ワンルームマンション投資が「儲からない」は嘘?成功する方法は?

ワンルームマンション投資について検索すると「儲からない」や「失敗事例」などの記事をよく見かけます。しかし、実際にはワンルームマンション投資で堅実に利益を上げている方が多くいるのも事実です。

自分がワンルームマンション投資をするとしたら、やはり失敗はしたくないですし、儲からないのであればやりたくないですよね。

そこで今回は、ワンルームマンション投資で堅実に稼ぐコツや向いている人の特徴、成功するための方法を徹底解説します。

ワンルームマンション投資に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。
ワンルームマンション投資ならならSYLAがおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

ワンルームマンション投資が「儲からない」の嘘

ワンルームマンション投資は儲からない、といった話を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?確かにワンルームマンション投資では、成功している方も失敗している方もいます。

 ワンルームマンション投資は、特有のリスクとリターンの仕組みを理解することで、堅実な運用が可能となります。

ただハイリスク・ハイリターンで高額な収益を短期間であげることはできないため、じっくりと資産運用をお考えの方におすすめです。

ここではまず「リスクの低さ」と「適正なリターン」について解説します。

ワンルームマンション投資は、ミドルリスク・ミドルリターンが基本です。

リスクの低さが評価されていない

さまざまな投資の中で、ワンルームマンション投資は比較的リスクの低い投資と言えます。なぜなら、投資する物件の購入費用が安く、投資物件の資産価値が急に下落しにくいからです。

 金融投資などは投資したお金ゼロとなるケースもありますが、ワンルームマンション投資では物件の資産価値が急に下がりにくいのが特徴です。

他の不動産投資にも同じことが言えますが、ワンルームマンション投資は物件価格が安いため、リスクも低くなります。ただし、購入する際の立地や建築年数は確認して購入しましょう。

立地の良い物件選びは、不動産投資を成功に導く重要な要素です。

リターンの少なさばかり強調されている

ワンルームマンション投資は、リスクが低い分だけリターンも低くなります。不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われるように「リスクを小さくして堅実に稼ぐ」ことが重要です。

 とくに不動産投資でハイリターンを求めると、安い不良物件を購入してしまい、失敗する可能性があります。

不動産投資では、物件を購入する際に高額な費用がかかることもあり、ご自分の経済状況に合った価格の物件を選びましょう。

またワンルームマンション投資はあくまで副業の要素が強いため、本業の邪魔にならないことも大切です。

ワンルームマンションを管理会社に任せても、実質利回りがプラスとなる物件を選びましょう。

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資のメリット

先ほども解説した通り、ワンルームマンション投資は不動産投資の中でも、比較的リスクが小さい投資手法になります。

「初期費用」「維持コスト」が少ない分、投資家もリスクを抑えて不動産投資に参入が可能です。

ワンルームマンション投資を検討している方であれば、メリットについても確認しておきましょう。

ワンルームマンション投資のメリットについて
  • 初期費用が比較的小さい
  • 入居者の入れ替わりが早い
  • リフォーム・原状回復の費用が小さい

初期費用が比較的小さい

ワンルームマンション投資は初期費用が比較的小さい不動産投資になります。

属性が高い方であれば、自己資金0円でワンルームマンション投資を始められることもあるでしょう。

 そのため、ワンルームマンション投資は不動産投資初心者の方でもスタートしやすく、特にサラリーマンなどの属性が高い方にはおすすめです。

しかしながら、不動産投資ローンを使ってワンルームマンションを購入すると、金利の影響によって利回りが小さくなることも理解しておきましょう。

金融機関からの借入金は手元に現金を残しておけるメリットがありますが、利回りが低くなるデメリットもありますね。

入居者の入れ替わりが早い

ワンルームマンション投資は不動産の性質上、入居者の入れ替わりが早い特徴があります。そのため、入居者が退去しても、次の入居者が決まりやすく「空室リスク」を抑えて投資が可能です。

 ワンルームマンションに入居する方は「単身赴任」「学生」などの一人暮らしの方がターゲットです。

「ファミリー世帯」であれば、引っ越しに先立って子供の生活環境・夫婦の生活環境など検討材料が多いため入居するまで長いでしょう。

その点、ワンルームマンション投資であれば、住む方が1人のため入居までの障壁が小さいです。

リフォーム・原状回復の費用が小さい

また、ワンルームマンションの性質上、入居者の退去後のリフォーム・原状回復費用は比較的小さく住むのもメリット

退去後のクリーニング費用は貸主が負担するのが一般的です。そのためワンルームマンションのような小さな部屋であれば作業する箇所も小さくなります。

 そのため、退去した後の原状回復作業は1日で住み、すぐに入居者募集をかけられるため、回転率も高くなります。

回転率を高めることで、「空室期間」を最小限に抑えて不動産投資が可能となるでしょう。

不動産投資における「空室リスク」は投資の収益に直結するリスクです。不動産管理会社と協力して最小限にしましょう。

ワンルームマンションで失敗する人の共通点

ワンルームマンション投資は、基本的にリスクの少ない投資です。しかし中には失敗する方もいます。ここでは、ワンルームマンション投資で失敗する人の特徴をまとまてみました。

ワンルームマンション投資に「失敗する人」の共通点
  • 知識不足
  • 大手の不動産会社というブランドに惑わされる
  • リスクの確認と理解ができていない

不動産投資に失敗しないために、ぜひ参考にしてください。

知識不足

ワンルームマンション投資に失敗する最大の理由は「知識不足」と言えます。不動産投資の収益にはインカムゲインとキャピタルゲインがあり、この両方を理解することで安定した収益を確保できます。

 また表面利回りと実質利回りを理解せずに物件を購入し、運用開始直後から赤字となるケースもありるため、最低限の知識を持つことが重要です。

不動産投資の知識を習得するためには、書籍やWebサイト、不動産投資セミナーなどがあります。

ただセミナーを行う不動産投資会社には、良い会社と悪い会社があるため、口コミや評判を確認してから参加しましょう。

不動産詐欺などに合わないためにも、不動産投資の知識を身につけてから始めましょう。

大手の不動産会社というブランドに惑わされる

不動産投資を始める際は、不動産投資会社を利用する方も多いでしょう。その際に、大手不動産投資会社の営業マンの言うがままに不動産を購入して失敗するケースがあります。

すべての不動産投資会社が嘘を言うわけではありませんが、中には不良物件を売りつけることもあるのが事実です。

 大手や中小に関係なく、良心的な不動産投資会社を選び、最終的には自分で責任を持って判断することが最も大切です。

大手不動産会社が「大手」なのは「良心的だから」ではありません。不動産を購入する際は、ブランドよりも担当者の人柄も重視しましょう。

良い営業マンを見分ける方法時は、メリットや儲け話ばかりではなく「デメリット」を詳しく説明してくれるかどうかです。

不動産投資でもおいしい話ばかりする人は要注意です。

リスクの確認と理解ができていない

確認すべきリスクとは、実質利回りや不動産ローンの金利だけではなく、物件や周辺の環境も含めた環境なども含みます。

不動産投資で購入する物件は、自分が慣れ親しんだ場所とは限らないため、不動産投資会社などの紹介で「良く知らない物件」を購入するケースが多くなります。

 その際、すべての営業担当者が物件のリスクを親身になって説明してくれるとは限りません。

そのため、思わぬ不良物件を勧められたり、住んでみないと分からない立地条件の良くない物件を購入してしまう可能性があります。

そこで物件を購入する前に必ず自分の目で物件を確認し、できれば周辺にあるお店などで物件の評判を聞いてみましょう。

投資物件は必ず直接訪問して確認し、自分が住んでみたいと思える納得の物件を探しましょう。

ワンルームマンション投資に向いている人の特徴

ワンルームマンション投資に向いている人の特徴は、以下の3つがあります。

ワンルームマンション投資に向いている人の特徴
  • ミドルリスク・ミドルターンを理解できる人
  • 長期的な資産形成を目標とする人
  • 物件購入のための自己資金が1000万円未満の人

ミドルリスク・ミドルターンを理解できる人

「比較的少ないリスクで堅実に利益を得る」ことがワンルームマンション投資の特徴でありメリットです。

ワンルームマンション投資は、この特徴をきちんと理解し、利益が小さくてもリスクを最小限に抑えたいと考える方に向いています。

 購入費用が少なく、運用後に売却することで売却益が得られるのも魅力です。

また、運用中にかかる経費は収入からマイナスされるため、長期的に運用しやすいのもワンルームマンション投資の特徴です。

だからこそ、物件の立地や周辺環境など最終的な売却までを見据え、慎重に物件を選びましょう。

築年数の浅い中古物件はねらい目。駅チカで明るい場所の物件を捜しましょう。

長期的な資産形成を目標とする人

「将来のことを考え長期的な資産形成がしたい」と考えている方にも、ワンルームマンション投資はおすすめです。

節税効果を期待する方は、所得が増えて余裕がでた時点で2件目、3件目と所有物件を増やすことで節税と資産構築できます。

 また、複数の物件を所有することで空室リスクを避け、リスクヘッジできるのも魅力です。

節税効果を期待できるのは、原則として収支が赤字のときとなります。そのため、黒字化した時点で次の物件を購入しましょう。

そうすることで課税される所得を投資にまわし、効果的な節税をしながら資産を増やすことが可能となります。

計画的に投資を行うことで、節税と資産構築を同時に進められるのがワンルームマンション投資です。

物件購入のための自己資金が1,000万円未満の人

不動産投資の中でも「自己資金があまりない」という方に向いているのが、ワンルームマンション投資です。

預貯金が1,000万円未満の方は、その一部を頭金として不動産ローンを組むことで、ワンルームマンション投資が可能です。

 自己資金はできるだけ残し、成功すれば次の投資の準備金にしましょう。

逆に自己資金が1,000万円以上ある方は、アパートやマンションの1棟所有も可能となるため、自分にとってリスクの少ない方法を選択します。

自己資金があるからと言って、いきなり全額を投資するのではなく、次の投資やリスクに備えて準備しておきましょう。

金利の低いときは自己資金をできるだけ手元に残し、運用が安定したら繰上げ返済するのも良い方法です。
ワンルームマンション投資ならならSYLAがおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

ワンルームマンション投資に成功できる流れを解説

ここでは、上記のようなリスクや特徴を踏まえ、以下では「ワンルームマンション投資を成功させるため」の流れを解説します。

 重要なポイントは、事前に不動産投資についての知識を得て、賃貸ニーズの高い物件を購入することです。

そのためにも、以下のステップを踏み、事前準備を整えたうえで投資を始めることが大切です。

ワンルームマンション投資に成功できる流れ

STEP1:ワンルームマンション投資が自分に向いているかを確認する
SETE2:ワンルームマンション投資について学ぶ
STEP3:ワンルームマンション投資専門のセミナーに参加する
STEP4:賃貸ニーズの高い物件を選ぶ
STEP5:投資用ワンルームマンションを購入する
STEP6:管理会社に任せる

以上の6つのステップを、以下で順に解説していきます。

STEP1 ワンルームマンション投資が自分に向ているかを確認する

まず最初に、前章で解説した「ワンルームマンション投資に向いている人の特徴」を確認しましょう。大切なことは、リスクを理解し、長期的な資産形成を目的とするかどうかです。

ワンルームマンション投資に向いている人
  • ミドルリスク・ミドルターンを理解できる人
  • 長期的な資産形成を目標とする人
  • 物件購入のための自己資金が1000万円未満の人

短期間で収益を上げたい方は金融投資がおすすめですが、不動産投資に比べハイリスクとなります。
ワンルームマンション投資なら おすすめの不動産会社4選

STEP2 ワンルームマンション投資について学ぶ

ワンルームマンション投資についての勉強は、書籍やWebサイトなどで情報収集可能です。

ある程度の基本知識があれば、さまざまな体験談や成功・失敗事例をもとに、自分に合ったプランをシミュレーションしましょう。

 大切なことは、成功事例とともに失敗談も確認し、それぞれの傾向を把握することです。

ワンルームマンション投資では、成功する方と失敗する方で、準備の違いが見られます。不動産投資会社に相談する前に、まずは不動産投資やワンルームマンション投資の基本的な知識の習得が重要です。

利回りや不動産ローン、税金対策などはとくに重要な要素です。必ず勉強しておきましょう。
ワンルームマンション投資なら おすすめの不動産会社4選

STEP3 ワンルームマンション投資専門のセミナーに参加する

「不動産投資セミナー」と聞くと「怪しくない?」と考える方もいるかも知れません。

しかし、投資セミナーは優良なものがほとんどです。ただ、中には内容が怪しいものもあるため、ご自分で見極める必要があります。

 優良セミナーでは、投資のリスクや手順などを詳しく解説してくれます。逆に儲け話をするだけで、中身のないセミナーは信用してはいけません。

優良企業が行うセミナーであれば、いきなりしつこい営業や個別面談で物件の購入を迫られることもありません。まずはセミナーを受講する前に、インターネットなどで口コミや評判を確認してみましょう。

セミナーには個人投資家も参加しているので、さまざまなアドバイスを貰える可能性があります。
ワンルームマンション投資なら おすすめの不動産会社4選

STEP4 賃貸ニーズの高い物件を選ぶ

ワンルームマンション投資を成功させるためは、賃貸ニーズの高い物件を購入することが重要です。

賃貸ニーズの高い物件とは、以下のような特徴があります。

賃貸ニーズの高い物件の特徴
  • 交通の便が良い都心部の物件(最寄り駅まで徒歩10分圏内が理想)
  • トイレとお風呂が別の物件
  • 中古物件の場合は定期的に修繕されていること
  • 日当たりが良い
  • 周辺の治安が比較的良いこと
  • セキュリティ対策ができている物件(オートロックなど)

上記のような物件は、不動産情報サイトでも探すことができます。

 しかし、収益の出やすい投資物件は一般の不動産サイトに出ていない可能性が高くなります。

好条件の物件情報を得るためには、不動産投資会社のセミナーに積極的に参加し、営業担当と良好な関係を築くことも大切です。

初めて不動産投資を行う方は、焦らずにじっくりと物件を探しましょう。
ワンルームマンション投資なら おすすめの不動産会社4選

STEP5 投資用のワンルームマンションを購入する

自分の理想とピッタリの物件が見つかったら、実際に物件を購入してワンルームマンション投資を開始します。

マンションの購入には、物件費用以外にもさまざまな費用がかかるため、まずはトータルの費用を算出しましょう。

投資用のワンルームマンションを購入する際には、以下のような費用が必要です。
投資用ワンルームマンションを購入する際に必要となる費用
  • 金銭消費貸借契約書にかかる印紙税(ローンで購入する場合)
  • 不動産売買契約書にかかる印紙税
  • 建築工事請負契約書にかかる印紙税(修繕・リフォーム工事が必要な場合)
  • 登録免許税
  • 不動産会社へ支払う手続き費用(仲介手数料)
  • 手続き費用にかかる消費税(仲介手数料など)
  • 不動産取得税 など

上記以外にも、購入後にかかる管理費や修繕積立金、入居者を募集する広告費などの費用も確認しておく必要があります。

 不動産の購入にはさまざまな費用や税金が必要です。事前に見積もりを出し、マイナス分を節税対策にまわすようにシミュレーションしておきましょう。

また、不動産を購入するときの頭金に自己資金を使い果たさないことも大切です。

万一の空室リスクに備え、家賃の1年分くらいを自己資金で賄えるように貯蓄しておくと安心です。
ワンルームマンション投資なら おすすめの不動産会社4選

STEP6 管理会社に任せる

投資用ワンルームマンションの購入を済ませたら、その後の管理は管理会社に一任しましょう。

 入居者の募集や家賃の集金、購入した物件に関連する業務のほぼ全てを管理会社が請け負ってくれます。

信頼のできる管理会社では、入居者からのクレームなども対応してくれます。オーナーがやることと言えば毎月振り込まれる家賃を確認する程度なため、本業に影響することもありません。

副業要素の強いワンルームマンション投資では、良い管理会社と契約することも重要です。
ワンルームマンション投資ならならSYLAがおすすめ!
シーラ
  • 月々1万円の少額からワンルームマンション投資できる
  • 入居率99.3%で空室のリスクが少ない!
  • 入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実
  • 団体信用生命保険への加入が必須なため、万が一のことが起こった場合でも安心
  • 顧客平均保有資産は8,250万円の実績
SYLAの基本情報
入居率 99.3%(SYFORME)
顧客運用破産率 0% ※2020年1月時点
無料セミナー あり
最低投資額 1口1万円から
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

物件購入の際に注意する3つのポイント

それでは最後に、物件を購入する際に注意すべきポイントを紹介します。不動産投資に失敗する方の多くは「不動産投資会社に言われるがままに物件を購入してしまった」という方が散見されます。

 しかし、失敗のすべてが不動産投資会社にあるのではなく、自分にあった物件選びをしていなかったケースも多くあります。

そこで、実際に不動産投資で失敗した例を基に、物件購入の際に気をつけるポイントを紹介します。

物件購入の際に気をつけるポイント
  • ポイント1:需要が高そうな物件を選ぶ
  • ポイント2:自己資金に余裕のあるプランを立てる
  • ポイント3:長期的な資産の構築を目指す

悪徳業者がお勧めしてくる内容でよくある項目3つを詳しく解説していきます。

ポイント1:需要が高そうな物件を選ぶ

不動産投資では「需要が高そうな物件を選ぶ」ことが最も需要な要素となります。需要が高そうな物件とは「住んでみたいと思える物件」です。

 不動産投資会社の営業が勧める物件ではなく、必ず自分で確認して見極めることが重要です。

とくに、不動産投資会社の中には「不良な物件を強引に押してけてくる悪徳業者」も稀にですが、います。そこで、先に紹介した「賃貸ニーズの高い物件の特徴」の6つを参考に、物件を精査してみましょう。

不動産投資の基本は「良い物件選び」です。妥協せずに探しましょう。
ワンルームマンション投資なら おすすめの不動産会社4選

ポイント2:自己資金に余裕のあるプランを立てる

 

ワンルームマンション投資は「0円からでも始められる不動産投資」ではありますが、余裕のあるプランを立てることが重要です。

投資用の不動産ローンを自己資金0円で組むと、金利が高くなるうえに、もしも空室が出ると返済できなくなる可能性があります。

 仮に空室となって収入がなくなっても、最低1年は返済が可能となる程度の自己資金を確保しておきましょう。

そのため、自己資金をすべて頭金に投入するのもおすすめできません。資金計画は、優良な不動産投資会社や金融機関と相談しながら、余裕を持った計画が大切です。

不動産投資を開始したとき、運用中、最終的な売却までのシミュレーションをしましょう。
ワンルームマンション投資なら おすすめの不動産会社4選

ポイント3:長期的な資産の構築を目指す

ワンルームマンション投資では、節税対策も可能ですが、あくまでも長期的な資産構築を目的とします。短期的な収益を目的とするのであれば、流動性の高い金融投資がおすすめです。

 不動産投資では、最初の物件購入時は赤字を計上し、徐々に収益を回収します。

そのため、いきなり黒字を目指すことが難しい投資です。そこで、現在の本業の収入や今後の収入の変化を考えながら、ご自分に合った長期的な資産構築をめざしましょう。

不動産投資では、目先の利益を追うと失敗する可能性が高まります。

ワンルームマンション投資におすすめの不動産会社4選

SYLA(シーラ)

SYLA(シーラ)

おすすめポイント
  • 2022年12月の入居率は98.6%と高い
  • 応援型不動産クラウドファンディングも扱っている
  • 扱う物件は都心を中心に、最寄り駅から近いものが多く需要が高い

SYLAは株式会社シーラが提供している不動産投資サポートであり、2022年12月の入居率は98.6%と高く、空室リスクが低い物件を扱えます。

さらに「利回りくん」という応援型不動産クラウドファンディングも扱っており、最低1万円の少額から不動産投資を行えます。

 このサービスでは、不動産投資を通じて応援投資をすることで安定的な利回りを得られるため、自分で物件を持つ必要がありません。

用意する資金も少ないことから、投資初心者でも気軽に始められます。さらに、運用先の物件の価格が下がった場合でも、SYLAが一定の割合を負担します。

ユーザーの原本には大きな変動が出ない点も安心できるポイントです。扱う物件は都心を中心に、最寄り駅から近いものが多く需要が高いです。

投資家のサポート体制も充実している点も、大きなメリットといえるでしょう。

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.1%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA公式サイト

RENOSY

RENOSY

おすすめポイント
  • 入居率は99と高く、平均空室期間は29日と短い
  • 空室リスクが抑えられていることから、初めての不動産投資でも安心感がある
  • 扱う物件は需要が安定している都市部の中古マンションに限定している

RENOSYは、株式会社GA technologiesが運営する不動産投資サービスです。入居率は99と高く、平均空室期間は29日と短いです。

 空室リスクが抑えられていることから、初めての不動産投資でも安心感があります。投資対象によっては、初期費用は10万円ほどから、月額負担は約1.5万円と費用を抑えやすいです。

RENOSYはデータを活用し、扱う物件は需要が安定している都市部の中古マンションに限定しています。RENOSYでは3つの管理プランを用意しており、最適なものを選択できるでしょう。

さらにAI技術による不動産価値のスコアリングによって、投資価値の高い物件を厳選し案内しています。購入後はアプリで簡単に物件を管理できるため、適切に運用できるでしょう。

入居者募集以外にも、リノベーションによる物件の資産価値向上など、さまざまなサポートを行っています。

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99%

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

出典:RENOSY公式サイト

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

おすすめポイント
  • サポート体制に強みがある不動産投資会社
  • 入居者審査を実施しており、家賃滞納リスクを軽減している
  • メンテナンスの体制が充実しているため建物の価値を保ちやすい

トーシンパートナーズは、サポート体制に強みがある不動産投資会社です。需要がある物件を中心に扱っており、リスクを抑えながら利益を狙えます。

家賃滞納保証会社を使用した入居者審査を実施しており、家賃滞納リスクを軽減します。さらに、連帯保証人なしでの契約も可能であるため、入居希望者の契約率が高いです。

 また、査定賃料の90%の条件で借上げる「借上賃貸借契約」により、入居・空室に関わらず一定の金額の収入が保証されるシステムもあります。

建物は経年劣化により資産価値は低下しやすいですが、メンテナンスの体制が充実しているため建物の価値を保ちやすいです。

オーナーには専任スタッフによるサポートも受けられるため、初めて不動産投資に挑戦しやすい点も魅力です。自社マンションブランドは人気がある点も大きな特徴といえるでしょう。

専用アプリがリリースされており、所有物件の賃貸状況や毎月の入出金状況を簡単に確認できます。
企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 99.1%
専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

出典:トーシンパートナーズ公式サイト

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • ガーラマンションシリーズを扱う不動産投資サービス
  • 入居率は99%と非常に高い水準を維持していえう
  • 利益を得やすい仕組みを構築していることから、初心者でも投資を始めやすい

FJネクストは、ガーラマンションシリーズを扱う不動産投資サービスです。ガーラブランドの物件は、デザイン性・安全性・快適性が高く人気があります。

東京都や神奈川県を中心に、賃貸需要が高いエリアを厳選しています。交通アクセス面を含む住環境が優れているため、不動産投資によって利益を得やすいです。

 ガーラマンションシリーズは、都市部の一人暮らし向けマンションであることから、需要が高い点も投資に適している要因の1つです。

また、創業42年と実績が豊富にあり、入居率は99%と非常に高い水準を維持しています。安定したマンション経営が実現しやすい要素を満たしている点は、オーナーにとってメリットです。

空室リスクを抑えやすく、利益を得やすい仕組みを構築していることから、初心者でも投資を始めやすいです。信頼感や実績が十分にあることから、投資経験者でも利用しやすいでしょう。

契約後のサポートも手厚いことも安心感がある大きなポイントです。
企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

 

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

出典:FJネクスト公式サイト

【不動産投資の参考に!】アンケート調査について

当サイトはユーザーにとって価値のある情報を発信するために、不動産投資に関するアンケート調査を行っております。

アンケート調査の概要は下記の通りです。

アンケート調査の概要
  • 不動産投資を始めた時の個人年収
  • 購入した物件の種別
  • 不動産投資会社を選ぶ際に最も重要視したこと

Q1 不動産投資を始めた時の個人年収はいくらですか?

個人年収

アンケート調査回答の内訳
個人年収 割合
500万円未満 29.8%
500~700万円未満 28.8%
700~1,000万円未満 22.9%
1,000~1,500万円未満 11.2%
1,500~2,000万円未満 3.4%
2,000万円以上 3.9%

 

不動産投資を始めた時の個人年収のアンケート調査の結果、年収500万円未満と答えた方が29.8%と一番多いということがわかりました。

不動産を購入する所から始めるのであればかなりの年収が必要だと思われがちですが、クラウドファンディング式を利用することで比較的少額から不動産投資を始めることが可能です。

クラウドファンディング式とは、複数人から少額の資金を集めて不動産投資を行うことを指します。

少しでも不動産投資に興味が有る方は、ぜひチェックしてみてください!

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

Q2 購入した物件の種別はなんですか?

購入した物件の種別

アンケート調査回答の内訳
物件の種別 割合
区分マンション(ワンルーム) 24.9%
一棟アパート 17.6%
戸建て 11.7%
区分マンション(ファミリー向け) 9.8%
一棟マンション 7.8%
土地 7.8%
事務所・店舗 3.9%
REIT 2.9%
駐車場・駐輪場 2.9%
賃貸併用住宅 2.4%
太陽光発電 1.0%
トランクルーム 0.5%
小口化不動産 0.5%
海外不動産 0.5%
その他 5.9%

 

購入した物件の種別アンケートの結果、区分マンション(ワンルーム)が24.9%と一番多い結果となりました。

ワンルームマンション投資は、特有のリスクとリターンの仕組みを理解することで、堅実な運用が可能となります。また、物件の資産価値が急に下がりにくいのが特徴です。

ミドルリスク・ミドルリターンのじっくりと資産運用をお考えの方におすすめです!
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

Q3 不動産投資会社を選ぶ際に最も重要視したことはなんですか?

不動産投資会社選びで重視したこと

アンケート調査回答の内訳
不動産投資会社選びで
重要視したこと
割合
会社の信用度 30.2%
入居率 14.1%
物件のエリア 12.7%
物件のクオリティ 7.3%
保証内容の充実度 6.3%
担当者の知識や専門性 5.4%
担当者との相性 4.9%
ワンストップサービスが受けられるか 4.9%
アフターフォローの有無 4.4%
無料セミナーの有無 0.5%
その他 9.3%

 

不動産投資会社を選ぶ際に重視したことのアンケート調査の結果、「会社の信用度」と答えた方が30.2%とダントツで1位となりました。

不動産投資には初期費用がかなりかかるため、会社選びは慎重に行いたいですよね。そのため、不動産投資の一番のリスクである入居率を事前に調べるようにしましょう。

SYLA(シーラ)が運営するオリジナルブランドSYFORMEは入居率99.7%を誇り、空室のリスクを最低限に抑えながら、不動産投資ができます。
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

アンケート調査の概要

セルフ型ネットリサーチ-Fastask-www.fast-ask.com

調査概要 不動産投資に関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 不動産投資経験のある20〜60代以上の方
調査対象者数 208名(男性158名 女性50名)
調査実施月 2021年12月
調査対象地域 日本全国
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク
詳細はこちら
1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

よくある質問

ワンルームマンション投資は儲からないのか?

ワンルームマンション投資は、特有のリスクとリターンの仕組みを理解することで、堅実な運用が可能となります。
金融投資などは投資したお金ゼロとなるケースもありますが、ワンルームマンション投資では物件の資産価値が急に下がりにくいのが特徴です。

ワンルームマンション投資で失敗する人の共通点とは?

「知識不足」「大手の不動産会社というブランドに惑わされている」「リスクの確認と理解ができていない」などがあります。
不動産投資の収益にはインカムゲインとキャピタルゲインがあり、この両方を理解することで安定した収益を確保できます。

ワンルームマンション投資が向いている人の特徴とは?

「ミドルリスク・ミドルリターンを理解できる人」「長期的な資産形成を目標とする人」「物件購入のための自己資金が1000万円未満の人」などがあります。
「将来のことを考え長期的な資産形成がしたい」と考えている方には、ワンルームマンション投資はおすすめです。
ワンルームマンション投資で成功できる流れとは?
「ワンルームマンションに向いているか確認」→「勉強」→「購入」の流れになります。
ある程度の不動産投資の基本知識があれば、さまざまな体験談や成功・失敗事例をもとに、自分に合ったプランをシミュレーションしましょう。
物件購入の際の注意点とは?
「需要が高そうな物件を選ぶ」「自己資金に余裕のあるプランを立てる」「長期的な資産の構築を目指す」などがあります。
不動産投資では「需要が高そうな物件を選ぶ」ことが最も需要な要素となります。需要が高そうな物件とは「住んでみたいと思える物件」です。
ワンルームマンション投資のメリットとは?
「初期費用が比較的小さい」「入居者の入れ替わりが早い」「リフォーム・原状回復の費用が小さい」などがあります。
「初期費用」「維持コスト」が少ない分、投資家もリスクを抑えて不動産投資に参入が可能です。
賃貸ニーズの高い物件の特徴とは?
交通の利便性が高い」「トイレ・お風呂が別」「日当たりがいい」「治安が良い」「オートロック」などがあります。
収益の出やすい投資物件は一般の不動産サイトに出ていない可能性が高くなります。

まとめ

今回は、「儲からない」と言われるワンルームマンション投資について、くわしく解説しました。

記事にあるように、ワンルームマンション投資は「低リスクで始められる不動産投資」のため、いきなり大きな利益をあげることはできません。

ワンルームマンション投資は、毎月得られる家賃から物件購入費用を返済し、最終的に売却した時に利益を獲得する投資です。そのような特徴を理解した上で、堅実な資産運用をすすめて行きましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事