家を売りたい方必見!売却の流れや期間について徹底解説

家を売りたいと思い立っても、まず何から始めていけば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。不安なまま時間だけが過ぎているなんてことも。

家を売るには、売却の流れや期間、費用などをあらかじめ把握しておく必要があります。

この記事では家を売りたい方に向けて、不動産売却に必要な知識をわかりやすく解説します。

不動産売却に関するよくある質問もまとめています。ご参考にしてください。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

家を売る流れは?

家を売る流れは?

まずはじめに、家を売る基本的な流れをご紹介します。主な流れは、以下の通りです。

家を売る流れ
  1. 不動産会社に査定を依頼する
  2. 必要書類を準備する
  3. 購入者の対応をする
  4. 売買契約に必要な書類を準備する

以下でそれぞれのステップについて詳しく見ていきましょう。

不動産会社によって多少異なりますが、大まかな流れは一緒なのでご安心ください。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

STEP①不動産会社に査定を依頼する

家を売る流れは?

まずは不動産会社に依頼をするところから始めますが、その前にネットなどを活用して事前に情報収集をします。もしくは、不動産に詳しい知人から話を聞いておきましょう。

売却を依頼したい不動産会社を決めたら、売却希望の旨を連絡します。その後、不動産会社の担当者が査定の見積もりを出すというのが基本的な流れです。

 なお、ほとんどの場合実際に不動産会社へ訪問する「机上査定」と、もしくは自宅で対面して話すことになる「訪問査定」の2種類いずれかで査定金額を算出します。

新型コロナウイルスの感染リスクを考え、対面での相談に抵抗がある、という方は事前にその旨を伝えておきましょう。また査定は、不動産会社を複数選択した上での依頼がおすすめです。

不動産会社ごとに見積もり金額が異なったり、担当者との相性があったりするため、一社だけで判断してしまうことで、損をしてしまうことがあるかもしれません。

不動産会社ごとの強みと売りたい家の特徴がマッチしているかどうかも重要な判断材料です。

また、査定額の違いにも注目しておきましょう。高過ぎても売れず、安過ぎても赤字になります。売る方にも買う方にも需要がある査定額を算出する不動産会社を選定しなくてはなりません。

 査定額に納得できたら、売却の方向性を決める「媒介契約」を結び、依頼が完了します。

媒介契約には、複数の不動産会社に一括で依頼ができる「一般媒介契約」や、一社のみとの契約になる「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」があります。

専任の場合は、契約が3ヶ月となっているため、売却金額の目安にしましょう。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

STEP②必要書類を準備する

家を売る流れは?

不動産会社が決まったら、売却に必要な書類を準備しましょう。必要書類は、以下の通りです。

必要書類
  • 不動産情報をまとめた「報告書」
  • 権利書とも呼ばれる「登記事項証明書」
  • 役所などで取得できる「固定資産評価証明書」
  • 自宅の「間取図」
  • マンションの場合は「管理規約集」

これらを事前に用意しておくことで、査定金額の算出がよりスムーズになります。

上記の他にも、物件を購入した際にもらった図面やパンフレットといった資料も、後々参考になります。

もし手元にある場合は用意しておきましょう。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

STEP③購入希望者の対応をする

家を売る流れは?

家を売りに出した後は、購入希望者の対応が必要になります。多くの場合、引っ越しを済ませた状態の内覧になるか、家具などがそのままになっている状態での内覧です。

購入希望者の対応が必要になるとはいえ、基本的には仲介に不動産会社が入るため、あくまで立ち会いとしての役割と思っておいて良いでしょう。内覧は家を売る上で非常に重要なステップです。

 購入希望者が「ここを買いたい!」と思えるようなプレゼンであったり、環境を用意したりということが重要になります。

そのため、不動産会社の担当者と内覧時の打ち合わせをしておく、できるだけ引っ越しを済ませておくといった事前準備を怠らないようにしましょう。

不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

STEP④売買契約に必要な書類を用意する

家を売る流れは?

内覧が終了して売却が決まったら、買主の方と売買契約を結びます。売買契約に必要な書類は以下の通りです。

売買契約の必要書類
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 実印・認印
  • 収入印紙
  • 登記済権利証
  • 売買代金領収書
  • 固定資産税の領収書
  • ローンがある場合は抵当権抹消費用

上記を用意することに付随し、不動産会社が発行する重要事項説明書や、売買契約書などが必要になります。

書類が準備できたらいよいよ決済・引き渡しといった流れになり、不動産売却が終了します。

ここまでが不動産売却の主な流れです。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

家を売る方法は「買取」と「仲介」の2種類

家を売る方法は「買取」と「仲介」の2種類

家を売る方法には、買取売買仲介売買の2種類があります。

ここでは、それぞれの詳細についてご紹介します。

買取売買

買取売買とは?
査定の依頼先である不動産会社に「直接」買い取ってもらう方法を指します。

不動産売却は、売主と買主という2つの立場において成り立っていますが、買取売買の特徴はこの「買主」がそのまま不動産会社になる点です。

査定額や期間など、売主のニーズに合った提案にさえなれば、時間をかけずにそのまま売却できることがメリットです。

 また、買取売買は「即時買取」と「買取保証」の2つに分類されます。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

即時売買

家を売る方法は「買取」と「仲介」の2種類

即時売買とは、売却額の交渉後、即時買取が進んでいく方法です。

売却までの期間は最低でも3日ほどで、長くても1ヶ月程度で済むため、すぐに家を売りたい方に適した方法です。

ただし、短期間でまとまった現金が入るメリットがある反面、即時買取は一般的な市場価格よりも価格が下がる傾向にあります。

買取保証

もうひとつの買取保証は、後ほど紹介する「仲介売買」と「即時買取」の特徴を組み合わせたような売却方法です。買取保証は、売却をスタートしてから一定の期間、仲介を前提とした売却方法を行います。

もし期間内に売却が決まらない場合、不動産会社とあらかじめ設定した金額で即時買取を進めるという方法です。

 仲介売買としての期間に家が売れなくても、後ほど即時買取の対応が可能になるため、いつ売れるかわからないという事態を避けられます。

ちなみに仲介の期間は約3ヶ月で、期間内に売却が決まった場合には仲介手数料が発生します。

売却にあまり時間はかけたくないけれどなるべく家を高く売りたいという方にお勧めの方法です。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

仲介売買

家を売る方法は「買取」と「仲介」の2種類

先ほど紹介した買取売買は売主と不動産会社のみのやりとりが基本でした。仲介売買とは、売主と買主の間に不動産会社が入る売却方法です。

 仲介売買と買取売買の大きな違いは、買主が一般の方になることです。

基本的には売主も一般の方が多いため、一般の方同士の売買をプロが仲介してスムーズに進める方法と捉えられます。

先ほど紹介した買取保証でも触れたように、仲介売買は買主が見つからないといつまでも家が売れないデメリットがあります。買主が見つからないリスクがある反面、売却金額は仲介売買の方が高額になる傾向です。

仲介売買は、売却までに時間がかかってもとにかく高く売りたい、という方にお勧めです。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

家をより早く・高く売るコツ

家をより早く・高く売るコツ

上記で紹介した家を売る2つの方法について把握した上で、不動産売却に役立てたい知識として、より早く・高く家を売るコツについて解説します。

期間と金額、それぞれどちらを重要視したいかで今後の動きが大きく変わってくるので、ぜひ参考にしてくださいね。

早く売りたい場合のコツ

家をできるだけ早く売りたい場合は、査定を依頼した不動産会社と直接やりとりができる買取売買の選択がおすすめです。

先ほども触れたように、不動産売却には「買取売買」と「仲介売買」の2種類があります。売主と買主の間に不動産会社を挟む「仲介売買」に対し、「買取売買」は不動産会社と売主のやりとりのみになります。

 仲介売買よりも買取額が安くなる点はデメリットですが、短い期間で売却を完結させたい方には断然、買取売買を推奨します。

もしくは、仲介売買を選択しながらより早く売却したいという場合には、必要書類をあらかじめ準備した上で依頼するのがおすすめ。通常の仲介売買と比較するとスピード感のある不動産売買が可能です。

購入希望者が集まりやすくなる魅力的な物件になるように、インスペクションやホームステージングをしたり、売却の需要を読み取ってくれる担当者に依頼したりといった、売却方法と違った視点での工夫も重要視されます。

 しかし、できるだけ短い期間で家を売りたいからといって、値下げ交渉に簡単に応じて必要以上に安い価格を設定してしまうと、良い取引ができたとは言えません。

買主の購入しやすさに配慮することはもちろん重要ですが、あくまでも損をしない価格設定にすることを前提に売却活動を行いましょう。

不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

高く売りたい場合のコツ

家を売る方法は「買取」と「仲介」の2種類

より高く家を売るために覚えておくべきコツは、前述した買取売買よりも高額に売却が可能な仲介売買の選択が第一に挙げられます。

 また、売買する物件の情報を把握したり、より高く売るための工夫を施したりといった手段が有効です。

例えば、買主にとって魅力がある物件に見えるよう、ハウスクリーニングなどでできるだけ綺麗な状態に家を整えておくことや、場合によってはリフォームを施しておく必要もあります。

そもそも売却金額がいくらになるかの見積もりを事前にいくつか算出し、納得できる金額を掲示することが前提であり、必須であることも忘れてはいけません。

売却する家と似た物件の相場を調べることや、不動産会社に査定額の根拠を把握しておくことも重要です。

また、上述したポイントに付随し、査定を依頼した不動産会社を複数社から選別し、本当に信頼できるところに売買について相談するのも高く売るために必要です。

隣の家との境界線など、住み始めてから問題が発生しそうな点に関してもあらかじめチェックし、注意事項として買主となる方へお伝えしておくことも、売主がしておくべき配慮と言えます。

より高く家を売るためには、売買の手段はもちろん、売主の立場になって売却物件を見つめ直すことが必要です。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

家を売る際の注意点

家を売る際の注意点

ここまで紹介した売却の流れや方法、コツにも付随する、家をより効率的に売るために押さえておきたい注意点について解説します。

不動産売却を検討・実行する際の注意点は主に以下の通りです。

売却時の注意点
  • 家の名義人を確認しておく
  • 査定はできるだけ複数の会社に依頼する
  • 過去の相場に捉われない
  • 売れやすい時期と売りにくい時期を把握しておく(繁忙期は2月・3月、閑散期は1月・8月ごろ)
  • 住宅ローンの残債を確認しておく
  • 仲介手数料や登記、瑕疵といった観点に不備がないか確認しておく

これらのポイントは、売却を依頼する不動産会社や家の状態によって変動する観点です。

あくまでこれらを踏まえた上で売却を進めていくといったイメージを持っておくと良いでしょう。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

家を売るのに必要な期間

家を売るのに必要な期間

家を売ることを想定し、準備する上で気になるのが、一体どのぐらいの期間が必要なのかということです。不動産売却にかかるトータルの期間は最低でも約半年とされていますが、条件や状態によって変動します。

ここでは家を売るのにかかる期間を売却前・売却中・売却後に分け、それぞれの期間中に行うことを含めて解説します。

売却前|約1~4週間

家を売るために必要な準備を行う期間で、主に物件の相場を調べたり査定の結果を受けた媒介契約を結んだりといった期間です。

見積もりが複数社から算出することを前提とすると、全ての会社から見積もりが出るまで売却に進まないこともあるため、もう少し期間が長くなります。

不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

売却中|約1~3ヶ月

家を売るのに必要な期間

査定額に納得し、売却を依頼する不動産会社が決定したら実際に家を売り出します。

この期間は主に買取希望者が内覧をし、不動産会社が仲介に入る前提で売主との交渉や契約といったやりとりをします。

 ちなみにこの期間が発生するのはあくまで仲介売買の場合で、買取売買の場合は対象外です。

売却後|約1~2ヶ月

買主と売主とで金額面などの条件が合致し、契約が完了した後に発生する期間です。決済や引き渡しといった、最後のやりとりを行います。

この期間中も不動産会社が仲介に入るため、あくまで流れとして覚えておいてください。
不動産売却におすすめ! 不動産一括査定サイト
3選をチェック!

家を売るのに必要な費用

家を売るのに必要な費用

家を売る際、不動産会社に支払う仲介手数料の他に費用が発生する場合があります。

例えば、抵当権の抹消に必要な登記費用や、印紙にかかる費用、解体費測量費といった経費が挙げられます。

 売却する物件からの引っ越し代も不動産売却にかかる費用のひとつです。また、住宅ローンが残っている場合は、残債の一括返済が必要です。

そのため、残債の返済額も家を売る際に発生する費用のひとつといえます。他にも、譲渡所得税や解体処理費用、廃棄物の処理費用など、売却時の状態や条件により費用の項目が増える想定も必要です。

ちなみに、最初に挙げた仲介手数料の目安についても触れておきましょう。基本的に、仲介手数料は売却金額の3%に6万円と消費税をかけたものが上限とされています。

実際に支払う仲介手数料は査定額によって異なるため、売却金額が決定した段階で計算しましょう。

家を売りたい方におすすめの不動産一括査定サイト3選

家の売却を検討している方は、まず一括査定サイトを利用してお持ちの不動産の適正価格を見極めましょう

査定申し込みは無料で、最大10社から一括で査定結果をもらえます※一括で査定申し込みできる会社の数は、サイトによって異なります。

不動産をより高く売却するための一歩となるので、ぜひチェックしてみてください。
不動産一括査定サイトは本記事で記載しているもの以外にも多数あるため、「不動産売却におすすめ!不動産一括査定サイト人気比較ランキング」もあわせてチェックしましょう。

SUUMO売却

SUUMO売却

SUUMO売却のココがおすすめ
  • エリアや路線、駅から売却に頼れる不動産会社を探すことができる
  • 細かいエリアごとの売却相場をすぐに確認できる
  • エリアやマンション名から、購入希望者、予算などを確認できる
  • 不動産売却の段取りや流れ、ノウハウがよく分かるコンテンツが豊富
  • 必要事項の入力は最短60秒程度であっという間に完了!簡単に申し込める!
  • 最大10社の一括査定が可能

SUUMO売却は、不動産・住宅サイトのSUUMOが運営する不動産一括査定サイトです。

査定を依頼できる不動産会社の店舗ごとに紹介ページがあり、売却実績やスタッフも確認することができます。売却を依頼する前に確認できるので、安心ですよね。

 トップページから売却相場をすぐに確認できるのも魅力。査定依頼前に相場を確認し、査定額が適正価格なのか見極めやすくなります。

また、不動産売却の段取りや流れ、ノウハウなどもわかりやすいコンテンツが豊富にあります。事前に目を通しておけば、スムーズに売却を進めることができるでしょう。

エリアやマンション名から、現在購入希望者がいるか検索できる機能もとっても便利です。

購入者の予算も表示されるので、おおよその売却価格も予想できます。査定前に、ぜひ確認してみてください。

SUUMO売却での一括査定の流れ

スーモ売却 一括査定の流れ

スーモ売却では基本わずか1分程で無料一括査定の申込ができます。

物件の種別と所在地を選択し、無料査定スタートのボタンを押したら以下の質問に回答するだけでOK!

  • 物件の詳細情報(間取り・専有面積・築後年数)
  • 個人情報(氏名・住所・連絡先・問い合わせ内容)

物件の間取りや専有面積などは、おおよそでも大丈夫です。「試しに簡易査定からしたい」という方も気軽に申し込めます。

上記の入力が済むと、自動的に申込者それぞれにピッタリの不動産会社を紹介してくれます。気になる会社を選択したら、申込完了です!
提携会社数 約2,000社
最大一括査定社数 10社
電話番号 0120-070-091(スーモカウンター)

出典:SUUMO売却査定 公式サイト

HOME4U

home4u

HOME4Uのココがおすすめ
  • 厳選した優良不動産会社1,800社と提携
  • 業界最長の実績20年
  • 売却査定数は累計45万件を突破(2021年6月時点)
  • 年間利用者約1400万人を突破
  • お客様満足度97.5%と高評価
  • 悪徳な不動産会社は徹底的に排除
  • 査定依頼をした方限定でスピード売却のノウハウ本がもらえる!

HOME4Uでは全国1,800社の優良不動産会社が揃っており、一度で最大6社に一括査定申込ができます。

 NTTデータグループが独自の厳しい審査を行った上で、提携する不動産会社を厳選しています。

国内で最も実績年数があるため、査定実績は累計45万件を突破・年間利用者が約1400万人を突破するなど、実績も申し分ありません。

選んだ企業以外からの連絡は一切なく、HOME4U側で悪徳企業は排除されているため、利用者が安心できる体制が整っています。

提携会社数 1,800社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-245-171

出典:HOME4U 公式サイト

イエウール

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 提携不動産会社は1,974社
  • 月間利用者数が1万3千人でNo.1の実績
  • 47都道府県で審査対応可能!地方の不動産会社も見つかりやすい
  • 売却成立サポート件数は年間20万件以上

全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

イエウールは株式会社Speeeが運営する一括査定サイトで、最大6社に一括で査定を申し込むことができます。提携している不動産会社は1,900社以上と比較的多いため、年間20万件以上の売却成立が実現しています。

47都道府県で審査対応しているため、場所に縛りがない点もおすすめできるポイントです。

地方でも査定依頼が可能な不動産会社を見つけられるでしょう。
また、イエウールでは以下の物件種別で依頼が可能となっています。
  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一棟アパート・一棟マンション
  • 区分マンション(収益)
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル(ビル一室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地
  • その他

査定可能な不動産の種類が豊富な点も、イエウールの利用者が多い理由の1つでしょう。

提携会社数 1,974社※2020年7月時点
最大一括査定社数 6
電話番号 -

出典:イエウール公式ページ

全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

イエウールの口コミ評判はこちら

不動産売却に関するよくある質問

コロナ禍でも家は売れる?
売却自体は可能ですが、買取額が下がっていたり、買主が見つかりづらかったりといった影響は少なからず出ています。

しかし、北海道や福岡県など、コロナ禍において売却価格が高騰している土地もあります。

家を売る流れは?
不動産会社に査定を依頼した後に書類を準備します。その後購入者対応を行い、売買契約に必要な書類を準備するといった流れです。

行程ごとに注意点や準備があるため、項目ごとに何をすべきか不動産会社に問い合わせておきましょう。

家の売り方に種類はある?
不動産会社のみと売買のやりとりをする買取売買と、仲介役として不動産会社に入ってもらう仲介売買の2種類があります。

それぞれ売却期間や金額に違いが出るため、優先度をどちらにするか検討した上で選択しましょう。いずれも不動産会社とやりとりする前提での売却方法です。

家を売るコツを知りたい
できるだけ短い期間で売却したいのであれば、不動産会社が仲介に入らず完結する買取売買がおすすめです。ただし、売却金額が安くなる傾向にあります。

そのため、売却金額にこだわりたい場合は多少時間がかかることを前提に、売主との間に不動産会社が入る、仲介売買を選択すると良いでしょう。

家の売却はどのぐらいの期間がかかる?
トータルで約半年が最短期間の目安となっています。売却前には約1〜4週間、売却中は約1〜3ヶ月、売却後は約1〜2ヶ月の股間が発生します。

それぞれの段階で発生する手続きなどが異なることも覚えておきましょう。また、物件の状態などによって多少期間が前後する可能性があることも想定しておく必要があります。

家を売るのに必要な費用って?
売却金額の3%に6万円に消費税がプラスされる仲介手数料をはじめとし、抵当権抹消にかかる登記費用や印紙代、解体費や測量費などの経費が例に挙げられます。

残債がある場合はローンの一括返済が必要です。また、譲渡所得税・解体費用・廃棄物の処理費用などが発生する場合もあります。

まとめ

今回は、家を売りたい方が知りたい売却方法やコツ、注意点や期間、費用について詳しく解説しました。

不動産売却はコロナ禍の影響で多少買取額の相場に変動はあるものの、これまでと変わらない需要があります。

家を売りたいけど売り方などがわからないという方はもちろん、より高く・早く家を売るためにどうすれば良いか知りたいという方も、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

関連記事|不動産売却

この記事も合わせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事