マンション 売りたい

「マンションを売りたい!」と思っても、いざとなると何から手をつければいいのかわからない方も多いでしょう。

マンションを売る際は、事前にコツや注意点を理解しておくことで失敗する可能性を下げることができます。

そこで今回は、マンションを高く、そして早く売却するために必要な情報をにまとめました。また、マンション売却の具体的な流れも紹介しています。

マンションの売却で損をしないために、ぜひ最後まで読んでみてください。
マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
不動産会社3選

マンション売却の流れ

マンション売却の流れ
  1. 査定
  2. 媒介契約の締結
  3. 売却活動
  4. 売買契約の締結
  5. 決済・引き渡し
  6. 確定申告

STEP①査定

マンション売却の流れ

マンションを売ることに決めたら、まずは不動産会社に査定を依頼しましょう。査定には「机上査定」と「訪問査定」の2種類の方法があります。

机上査定
  • 現地調査をしない
  • データのみで査定額を算出
  • 精度:低
訪問査定
  • 机上査定のデータをもとに現地で調査を行う
  • 精度:高

机上査定とは、文字からも想像できる通り机の上で査定額を計算する方法です。不動産の所在地や築年数などの基本情報や、市場での売買価格を基に査定額を計算します。

訪問査定とは、売却する物件を現地で見て査定額を算出するため、正確な査定額が分かる方法です。机上査定や一括査定をしても、売却する前には訪問査定を実施しなくてはいけません

いわゆる不動産一括査定とは、上記のうちの「机上査定」に該当します。

複数の不動産会社が提携しているウェブサイトから査定を申し込む方法です。

査定結果が送られてくる数は、物件の所在地やウェブサイトにもよりますが、最大で10社送られて来ることもあります。

マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
不動産会社3選

STEP②媒介契約の締結

査定が終わって売却を依頼する不動産会社を決めたら、媒介契約(ばいかいけいやく)の締結です。

媒介契約にも「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3つの形態があり、専任媒介契約と専属専任媒介契約は、1つの不動産会社としか媒介契約を結ぶことはできません。

媒介契約とは、売買契約を成約させるための売却活動を不動産会社に任せることです。

その代わり、専任媒介契約は2週間に1回、専属専任媒介契約は1週間に1回、不動産会社が売却活動を報告する義務があります。

また、物件情報ネットワークシステム「レインズ」への登録も必須条項です。

 レインズは不動産業者専用の物件情報システムです。全国の不動産情報が掲載されていて、レインズで見つけた家を購入希望者に紹介したりします。

専任媒介契約と専属専任媒介契約の違いは、直接取引が可能かという点です。専任媒介契約は、自分で購入希望者を見つけて直接取引することができます。

一般媒介契約は複数の不動産会社と媒介契約を締結できますが、レインズへの登録や不動産会社には購入希望者を見つけ出す義務はありません。

マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
不動産会社3選

STEP③売買契約の締結

マンション売却の流れ

購入希望者から買い付けの申し込みが入ったら、売買契約に向けた手続きの始まりです。買主の住宅ローンの申し込みや、重要事項説明書の読み合わせを同時進行で進めます。

重要事項説明書とは、不動産を購入するか判断する際に大きな影響を及ぼす事柄を記載した書類です。不動産会社と買主との間で行われます。

耐震診断の内容やマンションの共用部分に関する規約などが、重要事項に当たります。

重要事項の説明が終わったら、不動産会社の立ち合いの下で売主と買主で売買契約を締結。買主から手付金を受け取ります。手付金は不動産の代金の一部です。

 手付金は不動産の売買価格の5~10%支払われることが一般的だとされています。

万が一、売買契約の締結後になんらかの事情で売却を辞めたくなった場合は、購入希望者が支払った手付金の2倍の額を支払うことで契約の解除が可能です。

マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
不動産会社3選

STEP④決済・引き渡し

マンション売却の流れ買主の住宅ローンの審査が通ったら、売買代金の決済と不動産の引き渡しを同時に行います。売買代金の決済は、住宅ローンを組む場合は融資元の銀行で決済をすることが一般的です。

不動産の売却額から手付金を差し引いた金額が、指定した銀行に振り込まれます。

住宅ローンの申し込みから決済までは、1ヶ月〜2ヶ月ほどかかります。

その後、司法書士が法務局へ不動産の所有権移転登記を申請します。移転登記が完了したら司法書士から「登記完了証」が送付されて、売却手続きは終わりです。

所有権の移転登記は2週間前後で完了することがほとんどですが、混雑状況によってはもっと時間がかかることもあります。

 もしも売却するマンションの住宅ローンが残っていたら、事前に銀行へ繰上げ返済の申請をして、決済の直後に一括返済をしなくてはいけません。
マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
不動産会社3選

マンションを売りたい時の準備

マンションを売るまでにはさまざまな手続きが必要です。

事前に準備をしておけば、売却をスムーズに進めることができるでしょう。
マンション売却の準備
  1. 相場を調べる
  2. 書類を用意する
  3. 片付ける

    相場を調べる

    マンションを売りたい人が準備すること

    査定を依頼する前に不動産の相場の価格を調べましょう。売却をスムーズに進めるためには、適正な価格で販売することが大切だからです。

    例えば、あえて相場よりも高い査定額を出して売りだし、買い手がつかなくて困っているころで不動産会社が安く買い取る、というケースもごく稀にあるようです。

     相場がわかっていれば査定額が適正か判断する目安になり、このようなトラブルも防止できます。

    マンションの相場の価格は、不動産情報サイトや不動産会社のチラシを見ることで把握できます。

    立地や築年数、間取り、面積がなるべく近いマンションの売り出し価格を参考にしてください。
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    書類を用意する

    不動産の査定までに、以下の書類を揃えておきましょう。 

    査定までに準備する書類
    • 固定資産税納税通知書
    • 登記識別情報
    • マンションの管理規約
    • 売買契約書
    • 重要事項説明書

    固定資産税納税通知書は、毎年春ごろになると各市区町村より郵送されてきます。紛失した場合は、各自治体の役所の窓口で再発行が可能です。

    登記識別情報は、不動産の権利者の情報が書かれた重要な書類です。査定の際にはなくても売却を進められますが、売買契約の締結までには必ず準備しなくてはいけません。

    以前は「登記済権利証」として発行されていました。

    登記識別情を紛失した場合は売買契約までに手続きをしなくてはいけないので、早めに準備をしてください。

    マンションを購入した際にもらった管理規約や売買契約書、重要事項説明書も、査定の際に使うので用意しましょう。

    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    片付ける

    マンションを売りたい人が準備すること不動産会社が訪問査定に来るときまでに、家の中を片付けます。片付けはスムーズに査定できるようにすることが目的なので、特別丁寧に片付けなくても大丈夫です。

     部屋を磨き上げても査定額にはあまり影響しないと言われています。

    しかし、売却活動が始まって購入希望者が内見に来る前には、家の中も外もきれいにしておくといいでしょう。購入希望者は家の隅々までよく見ています。

    特にキッチンやお風呂場などは気になるところなので、汚れがひどい場合はホームクリーニングを依頼するのがおすすめです。

    不動産会社が無料でホームクリーニングサービスを用意していることもあります。
    マンション売却の流れ 詳しくはこちら
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    マンションを高く売るためのコツ

    せっかくマンションを売るのなら、少しでも高く売却したいと思いますよね。

    リフォームなどお金をかけて査定額を高くすることは簡単ですが、その前にやるべきことがあります。

    マンションを高く売るためのコツ
    1. 一括査定で不動産会社を比較
    2. 売れやすい時期を狙う
    3. 写真や物件情報は詳しく紹介

    コツ①一括査定で不動産会社を比較

    マンションを高く売るためのコツ査定額の算出基準は、不動産会社によって異なります。ひとつの不動産会社の査定額だけ見て売却を決めたら損をするかもしれません。

    会社によって査定額が何十万円も変わることがあります。

    少し面倒に感じるかもしれませんが、まずは一括査定で複数の会社に査定を依頼しましょう。 送られてきた査定結果の中から、査定額の高いところに訪問査定を依頼すれば、少しでも高く売却できます。

    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    コツ②余裕を持ってスケジュールを立てる

    マンションの売却には、余裕を持ったスケジュール管理を行いましょう。

     売却の際に時間に余裕がなければ、希望条件に合わない交渉や、納得のいかない価格での条件で契約を行ってしまう場合があります。

    一般的に、マンションを売る際は3ヶ月以上前から活動を始める必要があります。そのため、引き渡し目標の期日から逆算してしっかりと計画を立てることが大切です。

    また3ヶ月以上が経過してしまうと、物件の価格が低下してしまうケースが多いため最初の三ヶ月が勝負と心得ましょう。

    スケジュールにゆとりを持つことで、希望条件に合う有利な状況を作りだすことができますよ!
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    コツ③売れやすい時期を狙う

    マンションにも売れやすい時期と売れにくい時期があります。売れやすい時期は、1年間で引越しが最も多くなる2月〜4月ごろです。

    夏から秋にかけては徐々に売れにくくなる傾向にあります。

    ここまで紹介しているように、売却活動の開始までは査定や手続きがあるので、売れやすい時期に突入する前から準備が必要です。

     1月のはじめには売却活動を開始できるように、12月ごろから準備を始めるといいでしょう。
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    コツ④写真や物件情報は詳しく紹介

    マンションを高く売るためのコツ広告づくりは不動産会社任せにせず、マンションの住み心地や周辺環境などのアピールポイントを担当者にしっかり伝えましょう。住んでいたからこそ分かる魅力があるはずです。

     不動産情報サイトにはたくさんの物件が掲載されているので、写真や情報量の少ないものは購入希望者に興味を持ってもらえません。

    写真は掲載できる限度枚数まで掲載するようにしてください。室内やマンションの外観はもちろん、駐車場やエントランスなど、写真が多いほど内見に繋がりやすくなります。

    また、写真はなるべく明るい時間帯、午前中〜昼過ぎまでに撮るのがおすすめです。
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    マンションを売るときの注意点

    マンションを売るときには、いくつか気を付けた方がいい注意点があります。

    マンションを売るときの注意点
    1. 媒介契約書の内容を確認する
    2. 不動産会社による囲い込み
    3. 雨漏りなどの不具合を隠さない

    注意①媒介契約書の内容を確認する

    マンションを売るときの注意媒介契約書は、不動産会社と仲介の契約を締ぶための大切な書類です。サインする前に内容をしっかり読みましょう。

    媒介契約書には下記の事項が記載されています。

    媒介契約書の記載事項
    • 媒介契約の種類
    • 契約の有効期間
    • 売却する不動産の所在地や面積
    • 売却価格
    • 仲介手数料の額

    媒介形態は不動産会社の勧めるままに契約する人も少なくありませんが、売却するマンションに合った媒介契約の種類はどれかよく考えた上で、自分で選びましょう。

     需要のあるマンションなら一般媒介、なかなか売れなそうであれば専任専属媒介がおすすめです。

    契約の有効期間は一般的に3ヶ月で、売却できなかった場合は契約を更新することになります。

    仲介手数料の額も、支払いに備えてチェックしておきましょう。
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    注意②不動産会社による囲い込み

    囲い込みとは、不動産会社が両手仲介をすることです。売主も買主も自社で見つければ、仲介手数料を双方からもらえます。そこで、他の不動産会社から購入希望者を紹介されても、断ってしまうことがあるのです。

    両手仲介は、売却まで時間がかかったり、売却価格の値下げを依頼される可能性が高くなります。

    事前に両手仲介について確認をするか、両手仲介比率が少ない不動産会社に仲介を依頼するといいでしょう。両手仲介比率は、インターネットで検索すると出てきます。

    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    注意③雨漏りなどの不具合を隠さない

    マンションを売るときの注意雨漏りやシロアリ被害、地盤沈下など、過去にあった不具合はすべて不動産会社に話しましょう。話し忘れたり査定額を上げるために隠してしまうと、後々トラブルの原因になり得ます。

    契約不適合責任という法律によって、品質や数量など契約書に記載されていないものを引き渡したら、売主は責任を負わなくてはいけないのです。

     契約不適合責任は、「引き渡された目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しない」こと。

    買主は、追完請求や代金減額請求、さらには契約解除もできることになっています。追完請求とは、補修を請求することです。

    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    マンション売却にかかる費用

    マンションを売るときには、登記費用や司法書士への報酬、住宅ローンの返済手数料などが状況によって発生することがあります。 しかし、必ずかかる費用は仲介手数料と税金だけです。

    仲介手数料

    売買契約が成立したら、成功報酬として不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料は売却価格に応じて上限が定められているので、法外な料金を請求されることはありません。

    不動産の価格 仲介手数料の上限
    200万円以下の場合 売却価格×5%
    200万円超〜400万円以下の場合 売却価格×4%+2万円
    不動産価格が400万円超の場合 売却価格×3%+6万円

    仲介手数料と支払いの時期は、媒介契約書で確認できます。仲介手数料の限度額を、売買契約の締結時と物件の引き渡し時の2回に分けて支払うことが、一般的です。

    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    印紙税

    マンション売却にかかる費用契約の成立を証明する書類は、課税対象の文書です。契約書に記載された金額に応じて収入印紙を貼って、ハンコまたは署名で消印します。

    売買契約書は、売主と買主が一通ずつ保管するため、それぞれ自分の契約書に貼る収入印紙を購入します。

     印紙を貼ってなくても契約は有効ですが、そのことが発覚したら、印紙税額の3倍が課税されることになります。
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    不動産の売却額と印紙税額

    10万円を超え50万円以下 400円
    50万円を超え100万円以下 1,000円
    100万円を超え500万円以下 2,000円
    500万円を超え1千万円以下 1万円
    1千万円を超え5千万円以下 2万円
    5千万円を超え1億円以下 6万円
    1億円を超え5億円以下 10万円
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    譲渡所得税

    マンション売却にかかる費用マンションを売却して利益が出た場合、確定申告をして譲渡所得税を支払わなくてはいけません。​​売却価格からマンションの購入代金や売却にかかった経費を引いた金額が、課税対象です。

    購入時と売却時の仲介手数料印紙代登記費用などが経費として認められます。

    長期所得税率 短期所得税率
    所得税(復興特別所得税含む) 15.315% 30.63%
    住民税 5% 9%
    合計 20.315% 39.63%

    譲渡所得税に含まれるのは、所得税と復興特別所得税、住民税です。マンションの所有期間が5年超なら長期譲渡所得が、5年以内なら短期譲渡所得税率が適用されます。

    所得税と復興特別所得税は売却翌年の確定申告時に、住民税は春以降に複数回に分けて納付します。

    支払いに備えて準備しておいた方がいいでしょう。
    マンションを売りたい方必見 マンション売却におすすめ
    不動産会社3選

    マンションを売りたい人におすすめの不動産会社3選

    大京穴吹不動産

    マンションを売りたい人におすすめの不動産会社3選

    大京穴吹不動産のおすすめポイント
    • マンションの売却に強い
    • マッチングシステムで購入検討者に物件情報を案内
    • マンションの売却力を上げるサポートサービス
    • 即時買取は最短1週間で可能

    大京穴吹不動産はマンションの売却に強く、取り扱っている物件の95%がマンションである店舗もあります。マッチングシステムを利用して購入検討者に物件情報を案内し、積極的に売却活動を進めてくれます。
    ※公式サイトの文言です。https://www.daikyo-anabuki.co.jp/office/kyoto/

    マッチングシステムは毎日自動で情報を照合しているんですよ。

    ホームステージングサービスやプロカメラマンによる撮影、荷物預かりなど、マンションの売却力を上げるようなサポートサービスが充実しているのも魅力です。

    最短1週間で買い取ってもらえるので、急いでマンションを売却したい場合にもおすすめできます。不要な家具などはそのままでOK、大京穴吹不動産が処分してくれます。

    店舗数 77店舗
    売却方法 仲介・即時買取・買取保証・リースバック
    フリーダイヤル 0120−988−264 ※10時〜19時 年末年始除く無休

    出典:https://www.daikyo-anabuki.co.jp/

    三井のリハウス

    マンションを売りたい人におすすめの不動産会社3選

    三井のリハウスのおすすめポイント
    • 業界ナンバーワンの販売実績
    • 多彩な広告ルートによる売却力
    • 購入希望者はオンラインで物件見学や相談
    • 売主と買主へのきめ細かなサポート

    公式サイトの文言です。

    三井のリハウスは、不動産の販売実績が豊富です。2020年度の全国売買仲介取扱件数は38,507件。1986年度から2020年度まで35年連続、全国ナンバーワンです。
    ※公式サイトの文言です。https://www.rehouse.co.jp/

    広告力が強く、大手不動産情報サイトから折り込みチラシやポスティングなど、あらゆる方法で物件情報を拡散します。

    三井のリハウスは、外国人向けの不動産仲介も積極的に行っています。

    バーチャルオープンハウスでは、購入希望者が自宅にいながら物件見学や相談が可能。全国各地の購入希望者に売却活動を行えます。

    売主と買主それぞれへのきめ細やかなサポートも魅力です。売却前には建物チェック&サポートサービスを無料で実施、購入後にトラブルが発生した場合は、緊急駆付サービスで買主をサポートします。

    店舗数 286店舗
    売却方法 仲介・即時買取・買取保証
    フリーダイヤル 0120−585−331 ※8時〜24時 年末年始除く無休

    出典:https://www.rehouse.co.jp/

    三井住友トラスト不動産

    マンションを売りたい人におすすめの不動産会社3選

    三井住友トラスト不動産のおすすめポイント
    • 三井住友信託銀行のグループ会社
    • 営業マンは9割以上が宅地建物取引士
    • 全国各地の購入希望者へ情報を発信
    • 3つの無償サービスで売却を支援

    三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行のグループ会社です。三井住友信託銀行グループの知名度と信頼感を生かした営業活動やサービスを展開しています。

    営業マンは9割以上が宅地建物取引士の資格を持っていることも特徴です。※2020年12月時点

    不動産会社で働いていても、実は宅地建物取引士の資格を持っていない人は多いんですよ。

    物件の近隣住民にはポスティング広告で、全国各地の購入希望者へインターネットを通じて物件情報を発信し、スムーズな売買を実現します。

    売主向けに建物検査サービス・土地の測量サービス・住宅設備修理サポートを無料で実施しているので、設備などに不安がある場合にも安心です。

    店舗数 72店舗
    売却方法 仲介・即時買取
    フリーダイヤル 0120−616−727 9時30分〜17時30分 ※水曜日・祝日・年末年始・夏季休業・GW除く

    出典:https://smtrc.jp/

    マンション売却するならまず無料一括査定サイトを活用!

    マンションをより高く売却するために、まずは複数の不動産会社で一括査定しましょう。

    一社一社査定を申し込むよりも、比較検討が楽になります!不動産の適正価格もわかるので活用しない手は無いですよ。

    SUUMO売却

    SUUMO売却

    SUUMO売却のココがおすすめ
    • エリアや路線、駅から売却に頼れる不動産会社を探すことができる
    • 細かいエリアごとの売却相場をすぐに確認できる
    • エリアやマンション名から、購入希望者、予算などを確認できる
    • 不動産売却の段取りや流れ、ノウハウがよく分かるコンテンツが豊富
    • 必要事項の入力は最短60秒程度であっという間に完了!簡単に申し込める!
    • 10社の一括査定が可能※

    SUUMO売却は、不動産・住宅サイトのSUUMOが運営する不動産一括査定サイトです。

    査定を依頼できる不動産会社の店舗ごとに紹介ページがあり、売却実績やスタッフも確認することができます。売却を依頼する前に確認できるので、安心ですよね。

     トップページから売却相場をすぐに確認できるのも魅力。査定依頼前に相場を確認し、査定額が適正価格なのか見極めやすくなります。

    また、不動産売却の段取りや流れ、ノウハウなどもわかりやすいコンテンツが豊富にあります。事前に目を通しておけば、スムーズに売却を進めることができるでしょう。

    エリアやマンション名から、現在購入希望者がいるか検索できる機能もとっても便利です。

    購入者の予算も表示されるので、おおよその売却価格も予想できます。査定前に、ぜひ確認してみてください。

    SUUMO売却での一括査定の流れ

    スーモ売却 一括査定の流れ

    スーモ売却では基本わずか1分程で無料一括査定の申込ができます。

    物件の種別と所在地を選択し、無料査定スタートのボタンを押したら以下の質問に回答するだけでOK!

    • 物件の詳細情報(間取り・専有面積・築後年数)
    • 個人情報(氏名・住所・連絡先・問い合わせ内容)

    物件の間取りや専有面積などは、おおよそでも大丈夫です。「試しに簡易査定からしたい」という方も気軽に申し込めます。

    上記の入力が済むと、自動的に申込者それぞれにピッタリの不動産会社を紹介してくれます。気になる会社を選択したら、申込完了です!
    提携会社数 約2,000社
    最大一括査定社数※ 10社
    電話番号 0120-070-091(スーモカウンター)

    出典:SUUMO売却査定 公式サイト ※物件の所在地によって査定できる会社数に変動があります

    HOME4U

    home4u

    HOME4Uのココがおすすめ
    • 厳選した優良不動産会社1,800社と提携
    • 業界最長の実績20年
    • 売却査定数は累計45万件を突破(2021年6月時点)
    • 年間利用者約1400万人を突破
    • お客様満足度97.5%と高評価
    • 悪徳な不動産会社は徹底的に排除
    • 査定依頼をした方限定でスピード売却のノウハウ本がもらえる!

    HOME4Uでは全国1,800社の優良不動産会社が揃っており、一度で最大6社に一括査定申込ができます。

     NTTデータグループが独自の厳しい審査を行った上で、提携する不動産会社を厳選しています。

    国内で最も実績年数があるため、査定実績は累計45万件を突破・年間利用者が約1400万人を突破するなど、実績も申し分ありません。

    選んだ企業以外からの連絡は一切なく、HOME4U側で悪徳企業は排除されているため、利用者が安心できる体制が整っています。

    提携会社数 1,800社以上
    最大一括査定社数 6社
    電話番号 0120-245-171

    出典:HOME4U 公式サイト

    イエウール

    イエウール

    イエウールのココがおすすめ
    • 提携不動産会社は1,974社
    • 月間利用者数が1万3千人でNo.1の実績
    • 47都道府県で審査対応可能!地方の不動産会社も見つかりやすい
    • 売却成立サポート件数は年間20万件以上

    全国の不動産を査定可能! イエウール
    無料で一括査定を申し込む

    イエウールは株式会社Speeeが運営する一括査定サイトで、最大6社に一括で査定を申し込むことができます。提携している不動産会社は1,900社以上と比較的多いため、年間20万件以上の売却成立が実現しています。

    47都道府県で審査対応しているため、場所に縛りがない点もおすすめできるポイントです。

    地方でも査定依頼が可能な不動産会社を見つけられるでしょう。
    また、イエウールでは以下の物件種別で依頼が可能となっています。
    • 分譲マンション
    • 一戸建て
    • 土地
    • 一棟アパート・一棟マンション
    • 区分マンション(収益)
    • 一棟ビル
    • 区分所有ビル(ビル一室)
    • 店舗・工場・倉庫
    • 農地
    • その他

    査定可能な不動産の種類が豊富な点も、イエウールの利用者が多い理由の1つでしょう。

    提携会社数 1,974社※2020年7月時点
    最大一括査定社数 6
    電話番号 -

    出典:イエウール公式ページ

    全国の不動産を査定可能! イエウール
    無料で一括査定を申し込む

    イエウールの口コミ評判はこちら

    マンション売却に関するよくある質問

    マンションを売りたい人におすすめの不動産会社は?
    取り扱っている物件の95%がマンションという店舗もある、マンションの売却が得意な大京穴吹不動産がおすすめです。

    不動産業界でナンバーワンの売買実績を誇る三井のリハウスは、広告力の強さが魅力でしょう。

    三井住友信託銀行のグループ会社である三井住友トラスト不動産は、ほとんどの営業担当者が宅地建物取引士の資格を保有しているので安心です。

    マンションを売りたい人が準備することは?
    不動産情報サイトなどで、売却するマンションと似たような物件の売却価格を調べることをおすすめします。

    査定を依頼する段階になったら、固定資産税納税通知書、マンションの管理規約、売買契約書、重要事項説明書、登記識別情報を準備してください。

    購入希望者による内見の前には掃除もした方がいいでしょう。

    マンションを高く売るためのコツは?
    まずは、一括査定を利用して査定額の高い会社を探します。売り出す時期も重要です。

    1年間で引越しが最も多くなる2月〜4月ごろに売却できるように、12月〜1月には査定や媒介契約を済ませましょう。

    物件情報サイトやチラシには、できるだけたくさんの写真や情報を載せることもコツです。

    マンションの査定額を上げる方法はこちら
    仲介の契約内容でチェックすることは?
    媒介約書には、媒介契約の種類、契約の有効期間、売却する不動産について、売却価額、仲介手数料の額が記載されています。

    媒介の形態が、一般媒介契約か専任媒介契約、または専任専属媒介契約のどれか確認しましょう。

    媒介契約によって、売主への制約や不動産会社が負う義務に違いがあります。

    囲い込みってなに?
    不動産会社が、売主も買主も自社で仲介しようとすることを囲い込みといいます。

    囲い込みをすることで、仲介手数料を双方からもらうことが目的です。

    他の不動産会社から購入希望者を紹介されても断ってしまうことがあるため、売却まで時間がかかる可能性が高くなります。

    マンション売却にかかる費用は?
    不動産会社の仲介手数料、売買契約書に貼り付ける印紙税、譲渡所得税がかかります。

    売却価格よりも、マンションの購入代金や諸々の経費の方が多ければ、譲渡所得税は課税されません。

    経費には、仲介手数料や印紙税、登記費用などが含まれます。

    まとめ

    初めてマンションを売却する人は、わからないことが多くて不安に感じているかもしれません。実際に、媒介契約の種類や囲い込み、税金のことなど、知らないと不利になることも多いのが不動産の世界です。

    しかし、全体の流れを把握して計画的に準備することで、安心して売却活動に臨めます。売れやすい時期にマンションを売却できるように、書類や片付けは早めに始めるといいでしょう。

    不動産会社と力を合わせて、マンションの売却を成功させてくださいね。
     

    関連記事|不動産売却

    この記事も合わせて読む
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事