不動産投資の相談はどこ・誰にする?選び方のポイントも解説!

不動産投資には購入する物件の決定や法的手続き、トラブルへの対処など、個人では解決しにくい問題が多々あります。

そんな時は専門家に相談するのが良いでしょう。 しかし「どこに相談したら良いのかわからない」という投資家の方も多いはず。

今回は不動産投資の相談はどこにしたら良いのかについて解説していきます。トラブルが起こった際の相談先や、相談先を選ぶポイントも紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

相談することによって不動産投資を学ぶことにも繋がります。

不動産投資の相談をするにはどうしたらいい?

不動産投資を行う上で誰かに相談したい時もあるでしょう。初心者の場合はなおさらです。

では不動産投資の相談方法にはどのようなパターンがあるのでしょうか? この章では不動産投資の相談方法について解説していきます。不動産投資の相談方法は主に以下の3種類です。

不動産投資の相談方法
  • 対面で相談に乗ってもらう
  • オンラインの無料相談窓口
  • セミナーに参加する

対面で相談に乗ってもらう

不動産投資の相談方法として対面で相談に乗ってもらうという方法があります。こちらはその名の通り、直接人と会って相談する方法です。

相談に乗ってもらう相手は不動産投資経験者の家族・友人、不動産投資の専門家などがあります。

 不動産投資の相談は個人情報をある程度公開しなくてはならないため、相手は選びましょう。

不動産投資経験者は銀行から融資を受けて投資している場合も多く、金融機関の情報をそれなりに持っています。 相談相手は身近な人にした方が、信頼感や安心感を得ることができるでしょう。

専門家ではない場合、情報を全て鵜呑みにしないようにしてください。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

オンラインの無料相談窓口

身近に不動産投資経験者や専門家がいないという方であれば、オンラインの無料相談窓口で相談することをおすすめします。

オンラインの無料相談窓口には、専門家にメールや電話などで気楽に相談できるというメリットがあります。

 ネットで検索すれば無料相談窓口を開設している会社はすぐに見つかるでしょう。

オンラインの無料相談窓口では、担当者と面談の約束を取り付け、後日実際に会って相談するという流れが一般的です。

近年では担当者が家に訪問して相談に乗ってくれる「出張サービス」や、オンライン上で完結できる「オンライン相談会」などを行っている企業も多いです。

無料で利用できるので積極的に利用したいですね!

セミナーに参加する

不動産投資会社では定期的にセミナーを開催しているところもあります。セミナーに参加すると講師から直接アドバイスをもらえたり、新しい知識を得られるというメリットがあります。

セミナーは都心だけでなく、地方でも数多く開催されており、職種別・地域別など参加者の属性を絞ったセミナーもあります。

 セミナーは無料で参加できる場合が多いです。

セミナーに登壇する講師は不動産投資のスペシャリストなので、的確な知識やノウハウを与えてくれることでしょう。 また参加者と交流することができれば、情報収集も捗ります。

気軽に相談できる不動産投資仲間を作るのも大切です。

不動産投資を行う際はどこに相談したら良い?

前章では不動産投資の相談方法について解説してきましたが、実際に相談する際にはどこに行ったら良いのでしょうか?

この章では不動産投資の相談先について解説していきます。主な相談先としては以下のようなものが挙げられます。

不動産投資の相談先
  • 不動産投資会社
  • 不動産投資コンサルティング会社
  • ファイナンシャルプランナー
  • 信託銀行
  • 不動産投資経験者

不動産投資会社

不動産投資の相談先として、真っ先に挙げられるのが不動産投資会社です。不動産投資を行うのであれば、必ず不動産投資会社を利用することになるでしょう。

不動産会社は物件の内覧・契約・収支計算などを行う際に必須となる会社で、不動産を商品として扱っているため、業界の最新情報が入ってきやすいというメリットがあります。

 基本的にはどんな相談にも乗ってくれます。

しかし不動産投資会社も商売ですので、物件を購入してもらうという目的があります。中にはデメリットやリスクを伝えず、物件を購入させるというケースもあるのです。

そのため不動産投資会社に相談をする際は、その会社が信頼できるのかをしっかり見極める必要があります。

ネットのレビューや実績などを見ればある程度は分かります。

不動産投資コンサルティング会社

不動産投資の相談先としては、不動産投資コンサルティング会社もおすすめです。

不動産投資コンサルティング会社には、不動産投資に関する資格を持っているスペシャリストが在籍しており、不動産投資をサポートしてくれます。

 不動産投資会社同様、専門家が多数在籍していますので初心者でも頼りやすいでしょう。

不動産投資コンサルティング会社も不動産投資会社同様、利害が発生することを忘れてはいけません。

会社の利益のためだけに動くようなコンサルタントが担当になってしまうと、割高・低品質な物件を掴まされてしまう可能性もあります。

相談相手としてはこれ以上ないくらい申し分ないでしょう。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

ファイナンシャルプランナー

お金に関する相談をしたいという方におすすめなのが、ファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーとは人生の夢や目標を叶えるために、経済的な側面から実現に導いてくれるお金のスペシャリストです。

 現状の家計などを元に、第三者視点で分析・提案を行ってくれます。

前にあげた2者とはことなり、不動産投資家との利害関係がないので、フラットな目線でアドバイスをくれるというメリットがあります。

ただし不動産の専門家ではないので、不動産投資に関するアドバイスを求めても、納得のいく答えが返ってこない場合もあります。

あくまで利害関係のない第三者の意見として受け止めることが重要です。

信託銀行

不動産投資のローンに関する相談をしたい場合は、信託銀行を頼るのがおすすめです。信託銀行とは銀行業務と併せて信託業務を行っている銀行を指します。

現在ローンを組むことはできるか、税金をどうしたら良いのかなどの悩みは信託銀行に相談すると解決するでしょう。

 三井住友・三菱UFJ・みずほなどが有名です。

不動産投資に関する相談に乗ってもらえるかどうかは信託銀行によって異なります。

また担当者によっても考え方が異なるため、自分と相性の良い銀行・担当者に巡り会えるかがカギを握ります。

不動産投資の相談実績のある人であれば問題ないでしょう。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

不動産投資経験者

身近に不動産投資経験者がいるのであれば、その人たちに相談するという方法もあります。

不動産投資経験者に相談すると、実際に物件を運用している人たちのリアルな意見を聞くことができるというメリットがあります。

 厳しい意見を聞ける機会は多くはありません。

しかし不動産投資経験者はあくまでユーザーなので、専門家ほどの専門知識は持っていないことは認識しておきましょう。

また経済・生活状況で相談者と大きな差があることも多く、アドバイスを鵜呑みにしてしまうと失敗する可能性も高くなります。

あくまで参考程度にとどめておくと良いでしょう。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

不動産投資で詐欺被害・トラブルが起きた時の相談先は?

実際に不動産投資を行っていると、トラブルは常についてくることを実感するでしょう。中には詐欺まがいな商法で物件を売りつけられてしまうケースも少なくありません。

この章では不動産投資に関するトラブルが起きた時の相談先について解説していきます。収益をしっかり出すには、トラブルに対して迅速な行動を起こすことが重要です。

不動産投資に関するトラブルが起きた時の相談先
  • 税理士
  • 行政書士
  • 弁護士

税理士

不動産投資を行う人の中には節税目的で行っている人も非常に多いです。しかし税金問題は非常に複雑で個人で対応するには限界があります。

そんな方は税理士に相談してみるのがおすすめです。税金のスペシャリストである税理士ほど心強い味方はいないでしょう。

 事前に税金関係の相談をしておくことでリスクやトラブルを回避できます。

税金の知識を持たない状態で「節税効果がある」という言葉を鵜呑みにしてしまうと、後で損をしてしまう可能性があります。

節税目的でなくても不動産投資の税金に関しては、しっかり専門家に意見を求めた方が良いでしょう。

過剰に納税してしまい、大きな出費を負ってしまうという事例も多いです。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

行政書士

不動産投資を行っている方が相談先としてよく利用するのが行政書士です。行政書士とは市民と行政のパイプ役となってくれる仕事です。

法的な手続き方法などに困った時は行政書士を頼ると、適切なアドバイスをもらうことができます。

 行政書士は中立な立場ですので、利害関係は発生しません。

特に投資者が亡くなってしまい、物件を相続するといった場合に親族間でのトラブルに発展するケースもあります。 このような場合は真っ先に行政書士に相談すると良いでしょう。

遺言書の作成・任意売却など個人では難しい手続きをサポートしてくれます。

弁護士

不動産投資を行っていく上で誰かとトラブルが起こった場合は、弁護士に相談するのがおすすめです。

特に不動産投資会社や不動産投資コンサルティング会社などを相手取った場合、こちらが弁護士をつけていないと、一方的に取引を進められてしまう可能性もあります。

 個人でトラブルに対処するのはあまり得策ではありません。

金銭的なトラブルに巻き込まれてしまうと、場合によっては大きな損害を負ってしまう可能性もあります。

弁護士に依頼するにもお金はかかりますが、負担を軽減できる可能性があるので、自分では対処できないトラブルが発生してしまったらすぐに相談しましょう。

何かあった時のためにすぐ相談できる弁護士を事前に探しておくのがおすすめです。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

不動産投資の相談相手を決める際のポイント

 

不動産投資の相談相手はしっかりと見極めないと自分が求めるアドバイスをもらえない可能性が高くなってしまいます。場合によっては騙されてしまうこともあるかもしれません。

この章では不動産投資の相談相手を決める際のポイントについて解説していきます。以下のようなポイントを元に相談相手を決めてみましょう。

不動産投資の相談相手を決める際のポイント
  • デメリットも詳しく説明してくれる
  • 不動産投資に関する資格を持っている
  • 契約を執拗に迫ってこない

デメリットも詳しく説明してくれる

不動産投資の相談相手を決める際のポイント、1つ目はデメリットも詳しく説明してくれるということです。

一見素人目にはデメリットがほとんどないように見える物件でも、何かしらのデメリットを含んでいる可能性があります。

 デメリットやリスクを理解していないと後々大きなトラブルに発展する可能性があります。

「人気の物件」「現在の利回りが良い」など目先のメリットしか伝えない担当者に当たってしまった場合は、注意しましょう。

判断に苦しむ場合は他の人にも相談し、情報量を増やす方が安全です。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

不動産投資に関する資格を持っている

不動産投資の相談相手を決める際のポイント、2つ目は不動産投資に関する資格を持っているということです。

不動産投資を受けるために必要な資格というものは存在せず、中には資格を一切持っていないアドバイザーも存在します。

 不動産投資に関する資格としては宅建や管理業務主任者などが挙げられます。

もちろん一切資格を持っていないという人でも、不動産投資の経験が豊富で良いアドバイスをくれる場合があるので、あくまで参考としてとどめておいてください。

資格は専門知識を持っていることの証明になります。

契約を執拗に迫ってこない

不動産投資の相談相手を決める際のポイント、3つ目は契約を執拗に迫ってこないということです。

相談先・担当者によっては「今すぐ契約しないと損をしてしまう」「すぐに埋まってしまう」などと言って契約を急かしてくる場合もあります。

 このような営業をしてくる会社には慎重に対応しましょう。

執拗に契約を迫ってくる場合、投資者に不都合なデメリットやリスクの説明を満足に行わないことも多いです。 不動産投資に「絶対儲かる」ということはありませんので、ご注意ください。

事前に物件情報をリサーチしておくなどの対策も必要です。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

不動産投資の相談前に準備しておくこととは?

不動産投資の相談を行う際には、自分が今置かれている状況や希望などをしっかりとわかりやすくすることが必要です。

この章では不動産投資の相談前に準備しておくことについて解説していきます。

不動産投資の相談前に準備しておくこと
  • 投資の目的は明確にしておく
  • 必要な書類はしっかり揃えておく

投資の目的は明確にしておく

不動産投資に関する相談をする前に、投資の目的を明確にしておくことは非常に重要です。何故なら掲げる目標によってアドバイスやプランが変わるからです。

 数字で表せるものだけではなく、将来のビジョンでも問題ありません。

投資の目的を決定する際にはできるだけ具体的にビジョンを掲げるようにしましょう。

例えばどれくらいの規模で不動産を所有したいか、将来的にどれくらいの資産を持ちたいのかなどです。

このビジョンが具体的であるほど、相談はスムーズに進むでしょう。
プロに相談しよう! 不動産投資会社に
相談をする

必要な書類はしっかり揃えておく

不動産投資の相談を行う際は、自分自身の現状を相手にしっかり証明する必要があります。そのため証明に必要な書類は事前に揃えておきましょう。

 源泉徴収票や確定申告書など収入が証明できる書類は必須です。

また現在融資を受けているという状況であれば、融資返済予定表なども用意しておくことをおすすめします。

収入や借入状況が明確になっていれば、それらの情報を元にしてプランが立てやすくなるので、可能な限りは用意しましょう。

書類が揃っていないと相談が進まないということもあります。

相談に最適!おすすめの不動産投資会社

SYLA(シーラ)

シーラ

SYLAのココがおすすめ
  • 月1万円の少額からでワンルームマンション投資をスタートできる!
  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
  • 年間400戸近くを販売※2する実績
  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。SYLAの魅力は少額から気軽に不動産投資が始められる点です。

複数の投資家から資金を集めて運用を行うSYLAが提供する不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら、最低1万円から不動産投資をスタートすることができます。

経験を積んだ後には、入居率が99.3%を誇るSYFORMEで本格的な投資に挑戦できます。駅近の土地にこだわり開発したマンションで、空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のある物件です。

 空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

さらに入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実。集金代行の契約システムを利用すれば、様々なリスクを軽減することができます。

まずは気軽に不動産投資を始めたい方はSYLAのセミナーを受講することをおすすめします。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.3%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA 公式サイト

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
  • アプリで簡単に物件管理ができる
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

 購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

3つのプラン概要
  集金代行プラン
最低限のサポートで安い
ワイドプラン
設備リスクをしっかりカバー
NEOインカム
空室+設備リスクをカバー
設備修理・交換費用
空室時の負担
滞納時の負担
原状回復の費用
タテカンさぽーと
広告費の負担
契約期間
(更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
7年
(譲渡対価は1年ごと)
空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY 公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

※1~2
※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
※2)公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

※2021年6月度 公式サイトより

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

 建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:https://www.tohshin.co.jp/

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

FJネクスト

FJネクスト

FJネクストのココがおすすめ
  • 創業41年!東証一部上場企業で信頼と実績がある
  • 入居率99.0%※1。安定の運用が期待できる
  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※2
  • 無料セミナーを随時開催していて、WEBからも聞くことができる
  • 98.5%の物件が駅から徒歩10分以内※3で、入居者が決まりやすい

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

FJネクストは、「ガーラマンションシリーズ」でお馴染みの不動産会社です。

創業は41年になり、東証一部に上場。都心を中心に315棟、2万1907戸を供給していて、確かな実績があります。

 無料のセミナーや相談会も毎週のように行っているので、ライフスタイルに合わせて受講することができます。

管理戸数は1万7000戸超え。経験やノウハウがしっかりあるから、どんなトラブルにも柔軟に対応してくれるでしょう。
※公式サイトより

FJネクストのワンルームマンションの98.5%が駅から徒歩10分以内に位置しています。

特にワンルームマンションは、駅から近い方が空室リスクが少なく、すぐに入居者が決まるでしょう。

企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

出典:FJネクスト 公式サイト

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

※1~3
※1 2021年3月末時点。公式サイトより
※2 2021年6月末時点。公式サイトより
※3 2020年6月末時点、ワンルームマンションに限った場合。公式サイトより

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントのココがおすすめ
  • セミナーはなんと毎日開催!オンラインで参加可能
  • 不動産投資初心者でも、不動産投資のノウハウがよくわかるサービス「レイビー」を運営
  • 医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」が注目を集めている
  • 相続税の相談などもでき、心強い
  • 賃貸管理・建物管理も行っているので、購入後の手続きもスムーズ

グローバル・リンク・マネジメントは、渋谷区にある不動産会社。不動産の開発、販売、管理業などを行っています。

セミナーの開催はなんと毎日。開催時間もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて、好きな時に受けることができます。

 不動産投資についてわかりやすいコンテンツが豊富な「レイビー」を見れば、初心者も不動産投資がよくわかります。

記事はたった5分で読めて、誰でも簡単に理解できるので、不動産投資初心者にとってはありがたいコンテンツです。

他にも相続税の相談ができたりと、不動産についての困りごとには心強い存在となってくれるでしょう。

医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」も、不動産投資に興味がある医師たちから注目を集めています。

企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.42%

出典:不動産投資マンスリーレポート

よくある質問

不動産投資の相談を行うにはどのような方法がありますか?
不動産投資の相談を行うにはどのような方法としは対面で相談に乗ってもらう、オンラインの無料相談窓口、セミナーに参加するなどの方法が挙げられます。
不動産投資の相談先にはどのようなものがありますか?
不動産投資の相談先としては不動産投資会社、不動産投資コンサルティング会社、ファイナンシャルプランナー、信託銀行、不動産投資経験者などが挙げられます。
不動産投資でトラブルが起こった場合はどこに相談すれば良いですか?
不動産投資でトラブルが起こった場合は税理士、行政書士、弁護士などに相談することをおすすめします。
不動産投資の相談相手を決める際のポイントはありますか?
不動産投資の相談相手を決める際のポイントとしてはデメリットも詳しく説明してくれる、不動産投資に関する資格を持っている、契約を執拗に迫ってこないなどが挙げられます。
不動産投資の相談をする際に準備しておくことはありますか?
不動産投資の相談をする際に準備しておくこととしては、投資の目的は明確にしておく、必要な書類はしっかり揃えておくといったことを準備していれば問題ないでしょう。

まとめ

今回は不動産投資の相談はどこにしたら良いのかについて解説してきました。

不動産投資を行っていると個人では解決しにくい問題が多々発生し、自分だけで解決しようとすると大きな損失を被ってしまいかねません。

そんな時はすぐに専門家に相談することをおすすめします。

相談内容によって頼るべき相談先も変わってきますので、相談先を決める際にはぜひ今回の記事を参考にしてみて下さい。

一人で抱え込まず、なるべく早く相談しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事