不動産投資は少額でもできる?4つの方法とメリットデメリットを紹介

不動産投資に興味はあるけど、多額の資金は準備できないと思っていませんか?実は不動産投資には、少額で始めることができる「少額不動産投資」があります。

少額不動産投資は、一般的な不動産投資や金融投資と比較して「ローリスク・ローリターン」な、比較的安定した投資が可能です。

そこで、この記事では少額不動産の始め方やメリットデメリットを詳しく解説していきます。

少額での不動産投資を始めるかどうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。
少額不動産投資ならSYLA(シーラ)がおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

少額でできる不動産投資とは?

少額でできる不動産投資とは?

少額不動産投資とは、投資額が1千万円以下でできる不動産投資のことです。

多くの人が、不動産投資をするには数千万円から数億円の資金が必要なのではないかというイメージを持ってるのではないでしょうか。

 しかし、実際には1万円からでも不動産投資をすることが可能です。
少額不動産投資ならSYLA(シーラ)がおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

少額不動産投資の種類

次に、どのような少額不動産投資の種類があるのかを確認していきましょう。ここでは、4つの少額不動産投資について解説していきます。

4つの少額不動産投資
  • REIT(不動産投資信託)
  • 不動産小口化商材
  • 不動産投資クラウドファンディング
  • マンション一室投資(区分マンション投資)

REIT(不動産投資信託)

REIT(不動産投資信託)

▼REIT(不動産投資信託)のおすすめポイント
  • 5万円ほどの少額から投資が可能
  • 不動産投資会社が物件を運用してくれるため専門知識が不要
  • 多種多様な不動産に投資ができる

REITは投資信託の一種で、不動産投資会社が取り扱う金融商品のことです。不動産投資会社が証券会社を通して資金を集め、不動産を運用します。

 5万円ほどの少額から投資が可能で、家賃収入や不動産売却益から配当金を受け取ることができます。

日本のREITは、Japanの頭文字を取って「J-REIT」と呼ばれます。REITで運用されている不動産はマンションのほか、ホテルや商業施設など多様です。

REITでは、物件のオーナーや運用するのは不動産投資会社なので、投資に関する専門的な知識は必要ありません。収支の管理や運用中のリスク管理も、不動産投資会社に任せることができます。

リスクを最小限に抑えて、安定収入が得られるのがREITの魅力でしょう。
初心者でも始めやすい! REIT(リート)を始めたい方はこちら

不動産小口化商材

不動産小口化商材

▼不動産小口化商材のおすすめポイント
  • 価値の高い物件を100万円程度から投資できる
  • 不動産の運用や管理は不動産会社に任せられる
  • 相続税対策になる

不動産小口化商材は、1つの物件に対して複数の出資者が投資する仕組みです。出資額に応じて、家賃収入などの利益が分配され、一口100万円程度から投資可能です。

REITと不動産小口化商材との大きな違いは、不動産の所有権です。

 不動産小口化商材の場合、所有権は出資者にあり、不動産を共同所有する形となります。一方REITの場合、所有権は不動産投資会社にあります。

なお、不動産の運営や管理を不動産会社に任せることが可能です。

不動産を所有することになるため、不動産取得税や固定資産税がかかりますが、相続税対策にもなる投資方法です。

不動産投資クラウドファンディング

不動産投資クラウドファンディング

▼不動産投資クラウドファンディングのポイント
  • 1万円程度から投資することができる
  • インターネット上で簡単に投資が可能
  • 不動産の運用はプロジェクト発案者に任せられる

近年よく耳にするようになった「クラウドファンディング」。皆さまも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

クラウドファンディングとは、インターネット上でやりたいプロジェクトを発表して、賛同してくれた不特定多数の人から資金を集める仕組みのことです。

 不動産投資におけるクラウドファンデシングでは、不動産投資会社がプロジェクトとして不動産投資を発案するのが一般的で、投資したい人が出資します。

個人で不動産投資クラウドファンディングの発案をすることも可能です。出資額によって待遇が異なりますが、一口1万円程度から投資することができます。

不動産投資クラウドファンディングの魅力として、インターネットのサイト上で簡単に投資できることが挙げられます。
少額不動産投資ならSYLA(シーラ)がおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

マンション一室投資(区分マンション投資)

マンション一室投資(区分マンション投資)

マンション一室投資(区分マンション投資)のおすすめポイント
  • ローン完済後は不労所得になる
  • マンション一棟投資に比べて管理しやすい
  • 生命保険の代わりになる

マンション一室投資とは、マンションの1部屋を購入して管理・運用する投資方法です。

不動産を購入するのでそれなりの費用負担はありますが、ローンを組むことで月々数万円から少額不動産投資できます

 マンション投資では家賃収入を得られるため、そこからローン返済に充てることも可能です。

ローンを完済してしまえば、働かずとも持続的に収益を生み出してくれるため、不労所得となります。また、ローンを組む時に加入する「団体信用保険」は生命保険がわりになります。

団体信用保険とは、ローン契約者が亡くなってしまったり障がい者になってしまった場合、ローンの残債義務がなくなる保険です。

万一の時に、家族にローン返済のない収益不動産を残すことができます。

少額での不動産投資の始め方

少額での不動産投資の始め方

実際に少額不動産投資を始める場合の流れを確認していきましょう。少額不動産投資の始め方は、大きく以下の5ステップに分けることができます。

少額不動産投資の始め方
  1. 問い合わせ・資料請求をおこなう
  2. 面談でプランの提案を受ける
  3. 投資を申し込む
  4. 売買契約・ローン契約を結ぶ
  5. 運用開始

STEP1:問い合わせ・資料請求をおこなう

まずは気になる不動産投資会社をピックアップして、問い合わせや資料請求を行いましょう。

いきなり投資を始めるのは賢明な判断ではありません。自分と相性の悪い不動産投資会社を選ぶと、少額不動産投資は失敗に終わってしまうからです。

 使える資金や望んでいる収益など、自分のニーズを満たしてくれる不動産投資会社を探すことが重要です。

1社だけではなく複数の不動産投資会社に問い合わせ・資料請求を行って、相性の良い不動産会社を絞り込んでください。

少額不動産投資ならSYLA(シーラ)がおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

STEP2:面談でプランの提案を受ける

STEP2:面談でプランの提案を受ける

問い合わせや請求した資料の内容をもとに、気になる不動産投資会社の数社に面談を依頼しましょう。問い合わせや資料請求の内容だけで自己判断せずに、積極的に面談をすることがおすすめです。

 面談では自分のニーズに合わせたプランを、担当者が提案してくれます。

そのほか面談の中で、少額不動産投資におけるメリットやデメリットを学ぶことができます。

また担当者が少額不動産投資を始める上でのリスクなども教えてくれるため、少額不動産投資に関する知識を得ることができます。

不安なことや疑問があれば担当者にぶつけて解決してもらいましょう。

全ての不安や疑問がなくなり、担当者が提案してくれたプランに納得できれば、申し込みへ進んでも問題はありません。

ちなみに初回面談の際にAmazonギフト券5万円分などのプレゼントキャンペーンを行う不動産投資会社も多いので、ぜひ活用してください。

STEP3:投資を申し込む

利用する不動産投資会社を選んだら、実際に投資を申し込みましょう。

投資先の不動産を選択できる場合は、市場の相場を見たり、不動産投資会社の担当者に相談したりしながら慎重に決定してください。

STEP4:売買契約・ローン契約を結ぶ

売買契約では、細かな契約事項の確認投資額の入金を行います。また、マンション一室投資で投資用の不動産ローンを組む場合は、金融機関とのローン契約の締結も必要です。

 契約に関して後で揉めたりしないように細かいところまで確認し、少しでも気になることがあったら必ず質問しましょう。

それぞれの契約前に、しっかりと内容を確認してからサイン・押印することが大切です。

STEP5:運用開始

STEP5:運用開始

契約が終わると、不動産投資の運用が始まります。実際には不動産の運用や管理は、不動産会社に任せます

 不動産会社から運用中の不動産の進捗状況などが定期的に送られてくるので、それらのチェックを怠らないようにしてください。

運用を始めることがゴールではありません。不動産投資を上手に運用して安定した収益を継続的に得ることがゴールです。

そのために不動産投資に関する知見を深めたり、相場を追ったり、日々の勉強を忘れずに行っていきましょう。

不動産投資の勉強や定期的なセミナー参加は、不動産投資家の成功に重要な要素です。

少額不動産投資のメリット

少額不動産投資のメリット

ここでは、少額不動産投資のメリットを5つ紹介します。

少額不動産投資のメリット
  • ローンを組まなくても始められる
  • 銀行預金より高い利回り(平均3%程度)が得られる
  • 空室時のリスクが少ない
  • 客付けをしなくて良い
  • 物件管理をしなくて良い

 ローンを組まなくても始められる

不動産投資では、ローンを組んだとしても家賃収入を返済に充てられるため、大きな負担にならないことが多いです。

しかし、ローンを組む行為自体が嫌だという方もいるのではないでしょうか。

 少額不動産投資なら、ローンを組まなくても始めることができます。一口1万円程度から不動産投資を経験することが可能だからです。

一般的な不動産投資は多額の資金がかかるため、始めるならローンを組むことが大前提になります。しかし少額不動産投資なら必要な自己資金が少ないので、ローンを組む必要がありません。

できるだけリスクを減らしたい方は、少額不動産投資がおすすめです。
少額不動産投資ならSYLA(シーラ)がおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

銀行預金より高い利回り(平均3%程度)が得られる

銀行預金より高い利回り(平均3%程度)が得られる

少額不動産投資の利回りは平均3%ほどです。一方で銀行預金の利回りは、平均0.002%くらいになります。

 つまり、少額不動産投資は銀行預金の利回りの約1,500倍です。

1万円ほどの投資額から始められるためリスクも大きくありません。

株やFXに比べると平均的な利回りは低くなりますが、リスクを抑えて安定して利益を出したいという方におすすめの投資です。

ローリスク・ローリターンの堅実な投資こそが、少額不動産投資の魅力です。

空室時のリスクが少ない

不動産投資におけるメイン収入である家賃収入は、空室になると当然ですがゼロになってしまいます。特に、マンション一室投資では、空室が大きなリスクとなります。

家賃収入をローンの返済費に当てることができず、毎月のローン返済費を自己資金で賄わなければならないからです。

 しかし空室時には、多くの場合『空室保証サービス』を受けることができます。

空室保証サービスとは、空室が発生した時に家賃保証をしてくれるというサービスです。

空室保証サービスによって、空室時のリスクを減らすことができます。
少額不動産投資ならSYLA(シーラ)がおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

客付けをしなくて良い

客付けをしなくて良い

所有する不動産を収益化するためには、不動産を賃貸してくれたり購入してくれたりするお客さんを見つけなければなりません。

安定した収益を得るために不動産投資を始めたのに、客付けができないと管理費やローン返済費だけがかかり本末転倒です。

 しかし、少額不動産投資では、不動産投資会社が客付けをしてくれます。

そのため、個人で客付けをする必要はありません。一般的に少額不動産投資の場合、投資家は収益の確認だけを行います。

物件管理をしなくて良い

個人で一棟マンションなどを所有して運用をする場合、下記のような管理が必要です。

必要な管理
  • 共有部分の掃除
  • 設置されている設備の点検・修理

    しかし少額不動産投資であれば、物件管理は管理会社がやってくれます。

    そのため、投資家は物件管理に時間や手間を投じずに済みます。
    少額不動産投資ならSYLA(シーラ)がおすすめ!
    シーラ
    • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
    • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
    • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
    • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
    • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
    SYLAの基本情報
    入居率 99.3%(SYFORME)
    顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
    無料セミナー あり
    最低投資額 1口1万円から
    1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
    無料でセミナーに参加する

    少額不動産投資のデメリット

    少額不動産投資のデメリット

    少額の不動産投資にはメリットが多く見られた一方で、デメリットもいくつかあります。ここでは以下3つのデメリットを解説します。

    少額不動産投資のデメリット
    • 選べる投資先が限られる
    • 手数料がかかる
    • まとまったリターンを得るのは難しい

    選べる投資先が限られる

    少額不動産投資には「少額で投資可能」という制限があるため、選べる投資先が限られてしまいます。たとえば、「都心で交通の便が良い」などの条件の良い不動産は高額です。

     このような不動産は少額で投資することができず、選択肢から外れることが多いことを理解しておきましょう。

    しかし、必ずしも高額の不動産が収益性も高いというわけではありません

    高額な物件は税金や修繕積立金などの維持費も高額となることが多く、必然的にリスクも高くなる傾向があります。

    選択できる投資先の中から、最適なものを見極めて選ぶことが重要です。

    手数料がかかる

    手数料がかかる

    先述したREITでは手数料がかかるので、利益が出ても全て貰えるわけではありません。利益が小さいと手数料の方が高くなり、赤字になってしまう可能性もあります。

     どれくらいの手数料がかかるのかを見越して、投資する不動産を選択しましょう。

    手数料は証券会社ごとに異なるので、手数料をできるだけ抑えられる証券会社を選ぶことも大切です。

    手数料などの諸経費を管理することは、少額不動産投資を行う投資家にとって、成功の秘訣と言えるでしょう。

    たとえば、楽天証券では50万〜100万円の投資の際にかかる手数料は0円です。

    まとまったリターンを得るのは難しい

    投資している金額自体が少額なので、数百万円・数千万円単位での利益を得るのは難しいです。一般的に少額投資の場合は、1つの投資案件に対して、月に数万円の利益がでれば上出来と言えるでしょう。

     そのため、収益を最優先する方は少額の不動産投資は向いていません。

    しかし、リスクを抑えて安定した収益を狙いたい方は少額不動産投資がおすすめです。少額不動産投資で目指すのは、毎月の安定した収入と、税金や投資の仕組みを学ぶためにも有益と言えるでしょう。

    少額不動産投資の注意点

    少額不動産投資の注意点

    少額不動産投資には、押さえておくべきポイントがあります。ここでは、少額不動産投資の注意点について解説します。

    注意点
    • 人気の物件や需要の高い物件を狙いにくい
    • 少額不動産投資について事前調査する
    • 募集人がしっかりしているか確認する
    • 少額不動産投資でもある程度の資産は必要

    人気の物件や需要の高い物件を狙いにくい

    少額不動産投資を行う場合、少額で投資できる投資先を選ぶ必要があるため、投資対象の選択肢が狭まります。そのため人気の物件や需要の高い物件と出会う確率も減少するでしょう。

    都心の駅近の物件や、人気の間取りの物件などは少額投資の選択肢から外れやすいので、覚えておきましょう。

    少額不動産投資について事前調査する

    少額不動産投資について事前調査する

    投資を始める上で、事前調査は必須です。少額不動産投資は、従来の不動産投資とは異なり、実物資産を持たない場合がほとんどです。

     そのため、投資先の管理会社や事業者の状況によっては、マイナスになったり全損を引き起こしたりする可能性があります。

    管理会社や事業者自体が経営破綻に陥る場合もあります。不動産投資が容易にできるからと言って、事前調査をせずにスタートさせるのは危険です。

    実際に少額不動産投資を行っている方から話を聞いたり、参考書を読んで勉強したりするなど、事前調査を行いましょう。

    募集人がしっかりしているか確認する

    不動産投資小口化商品や不動産投資クラウドファンディングを選択する場合、募集人がしっかりしているか必ず確認しましょう。

     写真で物件を載せているのにもかかわらず、「実際に足を運んでみたら土地がなかった」などの詐欺は横行しています。

    実態が分かりにくいからこそ、本当に募集の土地があるのか、きちんと分配してくれるのかなどの不安を払拭してから、投資先を選びましょう。

    少額不動産投資でもある程度の資金は必要

    少額不動産投資でもある程度の資金は必要

    少額不動産投資はローンを組まずに始められますが、ある程度の資金を準備してからスタートすることをおすすめします。

    土地の価格が0円にならないとはいえ、政治・経済・世界情勢などによって、土地の価格が暴落する恐れはあります。

     突発的な情勢転換は、誰しも予測できないからこそ、万が一のリスクに備えてある程度の資金を用意しておくべきです。

    少額不動産投資が向いている人の特徴

    少額不動産投資が向いている人の特徴

    少額不動産投資に向いている人の特徴
    • リスクを抑えて安定した収益を狙いたい方
    • 不動産投資に興味があるけど多額の資金はもっていない方
    • ひとまず不動産投資を経験してみたい
    • リスク管理や収支管理を不動産投資会社に任せたい方

    これらの条件に当てはまる方は、少額不動産投資に向いていると言えるでしょう。

     不動産投資はミドルリクス・ミドルリターンの投資方法です。そのため、投資に興味があるけどリスクは抑えたい方は特におすすめです。

    また、リスク管理や収支管理を不動産投資会社に任せたい方は、少額不動産投資の一つである「REIT」があります。

    REITでは、物件のオーナーや運用するのは不動産投資会社なので、投資に関する専門的な知識は必要ありません。0から不動産投資を始める方におすすめです。

      もし、この条件にあてはまる方は、ぜひ少額不動産投資を考えてみてはいかがでしょうか。

      REITを始めるならまずはネット証券で口座開設

      LINE証券

      LINE証券

      LINE証券のオススメポイント
      • スマホ証券利用率№1
      • 業界最低水準の手数料
      • 直感的でシンプルなデザイン!初心者でも使いやすい
        ※公式サイトより

      スマホ証券利用率№1の証券会社です。20代投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすいネット証券」№1に選ばれています。

      LINEから気軽に口座開設手続きができ、最短翌営業日から取引スタート可能です。

       取引画面はスマホ特化。サクサクと操作でき銘柄探しがカンタンです。

      入出金もスムーズで、LINE Payでの入出金なら即座に口座に反映されます。手数料は完全無料でLINEポイントも取引に利用可能です。

      なお、投資商品が豊富で株・ETF/REIT・投資信託を取り扱っています。LINE証券のみで、分散投資やつみたて投資もスタートできます。

      投資信託の取扱い銘柄は30種類です。少ないようですが、プロが厳選した銘柄のみを取り扱っていると言えます。
      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      LINE証券の基本情報

      株式手数料(現物) 【現物取引】
      • 〜5万円:99円(買付55円)
      • 〜10万円:99円(買付99円)
      • 〜20万円:198円(買付115円)
      • 〜50万円:484円(買付275円)
      • 〜100万円:869円(買付535円)
      • 〜150万円:1,056円(買付640円)
      • 〜3,000万円:1,661円(買付1,013円)
      • 3,000万円超え:1,771円(買付1,070円)

      ※全て税込み

      株式手数料(信用) 0円
      投資信託本数 30本
      取扱い商品
      • 国内株式
      • ETF・REIT
      • 投資信託
      • 信用取引
      キャンペーン

      口座開設&かんたんなクイズに正解して、最大4000円相当の株がタダでもらえる
      ※キャンペーン開催期間2021.9.30まで

      ※参照 LINE証券公式

      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      SBI証券

      SBI 証券

      オススメポイント
      • SBIグループの証券口座開設中720万突破!
      • 業界屈指の格安手数料
      • IPO銘柄・米国株式取扱
        ※公式サイトより

      SBI証券は、国内株式個人取引シェアが№1の証券会社。手数料の安さも特徴で、業界屈指の格安手数料№1を誇ります。

       1日の取引が300円万円までなら、取引手数料が0円です。※1

      サポート品質も高く、2020年の問い合わせ窓口格付けで「最高評価」を獲得しています。さらに、米国株式の取扱い数が4008銘柄・ファンドの取扱い数2680本など、とにかく取扱い商品が豊富です。

      Tポイントで投資信託を購入できるのも大きな特徴です。買い物や食事で貯まったTポイントで、資産運用可能ですよ。 
      国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
      無料口座開設はこちら

      SBI 証券の基本情報

      株式手数料(現物)
      • 5万円まで 55 円
      • 10万円まで99円
      • 20万円まで 115 円
      • 50万円まで 275 円
      • 100万円まで 535 円
      • 150万円まで 640 円
      • 3,000万円まで 1,013 円
      • 3,000万円まで 1,013 円

        ※全て税込み
      株式手数料(信用)

      【通常】

      • 10万円まで 99 円
      • 20万円まで 148 円
      • 50万円まで 198 円
      • 50万円超 385 円

      【大口優遇】

      • 0円
      投資信託本数 2,698本
      取扱い商品 国内株式
      外国株式
      投資信託
      債券
      外国為替保証金取引(FX)
      先物・オプション
      CFD(くりっく株365)
      金・銀・プラチナ
      eワラント
      iDeCo(個人型確定拠出年金)
      保険
      キャンペーン
      • SBIハイブリッド預金の受取利息が100倍!
        ※キャンペーン対象期間:2021/4/20(火)~2021/10/16(土)
      • S株買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン!
        ※キャンペーン期間:2021/8/2(月)~2021/10/29(金)13:30まで
      • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン
        ※キャンペーン期間:2021/9/16(木)~10/29(金)※約定日基準

      ※参照 公式サイト
      ※1 手数料定額プラン(アクティブプラン利用の場合)

      国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
      無料口座開設はこちら

      楽天証券

      楽天証券

      ここがオススメ
      • 総合口座600万円口座突破
      • 投資未経験者が75%
      • 20代~60代以上まで幅広く支持されている

      楽天証券は多彩な商品ラインナップ、取引手数料が安さなどが魅力の証券会社です。取扱い商品は、国内外の株式・投資信託・NISAなど多岐に渡ります。

      楽天グループでの買い物で貯まった、楽天ポイントを投資の資金にできる仕組みも備わっています。ポイントでの投資なら現金を使わず、気軽に投資デビューできます。

      楽天ポイントは、投資信託、国内株式、バイナリーオプションの投資に使用可能です。

      取引ツールも充実しておりPC用、スマホ用それぞれが用意されています。どちらでも高機能なチャートを利用でき、取引に役立つ豊富なマーケット情報を得られます。

       スマホ用の取引ツール「iSPEED」は、累計500万超のダウンロード数を誇ります。

      低コストで投資が可能! 楽天証券
      無料口座開設はこちら

      楽天証券の基本情報

      株式手数料(現物)
      • 5万円まで 55円
      • 10万円まで 99円
      • 20万円まで 115円
      • 50万円まで 275円
      • 100万円まで 535円
      • 150万円まで 640円
      • 3,000万円まで 1,013円
      • 3,000万円超 1,070円

      ※全て税込み

      株式手数料(信用)
      • 10万円まで 99円
      • 20万円まで 148円
      • 50万円まで 198円
      • 50万円超 385円

      ※全て税込み

      投資信託本数 2,694本
      取扱い商品
      • 国内株式
      • 海外株式・ETF
      • 投資信託
      • 楽ラップ
      • 債権
      • 先物・オプション
      • 楽天FX
      • 外国為替
      • 保険
      キャンペーン 信用デビューでもれなく200ポイントプレゼント!
      ※開催終了時期未定

      ※参照 公式サイト

      低コストで投資が可能! 楽天証券
      無料口座開設はこちら

      少額からでもスタートできる!おすすめ不動産投資会社

      SYLA

      シーラ

      おすすめポイント
      • 入居率は99.3%※1と空室リスクが低い
      • 1口1万円からワンルーム投資ができる
      • 年間400戸近くを販売※2する実績

      SYLAは、入居率は99.3%※1と空室リスクが低いことが特徴の不動産会社です。

       不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら1口1万円からワンルーム投資ができ、気軽に不動産投資が始められます。

      また、入居率は不動産投資を行う上で一番大事な数字です。空室が続くと本来得られる収入を得られなくなります。

      初めて不動産投資を行う方におすすめの不動産会社です!

      1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
      無料でセミナーに参加する

      企業名 株式会社シーラ
      所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
      恵比寿プライムスクエア 7F
      設立 2010年9月29日
      入居率 99.3%(SYFORME)

      1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
      無料でセミナーに参加する

      参照:公式サイト  

      ※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
      ※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

      Renosy

      RENOSY

      おすすめポイント
      • 中古マンションに特化した不動産投資会社
      • 頭金無しで不動産投資を始められる!
      • 入居率99.5%と空室リスクを抑えられる

      Renosyは中古マンションに特化した不動産投資会社で、頭金無しで投資を始めることが可能です。

       頭金とは高額な取引を行う際に必要となる、ある程度のまとまった金銭のことを指し、頭金がないことで余裕を持った資金計画と立てることが可能です。

      またRenosyでは、入居者募集からクレーム対応まで、賃貸管理に関わる業務を物件購入後もサポートしてくれるため、不動産投資が初めての方でも安心して始めることができます。

      入居率が99.5%と空室リスクを抑えられる点もメリットの一つです。

      少額で不動産投資を始めたい方におすすめの不動産投資会社です!

      Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
      無料で資料請求する

      企業名 株式会社GA technologies
      所在地  東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40F
      設立 2013年3月12日
      入居率

      99.5%

      参照:公式サイト

      Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
      無料で資料請求する

      アセットジャパン

      おすすめポイント
      • 強引な勧誘一切なし※公式サイト
      • 個別ライフプランシュミレーションを無料プレゼント
      • 資料請求から無料カウンセリングでAmazonギフト券30,000円分がもらえる

      アセットジャパンでは、強引な勧誘が一切なく、充実したサポートが特徴の不動産投資会社です。

       資産運用のプロが丁寧にヒアリングした、個別ライフプランシュミレーションを無料で作成してもらうことが可能です。

      年齢・家族構成・職業・将来ビジョンに合わせて投資方法を提案してくれるため、初心者の方でも気軽にチャレンジしやすくなっています。

      約10,000円相当のプランシュミレーションを無料で作成してもらえるのはお得ですね!

      また、資料請求から無料カウンセリングでAmazonギフト券30,000円分がもらえるキャンペーンも実施中です。

      ギフト券3万円分プレゼント アセットジャパン
      無料資料請求はこちら

      企業名 株式会社アセットジャパン / ASSET JAPAN INC.
      所在地 〒104-0045
      東京都中央区築地7丁目12-7築地FTSビル 3F
      設立
      2011年12月7日
      入居率

      参照:公式サイト

      ギフト券3万円分プレゼント アセットジャパン
      無料資料請求はこちら

      ミラップ

      おすすめポイント
      • 月々5千円から少額投資が可能!
      • 物件購入後はアプリで確認するだけ手間なし!
      • 業界最安水準の管理手数料2,500円から

      ミラップでは、投資初心者が始めやすいサポートを展開している不動産投資会社です。

       月々5千円から少額投資を始めることができ、大きな資産が形成できるというレバレッジ効果が期待できるのが特徴です。

      また、購入した物件はミラップが代行して、部屋の管理や入金の手続きを行ってくれます。そのため投資に時間がとられず、本業に集中することが可能です。

      購入後の面倒な、書類管理や、家賃の入金・収支状況などをアプリで簡単に確認することもできるため、面倒な手続きに時間を取りたくない方におすすめです。

      管理手数料は2,500円からと業界最安水準です!

      ギフト券3万円分プレゼント MIRAP(ミラップ)
      資料請求はこちら(無料)

      企業名 株式会社 SURE INNOVATION
      所在地

      〒 530-0001

      大阪府大阪市北区梅田2丁目4-9ブリーゼタワー2F 

      設立 2017年9月29日
      入居率

      参照:公式サイト

      ギフト券3万円分プレゼント MIRAP(ミラップ)
      資料請求はこちら(無料)

      CREAL

      CREAL

      おすすめポイント
      • 1口1万円からできる不動産投資 クラウドファンディング
      • 想定利回り3〜8%の資産運用
      • 元本割れ0件の実績

      CREALは、1口1万円から不動産投資が始められるクラウドファンディングです。

       2022年4月末現在では、元本割れ0件の安心の実績を誇っています。元本割れとは投資した金額よりも、価格が下落し下回ることを指します。

      また、賃料収入をもとに配当が行われるため、市場の景気に影響されにくい安定的な配当がメリットの一つです。

      最短3分で登録ができるため、面倒な手続きがありません!

      企業名 クリアル株式会社
      所在地 東京都台東区東上野2-13-2
      設立 2011年5月11日
      入居率 99.5%

      参照:公式サイト

      ※3 2022年4月末現在

      利回り不動産

      利回り不動産

      おすすめポイント
      • 1口1万円から少額投資が可能
      • 平均利回りは5〜8%と高水準
      • 満室保障を利用した空室リスク回避

      利回り不動産は、1口1万円から少額・短期間で投資を始められるクラウドファンディングサービスです。

       利回りは平均して5〜8%と高い利回り率を誇っており、平均水準よりも高い数値を保っています。不動産投資で利回りを重視される方にはメリットになります。

      また投資物件は、満室保障が利用されるため、空室リスクを抑えた賃料収入を確保することができます。安定した収入を確実に得たい方におすすめです。

      利回り不動産の平均運用期間は1年間となっています。そのため、短期間で投資した金額を回収したい方にも適しています。

      「ワイズコイン」はAmazonギフト券に交換することもできますよ!
      1万円から不動産投資が始められる 利回り不動産
      無料で資料を見てみる
      企業名 株式会社ワイズホールディングス
      所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー33階
      設立 平成26年8月
      入居率

      参照:公式サイト

      1万円から不動産投資が始められる 利回り不動産
      無料で資料を見てみる

      【投資を始める前に確認】投資のリスクを理解しよう

      【投資を始める前に確認】投資のリスクを理解しよう

      不動産投資の少額投資といってもある程度のリスクがあります。

      一言でリスクといってもさまざまな種類があるので、どのような内容なのかを理解してから投資をスタートしましょう。

      ここから紹介するリスクは「危険性」「損失」ではなく「可能性」を意味しています。
      投資のリスク
      • 株価変動リスク
      • 信用リスク(デフォルト・リスク)
      • 流動性リスク
      • 金利変動リスク
      • 為替変動リスク

      株価変動リスク

      株価変動リスクとは?

      株価変動リスク:株(株式)の価格が上下する可能性のこと

      株価の変動によるリスクで、株式投資の場面で登場するリスクです。

      株価変動リスクは、日本はもちろん、世界各国の景気や経済の動向政治や経済の情勢のほか、株式を発行している企業の業績など、さまざまな要因によって起こります。

      投資している銘柄の株価が下落すると、基準価格の下落要因となり損失が生じる要因になります。
      ※出典:金融庁
      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      信用リスク(デフォルト・リスク)

      信用リスク(デフォルト・リスク)

      信用リスクとは?

      信用リスク:株式や国債債券などを発行している国や企業が、財政難や経営不振などを理由に投資家から預かっていたお金(元本)や利息の一部または全部を返済する能力がなくなる可能性のこと

      信用リスクは投資信託において登場するリスクの1つです。万が一、倒産した場合は投資元本が償還されない可能性も出てくるリスクです。

      有価証券の発行体の債務不履行は大きなリスクのため、投資先の国や企業の財務、経営内容、格付などを常に確認しておく必要があります。

       基本的に信用リスクが高い=相対的に利回りが高い、信用リスクが低い=相対的に利回りが低いとされています。

      財務状況が良くない発行体は景気の影響を受けやすいため、信用リスクが大きい債権などからは景気の悪化の際に資金が逃避しやすくなり、価格が下落しやすい傾向があります。

      一方、景気が好転すると、利回りの高さが注目され、資金が流入、価格の上昇がみられる傾向もあります。

      信用力に低い発行体ほど信用リスクは高まります。
      ※出典:金融庁
      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      流動性リスク

      流動性リスクとは?

      流動性リスク:市場(マーケット)で金融商品を売りたいときに売ることができなかったり、希望する価格で売れなかったりする可能性のこと

      流動性リスクは主に株式投資や仮想通貨、FXの場面で登場するリスクです。

      流動性リスクが生じる要因として、企業の不祥事による上場廃止があります。上場廃止になってもその企業が倒産しない限り、配当を受け取る権利や株式議決権なども消失しません。

       ですが、上場廃止になれば市場を通じた株式の売買ができなくなるので、投資家が一斉にその株を売りに出し、売り注文が殺到しするため、値付きにくくなります。

      銘柄の上場廃止が決定した場合は「整理ポスト」に移され、約1ヶ月後に上場が廃止されます。

      その1ヶ月の間に取引を終わらせなければ、取引所で取引ができなくなります。
      ※出典:金融庁
      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      金利変動リスク

      金利変動リスク

      金利変動リスク

      金利変動リスク:金利の変動によって、債券の市場価格が変動する可能性のこと

      金利変動リスクは、不動産投資の場面でも登場するリスクで、金利が上昇すると、債券価格は下落し、金利が低下すると、債券価格は上昇します。

      不動産投資において金利が上昇すると利息が増え、家賃収入だけではローン返済が困難になる可能性があります。

       キャッシュフローの悪化は支出を増やし、その穴埋めとして資金が必要になります。

      その場合、自己資金の額を増やしたり、固定金利を選択してリスクを回避します。

      金利選択では不動産投資の融資を固定金利にできる金融機関が少ないのも事実です。
      ※出典:金融庁
      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      為替変動リスク

      為替変動リスクとは?

      為替変動リスク:異なる通貨の為替相場の動きにより、外貨建ての円換算による金融商品の価値が変動する可能性のこと

      為替変動リスクは主に株式投資や仮想通貨、FXで登場するリスクですが、海外の不動産で不動産投資をする場合も考えなければならないリスクです。

      為替変動リスクは、外国の金融商品に投資した場合、換金時に為替レートの変動により生じる為替差損益が確実でありません。

       例えば、ドル建てで金融商品を持っている場合、為替相場が円高・ドル安に動いたときには、日本円で見たとき外国証券の価値が減少することになります。

      為替が大きく変動した場合には思いがけない損失を招いてしまう可能性があるため、海外で不動産投資を行う場合は注意が必要です。

      その反対に、運良く利益が生まれる可能性もゼロではありません。
      ※出典:金融庁
      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      よくある質問

      少額不動産投資とは?
      少額不動産投資とは、少額から始められる不動産投資です。不動産投資を始めるには、数千万円から数億円の資金が必要だというイメージを持たれがちですが、実際には月に1万円からでも不動産投資することが可能です。
      少額不動産投資がおすすめな人は?
      不動産投資に興味はあるものの多額の資金を持っていない方や、不動産投資をまずは少額から経験してみたい方などは、少額不動産投資に向いています。
      少額不動産投資の種類は?
      少額不動産投資の主な種類は、「REIT(不動産投資信託)」「不動産小口化商材」「不動産投資クラウドファンディング」「マンション一室投資(区分マンション投資)」の4種類です。リスクを最小限に抑えて安定収入を得たい方にはREIT(不動産投資信託)、インターネット上で簡単に投資したい方には不動産投資クラウドファンディングをおすすめします。
      少額での不動産投資の始め方は?
      少額での不動産の始める際は、まずは問い合わせ・資料請求を行いましょう。その後、面談にてプランの提案を受け、投資を申し込みます。申込後、売買契約とローン契約を結んで、運用開始です。
      少額不動産投資のメリットは?
      少額不動産投資のメリットは、ローンを組まなくても始められることと、銀行領金よりも高い利回りが得られることです。また、空室リスクが少なく、物件管理や客付けをしなくて良いなど、手間がかからないというメリットもあります。
      少額不動産投資のデメリットは?
      少額不動産投資のデメリットとしては、選べる投資先が限られることと、まとまったリターンを得るのが難しいことが挙げられます。また、REITでは手数料がかかるため、利益が出たとしても全て貰えるわけではありません。
      少額不動産投資の注意点は?
      少額不動産投資の注意点は、人気の物件や需要の高い物件を狙いにくいため、あらかじめその点は把握しておきましょう。また、少額不動産投資について事前調査するなど、募集人がしっかりしているか確認することも重要です。少額不動産投資でもある程度の資金は必要なので、準備しておきましょう。

      まとめ

      この記事では、少額できる不動産投資について解説してきました。一般的に多額の資金が必要な不動産投資ですが、実際には1万円程度の少額から不動産投資が可能です。

      少額でできる不動産投資には、代表的なものとして「REIT(不動産投資信託)」「不動産小口化商材」「不動産投資クラウドファンディング」「マンション一室投資(区分マンション投資)」の4種類があります。

      リスクや運用の手間を抑えつつ安定した収益が期待できることが少額不動産投資のメリットです。

      一方で、大きなリターンを得ることが難しいというのが他の投資と比べた少額不動産投資のデメリットです。

      このような方には、少額不動産投資がおすすめなので、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

      少額不動産投資を考えているのであれば、不動産投資会社「シーラ」の利用がおすすめです。クラウドファンディング型不動産投資「利回りくん」なら月1万円という少額から不動産投資を始めることができますよ。

      少額不動産投資は、堅実な運用と投資の仕組みを学ぶ場としても最適と言えるでしょう。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事