【売却におすすめ】不動産一括査定サイト人気比較ランキング

所有している不動産の売却を考えているなら、まずは不動産一括査定サイトで無料査定をしてみるのがいいでしょう。

しかし、不動産一括査定サイトは数多くあるので、どのサイトを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、おすすめの不動産一括査定サイトを14個ご紹介します。不動産売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産一括査定サイトの仕組みとメリット

自分の条件に合った売却をするなら、 不動産会社を見極めることが大事

ただ、1社1社見て比較検討するのは時間も手間もかかってしまいます。 そんなときに役立つのが 不動産一括査定サイト です。

不動産一括査定サイトの仕組み
不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、 一度に複数社から査定結果がもらえる
比較検討がラク! より高く売却できる 不動産会社が見つかる!
審査で悪徳な不動産会社は 排除 されているため安心!

完全無料 で利用できるため、不動産の適正価格が知りたい方はぜひ利用しましょう。

不動産売却におすすめの一括査定サイト14選

出典:各公式サイトより(スーモ売却すまいValueイエウールHOME4UREGuideLIFULL HOME’Sイエイリビンマッチ住友不動産販売

SUUMO売却査定

SUUMO売却

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 同時査定が最大10社まで可能!
  • エリアや路線、駅から売却に頼れる不動産会社を探すことができる
  • 店舗ごとに紹介ページがあり、店舗の特徴や売り上げ実績、スタッフ紹介もしているので安心感がある
  • 細かいエリアごとの売却相場をすぐに確認できる
  • 不動産売却の段取りや流れ、ノウハウがわかりやすいコンテンツが豊富にある
  • エリアやマンション名から、購入希望者、予算などを確認できる

SUUMO売却査定は、不動産・住宅サイトのSUUMOが運営する不動産一括査定サイトです。他の査定サイトにおける同時査定可能社数は6社が一般的ですが、SUUMO売却査定ではなんと最大10社まで可能!

査定を依頼できる不動産会社の店舗ごとに紹介ページがあり、売却実績やスタッフも確認することができます。売却を依頼する前に確認できるので、安心ですよね。

 トップページから売却相場をすぐに確認できるのも魅力。査定依頼前に相場を確認し、査定額が適正価格なのか見極めやすくなります。

また、不動産売却の段取りや流れ、ノウハウなどもわかりやすいコンテンツが豊富にあります。事前に目を通しておけば、スムーズに売却を進めることができるでしょう。

エリアやマンション名から、現在購入希望者がいるか検索できる機能もとっても便利です。

購入者の予算も表示されるので、おおよその売却価格も予想できます。査定前に、ぜひ確認してみてください。

提携会社数 約2,000社
最大一括査定社数 10社
電話番号 0120-070-091(スーモカウンター)

出典:SUUMO売却査定 公式サイト

すまいvalue

すまいValue

すまいValueのココがおすすめ
  • 不動産大手6社が直営する一括査定サイト
  • 査定依頼件数40万件突破※1
  • 「安心」「安全」に取引できた割合96.3%※2
  • 6社合計の店舗数は全国900店舗
  • 6社合計の成約件数12万件以上※3で売却力がある!

大手6社の価格を査定! すまいValue
無料で一括査定を申し込む

すまいValueは不動産業界を牽引する大手6社が運営する一括査定サイトです。

大手6社はこちら
・三井のリハウス
・野村の仲介+
・小田急不動産
・三菱地所ハウスネット
・住友不動産販売
・東急リバブル

長年売却活動を築いてきた大手6社だからこそ、適正な査定価格で売却成約まで繋げることができています。

売却にかかる期間は平均2.7ヶ月と、早期成約が期待できる査定サイトです。

安心・安全に取引できた割合96.3%、2021年度成約件数12万件以上と、利用者からの評価も高く実績も申し分ありません。

 大手6社それぞれ成約時・成約後のサポートも充実しています。
提携会社数 6社
最大一括査定社数 6社
電話番号

大手6社の価格を査定! すまいValue
無料で一括査定を申し込む

出典:すまいValue 公式サイト

※1~3

※1 … 2022年4月10日時点(賃貸専門店舗を含む)

※2 … 2016年10月サービススタート時から2020年7月時点までの集計

※3) 2021年度実績

イエウール

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 提携不動産会社は1,974社突破!
  • 月間利用者数が1万3千人突破でNo.1の実績
  • 47都道府県で審査対応可能!地方の不動産会社も見つかりやすい
  • 売却成立サポート件数は年間20万件以上

出典:公式ページ
※東京商工リサーチ調べ、提携不動産会社数・利用者数・査定対応エリア数No.1, 出典:https://ieul.jp/

全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

イエウールは株式会社Speeeが運営する一括査定サイトで、最大6社に一括で査定を申し込むことができます。提携している不動産会社は1,900社以上と比較的多いため、年間20万件以上の売却成立が実現しています。

 東京商工リサーチ社で行った「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」では、イエウールが利用者数・提携会社数・対応エリア数などで堂々の1位を獲得する結果となりました。

全国47都道府県で審査対応しているため、場所に縛りがない点もおすすめできるポイントです。

地方でも査定依頼が可能な不動産会社を見つけられるでしょう。
また、イエウールでは次の物件種別で依頼が可能となっています。
イエウールで査定可能な物件種別
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート・一棟マンション
・区分マンション(収益)
・一棟ビル
・区分所有ビル(ビル一室)
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他

査定可能な不動産の種類が豊富な点も、イエウールの利用者が多い理由の1つでしょう。

提携会社数 1,974社※2020年7月時点
最大一括査定社数 6
電話番号

出典:イエウール 公式サイト

全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

三井のリハウス

三井のリハウスのココがおすすめ
  • 仲介実績35年連続1位!
  • 不動産一括査定サービス「すまいValue」に参加している
  • 売り手・買い手を手厚くサポートする「360°サポート」を導入
  • サポートするスタッフは全員、宅建資格を持ったスペシャリスト
  • 1分で簡単に査定できる

「三井のリハウス」は三井不動産リアルティによって運営されている、個人向け不動産仲介業者です。

三井のリハウスは仲介実績が凄まじく、35年間連続業界1位という圧倒的な記録を残しています。この記録は今現在も続いており、不動産業界で圧倒的な地位を築いています。

オリコン満足度ランキングでも三井のリハウスはトップ10に入っており、マンションで7位、戸建で5位となっています。

三井のリハウスはサポート体制が充実していることでも有名です。三井のリハウスでは売り手・買い手の双方が安心して取引できるような「360°サポート」という体制を敷いています。

360°サポートでは取引前の建物・設備の調査が無料で利用できます。取引前のメンテナンスとして非常に便利です。

 取引後でも期間内であれば建物の補修、設備の修理、害虫駆除などが無料で利用できます。

また三井のリハウスは「すまいValue」という不動産一括査定サイトに参加しています。すまいValueを利用することによりスピーディーに、査定金額を確認することができるのです。

すまいValueで査定してもらえる企業は住友不動産販売、東急リバブル、小田急不動産、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、三井のリハウスの6社です。

どの会社も大手企業ばかりですので、安心して不動産売買を行えるでしょう。

提携会社数 約1,300社
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-585-331(売却専用コールセンター)

出典:三井のリハウス 公式サイト

HOME4U

HOME4U キャプチャ

HOME4Uのココがおすすめ
  • 厳選した優良不動産会社1,800社以上と提携
  • 業界最長の実績20年
  • 売却査定数は累計45万件を突破(2021年6月時点)
  • 年間利用者約1,400万人を突破
  • お客様満足度97.5%と高評価
  • 悪徳な不動産会社は徹底的に排除

HOME4Uでは全国1,800社の優良不動産会社が揃っており、一度で最大6社に一括査定申込ができます。

 NTTデータグループが独自の厳しい審査を行った上で、提携する不動産会社を厳選しています。

国内で最も実績年数があるため、査定実績は累計45万件を突破・年間利用者が約1,400万人を突破するなど、実績も申し分ありません。

選んだ企業以外からの連絡は一切なく、HOME4U側で悪徳企業は排除されているため、利用者が安心できる体制が整っています。

提携会社数 1,800社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-245-171

出典:HOME4U 公式サイト

REGuide(リガイド)

REGuide

REGuideのココがおすすめ
  • 2006年から運営を続ける、不動産一括査定サイトの老舗
  • Yahoo!の会員情報をそのまま引き継げるから、入力が簡単
  • 独自の審査基準で提携する不動産会社をチェック。優良な会社とだけ提携
  • 地価の動向や推移をわかりやすくまとめて、記載している
  • 住宅地の地価平均やランキングなどもわかり、参考にできる

運営16年目で実績豊富! REGuide
無料で一括査定を申し込む

REGuideは、株式会社ウェイブダッシュが運営する不動産一括査定サイトです。2006年にサービスが誕生し、16年もの間、多くの人々から利用されてきました。

 Yahoo!の会員情報をそのまま引き継げるので、査定依頼時に、個人情報入力の手間が省けます。

また、REGuide独自の審査基準で、提携する不動産会社をチェック。審査を通過した優良な不動産会社とだけ提携しているので、どの会社に依頼しても安心です。

トップページに表示されている地域をクリックすれば、地価推移や坪平均単価、売却実績などがわかります。

とても参考になる情報なので、所有物件の地域をクリックし、ぜひ読んでみてください。

提携会社数 800社以上
最大一括査定社数 10社
電話番号 03-5532-2077

出典:REGuide 公式サイト

運営16年目で実績豊富! REGuide
無料で一括査定を申し込む

LIFULL HOME’S

LIFULL HOME’S LP

ホームズ不動産売却のココがおすすめ
  • 提携会社数が3,221社※1 より多くの不動産会社と比較することができる
  • 利用者数は736万人を突破※2。たくさんの人から支持されている
  • 不動産会社の特徴などが詳しく掲載しているから、合う会社を見つけやすい

ホームズ不動産売却は、不動産情報サイトで広く知られている「ライフルホームズ」が運営する不動産一括査定サイトです。

提携不動産会社数は3,000社を超え、利用者数は736万人を突破。たくさんの人から支持されています。

 個人情報が知られたくないときには、匿名査定も可能。不動産会社から営業電話などが来ることはありません。

「一括不動産査定をしてから知らない不動産会社からたくさん営業電話が来るようになった」なんてことはないので、安心してください。

不動産会社の情報も詳しく掲載されているため、事前にどんな会社かわかった上で査定をお願いできるところも嬉しいポイントですね。

提携会社数 3,221社(2021年8月15日時点)
最大一括査定社数 10社
電話番号 0120-247-036(東京都にあるマンション限定)

出典:LIFULL HOME’S 公式サイト

※1 2021年8月15日時点 公式サイトより
※2 2021年1月時点 公式サイトより

リビンマッチ

リビンマッチ

リビンマッチのココがおすすめ
  • 完全無料&全国対応
  • 査定可能な物件の種類が豊富!
  • 15年の運営実績があり、信用できる
  • 年間12万件※の査定依頼・資料請求の実績
  • 売却査定のほかに不動産関連のサービスを数多く提供しているから、知識とノウハウがある
  • プライバシーマークを取得しているため、個人情報保護も徹底
  • 契約後の電話取材でギフトカードがもらえるなどの特典がある

不動産査定サイト認知度No.1! リビンマッチ
無料で一括査定を申し込む

リビンマッチは、リビン・テクノロジーズ株式会社が運営する不動産一括査定サイトです。運営は15年に及び、年間12万件もの査定依頼、資料請求の実績があります。

 売却査定の方にも不動産関連のサービスを数多く提供しているから、不動産の知識が豊富です。

どんな困りごとも、専門的な知識を活かして、すぐに解決してくれそうですね。

プライバシーマークを取得しているから、もちろん個人情報漏洩の心配はありません。

また、リビンマッチは以下のとおり査定可能な不動産の種類が比較的多い点も特徴です。

  • マンション
  • 戸建て
  • 土地
  • 投資物件
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地 など

契約後に電話取材を受けるだけでもれなくもらえるギフトカードも、お得感があります。

ギフトカードプレゼントの詳細

最短45秒で簡単に無料査定ができるので、不動産の適正価格を知りたい方はリビンマッチの活用をおすすめします。

提携会社数 約1,700社
最大一括査定社数 6社
電話番号 03-5847-8558

出典:リビンマッチ不動産売却のポイント

不動産査定サイト認知度No.1! リビンマッチ
無料で一括査定を申し込む

住友不動産販売

住友不動産販売

住友不動産販売のココがおすすめ
  • 年間購入相談件数20万件以上※1
  • 年間取扱件数3.8万件以上※2
  • 顧客満足度94.6%※3
  • 広告戦略からアフターフォローまでマンツーマン営業体制
  • 全国249店舗のネットワーク※4

住友不動産販売は、大手住友不動産グループが展開する不動産仲介会社です。住友不動産販売の年間取扱件数は3.8万件以上で、年間購入相談件数は20万件以上あります。(2021年度実績)

多くの顧客を抱えているため、早期売却が期待できます。

 広告戦略や契約、アフターフォローなど一貫したマンツーマン営業体制となっていて、全国に249店舗展開しているため、地域に密着した取引が可能です。

住友不動産販売のサイトだけでなく「アットホーム」「SUUMO」「健美家」「楽待」など、さまざまなサイトに広告を掲載するため、たくさんの人に物件情報を見てもらえる可能性があります。

Webサイトから「物件種別」「都道府県」「市区町村」「町名」を選択するだけで簡単に査定依頼ができ、電話による依頼・相談は年中無休で24時間対応です。

買取を希望する場合は、プロ買取業者の一括紹介サービス「ステップオークション」も利用できます。
提携会社数
最大一括査定社数 1社(住友不動産販売)
電話番号 0120-566-742

出典:住友不動産販売 公式サイト

※1~4
※1 ※2 2021年度実績
※3 2021年度(6月〜3月)中に当社でお取引いただいたお客様を対象に実施したアンケートで、不動産取引の機会が生じた際、再度弊社を利用したいとご回答いただいたお客様の割合
※4 2022年6月1日時点

IESHIL(イエシル)

イエシル

イエシルのココがおすすめ
  • 個別相談会の満足度93.6%!オンラインで不動産専門家に質問し放題
  • 不動産について勉強できるお役立ちコラムを掲載
  • 約9,000万件の賃貸情報や売買履歴などのビッグデータをもとにリアルタイム査定その時々の価値がわかる
  • 専任アドバイザーと無料相談可能!不動産会社に行く前の不安を解消できる

 
アドバイザーと無料で相談可能 イエシル
無料で個別査定を依頼する

不動産売却に関してわからないことがあれば、個別相談会で不動産の専門家(アドバイザー)に質問することが可能です。

さらに、経験豊富なアドバイザーがお客様に合った不動産会社を最大4社まで紹介してくれます。

 イエシルのアドバイザーは、「不動産仲介経験10年以上」、「宅建などの有資格者」に当てはまり、かつ中立的な立場からアドバイスできる人のみに厳選されています。

また、ビッグデータをもとにリアルタイム価格査定を算出しているため、今のマンション価格がすぐに分かる点も特徴です。

従来、物件をフラットに評価するのは難しいものでしたが、イエシルでは”Flat Rating System”によって多角的・客観的な定量評価を実現しています。

“Flat Rating System”とは?
政府が提供する公的なデータなどを活用し、利便性・治安・地盤の安全性・子育て環境など多方面から物件を評価するシステムです。特許も出願しています。
提携会社数 非公表
最大一括査定社数 4社
電話番号 03-6417-4091

お客様の安心・安全な物件探しに寄与しているシステムといえるでしょう。
 
 
アドバイザーと無料で相談可能 イエシル
無料で個別査定を依頼する

いえうり

いえうりのココがおすすめ
  • 自分が会いたいと思った不動産会社だけ選べる
  • 提携している不動産会社が多いので、広い地域に対応
  • 仲介も売買も担当
  • 不動産のプロがサポートしてくれるので安心
  • 査定申込時は不動産会社に物件情報のみ開示されるので、業者から連絡が来ない
  • 税理士を無料で紹介してくれるので、税金の相談や相続した物件の売却でも安心

 

最短3日で査定結果がわかる いえうり
無料で一括査定を申し込む

 

いえうりは「Non Brokers株式会社」が運営する不動産査定サービスです。2021年に誕生した非常に新しいサービスとなっています。

いえうりではこれまで紹介した不動産一括査定サイトとは異質で、入札競争システムを採用しています。

多くの不動産一括査定サービスが6社程度しか査定額を開示できないのに対して、いえうりは最大10社分の査定を見ることが可能です。

より高い査定を出してくれる不動産会社を効率的に探すことができます。

通常不動産一括査定サービスに個人情報を登録すると、電話やメールが頻繁に来るため煩わしく思う方も多いでしょう。

その点、いえうりでは査定時に不動産会社に公開されるのは物件情報のみです。

その後会って話したい不動産会社を利用者が選べるようなシステムになっているので、会社から頻繁に連絡が来たりといった心配はありません。

 個人情報保護の観点から見ても安心です。

いえうりは営業の電話が煩わしい、短時間でより高く売却したいという方におすすめのサービスです。

提携会社数 約1,300社
最大一括査定社数 10社
電話番号 0120−347−136

出典:いえうり公式サイト

最短3日で査定結果がわかる いえうり
無料で一括査定を申し込む

アットホーム

アットホーム

アットホームのココがおすすめ
  • トップページに常に最新の売却事例が表示されているので、実績がわかりやすい
  • 簡単な物件情報を入れるだけで、10秒で相場情報がわかる
  • 不動産情報サイトのアットホームならではのお役立ちコンテンツがわかりやすい
  • 都道府県から不動産会社を探すことができる
  • 注目のエリアがピックアップされていて、売り時を逃さない

不動産情報サイトのアットホームが運営する不動産一括査定では、2,045もの不動産会社が提携し、査定依頼ができます。
※2021年8月15日時点 公式サイトより

アットホームならではのお役立ちコンテンツを豊富に用意。不動産のことがわからない初心者にも、売却の流れなどがわかりやすく説明してくれます。

 物件の簡単な情報を入力するだけで、周辺の相場情報がわかる「簡易査定」もとても便利。たった10秒で入力が完了します。

まずは簡易査定で事前に相場を調べておくと、査定を依頼する際に査定額が適正かどうかがわかりやすいので、おすすめです。

不動産の基礎知識や用語集などのコンテンツもあるので、やりとりをしていて困ったときにも頼りなるでしょう。

トップページに常に最新事例を更新しているので、「多くの売却をしているんだ」と、実績を確認できるので安心です。

提携会社数 2,045社(2021年8月15日時点)
最大一括査定社数 5社以上
電話番号 0120-134-855(アットホームカスタマーセンター)

出典:アットホーム 公式サイト

すまいステップ

すまいステップ

すまいステップのココがおすすめ
  • 年間の利用者数は200万人超え確かな実績がある
  • すまいステップが厳選した優良な不動産会社100社以上と提携
  • トップページに売却事例のランキングがあり、得意な土地がわかる
  • 媒介契約を結ぶと、その会社のエース級営業マンが担当。売却力にも期待できる
  • 相場情報が初心者でもわかりやすいよう、丁寧にまとめてある

公式サイトより

すまいステップを運営するのは、東証JQに上場している株式会社Speeeです。Speeeはすまいステップの他に、「イエウール」という不動産一括査定サイトも運営しています。

すまいステップの年間利用者数は200万人超え。確かな実績があるから、安心して利用できます。

 売却事例のランキングは毎日更新。どんな土地で不動産売却が行われているのか、リアルタイムで知ることが可能です。

相場がわかるページは、初心者でもわかりやすいようにまとめてあり、どんな人にも理解できる優しい作りとなっています。

媒介契約を結んだ後の売却は、その会社のエース級の営業マンが担当してくれるので、売却スピードも期待できますね。

すまいステップが厳選した優良な不動産会社とだけ提携している結果でしょう。一度、査定してみてはいかがでしょうか。

提携会社数 100社以上
最大一括査定社数 4社
電話番号 03-5114-1943(運営会社Speee代表電話番号)

出典:すまいステップ 公式サイト

おうちダイレクト

 

おうちダイレクトのおすすめポイント
  • 運営は誰もが知っている「ヤフー、ソニーグループ」
  • 都市部のマンション売買を得意としている企業が多く参加
  • 「片手仲介」により、SER不動産に一括査定ができる

おうちダイレクトは、ヤフーとソニーグループが共同で運営する不動産一括査定サイトで、都市部のマンション売却をお考えの方には非常におススメです。

提携不動産会社数は少ないですが、都市部のマンション売買を得意にしている企業が多く参加しているため、都市部でマンションを売りたいと考えている方にはぴったりのサービスです。

おうちダイレクトは「片手仲介専門」。SRE不動産に一括査定が依頼できる唯一の不動産一括査定サイトでもあるのです。

加えて、おうちダイレクト経由で契約をすれば、ヤフーの超巨大ネットワーク広告を使った査定が出来ることも大きなメリット。

 簡単に多くの購入検討者を集客することが可能となっています。

個人間での売買も視野に入れている・仲介手数料を節約したい・価格推移を定期的にチェックしてじっくり売却の計画を立てたいといった人にも非常におすすめなサイトです。

提携会社数 複数社
最大一括査定社数 上限なし
電話番号 0120-919-860(YahooJapan、お客様相談室)

イエカレ

イエカレのおすすめポイント
  • 仲介売却の査定だけでなく、「不動産会社」への売却査定が可能
  • 土地運用や経営プランの見積もりにも対応
  • コラムが充実しているため、不動産についての知識も得られる

イエカレは、イクス株式会社が運営しているサイトです。不動産会社で買取をする場合の査定も依頼でき、最大6社で比較することが可能となっています。

買取を検討している場合は、売却であっても複数社で価格比較をすることが重要。イエカレなら全てが簡単に査定できます。

また、イエカレは土地活用や賃貸経営を行う上でのプラン形成の見積にも対応しているため、自身が所有している不動産を運用して収益を発生させることを考えている人にもおすすめのサービス。

相続などによって手元にある不動産を有効活用し、アパートやマンションなどの物件を経営したいと考えている人や、売却査定だけでなく不動産会社による買取も検討している人は是非利用してみてください。

提携会社数 400社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 042-320-8111(イクス株式会社)

イエイ

イエイ

イエイのココがおすすめ
  • 創業10年で安心の実績
  • 利用者数400万人突破! 多くの人から利用されている
  • 不動産売却に詳しいスタッフが専任でいるから、24時間いつでもフォームから相談可能
  • 直接話が聞きたい時は、サポートカウンターで無料相談できる
  • お客さまからクレームが多い会社は徹底排除。常に優良な会社のみと提携している

Amazonギフト券最大10万円分プレゼント! イエイ
無料で一括査定をしてみる

イエイは、セカイエ株式会社が運営する創業10年の不動産一括査定サイトです。

創業から10年が経ち、利用者数は400万人を突破。確かな実績を積み重ねてきた、歴史ある不動産一括査定サイトです。

 困ったことやわからないことは、フォームから24時間いつでも相談可能。不動産売却の知識が豊富なスタッフが、問題を解決してくれます。

また、直接話が聞きたい場合は「サポートカウンター」にて無料で相談することも可能。1日3組限定なので、予約して行ってみてください。

また、サポートカウンターでは不動産会社へのお断りの代理連絡も受け付けているので、自分では断りづらい場合も頼りになります。

お客さんからクレームの多い会社は徹底的に排除。イエイのスタッフが、厳しい目線で安全性をチェックしています。

常に優良な不動産会社しかいない状態であるため、どこの会社に依頼しても気持ちよく売却活動をすることができそうです。

提携会社数 1,700社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 03-3568-1933(セカイエ株式会社

出典:イエイ 公式サイト

公式サイトより。

Amazonギフト券最大10万円分プレゼント! イエイ
無料で一括査定をしてみる

おすすめの不動産一括査定サイト 提携会社数比較ランキング

1位|ホームズ不動産売却:3221社

ホームズ不動産売却 LP

ホームズ不動産売却のココがおすすめ
  • 提携会社数が3221社※1 より多くの不動産会社と比較することができる
  • 利用者数は736万人を突破※2。たくさんの人から支持されている
  • 個人情報を知られたくない場合は、匿名査定も可能
  • 不動産会社の特徴などが詳しく掲載しているから、合う会社を見つけやすい
  • 国内基準・国際基準でセキュリティ認証を受けているため、情報漏洩の心配なし

※1 2021年8月15日時点 公式サイトより
※2 2021年1月時点 公式サイトより

1位は、提携不動産会社数が3000社を超えている、ホームズ不動産売却です。

全国の大手不動産会社から、地域密着型まで、さまざまなタイプの不動産会社と提携。所有物件の売却に適した会社が、きっと見つかります。

一度に査定依頼できるのも10社と多いので、より多くの会社と比較したい方は、ホームズ不動産売却がおすすめです。

2位|アットホーム:2045社

アットホーム

アットホームのココがおすすめ
  • トップページに常に最新の売却事例が表示されているので、実績がわかりやすい
  • 簡単な物件情報を入れるだけで、10秒で相場情報がわかる
  • 不動産情報サイトのアットホームならではのお役立ちコンテンツがわかりやすい
  • 都道府県から不動産会社を探すことができる
  • 注目のエリアがピックアップされていて、売り時を逃さない

2位は、2045の不動産会社と提携しているアットホームです。

不動産情報サイトとしては、6万店近くの店舗がアットホームに加盟、利用しています。
※2021年8月1日時点で59,415店 公式サイトより

加盟店の多さが、提携不動産会社の多さと比例しているのでしょう。

3位|SUUMO売却査定:約2000社

SUUMO売却

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • エリアや路線、駅から売却に頼れる不動産会社を探すことができる
  • 店舗ごとに紹介ページがあり、店舗の特徴や売り上げ実績、スタッフ紹介もしているので安心感がある
  • 細かいエリアごとの売却相場をすぐに確認できる
  • 不動産売却の段取りや流れ、ノウハウがわかりやすいコンテンツが豊富にある
  • エリアやマンション名から、購入希望者、予算などを確認できる

3位は、SUUMO売却査定です。約2000社と提携しているので、2位のアットホームと僅差での3位となりました。

1〜3位まで、全て不動産情報サイトが運営する売却査定サイトです。不動産情報サイトの莫大なデータベースが、この提携会社数の結果となったのでしょう。

やはり不動産情報サイトを運営していると、すでに関係性があるので、多くの不動産会社とスムーズに提携できるのでしょう。

 

出典:SUUMO売却査定 公式サイト

※このランキングは各不動産一括査定サイトの提携会社数を比較し作成しています。
※2021年8月時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。

【地方向け】不動産一括査定サイト 対応エリアカバー率ランキング

ランキングの注意点
このランキングは東京商工リサーチの「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」を参考に作成しています。

1位|イエウール:1,803エリア

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 提携不動産会社は1,974社突破!
  • 月間利用者数が1万3千人突破でNo.1の実績
  • 47都道府県で審査対応可能!地方の不動産会社も見つかりやすい
  • 売却成立サポート件数は年間20万件以上

出典:公式ページ
※東京商工リサーチ調べ、提携不動産会社数・利用者数・査定対応エリア数No.1, 出典:https://ieul.jp/

全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

2位|イエイ:1,380エリア

イエイ

イエイのココがおすすめ
  • 創業10年で安心の実績
  • 利用者数400万人突破! 多くの人から利用されている
  • 不動産売却に詳しいスタッフが専任でいるから、24時間いつでもフォームから相談可能
  • 直接話が聞きたい時は、サポートカウンターで無料相談できる
  • お客さまからクレームが多い会社は徹底排除。常に優良な会社のみと提携している

公式サイトより

Amazonギフト券最大10万円分プレゼント! イエイ
無料で一括査定をしてみる

3位|リビンマッチ:1,350エリア

リビンマッチ

リビンマッチのココがおすすめ
  • 15年の運営実績があり、信用できる
  • 年間12万件※の査定依頼・資料請求の実績
  • 売却査定のほかに不動産関連のサービスを数多く提供しているから、知識とノウハウがある
  • プライバシーマークを取得しているため、個人情報保護も徹底
  • 契約後の電話取材でギフトカードがもらえるなどの特典がある

※ 公式サイトより

不動産査定サイト認知度No.1! リビンマッチ
無料で一括査定を申し込む

【マンション特化】不動産一括査定サイトおすすめ5選

IESHIL

IESHIL

IESHILのココがおすすめ
  • リアルタイム査定でマンション相場がすぐにわかる
  • 約9,000万件のデータから部屋ごとの売却参考価格を算出
  • 不動産仲介経験豊富な専門家からのアドバイスが無料
  • 査定見積もりは最大3社まで!量より質重視で面倒な打ち合わせを削減
  • マンションに強い不動産を選ぶことができる

IESHILも、マンションに特化した不動産一括査定サイトです。

リアルタイム査定と約9,000万件のデータから知りたい情報がすぐにわかる点が支持を集めています。

不動産の専門家によるアドバイスや不安点はすぐに相談できる点等も、同じく高評価を得ています。

査定見積もりは最大3社まで、量より質重視となっているため「査定サイトに見積もりを出すと大量の業者から連絡が来て対応が面倒……」と心配な方にもおすすめのサイトです。

 不動産の専門家である専任アドバイザーがマンションに強い不動産を厳選して紹介してくれるため、満足の行く価格で売却することも可能です。

そのため、膨大なデータからリアルタイムでマンション相場が把握したい方や不動産の専門家によるアドバイスや相談がOKなサイトが利用したいという方には、ぜひIESHILをおすすめします。

 
アドバイザーと無料で相談可能 イエシル
無料で個別査定を依頼する

運営会社 株式会社リブセンス
提携不動産会社数 非公表
同時査定依頼可能会社数 最大4社
査定に対応する不動産の種類 区分マンション
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

 
アドバイザーと無料で相談可能 イエシル
無料で個別査定を依頼する

参照:公式サイト

イエウール

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 査定利用者数は業界No,1※1
  • 提携社数全国1,900社以上
  • 悪徳業者排除システムで優良業者のみ厳選
  • 売却成立サポート件数、年間20万件以上の実績※2
  • 最大6社と比較して1番高い価格で売却できる

※1 2020年、東京商工リサーチによる「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」の結果
※2  公式サイトホームページ参考

イエウールの査定利用者は業界トップクラスで、提携社数も全国1,900社以上、加えて悪徳業者排除システムにより安心と信頼が売りのサイトです。

 また売却成立サポート件数は年間20万件以上で実績が豊富な点も人気の所以です。

更に最大6社と比較することにより、その中で1番高い価格で売却することができます。

「数多くの不動産と比較したい」という方には、ぜひイエウールをおすすめします。
全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む
運営会社 株式会社Speee
提携不動産会社数 1,974社※2020年7月時点
同時査定依頼可能会社数 最大6
査定に対応する不動産の種類 区分マンション、一戸建て、土地
対応エリア 全国
全国の不動産を査定可能! イエウール
無料で一括査定を申し込む

参照:公式サイト

マンションナビ

マンションナビ

マンションナビのココがおすすめ
  • マンション売却に特化
  • AI査定で相場がすぐにわかる
  • マンションの売却に強い2,500もの不動産と提携
  • 査定価格の推移までわかる
  • 売買契約成立で最大10万円分のギフトがもらえる!

※キャンペーンの終了時期は未定です。

マンションナビは、マンションに特化した不動産一括査定サイトの代表だと言えるでしょう。

 AI査定でマンションの相場や査定価格の推移までわかるため、忙しい方でも簡単に利用できるサイトとなっています。

またマンションナビがマンションに特化しているといわれる所以は、マンション売却に強い不動産2,500店舗と連携しているため、高い価格で売却できる点です。

せっかく売却するならばやはり1円でも高く売りたいと思うのは当然ですよね。

その他にも、売買契約が成立すると最大10万円分のギフトがもらえるという特典もあります。(売買価格が20,001万円以上)

「マンション売却に特化している不動産を選びたい」「最大10万円のギフトも見逃せない」という方には、マンションナビをおすすめします。

運営会社 マンションリサーチ株式会社
提携不動産会社数 2,500社以上
同時査定依頼可能会社数 最大9社
査定に対応する不動産の種類 区分マンション
対応エリア 全国

参照:公式サイト

 

HowMa

How Ma

How Maのココがおすすめ
  • 顧客満足度94%※1
  • 日本初!査定から売却までがオンライン完結OK
  • 2021年11月時点で約42,00万件以上の物件を査定※2
  • リアルタイム査定で時間をかけずに全国のマンション相場がわかる
  • How Maサイトから査定結果が届くため、不動産からの営業電話ゼロ!

※1 ※How MaによるHowMaを利用して売買成約されたユーザーへのアンケート調査より(集計期間:2018年1月1日〜2020年11月30日)
※2 How Ma公式サイトより参考

How Maの利用満足度は94%で、日本で初めての査定から売却までがすべてオンラインで完結できる点が特徴的なサイトとなります。

実績に関しても非常に豊富で2021年11月現在で約4,200万件以上の物件を査定しており、AI査定に関しても「実際に不動産屋に行って提示された価格と変わりがなかった」と言われるまで正確なリアルタイム相場を算出してくれます。

 また査定結果は直接ではなくHow Maサイトを経由して届くため、よくある不動産からの営業電話もゼロです。

そのため、査定から売却までオンラインで解決させたい!満足度や実績が高いサイト、営業電話もゼロなサイトが良い!という方はぜひHow Maの利用をおすすめします。

運営会社 株式会社コラビット
提携不動産会社数 30社
同時査定依頼可能会社数 最大6社
査定に対応する不動産の種類 区分マンション、戸建て
対応エリア AI査定は全国、オンライン売却は東京23区・神奈川県

参照:公式サイト

すまいステップ

すまいステップ

すまいステップのココがおすすめ
  • イエウール運営会社Speeeが2020年4月1日に立ち上げた新しい不動産一括査定サイト
  • 提携不動産の数ではなく質を重視で優良不動産に特化
  • すまいステップの担当者は厳しい条件をクリアした不動産の専門家が集結
  • マンションマーケットと提携し、マンション売却を強化している
  • 同時見積もりは最大4社まで!少数精鋭でマンション売却を考えたい人におすすめ

すまいステップは「イエウール」の運営会社Speeeが2020年4月1日に立ち上げた新しい不動産一括査定サイトで、イエウールと比べて量より質重視のサイトになります。

加えて、すまいステップの担当者は厳しい条件をクリアした不動産の専門家のみとなっており、対応から情報力まですべてがプロと言っても過言ではないでしょう。

 大手のマンション不動産ポータルサイト「マンションマーケット」とも連携してマンション売却を強化しています。

見積もりは最大4社までとイエウールと比べると少ないですが、イエウールが明言している不動産ですから優良不動産であること間違いなしです。

「マンションと優良不動産に特化したサイトが利用したい」という方は、ぜひすまいステップの利用をおすすめします。
運営会社 株式会社Speee
提携不動産会社数 1,000社以上
同時査定依頼可能会社数 最大4社
査定に対応する不動産の種類 区分マンション、戸建て、土地、ビル
対応エリア 全国

不動産売却で一括査定サイトを活用すべき理由

簡単に査定ができる

簡単に査定ができる

不動産一括査定サイトはわざわざ不動産会社に足を運ばなくてもネットで簡単に査定をすることができます。

最近でさまざまな事情で外出が難しい状況が続いているため、不動産一括サイトを利用することで手軽に査定ができる点は不動産一括サイトを活用すべき理由の1つです。

お家で査定ができる点は不動産一括査定サイトの大きな特徴ですが、登録した瞬間電話が鳴りやまない!という口コミも多いため、サイト選びは慎重に。

手軽に複数の査定価格を比較できる

不動産によって売却価格は違うため、1つに絞って査定をお願いしてしまうと後々「あっちの不動産の方が安かった」という可能性もあります。

そのため、初めて売却を考えている方は複数の査定依頼をすることで自分に合った不動産を選ぶことができるという利点があるでしょう。

大切なお家を売却するのですから、破格の値段で売却してしまった!とならないように、しっかりと査定価格を比較して不動産を選びましょう。

適正価格がわかる

適正価格がわかる

1つの不動産にのみ査定依頼をすると、その1つの不動産で提示された価格しかわかりません。

ですが、不動産一括サイトを利用することで複数の査定価格から適正価格を知ることができます

適正価格は素人では判断が難しいです。そのため、複数の不動産と比較して適正価格を算出する方法をおすすめします。

相性の良い不動産を見つけることができる

売却以外にも、家を探すときに「ここは担当者の態度が悪い」「ここは親身に対応してくれた」等、不動産と相性の良し悪しを感じたことのある方も多いのではないでしょうか。

悪徳業者に出会わないためにも、不動産の一括サイトを利用すればご自身と相性の良い不動産を見つけることもできます。

不動産の中にも売ることだけを重視しているところもあるため、悪徳業者に出会わないように細心の注意を払いましょう。

不動産一括査定サイトのメリット・デメリット

不動産一括査定サイトのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 一括で複数の査定額を知ることができる
  • 複数の査定額を比較することができる
  • 良い条件を提示される可能性が高くなる
  • 複数の不動産から営業メールや電話がしつこい可能性がある
  • 適正価格の判断が難しい
  • 対応エリアが地方に対応していないサイトもある

不動産一括査定サイトの大きなメリットは一括で複数の査定額を知ることができる点やその査定額を比較して適正価格を知ることができる点です。

また不動産会社が多ければ多いほど、良い条件を提示される可能性も高くなります。

 複数の不動産から営業メールや電話がしつこい可能性があることや適正価格の判断が難しい点、サイトによっては地方には対応していないこともあるでしょう。

このようなデメリットには「連絡方法はメールを指定」「査定額の根拠をしっかりと説明してくれる不動産を選ぶ」「全国に対応しているサイトを選ぶ」などで対策ができます。

自身がデメリットに感じる部分に関してもサイトや不動産が対応しているか、しっかりとチェックするようにしましょう。

一括査定サイトに登録されている不動産会社の傾向を知る

一括査定サイトに登録されている不動産会社の傾向を知る

一括査定サイトを登録されている不動産の仕組みは「不動産を売却する見込みがある人を不動産会社に紹介する」ことで紹介料を得る仕組みです。

一括査定サイト側は、「さらに提携不動産会社を増やして利益を増やしたい」と考えていることでしょう。

しかし、提携不動産会社を増やせば良いということでもなく、一括査定サイトでは、実績や口コミ評価が高いなど、自信を持って紹介できる不動産会社と提携しています。

 不動産一括査定サイトに登録されている不動産会社は知名度があり実績も申し分なく、加えて口コミでの評価も高い優良不動産が揃っている傾向にあります。

ただし、優良不動産が揃っているとはいえ、不動産との相性は人によりけりとなるため、複数の不動産から自分に合った不動産を選ぶことが大切です。

不動産売却におすすめの一括査定サイトの選び方

不動産売却におすすめの一括査定サイトの選び方

不動産一括査定サイトを11個紹介しましたが、実際に利用するにはどのサイトがいいのか迷ってしまいますよね。

自分の重視するポイントで選べば、ピッタリな不動産一括査定サイトを見つけられます。

多くの会社と比較したいなら、提携会社数で選ぶ

より多くの会社と比較したいのであれば、提携会社が多い不動産一括査定サイトを選びましょう。

例えばホームズ不動産売却は、提携不動産会社数が3221社と多く、他サイトより多くの不動産会社と比較することができます。

たくさんの会社と比較して、少しでも高値で売れると嬉しいですよね。

個人情報漏洩が心配なら、セキュリティ認証で選ぶ

個人情報漏洩が心配なら、セキュリティ認証で選ぶ

「一括査定サイトで査定を行ったら、どこかに個人情報が流出しないか不安」という方は、セキュリティ認証を受けている不動産一括査定サイトを選びましょう。

基本的に個人情報が外に流出する可能性は低いですが、セキュリティ認証を受けていると、その可能性はゼロに近いものになります。

 セキュリティ認証の審査は厳しく、個人情報の取扱いも厳重です。認証を受けていれば、安心して査定を行うことができます。

セキュリティ認証を受けているのであれば、公式サイトに記載があるはずなので、確認してから査定依頼をしましょう。

プライバシーマークやISMSなど、さまざまな種類がありますが、どの認証も審査は厳しいです。承認を受けていれば安心でしょう。

それでも不安なら、実績で選ぶ

セキュリティ認証があっても、「やっぱり不動産一括サイトを使うのは怖い」と思うのであれば、実績があるサイトを選びましょう。

サービスが悪かったり、提携している不動産会社の対応が酷かったら、口コミなどですぐに広がり、長年サイトの運営を続けられません。

 また、短い期間の運営でも、利用者数が多ければ、それほど実績があるので信頼できるでしょう。

短期間でも多くの人が利用していれば、サービスがいい証拠です。安心して利用していいでしょう。

統計や年間の利用者数、査定実績を参考にしてみてくださいね。

不動産売却をする手順

不動産売却をする手順

不動産売却をする際は、何から手をつければいいのかわからない方もいますよね。

こちらで、不動産売却をする際の手順を4ステップに分けて詳しく説明いたします。

STEP①必要書類を手元に用意する

まずは、不動産売却をする際に必要な書類を手元に用意しましょう。先に準備しておくことで、その後の手続きがスムーズに行えます。

不動産売却をする際に手元に用意する主な書類一覧
・物件の登記済権利書もしくは登記識別情報
・固定資産税評価証明書もしくは固定資産税納税通知書
・都市計画税納税通知書
・ローン残高証明書もしくはローン返済予定表
・マンションの維持管理費、修繕積立金、町内会費などが示された書類
・マンションの管理規約やパンフレット
・その他設備表など、物件に関する書類があれば全て
・身分証明証(運転免許証など)
・住民票
・3ヶ月以内に取得した印鑑証明書
・実印
・銀行口座書類

一戸建てを売却する場合は、これに加えて土地測量図や境界確認書、建築確認済証や建築設計図などが必要です。

意外と用意する書類は多いので、事前に準備しておけば、契約時に焦ることなく進めることができますよ。

住民票や印鑑証明書など、わざわざ役所などに取りに行く必要があるものもあるので、要注意です。

STEP②不動産一括査定サイトで査定を依頼する不動産会社を探す

STEP②不動産一括査定サイトで査定を依頼する不動産会社を探す

書類が準備できたら、不動産一括査定サイトを使って、不動産会社を探しましょう

書類によっては、査定と媒介契約の間に用意しても間に合うものもあります。

 ただし、物件情報についての書類は、査定時に手元にあるようにしておきましょう。

売却を依頼する不動産会社を決めたら、本格的に査定をする「訪問査定」があります。その際に書類があると、スムーズに手続きできます。

住民票や印鑑証明などは、媒介契約時までに用意しておきましょう。

STEP③媒介契約をし、売却活動をスタート

査定額に納得ができたら、不動産会社と媒介契約を交わします。媒介契約の種類は、3種類あります。

契約の種類と契約内容の違いを、表にまとめました。

一般媒介契約 専属媒介契約 専属専任媒介契約
不動産会社との契約 複数社と契約して良い 1社のみ 1社のみ
買手探し 自分で見つけてもOK 自分で見つけてもOK 自分で見つけられない
契約期間の定め 定めなし 最長3ヶ月 最長3ヶ月
レインズ登録義務 なし 契約から7日以内 契約から5日以内
販売状況の報告義務 なし 14日に1回以上 7日に1回以上

「一般媒介契約」「専属媒介契約」「専属専任媒介契約」から選ぶことができます。

『レインズ』とは、国土交通省が指定する不動産流通機構です。ここに登録することで、全国の不動産仲介会社が物件情報を閲覧することができます。

 一般媒介契約だと、レインズへの登録義務はありません。そうすると、自分で積極的に売却活動をすることになる可能性が高いです。

不動産会社からの説明をよく聞いた上で、自分に合った媒介契約を交わしましょう。

契約すると、契約期間の間は売却を止めることができません。契約する不動産会社は、しっかりと見極めましょう。

STEP④買主が決まり入金があったら、引き渡し

STEP④買主が決まり入金があったら、引き渡し

無事に買主が決まり、売買契約を取り交わした後、期日までに契約金額の入金が確認できたら物件の引渡しです。

引渡し時には、不動産仲介会社と買主、全員で立ち会い、家の中をチェックするようにしましょう。

 引渡し後に契約不適合責任について揉めないためにも、必ず立会いは行ってください。

契約不適合責任とは、物件の設備などに不具合などの瑕疵(かし)があったときの責任です。契約後に瑕疵が発覚した場合、トラブルに発展しやすいです。

トラブルを未然に防ぐため、立会い時には設備などを買主と一緒に、細かくチェックするようにしましょう。

不動産売却前後の注意点

「不動産売却前」「不動産売却時」など、それぞれのタイミングで注意点が異なります。不動産売却にあたり、どのような点に気をつけるべきか把握しておきましょう。

リスク管理や資金計画、不動産会社選び、売却を進めるのに役立ちますよ。

ここからは、不動産売却前後の注意点を紹介します。

不動産売却前の注意点4つ

不動産売却前の注意点4つ

これから不動産売却を行うという方は、不動産売却前の注意点4つについて見ていきましょう。

不動産売却前に把握しておくべき注意点
  • 時間に余裕を持つ
  • 事前に売却相場や費用を調べる
  • 複数の業者に査定依頼を出して比較する
  • 不動産売却は費用が発生する

不動産売却は時間に余裕を持って行う

マンションやアパートなど不動産売却を行う場合は、時間に余裕を持つようにしましょう。

不動産を売却する場合、買主が見つかり売却が成立するまでに3〜6ヶ月程度かかると言われています。

売り出し〜売却完了までは、Webサイトや不動産情報誌に売却物件の情報掲載、問い合わせ、内覧対応、交渉、売買契約、引き渡しなどの過程があります。

売り出し後、数日で買主が見つかるようなことは稀です。

「主要駅の近くで利便性が良い」「人気のエリアにある物件」などの人気物件の場合はありえますが、一般的な物件であれば、買主が見つかるまでに数週間〜数ヶ月かかります。

 少しでも良い条件で不動産売却をしたい場合は、時間に余裕を持つことが大切です。

「来月までに売却してまとまったお金が必要」「再来月までに絶対に売らないといけない」など時間に余裕がないと、「良い条件で売る」ことより「早く売る」ことを優先しなければいけないためです。

たとえば、売却希望価格3000万円、希望期間1ヶ月で売り出す場合、購入希望者が1組しか現れず、希望価格が2300万円だとしたら、その金額まで値下げをするか期間内の売却を諦めなくてはなりません。

売却するのであれば、大幅な値下げが必要になります。

売却期間に余裕があれば、早く売る必要がないため売主の希望の条件で購入する買主が現れるのを時間をかけて待つことができます

このように、良い条件で売りたいのであれば、時間に余裕を持って不動産売却を行うことが大切です。

 

査定前に売却相場を調べておく

不動産を売却する場合は、査定前に売却相場を調べておきましょう。

 相場を把握していれば、「A社が提示する金額は相場より高い」「B社の査定金額は相場より割安」など、不動産会社が提示する金額が高いか安いか判断できます。

売却相場を調べる方法には、次のようなものがあります。

売却相場を調べる方法
  • レインズマーケットインフォメーションで調べる
  • 土地総合情報システムで調べる
  • 不動産ポータルサイトで調べる


レインズは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営・管理する不動産流通標準情報システムです。マンションと戸建ての直近1年の不動産売買情報を確認できます。

2022年1月時点の掲載情報は約11万1000件です。

土地総合情報システムは国土交通省が運営するサイトで、不動産取引価格や地価公示・都道府県地価調査の価格を調べられます。マンションと土地などの取引価格を確認できます。

これら、レインズと土地総合情報システムでは、実際に取引が成立した金額を知ることが可能です。

また、不動産ポータルサイトでは、現在売出し中の物件価格を調べられます。売却不動産と条件が似た物件が、どれくらいで売り出されているかわかります。

不動産会社が提示する金額が割高か割安か判断しやすいように、レインズや土地総合情報システム、不動産ポータルサイトなどで相場を調べておきましょう。

 

査定は複数社に依頼する

査定は複数社に依頼する

不動産売却をするときは、複数社に査定を依頼するのが基本です。

不動産会社によって、得意な物件やエリア、査定ポイントなどが異なり、同じ不動産でも査定金額に差が出るからです。
 同じ不動産でも、「A社の査定金額は2500万円でB社は2800万円」など、業者によって査定金額が100万円以上違うことがあります。

複数の不動産会社に査定依頼を出せば、査定金額が高い不動産会社がわかります。査定金額が高い業者に依頼をすれば、高値での売却が可能です。

また、査定を複数社に出して比較をすることで、優秀な業者かどうか判断がしやすくなります。

他社と比較をすることで、「A社はスタッフの質が高い」「B社は顧客が多く早期売却が期待できそう」「C社は実績豊富で頼りがいがある」など、それぞれの不動産会社の特徴を確認できます

優秀な不動産会社を見つけることができれば、安心して売却を任せられるので、満足度の高い売買が可能です。

逆に、優秀でない不動産会社に依頼すると「売却金額が安い」「売れるまでに時間がかかる」「対応が悪い」など満足度の低い売買となるでしょう。

このように、不動産を売却するするときは「高く売れる業者」や「優秀な業者」を見つけるために、査定は複数社に依頼するようにしてください。

 

不動産売却は費用が発生する

不動産売却はお金が入ってくるだけではありません。さまざまな費用や税金が発生しますので、どのような費用がかかるのか知っておく必要があります。

不動産売却にかかる主な費用や税金は、次のとおりです。

項目 内容
仲介手数料 売却が成功したら仲介する不動産会社に支払う手数料。
金額は「売買金額×3%+6万円+消費税」で計算。
印紙税 売買契約書に貼付する収入印紙代。売買金額に応じて印紙税額は変わる。
売買代金1000万円超5000万円以下の場合は1万円。
登録免許税
抵当権の抹消登記をする際に支払う。建物、土地それぞれ1つ1000円。
譲渡所得税
不動産売却をして利益(課税所得)が出ると課される税金。不動産の所有期間によって税率が異なる。
所有期間5年超は20.315%、5年以下は39.63%。
司法書士報酬
抵当権抹消手続きを司法書士に依頼する場合は1万〜5万円程度の報酬支払いが発生。

上記以外にも、さまざまな費用がかかります。

ハウスクリーニング費用や引っ越し費用、住宅ローンの繰り上げ返済手数料なども予算に入れておきましょう。

事前にどれくらい費用がかかるのかシミュレーションを行うことが大切です。

費用がどれくらいかで、売却後に手元に残る金額が変わります。

不動産売却時の注意点2つ

不動産売却時の注意点2つ

不動産売却時の注意点は、主に以下の2点です。

不動産売却時に注意すべきこと2つ
  • 査定金額は口頭ではなく査定書をもらうこと

  • 売り出し価格は少し高めに設定すること

これらの注意点を知っておくことで、信頼できる不動産会社選びや売却がしやすくなります。

査定書をもらう

売却不動産を業者に査定してもらうときは、査定書をもらうようにしましょう。

大切な査定金額の提示を口頭だけで行う不動産会社と媒介契約を結ぶのはリスクがあります。
 査定金額が書面で残っていないと「3000万円と言っていたはず…。」「確かに査定金額は2500万円と聞いた」など、言った言わないのトラブルに発展する可能性も0ではありません。

口頭だけであれば、意図的に実際より高い金額を伝え、契約を結んだ後にいろいろな理由をつけて査定金額を減らしていく可能性があります。

 査定書を出すことを不動産会社が拒む場合は、業者選びの選択肢から外したほうが安心です。

何も問題がなければ、査定書はすぐに提示できるものです。

複数社を比較することで、対応の差をみるのも大事ですね。

売り出し価格は少し高めにする

不動産を売却する際は、売り出し価格を少し高めに設定しておきましょう。中古の不動産売買は価格交渉が行われることが多いです。

買主は「少しでも安く買いたい」と考えて中古物件を探すため、価格交渉をしてくるのは当然ともいえます。

たとえば、売主の希望価格が3000万円とします。

売り出し価格が3000万円で価格交渉を受けても値下げしないよりは、売り出し価格3200万円で価格交渉により「特別に200万円値下げします!」としたほうが多くの買主には好印象です。

同じ価格で売れるのであれば、売り出し価格は少し高めに設定して、値下げ幅を設けていたほうが売却しやすいでしょう。

 ただし、周辺相場より割高な売り出し価格にすると、買主が集まらない可能性があるので注意してください。

「価格交渉を受けたら◯◯万円値下げする」など、不動産会社とも相談して最初から値下げ金額分を上乗せした価格で売り出しましょう。

特に注意が必要な2つのケース

特に注意が必要な2つのケース

特に注意すべきケース2つ
  • 住宅ローンが残っている不動産を売却する
  • 相続した不動産を売却する

上記2つのケースでは特に注意が必要です。ここで紹介する注意点を踏まえて、資金計画や売却計画を立てるようにしてください。

住宅ローンが残っている不動産を売却する場合

住宅ローンが残っている不動産を売却する場合は注意が必要です。住宅ローン利用中は、不動産に金融機関の抵当権が設定されているからです。

 金融機関の抵当権が設定されている状態で不動産を売却することはできません。

売却するのであれば、不動産を買主に引き渡す前までに、住宅ローンを返済して抵当権を抹消する必要があります。

売却して手元に入るお金が住宅ローン残高より多ければ、住宅ローンを完済できるため問題ありません。

しかし、手元に入るお金が住宅ローン残高より少なければ、足りない分を自己資金で補い、ローンを完済する必要があります。

不足分を補う自己資金がない場合は、住み替えローンや任意売却などの方法もあります。ただし、住み替えローンは、一般的な住宅ローンより金利が高く、審査ハードルは高い傾向にあります。

任意売却をすると、いわゆる「ブラック」の状態になるので、しばらくの間クレジットカードの作成や新たなローンを利用することはできません。

住宅ローンが残っている不動産を売却する場合は、ローン残高と売却で手元に入るお金を確認し、事前にシミュレーションをするようにしましょう。

相続した不動産を売却する場合

親や祖父母から相続した不動産で、兄弟や姉妹と共有名義になっている場合は、共有持分者全員の同意がないと売却することはできません。

そのため、売却前に共有持分者である兄弟や姉妹と話し合い、売却について同意を得る必要があります。

反対する人がいても強行はできないため、時間をかけてじっくりと話し合いましょう。

不動産売却・不動産一括査定に関するアンケート調査結果

Q1: 直近の不動産売却時に何社の査定額を比較しましたか?

アンケート調査結果
パーセンテージ 表(390)
2社 15.6% 61
3社 17.4% 68
4社 5.4% 21
5社 3.8% 15
比較していない 57.7% 225

 

アンケートの結果、1社のみ査定を行っている人が57.7%と半数以上を締めていることがわかりました。

 しかし、1つの不動産にのみ査定依頼をすると、その1つの査定で提示された価格しかわかりません。

複数社利用することで、複数の査定価格から適正価格を知ることができます。少しでも高く売りたいという方には、複数を比較することをおすすめします。

2社が15.6%、3社が17.4%で査定を比較したいのであれば、2〜3社が妥当と言えるでしょう。

Q2:直近の不動産売却の際に最も利用した一括査定サイトはどれですか?

アンケート調査結果
パーセンテージ 表(390)
SUUMO売却 10.8% 42
HOME4U 2.3% 9
イエウール 2.1% 8
すまいValue 1.5% 6
REGuide 1.0% 4
LIFULL HOME’S 1.0% 4
イエイ
0.3% 1
リビンマッチ 1.8% 7
住友不動産販売 8.7% 34
イエシル 0.0% 0
その他 13.6% 53
利用していない 56.9% 222

 

アンケートの結果、一括査定サイトを利用していないと答えた人が全体の56.9%と半数以上を締めていることがわかりました。

一方で、利用者の中で一番多かったのは、SUUMO売却で10.8%です

不動産一括査定サイトのメリットは、わざわざ不動産会社に足を運ばなくてもネットで簡単に査定をすることができることです。

なかなか不動産会社に足を運べない方におすすめです!

Q3: 査定を複数社に依頼した際、査定額にいくらの差がありましたか?

アンケート調査結果
パーセンテージ 表(390)
50万円未満 12.7% 21
50万円~100万円未満 15.8% 26
100万円〜300万円未満 24.2% 40
300万円〜500万円未満 15.8% 26
500万円〜1,000万円未満 7.3% 12
1,000万円以上 5.5% 9
覚えていない 18.8% 31

 

アンケートの結果、査定を複数社に依頼した場合100万円〜300万円未満ほど査定額に差があったと答えた人が、24.2%で一番多いということがわかりました。

 Q1のアンケートでは、1社しか査定をしていないと答えた人が半数以上を締めていましたが、必ず複数社比較を行うことをおすすめします。

100万円以上高く査定できたはずが、チャンスをのがしてしまうのはもったいないですよね。

また、SUUMO売却なら不動産会社の情報を調べることができます!

不動産売却・不動産一括査定に関するアンケート調査の概要

アンケート調査の概要
調査目的 不動産売却に関するアンケート
調査対象者数 403
調査方法 インターネットリサーチ
調査実施会社

株式会社ジャストシステム

ファストアスク

調査実施機関 2022年1月
アンケート調査の詳細はこちら

【よくある質問】不動産を早く手放したい時はどうする?

不動産を早く手放したい時はどうする?
売却は数ヶ月〜1年ほどかかってしまうこともあるので、買取がおすすめです。多少金額は下がってしまう傾向にあるものの、すぐに現金化できるところが魅力です。
おすすめの不動産一括査定サイトは?

SUUMO売却査定がおすすめです。同時査定可能社数は最大10社まで可能であり、より多くの査定金額を比較することができます。また、トップページから売却相場をすぐに確認できるのも特徴の一つです。

不動産売却の手順は?
まずは必要書類を集めましょう。それから不動産一括査定をし、お願いする不動産会社を選び、媒介契約、売却活動のちに物件引渡しです。
不動産売却をお任せする会社の探し方は?
不動産会社の情報が書いてあるサイトもあるので、どんな会社なのか一度見てみましょう。実績や雰囲気などがわかるはずです。
どんな不動産会社に頼めばいいの?
1番高く査定額をつけてくれた会社を選ぶのが無難です。不動産売却をするのであれば、やはり少しでも高く売りたいですよね。適正な価格で売却するためにも、優良企業と提携している不動産一括査定サイトを見極めましょう。
本記事で紹介している『SUUMO売却査定』は長年培ったノウハウのもと、適正な価格ベースで査定してもらえます。
不動産売却で損しないためには?
事前準備とリサーチが重要です。事前に周辺の似たような物件の相場などを調べ、低すぎる査定額で承諾しないようにしておきましょう。
不動産査定をしたら絶対に売らなくてはいけない?
そんなことはありません。査定額に納得できなかったり、気が変わったりしたら、契約する前ならいつでも売却をやめることができます。

まとめ

不動産を売却するなら、まずはホームズ不動産売却で不動産一括査定を無料で行いましょう。

一括査定なら、複数の不動産会社の査定額を一度に比較することができます。

また、不動産売却を考えているのであれば、事前に必要書類を準備しておくと、その後の手続きがスムーズに行うことができます。

早く手放したい場合は、買取という手もあります。自分に合った方法で、不動産をうまく売却しましょう。

関連記事|不動産売却

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事