NFTの始め方は?アートを売買する方法&取引のコツについて解説!

「NFTってどうやって始めればいい?」
「NFTを売るコツは?今から作っても売れるのかどうか知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?NFTの取引は、取引所を開設してイーサリアムを購入すれば、誰でも簡単に行えます。

しかし、自分の作ったアートを売って人気アーティストになるには、しっかりトレンドを押さえてマーケティングも考えなければいけません。

この記事では、NFTを売買したり自分の作ったアートを売ったりしたいあなたのために、NFTの始め方について詳しく解説します。

これから始める方はもちろん、アートが売れなくて困っている方もぜひご覧ください!
NFTを始めるためにはまず取引所で口座開設
コインチェック
  • NFTを始めるためには仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設し、イーサリアムを購入
  • イーサリアムの購入には初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめ!
  • 最短1日で取引が開始できる!
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

NFTとは

NFTとは

まずはNFTがどういったものか、仕組みを理解しておきましょう。

 NFTとは「Non-Fungible-Token」の略で、直訳すると「非代替性トークン」という意味を持っています。

従来のアート作品等は、誰が作って誰が所有しているのか証明するのが困難でした。

しかし、NFTではブロックチェーンと呼ばれる技術を使ってすべての取引履歴を記録しているため、作品は唯一無二のものとなります。

ブロックチェーンとはブロックに取引履歴を記録し、それをチェーンのように繋げている仕組みです。改ざんするときは全ブロックの内容を書き換える必要があるため、改竄が非常に困難になっています。

この仕組みがコレクターの心を揺さぶり、現在では多額で取引されるアートも増えてきています。

ガッツポーズしそこねる男性

誰でもNFTを作成することができる

NFTの最大の特徴は誰でも気軽に作成できること、です。

自身で作った作品やゲームを出品でき、作品自体の独自性やオリジナリティを評価されることが多いです。
出品する際は手数料が必要となりますが、売却によって利益を生み出せるため、メリットは大きいでしょう。
小学生が出品した作品が300万円以上で売買されたケースもあるため、副業として始めたい方にもおすすめです。

 

希少性と付加価値をつけられる

従来のアートでは誰が所有しているのかを、明らかにするのは困難でした。

 NFTはブロックチェーンと呼ばれる技術を使ってすべての取引履歴を記録しているため、作品は唯一無二のものになります。

また、プログラマビリティという付加価値を与えられる性質を持つため、作品を作ったアーティストに利益が支払われ続けることが特徴です。

誰でも気軽に作品を作れる一方で、権利者の利益も大きい性質を持ちます!

破損や紛失の心配がない

NFTの場合、デジタルデータによる作品であるため破損や紛失の心配がないことが特徴です。

実物の絵画に比べて保存の管理をする必要がないため、NFT独自のメリットといえるでしょう。

また、NFTでしか販売されていないエンタメもあるため、珍しい作品を購入したいかたにもおすすめです。

NFTを始めるときにかかる初期費用

NFTを始めるときにかかる初期費用

NFTを始めるときにかかる初期費用は、アートを購入する場合と、自分で出品する場合で変わってきます。

ガス代と呼ばれる手数料は、イーサリアムの価格によって変動するしますが、目安として覚えておくと良いでしょう。

(1)購入したい場合

NFTを購入する場合、以下の費用がかかります。

費用 金額の目安
取引所からウォレットへの送金手数料 2〜3,000円
NFTを購入するときのガス代 2〜3,000円
NFT自体の価格 作品による

たとえば、NFT本体が3万円だとすると、36,000円ほどあれば購入できるでしょう。

(2)出品・販売したい場合

NFTを販売する場合、初回のみ1.5万円ほどの費用がかかります。

以下は費用の内訳です。

費用 金額の目安
取引所からウォレットへの送金手数料 2〜3,000円
初回出品時のガス代 1〜1.5万円

初期投資はやや大きいですが、一度払ってしまえば後は手数料がかからないため、そこまで費用がかかるわけではありません。

NFTの始め方①購入編

NFTの始め方①購入編

まずはNFTを購入する方向けに、具体的な手順を紹介します。

NFT取引の手順
  1. 仮想通貨取引所に登録する
  2. イーサリアムを購入する
  3. ウォレットに入金する
  4. マーケットプレイスに登録する
  5. NFTを探して購入する

それぞれ詳しく解説します。

(1)仮想通貨取引所に登録する

NFTで取引するにはイーサリアムという暗号資産が必要です。これを購入するため、まずは取引所で口座開設しましょう。

なお、国内には主に以下のような取引所があります。

主な国内取引所
  • Coincheck
  • bitFlyer
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

最初は扱いやすいCoincheckで口座開設すると良いでしょう。
NFTを始めたい方はCoincheckがおすすめ
コインチェック
  • NFTを始めるためには仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設し、イーサリアムを購入
  • イーサリアムの購入には初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめ!
  • 最短1日で取引が開始できる!
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

(2)イーサリアムを購入する

(2)イーサリアムを購入する

取引所を開設したら、早速イーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムをどのくらい購入すればいいか把握するために、事前に購入したいNFTの価格を調べておきましょう。手数料を考慮すると、NFT価格 + 6,000円ほどが必要になります。

なお、取引方法には以下の2種類があります。

暗号資産の取引方法
  • 販売所
  • 取引所

販売所は取引が簡単ですが、高額なスプレッドが発生します。一方、取引所はスプレッドがかかりませんが、やや扱いが難しいです。

最初は販売所で購入して、慣れてきたら取引所を使うと良いでしょう。

(3)ウォレットに入金する

次にイーサリアムをマーケットプレイスと接続するために、ウォレットを作りましょう。

ウォレットとは、暗号資産を保管・管理するための財布のことで、イーサリアムをはじめさまざまな通貨を保存できます。

おすすめなのは「MetaMask」と呼ばれるウォレットです。

MetaMaskは偽物が多いため、必ずこちらのリンクから登録してください。

(4)マーケットプレイスに登録する

(4)マーケットプレイスに登録する

次にウォレットとマーケットプレイスを連携させましょう。マーケットプレイスは会員登録が要らず、ウォレットと接続するだけでNFTを取引することができます。

なお、主なマーケットプレイスは以下の3つです。

主なマーケットプレイス
  • Opensea

  • Rarible

  • SuperRare

おすすめのマーケットプレイスについては、後ほど詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

規模が違いすぎるため、国内よりも海外のマーケットプレイスの方がおすすめです。

(5)NFTを探して購入する

マーケットプレイスに接続したら、あとは好きなNFTを購入しましょう。

NFTはさまざまな通貨のブロックチェーン上で取引されていますが、もっともおすすめなのはイーサリアムです。

イーサリアムのブロックチェーンはガス代が高額なのがネックですが、規模がもっとも大きく、作品数も圧倒的だからです。

手数料を支払っても、イーサリアムのブロックチェーン上で取引するのがおすすめです。

NFTの始め方②出品・販売編

NFTの始め方②出品・販売編

次に、NFTを作って出品・販売したい方に向けに手順を解説します。

NFTを出品・販売する手順
  1. アートを作成する
  2. 詳細情報を記入する
  3. マーケットプレイスでアップロードする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)アートを作成する

まずは自分でアートを作成しましょう。

一般的にはデジタルアートや絵などのイメージが強いですが、音楽や画像、映像など何でも取引できます。

 ただし、アニメキャラの画像など、著作権に関わるものは後々トラブルに発展する可能性があるので避けてください。

なお、多くのイラストレーターは以下のようなツールを使ってアートを作成しています

アートを作るのに使うツール

絵を描くのが苦手なら、クラウドソーシングやココナラなどを通じてプロに製作を依頼するのも手です。

(2)詳細情報を記入する

(2)詳細情報を記入する

作った作品をマーケットプレイスに登録するには、以下の情報を入力しなければなりません。

入力する情報
  • コンテンツのタイトル
  • コンテンツに関する説明
  • 発行する数量
  • コンテンツの作成日やアーティスト名
  • 価格
  • 紐付けられたコンテンツ

コンテンツのタイトルやコンセプト、自分のアーティスト名などは事前に考えておきましょう。

(3)マーケットプレイスでアップロードする

次に作品をアップロードしましょう。

Openseaというマーケットプレイスの場合、以下のような販売方法を自由に選べます。

NFTアートの販売方法
  • Set Price(固定価格)
  • Highest Bid(オークション)
  • Bundle(グループ販売)

販売方式は、好きなものを選んで構いません。

作品を出品したら、後は売れるのを待つだけです。

NFTアートを売るための3つのコツ

NFTアートを売るための3つのコツ

現在、NFTアートは大きな盛り上がりを見せています。確かに、有名アーティストや著名人の作った作品は高値で取引されていますが、素人だとそうも上手くいきません。

以下のようなコツを掴み、人気アーティストになることが重要です。

NFTアートを売るコツ
  • ETHで出品する
  • トレンドを抑える
  • コンセプトを統一する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)ETHで出品する

作品を出品するなら、イーサリアムのブロックチェーンを選択しましょう。

確かに、Polygonなどのブロックチェーンはイーサリアムと違ってガス代がかからないため、初心者でも出品しやすいです。

しかし、イーサリアムの方が市場規模が圧倒t系に大きいため、作った作品が売れやすいという特徴があります。

後々の流通しやすさも考えると、イーサリアムで取引した方が良いでしょう。
NFTを始めるためにはまず取引所で口座開設
コインチェック
  • NFTを始めるためには仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設し、イーサリアムを購入
  • イーサリアムの購入には初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめ!
  • 最短1日で取引が開始できる!
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

(2)トレンドを抑える

(2)トレンドを抑える

NFTを売り抜くためにも、トレンドを抑えることは避けて通れない道です。

特に、現在売れているアートには次のような特徴があります。

売れるNFTアートの特徴
  • ドット絵
  • かわいい女の子の絵
  • アイコンにしやすい絵

特に、近々TwitterにNFTアイコンが実装されるということで、SNSアイコンにしやすいNFTアートが人気を集めています。

自分が作りたいものではなく、あくまでトレンドを押さえて勝負しましょう。

(3)コンセプトを統一する

アートのコンセプトはしっかり統一しましょう。

NFTアートを売って人気アーティストになるんは、当然ファンを作らなければなりません。

NFTのコンセプトを統一して、自分だけの世界観を作り上げることで、独自のファンを築き上げることができます。

実際、クオリティは低くても独自のユニークさや世界観を持っているアートは高値で取引されています。

NFTの将来性は?

PCとスマホ

2021年流行語大賞にNFTがノミネートされ、NFTという言葉自体は世間一般的にも認知が広がっています。とはいえ、法整備が整っていないこともあり、NFTの将来性に疑問視する人がいます。

では、実際のところNFTの将来性はどうなのでしょうか。以下の2点に着目して解説します。

NFTの将来性
  • NFTに参入する企業が増えている
  • NFTには様々な活用法がある

NFTに参入する企業が増えている

NFTの将来性に期待して、日本国内でもNFTに参入する大企業が増えています。

NFTに参入する日本の大企業の一例
  • GMOインターネット(参入時期:2021年8月)
  • スクウェア・エニックス(参入時期:2021年10月)
  • メルカリ(参入時期:2021年12月)
  • 吉本工業(参入時期:2022年4月)
  • LINE(参入時期:2022年4月)
  • 楽天(参入時期:2022年春)

上記のような大企業がNFTを活用するようになれば、ビジネス分野への拡大が期待されます。まだ、先行投資の段階ですが、今後どのような動きを見せるのか目が離せません。

NFTが一般に普及するのも、そう遠くはないでしょう。

NFTには様々な活用法がある

NFTと言えば、アートやゲームのイメージが先行していますが、その他にも様々な活用法があります。

例えば、コンサートや演芸などの入場チケットをNFT化する方法です。従来の入場チケットは高額転売により、本当に観戦したい人に届かない問題がありました。

 チケットをNFTにすることで、管理がしやすくなり、転売問題が抑制できます。

また、NFTの基幹であるブロックチェーンは改ざん不可能であるため、公的文書への活用も検討されています。

公的文書をNFT化できれば、お金の流れも明確になり、社会に良い影響を与えるでしょう。

様々な業界で効率化が進むにつれて、NFTが活用されるようになるでしょう。

NFTで参考にしたいアート3選

NFTで参考にしたいアート3選

NFTアートがなかなか売れないときは、以下のようなアートを参考にしてみましょう。

参考にしたいNFTアート
  • CryptoNinja
  • Zombie Zoo Keeper
  • Onigiriman’s cute girl Collection

それぞれ詳しく解説します。

(1)CryptoNinja

CryptoNinjaは、有名インフルエンサーのイケダハヤト氏のコレクションです。

同氏は暗号資産関連の発信に力を入れており、コミュニティも盛り上がっていることから、今後の値上がりも期待されます。

コンセプトも忍者で統一されており、わかりやすいです。

実際にCryptoNinjaのコミュニティに参加してみて、どのような活動が行われているのか見てみるのが良いでしょう。
NFTを始めたい方はCoincheckがおすすめ
コインチェック
  • NFTを始めるためには仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設し、イーサリアムを購入
  • イーサリアムの購入には初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめ!
  • 最短1日で取引が開始できる!
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

(2)Zombie Zoo Keeper

Zombie Zoo Keeperは、8歳の男の子が書くコレクションです。

子供の絵なのでクオリティは高いとは言えませんが、ユニークなコンセプトが功を奏し、人気を集めました。

有名なDJスティーヴ・アキオ氏によって、このアートが240万円で購入され、大きな話題を集めました。

子供の落書きのような絵にこんな高値が付いているので、NFTアートの可能性は無限ですね。
NFTを始めたい方はCoincheckがおすすめ
コインチェック
  • NFTを始めるためには仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設し、イーサリアムを購入
  • イーサリアムの購入には初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめ!
  • 最短1日で取引が開始できる!
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

(3)Onigiriman’s cute girl Collection

人気NFTアーティスト・Onigirimanさんが描くコレクションです。

現在、NFTアートではかわいい女の子のイラストが人気を集めていますが、このコレクションはその先駆けと言っても良いでしょう。

累計取引量は200ETH(1億円)を突破しており、売り切れも続出する人気のコレクションです。

このコレクションを見れば、どのようなNFTアートが流行っているのかわかりますよ。
NFTを始めたい方はCoincheckがおすすめ
コインチェック
  • NFTを始めるためには仮想通貨(暗号資産)取引所で口座開設し、イーサリアムを購入
  • イーサリアムの購入には初心者でも使いやすいコインチェックがおすすめ!
  • 最短1日で取引が開始できる!
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

NFTアートを売買するのにおすすめのマーケットプレイス3選

NFTアートを売買するのにおすすめのマーケットプレイス3選

これからNFTを取引する方は、以下のようなマーケットプレイスを利用しましょう。

NFT取引におすすめのマーケットプレイス

それぞれ詳しく解説します。

(1)Opensea

OpenSea公式サイト

おすすめポイント
  • 世界最大規模のNFTマーケットプレイス
  • 出品手数料は無料
  • ◯◯

Openseaは世界最大規模のマーケットプレイスで、多数の作品が流通していることから、初心者にもおすすめです。

 NFTの出品手数料は無料なため、様々な作品を気軽に出品することができるでしょう。

また、取扱仮想通貨はイーサリアム・Klayth・MATICに対応していることが特徴です。

人気アートを取引するなら、まずOpenseaにアクセスすれば間違いありません。
取扱ジャンル

アート、音楽、ゲーム、トレカ、ドメインなど

取扱仮想通貨
  • ETH
  • Klayth
  • MATIC
手数料 販売手数料:2.5%
決済通貨
  • MateMask
  • Torus
  • Portis など
ネットワーク
  • イーサリアム
  • Polygon
  • Klayth
  • Solana
Openseaを始めるならCoincheckで口座開設!
  1. Coincheckで口座開設をして、イーサリアムを購入
  2. MetaMaskでウォレットを作る
  3. ウォレットとOpenseaを連携
  4. NFTを探して購入する

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

(2)Rarible

Rarible(ラリブル)

 

おすすめポイント
  • ガス代(手数料)の負担が少ない
  • 事前審査がないため誰でも気軽に出品できる
  • 活動すればするほど多くのトークンが付与

Raribleはガス代(手数料)の負担が少ないことが特徴の、NFTマーケットプレイスです。

 NFTの購入者がガス代を払うため、アートを販売する際は無駄なコストを抑えて売買することが可能です。

また、事前審査がないため、誰でも気軽に出品ができます。2次流通のロイヤリティも自分で設定できるため安心ですね。

さらにRaribleのマーケットプレイスでは「RARI」というトークンが扱われており、活動すればするほど多くのトークンが付与されます。

Raribleはアカウントの作成が簡単ですので、まずはNFTを試してみたい方には最適だと言えるでしょう。
取扱ジャンル

アート、音楽、ゲーム、写真など

取扱仮想通貨
  • イーサリアム
  • ラップドイーサリアム
手数料 販売手数料:2.5%
決済通貨
  • MateMask
  • Torus
  • Portis
ネットワーク イーサリアム
Raribleを始めるならCoincheckで口座開設!
  1. Coincheckで口座開設をして、イーサリアムを購入
  2. MetaMaskでウォレットを作る
  3. ウォレットとRaribleを連携
  4. NFTを探して購入する

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

(3)SuperRare

おすすめポイント
  • アートの品質が高い
  • 2次流通で利益が10%還元される
  • アートはVRギャラリーにて公開できる

2018年に設立されたSuperRareアート作品の品質が高いことが特徴の、NFTマーケットプレイスです。

 SuperRareでは、アート作品を出品する際に審査が行われているため、優れたアーティストの作品のみを取引できます。

また、クリエイターとしてアートを出品し購入された場合、購入者が別の誰かに販売した際もクリエイターには10%の利益が還元される「2次流通」のシステムを導入しています。

転売からも利益が得られるため、アートを出品し利益を得たいと考えている方におすすめです。

取引所によって手数料や取引方法が変わりますので、これからNFTを始める方はぜひ参考にしてください!
取扱ジャンル デジタルアート
取扱仮想通貨 イーサリアム
手数料
  • 販売手数料:3.0%
  • ギャラリー手数料:15%
決済方法
  • MateMask
  • Fortmatic
ネットワーク イーサリアム
SuperRareを始めるならCoincheckで口座開設!
  1. Coincheckで口座開設をして、イーサリアムを購入
  2. MetaMaskでウォレットを作る
  3. ウォレットとSuperRareを連携
  4. NFTを探して購入する

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

NFTを始める際の注意点

スマホを見て落ち込む女性

NFTは大きな盛り上がりを見せておりますが、始める際は以下の注意点を抑えておきましょう。

NFTを始める際の注意点
  • 取引時に手数料(ガス代)が発生する
  • 保管場所の確保が必要
  • 詐欺に注意する
  • 著作権に注意する

それぞれ、解説します。

取引時に手数料(ガス代)が発生する

NFTマーケットプレイスの大半はイーサリアムのブロックチェーンを利用して取引されます。

 NFTの購入時や販売時には、イーサリアムのネットワーク使用料としてガス代と呼ばれる手数料が発生するのです。

ガス代は、ネットワークの使用状況によって価格が変動するため、購入するタイミングによってはNFTよりもガス代が高くなることもあります。

NFTの売却で収益を得たいと考えても、ガス代により相殺されるケースがあることは覚えておきましょう。

ガス代以外にも仮想通貨を取引所からウォレットへ移動する際も手数料が発生します。

保管場所の確保が必要

購入したNFTはマーケットプレイスに保管できないため、NFTの保管先としてウォレットを用意しなければいけません。

 ウォレットには「ソフトウェアウォレット」「IPFS(分散型ストレージ)」「ハードウェアウォレット」の3種類あります。

前述したMetaMaskは、ソフトウェアウォレットに分類され、初心者でも扱いやすいウォレットになっています。

オンライン上で管理するのに抵抗がある人はIPFSやハードウェアウォレットがよいですが、データ管理が複雑で初心者には難しいです。

NFTを購入した後は、適切に保管する必要があります。

詐欺に注意する

NFTを始める際には、詐欺の可能性があることも覚えておきましょう。実際に、NFT最大マーケットのOpenSeaの偽サイトが存在したことが話題になりました。

 マーケットプレイスはあくまでもNFTを取引する場であるため、出品されているNFTの真偽を見分けることはできません。

つまり、盗作であった場合も、NFTとして販売できてしまうのです。NFTは発展途上の技術であり、詐欺にあったとしても、誰も保証してくれません。

NFTの真偽の確認は公式SNSから発信された告知等を確認するなどの対策が必要となります。

偽物のNFTは多数存在していると言われています。

著作権に注意する

注目度の高いNFTですが、デジタルデータに関しては法律が整っていないのが現状です。

NFTを購入したからといって、完全に自分のものになるわけではありません。

 あくまでもNFTの著作権は、制作者にあるため、購入者が制作者の許可なしに二次利用することは基本的にはできません。

取引を行う際は、契約書の規定を充実させるなどして、自己の権利を保全する必要があります。

このように、NFTは著作権や仕組みなどが整備の段階であり、明確なルールが存在していないことを頭に入れて行動しましょう。

NFTを二次利用する場合は、必ず制作者の許可を取りましょう。

おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所

NFTで取引するにはイーサリアムという暗号資産が必要です。これを購入するため、まずは取引所で口座開設しましょう。

また、口座開設をする際は、手数料が無料などコストを抑えて購入できる取引所を選ぶことをおすすめします。

以下では国内取引所おすすめ3選を紹介します。ぜひ参考にしてください!
Coincheck(コインチェック)
bitFlyer
Bit Point
取引所手数料

無料

無料

無料

販売所手数料

無料

無料

無料

レバレッジ
なし
最大2倍
なし
最低取引額
500円相当額
販売所:0.00000001
BTC 取引所:0.001 BTC
販売所:0.00000001
BTC 取引所:0.0001 BTC
取引通貨数
18種類
19種類
15種類
キャンペーン
-
-
-

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破※1
  • 取り扱い暗号資産数No.1※2
  • 最短10秒で購入可能

コインチェックは、マネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

 取り扱う暗号資産の数が17種類と、国内最大級※2となっています。

これらの暗号資産は約500円から購入が可能で、最短10秒でスマホから簡単に取引することができます。

また、暗号資産アプリのダウンロード数は415万突破の実績を誇り、使いやすさが評判のため初心者の方にもおすすめです。

お得なキャンペーンも随時開催しているため、気になる方はチェックしてみてください!

24時間対応可能なサポート体制が充実しているため、安心して取引できるでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)
※2020年1月〜2021年6月対象。公式サイトより
※2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ。公式サイトより

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

bitflyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • 各種手数料が0円なので取引にかかるコストを抑えられる!
  • 業界で最長の7年間ハッキング0を達成!セキュリティ面でも安心
  • ビットコインが100円から購入できる

bitflyerは各種手数料0円で利用可能な取引所で、取引のコストを抑えることができます。また、3年連続で暗号資産サービス利用経験率日本国内No.1※の実績を誇ります。

 セキュリティ面では業界でも最長の7年間ハッキング被害に遭っていないというデータを持っています。セキュリティ面でも安心して利用することができる取引所です。

また、ある程度取引に慣れていたら中〜上級者向けのbitFlyer Lightningという取引ツールを使ってみましょう。

特殊注文やビットコインFXの需要も満たした取引ツールなので、暗号資産取引の幅をさらに広げることができます。
セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら
取り扱い暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・XRP・BAT・XLM・XEM・XTZ・LINK・Polkadot

最低取引単位

販売所:0.00000001

取引所:0.001

レバレッジ取引 2倍
取引手数料 無料
形式 販売所・取引所

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

bitflyer公式

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint

BITPOINT(ビットポイント)のおすすめポイント
  • 初心者でも簡単に取引可能
  • 使いやすい取引ツールが実装されている
  • 取り扱われている資産の信頼性が高い

BITPOINT(ビットポイント)は、初心者でも簡単に取引可能な仮想通貨取引所です。各種手数料が無料であるため、手軽に利用できるのが特徴の1つです。

 暗号資産交換業者だけでなく、金融商品取引業者にも登録されています。

このように、管理体制が整っているため、初心者でも安心できる環境を提供しています。取り扱い暗号資産は11種類で、BTCやJMYなど豊富な品ぞろえとなっています。

取引ツールの使い勝手も良いため、これから仮想通貨に触れてみたいと言う方にもおすすめです。
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の基本情報

取扱暗号資産

11種類

BTC(ビットコイン)・JMY・DOT・BCH・ETH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA・LNK・DEP

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引 -
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

出典:BITPOINT(ビットポイント)

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴
  • 新規口座開設で2,000円プレゼント
  • DMMグループによる確かなセキュリティ体制
  • 口座開設は無料

DMMグループにより運営されている、セキュリティの優れた仮想通貨取引所です。

 レバレッジ取引が12種類、現物取引が6種類と、種類が豊富なのも特徴です。

取引手数料が無料であるため、初心者にも始めやすいメリットがあります。また、新規口座開設で2,000円プレゼントキャンペーンも実施中。

口座開設は無料なので、少しでもお得に解説したい方におすすめです。

サポート体制も充実していることから、高い信頼性を持った仮想通貨取引所であると言えます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位  0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料※BitMatch取引手数料を除く
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

NFTに関する独自のアンケート調査

NFTを初めたいけどどの取引所がいいかわからない、NFTを始めることに不安を感じている、という方も多いと思います。

そこで不動産デジタルでは、NFTに関する独自のアンケート調査を行いました。アンケート項目は以下の通りです。

アンケート調査の項目
  • 直近のNFTの保有数はどのくらいですか?
  • 直近のNFT購入の際に最も不安に感じたことは何ですか?
  • 直近のNFTの購入にかかった金額はいくらですか?(1つあたり)

NFTが初めての方はぜひ、参考にしてみてください!

Q1 直近のNFTの保有数はどのくらいですか?

Q1 直近のNFTの保有数はどのくらいですか?

アンケート調査の概要
パーセンテージ 票(143)
1~5 18.9% 27
6~10 20.3% 29
11~30 35.0% 50
31~50 11.9% 17
51以上 11.2% 16
現在は保有していない 2.8% 4

アンケートの結果、NFTの保有数は11〜30が35%、6〜10が20.3%ということがわかりました。

多くのNFTを保有しておくことは利益を生み出しやすい反面、価格変動をそれぞれ追う必要があるため、初心者の方は注意が必要です。

 

まずは少数のNFTを購入して運営を学んでから、保有数を増やすようにしましょう。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Q2 直近のNFT購入の際に最も不安に感じたことは何ですか?

アンケート調査の概要
パーセンテージ 票(143)
NFTの安全性 51.8% 59
将来性があるか 17.5% 20
詐欺などの被害に合わないか 15.8% 18
NFTが売れるか 9.6% 11
その他 2.6% 3

特になし

2.6% 3

アンケートの結果、NFTの安全性が51.8%、将来性があるかが17.5%という結果となりました。

Coincheckなら、24時間対応可能なサポート体制が充実しているため、安心して取引できるでしょう。
また、暗号資産交換業登録済みであるため、安全性が高く安心して取引したい方におすすめです。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Q3 直近のNFTの購入にかかった金額はいくらですか?(1つあたり)

アンケート調査の概要
パーセンテージ 票(143)
1000円未満 5.3% 6
1,000円以上5000円未満 14.0% 16
5,000円以上~10,000円未満 25.4% 29
10,000円以上~30,000円未満 29.8% 34
30,000円以上~50,000円未満 11.4% 13
50,000円以上~100,000円未満 7.9% 9
10万円以上 6.1% 7

アンケートの結果、10,000円以上~30,000円未満」が29.8%、「5,000円以上~10,000円未満」が25.4%ということがわかりました。

 また、NFTを購入する場合取引所からウォレットへの送金手数料、NFTを購入するときのガス代、NFT自体の価格などの費用もかかります。

たとえば、NFT本体が3万円だとすると、36,000円ほどあれば購入できるでしょう。

ガス代と呼ばれる手数料は、イーサリアムの価格によって変動するしますが、目安として覚えておくと良いでしょう。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

NFTに関するアンケート調査の概要

アンケート調査の概要
調査目的 NFTに関するアンケート
調査対象者数 143
調査方法 インターネットリサーチ
調査実施会社

株式会社ジャストシステムファストアスクにて自主調査

調査実施期間 2022年11月
詳細はこちら

よくある質問

NFTとは何ですか?
NFTとは「Non-Fungible-Token」の略で、直訳すると「非代替性トークン」という意味を持っています。
従来のアート作品等と違い、ブロックチェーンを用いているため、唯一無二の作品だと証明できるのが最大の特徴です。
NFT取引はどうやって始めればいいの?
NFT取引には「イーサリアム」という暗号資産が必要ですから、まずは取引所に登録して通貨を購入しましょう。
特におすすめの取引所は、初心者にも扱いやすい「Coincheck」です。
NFT取引に必要な資金はいくらでしょうか?
購入したいNFTによっても変わってきます。
国内取引所からの送金手数料や、ガス代もかかりますから、欲しいNFTの価格+6,000円ほどあれば購入できるでしょう。
NFT取引にはパソコンが要りますか?
NFTはGoogleChromの拡張機能を用いた「MetaMask」というウォレットを通じて取引するため、パソコンはあった方が良いです。
スマホしかない場合、LINE BITMAXなどもマーケットプレイスを提供していますから、そちらから取引するのも良いでしょう。
NFTアートはどうやって作ればいい?
NFTアートはIllustratorやPhotoshopなどのツールを用いて作成している人が多いです。
自分でアートを描く自信がないなら、ココナラやクラウドソーシングで外注して書いてもらっても良いでしょう。
NFT取引に時間制限はありますか?
ブロックチェーンには管理者がおらず、メンテナンス時間等もありません。
したがって、24時間365日いつでも取引できますが、マーケットプレイスがダウンする可能性はあります。
NFTアートが売れないときはどうしたらいい?
売れているNFTアートを参考にしましょう。
現在、女の子の絵やデジタルアート、アイコンにしやすいものが人気なので、そういったトレンドを把握することも重要です。

まとめ

NFTは暗号資産取引所で口座開設すれば、誰でも簡単に取引できます。

ただし、取引にはガス代が発生するため、あらかじめどんなアート作品を購入したいのか、ガス代はいくらかかるのか把握しておきましょう。

最後に、NFTを始める手順についておさらいします。

NFTを始める手順
  1. 仮想通貨取引所に登録する
  2. イーサリアムを購入する
  3. ウォレットに入金する
  4. マーケットプレイスに登録する
  5. NFTを探して購入する

NFTを始めるには、まず暗号資産取引所での口座開設が必要です。

取引所にもいろいろありますが、まずは初心者にも扱いやすくて信頼性のある「Coincheck」でイーサリアムを購入しましょう!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事