日本財託の評判はどう?口コミからわかるメリットやデメリットも解説

日本財託は、不動産経営と賃貸管理をメインに行う不動産会社です。自社で販売した不動産物件の入居率は99.15%、その他の不動産物件を含めた全体入居率は98.91%を誇ります。

そんな日本財託ですが、不動産という大きな買い物を任せてしまっても大丈夫なのか不安に感じている方も多いでしょう。

そこで今回は、日本財託のリアルな口コミ・評判を一挙紹介。他にも、日本財託のメリットやデメリット、おすすめしたい人の特徴まで徹底解説します。

数ある不動産会社からどれを選べばいいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本財託の口コミ・評判

良い口コミ・評判

虫眼鏡とパソコン

本では、わからないことがわかる!
本などで不動産投資についての勉強をしていましたが、本ではあまり理解できず日本財託のセミナーへ行ってみました。やはりプロの人の意見が聞けるので、行って正解でした。
出典:みん評
投資に対して前向きになれる会社です
投資欲に火がついたのは、ここの会社の担当者が不慣れな自分に何かと親切で、リスクもそれなりにあるけどリターンもそれなりに見込めることをていねいに説明してくれたからです。
出典:みん評
実績があって信頼出来るサービスだった
30年以上の実績があり、信頼感のある会社だと思って利用させて貰いました。空室を埋めるための努力を惜しみなくしてくれて、安心して任せられます
出典:みん評

日本財託の良い口コミを見てみると、セミナーの質が良いことと、充実したサポート体制に評価が集まっていました。

 セミナーでは不動産投資がはじめての人でもわかりやすいように、丁寧に説明してくれます。

投資することが決まっていなくても、興味があるなら参加してみると良いでしょう。また、しつこい営業電話などがないことにも安心の声が上がっていました。

「しつこい電話・強引な勧誘がないこと」は、公式サイトでもきっぱりと公言しているため、安心して投資の勉強ができますね。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

イマイチな口コミ・評判

虫眼鏡

退去時に費用がかかる
しかし退去があった場合のクリーニングなど諸々の費用は他社と比べて高いです。今のところあまり利益は無いですが、サービス内容が充実している事を考えると妥当な金額かなと概ね満足しています。
出典:みん評
投資に慣れている人には物足りないかも
住宅やマンションなどを所有している人や土地を持っている人などは、投資の知識がないと将来の不安が解消されないと思いますが、サポート体制が十分に整っていたので、じっくりと自分のペースで取り組むこともできます。
出典:みん評

日本財託のいまいちな口コミを調べてみましたが、そこまで多くのネガティブなコメントは見つかりませんでした。しつこい営業電話などもなく、担当者の質も高い点も相まってサービスに満足している人が多い印象です。

 ただ、セミナーでは不動産投資がはじめての人向けのテーマが多いので、投資に慣れている人にとっては少し物足りない部分もあるかもしれません。

また、費用についても他の会社と比べると高い部分があるとのコメントも見られました。費用においては事前にどの項目がどれだけかかるのかを確認しておくことが大切ですね。

全体を通して、日本財託のサービスに不満を抱えている人は少ないことが分かりました。不動産投資初心者にもおすすめです。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

日本財託の基本情報

日本全国の平均入居率が81.1%と言われている中で、日本財託は99.15%の入居率を誇っている不動産投資会社です。非常に高い入居率を誇っているので、空室リスクの心配も少なく安定した投資ができるでしょう。

以下では、日本財託の特徴について解説します。

日本財託

日本財託の特徴
  • 98.91%の全体入居率・99.15%の販売分入居率を誇る
  • 「内装7日間完了ルール」を取り入れている
  • オンラインセミナーも充実
  • LINEの友だち追加で不動産投資の書籍がもらえる

日本財託では、全体入居率が98.91%、販売分入居率が99.15%を誇っており、管理戸数も25,000戸以上です。

オーナーの数も8,000人を超えており、日本財託を利用して投資をしている人が多いです。メディアなどでも多数紹介されており、知名度も高いので信頼性があると言えます。安心して投資が始められるでしょう。

 「内装7日間完了ルール」を取り入れているのも特徴の1つです。原則7日以内に内装工事を仕上げるように尽力するというルールで、早期に内見できるように体制を整えています。

空室期間が短く、すぐに入居者が入れるように体制を整えているので、すぐに家賃収入を得られるようになるでしょう。

不動産投資をする上で空室リスクは重要な課題ですから、入居者がすぐに入れるように早期の内見を実現しているのは大きなポイントです。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

基本情報

会社名 株式会社日本財託
所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル5F・9F・10F・13F
設立 1990年10月
資本金額 8000万円
事業内容
  • 不動産の売買・仲介
  • 賃貸経営サポート・建物管理・賃貸仲介
入居率

98.19%
※2022年5月

出典:日本財託公式サイト

販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

日本財託のメリット・デメリット

リビング

メリット

次に日本財託のメリットを見ていきましょう。

日本財託のメリット
  • 空室管理保証がある
  • 家賃滞納保証がある
  • 仲介手数料がかからない
  • 専用ホームページで積極的に情報を発信してくれる

それぞれのメリットを詳しく説明していきます。

空室管理保証がある

日本財託では空室管理保証を用意しています。不動産投資において課題となるのが、「空室リスク」です。どんなに良い物件でも、入居者がいなければ利益にはつながりません。

空室があると手元に入る収入は少なくなりますし、加えて月々の管理手数料やローン費用を支払わなければいけないので負担が大きくなります。

 日本財託では空室管理保証を取り入れ、次の入居者が決まるまでの間は管理委託手数料を請求していないのです。

手数料がなくなるだけでも月々の支払いの負担が軽減できますし、オーナーに寄り添ったサポート制度があるのはありがたいですね。

販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

家賃滞納保証がある

年収500万でも不動産を購入できる理由

日本財託では家賃滞納保証も用意しています。空室がなくても、住人から家賃を収集できなければ利益にはなりません。

残念ながら、居住者の中には家賃の支払いが滞る人も一定数存在します。中には事情があって家賃が支払えない人もいるでしょう。

 日本財託では万が一、住人から家賃を支払ってもらえなかった場合でも100%の家賃保証をしているのです。

5割、6割などではなく、100%全額家賃保証をしてくれるのでとてもありがたいです。家賃滞納トラブルで悩まされることも少ないので、安心して投資を続けられるでしょう。

手元に収益を残して、月々の返済も滞りなくしたいと思っている人におすすめです。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

仲介手数料がかからない

お金と植物

日本財託では仲介手数料がかからないのもメリットの1つ。日本財託は中古マンションではあるものの、日本財託が直接の売主として不動産を販売しているので、仲介手数料がかからないのです。

 一般的に仲介してもらって不動産を購入した場合は、手数料を支払わなければいけません。

例えば1,000万円の物件を購入したとしたら、約40万円の手数料がかかります。

手数料は購入した物件によって金額は変わりますが、とても高くつく場合があります。日本財託なら手数料がかからないので、その分の費用を別のところに回すことが可能です。

なるべく費用を抑えて投資を始めたいと思っている人にもぴったりだと言えるでしょう。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

専用ホームページで積極的に情報を発信してくれる

スーツの男性

日本財託では退去連絡が来た翌日中に物件の情報を確認して、新規募集資料を作成します。翌々日には都内の約5,000社の賃貸仲介会社に情報を配信るのです。

 空室期間が長く続かないように、すぐに新規募集を始めてくれるので、スピード感のあるサポートをしてくれるのが特徴です。

また、物件の情報も入居希望者に魅力的に見えるように工夫しています。写真1つでも物件の魅せ方掲載方法に工夫しているので、効率よく物件をアピールできるのです。

オーナーが損をしないように、迅速なサポートをしてくれるので、安定した運用ができるでしょう。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

デメリット

次に日本財託のデメリットについて解説します。

日本財託のデメリット
  • 利回りが期待できない
  • 物件の価格が比較的高い
  • 紹介される物件数が少ない

それぞれを見ていきましょう。

利回りが期待できない

不動産投資に必要な年収

日本財託では中古マンションのみを取り扱う不動産会社です。中古マンションは新築や戸建てと比較すると、低い利回りになる傾向があります。

 新築や戸建てと比べても低い利回りになりやすいのは、「資産価値」が影響しています。

物件の築年数以外にも資産価値を左右する要因はありますが、中古物件よりも新築や戸建ての方が一般的に資産価値が高いとみなされるので、利回りが低くなってしまうのです。

利回りの高い物件に投資したい、月々高い家賃収入を得てローンを早く返したいという人には向いていないかもしれません。

物件の価格が比較的高い

日本財託で取り扱っている物件は、他の不動産投資会社に比べて物件の価格が高いことが挙げられます。

 そのため、少額での不動産投資を検討している方には不向きと言えるでしょう。

また資金が少なくローンでの購入を考えている方は、入居者からの家賃収入を得られるまでに時間がかかってしまうため余裕を持った資金調達を心がけましょう。

日本財託では無料個別相談会を実施しています。物件を購入する前にシュミレーションを行うと良いでしょう。

紹介される物件数が少ない

不動産投資型クラウドファンディングのメリット・デメリット

日本財託は中古マンションのみ取り扱っている不動産投資会社です。中古マンション以外の物件を希望している方は、日本財託では紹介してもらえないため注意が必要です。

また、物件が限定されているため紹介される物件数が少なく、自分の希望条件に合うものが限られてきます。

新築マンション、一戸建てを探している方は他の不動産会社を比較することをおすすめします。

日本財託を使って不動産投資を成功させるポイントは?

日本財託を使って不動産投資を成功させるポイントは?

日本財託では、「家賃滞納保証」「仲介手数料0円」などのメリットがありますが、不動産投資を成功させるためのポイントについても気になるはずです。

 不動産投資は投資であるため、利益を上げてキャッシュフローを増やしていかなければなりません。

そこで、日本財託を利用して不動産投資を成功させるポイントについて解説していきます。

日本財託を利用して不動産投資を成功させるポイント
  • 最適な収益物件を選択する
  • 信頼できる営業担当者とチームを作る
  • 出口戦略までシミュレーションする

最適な収益物件を選択する

自分が持っている現金・年収で購入できるような、最適に収益物件を購入することが大切です。そのためには、営業担当者としっかり協議を進めましょう。

 不動産投資は利回りを高くして物件を購入しなければなりません。多くの借入金を利用してしまうと利回りも下がるため、バランスを見て購入しましょう。

もちろん、収益物件の資産価値や利便性・ニーズも調査が必要です。営業担当者と一緒になり不動産投資が成功できるような物件を探していく必要があります。

販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

信頼できる営業担当者とチームを作る

不動産投資はさまざまな方のサポートがあり成立する事業です。投資家としては良い信頼関係が築けていないと、投資が成功しません。

例えば、「営業担当者と連絡がつきづらい」「トラブルも即時に対応してくれない」「運用状況を示してくれない」などの状況では、投資家も問題解決に向けて行動できません。

 そのため積極的なコミュニケーションが取れる営業担当者や、営業担当者が管理会社としっかり連携が取れている方とチームを作る必要があります。

不動産投資は事業性もあるため、人々との連携は必要不可欠です。良い信頼関係が築けるパートナーも見極めましょう。

販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

出口戦略までシミュレーションする

不動産投資は出口戦略まで検討して初めて成功する投資です。所有している収益物件を最後は売却して利益を確定することが投資家としての仕事です。

 そのため、10〜20年後の収益物件がどれくらいの価値で売却できるのか、営業担当者と一緒に検討していく必要があるでしょう。

また、運用期間中の「修繕費用」「空室リスク」も加味したシミュレーションを実施することで、より正確な利回りを予想できます。

上記のような、シミュレーションを通して、不動産投資におけるリスクをあらかじめ予想・対策しておくことで、不動産投資成功へとつながります。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

日本財託がおすすめな人

日本財託がおすすめな人
  • 中古マンションの投資を考えている人
  • サポート体制が整っている会社に依頼したい人
  • 空室リスクの少ない物件に投資したい人
  • 忙しくて時間がない人

中古マンションの投資を考えている人

マンション

何度もお伝えしていますが、日本財託では中古マンションのみを取り扱っています。中古マンションへの投資を考えている人にとっては、ぴったりな不動産投資会社だと言えるでしょう。

 幅広い中古マンションを用意しており、オーナーの希望や要望に合う物件を探して提案してくれます。

日本財託では管理戸数も豊富に揃えているため、理想の物件に出会える可能性が高いでしょう。

新築に手を出すのはまだ勇気が出ない、とりあえず中古マンションから投資を始めてみたいという人におすすめですよ。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

サポート体制が整っている会社に依頼したい人

セミナー

日本財託の魅力はなんといっても、サポート体制が整っていることです。

 空室管理保証や家賃滞納保証はもちろんのこと、オーナーサポートやオーナー事務局などのサポート体制を整えています。

オーナーサポートではオーナーに代わって入居者に関する業務を代行してくれます。例えば入居者のクレーム対応、入居者募集、火災が起きたときの対応などですね。

オーナーの負担を減らすためにも、万全のサポート体制でサポートしてくれるので、とても心強いです。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

確定申告のサポート付き

事前審査

確定申告のサポートもしてくれます。マンション投資で利益を得た場合は確定申告をしなければいけません。

はじめての確定申告となると、どのように進めればいいのか、何が経費で、どのような控除があるのかなどわからないことだらけでしょう。

特に、会社員として働いている人には、なじみが薄いのでより疑問だらけになってしまいます。

 日本財託では正しく確定申告できるようになるためにも、税理士による説明会や、ウェブ説明会、手引書の配布などを実施しています。

不安なく確定申告できるようにサポートをしてくれるので、税金に関する悩みで頭を抱えることも少ないでしょう。

販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

空室リスクの少ない物件に投資したい人

マンション外観写真

日本財託では98.91%の全体入居率を誇っています。入居率が高いということは、それだけ空室のリスクも少ないということです。

 空室リスクが少ないと手元に残る利益も増えるので、安定した家賃収入が得られるでしょう。

不動産投資をするなら、誰もが安定した家賃収入を得たいと思うものです。入居率の高い物件なら空室で頭を悩ますことも少ないですし、安心して投資を続けられるでしょう。

万が一のことがあっても、保証制度が整っているので日本財託側が対処してくれますよ。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

忙しくて時間がない人

本申込手続き

日本財託は忙しくて時間が取れない人にもぴったりの投資会社です。会社員として働いている場合は、なかなか不動産投資のセミナーに参加するのは難しいでしょう。

知識を得られない、勉強会に参加できないからと不動産投資を諦めている人も少なくありません。

 日本財託ならわざわざ足を運ばなくても、オンラインでセミナーに参加できます。

申し込みから契約までオンライン上で完結するので、忙しくて時間がない人でも気軽に参加できますよ。

物件の管理も代行してくれるので、余計なストレスを抱えることなく気軽に投資できるのが特徴です。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

日本財託で不動産投資する手順

最後に、どのような流れで投資を進めていくのか、その手順を説明していきます。

日本財託で不動産投資する手順
  1. セミナーに参加
  2. 面談
  3. 物件の紹介
  4. 契約
  5. 物件の引き渡し

1.セミナーに参加

セミナー

まずは、開催されているセミナーに足を運んだり資料請求をしたりしてみましょう。資料請求では無料で冊子がダウンロードできるので、余計な費用はかかりません。

 定期的にセミナーが開かれていますし、その日によって勉強できるテーマが違います。自分が勉強したいテーマのセミナーに参加してみてください。

セミナーはオンラインでも参加可能なので、自宅にいながら気軽に勉強できるのはありがたいポイントです。また、顔出しの必要もないので気兼ねなくセミナーに集中できます。

セミナーの質が良いと口コミでも投稿されているので、少しでも投資に興味がある人は参加してみると良いでしょう。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

2.面談

不動産会社との契約

次に面談に移ります。担当者が一人一人の希望や要望をヒアリングします。

「空室リスクが少ない物件に投資したい」「中古マンションの中でも比較的新しい物件を希望している」など、自分の投資したい物件の理想を遠慮なく伝えてみると良いでしょう。

 投資する上で不安なことや気になる点があれば、この時点で相談しておきましょう。

不動産について熟知しているスタッフが、悩みや不安に合わせて丁寧に説明してくれますし、適切なアドバイスをしてくれるので心強いです。

契約の前であれば解約手数料などはかからないので、気軽に相談できるのも嬉しいポイントです。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

3.物件の紹介

きれいな物件

面談が終わったら、一人一人にヒアリングした内容をもとに担当者がぴったりな物件を紹介してくれます。

日本財託の強みはその入居率です。空室リスクが少なく、長期安定収入が見込める物件を紹介してもらえるので、各物件をしっかり比較検討しましょう。

気になる点があれば担当者に遠慮なく相談するのが大切です。

4.契約

契約

不動産投資する決断をしたら、契約に入ります。ほとんどの場合は、契約後に不動産投資ローンを組むことになります。

 契約やローンを組む際は、本人確認書類、印鑑証明、住民票など必要な書類があるので、事前に用意しておきましょう。

上記の他にも用意しなければいけない書類があります。担当者が必要な書類について指示を出してくれるので、それに従いながら期日までに用意しましょう。

後からトラブルにならないためにも、契約内容をしっかり確認しておくことが大切です。

契約内容が自分の納得したものになっているか確認しておきましょう。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

5.物件の引き渡し

家の査定

ローンの審査に受かったら、いよいよ物件の引き渡しとなります。引き渡しが終わったら投資がすでに始まっていることになるので、早めの段階で入居者を募集しておきましょう。

 日本財託にも入居者募集のサポートをしてもらうといいです。サポートを依頼すれば積極的に宣伝してくれますし、入居者もスムーズに決まるでしょう。

入居者が入ったら、やっと家賃収入が得られるようになります。

安定した運用ができるように、日本財託が寄り添ってくれるので、安心して投資を続けられますよ。
販売から運営まで一貫したサービスを提供 日本財託
無料セミナーを申し込む

あわせてチェックしたい不動産会社3選

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
  • アプリで簡単に物件管理ができる
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

 購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

3つのプラン概要
  集金代行プラン
最低限のサポートで安い
ワイドプラン
設備リスクをしっかりカバー
NEOインカム
空室+設備リスクをカバー
設備修理・交換費用
空室時の負担
滞納時の負担
原状回復の費用
タテカンさぽーと
広告費の負担
契約期間
(更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
7年
(譲渡対価は1年ごと)
空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY 公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

※1~2
※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
※2)公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

※2021年6月度 公式サイトより

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

 建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:https://www.tohshin.co.jp/

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

SYLA(シーラ)

SYLA

SYLAのココがおすすめ
  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
  • 年間400戸近くを販売※2する実績
  • 専門知識を持つプロがマンション施工中に何度も安全性をチェック。抜かりない安全へのこだわり
  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。

駅近の土地にこだわり開発したSYFORMEは、入居率が99.3%。空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のあるワンルームマンションです。

 空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

安全性にもこだわり、マンション施工中には専門知識を持つプロが、何度も安全性をチェック。すべての住人が安心して暮らせる造りになっています。

国土交通省に登録している評価機関が厳しい目線で審査をする「住宅性能評価書」も取得しており、10分野で32もの項目基準をクリア。確かな品質であることは間違いありません。

また、マンション管理業も行っているので、投資用不動産購入後の流れもスムーズです。

施工主が管理をしてくれると、構造や設備についてもしっかり把握いるので、さまざまな面で安心できます。

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.3%(SYFORME)

出典:https://syla.jp/

よくある質問

日本財託とは?

日本財託では、全体入居率が98.91%、販売分入居率が99.15%を誇っており、管理戸数も25,000戸以上です。
メディアなどでも多数紹介されており、知名度も高いので信頼性があると言えます。安心して投資が始められるでしょう。


日本財託の評判とは?
日本全国の平均入居率が81.1%と言われている中で、日本財託は99.15%の入居率を誇っている不動産投資会社です。
非常に高い入居率を誇っている
ので、空室リスクの心配も少なく安定した投資ができるでしょう。

日本財託のメリットとは?
「空室管理保証がある」「家賃滞納保証がある」「仲介手数料がある」「専用ホームページで積極的に情報発信できる」などのメリットがあります。
日本財託では空室管理保証を取り入れ、次の入居者が決まるまでの間は管理委託手数料を請求していないのです。

日本財託のデメリットとは?
「利回りが期待できない」などのデメリットが考えられます。

日本財託では中古マンションのみを取り扱う不動産会社です。中古マンションは新築や戸建てと比較すると、低い利回りになる傾向があります。


日本財託がおすすめな人の特徴とは?
「中古マンションの投資を考えている人」「サポート体制が整っている会社に依頼したい人」「空室リスクの少ない物件がいい人」「忙しい人」などがあります。

日本財託では、幅広い中古マンションを扱っているため、オーナーの希望や要望に合う物件を探して提案してくれます。


日本財託で不動産投資する手順とは?
①セミナーに参加する → ②面談 → ③物件の紹介 → ④契約 → ⑤物件の引き渡し が手順となります。
定期的にセミナーが開かれていますし、その日によって勉強できるテーマが違います。自分が勉強したいテーマのセミナーに参加してみてください。

日本財託を利用する際の注意点とは?
日本財託が取り扱っている物件は中古マンションのみです。

そのため、新築物件を検討している方や戸建住宅、アパート投資を検討しているかたにとってはおすすめができません。

まとめ

今回は日本財託について徹底解説していきました。

不動産投資会社にもたくさんの種類があるのですが、日本財託はメディアでも紹介されていて知名度信頼度が高いので、はじめての人でも安心して投資できます。

また、日本財託ではオーナーが安心して投資できるように充実したサポート体制を取り入れています。何か困ったことがあっても、充実のサポート体制で助けてくれるので安心できます。

まずはオンラインでも気軽にセミナーに参加できるので、興味があるテーマがあれば予約してみると良いでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事