マンション経営のメリットとリスク|初心者向けに仕組みから徹底解説

「マンションの経営をしてみたい!」と思っても、何から始めれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

マンションの経営は、収入の仕組みやメリット、リスクや費用について理解しておくことで流れが理解しやすくなります。

そこで今回は、マンション経営に必要な知識について、コツやよくある質問と併せてまとめてみました。

損のないマンション経営を実践するために、ぜひ最後までご覧ください。

マンション経営とは?

マンション経営とは?

マンションを賃貸として運営し、家賃収入などを得ることをマンション経営といいます。

ここでは、マンション経営の概要やアパート経営との違いについて解説します。

マンションを購入し賃貸として運営すること

マンション経営とは、マンションを購入・所有し、入居者となる第三者の方に賃貸物件として貸し出すことを指します。

年金に関する不安や安定収入のための手段として現在注目されており、20代からすでにマンション経営を始めている方もいるほどです。

収入源としてはもちろんのこと、資産運用といった視点でも注目されている手法です。

集めた入居者から得る「家賃収入」が主な収益源

マンション経営とは?

マンション経営で得られる収入は、基本的な家賃収入以外にもいくつか存在します。

その例が、賃貸契約を更新する際の「更新料」や、入居時に支払われる「礼金」です。

 これらは毎月に支払われるものではないため、やはりメインの収入源は月々の家賃といえます。

ちなみに、マンション経営時に得られる毎月の安定した収入のことを「インカムゲイン」といいます。

インカムゲインは、不動産を所有している期間は継続的に収入が得られるシステムです。

土地の相場やマンションの価値が急に変わらない限りは、滅多に収入が下がりません。

対して、不動産投資のパターンとしてインカムゲインよりも多少リスクが高いとされているのが「キャピタルゲイン」です。

 キャピタルゲインは土地の価格や株の動きを見越したうえで投資する方法です。

投資自体は安価で行い、高値で売却をする方法であるため、うまくいけば大きな利益を得られますが、安定性や確実性といった点でリスクがあります。

安定した収入を得たいという方は、あくまで不動産投資のひとつとして覚えておく程度にしておきましょう。

アパート経営との違い

マンション経営とは?

マンション経営とアパート経営の違いを把握しておくことも重要です。アパート経営と比較したうえでのマンション経営の特徴といった形で記載しています。

マンション経営とアパート経営の違い
  • 土地が見つかりにくい分過剰供給にもなりづらい
  • 投資額が大きい
  • 収入額が大きい
  • 維持費が高い
  • 修繕費の規模が大きくなる
  • 構造の違いにより耐用年数が長い
  • 減価償却費用を長く計上できる
  • リノベーションがしやすい
  • 耐久性や耐震性により優れている
  • セキュリティが充実している
  • 空室に関するリスクが若干低め
  • 立退や解体に時間と費用がかかる
  • 老朽化がしにくいため賃料も下がりにくい
  • 利回りが高い傾向にある
  • 戸数が多いことで管理に負担がかかる

マンション経営のメリット

マンション経営のメリット

マンション経営には、主に以下のようなメリットがあります。

マンション経営のメリット
  • 安定した収入を得られる
  • 節税の効果がある
  • 管理に割く時間を軽減できる
  • レバレッジ効果が期待できる
  • 資産として残し続けられる

安定した収入を得られる

マンション経営のメリット

毎月の家賃収入をはじめ、ある意味ボーナスともいえる更新料や年金など、まとまった金額を安定して収入として獲得できるのは大きなメリットです。

また、アパートと比較すると、利便性の高さなどの観点から退去率も低い傾向にあるため、空室になりにくいことで安定した収入につながります。

空室が出たとしても、元々の部屋数が多いため、急激に収入が減るということもあまりありません。

節税の効果がある

マンション経営には、固定資産税の軽減措置・相続税の評価額が下がる・減価償却費用の計上期間も長いといった節税に関するメリットが豊富です。

固定資産税は、不動産を保有する場合に必ず発生する税金ですが、土地のままにせず建物を建てることにより減税できる仕組みです。

 マンション経営の場合はさらに固定資産税が下がる傾向にあるため、節税効果があるものであるとわかります。

相続税に関しては、マンションのような賃貸物件を建てることで、その土地に「貸家建付地評価減」が、建物に「借家権割合による評価減」が適用され、自身が利用する物件よりも評価額は下がる傾向です。

評価額が下がることは支払う税金も安くなることにつながるため、マンション経営は節税対策として有効。また、減価償却費用は、所有するマンションにかかる所得費用を経費として計上できることです。

経費への形状はそのまま不動産所得の減額にもつながるため、所得税の節税につながります。

管理に割く時間を軽減できる

マンション経営のメリット

マンション経営に必要な業務は、家賃の設定額数%の手数料で管理会社への委託が可能です。主な管理業務としては以下に記載しました。

マンション経営の主な管理業務
  • 入居希望者への物件案内
  • 入居時の契約手続き
  • 退去時の立ち会い
  • マンション共用部の清掃・修繕手配
  • 家賃の徴収業務
  • 滞納に関する対応
  • 入居者からのクレーム対応

レバレッジ効果が期待できる

マンション経営のメリット

レバレッジ効果とは、少ない資金で高額な資産を買うことを意味する投資用語です。マンション経営のレバレッジ効果は、主にローンにより発揮されます。

 マンションの建築時に利用できる「不動産投資ローン」は、比較的少額での建築を可能にします。

少額で建築し、家賃収入としてある程度の金額を毎月徴収できれば、いわゆるローリスクハイリターンになるでしょう。

また、不動産投資は基本的に保有資産額と利回りによって左右されるため、マンション自体の価値が高くなればなるほど、より大きな収入につなげるチャンスがあります。

資産として残し続けられる

マンション経営のメリット

マンションは資産として所有できるため、老後の収入源にもなります。

仮にマンションが古くなって解体になったとしても、マンションが建っていた土地は自身のものです。

土地だけでも残しておけば収入源として確保し続けることが可能で、親族に相続できる大きな資産としても活用できます。

マンション経営のリスク

マンション経営には、主に以下のリスクが発生することも覚えておきましょう。

マンション経営のリスク
  • 購入や運用に費用がかかる
  • 家賃を滞納される可能性がある
  • 空室や退去による収入の減少がある
  • 入居者のトラブル対応に追われる
  • 災害リスクや修繕費の支払いも視野に入れる必要がある

ここでは、それぞれのリスクについて解説します。

購入や運用に費用がかかる

マンション経営のリスク

軌道に乗ってしまえば安定した収入を毎月得られるものの、初期費用やランニングコストといった出費が大きいのも事実です。

 見切り発車にならないよう、マンション経営を検討する段階で必要な費用や毎月の出費について把握し、無理のない計画を立てたうえで実行しましょう。

また、マンションの売却時にローン残債などが原因で借金を抱えたり、思わぬ出費が出たりする可能性もあります。

マンション経営について相談できる建築会社やハウスメーカーに相談するのもおすすめです。

家賃を滞納される可能性がある

マンション経営のリスク

収入源となる家賃を滞納され、毎月の収入にムラが出てしまうことも考えられます。

 家賃収入が安定しなくなると毎月の生活はもちろん、経営に関する出費や借金の支払いにも影響が出るでしょう。

家賃滞納が原因になり借金が支払えなくなり、最悪の場合自己破産ということも考えられます。

入居者によって今後の生活に影響が出てしまうリスクがあることを把握しておきましょう。

空室や退去による収入の減少がある

マンション経営のリスク

アパートと比べて部屋数が多いため、空室リスクは比較的少ないといえます。

しかし、一度に多くの退去者が出てしまったり、そもそも入居者が集まらなかったりすると、その分収入が減少してしまいます。

空室リスクを避けるためには、建築時に土地の特徴などを把握したうえで、空室率のシミュレーションを行うと良いでしょう。

入居者のトラブル対応に追われる

家賃に関するトラブルだけでなく、入居者同士の近隣トラブルといった対応も管理者の仕事になってしまいます。

騒音トラブルやゴミのルールといった、共用しているからこそ発生しやすいトラブルの種が多いのもマンション経営の特徴です。

 トラブルの対処にまで手が回らないという場合は、管理会社へ対応を委託するのもひとつの方法です。

災害リスクや修繕費の支払いも視野に入れる必要がある

マンション経営のリスク

地震や火災、台風といった天災による被害でマンションが破損してしまった場合、その修繕費用を負担しなくてはなりません。

出費が大きくなりすぎないよう、損害保険などに必ず加入しておきましょう。

また、入居者が起こしたトラブルや、マンション内での事故・事件に関するリスクも視野に入れておく必要があります。

マンション経営成功のコツを詳しく紹介

マンション経営の成功のコツ

マンション経営を成功させるためには、押さえておくべきポイントがあります。ここでは、マンション経営の成功のコツについて紹介します。

マンション経営の成功のコツ
  • ニーズの高い立地・物件を選ぶ
  • マンションタイプの違いを理解する
  • 利回りを算出する
  • 物件の価値を高める

ニーズの高い立地・物件を選ぶ

マンション経営を成功させるためには、ニーズが高い立地や物件を選ぶことが重要です。

前述した通り、ニーズが低い物件などを選択した場合、長期間空室が続いて家賃収入が得られない可能性が高いためです。

東京・川崎・横浜などの東京圏や、駅から近く交通便のよい物件など、ニーズの高い立地や物件を見極めましょう。

マンションタイプの違いを理解する

マンションタイプの違い

マンション経営を成功させたいのであれば、マンションタイプの違いを理解することが大切です。マンションタイプは、ワンルームタイプとファミリータイプの2つに分かれます。

将来的にニーズがあるのは「ワンルームタイプ」です。特に東京・川崎・横浜などの東京圏は、主に若年層の人口流入が続いているため、ワンルームタイプの需要が高いとされています。

 反対にファミリータイプは、少子高齢化でファミリー層が減少傾向にあることから、空室リスクが高まります。

利回りを算出する

マンション経営で失敗しないためには、利回りを算出しておくことが重要です。利回りとは、投資額に対する利益の割合を意味します。

つまり、「マンション経営でどのくらいの儲けが出るか」の指標となります。契約をする前に、利回りを算出し、最低ラインや相場の目安、初期費用にどのくらいかかるのか、把握しましょう。

利回りはの最低ラインは3%で、理想ラインは5%と言われています。

物件の価値を高める

物件の価値を高める

契約後は、立地や築年数を変えられないため、設備に投資をして物件の価値を高める施策が必要とされます。

そのため、マンション経営を成功させるためには、物件の価値を高めることが大切です。

物件としての価値が低く、入居者が見つからず空室期間が長引くと、家賃収入が得られずに負担となるためです。

ニーズに合った設備がない場合、「入居者が見つからない」という事態を起こしかねません。入居者からのニーズが高い設備は、以下の4点です。

ニーズが高い設備
  • オートロック
  • 宅配ボックス
  • インターネット無料
  • 追い焚き機能(ファミリータイプの場合)

マンションの選択基準は?

マンションの選択基準

マンションの経営の成果を勝ち取るためには、マンションの選択基準を把握することが重要です。ここでは、マンションを選択する際の3つの基準について解説します。

マンションの選択基準
  • 立地
  • 築年数
  • マンションの設備や周りの環境

立地

マンションを選ぶ際は、立地をしっかりと見極めることが重要です。東京・川崎・横浜などの東京圏は、人口流入が続いているため、空室リスクは比較的少ないと言われています。

 駅に近くアクセスのしやすい物件や、乗り継ぎが便利な駅の近くの物件は、人気物件で空室が起こりにくいです。

一方で、駅から遠い交通アクセスの悪い物件や、周りに商業施設などがない生活がしづらい物件は、空室リスクが高くなります。

空室が続くと、その分毎月の収入が入らなくなるため、立地の見定めは大切です。

築年数

インテリアコーディネート

マンションを選ぶ際は、なるべく築年数が浅い物件を選ぶようにしましょう。築年数が浅い物件であれば、外装や設備が新しいため、設備にかかる費用を抑えることが可能です。

 耐用年数も長いため、長期にわたって家賃収入を得られます。

物件を売却するとなった場合も、築年数が浅いほうが買い手が見つかりやすいというメリットがあります。また、減価償却費を長期間にわたって計上できるのも、築年数の浅い物件の魅力の一つです。

マンションの設備や周りの環境

マンションを選ぶ際には、「マンションの設備や、周辺の環境が充実しているか」を判断することが重要です。

生活する上で便利な宅配ボックスやオートロックなどの設備が導入されていると、入居者を確保しやすいです。

 周辺にスーパーやコンビニ、商業施設、病院などの施設が揃っているかどうかも重要です。

いくら駅から近く交通の便がよくても、周辺施設が充実していないと物件の需要が下がる可能性があります。

マンション経営を始める流れ

マンション経営を始める流れ

マンション経営が始まるまでの基本的な流れは以下の通りです。

マンション経営を始めるまでの流れ
  1. 物件のリサーチ
  2. 購入申し込み
  3. 決済・登記

STEP①物件のリサーチ

まずは経営に関するご自身の条件を基に、Webでの情報や不動産会社への問い合わせを駆使した情報収集が必要です。

土地の状態や予算、マンションのデザインなど、リサーチ対象となるポイントはそれぞれ異なります。

リサーチを始める前には、条件をしっかり整理することをおすすめします。

STEP②購入申し込み

マンション経営を始める流れ

実際に経営をするマンションが決定したら不動産会社などとやりとりし、現地へ足を運んだり、より詳しい情報を聞き出したりといった再リサーチ後、改めて購入の意思を固めます

 一般的にマンションの購入は先着順となることが多いため、慎重さと同様に直感力も必要です。

購入するマンションの決定後は、物件の情報・契約条件といった「重要事項説明(重説)」を受け、納得したうえで正式に申し込みます。

STEP③決済・登記

申し込み後は、ローンを申請します。

マンション経営の場合は一般的に審査が通れば即購入でき、通らない場合は契約自体を解除できる「ローン特約」がつくため、審査が通らなかったのに購入しなければならないという事態を防止可能です。

ローンの審査が通れば、金融機関と「金銭消費賃借契約」を結び、契約時に決定した日程で決済と登記を実施します。

この段階で、建物代金・登記に必要な費用・火災保険料・管理関連の初期費用・ローン関連の手数料などが発生することを覚えておきましょう。

マンション経営に必要な費用

マンション経営に必要な費用

マンションの経営には主に、初期費用と維持費用の2種類が必要です。ここでは、それぞれについて詳しく解説します。

初期費用

マンション経営に必要な初期費用
  • マンションの取得費用(数千万円〜)
  • 土地の取得費用(数千万円〜)
  • 仲介手数料(購入金額×3%に消費税と6万円をプラスした金額)
  • 事務手数料や保証料(物件によって異なるが借入額の1%〜3%が相場)
  • 火災保険料(約30万円〜)
  • 取得時のみ所得税(固定資産税の評価額×3%)
  • 登記関係の費用(約30万円〜)

まずは初期費用がどれくらいかかるのかを見積もっておくといいでしょう。

全てをローンでまかなうわけではなく、頭金もある程度は必要です。マンションの金額に合わせて、準備しておきましょう。

即時に支払わなければならないものもあるので、手元に現金があると安心できます。

維持費用

マンション経営に必要な費用

マンション経営に必要な維持費用
  • 毎月のローン返済額(借入金額によって変動する)
  • 管理会社に委託する場合は管理手数料(一般的には家賃の5%)
  • 破損などの修繕費用(破損の度合いやマンションごとに金額は異なる)
  • 年払いにしている場合は火災保険料
  • 住民税や所得税(収入によって変動する)
  • 固定資産税(評価額に1.4%を掛けた金額)

入ってくる金額が大きいほど、出ていく金額も大きくなるでしょう。

また、中古マンションの場合は修繕費がかかることを前提に購入しておけば、急な出費にも対応できます。

マンションを持っているだけでかかる費用もあるので、空室にならないような工夫が必要です。

マンション経営が向いている人の特徴

ネットで調査する男性

マンション経営が向いている人の特徴
  • 安定した収入を確保したい
  • 広い土地を所有している
  • 税金対策をしたい

これらの条件に当てはまる方は、マンション経営に向いているでしょう。

安定した収入を確保したい

マンション経営を行うことで、毎月決まった金額の収入を得ることができます。

 毎月の家賃収入を含め、更新料や年金など、まとまった金額を安定して収入として獲得できるのは大きなメリットです。

またマンションの場合、退去率も低く年単位で暮らす住人が多いため、長期に渡って安定した収入を得ることができるでしょう。

手間がかからずに資産を運用できますよ!

 

広い土地を所有している

広い土地を所有している場合、アパート経営やマンション経営が向いています。

 駐車場経営などは、初期費用が低く建物を建設する必要がないというメリットがある一方で、土地をうまく活用できずに安定した収入を獲得しづらいです。

税金対策をしたい

マンション経営で経費に計上できる税金は以下になります。

計上できる税金の種類
  • 固定資産税や都市計画税
  • 登録免許税
  • 印紙税

これらの税金を経費計上することで結果的に節税対策をすることができます。

また、固定資産税評価額を最大1/6に、相続税評価額を半分に軽減することができ、他の方法に比べて圧倒的に節税をすることが可能です。

マンション経営におすすめの不動産投資会社5選

SYLA(シーラ)

シーラ

SYLAのココがおすすめ
  • 月1万円の少額からでワンルームマンション投資をスタートできる!
  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
  • 年間400戸近くを販売※2する実績
  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。SYLAの魅力は少額から気軽に不動産投資が始められる点です。

複数の投資家から資金を集めて運用を行う不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら、最低1万円から不動産投資をスタートすることができます。

経験を積んだ後には、入居率が99.3%を誇るSYFORMEで本格的な投資に挑戦できます。駅近の土地にこだわり開発したマンションで、空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のある物件です。

 空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

さらに入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実。集金代行の契約システムを利用すれば、様々なリスクを軽減することができますよ。

まずは気軽に不動産投資を始めたい方はSYLAのセミナーを受講することをおすすめします。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.3%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA 公式サイト

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
  • アプリで簡単に物件管理ができる
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

 購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

3つのプラン概要
  集金代行プラン
最低限のサポートで安い
ワイドプラン
設備リスクをしっかりカバー
NEOインカム
空室+設備リスクをカバー
設備修理・交換費用
空室時の負担
滞納時の負担
原状回復の費用
タテカンさぽーと
広告費の負担
契約期間
(更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
7年
(譲渡対価は1年ごと)
空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY 公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

※1~2
※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
※2)公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

※2021年6月度 公式サイトより

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

 建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:https://www.tohshin.co.jp/

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

FJネクスト

FJネクスト

FJネクストのココがおすすめ
  • 創業41年!東証一部上場企業で信頼と実績がある
  • 入居率99.0%※1。安定の運用が期待できる
  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※2
  • 無料セミナーを随時開催していて、WEBからも聞くことができる
  • 98.5%の物件が駅から徒歩10分以内※3で、入居者が決まりやすい

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

FJネクストは、「ガーラマンションシリーズ」でお馴染みの不動産会社です。

創業は41年になり、東証一部に上場。都心を中心に315棟、2万1907戸を供給していて、確かな実績があります。

 無料のセミナーや相談会も毎週のように行っているので、ライフスタイルに合わせて受講することができます。

管理戸数は1万7000戸超え。経験やノウハウがしっかりあるから、どんなトラブルにも柔軟に対応してくれるでしょう。
※公式サイトより

FJネクストのワンルームマンションの98.5%が駅から徒歩10分以内に位置しています。

特にワンルームマンションは、駅から近い方が空室リスクが少なく、すぐに入居者が決まるでしょう。

企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

出典:FJネクスト 公式サイト

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

※1~3
※1 2021年3月末時点。公式サイトより
※2 2021年6月末時点。公式サイトより
※3 2020年6月末時点、ワンルームマンションに限った場合。公式サイトより

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントのココがおすすめ
  • セミナーはなんと毎日開催!オンラインで参加可能
  • 不動産投資初心者でも、不動産投資のノウハウがよくわかるサービス「レイビー」を運営
  • 医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」が注目を集めている
  • 相続税の相談などもでき、心強い
  • 賃貸管理・建物管理も行っているので、購入後の手続きもスムーズ

グローバル・リンク・マネジメントは、渋谷区にある不動産会社。不動産の開発、販売、管理業などを行っています。

セミナーの開催はなんと毎日。開催時間もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて、好きな時に受けることができます。

 不動産投資についてわかりやすいコンテンツが豊富な「レイビー」を見れば、初心者も不動産投資がよくわかります。

記事はたった5分で読めて、誰でも簡単に理解できるので、不動産投資初心者にとってはありがたいコンテンツです。

他にも相続税の相談ができたりと、不動産についての困りごとには心強い存在となってくれるでしょう。

医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」も、不動産投資に興味がある医師たちから注目を集めています。

企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.42%

出典:不動産投資マンスリーレポート

よくある質問

そもそもマンション経営って何?
マンションを購入し、入居者からの家賃を収入源とする不動産経営のことを指します。安定収入や年金への不安を解消するための手法として注目されています。
収入の種類は、土地やマンションの価値に左右されないインカムゲインと、株の動きなどを見越して投資をするキャピタルゲインが代表例です。
アパート経営と何が違うの?
土地が見つかりにくいリスクはあるものの、過剰供給を防止できるメリットがあります。投資額や収入額の大きさなどもメリットです。
反面、維持費や修繕費が高いといったリスクもあるので、注意しましょう。アパートと比較した際、耐久性や耐震性の高さ、空室リスクの少なさといった観点での利点もあります。
マンション経営のメリットとリスクが知りたい!
主なメリットには、安定収入や節税対策、レバレッジ効果などが期待できるという点があります。また、資産として残し続けられるという点も大きなメリットです。
反対に、購入・運用の費用が高くなる点や、家賃滞納や空室・退去による収入減少の可能性など、リスクとなる点もしっかり把握しておきましょう。
マンション経営を成功させるためのコツはある?
入居者のターゲット設定や高収入を見込める土地の選定、設備への配慮やしっかりとした資金計画の準備などが挙げられます。
マンション自体の設備を充実させたり、家賃の下落などのイレギュラーに備えておくことも重要です。
もし不動産経営に関するノウハウが全くない場合は、不動産のプロへ協力を依頼することで、より確実な利益へとつながるでしょう。
マンション経営はどのような流れで始めるの?
まずは物件に関する情報をリサーチしましょう。気に入った物件があれば不動産会社に依頼し、重要事項の説明を受けたう絵で購入を申し込みます。
その後ローンを申請し、ローンが通れば金融機関と契約を結び、その後決済と登記を実施することでマンション経営を始められます。
マンションの経営を始めるのに必要な費用は?
マンションや土地を購入するための基本的な費用をはじめ、仲介手数料や事務手数料、火災保険料などがかかります。
マンションの所得時のみ、所得税も必要です。登記関係にもまとまった金額が必要なので、初期費用は余裕を持って準備しておきましょう。
マンション経営のランニングコストを知りたい!
毎月のローン返済額・破損などを修繕するための費用が発生します。管理を委託する場合は家賃の5%を管理手数料として支払う必要があります。
また、住民税や所得税、固定資産税といった費用もランニングコストの一種です。

まとめ

今回は、将来的にマンション経営を検討している方に向け、マンション経営の概要やメリット、経営に関するリスクやコツ、費用について詳しく解説しました。

マンション経営は軌道にさえ乗れば、家賃収入をメインとした安定した収入を得られるため、将来設計を整えるための手法として注目されています。

収入面に関する将来の不安をマンション経営で解消したいという方は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事