不動産経営とは?本当に儲かるのか

不動産経営に興味を持っていませんか?不動産経営は、安定して収入を得られたり節税対策になったりするため、近年注目が高まっています。

しかし、何の知識もないまま不動産経営を始めると、失敗してしまう可能性もあります。不動産を上手く経営していくには、注意点やメリットデメリットを理解しておくことが重要です。

この記事では、初心者の方に向けて、不動産経営の基礎知識を徹底解説していきます。

不動産経営を「やってみようかな」と検討している方は、ぜひ参考にしてください。

不動産経営とは?

不動産経営とは、アパートやマンションなどの不動産のオーナーとなり、他人に売ったり住んでもらったりすることで収入を得る事業のことです。

不動産経営は、リスクを抑えて安定した収入を期待できることが魅力です。

不動産経営は4種類に分けられる

不動産経営は4種類に分けられる

物件の種類によって、不動産経営は以下の4種類に分けられます。

4種類の不動産投資
  • 区分マンション
  • 一戸建て
  • 一棟アパート
  • 一棟マンション

区分マンションの不動産経営では、部屋単位で物件を所有して経営することが可能です。そのため、4種類の不動産経営の中で、最も初期費用を抑えることができます。

 一般的に、①区分マンション②一戸建て③一棟アパート④一棟マンションの順番で初期費用が高くなっていきます。

初心者の方は、区分マンションの不動産経営から始めることが多いです。

まずは無理のない範囲の資金計画でスタートしましょう。

不動産経営を始めるタイミング

不動産経営に興味がある方は、始める最適なタイミングが気になるのではないでしょうか。不動産経営を始めるベストタイミングは、ずばり「できるだけ早いタイミング」です。

良い物件が見つかっているなら、今すぐにでも始めることをおすすめします。

不動産経営を今すぐ始めた方が良い理由

不動産経営を今すぐ始めた方が良い理由

不動産経営を、できるだけ早いタイミングで始めるべき理由は以下の3点です。

不動産経営を今すぐ始めた方が良い理由
  • 低金利だから
  • 年齢を重ねるほどローンが不利になる
  • 早期から資産形成ができる

     

    低金利だから

    近年は低金利が続いています。

     人それぞれで多少異なりますが、現在は1〜2%程度の低金利で、35年返済の融資を受けられます。

    低金利の今ローンを組むことで、購入物件の支払い総額を最低限に抑えることが可能です。

    不動産投資で利用する不動産ローンは、一般的な住宅ローンよりも金利が高いため注意が必要です。

     

    年齢を重ねるほどローン返済で不利になる

    年齢を重ねるほどローン返済で不利になる

    投資用の不動産ローンを組む際は、原則として完済する齢に上限制限があります。

     ほとんどの不動産ローンは、基本的に「75歳~80歳までに完済しなければならない」という制限が設けられています。

    この場合、44歳以下であれば35年ローンを組むことができます。しかし、60歳でローンを組むとなると20年以下で返済しなければならず、月々の負担額が大きくなってしまいます

    金利面でみても、現役時代にローンを組むのが最も安くなるでしょう。

     

    早期から資産形成ができる

    早期から資産形成ができる

    早いタイミングでローンを組むことで、ローンの完済も早くなります。

     ローン返済の必要がない不動産は、安定した不労所得をもたらします。

    つまり、できるだけ早く不動産経営を始めることで、早い段階で不労所得を活用して、老後のための資産形成ができるということです。

    不動産投資は、長く続けてインカムゲインとキャピタルゲインを得る投資です。

     

    不動産経営は儲かる?

    不動産経営は、経営次第で儲けることもできます。しかしどちらかと言えば、リスクを抑えて安定した収入を得たい方におすすめです。

    株やFXがハイリスクハイリターンの投資であるのに対し、不動産経営はミドルリスクミドルリターンの投資です。

    不動産経営の儲け方

    不動産経営の儲け方

    不動産経営には大きく分けて以下2つの儲け方があります。

    不動産経営の儲け方
    • 家賃収入(インカムゲイン)
    • 売却益(キャピタルゲイン)

      家賃収入(インカムゲイン)

      不動産経営のメインとなる収入源は家賃収入です。「賃料×部屋数」が収入です。たとえば、賃料8万円の部屋を2つ所有しているとすると、8万円×2部屋=毎月16万円(192万円/年)が収入となります。

      売却益(キャピタルゲイン)

      不動産を安く買って高く売ることで、その差額を収入として得られます。これが売却益です。家賃収入に比べて、売却益は1度に得られる収入が大きくなります

       

      不動産経営の利回りとは

      不動産経営の利回りとは

      利回りとは、投資した金額に対してどれくらいの利益が得られるのかを表したものです。

      たとえば1,000万円の物件を購入して、年間の家賃収入が100万円の場合、利回りは10%(100/1,000)となります。

       不動産経営における利回りの平均は3〜5%程度です。

      銀行預金の利回りが平均0,002%ほどであることを考えると、不動産経営は利回りが高い投資と言えるでしょう。

       

      不動産経営の注意点

      不動産経営の注意点

      ここでは、不動産経営の注意点を3つ紹介します。

      不動産経営の注意点
      • 経営コストがかかる
      • 自然災害リスクと老朽化リスクがある
      • 立地を見極めることが重要

        経営コストがかかる

        不動産経営には、時間的にもお金的にもコストがかかります

         たとえば、一棟マンション経営をする場合、共用部分の清掃や設備修繕を行わなければなりません。他の業者に外注することもできますが、当然費用がかかります。

        家賃収入全てが、自由に使えるわけではないので注意しましょう。
        ▼経営コスト例
        • 建物管理費
        • 賃貸管理費
        • リフォーム費
        • 修繕費

         

        自然災害リスクと老朽化リスクがある

        自然災害リスクと老朽化リスクがある

        災害大国の日本では、地震や台風によって、所有不動産の価値が一瞬にしてゼロになってしまう可能性があります。自然災害リスクは対策しても完全に防ぐことはできません。

         また、建物は老朽化していくと入居者を集めづらくなります。入居者を獲得するためには、修繕やリフォームをする必要があり、費用がかかります。

        不動産を所有するということは、上記のようなリスクを受け入れるということです。

        不動産経営を始めた後に「知らなかった」とならないように、理解しておきましょう。

         

        物件の立地を見極めることが重要

        不動産経営では、家賃収入を得続けるためにも、空室期間をできるだけ短くする必要があります。このとき、物件の立地がかなり重要です。

         立地条件が良い物件であれば、空室になってもすぐに次の入居希望者が現れます。しかし、立地条件が悪い物件だと入居希望者がなかなか現れません。

        また物件を売却する際も、立地が良いと悪いとでは、売却にかかる時間や手間が大きく異なります

        不動産経営を始める際は、立地に注意して物件を選んでください。

         

        不動産経営のメリット

        不動産経営のメリット

        不動産経営を始めるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、以下5つのメリットを紹介します。

        不動産経営を始めるメリット
        • 不動産という資産が手に入る
        • 節税対策に効果がある
        • 融資を受けることで少額の自己資金から始められる
        • 団体信用生命保険に加入することで生命保険の代りにできる
        • 安定収入を得られる可能性がある

          不動産という資産が手に入る

          不動産は実物資産です。そのため、株やFXとは異なり、価値がゼロになることありません

           不動産を所有している限り、一定の価値を保持し、不労所得をもたらしてくれます。

          不動産という資産が不労所得で収益を生み出し続けてくれるので、病気や怪我で働けなくなったり、急に会社をクビになったりしても一定の収入を確保できます。

          本業以外に収入源を持つことは、先行きの不透明な時代において安心感につながります。

          不動産はインフレに強いのも魅力です。

           

          節税対策に効果がある

          節税対策に効果がある

          不動産経営は節税対策に効果があります。これは、不動産経営によって収入を得られるプラスのメリットではなく、マイナスを小さくするメリットです。

          まず、所得税と住民税を節税できる可能性があります。不動産経営でかかった費用が、家賃収入よりも多かった場合には、赤字分を給与所得で損益通算することができます。

           損益通算とは、一定期間内の利益から損失を差し引いて相殺することです。損益通算によって、給与所得を減らすことで、所得税や住民税を下げることができます。

          また、相続税の節税も可能です。財産相続の際、現金や株式・債券などは時価で評価されますが、投資用の不動産は固定資産税評価額や路線図といったもので評価されます。

          結果的に現金や株式での相続時よりも20〜30%の税金を節税できることが多いです。

          不動産投資は相続や贈与税で節税効果が大きくなります。

           

          融資を受けることで少額の自己資金から始められる

          融資を受けることで少額の自己資金から始められる

          不動産経営では、不動産投資ローンで金融機関から融資を受けられるので、少額の自己資金からスタートできます。

           銀行からの借入で不動産を購入したとしても、家賃収入から固定資産税や火災保険などの経費や銀行へのローン返済を賄うことが可能です。

          そのため、不動産経営は「他人の資金で資産が増やせる投資方法」と言われたりもします。

          融資は金利が低い時がチャンスです。

           

          団体信用生命保険に加入することで生命保険の代りにできる

          ローンで不動産を購入すると、団体信用生命保険に加入することができます。

           団体信用生命保険とは、ローンの契約者が死亡したり高度の障害状態になったりした時に、ローンの残債を支払う義務がなくなる保険のことです。

          つまり、家族にローンのない収益不動産を残すことができます。

          このように、団体信用生命保険は、生命保険の代わりとして利用できるのが特徴です。

          万一の際に備えるためにも、不動産投資がおすすめです。

           

          安定収入を得られる可能性がある

          安定収入を得られる可能性がある

          不動産経営では、家賃収入によって安定した収益を期待できます。部屋を借りる際は、1〜2年契約が一般的です。そのため、1度貸借人が見つかれば1〜2年は継続的に収入が見込めます。

           株式やFXなどの投資商品と比べて、不動産価格の値動きは緩やかでリスクが小さいです。

          株式投資やFX投資は、上手くいけば大きなリターンを得ることができます。しかしリスクが大きく、収入が不安定です。

          不動産経営で大きく儲けられることは少ないですが、その分リスクを抑えて安定収入を得ることができます。

          不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンが特徴です。

           

          不動産経営のデメリット

          不動産経営のデメリット

          不動産経営にはメリットが多数ありますが、デメリットもあります。ここでは、不動産経営における4つのデメリットを紹介します。

          不動産経営のデメリット
          • 空室により収入が減少・なくなる
          • 部屋の家賃が下落する可能性がある
          • ローンの返済期間中に金利が上昇する可能性がある
          • 売却に時間がかかるリスクがある

            空室により収入が減少・なくなる

            不動産経営におけるメインの収益は家賃収入です。しかし空室の場合、家賃収入を得ることができません。

            空室期間が長引くと、ローンの返済だけが毎月かかるので、大幅な赤字経営となる可能性があります。

             空室を防ぐためには、入居率の高い物件や、立地条件の良い物件を選択することが最適な方法です。

            空室リスクを減らす方法として、「家賃保証」というシステムもあります。「家賃保証」は、空室でも一定の家賃が保証される仕組みです。

            ただし家賃保証システムの導入には費用がかかるため、慎重に検討しましょう。

             

            部屋の家賃が下落する可能性がある

            部屋の家賃が下落する可能性がある

            空室が続くと、その状況を打破するために家賃を値下げする必要が出てきます。

             ここで問題なのは、他の部屋に既に住んでいる入居者の家賃も、値下げしなければいけない状況になる可能性があることです。

            既に住んでいる入居者が、インターネットや他人に聞いたりして、自分の部屋より空室の家賃の方が安いことを知ったら、「自分の部屋の家賃も下げてほしい」と要求してくることもあるでしょう。

            要求を飲まないと、出ていかれるリスクもあります。このように1つの部屋の値下げが、物件全体の家賃を下落させる可能性があります。

            家賃の値下げは安易に行わず、じっくりと投資計画を立て直しましょう。

            ローンの返済期間中に金利が上昇する可能性がある

            ローンの返済期間中に金利が上昇する可能性がある

            ローンを組むときにかかる金利には、「固定金利」と「変動金利」の2種類があります。

            「固定金利」では、契約したときに完済までの金利が決定しますが、「変動金利」は、ローンの返済期間中に金利が変動します。

             金利が下がる可能性もありますが、上がる可能性もあるのです。金利上昇の上限は決められていますが、どれくらい上昇するかは分かりません。

            金利上昇のリスクを回避したいという方には、「固定金利」をおすすめします。

            ただし、固定金利は変動金利よりも高い利率が設定されます。

            売却に時間がかかるリスクがある

            不動産を売却する場合、立地や時期によっては時間がかかるケースがあります。不動産の売却期間は、平均で3〜6ヶ月くらいです。

             すぐに現金に変えたくても思い通りにいかないことが多いので、不動産を売却する際は時間に余裕を持って進める必要があります。

            すぐに売却したい場合は、不動産会社に直接買い取ってもらえる「即時買取」があります。

            しかし「即時買取」では、相場の7割程度の売却金額となってしまうので、どうしても今すぐ売らなきゃいけない事情がある方以外にはおすすめしません。

            不動産投資は、運用から売却までを計画的に行いましょう。

            不動産経営に向いている人の特徴

            不動産経営に向いている人の特徴

            「不動産経営を始めたいけれど、自分に向いているか不安」という方は多いでしょう。ここでは、不動産経営に向いている人の特徴について解説します。

            向いている人の特徴
            • 安定した所得がある
            • 行動力がある
            • 長期的な視点で物事を考えられる
            • 合理的な判断ができる

            安定した所得がある

            不動産経営をする際には、金融機関から審査を受けて、投資用のローンを組む場合がほとんどです。

             審査では、「返済能力があるか」を判断されるため、安定した所得があることは審査において大きな武器となりえます。

            会社員や公務員、医師や弁護士などの国家資格保有者などは、社会的信用度が高いため、審査で有利に働きます

            転職を頻繁にしていないかなどの勤続年数も判断材料の一つです。

            行動力がある

            行動力がある

            不動産経営を始める際は、不動産会社の担当者に話を聞くなど多くの人とコネクションを築き、インターネット上では把握できない情報を得ることが重要です。

             情報収集後は、物件選びからローンの申し込み、物件獲得まで、自分で手続きを進める必要があります。

            購入する物件価格や融資額は高額のため、購入を検討する物件に実際に足を運ぶなど、相応の行動力が求められます。

            長期的な視点で物事を考えられる

            不動産経営は、毎月の家賃収入と返済のバランスを考えて長期的な収支プランを立てて進めるものです。そのため、長期的な視点で物事を考えられる力が求められます。

            物件の空室や修繕費が発生するなどのトラブルに動じることなく、長期的な視点で不動産と向き合える人が向いています。

            合理的な判断ができる

            不動産経営は、不動産会社や物件選びなど、自分で判断することが求められる場面が多いです。

             物件選びをする際は、物件の利回りや築年数、収支のシミュレーションをもとに、合理的な判断が求められます。

            自身の感情や場の流れに左右されることなく、合理的な判断ができれば、不動産経営で成功する可能性は高いです。

            不動産経営を成功させるために必要な準備

            不動産経営を成功させるために必要な準備

            これから不動産経営を始めようと考えている方に向けて、今からすべき準備を3つ紹介します。不動産経営を成功させたい方は必見です。

            不動産経営を成功させるために必要な準備
            • 不動産経営にかかる費用を抑える
            • 不動産経営を学ぶ
            • セミナーに参加して最新の情報を収集する

              不動産経営にかかる費用を抑える

              不動産経営における費用を抑えるために、以下の項目を調べておきましょう。

              不動産経営の費用を抑える
              • ローンの金利が安い金融会社
              • 管理委託をするコスパが良い会社

                また「より費用を抑えて不動産経営をしたい」という方は少額不動産投資がおすすめです。

                少額でできる不動産投資には例えば以下のようなものがあるので、気になる方は調べてみてください。

                少額不動産投資の種類
                • REIT(不動産投資信託)
                • 不動産小口化商材
                • 不動産投資クラウドファンディング

                   

                  不動産経営を学ぶ

                  不動産経営を学ぶ

                  不動産経営を成功させるためには、”優良な物件を選択するコツ”などの知識が重要です。

                   まずはインターネットや本で、不動産経営に関連する情報のインプットから始めましょう。

                  また、不動産を購入する際や売却時には税金の知識も必要になります。今のうちから学んでおくことで、余裕のある不動産経営をすることができます。

                  セミナーに参加して最新の情報を収集する

                  インターネットや本で一通り不動産経営の基礎を学んだら、セミナーに参加するのもおすすめです。

                   セミナーでは、インターネットや本には書かれていない最新情報を、不動産経営のプロから効率よく得ることができます。

                  セミナーはオンラインでも多数開催されているので、1度参加してみてはいかがでしょうか。

                  不動産経営におすすめの不動産会社5選

                  SYLA(シーラ)

                  シーラ

                  SYLAのココがおすすめ
                  • 月1万円の少額からでワンルームマンション投資をスタートできる!
                  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
                  • 年間400戸近くを販売※2する実績
                  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
                  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

                  ※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
                  ※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

                  SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。SYLAの魅力は少額から気軽に不動産投資が始められる点です。

                  複数の投資家から資金を集めて運用を行う不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら、最低1万円から不動産投資をスタートすることができます。

                  経験を積んだ後には、入居率が99.3%を誇るSYFORMEで本格的な投資に挑戦できます。駅近の土地にこだわり開発したマンションで、空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のある物件です。

                   空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

                  さらに入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実。集金代行の契約システムを利用すれば、様々なリスクを軽減することができますよ。

                  まずは気軽に不動産投資を始めたい方はSYLAのセミナーを受講することをおすすめします。

                  1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
                  無料でセミナーに参加する

                  企業名 株式会社シーラ
                  所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
                  恵比寿プライムスクエア 7F
                  設立 2010年9月29日
                  入居率 99.3%(SYFORME)

                  1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
                  無料でセミナーに参加する

                  出典:SYLA 公式サイト

                  RENOSY

                  RENOSY

                  RENOSYのココがおすすめ
                  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
                  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
                  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
                  • アプリで簡単に物件管理ができる
                  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
                  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

                  Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
                  無料で資料請求する

                  不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

                  RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

                   購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

                  また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

                  3つのプラン概要
                    集金代行プラン
                  最低限のサポートで安い
                  ワイドプラン
                  設備リスクをしっかりカバー
                  NEOインカム
                  空室+設備リスクをカバー
                  設備修理・交換費用
                  空室時の負担
                  滞納時の負担
                  原状回復の費用
                  タテカンさぽーと
                  広告費の負担
                  契約期間
                  (更新)
                  3年
                  (以降は2年で自動更新)
                  3年
                  (以降は2年で自動更新)
                  7年
                  (譲渡対価は1年ごと)
                  空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

                  どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

                  Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
                  無料で資料請求する

                  企業名 株式会社GA technologies
                  所在地  東京都港区六本木3-2-1
                  住友不動産六本木グランドタワー40F
                  設立 99.5%(2021年2月時点)
                  入居率 2013年3月12日

                  出典:RENOSY 公式サイト

                  Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
                  無料で資料請求する

                  ※1~2
                  ※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
                  ※2)公式サイトより

                  トーシンパートナーズ

                  トーシンパートナーズ

                  トーシンパートナーズのココがおすすめ
                  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
                  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
                  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
                  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
                  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

                  ※2021年6月度 公式サイトより

                  専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
                  無料で資料を見てみる

                  トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

                  入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

                   建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

                  マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

                  オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

                  アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

                  企業名 株式会社トーシンパートナーズ
                  所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
                  設立 1989年2月18日
                  入居率 97.4%

                  出典:https://www.tohshin.co.jp/

                  専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
                  無料で資料を見てみる

                  FJネクスト

                  FJネクスト

                  FJネクストのココがおすすめ
                  • 創業41年!東証一部上場企業で信頼と実績がある
                  • 入居率99.0%※1。安定の運用が期待できる
                  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※2
                  • 無料セミナーを随時開催していて、WEBからも聞くことができる
                  • 98.5%の物件が駅から徒歩10分以内※3で、入居者が決まりやすい

                  無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
                  無料で資料を見てみる

                  FJネクストは、「ガーラマンションシリーズ」でお馴染みの不動産会社です。

                  創業は41年になり、東証一部に上場。都心を中心に315棟、2万1907戸を供給していて、確かな実績があります。

                   無料のセミナーや相談会も毎週のように行っているので、ライフスタイルに合わせて受講することができます。

                  管理戸数は1万7000戸超え。経験やノウハウがしっかりあるから、どんなトラブルにも柔軟に対応してくれるでしょう。
                  ※公式サイトより

                  FJネクストのワンルームマンションの98.5%が駅から徒歩10分以内に位置しています。

                  特にワンルームマンションは、駅から近い方が空室リスクが少なく、すぐに入居者が決まるでしょう。

                  企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
                  所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
                  新宿アイランドタワー11F
                  設立 1980年7月
                  入居率 99.0%

                  出典:FJネクスト 公式サイト

                  無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
                  無料で資料を見てみる

                  ※1~3
                  ※1 2021年3月末時点。公式サイトより
                  ※2 2021年6月末時点。公式サイトより
                  ※3 2020年6月末時点、ワンルームマンションに限った場合。公式サイトより

                  グローバル・リンク・マネジメント

                  グローバル・リンク・マネジメント

                  グローバル・リンク・マネジメントのココがおすすめ
                  • セミナーはなんと毎日開催!オンラインで参加可能
                  • 不動産投資初心者でも、不動産投資のノウハウがよくわかるサービス「レイビー」を運営
                  • 医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」が注目を集めている
                  • 相続税の相談などもでき、心強い
                  • 賃貸管理・建物管理も行っているので、購入後の手続きもスムーズ

                  グローバル・リンク・マネジメントは、渋谷区にある不動産会社。不動産の開発、販売、管理業などを行っています。

                  セミナーの開催はなんと毎日。開催時間もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて、好きな時に受けることができます。

                   不動産投資についてわかりやすいコンテンツが豊富な「レイビー」を見れば、初心者も不動産投資がよくわかります。

                  記事はたった5分で読めて、誰でも簡単に理解できるので、不動産投資初心者にとってはありがたいコンテンツです。

                  他にも相続税の相談ができたりと、不動産についての困りごとには心強い存在となってくれるでしょう。

                  医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」も、不動産投資に興味がある医師たちから注目を集めています。

                  企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
                  所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
                  渋谷マークシティウエスト21階
                  設立 2005年3月
                  入居率 98.42%

                  出典:不動産投資マンスリーレポート

                  よくある質問

                  不動産経営とは?
                  不動産投資とは、不動産を所有し、他人に貸し出すことで利益を得る事業のことです。不動産経営は、区分マンション・一戸建て・一棟アパート・一棟マンションの4種類に分かれます。
                  不動産経営を今すぐ始めた方が良い理由は?
                  不動産経営を今すぐ始めた方が良い理由は、低金利であることや早期から資産形成ができるためです。また、投資用のローンは年齢を重ねるほど月々の負担が大きくなるため、負担額の少ない現役のうちに始めることをおすすめします。
                  不動産経営の儲け方は?
                  不動産経営は、インカムゲインとキャピタルゲインの大きく分けて2つの儲け方があります。インカムゲインはメインの収入となる家賃収入で、キャピタルゲインは不動産を安く買って高く売ることで得られる売却益のことを言います。
                  不動産経営の注意点は?
                  不動産経営の注意点は、経営コストがかかることや、自然災害リスクと老朽化リスクがあることです。また、空室期間をできるだけ短くするためには、物件の立地を見極めることが重要です。立地条件が悪い物件を購入した場合、空室期間が長引いてしまう恐れがあるので、立地に注意して物件も選びましょう。
                  不動産経営のメリットは?
                  不動産経営を始める最大のメリットは、不動産という大きな資産が手に入り、安定した収入が得られる可能性があることです。節税対策に効果があったり、生命保険の代わりになったりすることもメリットです。融資を受けることで少額の自己資金から始められるのも魅力の一つです。
                  不動産経営のデメリットは?
                  不動産経営のデメリットとして、部屋の家賃が下落したり、ローンの返済中に金利が上昇したりする可能性があることが挙げられます。また、売却に時間がかかることや、空室によって収入が減少するリスクもあります。
                  不動産経営を成功させるために必要な準備は?
                  不動産経営を成功させるためには、不動産経営にかかる費用を抑えることが重要です。また、不動産経営に関して学んだり、セミナーに参加して最新情報を得たりすることも成功させる秘訣です。
                  不動産経営に向いている人の特徴は?
                  不動産経営は、安定した所得があり、長期的な視点で物事を考えられることが求められます。また、行動力や合理的な判断力がある人も不動産経営に向いています。

                  まとめ

                  この記事では、初心者の方に向けて、不動産経営の基礎知識を解説してきました。

                  不動産経営は、株やFXに比べてリスクが小さい投資です。

                  一攫千金のようには儲けづらいですが、安定した収入を期待することができます。

                  今は低金利の時代であることや、年齢を重ねるとローンで不利になることなどから、不動産経営を始めるなら「できるだけ早いタイミング」が最適です

                  まずは不動産投資に必要な準備を整えて、金利の低いうちに不動産投資を始めましょう。

                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                  ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                  ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                  おすすめの記事