不労所得がやめとけと言われる理由は?失敗しないポイントを徹底解説

「不労所得を得る」ことは誰もが憧れる収入の獲得方法ではないでしょうか。そんな不労所得ですが、そこにはさまざまなリスクが伴う投資が多く「やめとけ」といった声を良く聞きます。

そこで今回は、不労所得が「やめとけ」と言われる理由や成功の秘訣を徹底解説。また、不労所得で失敗しないポイントやおすすめの不労所得を得る方法もあわせて解説します。

不労所得を低リスクで獲得できる可能性がある投資も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

不労所得とは?

不労所得とは?

不労所得とは「働かずに収入を得る仕組み」ことを指す言葉で、日本ではその多くが不動産投資や金融投資と理解されることが多いです。

しかし、実際に不労所得を獲得している方には、ベンチャー企業などへ積極的に投資するエンジェル投資家などもおり、不労所得の獲得方法が多様化しています。

 不労所得は、投機的によるギャンブル性の高いものから、じっくりと運用する不動産投資や金融投資など、ジャンルもさまざまです。

ただし、比較的安全性の高い投資は「すぐに不労所得が得られる」という確証がなく、比較的時間をかけて構築する必要があります。ここでは「やめとけ」と言われる不労所得の中でも、比較的堅実に運用できる投資について詳しく解説します。

以下では、いきなり大きな投資で大きなリターンを得る方法ではなく、誰でもすぐに開始できる投資法を紹介します。

不労所得はやめとけと言われる4つの理由

不労所得はやめとけと言われる4つの理由

不労所得が「やめとけ」と言われる理由には、主に以下の4つがあります。ここで以下の4つの理由を理解することで、不労所得の獲得に失敗するリスクを大きく減らすことができるでしょう。

不労所得が「やめとけ」と言われる理由
  • すぐには稼げない
  • 初期費用がかかるケースは要注意
  • リスクを伴う投資に注意する
  • 騙される可能性がある

以下で、不労所得が「やめとけ」と言われる理由を詳しく解説します。

すぐには稼げない

基本的に不労所得を得るための準備をしても、すぐに稼ぐことは不可能です。株などの金融投資や不動産投資でも、ある程度安定した収入を得られるまでには時間がかかります

 不労所得を得る方法として「短期間で稼げる」と言われる投資は「ハイリスク・ハイリターン」のためおすすめしません。

リスクの高い投資は、大きな損害を出すことあるだけでなく、詐欺である可能性も否定できません。不労所得は、あくまでも安定的な収益を生み出すことで成功です。無理な投資は絶対に避けましょう

すべての投資は、堅実な計画のもとに行うのが基本です。
注意点を確認しよう! 不労所得で
失敗しないためには?

初期費用がかかるケースは要注意

初期費用がかかるケースは要注意

不労所得を得る手段を獲得するために「初期費用がかかる」のは、ある意味当然です。しかし、それが「自分で投資する資金でない場合」は要注意です。

 「○○に100万円分投資すれば、翌月から20万円の配当が貰える」など、明らかにおかしい金利を謳い文句にする投資詐欺があります。

このような詐欺にかかると、まずお金は戻ってこないでしょう。現実的には、このような投資はまずありません。美味しい話と思ったらまず詐欺と疑い、よく調べたり、信頼できる第三者の投資家などに相談することが大切です。

お金の相談は、ファイナンシャルプランナーの相談窓口などを利用すると便利です。
注意点を確認しよう! 不労所得で
失敗しないためには?

リスクを伴う投資に注意する

投資にリスクはつきものであるため、金利の安い現在は「リスクを伴わない投資」で不労所得を得るのは現実的に難しいのが現状です。ただし「ハイリスク・ハイリターンではない投資」はたくさんあります。

 リスクの低い投資には不動産投資や金投資、株式投資、投資信託、FX取引などさまざまな種類があります。

上記の投資は、ある一定のルールを設けて行えば「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資が可能です。安全な投資の最低条件は「自己資金」で始めること「損切りのラインを設定すること」が大切です。

以下で「自己資金」と「損切り」について解説します。

自己資金で始める

投資を「自己資金で始める」ためには「預金」が必要です。なぜなら、ここで言う自己資金とは「余剰金」のことだからです。余剰金とは「仮に無くなっても生活に影響しないお金」のことを言います。

 投資に使う資金は、失くなっても大丈夫なお金を使うのが絶対の条件となります。

老後の資金や子どもの学費など、将来必要なお金を確保した上で行うのが正しい投資です。そもそも計画的に余剰金を準備できない方は、投資そのものに不向きと考えて、投資を行うことを改めて検討した方が良いかもしれません。

注意点を確認しよう! 不労所得で
失敗しないためには?

損切りのラインを設定する

損切りとは、自分で決めた損失が出たらすぐにその投資から撤退するという方法です。例えば100万円分の株式を購入し、20%以上の損害がでたら撤退するとあらかじめ決め手おきます。

 このケースでは、株式の額面総額が80万円を切った時点で株を売り、20万円損切りします。

この方法は、損切りすることにより、損害を取り返そうとズルズルと負けを引きずらないようにするために効果的です。株式だけでなくFXや暗号資産への投資などでも適用できる方法です。特に金融投資ではレバレッジを利用できる取引があるため損害が大きくならないように注意しましょう。

独自で決めたルールに沿って資産運用することで、不労所得を獲得できる確率が上がります。
注意点を確認しよう! 不労所得で
失敗しないためには?

騙される可能性がある

騙される可能性がある

不労所得を獲得できるなど「情報弱者をターゲットとした投資詐欺」は今も昔も無くなることがありません。実際の詐欺は少なく「稼げなかったから詐欺」と決めつける方も多いのが事実ですが、素人が大きく稼げる投資はそう多くありません

 したがって、安全な投資を心がけるためにも「自分で得た情報を頼りに投資をする」ことをルールとしましょう。

とくに先物取引をすすめてくる「友人や知人」がいても、絶対に信用せず、自分で収集した情報を確認してから投資しましょう。今すぐ買わないと時間がない、儲からないと誘う投資はだいたい詐欺と考えて良いでしょう。

不確実な儲け話は詐欺と考え、じっくりと調査してから投資することが重要です。

不労所得で失敗しない7つのポイント

不労所得で失敗しない7つのポイント

不労所得で失敗しないためには、下記の7つポイントを押さえておくとが大切です。基本的には少額で長期的な運用を心がけることからスタートしましょう。

まずは少額からスタートする

投資は、まず始めることが大切です。何もせずに勉強ばかりしても、なかなかコツを掴みにくいので、まず少額から興味のあるものに投資してみましょう。1万円未満でもスタートできる少額投資には、不動産関連から金融投資まで幅広くあります。

 具体的に分からない時は、投資について紹介しているWebサイトや各証券などのHPを覗いてみることをおすすめします。

また、証券会社以外にも普通銀行やゆうちょ銀行、JAバンクなど、さまざまな金融機関で投資できる商品を購入可能です。自分が普段から利用している銀行などは、新しい投資用の口座の作り方から教えてくれることもあります。

まずは、1万円未満の少額投資からスタートしてみてはいかがでしょうか。
少額からスタートできる おすすめの不労所得はこちら

急な出費に備え流動性の高い元本保証のある投資も混ぜる

投資には「余剰金」を使うことが鉄則ですが、それでもいつ現金が必要となるケースがあるかわかりません。そこで、すぐに現金化しやすい(流動性の高い)商品を購入しておくと安心です。

 流動性の高い商品は金融商品が中心となります。また利益率が低くても、元本保証のある商品を保有しておくと安心です。

流動性の高い元本保証がある商品には、個人向けの国債や地方債、定期預金などがあります。これらはほとんど儲けにはなりませんが、銀行へ預金するよりは比較的高い利回りを期待できます

勤め先で積立をしてくれる会社などもあるため、利用してみるのも良いでしょう。
元本保証商品もあり おすすめの不労所得はこちら

個別株などを避けて少額で買える商品に投資する

個別株などを避けて少額で買える商品に投資する

個人投資と言えば、昔から株式投資がもっともメジャーで、どの時代でも活発に取引されている商品です。この株式投資にもさまざまな種類があり、上場企業が個別に発行する個別株を購入するケースではまとまったお金が必要となります。

 そこで少額で投資を開始出来て、しかも比較的安定した収益を期待できる投資信託がおすすめです。

投資信託は、個人投資家が出資したお金を使い、機関投資家が運用して利益をそれぞれの投資額に応じて配当する仕組みです。個人で投資したお金をプロの投資家が運用するため、元本保証はありませんが、大きな損失を出しにくいメリットがあります。

ネット証券などでは100円くらいからスタートできる商品もあります。

長期的な投資を目的に行う

不労所得を得るには、一攫千金で収益を得ても意味がありません。あくまでも長期的に運用することが大切です。そのため、株式やFXなどの短期間で売り買いを繰り返す投資はできるだけ慣れてからチャレンジしましょう。

 長期運用で安定した収益を得られる投資には、不動産関連への投資がおすすめです。

不動産投資には、マンションやアパートを購入する以外にもREITや不動産投資型のクラウドファンディングなどがあります。これらの投資はある程度の資金が必要ですが、安定的な収益を確保しやすいのが特徴です。

長期運用する投資は現金化しにくいもの(不動産など)があるため、現金化しやすい商品への分散投資も並行して行いましょう。
長期運用がおすすめ おすすめの不労所得はこちら

少しづつ分散投資する

少しづつ分散投資する

投資には現金化しやすく短期的な投機が向いている商品(FXなど)と、現金化しにくく長期的な運用が目的の不動産投資などがあります。大切なことは、これらを上手に織り混ぜて「分散投資」することです。

 分散投資を行うことで、投資リスクを分散したリスクヘッジが可能となります。

分散投資を行うことで、どれかの投資に赤字が出ても、他の投資利益で補うことができるでしょう。資産保全の観点では「円・米ドル・ユーロ」といった世界の基軸通貨へ分散投資するのもおすすめです。

まとまったお金が入っても、投資は分散して行い、手元に現金を残すことも大切です。

手数料など経費にも気を配る

株式やFX、暗号通貨など、比較的短期間のうちに売り買いを繰り返して取引を行う投資をおこなう場合は「手数料」にも注意が必要です。株やFXなどの取引では、取引ごとや1日ごとに手数料が派生するケースがあります。

 ご自分が支払う売買手数料を計算しておかないと、利益を上回る手数料がかかるケースもあります。

投資商品の手数料は、黒字でも赤字でも請求されるため、しっかりとした計画が必要です。取引口座をもつ証券会社などに相談の上、ご自分に合った取引方法や手数料のプランを提案してもらうと良いでしょう。

取引金額が大きければ手数料も大きくなるため、十分な注意が必要です。
少額からスタートできる おすすめの不労所得はこちら

ハイリスクな投資を避ける

ハイリスクな投資を避ける

不労所得を早く獲得したいからといって、ハイリスクな商品をいきなり購入することは絶対に避けましょう。昨今流行りのビットコインなどの暗号資産も、まだまだ不安定なところがあり、暴落しているケースも少なくありません。

 まずは安定志向の投資信託などを低額で始め、慣れてきたら金融投資などに分散しましょう。

不労所得を安定して得るには、まず長期運用で安定した収入を確保することが重要です。そのためにも、基本的に本業を大切にして、副業からスタートするのがおすすめです。

不労所得は「大儲け」するのが目的ではなく、安定した収入の確保ということを理解しましょう。

不労所得を始めるメリットとは?

不労所得を始めるメリットとは?

 

不労所得を始めるにあたって、どのようなメリットがあるのか気になる人も多いでしょう。ここでは、不労所得を始めるメリットについて解説します。

不労所得を始めるメリット
  • 自由な時間が増える
  • 収入源を増やせる
  • 新しいことにチャレンジできる

自由な時間が増える

 不労所得で安定した収入を得た場合、働く時間を減らせるため、自由に使える時間を増やせます。

 

例えば、趣味や家族との旅行、勉強など、これまでできなかったことに時間を費やすことが可能です。

 

仕事で忙しくしていた人は、プライベートな時間を確保でき、生活にゆとりをもたせられることはもちろん、ワークライフバランスも整えられます。

仕事の時間を減らせることで、子育てや介護に時間を費やすことも可能です。
少額からスタートできる おすすめの不労所得はこちら

収入源を増やせる

収入源を増やせる

 

会社員として仕事を続けながら、不労所得も得られれば、「勤労所得」と「不労所得」で収入源を2つにできます。

 

 会社の給料のみでは節約が必要な人や、好きなものを買うのを我慢していた人なども、不労所得が得られれば生活に余裕をもたせられます。

 

また収入源を分散しておけば、会社が倒産したり、急な事故や病気で働けなくなったりしたときのために備えておけます。

 

不労所得を得ていれば、事故や病気などで働けなくなっても、最低限の生活はできます。

新しいことにチャレンジできる

不労所得が得られれば、時間やお金に余裕が生まれるため、これまでできなかった新しいことにチャレンジできます。

例えば、自己投資にかける時間を増やしたり、新しいビジネスを始める準備をしたり、挑戦したいことに向けて時間を費やせます。

 

YouTubeやブログの広告収入で不労所得の手段を増やし、さらに不労所得による収入を高めることも可能です。

 

YouTubeやブログのコンテンツ作りは、時間と労力がかかりますが、長期的に粘り強く運用することが大切です。

 

 不労所得のシステムを上手く構築できれば、好きなことを仕事にすることも可能です。

 

少額からスタートできる おすすめの不労所得はこちら

おすすめの不労所得獲得方法5選

おすすめの不労所得獲得方法5選

ここでは、おすすめの不労所得獲得方法の5つを紹介します。おすすめの投資方法は以下の5つです。

おすすめの投資方法
  • 不動産投資型クラウドファンディング
  • 不動産投資
  • REIT
  • 株式投資
  • 投資信託

不動産投資型クラウドファンディング

不動産投資型クラウドファンディングとは、不動産投資を小口化た、少額からできる不動産投資商品です。不動産投資型クラウドファンディングでは、投資家がネット上で不動産を選び希望する投資額で申し込みを行います。

 実際に運用するのは不動産事業を行う会社で、出た収益を投資家に分配する仕組みです。

不動産投資型クラウドファンディングでは、だいたい1万円程度から投資が可能となっています。ただし、運用する期間中は現金を引き出せないケースがあるため、計画的な投資を行うことが重要です。

安定感の高い投資先のため、まず最初に始めるにもおすすめです。
不動産投資クラウドファンディングなら利回り不動産がおすすめ
利回り不動産
  • 1口1万円から不動産投資を始められる!
  • 平均利回りは5〜8%高水準!
  • 満室保障を利用した空室リスク回避できるから安定しやすい!
基本情報
企業名 株式会社ワイズホールディングス
所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー33階
設立 平成26年8月
入居率

1万円から不動産投資が始められる 利回り不動産
無料で資料を見てみる

不動産投資

不動産投資

不動産投資は、アパートやマンション、一戸建てなどの不動産を購入し、賃貸して家賃収入を得る方法が一般的です。ほとんどの場合は不動産投資ローンを組んで物件を購入しますが、ある程度の初期費用が必要となります。

 不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」ですが、比較的安定した収益を期待しやすいのが特徴です。

不動産投資では、物件の良し悪しで成功が決まることが多いため、信頼のできる不動産投資会社を選びましょう

相続したマンションや一戸建てを売却せず、賃貸するのも良い方法です。
安定した収益が見込める 不動産投資を始めるならこちら

REIT

REITとは、不動産投資信託のことを言います。商品が小口化されているため少額投資でき、運用もプロが行うため、比較的安定した収入を期待できます。

 REITは、不動産投資とは違い、流動性が高いのがメリットです。

株式や投資信託よりも値動きが安定している反面、それほど大きな収益を期待しにくいのが特徴です。

まとまった収益を得るには、まとまった額のREITの購入が必要です。
運用はプロにお任せ REITを始めるならこちら

株式投資

株式投資

株式投資では、会社の利益を配当として受け取る「インカムゲイン」と、売却して獲得する「キャピタルゲイン」の2種類の収益があります。キャピタルゲインを短期間で獲得するイメージが強くありますが、安定企業の株式を長く保有するのも良い投資方法です。

 とくに新しい企業が上場する際は、安く購入して高く売却できるチャンスです。

企業の事業や経営者を見極めることで、安定して高い不労所得を獲得できるでしょう。

株式投資に関する参考記事はさまざまあるため、独学でも学びやすいのも特徴です。

投資信託

投資信託は、投資家から集めたお金を一つの大きな資金として機関投資家が株などを運用する商品のことです。そして出た収益を、それぞれの投資家の投資額に応じて分配する仕組みです。

 最近では、インターネット証券会社を活用して、100円から始められる投資信託もあります。

銘柄を自分で選ぶ必要がないため、初心者でも比較的簡単に投資をスタートできます。ただ、運用はプロに一任するため、支払い手数料が発生するデメリットがあります。

しかし、収益性や安定性が最も高い投資商品の1つです。

安定した不労所得が期待できる!おすすめ不動産投資会社5選

不動産投資は安定して稼げるようになるまでは時間がかかる上に、すべて一人で運用するのは限界があります。

そこで、まずは不動産投資会社のセミナーや無料相談、資料請求で不動産投資について学ぶところからスタートするのがおすすめです。

おすすめの不動産投資会社をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

SYLA(シーラ)

シーラ

SYLAのココがおすすめ
  • 月1万円の少額からでワンルームマンション投資をスタートできる!
  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
  • 年間400戸近くを販売※2する実績
  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。SYLAの魅力は少額から気軽に不動産投資が始められる点です。

複数の投資家から資金を集めて運用を行うSYLAが提供する不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら、最低1万円から不動産投資をスタートすることができます。

経験を積んだ後には、入居率が99.3%を誇るSYFORMEで本格的な投資に挑戦できます。駅近の土地にこだわり開発したマンションで、空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のある物件です。

 空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

さらに入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実。集金代行の契約システムを利用すれば、様々なリスクを軽減することができます。

まずは気軽に不動産投資を始めたい方はSYLAのセミナーを受講することをおすすめします。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.3%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA 公式サイト

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
  • アプリで簡単に物件管理ができる
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

 購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

3つのプラン概要
  集金代行プラン
最低限のサポートで安い
ワイドプラン
設備リスクをしっかりカバー
NEOインカム
空室+設備リスクをカバー
設備修理・交換費用
空室時の負担
滞納時の負担
原状回復の費用
タテカンさぽーと
広告費の負担
契約期間
(更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
7年
(譲渡対価は1年ごと)
空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY 公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

※1~2
※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
※2)公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

※2021年6月度 公式サイトより

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

 建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:https://www.tohshin.co.jp/

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

FJネクスト

FJネクスト

FJネクストのココがおすすめ
  • 創業41年!東証一部上場企業で信頼と実績がある
  • 入居率99.0%※1。安定の運用が期待できる
  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※2
  • 無料セミナーを随時開催していて、WEBからも聞くことができる
  • 98.5%の物件が駅から徒歩10分以内※3で、入居者が決まりやすい

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

FJネクストは、「ガーラマンションシリーズ」でお馴染みの不動産会社です。

創業は41年になり、東証一部に上場。都心を中心に315棟、2万1907戸を供給していて、確かな実績があります。

 無料のセミナーや相談会も毎週のように行っているので、ライフスタイルに合わせて受講することができます。

管理戸数は1万7000戸超え。経験やノウハウがしっかりあるから、どんなトラブルにも柔軟に対応してくれるでしょう。
※公式サイトより

FJネクストのワンルームマンションの98.5%が駅から徒歩10分以内に位置しています。

特にワンルームマンションは、駅から近い方が空室リスクが少なく、すぐに入居者が決まるでしょう。

企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

出典:FJネクスト 公式サイト

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

※1~3
※1 2021年3月末時点。公式サイトより
※2 2021年6月末時点。公式サイトより
※3 2020年6月末時点、ワンルームマンションに限った場合。公式サイトより

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントのココがおすすめ
  • セミナーはなんと毎日開催!オンラインで参加可能
  • 不動産投資初心者でも、不動産投資のノウハウがよくわかるサービス「レイビー」を運営
  • 医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」が注目を集めている
  • 相続税の相談などもでき、心強い
  • 賃貸管理・建物管理も行っているので、購入後の手続きもスムーズ

グローバル・リンク・マネジメントは、渋谷区にある不動産会社。不動産の開発、販売、管理業などを行っています。

セミナーの開催はなんと毎日。開催時間もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて、好きな時に受けることができます。

 不動産投資についてわかりやすいコンテンツが豊富な「レイビー」を見れば、初心者も不動産投資がよくわかります。

記事はたった5分で読めて、誰でも簡単に理解できるので、不動産投資初心者にとってはありがたいコンテンツです。

他にも相続税の相談ができたりと、不動産についての困りごとには心強い存在となってくれるでしょう。

医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」も、不動産投資に興味がある医師たちから注目を集めています。

企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.42%

出典:不動産投資マンスリーレポート

REIT・株式投資・投資信託を始めるならまずはネット証券で口座開設

REIT・株式投資・投資信託を始めるにはまずネット証券で口座開設を行う必要があります。取引手数料や、扱っている投資商品の数などを比較して、自分にあったネット証券を見つけましょう。

LINE証券

LINE証券のここがおすすめ!
  • 1株から取引できる「いちかぶ」というサービスがある
  • クイズに正解すると最大3株分の代金プレゼント!
  • LINEポイント1P=1円で入金可能
  • NISA、米国株の取引も可能

LINE証券では、現物取引・信用取引・いちかぶの3つの取引方法から選べる、シンプルで自由な投資プランです。

 投資が初めての方には1株数百円から利用できる「いちかぶ」がおすすめ!

まとまった資金がなくても、少ない資金から投資することが可能です。また、業界最低水準の手数料を誇り、信用取引売買手数料、投資信託購入手数料、IPOの購入手数料が全て無料

投資が初心者の方でも、試しやすいですね!

さらに、クイズに正解すると最大3株分の代金がもらえるお得なキャンペーンも実施中です。

最大4,000円相当もらえる! LINE証券
無料口座開設はこちら

名称

LINE証券
取扱商品
  • 投資信託:約30銘柄
  • 積み立てNISA:約28銘柄
  • 外国株:米国株
  • CFD:約130銘柄
  • IPO:約11社
手数料
  • 信用取引売買手数料無料
  • 投資信託購入手数料無料
  • IPOの購入手数料無料

現物取引

  • 5万円/55円
  • 10万円/99円
  • 20万円/115円
  • 50万円/275円
  • 100万円/535円
  • 150万円/640円
  • 3,000万円/1,013円
  • 3,000万円超/1,070円

いちかぶ(単元未満株)

  • 基本無料(ただし、LINE証券が提示する価格は基準価格に取引コストとして、スプレッドを乗せる方式となっています。)
NISA/積み立てNISA NISAのみ〇
IPO実績
アプリ LINE証券
最短口座開設 最短翌営業日

出典:SBI証券公式サイト

最大4,000円相当もらえる! LINE証券
無料口座開設はこちら

楽天証券

楽天証券

楽天証券のここがおすすめ!
  • 投信積立を楽天カードで決済すると、決済額100円につき1ポイント付与される
  • 貯まった楽天ポイントで、投資信託の買付が可能
  • 投資額10万円以下」で検索できる
  • NISA、米国株の取引も可能

楽天証券は、2021年の個人資産運用顧客満足度ネット証券部門において、楽天証券がナンバーワンを獲得した信頼のある証券会社です。

 楽天証券では、楽天ポイントで投資信託や国内株式(現物)、米国株式(円貨決済)、バイナリーオプションが購入が可能。

1ポイントにつき1円で、投資信託は100ポイントから購入することができ、現金と併せてポイントを使うこともできるので、わずかな楽天ポイントでも有効活用できます。

また、各種手数料が安く、「手数料0円ETF」という売買手数料が0円商品もあります。対象銘柄は154銘柄と、手数料を気にせず取引できるため初心者の方におすすめ!

投資をサポートしてくれるロボ・アドバイザーによるアドバイスをもとに自分にあったコースも提案してくれるので安心です!
低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら
会社名 楽天証券株式会社
株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55円
  • 10万円まで 99円
  • 20万円まで 115円
  • 50万円まで 275円
  • 100万円まで 535円
  • 150万円まで 640円
  • 3,000万円まで 1,013円
  • 3,000万円超 1,070円

※全て税込み

株式手数料(信用)
  • 10万円まで 99円
  • 20万円まで 148円
  • 50万円まで 198円
  • 50万円超 385円

※全て税込み

取扱い商品
  • 国内株式
  • 海外株式・ETF
  • 投資信託
  • 楽ラップ
  • 債権
  • 先物・オプション
  • 楽天FX
  • 外国為替
  • 保険

出典:楽天証券公式サイト

※J.Dパワー調査結果

低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら

SBI証券

SBI証券

SBI証券のここがおすすめ!
  • 国内株式取引シェアNo.1
  • 投資額10万円以下で検索できる
  • 手数料が安い
  • NISA、米国株の取引も可能

SBI証券は取扱商品が豊富な証券会社で、国内株式や外国株式、ETFはもちろんのこと債券や金銀プラチナ、つみたてNISA、iDeCoなど主要な投資はすべてSBI証券で利用可能です。

 投資信託の取扱い数は、2,633銘柄と業界トップクラスを誇ります。

国内以外にも、取り扱い米国株式は5,002銘柄。さらに中国やタイ、マレーシア、シンガポール、インドシア、ベトナム、韓国、ロシアの9ヵ国の株式も取り扱っています。

まや、25歳以下の方限定で手続き不要で国内株式現物手数料が0円ととってもお得!

若い世代の方や初心者の方にも、投資を始めやすい設定となっています。

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

会社名 株式会社SBI証券
株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55 円
  • 10万円まで99円
  • 20万円まで 115 円
  • 50万円まで 275 円
  • 100万円まで 535 円
  • 150万円まで 640 円
  • 3,000万円まで 1,013 円
  • 3,000万円まで 1,013 円

    ※全て税込み

株式手数料(信用)

【通常】

  • 10万円まで 99 円
  • 20万円まで 148 円
  • 50万円まで 198 円
  • 50万円超 385 円

【大口優遇】

  • 0円
取扱い商品 国内株式
外国株式
投資信託
債券
外国為替保証金取引(FX)
先物・オプション
CFD(くりっく株365)
金・銀・プラチナ
eワラント
iDeCo(個人型確定拠出年金)
保険

出典:SBI証券公式サイト

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

よくある質問

不労所得とは?
不労所得とは、自分が労働者として働かずとも収入得られる仕組みを指します。投機性の高いタイプからじっくりと運用するタイプなど、種類はさまざまです。
不労所得の種類は?
不労所得の種類は、不動産投資、投資信託、株式投資、FX、ブログ、YouTube、印税収入、自動販売投資、コインランドリー経営、駐車場経営などが挙げられます。
不労所得はやめとけと言われる理由は?
不労所得が「やめとけ」と言われる理由として、初期費用がかかり、すぐには稼ぐことは不可能なことが挙げられます。また、リスクの伴う投資もあったり、投資詐欺もあったりするため、注意が必要です。やみくもに投資するのではなく、正しい情報を得てから行うようにしましょう。
不労所得で失敗しない方法は?
不労所得で失敗しないためには、まずは少額で長期的な運用を心がけることが大切です。はじめからハイリスクな投資を行うと、大きな損をしかねないため絶対に避けましょう。また、急な出費に備えて流動性の高い商品を購入したり、少額で買える商品に投資したりすることもおすすめです。
おすすめの不労所得を獲得するための投資方法は?
不労所得を獲得するためのおすすめの投資方法は、「不動産投資型クラウドファンディング」「不動産投資」「REIT」「株式投資」「投資信託」の5つです。なかでも、不動産投資型クラウドファンディングは、安定感の高い投資先のため、投資が初めての方にはおすすめです。それぞれメリットや仕組みは異なるので、自分に合った投資方法を選びましょう。
不労所得のメリットは?
不労所得は、自由な時間が増やせたり、収入源を増やせたりするメリットがあります。生活にゆとりをもたせられることはもちろん、事故や病気などの万が一の際に備えることも可能です。そのため、普段は会社員として働いている人にもおすすめです。
不労所得の注意点は?
不労所得を行う上での注意点は、詐欺投資に騙されないことや、計画を立てずに勢いで投資することを避けることです。不労所得を始める前に、きちんと投資に関する知識を得たり、事前調査をしたりすることが大切です。

まとめ

このように、不労所得を獲得する方法はさまざまです。そして総じて言えるのは、ハイリスクな商品はハイリターンで、リスクの低いものはそれ程儲からない可能性が高いことです。

ただ、現在は銀行に預金してもインフレ率よりも低い金利のため、上手に運用することが重要とも言えるでしょう。不労所得でいきなり生活することはなかなか難しいかもしれませんが、投資を学ぶという観点から見ても、少額から始めることが大切です。

今ではインターネットで証券口座を簡単に持つことも可能です。まずは5千円~1万円程度で、あなたの興味のあるジャンルへ、少額投資してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事