不動産投資で不労所得を得る方法とは?メリットとポイントを紹介

不動産投資は不労所得の中でも人気の投資方法の一つです。特に他の投資商品よりもリスクが低く堅実に投資ができるので、毎月安定した収入が期待できます。

しかし、中には「家賃収入による不労所得はどうしたら得られるようになる?」「他の不労所得に比べどんな違いや特徴があるの?」このような疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、不動産投資で不労所得を得るポイントやコツ、不動産投資のメリットや魅力などについて詳しく解説しますので今後の参考にしてください。

さらに不動産投資で得られるインカムゲインやキャピタルゲインについても併せて紹介します。

不動産投資で不労所得は得られる?

不動産投資信託(REIT)のメリット

不動産投資で不労所得は得ることが可能です。特に家賃収入をメインとした不動産投資は、毎月安定して収入が確保できるのでおすすめの投資方法と言えます。

 不動産投資の最大の特徴は、投資するのはお金だけではないという点です。物件を購入して人に貸すことで家賃が発生するので、安定かつ継続的に家賃収入を発生させる必要があります。

絶えず購入した物件に入居者を入れなければいけないため、不動産を購入するだけ終わりではなく、入居者を募集したり、建物の掃除や壊れた箇所の修繕をする必要があります。

ただ、不動産管理会社を利用すれば、様々な雑務をあなたの代わりにこなしてくれるので、積極的に利用することをおすすめします。

不動産投資で不労所得を得たいと考えている人は、家賃収入を獲得できるインカムゲイン狙いで投資しましょう。

不動産投資で不労所得を目指せる理由

インカムゲイン

不動産投資で不労所得を目指せる理由

不動産投資では、インカムゲインと呼ばれる資産収入を得ることができます。このインカムゲインとは、不動産からの家賃収入や株式の配当金などから得られる利益のことを言います。

 不動産を保有していれば入居者が継続して住む限り賃料が支払われるため、毎月自分は何もしなくても安定した収入が得られるのが最大のメリットです。

また、土地に賃貸物件を建てることで土地の相続評価額を低くすることが可能です。そうすることで相続税対策にも有効的です。実は不動産投資には節税対策にも効果的な側面があります。

インカムゲインは、不労所得として長期的に安定した収入が得られるのでおすすめです。

キャピタルゲイン

不動産投資で不労所得を目指せる理由

不動産投資では、キャピタルゲインと呼ばれる不動産などの資産価値の上昇による利益を狙うことも可能です。購入価格と売却価格の差による収益のことで資本利得・資産益とも言います。

 例えば、5,000万円する不動産を購入し、10年後に7,000万円に値上がりしたタイミングで不動産を売却すると、2,000万円の利益を出すことができます。これがキャピタルゲインです。

インカムゲインは定期的な収入が得られる一方、キャピタルゲインは売却益で利益を得る投資方法になります。不動産投資はどちらの選択肢もとることが可能です。

値上がりするまで家賃収入で利益を上げると同時に、不動産の価値が上昇して売却益でも稼げます。とっても合理的な投資方法と言えるでしょう。

キャピタルゲインで利益を上げるには、売却するタイミングを見極める必要があります。

不動産投資で不労所得を得るメリット

家賃収入

不動産投資で不労所得を得るメリット

不動産投資の醍醐味は、入居者がいる限り毎月継続的に家賃収入が入ってくることです。

 例えば、1ヶ月の家賃が15万円のマンションを4000万円で購入すると、ザックリですが年間に180万円の家賃収入を得ることが可能です。

この180万円から諸費用を引くと約100万円の利益を得ることが可能です。また、さらに4000万円で購入した不動産が値上がりした時に売却すればさらにお得です。

不動産投資は現金をそのまま銀行に置いとくよりも不動産を購入して資産運用をした方が利回りは高いので、不労所得を検討している方は不動産投資が一番堅実でおすすめです。

自分以外のお金に働いてもらうことで、どんどん資産が増えていきます。

節税効果

不動産投資で不労所得を得るメリット

不動産投資を利用すれば節税効果が期待できます。減価償却費を経費として活用し、不動産所得を赤字にし本業の給与所得と合算することで節税することが可能です。

 例えば、5,000万円(建物価格2,500万円)のマンションを購入し、その減価償却期間が5年の場合は、毎年500万円ずつを発注し、5年にわたって費用に計上します。

そうすることで、利益にかかる税金を抑えることができます。計算式は「建物価格2.500万円」÷「減価償却期間5年」=「500万円」

ただ、減価償却費を経費として利益を小さくし税金を減らしても、手元に残るお金は出ていってしまっているため、総合的に見ると節税効果があるとは言い難いです。

赤字経営であれば節税になっても、銀行からの融資がしづらくなるので要注意です。

運営を他人に任せられる

不動産投資で不労所得を得るメリット

不動産投資のメリットは、毎月定期的な家賃収入が貰える以外にも、運営を他人に任せることで時間的余裕が増えることが挙げられます。

 賃貸用不動産の経営は雑務が多いです。例えば、入居者を募集したり、賃貸借契約を結ぶ業務をしたり、建物の清掃や壊れた箇所の修繕などを行わなければいけません。

ですが、不動産管理会社に任せることで、全ての業務を請け負ってくれるため、ほとんど自分で動く必要がないのがメリットです。つまりこれが完全な「不労所得」です。

その他にもサブリースという方法もあり、不動産会社(サブリース会社)がマンションの部屋を借り、入居者に貸す方法もおすすめなので検討してみてください。

管理会社を間に挟むと費用はかさみますが、時間的余裕が生まれるので不労所得を目指すなら最適です。

収入が比較的安定する

不動産投資で不労所得を得るメリット

不動産は衣食住の一つであり生活に必要不可欠です。そのため、不動産を保有していれば、株式投資などよりも比較的安定して収入が入ってくるのがメリットです。

 一度この仕組みを構築してしまえば、中長期的にわたって金のなる木を育てることができるので、不労所得に近い収入を得られるのが不動産投資の醍醐味です。

一方で購入する不動産によっては家賃収入の大半が不動産投資ローンの返済に回ってしまうケースもありますが、ローンを返済できればその不動産は自分のものになります。

そして、ローン返済が無くなれば返済義務は無くなるので、家賃収入が全てオーナーの不労所得になります。

不労所得構築には時間とお金がかかりますが、一歳でも若いうちから資産運用していけば将来楽できるのは間違いありません。

【不労所得】不動産投資を始める手順

3つのSTEP

物件を探す

不動産投資を始めるには、最初に物件を選びましょう

 投資する物件の条件によって、不労所得による収益は大きく変わっていきます。そのため入居率を重視して選びましょう。

一般的に物件が23区内である、駅からの距離が近い、築年数が浅いなどの条件になってくると入居率も高いとされています。

また、物件選びには不動産投資に関する知識が必要となります。不動産会社では無料のセミナーを実施しているところもあるため、気になる方はチェックしてみてください。

セミナーでは不動産投資のプロに直接質問をすることができますよ!
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

ローンの審査を受ける

購入する物件が決まったらローンの審査を受けます。

 自己資金を予め貯めている方も多いですが、一般的にはローンの審査を受けます。ローンの内容は今後の収益率に関わってくるため、自分の借入可能金額を確認しましょう。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

物件を購入する

ローンの審査が通ったら、物件を購入しましょう。

物件の購入には書類提出や様々な手続きが必要です。スムーズに進められるように事前に確認しておきましょう。
また、物件の購入には必ず本人確認書類を提出する必要があります。本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなどが使えます。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

物件の運用をする

物件を購入できたら、実際に運用を行います。

 不動産投資を副業として行う場合は、管理会社に賃料の回収や敷地内の清掃を委託しましょう。

しかし、管理会社に委託を行う際は委託手数料が発生するため注意が必要です。

まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

不動産投資で不労所得を得るためのポイント

不動産投資は都会で始める

不動産投資で不労所得を得るポイント

不動産投資を始めるなら、人口減少が多い地方や田舎よりも、人口が年々増え続けている都会で始めることをおすすめします。

なぜなら、不動産投資は年数をかけて継続して投資を行うものなので、人口減少が激しいエリアに不動産があっても入居者の割合が減ってしまうからです。

 一方で東京•大阪•神奈川•名古屋•福岡などの都会での不動産投資は、人口が多いためすぐに入居が決まりやすいので安定したパフォーマンスを発揮します。

当然地方や田舎の方が不動産の価格は安く都会は高いですが、都会はその分リターンが大きいので、すぐに初期費用を回収することが可能です。

また、地方や田舎は家賃が低いのに対し都会は家賃が高いので、収益率を考えても当然家賃の高い都会の方が家主にとってはメリットが大きいと言えるでしょう。

上記で挙げた都道府県以外にも、「都心にアクセスしやすいエリア」も投資対象として最適です。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

中古物件ではなく新築物件に投資する

不動産投資で不労所得を得るポイント

不動産投資を検討されている人の中には、中古物件に投資すべきなのか?新築物件に投資すべきなのか?判断するのが難しいと感じている方も多いでしょう。

 結論からお伝えすると、不動産投資をするなら新築物件をお勧めします。なぜなら、新築なので外見や内装の劣化がなく、設備が新しいからです。

一方で築年数10〜15年前後の中古物件は、見た目の悪さが目立ったり、不動産購入後に保全のための出費が生じたりと、余計な出費が増えてしまうのがデメリット。

実際に中古物件は築10年目以降になると、様々な要因から価格が落ちる傾向があります。ですが不動産投資初心者は「安いからお得」と感じ購入して痛手を負うケースが多いです。

新築物件は高額ですがその分リターンは高いので、安心して投資収益を得られます。

不動産管理会社と連携する

不動産投資で不労所得を得るポイント

不動産投資の経験や知識がない未経験の方は、いきなり不動産投資を始めるのはハードルが高いので、不動産管理会社を利用してサポートしてもらうことをおすすめします。

 不動産管理会社を利用するメリットは、入居者とのトラブルやとクレーム対応、家賃の督促など賃貸経験に関わるすべてのことを代行してくれたりアドバイスしてくれることです。

結局不動産投資で上手くいっている方は、優秀な不動産管理会社からサポートされている確率が高です。当然素人が管理・運用するよりも、プロに任せた方が良い結果が出ます。

不動産投資を検討されている方は、優良物件を探すことも大切ですが、それと同等に優良な不動産管理会社も並行して探すことをおすすめします。

自分で管理・運営を行うより、不動産管理会社を利用した方が時間的コストや精神的コストを削減できます。
まずは不動産投資会社に相談 おすすめ不動産投資会社は
こちら

節税を第一優先にしない

不動産投資で不労所得を得るポイント

キャッシュで不動産を購入できる資金がある人は、節税目的で不動産を購入されるケースもありますが、不動産投資初心者は節税目的で不動産投資を始めないことをおすすめします。

 というのも、不動産投資に係る減価償却費は不動産の価値が減退していく減少分を必要経費として算入できるため、必要経費が多ければ多いほど赤字になるからです。

つまり、不動産事業が赤字になるからこそ不動産投資で節税ができるということです。ただ、いずれ減価償却が終わってしまっては意味がありません。

特に中古物件、ワンルームマンション、一棟アパートは減価償却を超えてしまうと、減価償却費として計上できず、節税できなくなる可能性があるので注意が必要です。

不動産投資初心者には難しいので、節税を目的に不動産投資を始めることはおすすめしません。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

自己資金はある程度準備しておく

不動産投資で不労所得を得るポイント

不動産の平均価格は、土地付注文住宅が4,300万円台、マンションは4,500万円台、中古マンションは2,900万円台、建売住宅は3,400万円台、中古戸建は2,400万円台です。

 銀行から不動産投資ローンとして借入すれば、現金で数千万円持っていなくても不動産を購入できますが、自己資金が多ければ多いほど不労所得を得やすくなりやすいです。

なぜなら、自己資金が多ければ借入額が少なくて済むので、月々のローン返済の負担や利息も減るため、総合的に返済額を抑えられるメリットがあります。

また、返済期間も短縮できるため、何十年と長い期間ローンを返済する負担を減らせます。不動産を購入する際は、物件価格の10%ほどの自己資金が目安とされています。

例えば、4,000万円台の不動産を購入する場合は、最低でも400万円の自己資金が必要です。

不動産投資の拡大は慎重に行う

不動産投資で不労所得を得るポイント

不動産投資はキャッシュフローをうまく回せば、どんどん物件数を増やして拡大可能ですが、拡大は慎重に行いましょう

どんな業界でも同じですが、ちょっと上手くいくと「もっと稼ぎたい」という欲が出てきて、リスキーなことに手を出してしまいがちです。

 例えば、不動産を2棟3棟と増やしていけば、当然借入額も増えていきます。何かのきっかけで空室が生じるとキャッシュフローが回らなくなるので要注意。

すると、借入過多に陥ってしまい自己破産に追い込まれてしまう可能性があるので、不動産投資の拡大は時間をかけてコツコツと行うことが大切です。

不動産の規模拡大を目指しているなら、1棟目の購入の仕方が非常に重要です。1棟目は自己資金を多くして購入した方が2棟目以降に追加投資や買い替えしやすくなります。

借入過多には気をつけてください。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

不動産投資で不労所得を得るために必要なこと

不動産投資のパートナーを選択する

不動産投資で不労所得を得るために必要なこと

不動産投資で一番大切なことは、自身が保有する物件の管理・運営をしてくれるパートナー選びが重要なポイントとなってきます。

不動産投資の過程には、物件の選定から取得、リフォームや貸し出す準備、入居者募集や入居者対応、点検作業や売却など色々なプロセスがあります。

 そのため、各プロセスごとに業者を使用していては効率が悪く費用も増えてしまうので、ワンストップでサポートしてくれる会社を利用することをおすすめします。

不動産投資を開始すると様々な業者から営業がくるため、口車に乗せられてしまうと後々「あの時やらなければよかった…」と後悔することになるので気を付けてください。

要するに一つの不動産物件に関しては、極力一つの業者に頼むことがポイントです。ワンストップで全て任せられる業者があるかまずは調べてみることから始めてみましょう。

業者間の連携がうまくいかないと入居者に迷惑をかけてしまうので、複数業者の利用は控えましょう。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

不労所得に最適な物件を選び事業計画を立てる

不動産投資で不労所得を得るために必要なこと

物件選びで重要なポイントになるのが、入居付や掃除などを自分で行わないようにする事業計画を作ることが、不動産投資で成功する鍵と言えるでしょう。

不動産投資では具体的な管理形態は、「自主管理」「管理委託」「サブリース」などがあります。一番手間がかからないのはサブリースです。逆に手間がかかるのが自主管理です。

 当然手間がかかる自主管理にすれば、管理運用費用が下がるので収益率は上がりますがその分作業が増えます。これだと不労所得なのかどうかという疑問が生まれてしまいます。

一方でサブリースのように管理・運営を全てサポートしてもらうと、収益率は少し下がりますが自身で行う作業は減るので、不労所得を得ることが可能になります。

また、DIYと呼ばれる自身でリフォームしたり修繕することで費用を安くし、利回りを上げることも可能です。

初めから費用を安く抑えて運用しようとは思わず、費用がかかっても利益が出る物件なのかどうかを見定めることが大切です。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

不動産投資で不労所得を得る際の注意点

不動産投資で不労所得を得る際の注意点
不動産投資で不労所得を得る際には、押さえておくべき注意点があります。ここでは、不動産投資で不労所得を得る際の注意点について解説します。

注意点
  • 空室リスクが低い物件を探す
  • 自己資金なしの不動産投資は危険
  • 物件数を急いで拡大するのはリスクがある
  • 最終的に物件を売却できない可能性がある

空室リスクが低い物件を探す

不動産投資で不労所得を得るためには、空室リスクが低いよい物件を探すことが大切です。入居者の入れ替わりが激しい場合、新入居者のさまざまな手続きを行わなければならないため、労働業務が増えます。

 人気エリア・駅近・競争物件である場合は、空室リスクの低い物件である可能性が高いです。
また、空室発生から次の入居決定まで期間が空いてしまうと、その間の家賃収入が入らないというデメリットもあります。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

自己資金なしの不動産投資は危険

自己資金なしの不動産投資は危険

 不動産投資は、比較的自己資金が少なくても始められる投資方法であるため、インターネットなどでは「自己資金なしで始められる」と謳ったサイトも多いです。
もちろん、自己資金がなくても事業計画や制度によっては融資を受けられますが、自己資金が全くないと融資を受けられる確率が低くなるのは事実です。

たとえ融資を受けられたとしても、融資額が少なくなるので、ある程度自己資金は貯めておくとよいでしょう。

物件数を急いで拡大するのはリスクがある

不動産投資をする際に、所有の物件数を急いで拡大させるのは高リスクです。所有の物件を増やせば、借入額も増えますが、空室が生じてキャッシュフローが回らなくなる可能性があるので、注意が必要です。

 拙速に追加投資を行った場合、借入過多に陥りやすいというデメリットがあるので、気をつけましょう。
まずは不動産投資会社に相談 不動産投資を始めたい方は
こちら

最終的に物件を売却できない可能性がある

最終的に物件を売却できない可能性がある
利回りのみを重視して物件を選ぶと、最終的に物件を売却できないリスクがあるため、注意が必要です。不動産の利回りとは、物件価格に対する1年間で得られる収入や利益の割合を意味します。

 高利回りだからといって、安易に物件を購入してしまうと、空室が続いたり、購入直後に多額の大規模修繕が発生したりするなどリスクがあります。

最終的に入居者が入らないため売却しようとしても、立地条件の悪さや入居実績がないことから買主が見つからず、結果的に大幅に値下げをせざるを得ないこともあります。

不動産投資で不労所得が得たい方におすすめの不動産投資会社4選

SYLA(シーラ)

SYLA(シーラ)

 

おすすめポイント

  • 賃貸需要が高いエリアを厳選している
  • 自社ブランド「SYFORME」は入居率99.1%と高水準
  • 2人3脚でサポート!手間をかけずに不動産投資
  • 「利回りくん」ならすぐに不動産投資を始められる
  • オンライン無料相談に参加して楽天ポイントをゲット

SYLAは賃貸需要が高い都心16区と一部大都市の駅徒歩7分圏内で土地を仕入れ、美しく高品質なマンションを開発しています。自社ブランド「SYFORME」は入居率99.1%と高水準なので、安定した不労所得を得ることが期待できます。

 SYLAの自社ブランド「SYFORME」は入居率99.1%、過去には入居率100%を達成したこともある人気のマンションです。
金融や投資に関する知識が豊富な営業担当者が、購入希望者に最適な物件を選定・提案し、ローンの手続きをサポート。物件購入後には建物管理や賃貸管理も任せられるので、手間をかけずに不動産投資できるでしょう。
不動産クラウドファンディング「利回りくん」を利用すれば、素早く簡単に不動産投資を始められます。

オンライン無料相談に参加すれば、5,000円分の楽天ポイントがもらえるのも嬉しいポイントです。

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.1%(SYFORME)

 

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA公式サイト(2022年12月現在)

RENOSY

RENOSY

おすすめポイント
  • AIを使って中古マンションを厳選している
  • 平均空室期間が29日!空室リスクが低い ※2
  • 賃貸から売買、リノベーションまで1社で完結
  • 中古マンション専門の不動産クラウドファンディング
  • 初回面談の参加者にはAmazonギフト券をプレゼン

RENOSYはAIを使って不動産の価値をスコアリングし、都市部にある中古マンションを厳選しています。立地や利回りに加えて過去の建物管理実績もチェックしているため、中古マンションでも資産価値が高く家賃が下がりづらいでしょう。

 RENOSYの平均空室期間は29日、入居率99%と管理能力も高いので、不労所得が安定的に得られます。※3

RENOSYは不動産の売買と賃貸だけではなくリノベーションまで行っているので、マンションを生まれ変わらせて集客力をアップしたり、売却前に価値をアップさせたりといったことも可能です。

不動産クラウドファンディング「RENOSYクラウドファンディング」では、中古マンションを所有せずに投資できるので、より手軽に不労所得を得られます。

無料の初回面談を受けると5万円分のAmazonギフト券がもらえます。

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99%

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

出典:RENOSY公式サイト(2022年12月現在)

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

おすすめポイント
  • ニーズの高いエリアを厳選している
  • 高品質なマンションで長期的に不労所得を得られる
  • 入居率99.1%だから赤字リスクが低い ※4
  • マンションの資産価値を守るために丁寧に管理している
  • 不動産オーナーへのきめ細やかなアフターフォロー

トーシンパートナーズは、人口が多い東京の中でも特に人気がある沿線を中心とした駅徒歩10分圏内を中心に、マンションをつくっています。

建物の安全性が高く、室内設備やセキュリティ設備も充実している高品質なマンションなので、10年、20年と長期的に不労所得を得られるでしょう。

 浴室換気乾燥機や宅配・クリーニングボックスなど人気の設備を導入しているため、99.1%と高い入居率を実現しています。

トーシンパートナーズはマンションの管理が丁寧で、清掃や修繕、設備管理だけではなく管理組合の設置から活動までサポート。資産価値を長く維持してくれます。

不動産オーナー専用電話ダイヤルでの相談やアプリでの物件管理、確定申告書作成サポートなどアフターフォローも充実しているので安心です。

投資で役立つ情報誌の配布やイベントやセミナーへの招待もしてもらえます。
企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 99.1%

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

出典:トーシンパートナーズ公式サイト(2022年12月現在)

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • 賃貸需要の高い首都圏に投資用マンションを展開している
  • 創業40年超のノウハウによって入居率約99%を実現 ※5
  • 上場企業のグループだから信頼できる
  • 物件管理が不要な不動産クラウドファンディング
  • 不動産投資について学べるセミナーや個別相談を開催

FJネクストは、東京や横浜、川崎など賃貸需要の高い首都圏で投資用マンションを展開する不動産デベロッパーです。1980年に創業した株式会社FJネクストホールディングスのグループ企業で、長年の経験や知識を活かしてマンション開発や管理業務を行っています。

  株式会社FJネクストホールディングスは東証プライムに上場しているので、倒産リスクは低いでしょう。

投資用マンションの「ガーラマンションシリーズ」は、単身者向けマンションなので手間があまりかからない物件種別ではありますが、より気軽に投資できる不動産クラウドファンディングもあります。

不動産投資について学べるセミナーや個別相談を無料で開催しているので、不動産投資で不労所得を得たい人は参加してみるといいでしょう。

個別相談では宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士と話せます。
企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

出典:FJネクスト公式サイト(2022年12月現在)

よくある質問

不動産投資で得られる利益は?
不動産投資で得られる利益には、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類があります。簡単に説明すると、インカムゲインは不動産からの家賃収入、キャピタルゲインは不動産の購入価格より高値で売却できた場合に得られる売買差益のことを指します。
不動産投資で不労所得を得るメリットは?
不動産投資で不労所得を得る最大のメリットは、入居者がいる限りは毎月継続的に家賃収入が入ることです。また、節税効果があったり収入が安定したり、運営を他人に任せられたりするというメリットもあります。
不動産投資で不労所得を得るためのポイントは?
不動産投資で不労所得を得るためのポイントは、下記の6点です。以下の点は、不動産投資をスタートさせる前に押さえておきましょう。
  • 不動産投資は都会で始める
  • 中古物件ではなく新築物件に投資する
  • 不動産管理会社と連携する
  • 節税を第一優先にしない
  • 自己資金はある程度準備しておく
  • 不動産投資の拡大は慎重に行う
不動産投資で不労所得を得るために必要なことは?
不動産投資で不労所得を得るためには、自身が保有する物件の管理や運営をするパートナー選びが非常に重要です。また、不労所得に最適な物件を選び事業計画を立てることも大切です。管理形態は、「自主管理」「管理委託」「サブリース」などがあるため、目的に適した管理形態を選びましょう。
不動産投資で不労所得を得る際の注意点は?
不動産投資で不労所得を得るためには、空室リスクが低い物件を見極めることが重要です。利回りのみを重視して物件を選んだ場合、最終的に物件を売却できない可能性もあるので注意が必要です。また、物件を急いで拡大したり、自己資金0円でスタートしたりするのは、リスクが高いので気をつけましょう。

まとめ

ここまで本記事では、不動産投資で不労所得を獲得するためのコツやポイント、不動産投資で得られるインカムゲインとキャピタルゲインの魅力について紹介してきました。

不動産投資はあなたの代わりにお金を運んでくれる仕組みの一つです。まずは借入せず自己資金ではじめ、経営面や管理面において慣れてきたら徐々に拡大していきましょう。

不動産投資も一つのビジネスでもあるので、不労所得という言葉にあまり惑わされず、しっかりと事業計画を設計してから本格的に投資物件を探しに行くことをおすすめします。

都会にある割安な中古物件や新築のワンルームマンションなど様々な投資方法があるので、まずは色々と情報収集してみて自己資金と相談しならが検討してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事