OpenSeaの始め方や特徴とは?使い方や注意点などを徹底解説!

世界的に規模が大きいNFTマーケットである「OpenSea(オープンシー)」。出品されている作品数が多く、対応ジャンルも幅広いです。

有名人のNFTアートを購入できるだけでなく、誰でも簡単に作品を販売できる点も大きな特徴です。そのため、手軽にNFTマーケットへ参入できるでしょう。

しかし、OpenSeaの始め方が分からない人は少なくありません。そこで今回は、OpenSeaの始め方や特徴について解説します。

稼ぎ方や注意点についても触れるため、ぜひ参考にしてみてください。

始め方を知る前にOpenSea(オープンシー)の概要を理解しよう

opensea

OpenSeaとは、さまざまなNFTを扱うマーケットです。NFTとは「Non-Fungible Token」の略であり、代替不可能なトークンという意味です。

一般的なアートやキャラクターなどのデジタル資産は、データ上の存在であるため簡単にコピーできます。それ故に、データの作品は価値を付けにくく資産として扱うことが難しいです。

 一方で、NFTは暗号資産のブロックチェーン技術を利用しており、偽造・改ざん・コピーが困難になりデジタルデータに資産価値がつくようになりました。

その結果、世界中のさまざまなアーティストがNFT作品を制作し、NFTを取り扱うマーケットに出品しています。

Web上には数多くのNFTマーケットが存在しますが、その中でも世界的に規模が大きく取り扱い作品数が非常に多いです。

出品されているNFTアートには、音楽・写真・絵画・イラストなどさまざまなものがあります。

出典:OpenSea公式サイト

OpenSea(オープンシー)のアカウント作成方法

PCを操作する人

アカウントを作成する際は、まず公式サイトのトップページにアクセスし、画面右上に表示されているプロフィールのアイコンを選択します。

 その後、ウォレットの種類が表示されるため、該当するものを選びましょう。今までに暗号資産を使ったことがなく、ウォレットを持っていない人は新しく作成してください。

NFTマーケットを利用するためには、通貨やNFTを保管するウォレットが必要です。ウォレットとOpenSeaを連携すると、ウォレット作成時の情報をもとにアカウントを作成できます。

作成するウォレットは「MetaMask」がおすすめ

暗号資産を保管できるウォレットの種類は複数ありますが、その中でも「MetaMask」がおすすめです。

MetaMaskは連携できるNFTマーケット・NFTゲームが豊富にあるため、アカウントを作成しておくと便利です。

アカウント作成は無料であり、基本的な情報を入力するだけであるため、あらかじめ用意すると良いしょう。

OpenSea(オープンシー)の始め方

OpenSeaの始め方

始め方
  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を開設する
  2. 必要な暗号資産を購入する
  3. MetaMaskのアカウントを作成する
  4. 用意した暗号資産をMetaMaskに送金する
  5. MetaMaskを使いOpenSeaにログインする

1.暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を開設する

OpenSeaでNFTアートを購入する際、日本円などの法定通貨は利用できず暗号資産が必要になるため、まずは取引所の口座を開設しましょう。

 口座開設は無料で、基本的な情報入力だけで完了です。暗号資産取引には手数料がかかる場合もあり、取引所によって異なるためコストが小さいものを選びましょう。

取引所によって扱っている通貨の種類も異なります。さまざまなマーケットを利用する予定がある人は、取り扱い暗号資産数が多い取引所がおすすめです。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

2.必要な暗号資産を購入する

コイン

OpenSeaではいくつかの暗号資産を利用できますが、イーサリアム建てのものが多いです。口座開設が完了した後は、必要な金額を入金してイーサリアムを購入します。

国内の主要な暗号資産取引所のほとんどはイーサリアムを扱っているため購入しやすく、OpenSea以外のマーケットやゲームなどでも利用できるものは多いです。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

3.MetaMaskのアカウントを作成する

取引所の口座開設と同時に、OpenSeaと連携するウォレットの「MetaMask(メタマスク)」のアカウントを作成しましょう。

MetaMaskも公式サイトから無料でアカウント作成できます。利用しているブラウザが「Google Chrome」の場合、拡張機能としてダウンロードできます。

4.用意した暗号資産をMetaMaskに送金する

2枚のコイン
MetaMaskの作成が完了した後は、イーサリアムを送金しましょう。取引所口座の出金メニューからイーサリアムを選択し、MetaMaskのアドレスを入力します。

送金するイーサリアムの数量を指定し実行すると、MetaMask内に通貨が送られます。このとき、送金先のアドレスを間違えると正しく送れないため注意してください。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

5.MetaMaskを使いOpenSeaにログインする

ここまでの準備が完了した後は、OpenSeaのトップ画面からMetaMaskと連携しましょう。連携が完了した後は、MetaMaskに保管されているイーサリアムを使い、NFTを購入できます。

MetaMask内の通貨が足りなくなった場合は、同じ流れで追加してください。ただし、何度も追加入金するとイーサリアムの取引手数料が高くなるため要注意です。

OpenSea(オープンシー)の使い方|出品・販売方法

OpenSea(オープンシー)の使い方|出品・販売方法

OpenSea(オープンシー)とは、NFTを販売しているオンラインマーケットプレイスのことです。ここでは、OpenSea(オープンシー)の出品方法と販売方法に分けて、解説します。

出品から販売までの大まかな流れは、以下の通りです。
出品・販売方法
  • NFTを作成する(写真、スマートフォンアプリで作れる画像も可)
  • 出品・販売するNFTを選ぶ
  • NFTの出品条件(価格・販売期間など)を設定する

OpenSea(オープンシー)の出品方法

OpenSea(オープンシー)に出品する際には、出品する作品を準備することから始めましょう

 出品が初めての人は、スマートフォンのアプリで簡単に作れる画像や写真を用意することをおすすめします。徐々に慣れてきたら、オリジナルのNFTを作ってみましょう。

画像が準備できたら、OpenSea(オープンシー)のコレクションページに画像をアップロードします。アップロードするとデジタルデータがNFTに変わり、出品できます。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

OpenSea(オープンシー)の販売方法

OpenSea(オープンシー)の販売方法

OpenSea(オープンシー)で出品できたら、販売の手続きを進めましょう。

OpenSea(オープンシー)で販売する際には、販売したいNFTを選び、価格・販売期間などの出品条件を設定する必要があります。

設定が完了したら署名を行い、「Your NFT is listed!」と表示されたら、出品完了です。OpenSea(オープンシー)の販売方法は、以下の3種類です。

販売方法
  • Set Price(固定価格)
  • Highest Bid(オークション)
  • Bundle(グループ販売)
OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

始め方と共におさえておきたいOpenSea(オープンシー)の特徴

スマホの画面

世界最大規模のNFTマーケットプレイス

OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイスです。マーケットプレイスの種類は多いですが、その中でも規模は大きいです。

 取り扱っている作品の総数が多いだけでなくジャンルも幅広いため、目当てのアイテムを手に入れやすいでしょう。利用者の数も多く、活発にNFTが売買されています。

NFTを使って投資したい、あるいは作品を出品したい人にとって、ユーザー数の多さやマーケットの活発さは重要な要素といえるでしょう。

また、他のマーケットプレイスでは対応していないジャンルが多いため、より多くのクリエイターが作品を発表・販売できる環境でもあります。

OpenSeaの取り扱いジャンル
  • アート
  • 音楽
  • トレーディングカード
  • 写真
  • ドメイン名
  • コレクターズアイテム
  • スポーツ系アイテム
  • 仮想空間

 

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

誰でもNFTを出品可能

出品画面

OpenSeaは、誰でも審査なしにNFTを出品できる点も大きな特徴です。NFTマーケットの中には、出品者・クリエイターとして登録するために、審査を受けなければならないものもあります。

その点、OpenSeaであれば特に審査に通過する必要はないため、クリエイターとして参入するハードルは低いといえるでしょう。

このように、NFTを出品しやすいため、マーケットの規模が大きくなっています。
OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

数多くのブロックチェーンに対応

OpenSeaは複数のブロックチェーンに対応しているため、該当する暗号資産を持っていればNFTを購入できます。

基本的にイーサリアムを利用する機会が多いですが、需要過多によるスケーラビリティ問題を抱えています。

 そのため、イーサリアムを取引に使う際の手数料(ガス代)が高くなることが多いです。そこで、ガス代が高騰した際は、他のブロックチェーンのNFTを利用できます。

イーサリアムのブロックチェーンよりも扱っているNFTは少なくなりますが、ガス代を大幅に節約できるでしょう。

OpenSeaが対応しているブロックチェーンの種類
  • イーサリアム(ETH)
  • テゾス(Tezos)
  • マティック(MATIC)
  • クレイトン(Klaytn)

 

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

NFTの作成・販売が簡単

NFTと書かれたサイコロ

OpenSeaでは、NFTの作成・出品・販売を簡単に行えます。NFT化したい作品があれば、登録・出品することで簡単に作成できます。

 近年では、NFT関連作品の関心が高まっているため、興味がある人はOpenSeaの利用がおすすめです。

また、絵画やイラストなどのアートを制作している人でも、販売経路がなく売れない人もいるでしょう。その際、OpenSeaを利用することで販路が広がる点もクリエイターには大きなメリットです。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

販売手数料が安い

コインとグラス

NFTマーケットでNFTアートを販売した際、手数料が発生します。OpenSeaの販売手数料は安く販売価格の2.5%です。

マーケットプレイスの中には、販売手数料が3.0%を超えるものもあります。クリエイターとしてNFTを出品する際のコストを抑えたい人にもおすすめです。

NFTの売買にはガス代と呼ばれる手数料が発生しますが、OpenSeaを利用するとそれ以外のコストを抑えられるでしょう。
OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

有名人の作品を購入できる

OpenSeaでは、さまざまなクリエイター・アーティストがNFTアートを出品しているため、有名人の作品も購入できます。

 「UVERworld TAKUYA∞」や「村上隆」の作品が有名です。NFTを出品しやすい環境であるため、将来的にも有名人のアート作品を購入できる可能性は高いでしょう。

また、有名人の作品は何かのきっかけで価格が急上昇することが多く、資産価値も高いです。チャンスを逃さないためにも、NFTの購入に必要なものを準備しておくと良いでしょう。

始め方が分かったらOpenSea(オープンシー)の稼ぎ方も理解しよう

コインの上に立つ人

※本記事の内容は、必ず利益を生む方法を紹介するものではありません。本記事で紹介しているサービスは、ご自身の責任におきましてご利用くださいますようお願いいたします。

NFT取引で稼ぐ

クリエイターではない人の場合、NFT取引で稼げる可能性があるでしょう。NFTアートの価格は日々変化しており、需要と供給のバランスで値動きします。

NFTアートを安いときに購入し、価格が上がったときに売却すると差額が利益になります。ただし、購入したNFTの価格が下がり、損失が発生するリスクもあるため注意してください。

 NFTの価格は、「そのアート自体の価値」「クリエイターの人気度」「NFT市場全体の相場」に大きく影響します。

今後、NFT関連市場全体が盛り上がることで、今よりもNFTの価格は高くなり利益が出やすくなるでしょう。

実際に、NFTの注目度が高まることで関連銘柄の価格が上昇し、同時にマーケットに出品されているNFTの価値も高騰したケースがあります。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

自身のNFT作品を出品して稼ぐ

PCを操作する人

クリエイターの場合、自身のアート・デザイン・音楽などをNFT化し、出品することで稼げるチャンスがあります。

既にオリジナルのアートを持っている人であれば、アップロード・登録するだけで販売可能です。この場合であれば、販売価格がそのまま利益になるため稼ぎやすいです。

 将来的にクリエイターを目指す人も、OpenSeaであれば自分の作品を発表・販売できる環境を手軽に利用できるでしょう。

このように、OpenSeaのようなマーケットの存在によって、クリエイターの活躍の幅が広がっており、認知度の上昇に繋がっています。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

NFTのパッシブゲインで稼ぐ

NFTの中には、パッシブゲインで稼げるものがあります。パッシブゲインとは株式投資の配当金と同様に、特定のNFT資産を保有することで分配収益を得られる仕組みです。

 該当するNFTは、DAO(Decentralized Autonomous Organization)の権利が付与されています。

DAOとは「分散型自律組織」という意味で、決められたガバナンストークンやNFTを保有することで、組織の運営方針を決める投票権を得られ利益の一部が分配されます。

特定のNFTを保有することで、関連する暗号資産やNFTを受け取れるでしょう。
OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

OpenSea(オープンシー)の使い方|出品・販売方法

PCを操作する人

OpenSeaで作品を出品する場合、まずはNFT化するアートを用意します。イラストや写真などの現物の場合は、スキャンでパソコンに取り込みデータ化しましょう。

スマートフォンで撮影した写真でも問題ありません。ログインしメニュー画面の「Create」から、作品をアップロードします。

 アップロードしたファイルには、名前や説明文、リンクなどの情報を入力し登録することでNFTが発行されます。

続いて、プロフィール画面から登録したNFTを選び、Sellから販売価格を設定すると出品可能です。

また、クリエイターでなくても保有しているNFTを販売できます。出品方法と基本的には同じ流れです。

自身のメニュー画面から、保有しているNFTを選択し販売価格・期間などの条件を設定すると出品(販売)できます。

NFTを販売する際は、価格だけでなく作品の概要などを記載し登録情報を充実させることで売れやすくなるでしょう。
OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

OpenSea(オープンシー)利用時の注意点

PCを操作する人

フィッシング詐欺を警戒する

OpenSeaは世界的に有名なNFTマーケットですが、それ故に偽物の詐欺サイトが多く存在しており、名前を騙ったフィッシング詐欺が多発しているため注意が必要です。

 例えば、「OpenSeaに問題が発生しました」という内容のメールが届き、本文に記載されているURLへのアクセスを誘導するものがあります。

このURLにアクセスをすると非常に似通ったサイトが表示され、ログインするためMetaMaskの情報を入力すると、そのデータが盗まれてしまいます。

同様にTwitterやSMSなどを通じて詐欺サイトに誘導されるケースもあるため、怪しいURLにアクセスしてはいけません。
OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

hiddenにあるNFTに注意する

スマホを操作する人

OpenSeaには「hidden」という機能があります。この機能は、保有しているNFTを非公開にするものです。

 連携しているウォレットに送られてきたNFTは、自動的にhiddenへ振り分けられます。

このhiddenには、知らぬ内にNFTが送りつけられているケースがあります。スパムである可能性が考えられるため、むやみにクリックして開かないようにしましょう。

OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

ガス代を確認する

OpenSeaでは、NFTの購入時と初回の出品時、譲渡する際にガス代(手数料)が発生します。イーサリアムのガス代はタイミングによって価格が異なるため、事前に金額を確認しましょう。

 時期によってはガス代が高騰してしまい、NFT取引による利益が相殺されるケースもあります。

売買による利益を最大化したい場合は、ガス代が安いタイミングを狙うと良いでしょう。

国内NFTマーケットから開始する

光るコイン

OpenSeaを利用する際の注意点は、サイトの一部しか日本語に対応していないことです。ブラウザの翻訳機能を使うと日本語表示にできますが、不自然な文章で読みにくいでしょう。

そのため、初めてNFTマーケットを利用する際は、日本語に対応している国内のマーケットから始めると安心感があります。

出品・販売方法など、基本的な操作に大きな違いはないため、国内マーケットで慣れてから利用すると良いでしょう。
OpenSea(オープンシー)を始めたい方へ 仮想通貨・暗号資産取引所
おすすめ3選はこちら!

サーバー障害を起こす恐れがある

OpenSeaは過去にサーバー障害が発生し、Webサイトが利用できなくなったことがあります。ユーザーが多いため、アクセスの集中によりダウンする可能性はゼロではありません。

 世界的に有名なアーティストが限定NFTを出品したり、期間限定で破格な金額で人気商品が販売されたりすると、限界を超えるアクセスが発生する可能性があります。

NFTの売買では取引するタイミングが重要ですが、アクセス状況によって動作が重くなったり、ダウンしたりするリスクがあることを加味しましょう。

OpenSea(オープンシー)を始めたい人におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所3選

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破※1
  • 取り扱い暗号資産数No.1※2
  • 最短10秒で購入可能

コインチェックは、マネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

 取り扱う暗号資産の数が17種類と、国内最大級※2となっています。

これらの暗号資産は約500円から購入が可能で、最短10秒でスマホから簡単に取引することができます。

また、暗号資産アプリのダウンロード数は415万突破の実績を誇り、使いやすさが評判のため初心者の方にもおすすめです。

お得なキャンペーンも随時開催しているため、気になる方はチェックしてみてください!

24時間対応可能なサポート体制が充実しているため、安心して取引できるでしょう。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱暗号資産

17種類

BTC(ビットコイン)・XRP・ETH・BCH・XEM・FCT・LSK・LTC・ETC・XLM・MONA・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)
※2020年1月〜2021年6月対象。公式サイトより
※2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ。公式サイトより

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

bitflyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • 各種手数料が0円なので取引にかかるコストを抑えられる!
  • 業界で最長の7年間ハッキング0を達成!セキュリティ面でも安心
  • ビットコインが100円から購入できる

bitflyerは各種手数料0円で利用可能な取引所で、取引のコストを抑えることができます。また、3年連続で暗号資産サービス利用経験率日本国内No.1※の実績を誇ります。

 セキュリティ面では業界でも最長の7年間ハッキング被害に遭っていないというデータを持っています。セキュリティ面でも安心して利用することができる取引所です。

また、ある程度取引に慣れていたら中〜上級者向けのbitFlyer Lightningという取引ツールを使ってみましょう。

特殊注文やビットコインFXの需要も満たした取引ツールなので、暗号資産取引の幅をさらに広げることができます。
セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら
取り扱い暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・XRP・BAT・XLM・XEM・XTZ・LINK・Polkadot

最低取引単位

販売所:0.00000001

取引所:0.001

レバレッジ取引 2倍
取引手数料 無料
形式 販売所・取引所

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

bitflyer公式

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint

BITPOINT(ビットポイント)のおすすめポイント
  • 初心者でも簡単に取引可能
  • 使いやすい取引ツールが実装されている
  • 取り扱われている資産の信頼性が高い

BITPOINT(ビットポイント)は、初心者でも簡単に取引可能な仮想通貨取引所です。各種手数料が無料であるため、手軽に利用できるのが特徴の1つです。

 暗号資産交換業者だけでなく、金融商品取引業者にも登録されています。

このように、管理体制が整っているため、初心者でも安心できる環境を提供しています。取り扱い暗号資産は11種類で、BTCやJMYなど豊富な品ぞろえとなっています。

取引ツールの使い勝手も良いため、これから仮想通貨に触れてみたいと言う方にもおすすめです。
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の基本情報

取扱暗号資産

11種類

BTC(ビットコイン)・JMY・DOT・BCH・ETH・LTC・XRP・BAT・TRX・ADA・LNK・DEP

最低取引単位 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引 -
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

出典:BITPOINT(ビットポイント)

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴
  • 新規口座開設で2,000円プレゼント
  • DMMグループによる確かなセキュリティ体制
  • 口座開設は無料

DMMグループにより運営されている、セキュリティの優れた仮想通貨取引所です。

 レバレッジ取引が12種類、現物取引が6種類と、種類が豊富なのも特徴です。

取引手数料が無料であるため、初心者にも始めやすいメリットがあります。また、新規口座開設で2,000円プレゼントキャンペーンも実施中。

口座開設は無料なので、少しでもお得に解説したい方におすすめです。

サポート体制も充実していることから、高い信頼性を持った仮想通貨取引所であると言えます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

取扱暗号資産

14種類

BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・XLM・ETC・XTZ・OMG・ENJ・NEM・QTUM・BAT・MONA

最低取引単位  0.0001 BTC
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料※BitMatch取引手数料を除く
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

よくある質問

OpenSea(オープンシー)とは?
OpenSea(オープンシー)とは、NFTを扱っているマーケットです。NFTは「Non-Fungible Token」の略で、代替不可能なトークンという意味です。
OpenSea(オープンシー)のアカウント作成方法は?
OpenSea(オープンシー)のアカウントを作成する際は、まずは公式サイトのトップページにアクセスしましょう。画面右上にあるプロフィールのアイコンを選択し、ウォレットの種類を選びましょう。これまで暗号資産を使用したことがなく、ウォレットを持っていない人はウォレットを作成します。暗号資産を保管できるウォレットは複数ありますが、NFTマーケット・NFTゲームが豊富にある「MetaMask」がおすすめです。
OpenSea(オープンシー)の始め方は?
OpenSea(オープンシー)を始める際には、まずは暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を開設しましょう。口座を開設したら、必要な暗号資産を購入しましょう。その後、MetaMaskのアカウントを作成し、用意した暗号資産をMetaMaskに送金します。MetaMaskを使用してOpenSeaにログインしたら、完了です。
OpenSea(オープンシー)の特徴は?
OpenSea(オープンシー)とは、世界最大規模のNFTマーケットプレイスで、マーケットプレイスのなかでも規模は大きいとされています。また、誰でも審査なしにNFTを出品できる点も、OpenSea(オープンシー)の特徴です。数多くのブロックチェーンに対応している点や、NFTの作成・販売が簡単な点、販売手数料が安い点も、OpenSea(オープンシー)のメリットとして挙げられます。
OpenSea(オープンシー)の稼ぎ方は?
クリエイターでない場合は、NFT取引で稼げる可能性があります。NFTアートを安価なときに購入して、価格が上がった際に売却すると差額が利益につながります。ただし、購入したNFTの価格が下落した際には、損失が発生する可能性もあるので、注意が必要です。また、自身のNFT作品を出品したり、NFTのバップシブゲインで稼いだりする方法もあります。
OpenSea(オープンシー)の出品・販売方法は?

まずは、出品する作品を準備しましょう。出品が初めての場合は、写真やスマートフォンのアプリで簡単に作れる画像を用意することを推奨します。NFTが用意できたら、出品・販売するNFTを選択します。その後、価格・販売期間などのNFTの出品条件を設定したら、出品完了です。

OpenSea(オープンシー)利用時の注意点は?
OpenSea(オープンシー)を利用する際には、フィッシング詐欺に注意しましょう。「OpenSeaに問題が発生しました」といった内容のメールが届いて、URLへのアクセスを誘導するケースがあるため、気をつけてください。また、hiddenにあるNFTに注意したり、ガス代を確認したり、国内NFTマーケットから開始したりするのも、OpenSea(オープンシー)利用時の注意点として挙げられます。
OpenSea(オープンシー)を始めたい人におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所は?
暗号資産アプリとしてのダウンロード数415万突破の「Coincheck(コインチェック)」、各種手数料が0円で取引のコストを抑えられる「bitflyer」、初心者でも簡単に取引可能な「BITPOINT(ビットポイント)」、新規口座開設で2,000円プレゼントキャンペーン実施中の「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」がおすすめです。

まとめ

この記事では、OpenSeaの始め方や特徴について解説しました。世界的に規模が大きいNFTマーケットであり、さまざまなアートが出品されています。

利用するために必要なものは手軽に用意できるため、誰でも簡単に始めやすいです。

NFTを出品するためのクリエイター登録に、審査は必要ないため手軽に自身の作品を出品・販売できます。

ただし、OpenSeaの名前を使った詐欺などもあるため注意が必要です。OpenSeaの始め方や特徴を押さえ、有効活用してみてください。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事