好きな時間に取り組みたい
  • 楽しみながら投資したい
株式投資がおすすめな人
  • ある程度資金がある
  • 情報収集が嫌いではない
  • 配当や優待に魅力を感じる

なお、FXでは少額取引やデモトレードも可能です。

100株単位からしか取引できない株式投資と比べ、資金的なハードルは低いため、とりあえず何か投資をやってみたい方はFXから始めてみると良いでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事