NFT おすすめ

「最近話題のNFTってどういうもの?」「NFT取引するのにおすすめのマーケットプレイスは?」と、NFTについて気になるクリエーターや投資家も多いのではないでしょうか。

NFTは、2021年頃から大きな話題となっており、億単位で取引されるケースもある将来性も期待できるデジタル資産です。そこで今回は、おすすめのNFTマーケットプレイスを5つ比較し、選び方やNFT関連銘柄も紹介します。

NFTとはどのような特徴があるものかも解説しているので、本記事を参考にぜひNFTに参入してみてくださいね。

 

【比較】NFTマーケットプレイスおすすめ5選

OpenSea(オープンシー)

OpenSea

OpenSeaの特徴
  • イーサリアム、Klaytom、Tezosなど複数のブロックチェーンに対応
  • アート、音楽、ゲーム、写真などジャンルが豊富
  • NFTの作成が無料で行える

OpenSeaは、2017年に設立されたNFTマーケットプレイス。NFTのマーケットプレイスとしては世界最大規模で、アート・音楽・ゲーム・トレカなど、非常に多くのNFT作品を取り扱っています。

 イーサリアム以外に、Klaytn・Polygon・Solana・Tezosなど数多くのブロックチェーンに対応しているのが特徴です。

OpenSeaではNFT作成の初回のみガス代がかかるものの、一度作成してしまえばその後のNFT作成にガス代がかかりません。元手が少ない初心者クリエイターも、気軽に挑戦できるのが魅力です。

ウォレット『MetaMask』があれば簡単にアカウント作成ができるので、すぐに取引を始められますよ。
運営企業 OpenSea社
取扱ジャンル アート、音楽、ゲーム、トレカ、ドメインなど
手数料 販売手数料:2.5%
※他ガス代
決済通貨 ETH、MATIC、Klaytnなど
対応ウォレット MetaMaskなど
ネットワーク イーサリアム、テゾス、Klaytn

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:OpenSea
公式サイトより

SuperRare(スーパーレア)

SuperRare

SuperRareの特徴
  • 出品に審査があるため、アート作品の質が高い
  • 作品の質が高いため、投資期待値が高い
  • 二次販売時も、作者に10%の固定ロイヤリティが入る

SuperRareは、2018年に設立されたNFTマーケットプレイス。出品時に審査が必要で、認められたアーティストしか出品ができないため、アート作の質が高く、高額なNFT作品が販売されています。

 将来的に今より価値が上がる可能性が高く、投資期待値が高いのが特徴です。

またNFT購入者がSuperRare内で二次販売を行った場合、販売価格の10%が固定ロイヤリティとして作者に入ります。NFTを販売するアーティストにとって、魅力的なマーケットプレイスです。

購入したNFTはVRギャラリーで公開でき、閲覧者が気に入ったら売却することもできます。
運営企業 SuperRare社
取扱ジャンル アート
手数料
  • 販売手数料:3.0%
  • ギャラリー手数料:15%
    ※他ガス代
決済通貨 ETH
対応ウォレット MetaMaskなど
ネットワーク イーサリアム

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:Super Rare

Rarible(ラリブル)

Rarible

Raribleの特徴
  • クリエイターがロイヤリティを設定可能
  • RARIトークンを発行している
  • RARI保有で運営の意思決定に参加できる

Raribleは、は2019年に設立されたNFTマーケットプレイス。ートや音楽、写真、ゲームなどのNFT作品が取引されています。

 RaribleではRARIトークンを発行。RARIはガバナンストークンとしての役割があるため、保有していればコミュニティの意思決定に参加することができます。

SuperRare同様、クリエイターがロイヤリティを設定できるので、二次販売の際に手数料を継続的に受け取ることも可能です。

イーサリアム、テゾス、フローなど複数のブロックチェーンに対応しており、今後もマルチチェーン対応に取り組んでいく予定です。
運営企業 Rarible
取扱ジャンル アート、音楽、ゲーム、写真など
手数料 販売手数料:2.5%
※他ガス代
決済通貨 ETH
対応ウォレット MetaMask
ネットワーク イーサリアム、テゾス、フロー

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:Rarible

Adam byGMO

Adam byGMO

Adam byGMOの特徴
  • 日本の著名人・YouTuberなどの作品が購入できる
  • 日本円で購入が可能
  • 銀行振込やクレジットカードにも対応

Adam byGMOは、2021年にGMOインターネットグループが設立したNFTマーケットプレイス。アート、音楽、漫画、トレカなど様々なジャンルを扱っています。

 国内で生まれたマーケットプレイスのため、日本人の作品が多く、著名人やYouTuberなどもNFT作品を販売しています。

イーサリアムだけでなく日本円で購入可能で、銀行振込やクレジットカードにも対応。今まで普段暗号資産に触ってこなかった人でも、気軽に取引が可能です。

Adam byGMOでは、NFT保有者だけが見れる限定コンテンツも提供されています。
運営企業 GMOアダム株式会社
取扱ジャンル アート、音楽、漫画、トレカ、3Dなど
手数料

クレカ決済

  • 販売手数料:5%
  • 決済手数料 :3%

日本円取引

  • 振込手数料:300円

ETH支払い

  • ネットワーク手数料
決済通貨 ETH、日本円
対応ウォレット MetaMaskなど
ネットワーク イーサリアム

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:Adam byGMO

Coincheck NFT(β版)

Coincheck NFT(β版)

Coincheck NFT(β版)の特徴
  • オフチェーンのためガス代なし
  • 決済通貨が豊富にある
  • コインチェックアカウントですぐ利用可能

Coincheck NFT(β版)は、2021年に設立されたNFTマーケットプレイス。ゲーム、トレカ、ファッションなどのNFTを取り扱っています。

 最大の特徴はオフチェーンのマーケットプレイスであること。スケーラビリティ問題で発生するガス代がかかりません。

出品・購入ともに、ネットワーク手数料無料で利用できます。コインチェック内で扱っているほとんどの通貨でNFTが購入できるので、取引しやすいのもメリットです。

Coincheckで口座を開設済みなら、連携もスムーズですよ。
運営企業 コインチェック株式会社
取扱ジャンル アート、ゲーム、トレカ、ファッションなど
手数料
  • 入庫手数料:無料※入庫時のGAS費用は負担
  • 出品手数料:無料
  • 販売手数料:販売価格の10%
  • 出庫手数料:0.01ETH※変動手数料制
決済通貨 BTC, ETH, MONA, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, XLM,
QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, PLT, SAND
対応ウォレット MetaMaskなど
ネットワーク イーサリアム

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:Coincheck NFT(β版)

NFTマーケットプレイスとは

NFT

そもそもNFTとは?

NFTとは「Non-Fungible Token」の頭文字をとったもので、日本語では『非代替性トークン』と訳されます。非代替性とは「代わりがない」「唯一の」という意味です。

今までのデジタル商品は、簡単にコピーができました。たとえば、イラストレーターが販売しているデジタル作品は、簡単に複製ができます。絵自体に価値はあっても、保有しているデータ(絵)には価値が生まれにくい欠点がありました。

 NFTは、ブロックチェーン技術を使用して、デジタル資産の「唯一性」を証明にできる仕組みです。

「このデータの所有者は誰なのか」「誰が作成したモノなのか」を明確にできるようになったため、NFTはデジタルデータでも複製できない希少性があるものとなりました。

最初の販売価格は数千円〜数万円程度だった絵が、何千万円〜何億円になることが実際に発生しています。2021年中頃からNFTが盛り上がりを見せており、ブームは2022年6月現在も続いている傾向です。

NFT作品を購入すれば「将来的に価格が上昇し利益が出る」投資価値のある商品としても扱われるようになっています。
NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

NFTマーケットプレイスとは

NFTと書かれたスマホ

NFTマーケットプレイスは、NFT作品を売買できるプラットフォームのことを指します。アーティストがNFT作品を作成・出品したり、ユーザーがNFT作品を購入したりできる「NFTの取引所」ともいえるでしょう。

 マーケットプレイスによってNFTのジャンルは異なり、アートに特化したものもあれば、ゲームアイテム・音楽・不動産・ファッションなど多岐に渡ります。

購入したNFT作品は、他の人への二次販売も可能です。売上の一部がロイヤリティとして作者に支払われる仕組みもあり、クリエーターにとっては二次流通も価値あるものとなっています。

『Adam be GMO』は日本円での決済も可能なので、参入しやすいですよ!
NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

NFTマーケットプレイスの選び方4つ

NFTマーケットプレイスを選ぶときは、以下の4点に着目しましょう。

NFTマーケットプレイスの選び方
  1. 手数料を比較して選ぶ
  2. 決済通貨で選ぶ
  3. ジャンルで選ぶ
  4. 信頼性で選ぶ

1.手数料を比較して選ぶ

瓶からコインが流れ出ている

手数料を比較して選ぶと、余計な出費を減らせるため利益を得やすいです。NFTマーケットプレイスでは「販売手数料」「出庫手数料」「決済手数料」「ガス代」などの手数料がかかります。

販売手数料 NFT作品を出品する際に発生する手数料
出庫手数料 NFTをウォレットに移動する際に発生する手数料
決済手数料 決済時にかかる手数料
ガス代 イーサリアムの送金・決済時にかかる手数料

マーケットプレイスによっては手数料無料もあるので、比較して選びましょう。

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

2.決済通貨で選ぶ

決済通貨で選ぶことも大切です。NFTを購入・売買するときに利用できる通貨もマーケットプレイスによって異なります。大半のマーケットプレイスは、イーサリアムのブロックチェーンを使用しており、ETH決済が多いです。

 日本円や米ドルなど法定通貨を利用できるマーケットプレイスもあり、マーケットプレイスによっては仮想通貨を持っていない人でも参入しやすいでしょう。

Binance Smart Chain上で利用するBNBや、Solanaブロックチェーン上で使用するSOLなどもあります。イーサリアムはスケーラビリティ問題からガス代が高騰しており、数千円から数万円かかるケースがある点がデメリットです。

BSCやSolanaはガス代が格段に安いため、ガス代を節約できる決済通貨を選ぶのもよい手段でしょう。

3.ジャンルで選ぶ

スマホを触る男性

どんなジャンルのNFT作品が欲しいか、ジャンルにも着目して選びましょう。NFTには、アート作品・音楽・ゲーム・不動産など様々なジャンルがあります。

自分が売買したいジャンルを扱っているマーケットプレイスを選びましょう。本記事で紹介したマーケットプレイスの得意分野は下表のとおりです。

Opensea アート、音楽、ゲーム、トレカなど
SuperRare アート
Rarible アート、音楽、ゲーム、写真など
Adam byGMO アート、音楽、漫画、トレカ、3Dなど
Coincheck NFT(β版) アート、ゲーム、トレカ、ファッションなど

はじめてNFTコンテンツを取引するなら、多くのジャンルを扱っており、世界最大規模の「OpenSea」がおすすめです。

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

4.信頼性で選ぶ

信頼できるスーツの男性

信頼性で選ぶことも忘れてはいけません。海外ではたくさんの企業がマーケットプレイス事業に参入しています。しかしなかには、詐欺が横行している場合もあるので注意が必要です。

 無名のマーケットプレイスは安全性が担保されておらず、被害に遭う可能性もあるので、極力控えるのが安全です。

信頼性の高さを判断する上で参考になるのが、利用者数や運営元の情報でしょう。気になるマーケットプレイスを見つけたら、サイトから運営元を確認し検索してみましょう。

本記事で紹介したNFTマーケットプレイスは、信頼性の高い会社が運営しており、どれも利用者数も多いですよ。
NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

NFT関連銘柄3選

イーサリアム

イーサリアム

イーサリアムの特徴
  • NFTの多くの取引がイーサリアムブロックチェーン上で行われている
  • 暗号資産の時価総額ランキング2位
  • dApps開発プラットフォームとして活用

イーサリアムは、設定した要件を自動で実行する『スマートコントラクト機能』が搭載されたプラットフォーム。

dApps(分散型アプリケーション)構築のプラットフォームとして活用できるため、現在様々な分野で使用されています。

 NFTの多くの取引はイーサリアムのブロックチェーン上で行われているので、NFTマーケットプレイスで取引する際もETHが利用されることが多いです。

今後NFTの発展とともに、ETHの価値が上昇する可能性は高いでしょう。

イーサリアムの時価総額は、BTCに次ぎ第2位となっています。
通貨名 イーサ/イーサリアム
通貨単位 ETH
時価総額 ¥28,216,881,740,014
時価総額ランキング 2位
現価格 ¥233,049.87
発行上限枚数 なし
取扱取引所 コインチェック、DMM Bitcoin、bitFlyerなど

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:Ethereum
※出典:Ethereum -CoinMarketCap ※2022年6月7日時点

エンジンコイン

エンジンコイン

エンジンコインの特徴
  • Enjin Platformで使用される通貨
  • ゲームで稼げる
  • マイクロソフトやサムスンなど大手と提携

エンジンコインは、NFTプラットフォームの『Enjin Platform』上で発行されている通貨です。

Enjin Platformでは、ゲームのNFTアイテムを交換したり、アートや音楽などのNFT作品を作ることが可能で、エンジンコインを使って取引できます。

 NFTゲームで手に入れたアイテムをマーケットプレイスで売ることもできるので、ゲームをやりながら稼ぐことも可能です。

2022年以降は、ゲームNFTのGameFiのシェアが拡大していくと予想されており、エンジンコインも価値が高まる可能性は高いでしょう。

エンジンコインはマイクロソフトやサムスンなど大手とも提携しています。
通貨名 エンジンコイン
通貨単位 ENJ
時価総額 ¥72,788,211,649
時価総額ランキング 80位
現価格 ¥81.33
発行上限枚数 10億枚
取扱取引所 コインチェック、DMM Bitcoin、bitFlyerなど

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:エンジンコイン
※出典:Enjin Coin -CoinMarketCap ※2022年6月7日時点

サンドボックス

sand

サンドボックスの特徴
  • NFTゲーム『The Sandbox』で利用できる通貨
  • メタバースの土地『LAND』を提供
  • 「HSBC」「スクウェア・エニックス」など大手と提携

SANDは、NFTゲーム『The Sandbox』上で使用できる通貨。Sandboxのゲーム内にはNFTの土地「LAND」があり、LAND上でアート作品やゲームを作成して公開したり、土地の貸出を行ったりして稼ぐことができます。

 GUCCIやadidas、Warner Music Groupなど多くの企業もLANDを購入しており、サンドボックスに参入しています。

NFTやメタバースが注目を浴びたことから、SANDは時価総額39位にまで上昇しており、今後が期待されています。

2022年5月にコインチェックに日本初上場しました。
通貨名 サンド
通貨単位 SAND
時価総額 ¥208,236,514,549
時価総額ランキング 39位
現価格 ¥168.54
発行上限枚数 30億枚
取扱取引所 コインチェックなど

 

NFTの決済通貨を購入するなら 暗号資産取引所
おすすめ3選

※出典:The Sandbox
※出典:The Sandbox -CoinMarketCap ※2022年6月5日時点

おすすめの国内暗号資産取引所3選

OpenSeaやRaribleなど、多くのNFTマーケットプレイスでは「イーサリアム(ETH)」が決済通貨として利用されています。NFTを購入するには、まずETHをはじめとする決済通貨の購入が必要です。

ここでは、ETHを購入できるおすすめの国内暗号資産取引所を3つ紹介します。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破※1
  • 取り扱い暗号資産数No.1※2
  • 最短10秒で購入可能

コインチェックは、マネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

 取り扱う暗号資産の数が17種類と、国内最大級※2となっています。

これらの暗号資産は約500円から購入が可能で、最短10秒でスマホから簡単に取引することができます。

また、暗号資産アプリのダウンロード数は415万突破の実績を誇り、使いやすさが評判のため初心者の方にもおすすめです。

お得なキャンペーンも随時開催しているため、気になる方はチェックしてみてください!

24時間対応可能なサポート体制が充実しているため、安心して取引できるでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)
※2020年1月〜2021年6月対象。公式サイトより
※2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ。公式サイトより

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴
  • 新規口座開設で2,000円プレゼント
  • DMMグループによる確かなセキュリティ体制
  • 口座開設は無料

DMMグループにより運営されている、セキュリティの優れた仮想通貨取引所です。

 レバレッジ取引が12種類、現物取引が6種類と、種類が豊富なのも特徴です。

取引手数料が無料であるため、初心者にも始めやすいメリットがあります。また、新規口座開設で2,000円プレゼントキャンペーンも実施中。

口座開設は無料なので、少しでもお得に解説したい方におすすめです。

サポート体制も充実していることから、高い信頼性を持った仮想通貨取引所であると言えます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位  0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料※BitMatch取引手数料を除く
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint

BITPOINT(ビットポイント)のおすすめポイント
  • 初心者でも簡単に取引可能
  • 使いやすい取引ツールが実装されている
  • 取り扱われている資産の信頼性が高い

BITPOINT(ビットポイント)は、初心者でも簡単に取引可能な仮想通貨取引所です。各種手数料が無料であるため、手軽に利用できるのが特徴の1つです。

 暗号資産交換業者だけでなく、金融商品取引業者にも登録されています。

このように、管理体制が整っているため、初心者でも安心できる環境を提供しています。取り扱い暗号資産は11種類で、BTCやJMYなど豊富な品ぞろえとなっています。

取引ツールの使い勝手も良いため、これから仮想通貨に触れてみたいと言う方にもおすすめです。
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の基本情報

取扱暗号資産

11種類

BTC(ビットコイン)・JMY・DOT・BCH・ETH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA・LNK・DEP

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引 -
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

出典:BITPOINT(ビットポイント)

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

まとめ

今回は、おすすめのNFTマーケットプレイスを5つピックアップし、NFTマーケットプレイスの選び方やNFT関連銘柄を紹介しました。

2022年以降もたくさんのユーザーや企業がNFT市場に参入し、今後もシェアを拡げていく可能性は高いでしょう。NFTマーケットプレイスは新たな経済圏となる可能性も高いので、ぜひこの機会に参入してみてください。

世界最大規模『OpenSea』は、比較的参入しやすくジャンルも幅広いですよ!

 

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事