マンションの買取の特徴とは?仲介との違いや買取を依頼する業者の選び方も解説!

マンションの売却を考えている人であれば、「できるだけ高く売りたい」「手間をかけずに手放したい」と考えるケースが多いでしょう。

マンションの売却方法には「買取」と「仲介」があり、売却価格や手間に違いがあります。納得してマンションを売却するには、違いを把握し目的に合った方法を選ぶ必要があるでしょう。

また、買取を依頼する不動産会社によっても売却価格は異なります。そこで今回は、マンション買取の特徴について解説します。

仲介との違いや、買取を依頼する不動産会社の選び方もあわせて紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。
不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

マンションの売却方法は「買取」か「仲介」

マンション買取

マンションの「買取」とは?

マンションの買取とは、不動産会社に物件を直接売却する方法です。不動産会社は、買い取ったマンションをリフォームなどにより、商品価値を高めて再度売却します。

 このように、不動産会社はマンションを購入後に再度売却して利益を出す必要があるため、買取時の金額は低くなりやすいです。

買取を希望する不動産会社が見つかれば、仲介よりも短期間で売却できます。マンションの買取は他にも、「業者買取」「買取再販」「即時買取」と呼ばれる場合があります。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

マンションの「仲介」とは?

マンション売却 仲介

仲介とは、不動産会社に支援してもらいマンションを売却する方法です。マンションの売買は買い手と売り手で成立しますが、不動産会社が仲介に入ります。

不動産会社が買い手を探し、売却時には契約書類などの作成なども行います。このような支援により、買い手探しの選択肢が広がり、効率良い売却が実現しやすいです。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

買取と仲介の違い

マンション 買取と仲介の違い

買取は不動産会社が直接買い取ってくれるため、業者が見つかれば短期間で売買契約を行えます。仲介による売却であれば、買い手が見つかるまでに時間がかかりやすいです。

これは、マンションの購入者が決まるまで契約は結ばれず、売り出したとしても希望者が現れるかどうかは分からず、成約までにかかる時間が読めないからです。

他にも、マンションの買取は仲介手数料や契約不適合責任が発生しません。中古物件を売却したとき、一定期間内に瑕疵が見つかると売主が責任を取らなければなりません。

 これを契約不適合責任といいますが、マンション買取の場合だと免責になるため、売却後のトラブルを回避できます。

ただし、マンション買取は仲介よりも売却価格が安くなる傾向があります。買い取った不動産会社が売却益を得るために安く購入する必要があるためです。一般的に買取価格は相場の7割程度です。

仲介の場合は、買取よりも高額で売却しやすいですが、売れるまでに時間がかかりやすい点や、仲介手数料が発生する点がデメリットです。

買取 仲介
特徴
  • 不動産会社がマンションを直接買い取る
  • 不動産会社の支援をもとにマンションの買い手を見つける
メリット
  • すぐに売買契約を結べる
  • 仲介手数料がかからない
  • 売却後の契約不適合責任を負う必要がない
  • 買取よりも高く売却しやすい
デメリット
  • 仲介よりも売却額が安くなる
  • 仲介手数料が発生する
  • いつ売れるか分からない

 

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

マンション買取が向いているケース4つ

マンション買取 部屋の状態

買取がおすすめなマンション
  1. 売れにくいマンションの場合

  2. 短期間で売却したい場合

  3. 相続したマンションを手間なく売却したい場合

  4. 売却を周囲に知られたくない場合

1.売れにくいマンションの場合

マンション買取は室内の状態が悪いなど、一般的に「売れにくい」とされるマンションを売却したいときに適しています。

例えば天井・壁・床が汚れているなど、内装の状態が悪いと内覧でネガティブなイメージがつきやすいです。そのため、仲介での売却は不利になるでしょう。

 マンション買取は内装の状態に関係なく、付加価値を上げるために不動産会社はリフォームやリノベーションをするため、買取であれば売れにくいマンションも売れやすいです。

もし内装の状態が悪いマンションを仲介で売る場合、なかなか買い手がつかず、自分でリフォームした方が良いケースもあります。

仲介は買取よりも高値で売れやすいですが、このようなリフォームの代金と手間を考えると、買取の方がメリットが大きくなります。

 

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

2.短期間で売却したい場合

短期間で売却したい場合

マンションをなるべく早く売りたい場合も買取がおすすめです。例えば、「急にまとまった資金を用意する必要がある」「離婚や転勤でマンションを早く手放したい」というケースです。

買取業者が見つかればマンションを売り、仲介よりも短い期間で現金を用意し、物件を手放せます。

 仲介では売買契約まで辿り着くまでにいくつもステップがあり、現金化するまでに時間がかかります。買取より高く売れるとしても、時間の余裕がなければ現実的ではありません。

離婚によってマンション買取で売却する際は要注意です。離婚時の財産分与のためにマンションの買取を選択すると、住宅ローンの残債や売却価格によっては条件が悪くなる場合もあります。

マンションを売却する際に、住宅ローンも完済しなければなりません。しかし、マンション買取の場合、売却額が7割程度になるため住宅ローンの残債の方が高くなるケースがあります。

このとき、自己資金で補填すればマンションは売却できますが、財産分与の対象になる資金が減ってしまうでしょう。
不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

3.相続したマンションを手間なく売却したい場合

相続したマンション

マンション買取は、相続したマンションを手間なく売却したい場合にもおすすめです。一般的に住宅ローンを組む際には団信保険(団体信用生命保険)に加入します。

つまり、相続によりマンションを得た場合、団信保険が適用されているためローンを返済する必要はありません。

 住宅ローンが残っている場合であれば、残債額よりも売却額が大きくならなければマイナスになります。

しかし、相続したマンションであれば高く売る必要性はそこまでないでしょう。買取は仲介よりも売却額は小さくなりますが、大きな手間はかかりません。

マンションを売却する際に価格よりも手間の少なさを重視する人は、買取がおすすめです。
不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

4.売却を周囲に知られたくない場合

売却を周囲に知られたくない場合

マンションの売却を周囲に知られたくない場合も、買取がおすすめです。

 仲介を利用すると、物件情報がWebや紙のチラシなどに掲載されるため「自宅が売りに出されている」と近隣の人に知られてしまう可能性があります。

その点、マンション買取であれば売却情報は不動産会社のみ把握できるため、マンションの売却を周囲に知られたくない人に有効です。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

マンション買取のメリット3つ

マンション買取のメリット

買取のメリット
  1. すぐに売れる可能性あり

  2. 契約不適合責任なし

  3. 特別な要望がない限り内見が不要

1.すぐに売れる可能性あり

マンション買取の場合、仲介よりも比較的短期間で売買契約が締結できるため、すぐに売れる可能性があります。買取と仲介の主な流れは以下の通りです。

買取 仲介
かかる期間の目安 1~2ヶ月 3~6ヶ月
主な流れ
  1. 査定依頼
  2. 売買契約の締結
  3. 決済・物件の引き渡し
  1. 査定依頼
  2. 媒介契約の締結
  3. 売却活動
  4. 内覧対応
  5. 売買契約の締結
  6. 決済・物件の引き渡し

このように、買取は仲介よりも必要なフローが少ないです。仲介は査定依頼から売買契約の締結までに、複数の段階があり、売りに出しても購入希望者がすぐに現れるとは限りません。

場合によっては1年以上かかるケースもあるでしょう。買取の場合は不動産業者が直接購入するため、マンションを素早く売りたいときにおすすめです。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

2.契約不適合責任なし

契約不適合責任なし

マンションを売却する際には「契約不適合責任」が生じますが、買取であれば不要です。

たとえ部屋を綺麗に管理していても、見えないところでシロアリの被害に遭っていたり、配管に不具合が出ていたりする可能性があります。

 仲介でマンションを売却した場合、このような瑕疵が発覚すると責任を取る必要があり、損害賠償・補修費などを支払わなければなりません。

マンション買取であれば、不動産会社に所有権が移るため契約不適合責任は免除されます。建物の状態に不安がある場合は、仲介よりも買取で売却した方が良いでしょう。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

3.特別な要望がない限り内見が不要

内見が不要

仲介によりマンションを売却する際、購入検討者に向けて物件を解放し内見の対応が必要です。

 内見によって部屋の状態を確認し購入を検討するため、売主にとって重要度は高いですが、手間と時間がかかります。

買取の場合であれば、特別な要望がない限り内見は不要であり、買取希望の不動産会社が確認すれば済みます。そのため、内見希望者の都合に合わせ対応するなどの手間もかかりません。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

マンション買取のデメリット2つ

マンション買取のデメリット

買取のデメリット
  1. 売却価格が安くなる傾向
  2. 相手を選べない

1.売却価格が安くなる傾向

マンション買取の最大のデメリットは、売却価格が安くなる傾向がある点です。物件を購入した不動産会社は、売り出す際に市場価格の相場を参考にします。

 つまり、相場と同じ金額で買い取ると、売り出したときの利益は出ません。リフォームなどで費用がかかっていればマイナスになるでしょう。

マンション買取の場合は不動産会社が利益を出すために市場の相場よりも低く提示され、一般的には相場の7割程度の価格になります。

それに対し仲介の場合は、不動産会社ではなくエンドユーザーにマンションを売るため、市場の相場価格に近い金額で売却できます。

このように、マンション買取は少しでも高く売りたい人にとって不向きな方法です。
不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

2.相手を選べない

相手を選べない

マンション買取では最終的な買主を自分で選べません。買い取った不動産会社が再度マンションを販売するため、売主側は購入者について把握できない点もデメリットの1つです。

もし売主にとって不都合な相手が買主になる場合でも、不動産会社が販売するため「この人には売らない」という選択肢はありません。

このような事態になれば、売主は大きな精神的ストレスを受ける懸念があります。
不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

マンション買取相場の調べ方3つ

マンション買取相場の調べ方

マンション買取相場の調べ方
  1. 固定資産税課税明細書を参考にする

  2. 簡易シミュレーションサイトを利用する

  3. 都道府県別の売却相場を参考にする

1.固定資産税課税明細書を参考にする

マンションの名義人であれば固定資産税を支払う必要があり、「固定資産税課税明細書」が届きます。この課税明細書には、課税対象の土地面積に対する評価額が記載されています。

この固定資産税課税明細書に記載されている評価額は、公示価格の7割を目安に設定されています

 マンション買取の場合、市場相場・公示価格の約7割ほどが目安であるため、固定資産税の評価額と一致します。

手元に固定資産税課税装置明細書があれば、すぐにマンションの買取相場が分かるでしょう。市場相場を知りたい場合は、評価額に1.43をかけると計算できます。

総務省 固定資産税の概要 固定資産評価基準による資産別評価方法

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

2.簡易シミュレーションサイトを利用する

.簡易シミュレーションサイト

手元に固定資産税課税装置明細書がない場合や、自身で固定資産税を支払っていない場合は、簡易シミュレーションを使えるサイトの利用がおすすめです。

簡易シミュレーションであれば、物件種別・土地面積・マンションの名前・間取り・階数・方角などの情報を入力するだけで、想定売却価格が表示されます。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

3.都道府県別の売却相場を参考にする

都道府県別の売却相場

マンションの市場相場は都道府県によって異なるため、それぞれの地域の売却相場からも調べられます。

 各都道府県の売却相場は、公共財団法人東日本不動産流通機構の「レインズタワー」のデータライブラリーに掲載されています。

このデータによると、2022年6月度の中古マンションの首都圏の市場価格は以下の通りです

●首都圏の中古マンションの市場価格(2022年6月度)

土地単価(㎡) 価格
茨城県 31.41万円 2,294万円
栃木県 26.87万円 1,921万円
群馬県 27.97万円 1,954万円
埼玉県 39.78万円 2,664万円
千葉県 33.97万円 2,499万円
東京都 90.27万円 5,271万円
神奈川県 53.37万円 3,553万円
山梨県 25.29万円 1,644万円

ただし、このデータでわかることは各地域の平均相場であるため、詳しい金額は分かりません。あくまでも目安として利用すると良いでしょう。

※出典:レインズデータライブラリー Market Watch 2022(令和4)年6月度

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

マンション買取を依頼する不動産会社の選び方3つ

複数の不動産会社

不動産会社の選び方
  1. 複数の会社に査定を依頼する
  2. すぐに売りたいなら「即時買取」の不動産会社を選ぶ
  3. マンション売却に強い不動産会社を選ぶ

1.複数の会社に査定を依頼する

マンション買取で少しでも売却価格を上げたい場合は、複数の不動産会社への査定依頼がおすすめです。複数の不動産会社に査定を依頼すれば、その中から最も高い金額の会社を選べます。

 仮に査定が1社だけの場合だと比較ができないため、適正価格であるか判断しにくいうえ安く買い取られる可能性があります。

ただし、複数の会社に査定を依頼すると、マンションを見てもらう手間が都度発生するため注意が必要です。マンションを早く手放したいときは、2社ほどに限定して査定を依頼すると良いでしょう。

手間を極力抑えたい人であれば、その地域の情勢に詳しく適正価格を出してもらいやすい地元の不動産会社を選ぶのがおすすめです。
不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

2.すぐに売りたいなら「即時買取」の不動産会社を選ぶ

即時買取の不動産会社

すぐに売りたい場合、数ある不動産会社の中でも「即時買取」に対応している会社かどうかを確認します。即時買取とは買取価格の交渉が完了次第、すぐに買い取ってもらえる方法です。

ただ、短期間でマンションを手放し現金化できる点はメリットですが、複数の会社に査定を依頼するなど、時間をかけたときよりも買取価格が低くなりやすいため注意が必要です。

不動産の売却を検討している方必見! 不動産一括査定サイト
おすすめ3選はこちら

3.マンション売却に強い不動産会社を選ぶ

マンション売却に強い不動産会社

不動産会社によって物件の販売実績など得意分野や強みは異なります。マンションを売却する際は、販売実績が豊富な不動産会社を選ぶと安心しやすいです。

 不動産会社はマンションを買い取った後に再販売します。その地域の土地価格やマンション相場などの動向を把握しておかなければ、再販売は成功しにくいでしょう。

マンション売却の実績が豊富であれば、その地域の情勢について詳しく適正価格で買い取ってもらいやすいです。

マンション売却におすすめの不動産一括査定サイト3選

SUUMO売却

SUUMO売却

SUUMO売却のココがおすすめ
  • エリアや路線、駅から売却に頼れる不動産会社を探すことができる
  • 細かいエリアごとの売却相場をすぐに確認できる
  • エリアやマンション名から、購入希望者、予算などを確認できる
  • 不動産売却の段取りや流れ、ノウハウがよく分かるコンテンツが豊富
  • 必要事項の入力は最短60秒程度であっという間に完了!簡単に申し込める!
  • 10社の一括査定が可能※

SUUMO売却は、不動産・住宅サイトのSUUMOが運営する不動産一括査定サイトです。

査定を依頼できる不動産会社の店舗ごとに紹介ページがあり、売却実績やスタッフも確認することができます。売却を依頼する前に確認できるので、安心ですよね。

 トップページから売却相場をすぐに確認できるのも魅力。査定依頼前に相場を確認し、査定額が適正価格なのか見極めやすくなります。

また、不動産売却の段取りや流れ、ノウハウなどもわかりやすいコンテンツが豊富にあります。事前に目を通しておけば、スムーズに売却を進めることができるでしょう。

エリアやマンション名から、現在購入希望者がいるか検索できる機能もとっても便利です。

購入者の予算も表示されるので、おおよその売却価格も予想できます。査定前に、ぜひ確認してみてください。

SUUMO売却での一括査定の流れ

スーモ売却 一括査定の流れ

スーモ売却では基本わずか1分程で無料一括査定の申込ができます。

物件の種別と所在地を選択し、無料査定スタートのボタンを押したら以下の質問に回答するだけでOK!

  • 物件の詳細情報(間取り・専有面積・築後年数)
  • 個人情報(氏名・住所・連絡先・問い合わせ内容)

物件の間取りや専有面積などは、おおよそでも大丈夫です。「試しに簡易査定からしたい」という方も気軽に申し込めます。

上記の入力が済むと、自動的に申込者それぞれにピッタリの不動産会社を紹介してくれます。気になる会社を選択したら、申込完了です!
提携会社数 約2,000社
最大一括査定社数※ 10社
電話番号 0120-070-091(スーモカウンター)

出典:SUUMO売却査定 公式サイト ※物件の所在地によって査定できる会社数に変動があります

HOME4U

home4u

HOME4Uのココがおすすめ
  • 厳選した優良不動産会社1,800社と提携
  • 業界最長の実績20年
  • 売却査定数は累計45万件を突破(2021年6月時点)
  • 年間利用者約1400万人を突破
  • お客様満足度97.5%と高評価
  • 悪徳な不動産会社は徹底的に排除
  • 査定依頼をした方限定でスピード売却のノウハウ本がもらえる!

HOME4Uでは全国1,800社の優良不動産会社が揃っており、一度で最大6社に一括査定申込ができます。

 NTTデータグループが独自の厳しい審査を行った上で、提携する不動産会社を厳選しています。

国内で最も実績年数があるため、査定実績は累計45万件を突破・年間利用者が約1400万人を突破するなど、実績も申し分ありません。

選んだ企業以外からの連絡は一切なく、HOME4U側で悪徳企業は排除されているため、利用者が安心できる体制が整っています。

提携会社数 1,800社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-245-171

出典:HOME4U 公式サイト

イエウール

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 提携不動産会社は1,974社
  • 月間利用者数が1万3千人でNo.1の実績
  • 47都道府県で審査対応可能!地方の不動産会社も見つかりやすい
  • 売却成立サポート件数は年間20万件以上

全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

イエウールは株式会社Speeeが運営する一括査定サイトで、最大6社に一括で査定を申し込むことができます。提携している不動産会社は1,900社以上と比較的多いため、年間20万件以上の売却成立が実現しています。

47都道府県で審査対応しているため、場所に縛りがない点もおすすめできるポイントです。

地方でも査定依頼が可能な不動産会社を見つけられるでしょう。
また、イエウールでは以下の物件種別で依頼が可能となっています。
  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一棟アパート・一棟マンション
  • 区分マンション(収益)
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル(ビル一室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地
  • その他

査定可能な不動産の種類が豊富な点も、イエウールの利用者が多い理由の1つでしょう。

提携会社数 1,974社※2020年7月時点
最大一括査定社数 6
電話番号 -

出典:イエウール公式ページ

全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

イエウールの口コミ評判はこちら

まとめ

この記事では、マンション買取の特徴について解説しました。マンション買取は不動産会社に直接買い取ってもらう方法であり、仲介よりも短期間で手放せる点がメリットです。

他にも、仲介手数料がかからない点や、売却後の契約不適合責任を負う必要がない点も魅力ですが、市場価格の相場よりも安くなるため注意が必要です。

マンションを売却する原因・目的・価格・手間など、その状況に応じて適切な売却方法は異なります。知識が乏しい人は、不動産会社への依頼も頭に入れておきましょう。

まずは買取と仲介の違いを把握し、自分に合った方法を選んでみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事