土地売却にかかる仲介手数料は?値引き交渉の可能性など徹底解説

土地の売買をする際、どれくらいの仲介手数料が発生するか気になる方も多いのではないでしょうか。納得できる土地の売却取引をするためには、仲介手数料についても理解しておくことが重要です。

そこで、この記事では土地の仲介手数料について徹底解説していきます。

現在、土地を所有していて売却を考えている方は、ぜひ参考にしてください。
土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料とは?

お金と電卓と家小物

仲介手数料とは、土地取引の際に、売買の仲介を依頼した不動産会社に対して支払う手数料のことです。

土地の売買では、不動産会社を通さずに売主と買主との間で直接売買契約を結ぶこともでき、この場合は手数料は発生しません。

しかし、土地売買には難易度の高い作業が多いため、不動産会社に仲介を依頼することが一般的です。
土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料は成功報酬として支払う

スマホで話す男性

土地の仲介手数料は、国土交通省の宅地建物取引業法で「成功報酬」と定められています。

 仲介手数料は成功報酬のため、土地の売買が成立しなければ仲介手数料を払う必要はありません。

一度契約を結んでも、契約が無効になったり取り消しになった場合も支払いの義務はありません

しかし個人的な理由で契約を解約する場合は、仲介手数料を請求されることもあるので注意しましょう。
土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料には不動産会社の売買活動も含まれる

スーツの男性

不動産会社と仲介契約を結んだ後、不動産会社は売買を成立させるために数多くの仕事を行います。

例えば以下のようなものです。

不動産会社の仕事 主な仕事の内容
売却査定 所在地や周辺環境から土地の価格査定を実施する
買主の集客 不動産情報サイトに土地を掲載する、宣伝のための資料を作成する
土地見学の立ち会い 購入検討者に土地を案内し、説明を行う
売買契約の手続き 売主と買主の契約条件の調整をする、契約書類を作成する
土地の引き渡し 売主と買主の土地の引き渡しに立ち会う

そのため、仲介手数料と別途で費用請求されることはありません。

 土地売買の過程で発生する上記の費用は仲介手数料に含まれています。

しかし、通常では行わない特別な広告宣伝などを依頼する場合は、仲介手数料とは別に請求されることがあります

別途宣伝等を依頼する場合は、事前に不動産会社に追加費用の有無を確認しておきましょう。
土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料の計算方法

計算

土地の仲介手数料は、宅地建物取引業法で以下のように定められています。

売買価格 仲介手数料の上限
①200万円以下の部分 売買価格(税抜)×5%+消費税
②200万円~400万円以下の部分 売買価格(税抜)×4%+消費税
③400万円超の部分 売買価格(税抜)×3%+消費税

※売買価格に消費税はかかりません

 仲介手数料は上限で法律で定められているため、上記の計算式結果以上の金額がかかることはありません。

一方で、仲介手数料の下限額は定められていないため、仲介手数料の値下げ交渉をすることは可能です。
土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料を求める公式

電卓

では実際にどれくらいの仲介手数料がかかるのか、求め方の公式を紹介します。たとえば売買価格が400万円超えの時、法律上の計算式に当てはめると以下のようになります。

▼法律上の計算式
200万円×5%+200万円×4%+(売買価格―400万円) ×3%+消費税

こちらで仲介手数料を計算することができますが、少々計算が面倒です。そこで、不動産のプロが使う仲介手数料の速算式を紹介します。

▼速算式(400万超えの売買価格)
売買価格×3%+6万円+消費税

速算式でも同様の結果となるため、400万円超えの土地の仲介手数料を計算するときはおすすめです。

 

土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料の計算例

100ドル札

具体的な数字に当てはめて計算してみましょう。ここでは4,000万円の土地にかかる仲介手数料を速算式で計算します。

4,000万円の土地にかかる仲介手数料

4,000万円×3%+6万円+消費税(10%)

⬇︎

126万円×10%

⬇︎

138万6000円

このように4,000万円の土地売買には、最大で138万6000円の仲介手数料がかかるという結果となりました。この時、売買価格(4,000万円)には消費税がかからないので注意しましょう。

土地を売却する際にかかる仲介手数料の目安を、以下にまとめたので参考にしてください。

売買価格 仲介手数料
100万円 5万5000円
300万円 15万4000円
500万円 23万1000円
1,000万円 39万6000円
3,000万円 105万6000円
6,000万円 204万6000円
9,000万円 303万6000円
1億円 336万6000円

ただし、400万円以下の物件の仲介手数料が、現在は割高に設定されているため注意しましょう。

 宅地建物取引業法により、400万円以下の不動産売買では、仲介手数料の上限が18万円+消費税に設定されています。

 

土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料を支払うタイミング

手数料と書かれた積み木

先述した通り仲介手数料は成功報酬なので、売買成立後が支払いのタイミングとなります売買契約時に半額、土地の引き渡し時に半額と、2回に分けて支払うことが一般的です。

全額一括払いも可能ですが、不動産会社の仕事は売買契約後も事務手続きなどが残っています。

 最後まで気を抜かずに仕事をしてもらうためにも、2回に分けて支払う方が安心です。

また、仲介手数料は現金での支払いが一般的です。しかし最近では、振込やローン対応が可能な不動産会社もあります。

仲介手数料の支払うタイミングや支払い方法については、不動産会社に事前に確認しておきましょう。
土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

土地の仲介手数料は安くできる?

コイン

仲介手数料は、宅地建物取引業法で定められた上限額を支払うのがほとんどのケースです。とはいえ安くしてもらうように不動産会社に交渉することもできます。

値引き交渉は仲介契約を結ぶ前に

土地を売却するときは、どの不動産会社に仲介を依頼するか検討する期間があります。その期間が値引き交渉のタイミングです。

不動産会社の営業マンは契約を取りたいと思っているため、交渉の余地があります。

 「仲介手数料を安くしてくれるなら、御社に依頼したいと思っています」のように交渉することが可能です。

不動産会社は「契約が取れる」、売却側は「仲介手数料が安くなる」と双方にメリットがあります。

一方で仲介契約後は、不動産会社にとって仲介手数料を値引きするメリットがなくなるため、値引き交渉は困難を極めます。

仲介手数料を安くしたいなら、仲介契約を結ぶ前に交渉してみましょう。
土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

仲介手数料値引きにはデメリットがある

計算

仲介手数料が安くなることは嬉しいことですが、デメリットも理解しておくべきです。たとえば以下のようなデメリットが考えられます。

仲介手数料の値引きによるデメリット
  • 担当者の対応が悪くなる可能性がある
  • 営業活動が疎かになり、売却まで時間がかかる可能性がある

    仲介手数料は、人件費や広告費のために使われます。つまり仲介手数料の値引きは、担当者の人件費削減や、売却する土地の広告費削減に直結する可能性があります。

     仲介手数料を削減された不動産会社や担当者は、丁寧な説明を怠たるなど対応が悪くなるかもしれません。

    また広告費が削減されることで購入者がなかなか見つからず売却までの期間が長くなるかもしれません

    このようなデメリットを踏まえた上で、仲介手数料の値引き交渉すべきかを考える必要があります。
    土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

    仲介手数料より売買価格が重要

    資産運用と葉っぱのイメージ

    先に述べたように、仲介手数料の値引きはサービスの質低下をもたらすことがあります仲介手数料の値下げにこだわるより、上限の仲介手数料を支払う方が賢明かもしれません。

     仲介手数料を通常通り支払うことで、不動産会社が買主側としっかり交渉し、より良い条件で高く売れる可能性が高くなるからです。

    たとえば「仲介手数料は半額で売買価格が1,000万円」のケースと、「仲介手数料は上限で売買価格が1,100万円」のケースを考えてみましょう。

    売買価格 仲介手数料 売買価格ー仲介手数料
    1,000万円 19万8000円
    (39万6000円×1/2)
    980万2000円
    1,100万円 42万9000円 1057万1000円

    「仲介手数料は上限で売買価格が1,100万円」のケースの方が結果的に75万円以上も得する結果になりました。

    仲介手数料を安くするよりも売買価格を高くするように努めた方が良いでしょう。
    土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

    土地の売却にかかるその他の費用

    並べたドル紙幣

    土地の売却にかかる費用は、仲介手数料だけではありません。

    ここではその他でかかる費用を紹介します。

    印紙税

    印紙税とは、土地の売買契約書にかかる税金です。

    売却金額によって異なるので、以下で確認してください。

    売却価格  印紙税(軽減税率) 印紙税(本則税率)
    10万円超え 50万円以下 200円 400円
    50万円超え 100万円以下 500円 1,000円
    100万円超え 500万円以下 1,000円 2,000円
    500万円超え1千万円以下 5,000円 1万円
    1千万円超え5千万円以下 1万円 2万円
    5千万円超え 1億円以下 3万円 6万円
    1億円超え 5億円以下 6万円 10万円
    5億円超え 10億円以下 16万円 20万円
    10億円超え 50億円以下 32万円 40万円
    50億円超え 48万円 60万円 

    平成26年4月1日〜令和4年3月31日までは軽減税率の対象です。しかしそれ以降に作成された契約書については、本則税率が課されます。

    印紙税は契約書に印紙を添付することで税を納めますが、印紙を貼り忘れて印紙税を払わないでいると、過怠税が課せられます。

    結果的に本来の印紙税の3倍の金額が徴収されるので確実に添付するようにしましょう。
    土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

    建物解体費用

    家の解体

    土地の上に建物が建っている場合は、建物の解体費がかかります。

    費用は建物の種類や敷地面積、業者によって異なるため問い合わせてみましょう。目安は以下の通りです。

    建築構造 坪単価
    木造 1坪あたり3〜4万円
    鉄骨造 1坪あたり5〜6万円
    鉄筋コンクリート造 1坪あたり7〜8万円

    登記費用

    売却した土地にローンが残っている場合は、抵当権抹消登記費用がかかります。

    抵当権とは、ローンを借りた人が返済できなくなった時に備えて土地を担保にとれる金融機関の権利です。ローンが完済されたタイミングで、抵当権が抹消されます。

     抵当権抹消登記の手続きにかかる費用を、抵当権抹消登記費用と言います。費用は1つの不動産につき1,000円です。

    しかし司法書士に支払う費用が加算されるため、2万円程度が相場となっています。

    土地売却を成功させるポイント

    土地売却を成功させるポイント

    土地を売却することは、投資家や不動産会社でなければそれほど多く経験することは少ないでしょう。

    しかしながら、土地売買の取引は動く金額も大きいため、初心者の方でも「少しでも高く土地を売却」させて、取引を成功させたいと感じるはずです。

    そこで、土地売却を成功させるポイントについて解説していきます。

    不動産一括サイトを活用する

    土地売却を成功させるためには複数の不動産会社からの見積書を比較・検討して市場相場・適正価格を調査しておくことが必要です。

     そのために、不動産一括サイトを活用して、複数の不動産会社へ一括見積もり査定依頼すると、効率的に売却活動ができます。

    不動産一括サイトは、一度の申込で土地が存在するエリアに強い不動産会社へ一括査定依頼してくれるサービス。オンライン上から利用でき、売主は利用料金「無料」で活用できます。

    不動産一括サイトによっては、不動産会社と提携を結ぶために、独自審査を実施しているところも多いため、優良企業にのみ査定依頼が可能になり、信頼できる不動産会社を効率的に探せます。
    土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

    買主にアピールできるように土地はきれいにしておく

    信頼できる不動産会社を選択できたら、買主を見つけるために、売却する土地のアピールが重要になってきます。

    土地売却であれば、買主が見学に来る際には土地をきれいにしておくことも大切です。

     売却したい土地に、ゴミが放置してあるようでは、買主への印象は非常に悪くなるでしょう。見学前にはあらかじめきれいにしておきましょう。

    売主としても周辺状況をについての情報を持っておく

    また、現場の見学の際に売主も同伴できるようであれば、周辺環境について売主から情報提供できると印象もよくなります。

     周辺住民の印象や、近くのスーパー、公的施設、病院などの距離・口コミなど、住んでいるからこそわかる情報も伝えると、売主への印象もよくなります。

    買主も土地の取引で「失敗したくない」と感じるのは当たり前です。そのため、少しでも土地購入への不安を取り除く努力が売主にも必要です。

    物件が持つ地理的要素だけでなく、近隣住民の人的要素も伝えておければ、「住むこと」への不安を取り除けるでしょう。
    土地売却におすすめ! 不動産一括査定サイト3選

    土地売却におすすめの一括査定サイト

    家の模型

    ここでは、土地売却を考えている方に向けて、おすすめの不動産一括査定サイトを3つ紹介します。

    土地売却におすすめの一括査定サイト
    • すまいValue
    • ライフルホームズ
    • HOME4U

      以下で、それぞれの特徴を紹介していきましょう。

      すまいValue

      すまいValue

      運営会社
      • 小田急不動産
      • 住友不動産販売
      • 東急リバブル
      • 三井のリハウス
      • 野村の仲介PLUS
      • 三菱地所ハウスネット
      対象エリア 全国
      査定の費用 無料
      同時査定依頼数 最大6社
      提携社数 6社
      査定可能不動産 マンション、マンション一棟、ビル、一戸建て、土地、アパート、その他

      三井のリハウスすまいValueは、不動産業界の大手6社が運営する不動産一括査定サイトです。提携している不動産会社の中には、すまいValueでしか査定依頼できない会社があります。

      すまいValueでしか査定依頼できない会社
      • 住友不動産販売
      • 東急リバブル

        上記3社は不動産仲介数のTOP3ですが、他の一括査定サイトとは提携していません。業界の大手企業に一括査定を依頼できるのは、すまいValueだけです。

        不動産売買の実績重視で不動産会社を選びたい方におすすめです。

        ライフルホームズ

        ホームズ不動産売却 LP

        運営会社 株式会社LIFULL
        本所所在地

        〒102-0083

        東京都千代田区麹町1-4-4

        対象エリア 全国
        査定の費用 無料
        同時査定依頼数 最大10社
        提携社数 3,569社(2022年2月現在)
        査定可能不動産
        • マンション
        • 一戸建て
        • 土地
        • 投資用(一棟物件)
        • 投資用(区分所有)
        • 倉庫・工場 など

        ライフルホームズは、日本最大級の不動産・住宅情報サイトです。またサイトがシンプルでみやすく、知りたい情報に最短でアクセスできるような設計となっています。

         ライフルホームズは匿名で売却査定をできるため、不動産会社からの営業電話を回避することができます。

        住まい探しのイメージが先行していますが、不動産の売却査定サービスも提供しています。

        ライフルホームズは、不動産の売却が初めてという方に特におすすめです。

        出典:ライフルホームズ

        HOME4U

        ホームフォーユー

        運営会社 株式会社NTTデータスマートソーシング
        本社所在地

        〒135-8677 

        東京都江東区豊洲3-3-9豊洲センタービルアネックス4F

        対象エリア 全国
        査定の費用 無料
        同時査定依頼数 最大6社
        提携不動産会社数 約1,800社
        査定可能な不動産の種類
        • マンション一室
        • 一戸建て
        • 土地
        • ビル一室
        • 店舗・事務所・倉庫
        • マンション一棟
        • アパート一棟
        • ビル一棟
        • その他

        HOME4Uは、運営歴が20年を超え、“日本初”の不動産一括査定サイトという肩書きを持っています。HOME4UはNTTデータグループで運営されているということもあり、安全性が抜きん出ています。

         HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTデータグループが運営する国内最大級の不動産情報サイトです。

        日本最高級のセキュリティシステムを導入するだけでなく、悪徳な不動産会社を徹底的に排除する仕組みもあります。

        HOME4Uは、サイトや不動産会社の安全性を重視したい方におすすめです。
        出典:HOME4U

        土地の仲介手数料に関するよくある質問

        仲介手数料とはなんですか?
        仲介手数料とは、土地の売買を依頼した不動産会社に対して支払う手数料のことです。
        売主と買主の仲立ちをして、売買が成立した時に成功報酬として支払います。
        仲介手数料はどうやって支払うのですか?
        仲介手数料は現金払いが一般的です。最近は振込対応が可能な場合もあるので、不動産会社に確認を取りましょう。
        仲介手数料は売買が成立しなくても必要ですか?
        仲介手数料は不動産会社に対して支払う成功報酬です。そのため、売買が成立しなかった時は支払いの必要はありません。
        しかし、個人的な理由で契約を解消した場合は、支払いを求められることがあります。
        仲介手数料はいくらかかりますか?
        仲介手数料は売買価格によって異なります。また宅地建物取引業法によって、上限が定められています。
        例えば土地の売買価格が4,000万円の場合は、4,000万円×3%+6万円+消費税(10%)=138万6000円となります。
        仲介手数料を支払うタイミングはいつですか?
        仲介手数料は、売買成立後が支払いのタイミングです。売買契約時に半額、引き渡し時に半額と、2回に分けて支払うことが一般的です。
        仲介手数料を安くすることはできますか?
        仲介手数料の値下げを交渉することは可能です。しかし仲介手数料の値下げは、土地の広告費削減などに繋がることがあります。
        結果、売却時期が遅れるなどのデメリットも考えられることを知っておきましょう。
        仲介手数料以外にかかる費用はありますか?
        売却した土地にかかる税金である印紙税や、抵当権抹消登記費用があります。
        その他、建物解体費・廃棄物処分費などの費用がかかることもあります。どれくらいの費用が必要なのか事前に見積もっておきましょう。

        まとめ

        この記事では、土地の仲介手数料について解説してきました。土地の仲介手数料とは、不動産売買の仲介を依頼した不動産会社に対して支払う成功報酬のことです。

        売買価格によって仲介手数料は異なり、計算式によって求めることができます。

        仲介手数料の値下げ交渉も可能ですが、安くすることがデメリットになる可能性があると紹介しました。

        土地の売却には仲介手数料の他に、印紙税や抵当権抹消登記費がかかります。

        売却前に総額どれくらいの費用が必要になるのか、1度不動産会社に見積もりを依頼してみましょう。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事