【初心者向け】ネット証券の始め方を解説!おすすめのネット証券6選

株の取引を行うには証券口座の開設が必須です。近年では、従来の店舗型の総合証券とは異なる「ネット証券」が増えました。

ネット証券は、その名のとおりインターネットや電話など、非対面で取引を行う仕組みで運営されています。そして、ネット証券には総合証券には無いメリットがあるのです。

そこで今回は、ネット証券について初心者向けに徹底解説。ネット証券の選び方や、取引を始めるまでの手順などを紹介します。

これから株の取引を始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ネット証券とは?初心者向けに徹底解説

ネット証券

改めて説明すると、ネット証券とはネット上の操作のみで入出金から取引を完了させることができる証券会社のことです。

以前までは総合証券に通うことがメジャーでしたが、物理的な制約がなく、ネット上で取引の全てを完結できるネット証券が注目されているのです。

投資を始める前に、まずはネット証券について理解を深めましょう。

ネット証券の魅力①オンラインでどこにいても取引できる

ネット証券の魅力はスマホやパソコンさえあればどこにいても取引できる点です。冒頭でお話ししたように、以前は総合証券に通って取引や担当者と相談しなければなりませんでした。

その為、天候の悪い日や用事がある日でも通わなければならない点や担当者は多くの人を担当している為、自分が連絡を取りたいタイミングで連絡が取れない等のデメリットがあります。

 しかし、現代では自分の好きな場所で取引をし、不安があればコールセンターや問い合わせフォーム等のカスタマーサポートサービスを利用することで解決できます。

このように手軽に株を楽しめるようになったのも、ネット証券のおかげと言えるでしょう。

ネット証券の魅力②自身のタイミングで取引できる

投資

ネット証券の魅力2つ目は自身のタイミングで取引できるという点です。

店頭型の総合証券会社では「この株を買いたい!」と連絡した際に担当者から別の銘柄をおすすめされることがあります。

これにより自分の判断を鈍らせられ、結果的に損をしてしまったというケースも少なくないでしょう。

「最初はこっちが買いだと思ったけど…でも担当者さんはあっちが買いだって言うし……」と迷った結果、負けてしまった!という話もよくあったのです。

ネット証券の場合はこのような誘惑もない為、迷う必要なく株の取引ができる点が魅力だと言えるでしょう。

ネット証券の魅力③取扱銘柄が豊富

商品数

ネット証券の魅力3つ目は取扱銘柄が豊富という点です。店舗型の総合証券会社だと取扱銘柄にある程度限りがあるのが現状です。

しかし、ネット証券では様々な銘柄を取扱っており、株式以外にも以下のような銘柄も取扱っています。

ネット証券で取り扱われる金融商品

    取扱商品が豊富ということはトレーダーの選択視野が広まり、それだけ利益アップに繋がりやすいということです。

    上級トレーダーになると、何種類かの銘柄をトレードして効率よく利益を出している方もいます。

    ネット証券の魅力④取引コストの安さ

    コイン 貯蓄

    ネット証券の魅力4つ目は、取引コストの安さという点です。

     証券会社は実店舗を運営するコストがかかる為、手数料も高めで設定されていることが多いです。

    しかしその点、ネット上の証券会社ならばリアル店舗を運営するコストは必要ないという点や、ネット証券会社同士がコストの安さを競い合っていることもあり、取引コストが比較的安い傾向にあります。

    ネット証券の魅力⑤投資に必要な情報が無料

    ネット証券の魅力5つ目は投資に必要な情報が無料かつ豊富という点です。投資をする為には様々な情報が必要になります。

    株は自身の勘で利益をあげられるものではありません。ある程度チャートの流れが見えるようになっても、毎日の情報収集は欠かさず行う必要があるでしょう。

     中でも企業の特色や注目される材料、業績や株価の動きをまとめた雑誌「会社四季報」やその他、投資に必要な情報は無料で閲覧することができるのです。

    情報に関してはネット証券によって違いがあるため、より有益だと思う情報を持つネット証券を選ぶと、より良い株取引ができるでしょう。

    会社四季報等の情報は以前は有料で閲覧するものだったことをご存知ですか?それが今ではネット証券で無料で閲覧できるならば利用しない手はありませんね。

    初心者が自分に合ったネット証券を選ぶポイントは?

    ①少額投資可能か

    株 取引

    まず初心者の方が株を始める際にネット証券を選ぼうと思ったら「小額投資が可能なネット証券か」を重視する必要があります。

     株と言えば大きな額を動かすイメージが大きいでしょう。しかし、株初心者の方の場合はまだ株投資や売り買いのタイミングに詳しくない為、大きい額を動かすのは危険です。

    そのため、株投資に慣れるまでは少額から投資できるネット証券を選びましょう。最近では「ワンコイン投資OK!」などと謳うネット証券も増えてきている為、勉強の為にも少しずつ株投資について勉強していくことをおすすめします。

    最初から大きな額を動かすのはリスクが大きいです。まずは小額からコツコツ始めて株投資について理解を深めていきましょう。

    ②投資スタイル

    株 取引

    投資には基本的に4種類の投資スタイルがあります。

    トレーダーを専業として投資していきたいのならばデイトレードのような1日で何度も取引を行うスタイルや数日~数か月の間、株を保有し運用していくスタイルなどです。

    どのスタイルにも以下のようなメリットとデメリットがあります。

    デイトレード:金融商品を1日保有して取引を行い売買を完結させる

    • 投資結果がすぐに目に見える点や相場が上がる時間帯のみ集中して取引する為、忙しい方でも投資しやすいが都度手数料がかかる。

    スイングトレード:金融商品を2日~1週間保有して取引を行い売買を完結させる

    • デイトレード程ではないが投資結果が目に見えるのが早い。
    • 取引時間外に好材料が出た場合は高騰の可能性があるが悪材料が出れば損する可能性も。

    中長期投資:金融商品を数カ月~保有してここぞ!という時に取引を行い売買を完結させる

    • 短期の値動きに左右されない。
    • 将来的に大きな成果が期待できるが一度投資してしまうとその分の資産が使えない。成果が出るのが遅い。

    少額投資:数百円~の少額で取引を行い売買を完結させる

    • 少額なので気軽に投資しやすい。
    • 価格が下落した際のリスクが小さいが高騰した際の利益も小さい。

    以上を踏まえて…

    デイトレード等で投資したい方 手数料が低いネット証券
    長中期的に金融商品保有して資産運用等に回したいと考えている方 銘柄分析力があるツールやアプリのあるネット証券
    少しずつ投資に慣れていきたい方 小額投資可能なネット証券

    という風に、自身の投資スタイルに合ったネット証券を選びましょう。

    ③手数料

    コイン

    手数料は投資を行っていく上でセットとして必要になるコストです。
    デイトレードやスイングトレードで投資をしていきたい方ならばなおさら手数料がネックになります。

     最近ではネット証券同士で手数料の安さで競い合っている面がある為、どのネット証券も手数料は低めに設定されています。

    その為、手数料のみでネット証券を選ぶというよりは上で紹介した2つの選び方と合わせて選ぶと投資初心者の方でも自身にピッタリのネット証券を選ぶことができるはずです。

    【初心者必見】おすすめの少額投資方法を紹介

    不動産投資について学ぶ公務員

    おすすめの少額投資方法は次の3つです。

    おすすめの少額投資方法
    • つみたてNISA
    • ミニ株・単元未満株
    • 外国株

      少額投資は少ない資金で投資ができ、リスクを抑えられるのがメリットです。そのため、初心者の方におすすめの投資方法です。

      それでは実際にそれぞれの少額投資方法をみてみましょう。

      投資信託での積み立て(積立投資)

      1つ目が投資信託の積立投資です。

      投資信託はプロのファンドマネージャーが代わりに運用をしてくれます。

      投資信託はお金を預けるだけで投資ができ、毎月決まった日に積立がされます。100円から初めることができ、まとまった資金は必要ありません。

      また、少額であることからリスクを抑えられます。リスクを懸念している方や投資を初めてする方におすすめの投資方法です。

       取引手数料などの手数料が発生するもののの、リスクを抑えられるメリットがあることを考えれば初めやすい投資方法でしょう。

      他にもコツコツ投資をしたい場合に適しています。

      ミニ株(単元未満株)

      2つ目がミニ株・単元未満株です。

      株は通常100株単位での購入となっていますが、ミニ株(単元未満株)では1株から購入できます。

      ミニ株は株式ミニ投資とも呼ばれます。

      1株あたりからの購入であるため数千円から購入でき、少ない資金で投資が可能です。さらに1株でも持っていれば、配当金の受け取りもできます。

       ただし基本的には株主優待はありません。

      初心者の他にも人気の銘柄を保有してみたかったり、配当金を受け取ってみたりしたい方はこちらのミニ株がおすすめです。

      外国株

      3つ目が外国株です。米国株といった外国株は、1株単位での取引が可能です。

      アメリカの有名企業なども1万円程度から購入できます。

      日本株は100株単位からの取引であるためまとまった資金がない方には厳しいでしょう。しかし、外国株は1株から購入できるため少ない資金での取引ができます。

       外国株を買える証券会社を選ぶようにしてください。

      GoogleやAppleやAmazonといった有名企業の株も購入でき、有名株を購入してみたい方にもおすすめです。より大きなスケールの企業に投資してみたい方にも適しています。

      初心者が意識しておくべきネット証券の注意点

      注意

      ①セキュリティ

      オンラインでいつでも取引できる便利さがあるネット証券ですが、中には「セキュリティは大丈夫?」と不安になる方もいるかもしれません。

      基本的にネット証券で使用されているセキュリティの代表格はSSL/TLSと呼ばれる暗号化技術です。

      SSL/TLSとは?
      正式名「SSL/TSLプロトコル」。インターネット上でサーバー側(ネット証券運営者)とユーザー側の文字情報を暗号化して送受信する仕組み。公開鍵と秘密鍵と呼ばれるものでデータの暗号化と復号化を行っている。暗号鍵の桁によって暗号のレベル強度がわかる。

      ちなみにネット証券でよく名前があがるSBI証券やマネックス証券の桁数はSBI証券が128ビット、マネックス証券では128/256ビットです。

      これは現時点で第三者が解読することはほぼ不可能と言われているレベルの暗号強度と言われています。


      その他にも大手ネット証券では「EV SSL」と呼ばれる認証方法も利用されている為、ネット証券側が何らかのセキュリティトラブルを起こすことは滅多にないことでしょう。

       しかし、ネット証券のセキュリティ対策は万全でもユーザーがパスワードやIDを利用するサイトと同じにしていたり、証券会社を騙ったメールに記載されているURLへジャンプしてしまったりすれば乗っ取り等のトラブルに発展する可能性があります。

      その為、セキュリティ体制が万全なネット証券だからと言って過信せず、パスワードやIDを自身で徹底的に管理する必要があるのです。

      ②操作のミス

      失敗

      初心者あるあるな操作ミスの代表は以下2つです。

      買いと売りのボタンを間違える:買い時よりも安い価格で売ってしまうと損が出てしまう可能性

      例)以前の買い時よりも株価が安かったが会社自体の業績は良いので安いうちに金融商品を追加しようと思ったら間違えて売りボタンを押して売ってしまう…

      単位の発注数を間違える:口座に残高があればそのまま注文は完了してしまう為、10倍多く買ってしまうことに

      例)100単位注文しようと思ったのに1,000株注文してしまった…

      どちらのミスも場面によっては大きな損が出てしまう可能性がありますので操作ミスには細心の注意を払いましょう。

      ③手数料がかかる取引もある

      ネット証券を見ていると「すべての手数料が無料!」という文言を目にすることがあります。

       しかし、FXだと手数料が基本無料でも、取引コストとしてネット証券が提示している基準価格にスプレッドを乗せる方式を取っているところもあります。

      そのため、FX投資でネット証券を利用したい場合は、手数料をしっかりと確認してから口座開設へ進んでくださいね。

      以上3つの注意点を理解してからネット証券を始めましょう。

      初心者向けにネット証券の始め方を3ステップで解説!

      スマホ 女性

      STEP①自分が気になるネット証券へ登録(口座開設)

      ネット証券を始めるには、まずはご自身が気になるネット証券へ口座開設から始めます。口座開設完了までの流れは以下です。

      ネット証券口座開設までの流れ
      1. 気になるネット証券の公式ホームページから「口座開設を申し込む」ボタンをクリックorタップ
      2. メールアドレスの入力
      3. メールで届いた認証コードを入力
      4. 住所・電話番号等を入力
      5. 各規程を確認して同意ボタンをクリックorタップ
      6. 口座開設の選択(郵送orスマホ)
      7. 口座開設申し込み完了

      最近ではオンライン口座開設というものがあり、スマホやパソコンから本人確認書類を提出することで通常よりも早く口座開設を完了させることができます。その際の流れは以下です。

      オンライン口座開設の流れ
      • 1~3まで手順は同じ
      • 公式ホームページからログインして「口座開設状況」を確認
      • 提出書類の選択
      • 本人確認書類の提出
      • 口座申し込み完了

      以上が口座開設申し込み完了までの流れとなります。

       ネット証券によってはオンライン口座開設申し込みから最短1時間で取引が開始できるところもあります。
      おすすめネット証券をご紹介 ネット証券の
      口座開設はこちら(無料)

      口座を開設する際に必要となるもの

      口座を開設する際に必要となるものは以下です。

      • スマートフォンやパソコン
      • 本人確認書類(マイナンバー書類・運転免許証・パスポート・住民票・健康保険証等)
      • 金融機関口座
      • 印鑑

      口座を開設する際にメールアドレスが必須となります。また、本人確認書類はこちらに記載している以外で有効なものもあります。

      しかし、基本的には顔写真が付いているものならば1つで良いネット証券が多く、住民票や健康保険証の場合は「顔写真付きの本人確認書類+住民票」というように2点必要になる可能性もあります。

      ステップ②口座に入金

      パソコン スマホ

      口座開設が完了したら次は口座に入金です。入金方法は主に3つの方法があります。

      1. リアルタイム入金
      2. 銀行振込
      3. 振替入金

      1番早い入金方法はリアルタイム入金です。対象の口座を持っていれば即時入金可能手数料もネット証券会社負担です。

      またネット証券ごとに名称は違いますが入金方法があるため、口座開設をしたネット証券の入金方法を確認してみましょう。

      リアルタイム入金ならば24時間反映されるため、いつでも取引できる点が魅力です。
      出典:SBI証券
      おすすめネット証券をご紹介 ネット証券の
      口座開設はこちら(無料)

      ステップ③投資したい銘柄を選んで購入

      入金が完了したら早速投資したい銘柄を選んで購入です。

      最近ニュースでも話題の上場企業株から仮想通貨(暗号資産)まで、幅広い金融商品があります。銘柄を決め購入すれば、晴れて投資デビューです。

      また、ネット証券ごとにキャンペーンが行われていることが多いため、キャンペーンを利用してお得に投資を開始することもできます。

      投資は余裕資金(生活に支障がない金額)から始めましょう!

      初心者がネット証券で失敗しないためのポイント

      不動産投資がバレた公務員

       

      初心者がネット証券で失敗しないためのポイントは次の4つです。

      ネット証券で失敗しないためのポイント
      • 株式投資の知識を身に着けておく

      • 無理のない金額で投資をする

      • 一時的に下がってもすぐに売ったりしない
      • リスクを取らない

      投資は利益を得られるものですが、失敗すれば損失が発生します。失敗しないためにはこれから紹介するポイントを抑えておきましょう。

      上級者でも株の損失はあり得るものですから、しっかりと勉強をしておくことが重要です。

      株式投資の知識を身に着けておく

      1つ目が株式投資の知識を身に着けておくことです。

       

      株が変動するのには必ず理由があり、投資した商品や企業の情報収集を行えば株の変動予測はある程度可能です。

       

       しっかりとした情報源からの情報を集めることで、より的確な株の変動予測できます。

       

      最近ではインターネットから簡単に情報を得られますが、全てが正しい情報ではありません。

       

      信頼できる情報を集めて、株式投資の知識や投資先の企業などの情報を把握しましょう。

      とはいえ、少額であれば損失は少ないため、実際に投資しての勉強もしていきましょう。
      おすすめネット証券をご紹介 ネット証券の
      口座開設はこちら(無料)

      無理のない金額で投資をする

      2つ目が無理のない金額で投資をすることです。株式投資は必ずしもリターンを得られるものではなく、生活費などを投資しても利益は保証されません。

       

      そのため本来、生活に使うためのお金を使用することはとてもリスクの高いものです。

      一攫千金のように株をすることはやめましょう。
      無理なく続けられる予算を把握し、それらのお金を投資に回しましょう。
       投資はあくまで余剰資金で行うことが重要です。

      一時的に下がってもすぐに売ったりしない

      3つ目が一時的に下がってもすぐに売ったりしないことです。

       

      株の変動により頻繁に売ったり買ったりすることもあると思いますが、基本的にはおすすめしません。

       

       特に積み立ての場合は長期で資産形成をしてプラスになることがほとんどです。

       

      すぐに売ったり買ったりするのではなく、しばらく様子を見ることも重要です。

      倒産などの場合は例外です。
      おすすめネット証券をご紹介 ネット証券の
      口座開設はこちら(無料)

      リスクが低い方を選択する

      4つ目がリスクが低い方を選択することです。

       

      投資金額が多ければ多いほどリターンも大きくなりますが、その分リスクも高くなります。

       

       株の基本リスクが低く安定的な利益を得ることです。

       

      一度の投資でお金を得ようとするのではなく、コツコツと投資を続けて安定的に利益を得ることに重点を置きましょう。

      特に初心者のうちはリスクが低い方を選択するようにしましょう。
      リスクが低い取引をしたい場合は、少額投資を積極的に行うのをおすすめします。

      初心者で投資を始める!おすすめのネット証券6選

      LINE証券

      line証券

      LINE証券の特徴
      • 100円~少額投資OK!
      • スマホのLINEアプリで全て完結
      • 口座開設&クイズに正解すると3株分の購入代金プレゼント
      • LINE FXも同時に口座開設すると最大5000円プレゼント

      LINE証券では100円から投資ができるため、小額投資から始めてコツコツ頑張りたい方におすすめのネット証券です。

      加えて口座開設から取引まですべてスマホのLINEアプリで完結するため、簡単な点も魅力の一つとなっています。

      またLINE証券の取引ツールは「初心者でも使いやすく見やすい」という点に重点を置いており、シンプルで初心者の方でもわかりやすい画面構成になっています。

      更に現在、口座開設&クイズに正解すると3株分の購入代金プレゼントキャンペーンやLINE FXも同時口座開設で最大5000円プレゼントキャンペーンも行われています。

       その他にもLINE証券では、ネット取引で信用取引をする場合は手数料無料です。

      LINE証券の基本情報

      名称

      LINE証券
      取扱商品
      取扱商品一覧
      ・投資信託:約30銘柄
      ・積み立てNISA:約28銘柄
      ・外国株:2カ国
      ・IPO:2021年12月27日現在なし
      手数料

      手数料詳細はこちら
      ・信用取引売買手数料無料
      ・投資信託購入手数料無料
      ・IPOの購入手数料無料

      現物取引
      約定金額ごとの手数料(税込)

      ・5万円/55円
      ・10万円/99円
      ・20万円/115円
      ・50万円/275円
      ・100万円/535円
      ・150万円/640円
      ・3,000万円/1,013円
      ・3,000万円超/1,070円

      いちかぶ(単元未満株)
      ・基本無料(ただし、LINE証券が提示する価格は基準価格に取引コストとして、スプレッドを乗せる方式となっています。)

      NISA/積み立てNISA NISAのみ〇
      IPO実績
      アプリ LINE証券
      最短口座開設 最短翌営業日

      出典:LINE証券公式サイト

      楽天証券

      楽天証券

      楽天証券の特徴
      • 取引ツールがわかりやすくて便利
      • 初心者向けのキャンペーンが豊富
      • 有益な投資情報が充実

      低コストで投資が可能! 楽天証券
      無料口座開設はこちら

      楽天証券は、取引ツールが非常にわかりやすく便利という点が特徴です。情報収集から発注までがなんと1画面で完結するため、投資が初めての初心者の方でも使いやすいツールだと言えます。

      更にこれから株投資を始めようと考えている方々に向けた「初心者向けキャンペーン」も豊富です。口座開設や新規取引で楽天ポイントがゲットできるキャンペーンもあります。

      加えて、その楽天ポイントで株を購入することもできるため、金銭を使っての取引に不安を感じている方にもピッタリのネット証券です。

       他にも投資で重要な投資情報も充実しており、以前は有料で閲覧するものだった会社四季報を含めた有益な投資情報が無料で閲覧可能になっています。

      楽天証券の基本情報

      名称 楽天証券
      取扱い商品
      取扱商品一覧
      ・投資信託:約2,597銘柄
      ・積み立てNISA:約172銘柄
      ・外国株:3カ国(約5,970銘柄)
      ・米国株ETF:約322銘柄
      ・IPO銘柄:約38社
      手数料 複数のコース有

      コースごとの手数料はこちら
      国内株式(現物取引)①超割コース
      約定金額ごとの手数料(税込)

      ・5万円まで55円
      ・10万円まで99円
      ・50万円まで275円
      ・100万円まで535円
      ・3,000万円まで1,013円
      ・3,000万円超え1,070円

      国内株式(現物取引)②いちにち定額コース
      約定金額ごとの手数料(税込)

      ・100万円まで0円
      ・200万円まで2,200円
      ・300万円まで3,300円

      ☆以降100万円ごとに+1,100円(税込)☆

      国内株式(信用取引)①超割コース
      約定金額ごとの手数料(税込)

      ・10万円まで/99円
      ・20万円まで/148円
      ・50万円まで/198円
      ・50万超/385円

      国内株式(信用取引)②いちにち定額コース
      約定金額ごとの手数料(税込)

      ・100万円まで/0円
      ・200万円まで/2,200円
      ・300万円まで/3,300円
      以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)☆

      楽天FX

      ・無料

      その他(外国株、夜間取引・IPO・投資信託)のコースごとの手数料は公式サイトをご覧ください。

      NISA/積み立てNISA
      IPO実績
      アプリ iSPEED
      最短口座開設 2営業日

      出典:楽天証券公式サイト

      低コストで投資が可能! 楽天証券
      無料口座開設はこちら

      SBI証券

      SBI証券

      SBI証券の特徴
      • 証券口座開設数720万※1
      • アクティブプランなら1日100万円まで取引手数料無料(現物)
      • IPOの取扱数がネット証券業界ダントツの80社※2
      国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
      無料口座開設はこちら

      ネット証券業界でも非常に有名なSBI証券は証券口座開設数が720万を誇る大手ネット証券です。

       プランの1つである「アクティブプラン」は1日に何度も取引をしたい方にピッタリのプランで1日100万円までの取引手数料が無料になっています。

      また、「取扱商品数の多さ」もSBI証券ならではの特徴。約1万商品以上の銘柄から自身にピッタリの銘柄を見つけることもできます。

      特にIPO(新規公開株)の取扱数はネット証券業界でも多めの80社の実績があるため、IPOにチャレンジしてみたい方にもSBI証券がおすすめです。

      アクティブプランで1日100万円まで。更に信用取引と合わせれば1日300万円まで取引手数料無料です!

      SBI証券の基本情報

      名称 SBI証券
      取扱い商品
      取扱商品一覧
      ・投資信託:約2,626銘柄
      ・積み立てNISA:約175銘柄
      ・外国株:約9カ国(約6,785銘柄)
      ・海外ETF:約365銘柄
      ・IPO銘柄:約80社
      手数料 スタンダードプランとアクティブプランの2種類有り

      プランごとの手数料はこちら
      現物「スタンダードプラン」一度にまとめて取引する人におすすめ!
      約定金額ごとの手数料(税込)
      ・5万円/55円
      ・10万円/99円
      ・20万円/115円
      ・50万円/275円
      ・100万円/535円
      ・150万円/640円
      ・3,000万円/1,013円
      ・3,000万円以上/1,070円
      現物「アクティブプラン」1日に何度も取引する人におすすめ!
      約定金額ごとの手数料(税込)
      ・50~100万円まで/0円
      ・2,000万円まで/1,238円
      NISA/積み立てNISA
      IPO実績
      アプリ 株アプリ
      最短口座開設 翌営業日

      出典:SBI証券公式サイト
      ※1 SBIグループとは、SBI証券、SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券を指します。
      ※2 2021年12月現在SBI証券公表

      国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
      無料口座開設はこちら

      松井証券

      松井証券

      松井証券の特徴
      • 25歳以下は株式・FX手数料無料
      • 株の取引き相談窓口で初心者も安心
      • アプリやツールが非常に豊富

      50万円まで株式手数料0円! 松井証券
      無料で口座開設してみる

      松井証券の魅力は、なんと言っても25歳以下は株式・FX手数料が無料という点で若い頃から将来的な資金形成を考えている方におすすめのネット証券になります。

      この松井証券ですがネット証券の中でも「初心者に優しい」と言われています。その理由の一つは2020年11月から行われている「株の取引相談窓口」。

      この相談窓口では株式投資の銘柄探しや投資診断を含む初心者向けのサポートを行っています。

      せっかく口座を開設したけれど、どの銘柄に投資すれば良いのか迷っている方や、気になる銘柄はあるけれど投資しようかと迷っている方におすすめです。

         また松井証券ではアプリやツールが他のネット証券と比べて初心者向けかつ豊富という点も初心者向けと呼ばれる所以になります。

        松井証券の基本情報

        名称 松井証券
        取扱商品
        取扱商品一覧
        ・投資信託:約1,506銘柄
        ・積み立てNISA:約170銘柄
        ・IPO:約18社
        手数料

        ※インターネット経由の手数料です。
        ※一日信用取引、NISA口座・ジュニアNISAでのお取引、単元未満株の売却、立会外分売での買付、電話でのお取引は、別の手数料体系です。
        ※3 26歳になる月の最終営業日取引分まで手数料無料です。最終営業日のPTS(ナイトタイム・セッション)のお取引は対象外です。

        手数料詳細はこちら
        株式手数料(26歳以上)
        約定金額ごとの手数料

        ・1日50万円まで無料
        ・100万円まで/1,100円(税込)
        ・200万円まで/2,200円(税込)

        ☆100万円増えるごとに+1,000円加算☆
        1億円/110,000円(税込)ここまでで上限

        株式手数料(25歳以下・未成年を含む)
        ・無料

        投資購入時手数料・FX手数料
        ・無料

        NISA/積み立てNISA

        IPO実績
        アプリ 株アプリ
        最短口座開設 3営業日

        出典:松井証券公式サイト

        50万円まで株式手数料0円! 松井証券
        無料で口座開設してみる

        マネックス証券

        マネックス証券

        マネックス証券の特徴
        • 単元未満株(ワン株)なら1株から購入可能で小額投資から始められる
        • 米国投資に最も適しているネット証券
        • IPO(新規公開株)は100%平等抽選

        マネックス証券は単元未満株(ワン株)というものがあり1株110円から購入できます。これにより小額投資も可能です。

        すぐに大きいお金を動かすのは不安…という初心者の方も安心して取引できる点が特徴です。

        またマネックス証券は、外国株の中でも特に米国株を約4,000種類以上取扱っており、他ネット証券と比べても多い取扱商品数を誇ります。

        加えてAmazonやFacebook等の大手有名企業へも投資できる点が魅力です。

        マネックス証券が独自に開発したマーケット情報や投資の専門家によるオリジナルレポートや会社四季報等の情報も閲覧無料です。

        その他にもIPO(新規公開株)の抽選は100%平等抽選となっているため、当たる確率は初心者トレーダー、上級トレーダー共に平等になっています。

        マネックス証券の基本情報

        名称 マネックス証券
        取扱商品
        取扱商品一覧
        ・投資信託:約1,224銘柄
        ・積み立てNISA:約151銘柄
        ・外国株:3カ国(約5,966銘柄)
        ・海外ETF:約336銘柄
        ・IPO銘柄:約50銘柄
        手数料 コース複数有

        コースごとの手数料詳細はこちら
        取引毎手数料コース(現物取引)
        約定金額ごとの手数料(税込)

        ・5万円以下/55円
        ・10万円以下/99円
        ・10万円超20万円以下/115円
        ・20万円超50万円以下/275円
        ・50万円超100万円以下/535円
        ・100万円超150万円以下/640円
        ・150万円超3000万円以下/1,013円
        ・3000万円超/1,070円

        取引毎手数料コース(信用取引)
        1注文の約定金額手数料(税込)

        ・10万円以下/99円
        ・10万円~20万円以下/148円
        20万円~50万円以下/198円
        ・50万超~/385円

        一日定額手数料コース(税込)

        ・約定金額100万円以下/550円
        ・100万円超~300万円ごとに2,750円
        ・月間利用ボックス数21回目からは2,475円、121回目からは1,815円

        1日の売買代金のうち、約定金額300万円ごとの売買を「ボックス」という単位で呼びます。

        その他(新規公開株(IPO)/公募・売出株式(PO))の手数料については公式サイトをご覧ください。

        NISA/積み立てNISA
        IPO実績
        アプリ マネックストレーダー株式
        最短口座開設 翌営業日

        出典:マネックス証券公式サイト

        DMM株

        DMM株

        DMM株証券の特徴
        • 平日24時間サポートで初心者も安心
        • 最短当日取引可能
        • かんたんモードとノーマルモードの2種類のアプリが使い分けられる

        DMMと言えばDMM BitcoinやDMM FX等も運営している日本でも有数な大手企業です。

        中でも平日24時間サポートではメール・電話・LINEの3種類でサポートが提供されています。わからないことがあればいつでも問い合わせられる点が初心者の方におすすめのネット証券です。

        またDMM株では口座開設から取引までが最短当日で完了と非常にスピーディーな点も魅力のひとつ。

        その他にも使用するアプリは投資初心者の方のための「かんたんモード」経験豊富な中~上級者向けのノーマルモードと2種類のアプリが用意されています。

         更に松井証券と同様、25歳以下は株式手数料が実質無料※1という点も若い世代の投資初心者の方におすすめのネット証券です。

        DMM株の基本情報

        名称

        DMM株
        取扱商品
        取扱商品一覧
        ・国内株ETF/ETN:東証マネ部に掲載
        ・米国株:1263銘柄
        ・米国ETF:138銘柄
        ・ADR:118銘柄
        ・IPO:2022年1月現在なし
        手数料

        手数料詳細はこちら

        口座開設・口座管理入金・出金手数料

        国内現物取引
        約定金額ごとの手数料(税込)

        ・5万円以下/55円
        ・10万円以下/88円
        ・20万円以下/116円
        ・50万円以下/198円
        ・100万円以下/374万円
        ・150万円以下/440円
        ・300万円以下/660円
        ・300万円超/880円

        国内信用取引(一般コース)
        約定金額ごとの手数料(税込)
        ・~300万円以下/88円
        ・300万円超/無料
        国内信用取引(VIPコース)
        約定金額ごとの手数料(税込)
        ・金額にかかわらず無料
        米国株式手数料
        約定金額ごとの手数料(税込)
        ・取引手数料:基本的に無料※単元未満株買取手数料は1銘柄につき550円(税込)
        ・為替手数料:1ドルあたり25銭
        配当金受取時の為替スプレッド:基準為替レート -1円
        NISA/積み立てNISA NISAのみ〇
        IPO実績
        アプリ

        DMM株

        最短口座開設 最短当日

        出典:DMM 株

        ※1 取引手数料を全額キャッシュバックする方法により実質0円となります。

        よくある質問

        初心者におすすめのネット証券を教えて!
        SBI証券は数々の点において他ネット証券よりも人気を誇るネット証券です。
        特に取扱銘柄数は約10,031銘柄と他ネット証券を圧倒する数を取扱っています。
        ネット証券を始めようと考えたら、まずはSBI証券への口座開設がおすすめです。
        ネット証券の魅力は?普通の証券会社と何が違うの?

        ネット証券の魅力は以下5つです。また①~④は普通の証券会社との違いでもあります。

        1. オンラインでどこにいても取引できる
        2. 自身のタイミングで取引できる
        3. 取扱銘柄が豊富
        4. 取引コストの安さ
        5. 投資に必要な情報が無料
        初心者が自分に合ったネット証券を選ぶポイントは?
        初心者が自分に合ったネット証券を選ぶポイントは以下3つです。
        1. 少額投資可能か
        2. 投資スタイル
        3. 手数料
        初心者がネット証券を選ぶときに注意することってある?

        初心者の方は以下3つの点に注意してネット証券を選びましょう。

        1. セキュリティ
        2. 操作のミス
        3. 取引手数料がかかる取引もある
        ネット証券で口座開設をする際に必要なものって何?

        口座開設に必要となるものは以下です。ネット証券によってはここに記載している本人確認書類以外でも口座開設ができる場合もありますので「マイナンバーを持っていない!」「運転免許証を持っていない!」という方でもまずは公式ホームページを見に行ってみましょう。

        • スマートフォンやパソコン
        • 本人確認書類(マイナンバー書類・運転免許証・パスポート・住民票・健康保険証等)
        • 金融機関口座
        • 印鑑
        初心者向けキャンペーンが最も豊富なネット証券はどこ?
        本記事で紹介したネット証券の中では楽天証券です。楽天証券以外でも初心者の方に向けたキャンペーンを行うことがありますので都度チェックしてみてくださいね。
        最短で口座開設完了できるネット証券はどこ?
        DMM 株で最短当日となっています。

        まとめ

        本記事では初心者の方にぜひ覚えていただきたいネット証券に関する情報やおすすめのネット証券6選をご紹介しました。

        今回紹介したネット証券もそれぞれ様々な点で違いがあるのも面白いですね。これから投資する方々にとってネット証券は心強い味方になり得る存在です。

        だからこそ、あなたに合ったネット証券を選ぶことで楽しく賢い投資ライフを送ってみませんか?

        投資にある程度慣れたら、複数のネット証券口座を開設して各社の特徴を活かして投資にチャレンジするのもおすすめです。

        初心者キャンペーン等を利用して、お得に効率よく投資デビューを果たしましょう!
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事