モナコイン 今後

暗号資産の種類は多くありますが、そのほとんどが海外で生まれたものです。その中でも、モナコイン(MONA)は日本で初めて生まれた暗号資産であり、日本の文化と馴染みが深いと考えられています。

暗号資産投資を始めるときは、その通貨の特徴や背景を押さえておくのがおすすめです。そこで今回は、モナコインの特徴や今後・将来性について解説。また価格推移をチャートを使って分かりやすく紹介しています。

モナコインは、インターネットの巨大掲示板である「2ちゃんねる」が発祥であり、他の通貨にはない特徴がありますよ。
モナコインを購入するならCoincheckがおすすめ!
コインチェック
  • 取扱銘柄数が業界最多の17種類と豊富な取り揃え
  • アプリダウンロード数3年連続国内No.1を獲得
  • 500円と少額から購入可能なため、初心者の方でも安心!
  • 取引所の取引手数料が全て無料なためコストを抑えたい方にもおすすめ!
  • スマホで簡単に口座を開設
Coincheckの基本情報
企業名 コインチェック株式会社
所在地  東京都渋谷区円山町3−6 E・スペースタワ 12階
レバレッジ取引 なし
取扱暗号資産

17種類

BTC・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

出典:RENOSY公式サイト

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

モナコインの基本情報

モナコイン

モナコインは日本発祥

モナコインは日本発祥の暗号資産であり、日本国内での利用がほとんどです。そのため、ビットコインやイーサリアムのようなメジャー通貨ではありません。

日本のネット文化から生まれた暗号資産であり、国内の巨大ネット掲示板である「2ちゃんねる」が発祥とされています。

 その掲示板で使用される、アスキーアートのキャラクター「モナー( ´∀`)」がモチーフになっており、2013年の12月に上場しました。

暗号資産の多くは世界的に投機的な面が強い傾向があるものの、モナコインはユーザーによるさまざまなサービスの開発など、他の通貨にはあまり見られない使い方が多いです。

日本発祥の暗号資産ということもあり、モナコインの関連情報は日本語表記のものが多く、海外発祥の暗号資産よりも馴染みやすいでしょう。
まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

投げ銭で利用できる

モナコインの取引をする人

モナコインは一部の実店舗で決済として利用できますが、それ以外にも投げ銭として利用できるのも大きな特徴です。投げ銭とは一般的に、路上などでパフォーマンスをする大道芸人などに、見物客や通行人がお金を投げ入れることです。

ネット上ではライブ配信をするアーティストやクリエイターに対して、オンラインで送金することを「投げ銭」と呼びます。

 代表的なものにYouTubeのスーパーチャット(スパチャ)などがあり、ファンが配信者を応援する手段の1つとして浸透しています。

一部のオンラインサービスにて、現金ではなくモナコインで投げ銭ができるため、他の暗号資産にはない大きな強みです。

過去にはTwitterでモナコインを使って送金できました。現在ではネット上の投げ銭文化が広まっているため、モナコインの需要にも大きく関わっています。
モナコインを購入するならCoincheckがおすすめ!
コインチェック
  • 取扱銘柄数が業界最多の17種類と豊富な取り揃え
  • アプリダウンロード数3年連続国内No.1を獲得
  • 500円と少額から購入可能なため、初心者の方でも安心!
  • 取引所の取引手数料が全て無料なためコストを抑えたい方にもおすすめ!
  • スマホで簡単に口座を開設
Coincheckの基本情報
企業名 コインチェック株式会社
所在地  東京都渋谷区円山町3−6 E・スペースタワ 12階
レバレッジ取引 なし
取扱暗号資産

17種類

BTC・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

出典:RENOSY公式サイト

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Segwitを導入

Segwitを導入

モナコインはSegwitを導入しています。Segwitとは「Segregated Witness」の略であり、トランザクション情報をコンパクトに圧縮する技術のことです。

従来のビットコインのスケーラビリティ課題を解決するために採用されている方法の1つです。

 ブロックチェーン上の取引では、各データを識別するためにトランザクションIDがあります。このデータを圧縮すると、1つのブロックに含まれるデータが増えます。

従来までであればブロックチェーンのサイズが小さいことで、取引量の増加に対応できないことが懸念でした。

そこで、Segwitに対応するとデータ容量を圧迫していたトランザクションIDを圧縮できるため、取引量の増加にも対応しやすくなります。

トランザクションIDが外部から変更される危険性も解決することに繋がるため、セキュリティ面の強化にも貢献していますよ。
まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

モナコインの価格推移|チャートで解説

モナコイン過去の価格変動(2014年〜2021年)

モナコイン チャート

出典:CoinMarketCap

モナコインは2014年に上場しましたが、当初の価格である10円前後の価格で長く推移しました。大きな変化が起きるのは2017年です。

それまで数十円の価格でしたが、2017年10月に300円まで急上昇します。これはいわゆるビットコインバブルと呼ばれるものであり、暗号資産全体の価格が急騰しました。

 このときに最高額である1,800円を突破します。しかし、バブルは一時的なものであり、その後急降下して300円台まで下がります。

その後、2020年の8月に半減期へ突入したことで、一度価格は上がりましたが、長くは続かず再度下落し100円前後の価格で落ち着きました。

それ以降も、ビットコインなどの価格変動の影響を受けて値が上下するものの、全体として見ると徐々に下降しています。
モナコインを購入するならCoincheckがおすすめ!
コインチェック
  • 取扱銘柄数が業界最多の17種類と豊富な取り揃え
  • アプリダウンロード数3年連続国内No.1を獲得
  • 500円と少額から購入可能なため、初心者の方でも安心!
  • 取引所の取引手数料が全て無料なためコストを抑えたい方にもおすすめ!
  • スマホで簡単に口座を開設
Coincheckの基本情報
企業名 コインチェック株式会社
所在地  東京都渋谷区円山町3−6 E・スペースタワ 12階
レバレッジ取引 なし
取扱暗号資産

17種類

BTC・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

出典:RENOSY公式サイト

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

 

モナコイン現在の価格変動

2022年10月11日の価格は60.44円となっています。

2022年に入ってからのモナコインの価格は130円ほどから始まって、それ以降は徐々に下降しております。この下降トレンドは2021年の年末から始まっており、11月末の200円から価格が下がり始めています。

 ビットコインを始めとするさまざまな多くの種類の暗号資産の値が下がっていることもあり、その影響を受けている可能性が高いです。

2022年以降は上場などの明るいニュースが少なかったため、急騰することなく緩やかに下降気味です。特に4月~5月は暗号資産全体の価格が下落しています。

まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

モナコインの今後を左右する5つのポイント

モナコイン

取り扱い販売所が増える

暗号資産は、取り扱い販売所が増えたときに価格が高くなる傾向があります。そのため、国内を始めとする暗号資産取引所に上場することが決まれば、値上がりするでしょう。

 取引所で取り扱いが増えることで、必然的に利用者・利用シーンは増えるため、それに連動して価格は上がりやすいです。

現在では、日本以外の取引所ではほとんど扱いがないため、海外でも大手の取引所であるバイナンスなどがモナコインを取り扱うようになれば、価格は大幅に上昇するでしょう。

とはいえ、モナコインは日本が発祥であり関連するサービスも日本に由来するものなので、上場するとすれば国内の取引所になる可能性が高いです。

まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

Webサービスでの利用が広がる可能性がある

モナコインの取引をする人

モナコインは「Segwit」という技術を利用しており、処理速度が比較的速いのが特徴です。

そのため、暗号資産の中でも決済サービスなどに適しており、今以上にモナコインの利用が広がれば、需要も高まって価格は好転するでしょう。

 モナコインは現状でもコミュニティの結束力が強く、利用できるサービスが多いです。これらは開発者が提供しているのではなく、ユーザーがサービスを開発・提供しています。

ユーザー数が増えれば、モナコインを利用できるWebサービスの数も増えていきます。つまり、ユーザーが増えることで需要が伸びると考えられるでしょう。

まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

主要通貨と連動して価格が変動する

主要通貨と連動

モナコインの価格は、主要通貨の影響を受けやすく、特にビットコインの価格と連動しやすいです。過去の価格推移を見ても、ビットコインバブルなどの影響を受けて大きく価格が上下しました。

 現在の価格は緩やかに下降していますが、主要通貨の価格が再度上向きになることで、モナコインの価格も回復する可能性が高いです。

2022年の4月~5月にかけて、世界情勢や米国の株の影響を受け、ビットコインを始めとする暗号資産全体の価格が下がっています。モナコインも例外ではなく徐々に価格は下がりつつあり、最盛期よりも10分の1以下になっています。

まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

アトミックスワップの広がり

モナコインの取引をする人

アトミックスワップとは、異なるブロックチェーン間の暗号資産同士を、取引所などの第三者を経由せずに直接交換できる技術のことです。

例えば、モナコインを保有しておりビットコインが欲しいときは、モナコインを使ってビットコインと交換できます。

 このようにアトミックスワップは取引所を経由しないため、通貨を交換する際に発生する手数料は不要です。

手軽に取引でき、手数料がかからないだけでなく、取引所などに個人情報を伝えなくて済むのもメリットです。

モナコインはアトミックスワップに対応しており、そのことが広く認知されることで価格は上向きになるでしょう。
まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

モナコインの半減期

モナコインには半減期が存在します。半減期とはマイニング時にもらえる暗号資産の量が半分になる時期のことです。この半減期を迎えると市場に出回る通貨数が減少するため、希少価値が生まれるため価格が上がりやすくなります。

このように暗号資産は半減期を通じて、価値が下がり過ぎないように調整を行っています。半減期を迎えることで、一時的ではあるものの価格は上昇するでしょう。

モナコインを購入するならCoincheckがおすすめ!
コインチェック
  • 取扱銘柄数が業界最多の17種類と豊富な取り揃え
  • アプリダウンロード数3年連続国内No.1を獲得
  • 500円と少額から購入可能なため、初心者の方でも安心!
  • 取引所の取引手数料が全て無料なためコストを抑えたい方にもおすすめ!
  • スマホで簡単に口座を開設
Coincheckの基本情報
企業名 コインチェック株式会社
所在地  東京都渋谷区円山町3−6 E・スペースタワ 12階
レバレッジ取引 なし
取扱暗号資産

17種類

BTC・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

出典:RENOSY公式サイト

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

2022年最新|モナコインの今後を予測

価格変動

2022年5月時点でモナコインの価格は、100円を大きく下回っています。これは暗号資産全体の価格が下がっていることが大きく関わっています。

そのため、暗号資産全体の価格が回復すれば、モナコインも連動して価格は上がっていく可能性が高いです。また、暗号資産自体の認知度が高まっており、さまざまな分野でそれぞれの通貨の技術が利用されています。

 日本国内で馴染みが深い「2ちゃんねる」関連に強みがあり、不随したサービスが生まれやすいです。

今後は、決済サービスやWebサービスなどの展開が期待されているため、価格も影響を受けて高まりやすいでしょう。しかし、モナコインの価格は長い期間低迷しているため、ユーザーの数が減少気味です。

そのため、「確実に価格は上昇する」とは言えないため注意が必要です。
まずは口座開設! モナコインの
購入はこちら

モナコインの買い時を解説

ステーブルコインの購入方法

モナコインは8月現在、100円を下回っています。推移を確認しても下落気味であり、買うのか迷う方もいるでしょう。

しかし、モナコインはまだまだ将来性のある銘柄です。モナコインの買い時としては次の4つです。

モナコインの買い時
  • 仮想通貨市場全体が盛り上がったとき
  • モナコインに進展があったとき
  • 半減期に突入したとき
  • 取り扱い取引所が増えたとき

少しでも利益を生むためには、買い時を把握してから買うと良いでしょう。

    それぞれの買い時について解説していきます。

    仮想通貨市場全体が盛り上がったとき

    1つ目が仮想通貨市場全体が盛り上がったときです。仮想通貨市場へ注目が集まれば集まるほど、価格が高くなります。

     実際、ビットコインの特集がTIMEに掲載されたときは2ヶ月未満で35倍ものレートを記録しました。

    仮想通貨全体が盛り上がればモナコインへの注目も考えられます。そうともなれば、大きくレートが跳ね上がると予想されます。

    さらにモナコイン自体、ビットコインの価格と連動しやすいものです。そのため主要通貨、仮想通貨市場の盛り上がりを確認しておくと良いでしょう。

    仮想通貨市場全体が盛り上がることで、モナコインへ影響を与える主要通貨のビットコイン、モナコイン自体の価格上昇が期待できます。
    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    モナコインに進展があったとき

    2つ目がモナコインに進展があったときです。

     モナコインは処理速度が速いため、今後決済手段として広がる可能性があります。

    また、キャッシュレスが進む世の中で、モナコインもキャッシュレス対応となれば需要がさらに大きくなるでしょう。さらにモナコインに限らず、仮想通貨はプロジェクトがしっかりとしていればレートが上る可能性があります。

    モナコインは「Ask Mona」「Monappy」といったサービスで利用することができ、今後利用できる場所がさらにが広がれば需要が拡大するでしょう。

    半減期に突入したとき

    3つ目が半減期に突入したときです。先にも説明したとおり、半減期とはマイニングのときにもらえる暗号資産の量が半分になる時期のことです。

    出回る通貨数が減少すると希少価値が生まれる、そのためレートが上がるということです。
    半減期に突入して価格が上がるのは一時的ですが、それでも今よりも価格は高くなることが期待できます。また、モナコインは過去に2017年7月と2018年8月に半減期を行なっており、今後も半減期をされることが予想されます。

     

    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    取り扱い取引所が増えたとき

    4つ目が取り扱い取引所が増えたときです

     取り扱い取引所が増えると価格が高くなるため、もしも国内ほとんどの暗号資産取引所が取り扱えば、値上がりが期待できます。

    モナコインはコインチェックやbitFlyerなどが取り扱っているものの、それでもビットコインに比べてまだまだです。定期的にモナコインの取り扱い取引所が増えるか確認しておきましょう。

    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    モナコインを購入する方法

    暗号資産取引所

    モナコインを購入するためには、取り扱っている暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。大手の暗号資産取引所でもモナコインを扱っていないことが多いため、初めて口座を開設する人は注意が必要です。

    例えば、国際的に大手の取引所である「BINANCE (バイナンス) 」でも未上場です。

     既に口座を開設している人でも、その取引所で扱っていない場合は対応している取引所の口座を開設する必要があります。

    口座開設にはメールアドレスや氏名などの個人情報だけでなく、本人確認も必要です。申込情報などをもとに審査を行い、通過すれば口座を利用できるようになります。

    口座を開設したら銀行振込などを利用して口座に入金します。口座への入金方法も取引所によって異なるので注意しましょう。

    購入する際は購入する数量を指定し、その分の金額が入金されていれば購入できます。基本的に購入後はキャンセルができないので、数量や金額などを間違えないことが大切です。

    暗号資産の購入や出金などには手数料が発生するため、回数が増えないように取引するときは慎重に行いましょう。
    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    モナコインのメリット・デメリットを紹介

    オウチーノの7つのメリットモナコインのメリットとデメリットは次のとおりです。

    メリット デメリット
    安全性が高い銘柄 世界での知名度は低い
    日本国内の取引所で扱っているところが多い 実店舗で利用できるところが少ない
    クリエイターに投げ銭として利用できる ビットコインなどのメジャーな銘柄に比べて将来性が低い
    Segwitにより、高速処理が可能 ここ数年、それほど価値が上がっていない

    ここではモナコインのメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

    ちなみにモナコインは日本生まれの仮想通貨です。

    モナコインのメリット

    モナコインのメリット
    • 安全性が高い銘柄
    • 日本国内の取引所で扱っているところが多い
    • クリエイターに投げ銭として利用できる
    • Segwitにより、高速処理が可能

    モナコインは日本国内の掲示板である2ちゃんねるから生まれた仮想通貨です。そのため主に日本国内の仮想通貨取引所で扱われており、さらに安全性も確認されています。

    仮想通貨=怪しいという方でも、モナコインならば安心して購入できるでしょう。
    活用方法としては、「AskMona3.0」などのサービスでクリエイターへの投げ銭、実店舗での利用などが挙げられます。

    そしてモナコインにはSegwitが導入されており、高速で送金が可能です。
     モナコインが実店舗で利用できるかどうかは、MONAMAPより確認できます。
    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    モナコインのデメリット

    モナコインのデメリット
    • 世界での知名度は低い
    • 実店舗で利用できるところが少ない
    • ビットコインなどのメジャーな銘柄に比べて将来性が低い
    • ここ数年、それほど価値が上がっていない

    モナコインは日本国内で生まれた仮想通貨であるうえに、サービスが続々と終了していることから、海外の知名度は低いものです。

    さらに実店舗で利用できるといっても、実際に利用できる店舗はとても少ないのです。

    モナコインでキャッシュレス生活を行うのは、困難といえるほどです。

    ビットコインなどのメジャーな銘柄に比べて将来性は低く、それはここ数年の相場が表しています。

     

     

     モナコインを購入する場合は長期保有前提、もしくは余剰資金からさらに少額で行うことをおすすめします。

     

    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    モナコインの使い道は?

    ステラルーメン(XLM)のメリット

    モナコインの使い道
    • 実店舗での利用
    • 投げ銭での利用

    • ネット上での利用
    • 暗号投資の積立での利用

    何度か先ほど紹介したものと被っていますが、もう一度おさらいしてみましょう。

    モナコインは日常生活ではあまり利用できませんが、使い道自体はあります。
    ここではモナコインの使い道について詳しくみていきましょう。

    実店舗での利用

    1つ目が実店舗での利用です。

    通称、モナ払いといわれるものです。

    2022年9月現在、モナ払いができると登録されている場所は、10店舗ほどです。モナコインでのキャッシュレス生活は困難なほど、普及されていないのが現状です。

     モナコインは普及率が低いため、今後も実店舗が急激に増えるとはいい難いものです。
    実店舗での利用をしたい人は、ビットコインなどのメジャーな銘柄の利用をおすすめします。
    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    投げ銭での利用

    2つ目が投げ銭での利用です。

    配信者やクリエイターを応援するための投げ銭として、利用を考えている人も多いでしょう。

    現在はサービスが終了していますが、「tipmona」、「AskMona」で投げ銭が可能です。

     

     

     現在、AskMona3.0とmonappyで投げ銭として利用できます。

     

    投げ銭として利用できるサービスは少ないものの、これからサービスが活発になっていけば、モナコインを購入する人が増える可能性が高まります。

    ネット上での利用

    3つ目がネット上での利用です。

    例えばビットコインモール、コインギフトなどで利用可能です。

    ビットコインのように多くの店舗で利用できるわけではないものの、仮想通貨で決済できる店舗は着実と増えています。そのためモナコインの利用者が増えれば、利用できる店舗が多くなる可能性も十分あります。

     現時点では利用できる店舗自体は少ないため、ネット上での利用メインは厳しいでしょう。
    すぐに普及はしないものの、今後に期待して購入するのも1つの手段です。
    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

    暗号投資の積立で利用する

    4つ目が暗号投資の積立での利用です。現在は暗号資産で積立投資ができます。それと同じように、モナコインも積立投資で活用できます。

    実際にビットコインなどを用いて、つみたてを行っている方もいるのではないでしょうか。

    暗号資産の積立は少額からできるため、初心者にとっても取り組みやすいでしょう。

     

    長期保有を前提にして、モナコインを購入して積み立てていくもの活用方法の1つです。

     

    まずは口座開設! モナコインの
    購入はこちら

     

    モナコインが購入できるおすすめ取引所4選

    モナコインは日本発祥の暗号資産であり、日本国内での利用がほとんどです。そのため、ビットコインやイーサリアムのようなメジャー通貨ではありません。

     モナコインを購入したい場合は、暗号資産取引所での口座開設が必要となります。

    取引所の中には、最短10分で口座開設が完了する場合もあるため、忙しい方でもスムーズに取引を進めることができます。

    以下ではおすすめ4選をご紹介しています!

    Coincheck

    コインチェック

    Coincheckのおすすめポイント
    • 少額から暗号資産の投資を始められる
    • 各種手数料は無料なので、費用を抑えて取引ができる
    • スマホで簡単に口座を開設できる

    Coincheckは、マネックスグループであるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。取り扱い通貨の種類が多く、モナコインにも対応しています。

    ビットコインなどは500円と少額から購入できるため、初めての暗号資産投資で不安がある人でも取り組みやすいです。

     各種手数料が無料なので、取引を繰り返してもコストが大きくなる心配はありません。

    さらに、ネットワークから遮断されたコールドウォレットで管理されているため、不正アクセスなどの攻撃を受けにくくなっています。

    他にも暗号資産を購入できるだけでなく、NFTや暗号資産積み立て、電気、ガスなど幅広いサービスを展開しています。

    口座開設はスマホのアプリで手軽に行えるのも魅力です。
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら
    形式 販売所・取引所
    取扱暗号資産

    17種類

    BTC・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

    最低取引単位 取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
    販売所:円建てで500円相当額
    レバレッジ取引 なし
    取引手数料 取引所:0%

    ※出典:Coincheck

     

    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら

    bitFlyer

    ビットフライヤー(bitFlyer)

    bitFlyerのおすすめポイント
    • セキュリティ強度が高いことが魅力の取引所
    • 各種手数料が無料なので利用しやすい
    • 取り扱い通貨数は15種類と多いので、好きな暗号資産に投資できる

    bitFlyerは強固なセキュリティ体制が強みの取引所であり、実際にハッキングの被害は7年間受けていません。

     取り扱っている暗号資産は15種類と多く、モナコインもあるので購入できます。

    口座開設も簡単であり最短10分で完了するので、すぐに取引を始められるのも特徴です。暗号資産に関するさまざまなサービスも展開しており、Tポイントも使えます。

    1円から暗号資産を購入できるので、少額から始めたい人におすすめです。
    セキュリティの強さに定評 bitFlyer
    無料口座開設はこちら
    形式 販売所・取引所
    取扱暗号資産

    15種類

    BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・XRP・BAT・XEM・XLM・XTZ・DOT・LINK・XYM

    最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
    取引所:0.001 BTC
    レバレッジ取引 最大2倍
    取引手数料 販売所:無料
    取引所:0.01%~0.15%

     

    セキュリティの強さに定評 bitFlyer
    無料口座開設はこちら

    ※出典:bitFlyer

    GMOコイン

    GMOコイン

    GMOコインのおすすめポイント
    • GMOインターネットグループが運営している取引所
    • 取り扱い通貨数は20種類と非常に多い
    • 各種手数料は無料なので取引しやすい

    GMOコインはGMOインターネットグループが運営している取引所です。大手企業が運営しているため信頼性が高く安心して取引できるでしょう。

     各種手数料は無料、取り扱い通貨数は20種類とサービスが充実しているので、快適に暗号資産取引を進められます。

    申し込みしてから口座開設までは、最短で10分と時間がかからないため、すぐに取引を始めたい人にもおすすめです。

    購入できる暗号資産の種類が多く、モナコインも取り扱っています。
    暗号資産取扱数が多い GMOコイン
    無料口座開設はこちら
    形式 販売所・取引所
    取扱暗号資産

    15種類

    BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・XYM

    最低取引単位 販売所:0.00005 BTC
    取引所:0.0001 BTC
    レバレッジ取引 最大2倍
    取引手数料 販売所:無料
    取引所:Maker-0.01%・Taker0.05%

     

    暗号資産取扱数が多い GMOコイン
    無料口座開設はこちら

    ※出典:GMOコイン

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoinのおすすめポイント
    • 大手企業であるDMMグループが運営しているので安心感がある
    • サポート体制が整っており、365日対応している
    • レバレッジ取引ができる取引所の中では、取り扱い通貨数が多い

    DMM Bitcoinは、DMMグループが運営している暗号資産取引所であり、高い技術力により強固なセキュリティ体制を構築しています。

    パソコンだけでなくスマホの取引ツールも充実しているので、自身の取引スタイルに合わせて使い分けできます。

     各種手数料が無料なだけでなく、レバレッジ取引に対応しているのも大きな魅力です。

    さらにサポート体制は365日対応であるため、初心者でも安心して始められるでしょう。

    取り扱い通貨数・セキュリティ・サポートなどサービスのバランスが良いです。
    形式 販売所
    取扱暗号資産

    14種類

    BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

    最低取引単位 0.0001 BTC
    レバレッジ取引 最大2倍
    取引手数料 無料

    ※出典:DMM Bitcoin

    よくある質問

    モナコインに将来性はありますか?
    モナコインの将来性はあります。確かに現在、価格は下落しているものの、日本国内では知名度のある銘柄です。そもそも、モナコインに将来性がないといわれている理由は海外からの知名度が低いためです。しかし、モナコインが注目を浴びれば一気に値上がりするでしょう。仮想通貨自体、絶対に値上がりするとはいえないものですが、きっかけ次第でモナコインの価値が大きく上がる可能性があります。
    モナコインの買い時はいつですか?
    モナコインの買い時は「仮想通貨市場全体が盛り上がったとき」「半減期を迎えたとき」「モナコインに進展が合ったとき」「取り扱い取引所が増えたとき」の4つです。注目を浴びるようなきっかけがあれば、値上がりが考えられます。
    モナコインのメリットについて教えてください。
    モナコインのメリットとして「アトミックスワップが可能」「Segwitの実装」「投げ銭が可能」の3つが挙げられます。
    モナコインのデメリットについて教えてください。
    モナコインのデメリットは国外の取扱所で取り扱いがほとんどないことです。日本発祥であることも要因ですが、国外からの注目は浴びにくいことが挙げられます。
    モナコインは日本以外にも利用されている?
    モナコインは日本国内以外にも、世界各国で取り扱われおり今後知名度も上がっていくと予想されています。
    モナコインはどこの取引所で購入できますか?
    モナコインを購入できる取引所は「コインチェック」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」「GMOコイン」「bitbank」「Zaif」です。比較的多くの取引所で購入できるため、特に困ることはないでしょう。
    モナコインの安全性は?
    過去に情報が流出した事件やトラブルもなく安全性に問題はないと言えます。セキュリティ面に不安を感じている方でも、安心して取引できる仮想通貨でしょう。

    まとめ

    この記事では、モナコインの特徴や今後・将来性について解説しました。モナコインは日本発祥の暗号資産であり、他の通貨にはない特徴があります。

    現在はそこまで価格は高くありませんが、その特徴から今後・将来性が期待されている暗号資産の1つです。

    モナコインにはどのような特徴があるか押さえてから、購入すると良いでしょう。
    暗号資産初心者におすすめ Coincheck
    無料口座開設はこちら
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事