IOSTは今後どうなる?価格推移や特徴から将来性を徹底解説

仮想通貨IOSTの今後の価格や、将来性が気になっているのではないでしょうか。しかし、仮想通貨で投資すべきかどうかは、まずは今後の展望を理解して決断するべきです。

特に今回ご紹介するIOSTは、相場が乱高下しながらも今後の上昇が期待されている有望な仮想通貨であるため、注意すべき存在となっています。そこで本記事では、IOSTが今後どのような価格推移をしていくかを予想し、徹底解説しています。

現在IOSTを保有していて売り時を見極めたい方、これからIOSTに投資を考えている方はぜひ参考にしてください。
IOSTを購入するならCoincheck!
コインチェック
  • 現在国内でIOSTを取引できる数少ない販売所の1つ!
  • 口座開設は5分で完了!口座開設手数料は無料
  • IOSTを含めた17種類の仮想通貨(暗号資産)を購入可能
Coincheckの基本情報
運営会社 コインチェック株式会社
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨 17種類

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコイン(BTC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

IOST(アイオーエスティー)とは?

IOST(アイオーエスティー)とは?

IOST(アイオーエスティー)とは、Internet of service tokenの略称で、2018年1月に開発された仮想通貨のことです。IOSTは高い処理能力を持ち、ブロックチェーンのインフラ的な役割を果たすなどの特徴があります。

 2021年4月に、プロ格闘家でありYouTuberでもある朝倉未来さんが、購入してから1億円を超える資産になったと発表したことでも話題となりました。

現在は価格が下落気味で、2022年3月29日時点では4.24円で取引されています。しかし、今後は100円を超えるのではないかといった噂もあり、注目度の高い仮想通貨です。

IOST(アイオーエスティー)の概要

通貨名 IOST(アイオーエスティー)
時価総額 約771億円※1
時価総額ランキング 118位※2
現在の価格 4.24円(2022/03/29時点)※3

※1,2 https://coinmarketcap.com/
※3 https://www.coinbase.com/ja/

IOSTを購入するならCoincheck!
コインチェック
  • 現在国内でIOSTを取引できる数少ない販売所の1つ!
  • 口座開設は5分で完了!口座開設手数料は無料
  • IOSTを含めた17種類の仮想通貨(暗号資産)を購入可能
Coincheckの基本情報
運営会社 コインチェック株式会社
取引所手数料 無料
レバレッジ取引 なし
取り扱い通貨 17種類

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコイン(BTC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

IOST(アイオーエスティー)の特徴

IOST(アイオーエスティー)の特徴

特徴を理解することで、その仮想通貨の将来性を見極めやすくなります。ここでは、IOSTの特徴を5つ紹介していきます。

IOSTの特徴
  • Dapps(分散型アプリケーション)の開発プラットフォーム
  • PoBを採用
  • 高速の処理速度を実現
  • 国内でも研究・開発がおこなわれている
  • ブロックチェーン協会へ加盟している

    Dapps(分散型アプリケーション)の開発プラットフォーム

    IOSTは、Dappsを開発できるプラットフォームです。Dappsとは分散型アプリケーションのことで、中央管理者なしで分散管理されています。

     つまりIOSTは、ブロックチェーンの基盤としての役割を持つプラットフォームであり、イーサリアムと同じような役目を果たします。

    PoBを採用

    IOSTでは、独自のコンセンサスアルゴリズム(取引承認方法)を採用しています。それが『PoB(Proof of Believability)』という方式です。ビットコインなどの仮想通貨は『PoW(Proof of Work)』という方式を採用していますが、スケーラビリティの問題に悩まされています。

     スケーラビリティの問題があると、取引量の増加に伴って取引速度が遅くなったり手数料が高くなったりします。

    IOSTでは、この問題を解決するために『PoB』が採用されました。

    高速の処理速度を実現

    高速の処理速度を実現

    ビットコインなど仮想通貨の売買をしたことがある方はご存知かもしれませんが、決済や送金の処理速度が遅い傾向にあります。クレジットカードで決済をする際、長くても数十秒で終わることがほとんどですが、ビットコインでは数分かかります。

     しかし、IOSTでは高速の処理速度を実現しました。

    ビットコインの処理速度は1秒間に6件であるのに対し、IOSTは理論上1秒間に8000件の処理が可能です。

    これはクレジットカードの4000件/秒と比べても、2倍の処理速度となっています。

    国内でも研究・開発がおこなわれている

    IOSTは、国内でも研究・開発が行われていますこれはIOSTのスマートコントラクトに利用されているプログラミング言語が、JavaScriptであることが関係しています。JavaScriptは、多くのエンジニアが使える一般的な言語なので参入障壁が低いです。

    またIOSTはオープンソースなので、誰でも開発できるようになっています。

    ブロックチェーン協会へ加盟している

    2021年10月4日、IOST財団は日本ブロックチェーン協会(JBA)に正会員として加盟したことを発表しています。日本ブロックチェーン協会とは、ブロックチェーンの普及拡大や行政領域でのブロックチェーン活用などに取り組む日本の団体です。

     IOSTは、日本のテクノロジー領域における、教育活動や人材育成に貢献していると言えるでしょう。
    IOSTを購入するならCoincheck!
    コインチェック
    • 現在国内でIOSTを取引できる数少ない販売所の1つ!
    • 口座開設は5分で完了!口座開設手数料は無料
    • IOSTを含めた17種類の仮想通貨(暗号資産)を購入可能
    Coincheckの基本情報
    運営会社 コインチェック株式会社
    取引所手数料 無料
    レバレッジ取引 なし
    取り扱い通貨 17種類

    • イーサリアム(ETH)
    • イーサリアムクラシック(ETC)
    • ビットコイン(BTC)
    • リスク(LSK)
    • ファクトム(FCT)
    • リップル(XRP)
    • ネム(XEM)
    • ライトコイン(LTC)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • モナコイン(MONA)
    • ステラルーメン(XLM)
    • クアンタム(QTUM)
    • ベーシックアテンショントークン(BAT)
    • アイオーエスティー(IOST)
    • エンジンコイン(ENJ)
    • オーエムジー(OMG)
    • パレットトークン(PLT)
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    IOST(アイオーエスティー)の価格推移

    上記の画像は、IOSTが現在の価格推移を表したものです。3月以降、価格が大暴落しその後あまり大きな変動がないことがわかります。

    仮想通貨は価格の暴落後に急上昇する場合が多いため、今後もリアルチャートを確認しつつ購買活動を進めていくことをおすすめします。

    IOSTの価格推移にはビットコインが影響している

    仮想通貨はビットコインが軸となっているため、ビットコインの価格が下落すれば、基本的に他の仮想通貨も同時に下落します。

     実際に、IOST価格が暴落した期間を見てみると、ビットコイン価格も暴落していることが多いです。

    IOSTに限らず、仮想通貨の取引を行うときは、ビットコインの流れを読むことが大切です。

    今後のIOST(アイオーエスティー)の価格上昇の見通し・予想

    今後のIOST(アイオーエスティー)の価格上昇の見通し・予想

    今後のIOST価格は、上昇が予想されます。ここでは、IOSTの価格が上昇するだろうと予想できる理由を5つ紹介していきます。

    IOSTの価格が今後上昇しそうな理由
    • 様々なDeFiが実装される
    • IOSTのエアドロップがおこなわれる
    • 国内取引所への新規上場
    • ビットコインの価格上昇
    • IOSTとHashpaletteの提携による技術発展

    様々なDeFiが実装される

    DeFiとは分散型金融のことで、中央集権型への依存度を低減する金融アプリケーションです。IOSTは、2019年からDeFiに参加し積極的に取り組んでいます。

     様々なDeFiが実装されている現状から、今後もDeFiが成長・拡大していくことが予想されます。

    それに伴ってIOSTの価格も上昇する可能性が高いです。また先述した通り、IOSTは独自のコンセンサスアルゴリズムである『PoB』を採用しています。

    これによって手数料を抑えることができるため、IOST基盤のDeFiが注目されています。

    IOSTのエアドロップがおこなわれる

    IOSTのエアドロップがおこなわれる

    エアドロップとは、仮想通貨やトークンを無償でユーザーに配布するイベントのことです。IOSTは過去にエアドロップを何度かおこなっていて、そのタイミングで価格が上昇するケースが見られました。

     特に2021年2月のエアドロップでは、IOST価格が約3倍高騰しています。

    今後もエアドロップがおこなわれる時には、価格上昇を期待することができます。IOSTを取り扱うオーケーコインジャパンは、エアドロップをおこなうことを2022年3月3日に発表しました。

    ▼過去のIOSTエアドロップ例
    • 2018年7月:ユーザー1人に100IOSTを配布
    • 2019年5月:統計で500,000IOSTを配布
    • 2021年2月:IOST保持者に総通貨量の5%にあたるDONトークンを配布

    具体的な付与時期や方法は、ホームページなどで案内されるので、興味がある方はぜひ追ってみましょう。
    IOSTを購入するならCoincheck!
    コインチェック
    • 現在国内でIOSTを取引できる数少ない販売所の1つ!
    • 口座開設は5分で完了!口座開設手数料は無料
    • IOSTを含めた17種類の仮想通貨(暗号資産)を購入可能
    Coincheckの基本情報
    運営会社 コインチェック株式会社
    取引所手数料 無料
    レバレッジ取引 なし
    取り扱い通貨 17種類

    • イーサリアム(ETH)
    • イーサリアムクラシック(ETC)
    • ビットコイン(BTC)
    • リスク(LSK)
    • ファクトム(FCT)
    • リップル(XRP)
    • ネム(XEM)
    • ライトコイン(LTC)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • モナコイン(MONA)
    • ステラルーメン(XLM)
    • クアンタム(QTUM)
    • ベーシックアテンショントークン(BAT)
    • アイオーエスティー(IOST)
    • エンジンコイン(ENJ)
    • オーエムジー(OMG)
    • パレットトークン(PLT)
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    国内取引所への新規上場

    IOSTは現在「コインチェック」と「オーケーコイン・ジャパン」の2つの国内取引所に上場しています。一般的に仮想通貨の新規上場は、注目を集めるので価格が上昇すると言われています。

    実際に、コインチェックがIOSTの取り扱いを始めた時には、価格が約2倍に跳ね上がりました。

    今後も、新規上場の際には価格上昇が見込めるでしょう。

    ビットコインの価格上昇

    ビットコインの価格上昇

    先ほども少し触れましたが、仮想通貨ではビットコインが軸となっています。そのため、ビットコインの価格が他の仮想通貨の価格にも影響を与えます。

     つまりビットコイン価格が上昇すれば、IOST価格の上昇も期待できるということです。

    今後のビットコイン価格予想

    では、今後のビットコイン価格の予想はどうでしょうか。アメリカの大手金融機関であるゴールドマンサックスは、今後5年間でビットコイン価格が10万ドルに到達すると予想しています。

     2022年3月29日現在のビットコイン価格は約5万ドルなので、2倍高騰するという強気の見解です。

    ゴールドマンサックスが予想する通り、ビットコインの価格が上昇すれば、それに伴ったIOST価格の上昇に期待できます。

    IOSTとHashpaletteの提携による技術発展

    2021年9月に、IOST財団とブロックチェーンの開発を行う株式会社Hashpaletteが戦略的パートナーシップを締結しました。IP分野での拡大や、ブロックチェーンのエコシステムの成長を進めています。

     こうした技術発展によって多くの分野でIOSTが利用されるようになれば、知名度が上がるためIOSTの価格上昇の要因になります。
    IOSTを購入するならCoincheck!
    コインチェック
    • 現在国内でIOSTを取引できる数少ない販売所の1つ!
    • 口座開設は5分で完了!口座開設手数料は無料
    • IOSTを含めた17種類の仮想通貨(暗号資産)を購入可能
    Coincheckの基本情報
    運営会社 コインチェック株式会社
    取引所手数料 無料
    レバレッジ取引 なし
    取り扱い通貨 17種類

    • イーサリアム(ETH)
    • イーサリアムクラシック(ETC)
    • ビットコイン(BTC)
    • リスク(LSK)
    • ファクトム(FCT)
    • リップル(XRP)
    • ネム(XEM)
    • ライトコイン(LTC)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • モナコイン(MONA)
    • ステラルーメン(XLM)
    • クアンタム(QTUM)
    • ベーシックアテンショントークン(BAT)
    • アイオーエスティー(IOST)
    • エンジンコイン(ENJ)
    • オーエムジー(OMG)
    • パレットトークン(PLT)
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    IOST(アイオーエスティー)の今後の価格予想|100円に到達する?

    IOST(アイオーエスティー)の今後の価格予想|100円に到達する?

    IOSTの価格が、2022年内に100円に到達する可能性は低いと考えて良いでしょう。2018年1月の公開直後の約14円が最高値で、現在は約4円となっています。

     IOSTは実用化に向けた動きが進んでいますが、それでも期待感がまだ弱く、1年で30倍近くも価格が上昇する可能性は低いです。

    しかしこれは、あくまでも2022年の話です。IOSTのポテンシャルを加味して長期的なスパンで考えれば、今後100円に到達する可能性は十分にあります。

    IOSTを購入するならCoincheck!
    コインチェック
    • 現在国内でIOSTを取引できる数少ない販売所の1つ!
    • 口座開設は5分で完了!口座開設手数料は無料
    • IOSTを含めた17種類の仮想通貨(暗号資産)を購入可能
    Coincheckの基本情報
    運営会社 コインチェック株式会社
    取引所手数料 無料
    レバレッジ取引 なし
    取り扱い通貨 17種類

    • イーサリアム(ETH)
    • イーサリアムクラシック(ETC)
    • ビットコイン(BTC)
    • リスク(LSK)
    • ファクトム(FCT)
    • リップル(XRP)
    • ネム(XEM)
    • ライトコイン(LTC)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • モナコイン(MONA)
    • ステラルーメン(XLM)
    • クアンタム(QTUM)
    • ベーシックアテンショントークン(BAT)
    • アイオーエスティー(IOST)
    • エンジンコイン(ENJ)
    • オーエムジー(OMG)
    • パレットトークン(PLT)
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    IOST(アイオーエスティー)の最新情報を解説!

    COZUCHIはリスクが小さい

     

    フォビジャパンがIOST取引を開始

    2022年6月1日からフォビジャパンがIOSTの新規上場を開始しました。

     フォビジャンパンとは、セキュリティ世界最高水準を誇る取引所で、安全で信頼できる暗号資産取引や資産管理サービスを世界170カ国、数千万人のユーザーに提供しています。

    一般的に仮想通貨の新規上場は、注目を集めるので価格が上昇すると言われています。

    今後の価格動向をしっかりとチェックしましょう!

    DMM Bitcoinによるレバレッジ取引の開始

    2022年6月15日からDMM BitcoinがIOSTのレバレッジ取引を開始しました。

     レバレッジ取引とは、投資したお金を担保にして、その金額以上の取引を行うことを指します。

    レバレッジ取引では、効率よく利益を出すことができるメリットがある一方、価格変動によるリスクもあるため注意が必要です。

    なお、DMM BitcoinではIOSTの他にもレバレッジ取引を新たに開始しました。

    DMM Bitcoinでレバレッジ取引を開始した通貨
    • トロン(TRX)
    • カルダノ(ADA)
    • ポルカドット(DOT)
    • アイオーエスティー(IOST)

    IOSTの購入方法を解説

    セカンドライフの資金

    IOSTはコインチェック、もしくはOKCoinJapanにて購入できます。ここではコインチェックの購入方法について紹介します。

    コインチェックでの購入方法は次の3ステップです。

    IOSTの購入方法
    1. コインチェックでの口座開設
    2. コインチェックの口座に日本円を入金する
    3. コインチェックにてIOSTを購入する

    それぞれの購入方法について紹介します。

    こちらの購入方法を参考にして、実際に購入をしてみてください。

    コインチェックでの口座開設

    1ステップ目がコインチェックでの口座開設です。ネットから口座開設が可能です。口座開設の手順は次の2つに分けられます。

    コインチェックでの口座開設方法
    1. アカウントの作成
    2. 本人確認

      メールアドレスを登録してアカウントを作成し、必要情報を記入して本人確認を行えば口座開設が可能です。

      本人確認が完了するまで1〜2営業日ほどかかります。
      本人確認が終了したあとははがきを受け取るのを忘れないようにしましょう。また、万が一に備えて二段階認証の設定もおすすめします。
       セキュリティ強化をしたい方は2段階認証をしておくことで、より安全に取引が可能です。

      コインチェックの口座に日本円を入金する

      2ステップ目がコインチェックの口座に日本円を入金します。入金しないと取引ができません。コインチェックの入金方法は次の3つです。

      コインチェックの口座への入金方法
      1. 銀行振込
      2. コンビニ入金
      3. クイック入金

      それぞれの入金方法の特徴は次のとおりです。

       

      入金方法 特徴
      銀行振込 みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行の都市銀行の他、北海道銀行や栃木銀行などの地方銀行も利用可能
      コンビニ入金

      ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマートなどから可能(2021年)

      しかし現在は一時停止中

      ※詳細 「コンビニ入金」「クイック入金」の一時停止について ※7/13追記 |コインチェック株式会社

      クイック入金

      ネットバンキング・ATMから24時間365日取引が可能

      しかし現在は一時停止中

      ※詳細 「コンビニ入金」「クイック入金」の一時停止について ※7/13追記 |コインチェック株式会社

      コンビニ入金・クイック入金は現在一時停止となっているため、銀行振込のみとなります。

      銀行振込は利用している銀行がモアタイムシステムに対応していれば、入金され次第反映されます。

      コインチェックにてIOSTを購入する

      3ステップ目がコインチェックにてIOSTを購入します。ここではスマホからの購入方法について見ていきましょう。購入方法はマイページの左のメニューから販売所をクリックするだけです。

       

      コインチェックの最小注文数量は500円相当額以上となっているため、500円以上になるように注文をしましょう。

      IOSTはビットコインまたは日本円で購入可能です。

      IOST(アイオーエスティー)に投資をするリスクや注意点

      IOST(アイオーエスティー)に投資をするリスクや注意点

      ここでは、IOSTに投資をする前に知っておきたい注意点を2つ紹介します。

      IOSTに投資をするリスクや注意点
      • 時価総額が低いため、他の国内上場通貨に比べて相場変動が激しい
      • 投資判断できる情報が頻繁に共有されているわけではない

        IOSTへの投資で失敗しないためにも確認していきましょう。

        時価総額が低いため、他の国内上場通貨に比べて相場変動が激しい

        仮想通貨銘柄 時価総額
        アイオーエスティー(IOST) 約771億円
        ビットコイン(BTC) 約111兆円
        イーサリアム(ETH) 約50兆円
        リップル(XRP) 約5兆円

        上記の表から分かるように、IOSTは他の国内上場通貨に比べて時価総額が低いです。時価総額が低いと、少しの取引でも値動きが激しくなります

        IOSTは、価格が乱高下しやすい通貨なので注意しましょう。

        出典:https://coinmarketcap.com/(2022年3月29日参照)

        投資判断できる情報が頻繁に共有されているわけではない

        IOSTは、投資判断に使える情報が少ないです。これは、IOSTが「コインチェック」と「オーケーコイン・ジャパン」の2社でしか上場していないことが関係しています。

         他の国内仮想通貨銘柄に比べて、取り扱っている仮想通貨取引所が少なく、情報収集がしずらいので注意してください。

        IOSTの情報を集めるには、IOSTの公式ホームページや公式Twitterを確認するのがおすすめの手法です。

        IOST(アイオーエスティー)の買い時は?

        IOST(アイオーエスティー)の買い時は?

        IOSTの買い時は、ずばり「価格が崩落したタイミング」です。IOSTは時価総額が低く流動性が低いため、価格が乱高下するという特徴を持っています。

         そのため、IOSTが暴落した後は上昇する傾向が強いです。この性質を生かすことができれば、IOSTで儲けることができます。

        しかし、価格が暴落し、そのまま下降し続ける可能性も考えられます。

        IOSTを購入する際は、価格が低下傾向であることを確認し、さまざまな動向を踏まえてタイミングを見極めることが重要です。

        IOSTに投資できるおすすめ仮想通貨取引所

        この記事ではIOSTの今後の価格変動は、ポテンシャルを加味して長期的なスパンで考えれば、今後100円に到達する可能性が十分にあることがわかりました。

        しかし、実際に購入をしたいけど何をしたらいいかわからない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

        結論から申し上げると、IOSTの投資を始めるには仮想通貨取引所での口座開設が必要となります。

        そこで以下では、IOSTに投資できるおすすめの仮想通貨取引所を紹介します。IOSTの取引ができるのは、現状以下2つの取引所のみとなっています。

        IOSTに投資できるおすすめ取引所
        • コインチェック
        • OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)

        気になる方はぜひ、参考にしてみてください!

          コインチェック

          コインチェック

          コインチェックのおすすめポイント
          • 東証一部に上場しているマネックスグループが親会社
          • アプリのダウンロード数は国内だけで440万以上
          • 仮想通貨を500円から取引可能

          コインチェックは、東証一部に上場しているマネックスグループが親会社なので、安全性の高い仮想通貨取引所です。

           シンプルな操作画面が使いやすいと評判で、アプリのダウンロード数は国内だけで440万ダウンロードを超えています。

          少額からの取引が可能で、500円からの取引できます。また最短1日で取引を始められるので、今すぐにビットコインや仮想通貨の取引を始めたい人に最適です。

          暗号資産初心者におすすめ Coincheck
          無料口座開設はこちら

          コインチェックの基本情報

          取引所手数料 無料
          レバレッジ取引 なし
          取り扱い通貨

          17種類

          • アイオーエスティー(IOST)
          • ビットコイン(BTC)
          • イーサリアム(ETH)
          • イーサリアムクラシック(ETC)
          • リスク(LSK)
          • ファクトム(FCT)
          • リップル(XRP)
          • ネム(XEM)
          • ライトコイン(LTC)
          • ビットコインキャッシュ(BCH)
          • モナコイン(MONA)
          • ステラルーメン(XLM)
          • クアンタム(QTUM)
          • ベーシックアテンショントークン(BAT)
          • エンジンコイン(ENJ)
          • オーエムジー(OMG)
          • パレットトークン(PLT)
          運営会社 コインチェック株式会社

          参照:https://coincheck.com/ja/

          暗号資産初心者におすすめ Coincheck
          無料口座開設はこちら

          OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)

          OKCoinJapan

          OKCoinJapanのおすすめポイント
          • 世界最大級の暗号資産取引所を運営するグローバルグループ「OK Group」の日本法人
          • 流動性が高く希望の価格で高速取引がしやすい
          • システム監視やウォレットシステムで高いセキュリティを実現

          OKCoinJapanは、世界最大級の暗号資産取引所を運営するグローバルグループ「OK Group」の日本法人です。徹底したシステム監視やウォレットシステムで、高いセキュリティを誇ります。

           OKCoinJapanには、流動性が高く希望の価格で高速取引がしやすいという特徴があります。

          また2022年3月3日には、エアドロップをおこなうことを発表しました。付与時期や方法は、ホームページなどで案内するとのことなので、興味がある方はぜひ覗いてみてください。

          OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)

          取引所手数料 メイカー手数料:0.02~0.07%テイカー手数料:0.06~0.14%※取引量で異なる
          レバレッジ取引 なし
          取り扱い通貨

          12種類

          • アイオーエスティー(IOST)
          • ビットコイン(BTC)
          • イーサリアム(ETH)
          • エンジンコイン(ENJ)
          • リップル(XRP)
          • ライトコイン(LTC)
          • ビットコインキャッシュ(BCH)
          • ベーシックアテンショントークン(BAT)
          • クアンタム(QTUM)
          • リスク(LSK)
          • イーサリアムクラシック(ETC)
          • トロン(TRX)
          運営会社 オーケーコイン・ジャパン株式会社

          参照:https://www.okcoin.jp/

          よくある質問

          IOSTは今後100円に到達する?
          過去のデータから2022年以内に100円に到達する可能性は低いです。2018年1月の公開直後は10円を超えたものの、2022年の7月は2円前後となっています。今後100円に到達する可能性はありますが、年内の到達は厳しいと考えて良いでしょう。
          IOSTの発行枚数の上限はどのくらい?
          上限枚数は900億枚となっています。
          処理速度はどのくらい?
          IOSTは非常に高速な処理速度を実現しており、理論上1秒間に8,000件の処理が可能となっています。
          これまでの価格変動は?
          公開直後は約14円ととなっており、その後は値下げして現在は2円前後で推移しています。
          IOSTの注意点は?
          相場変動が激しいことと投資において重要な情報が少ないことです。値動きの激しさや情報量の多さから上級者向けの銘柄といえます。
          コインチェック以外に購入できる取引所はある?
          コインチェック以外であればOKCoinJapanより購入できます。OKCoinJapanは日本法人であり、高いセキュリティも実現しているため安心して使用できます。
          IOSTのデメリットは?
          扱っている取引所が少ないことです。扱っている取引所が少ないため、情報収集が厳しいと感じる場合があります。他にも相場変動が激しいことが挙げられます・
          初心者が取引するのに向いている?
          初心者がIOSTを取引するのには向いていません。もしもIOSTを購入する場合は相場変動のリスクや情報収集の少なさを把握してからするようにしましょう。
          IOSTの評判はどう?
          TwitterでのIOSTの評判はとても高いものです。「リップルにも負けていない」「少しつづ前に進んでいる」などの口コミが見られました。

          まとめ

          この記事では、IOSTの今後の価格や将来性について解説してきました。IOSTが持つ特徴や技術開発が進んでいることから、IOSTの価格は今後上昇していくと予想できます。

          しかし、2022年に現状の約4円から100円に到達する可能性は低いです。また、IOSTに投資する際は、相場変動が激しいことや投資判断できる情報が少ないことは理解しておきましょう。

          IOSTを買うタイミングは「IOSTの価格が暴落した時」がおすすめです。暴落した後は、上昇しやすい傾向があるからです。IOSTに投資する際は、価格が暴落したタイミングを見極めて売買してみてください。

          暗号資産初心者におすすめ Coincheck
          無料口座開設はこちら
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事