不動産投資の融資は審査が厳しい?融資に積極的な金融機関を解説!

不動産投資を始める際、多くの人は金融機関から融資を受けることでしょう。金融機関からの融資を受けるためには審査を通過しなくてはなりません。

中には「銀行の融資審査って厳しいイメージ」「自分はサラリーマンだから融資は無理」と考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は不動産投資における金融機関の融資について解説していきます。

不動産投資の融資に積極的な銀行や融資を受けるメリット・注意点なども解説していきますので、融資に対して不安を抱いている方はぜひ最後までご覧ください。

もしかすると融資に対する見方がガラッと変わるかもしれません。
融資は本当に受けられる? 不動産投資の
融資審査について

不動産投資の融資審査は厳しい?

不動産投資を行う際に利用する融資ですが、「審査が厳しいのではないか」というイメージを持っている方も多いでしょう。

この章では不動産投資の融資審査は厳しいのかというテーマについて解説していきます。  

近年は引き締め傾向にある

不動産投資における融資は近年引き締め傾向にあります。言い換えれば審査が厳格化され、融資を受けにくくなっているということです。

この原因としては「かぼちゃの馬車事件」を始めとする不正融資が発端となり、金融庁が規定を厳格化していることが挙げられます。

 「かぼちゃの馬車事件」とは、シェアハウスのサブリース事業が破綻し、銀行を巻き込んだ大きな負債となってしまった事件です。

また新型コロナウイルスの影響によって融資相談件数が飛躍的に増加しており、不動産投資の融資にまで人手が追いついていないという現状もあります。

このような兆候は2018年から見られており、今後も続くと予想されています。

事実、不動産投資への融資実行額は減少の一途を辿っています。

不動産投資融資の種類

不動産投資融資の種類としては「アパートローン」「プロパーローン」の2種類に分かれます。 アパートローンの特徴としては金利・融資期間などがパッケージ化されている金融商品という点が挙げられます。

 審査基準は公式サイトで公開されています。

一方でプロパーローンは、案件ごとに融資内容をアレンジしていく商品です。

融資内容は希望者の資産・事業実績・物件の資産価値などを評価し、総合的に審査をして融資条件などを設定していきます。

プロパーローンを利用する場合は金融機関への問い合わせが必要です。

金利の種類

不動産投資融資の金利は「変動金利」「固定金利」の2種類に分かれています。 変動金利とは長期プライムレートによって金利が変動するのが特徴です。

経済情勢によって金利が上下しますが、固定金利よりも安く済むケースが多いです。

 変動金利は5年に1回利率の見直しを行う金融機関が多いです。

固定金利とはその名の通り、ずっと同じ金額の金利を支払う方式です。変動金利よりも金利が高いことが多いですが、安定した返済計画を立てられるというメリットがあります。

一般的には変動金利を利用する方が審査は厳しいとされています。

審査基準としてはどのような項目がある?

不動産投資の融資審査基準は金融機関によって異なります。主に注目される項目としては以下のようなものが挙げられます。

審査基準の項目
  • 資産背景
  • 年収
  • 年齢
  • 勤務先
  • 勤務年数
  • 雇用形態
  • 信用情報

また、これに加えて購入する物件の資産価値なども合わせて評価されます。物件の資産価値は積算価格と収益性を主に見られます。

耐用年数が長い、収益性が高い物件は評価が上がりやすいです。

融資を受けやすい年収は500万円が目安だと言われています。

不動産投資ローンと住宅ローンの違いは?

天秤で比較

不動産投資ローンと住宅ローンの違いはご存知でしょうか?ここでは、その違いについて解説します。

不動産投資ローンと住宅ローンの違い
  • 借入の目的の違い
  • 返済原資の違い
  • 融資限度額の違い
  • 金利の違い
  • 融資審査の違い

それぞれ、みていきましょう。

借入の目的の違い

これらのローンは借入の目的に違いがあります。

 不動産投資ローンは、購入した物件を他人に貸し出すことで収益を得るために組むローンです。

それに対して住宅ローンは戸建てやマンションなどを購入するためのローンです。このように、不動産投資ローンと住宅ローンは借入の目的が大きく異なります。

住宅ローンが低金利であるため、住宅ローンで不動産投資を行いたいと考える方がいますが、契約違反となるので注意しましょう。

返済原資の違い

これらのローンは返済原資が異なります。

 不動産投資ローンでは入居者から受け取った家賃が返済原資、住宅ローンは居住者の毎月の給与が返済原資となります。

不動産投資ローンも住宅ローンも一定の収入の中から返済原資を捻出することは共通しています。

不動産投資ローンは事業住宅ローンは家計が返済原資になることは覚えておきましょう。

融資限度額の違い

融資限度額も異なることが特徴です。

 不動産投資ローンの融資限度額は年収の10倍~20倍が上限、住宅ローンの融資限度額は年収の5倍~8倍が上限になると言われています。

不動産投資ローンは家賃収入だけでなく給与収入や貯蓄額も返済に利用できるため、上限額も大きく設定されます。

融資限度額は個人の属性や物件の収益性、これまでの投資物件の運用成果などで変わってきます。

金利の違い

これらのローンは融資限度額だけでなく金利も異なります。一般的に住宅ローンよりも不動産投資ローンの方が金利は高くなります。

なぜなら、金融機関にとって不動産投資ローンはリスクがあるからです。前述のとおり住宅ローンの返済原資は「給与収入」であり、個人が勤続する限りは収入が大きく減ることはありません。

 しかし、不動産投資ローンの返済原資である家賃収入は入居者に依存するため、常に一定であるとは限らないです。

よって、不動産投資ローンは金利が高く設定される傾向があります。住宅ローンの金利は0.4%~2.0%不動産投資ローンの金利は1.4%~4.5%と言われています。

不動産投資の中でも立地の良い新築ワンルームマンション投資であれば、低金利で融資を受けられる可能性が高いです。

融資審査の違い

住宅と不動産投資のローンでは、融資審査も異なります。

住宅ローンでは個人の属性(年収、職業、信用情報など)で返済能力の有無を判断します。

 不動産投資ローンでは、個人の属性だけでなく、物件の条件も判断材料となります。

具体的には物件の築年数やエリア、家賃設定、過去の物件売買履歴などが挙げられます。

物件の評価は金融機関で異なるため、A銀行では融資を受けられなくても、B銀行では審査が通るケースは珍しくありません。

不動産投資の融資に積極的な銀行3選

金融機関によっては不動産投資の融資に積極的な姿勢を見せているところもあります。このような金融機関を利用することで融資を受けやすくなるでしょう。

この章では不動産投資の融資に積極的な銀行3選をご紹介していきます。今回ご紹介する銀行は以下の3つです。

不動産投資の融資に積極的な銀行3選
  • 日本政策金融公庫
  • SBJ銀行
  • オリックス銀行

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は幅広い年齢層の人たちに、低金利で融資を行ってくれるという特徴を持ってます。

特に若年層・高齢者・女性に優遇制度をとっており、他の金融機関で融資を断られたとしても、融資を受けられる可能性があります。

 返済期間が短く設定されるというデメリットもあります。

日本政策金融公庫で不動産投資の融資を受ける場合は、あくまで不動産賃貸業として融資を受けることが前提となります。 手続きや面談の際には注意しましょう。

不動産投資目的での融資は受けられません。

日本政策金融公庫の基本情報

融資額 最大4,800万円
年収要件 なし
借入期間 5〜10年程度
利率 1.11〜2.8%

*女性・若者・シニア起業家支援金の場合は上限7,200万円

出典:日本政策金融公庫公式サイト

SBJ銀行

SBJ銀行は韓国系金融機関で資産管理法人の代表者を対象に、不動産投資ローンの提供を行っています。

購入する物件の所在地で融資の上限額が変動し、場合によっては億単位の大きな金額を動かすことも可能です。

 法人が対象となっているので、誰でも申し込めるわけではありません。

借入期間は審査によって決定するのですが、基本的には10年程度に落ち着くことが多く、他の金融機関と比べると短めだというデメリットがあります。

関東・中部エリアの物件を所有しているとより大きな融資を受けられます。

SBJ銀行の基本情報

融資額 上限2億円
年収要件 非公開
借入期間 1〜10年程度
利率 2.875〜3.375%

出典:SBJ銀行公式サイト

オリックス銀行

オリックス銀行はオリックスグループが運営している銀行で、不動産投資目的への融資も積極的に行っています。 オリックス銀行の不動産融資の大きな特徴として、他の金融機関よりも金利が低めに設定されている点が挙げられます。

 金利は「変動金利」「3年固定特約型」「5年固定特約型」の3種類から選べます。

またオリックス銀行の不動産投資融資は築年数が古い物件にも強く、独自の審査を行っているため融資可能なケースも少なくありません。

個人・資産管理法人両方を対象としています。

オリックス銀行の基本情報

融資額 上限2億円
年収要件 500万円以上
借入期間 1〜35年
利率 2.675%~3.675% 3年固定:2.3%~3.3% 5年固定:2.5%~3.5%

出典:オリックス銀行公式サイト

不動産投資で融資を利用するメリットとは?

不動産投資で融資を受けるメリットを理解しておくと、今後の不動産投資をスムーズに進めることにも繋がります。

この章では不動産投資で融資を利用するメリットについて解説していきます。主なメリットとしては以下の通りです。

不動産投資で融資を利用するメリット
  • 投資のスピードがアップする
  • 家賃収入でローンを返済していける
  • 自己資金が少なくても不動産投資を行える
  • 団体信用生命保険への加入が可能

投資のスピードがアップする

不動産投資で融資を利用するメリット、1つ目は投資スピードがアップするということです。不動産投資で利益を追求していくには、1軒だけでは限界があります。

1軒目の不動産投資がある程度上手くいったら、いくつか物件を購入していき、規模を拡大していくと利益が増えてきます。

 複数の物件を購入する際は、自己資金を持っていても融資を受けることをおすすめします。

自己資金を抑えながら不動産投資を行うことによって、利益率を上げることができるのです。

融資を受ける際は事前に返済計画も熟考しましょう。

家賃収入でローンを返済していける

不動産投資で融資を利用するメリット、2つ目は家賃収入でローンを返済していけるという点です。

仮に高額な融資を受けたとしても、購入した物件の部屋が埋まれば、安定した家賃収入を得ることができますので、ローンを返済していきやすくなります。

 ローンを返済していける能力があると判断されれば融資は下ります。

通常の住宅ローンは自身の収入から返済していきますが、不動産投資のローンは家賃収入から返済していけるのが大きな違いでしょう。  

自己資金が少なくても不動産投資を行える

不動産投資で融資を利用するメリット、3つ目は自己資金が少なくても不動産投資を行えるということです。

不動産投資は巨額の資金を必要としますが、一般的な社会人が貯金で賄うには膨大な時間を必要とします。

 物件の購入金額だけでなく、税金や手数料も必要です。

「貯金ができてから不動産投資を始めよう」と思っていると、不動産投資を始めるタイミングを見失ってしまいます。

思い立ったらすぐに行動するのが吉です。

団体信用生命保険への加入が可能

不動産投資で融資を利用するメリット、4つ目は団体信用生命保険への加入が可能だという点です。

団体信用生命保険とは債務者が死亡・高度障害を負った場合などに残債を保証してくれる保険です。

 不動産投資の融資を受ける際に加入を義務付けられているケースも多いです。

団体信用生命保険に加入することで、万が一のことがあっても残された家族に購入した物件がローンのない状態で相続されるため、一般的な生命保険のような利用の仕方もできます。

金融機関も貸し倒れにならなくて済むというメリットもあります。

不動産投資で融資を利用する際注意すべきポイントは?

不動産投資で融資を利用すると数多くのメリットがあるのですが、マイナス面も存在します。

この章では不動産投資で融資を利用する際注意すべきポイントについて解説していきます。融資を受ける際は必ず知っておきましょう。

不動産投資で融資を利用する際注意すべきポイント
  • 返済できないリスクもある
  • 審査に通らない可能性もある
  • 金利が高い
  • 投資する物件に抵当権が設定されてしまう

返済できないリスクもある

不動産投資で融資を利用する際注意すべきポイントとしては、返済できないリスクもあるという点です。

購入した物件の部屋がしっかり埋まれば、安定した家賃収入を得ることができるため、順調に返済できることでしょう。

しかし空室が目立つようになってしまうと当然ですが収入は下がってしまい、返済が滞るという事態に陥ってしまいます。

 家賃収入が得られなくて破綻する人も一定数存在します。

そのようなことにならないようにリスクを軽減できるサブリース契約などを利用するのがおすすめです。

サブリースは手数料がかかりますが、空室があっても家賃が保証されるシステムです。

審査に通らない可能性もある

不動産投資の融資を申請したとしても、人によっては審査に通らない・難航してしまうということもあります。

不動産投資の融資は個人属性や物件価値などを基準に審査されるため、収入が低い・転職を頻繁にしている・物件評価額が低いなどの理由で落とされてしまうこともあるのです。

 通常の住宅ローンよりも審査は厳しい場合が多いです。

審査に通りやすくするためには個人属性を上げていくか、評価額が高い物件を購入するなどの対策が必要です。

赤字になれば自分の資産から返済を行わなくてはなりません。

金利が高い

不動産投資の融資は住宅ローンと比較すると金利が高い場合が多いです。金利が高いと、月々の返済額も高くなっていくため、利益率は下がってしまいます。

 変動金利を利用すると、金利が跳ね上がってしまうリスクもあります。

金利を抑えるにはなるべく金利の安い金融機関を利用する、短期で返済するなどの対策が考えられます。

いずれにしても無理のないような返済計画をじっくり練る必要があるでしょう。

金利が数%でも何十年も払っていると何百万単位の出費になります。

投資する物件に抵当権が設定されてしまう

不動産投資の融資を利用すると、購入した物件に抵当権がついてしまいます。

 抵当権とは返済が滞った時に、金融機関が物件を差し押さえることのできる権利のことです。

つまり融資を利用すると、完済するまで購入した不動産を失うかもしれないというリスクがつきまとうということです。

抵当権をつけずに物件を購入するには、現金で一括で購入するしかありません。

毎月しっかり返済していれば、差し押さえられるようなことはありません。

不動産投資の融資をしてもらいやすい人の特徴とは?

不動産投資の融資は審査が厳しいですが、その中でも審査に通りやすい人の特徴はあります。

この章では不動産投資の融資をしてもらいやすい人の特徴を解説していきます。確実に融資を受けたいという方は、このような人物を目指してみると良いでしょう。

不動産投資の融資をしてもらいやすい人の特徴
  • 収入が安定している
  • 借金がない
  • 健康状態が良い

収入が安定している

不動産投資の融資をしてもらいやすい人の特徴、1つ目は収入が安定しているということです。 金融機関は当然のことですが、返済してもらえることを前提にして融資をしています。

そもそも収入が安定していないと返済してもらえないリスクを背負ってしまうのです。

 融資を受けやすい年収の目安は500万円だと言われています。

例え高年収であっても、月によって月収に差があると審査で落とされてしまう可能性もあります。芸能人や個人事業主がローンを組みにくいのはそのためです。

多ければいいという訳でなく、安定していることが重要となってきます。

借金がない

不動産投資の融資をしてもらいやすい人の特徴、2つ目は借金がない人です。住宅ローンなどを組んでいる場合、そちらも返済しなければならないため返済が滞る可能性があります。

また年収によって借入できる金額に上限がありますので、借金をしていると希望金額の融資を受けることができなくなってしまいます。

 クレジットカードの支払い延滞などの信用情報も重要です。

借金の額が少ない、もしくは全くないという人は返済能力が高いと判断されるため、金融機関からの評価もアップします。  

健康状態が良い

不動産投資の融資をしてもらいやすい人の特徴、3つ目は健康状態が良い人です。

健康状態に何かしらの問題を抱えていると、将来大病を患い働けなくなった場合、返済ができなくなってしまうというリスクが生まれます。

 この項目は生命保険の審査でも重視されます。

現在健康的な問題を抱えていないという人は特に気にする必要はありません。万が一病気や事故があっても「団体信用保険」が利用できます。

不動産投資の融資が通らない人の特徴

スマホ

ここでは、不動産投資の融資が通らない人の特徴を紹介します。

不動産投資の融資が通らない人の特徴
  • 年収や自己資金が少ない人
  • 勤続年数が少なく、雇用が不安定な人
  • 信用力の低い人

年収や自己資金が少ない人

年収や自己資金が少ない人は不動産投資ローンの融資が通りにくいです。

不動産投資ローンの融資が通りやすくなるのは年収700万円以上と言われています。

 年収400万円~500万円でも借りられるケースはありますが、金融機関の選択肢は狭まるでしょう。

また、自己資金が少ない場合も返済能力がないとみなされます。不動産投資ローンでは頭金を多く用意することで、月々の返済額も減らせます。

預金が少ない人は、投資を始める前に貯蓄額を増やすことを考えましょう。

勤続年数が少なく、雇用が不安定な人

勤続年数が少ないと、雇用が不安定であると判断されて審査に通りにくくなります。

 融資に通りやすくなる勤続年数は少なくても2年~3年が必要だと言われています。

よって、転職や就職したタイミングでは高確率で融資が受けられないと考えてよいでしょう。

また、派遣社員や契約社員、フリーターのような正社員以外の雇用形態は不安定であるとみなされるケースがほとんどです。

信用力の低い人

信用力の低い人も融資を受けられない可能性が高いです。なぜなら、金融機関は毀損履歴を重大なリスクとして判断するからです。

つまり、過去にクレジットカードやローンを利用したにも関わらずその借金を返済できなかった人が該当します。

 その他にもお金を借りて返済遅延を複数回起こした人も審査に通りにくくなります。

このような信用情報を回復するためには5年~7年の時間が必要になると言われています。

過去の信用情報に毀損がある人は、回復するまでにお金を貯めておくとよいでしょう。

融資・資金調達の相談も可能!おすすめの不動産投資会社

SYLA(シーラ)

SYLA(シーラ)

おすすめポイント
  • 将来性のあるエリアを選定
  • 入居率が高いから家賃が安定して得られる
  • 品格法に基づいた制度で住宅性能評価書を取得している
  • 金融機関での融資もサポートしてくれる
  • 楽天ポイントをもらえるオンライン無料相談を実施

SYLAは土地や不動産の購入で立地を重視しています。都心16区と一部大都市の最寄駅から徒歩7分以内と好立地なので、賃貸需要が高く入居率は99.2%です。

自社ブランドのマンション「SYFORME」のみだと入居率が99.1%とさらに高く、2014年には100%を達成した実績もあります。

 マンションがあるのは、人口が多くオフィスやキャンパスなどの施設も充実した、将来性のあるエリアです。

SYLAがつくるマンションは美しく安全性が高い構造で、住宅性能評価書を取得しています。住宅性能評価とは、平成12年4月に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいて第三者機関が住宅の性能を評価する制度です。

住宅性能評価書を取得している不動産は、金融機関での借入時に優遇される可能性があります。SYLAでは融資手続きのサポートもしてくれるため、不動産をスムーズに購入できるでしょう。

オンライン無料相談に参加者すると5,000円分の楽天ポイントがもらえます。

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.1%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA公式サイト(2022年12月現在)

RENOSY

RENOSY

おすすめポイント
  • 東京や大阪などの賃貸需要が高いエリアを厳選
  • 厳しい基準をクリアした投資価値が高い中古マンションに投資できる
  • 空室期間が29日だから赤字になる可能性が低い
  • すきま時間で売買契約や物件管理ができる
  • 初回面談を受けるとAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは東京23区をはじめ横浜や川崎、大阪、神戸、京都といった都市部の賃貸需要が高いエリアを厳選しています。

さらに、ビッグデータを利用して利回りや物件のスペック、過去の管理実績などもスコアリングして仕入れているので、投資価値が高い中古マンションへの投資が可能です。

 平均空室期間が29日と短く入居率は99%なので、赤字経営になる可能性は低いです。

打ち合わせや売買契約はオンラインで進められ、マンション購入後の家賃や契約内容のチェックなどはアプリで簡単にできます。

RENOSYならすきま時間で不動産投資できるので、不動産を買ったり管理したりする時間をゆっくりとれない人におすすめです。

初回面談を受けた人は5万円分のAmazonギフト券をもらえます。

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99%

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

出典:RENOSY公式サイト(2022年12月現在)

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

おすすめポイント
  • 長く安定した家賃収入を見込める好立地のマンション

  • 最先端のレベルを追求した設備や仕様
  • 国内外のデザイン賞を受賞している
  • 高品質なマンションだから融資がおりやすい
  • 不動産オーナーへのサポートが手厚い

トーシンパートナーズが販売するマンションは、山手線や中央線、京王線などの人気沿線の駅から徒歩10分圏内にあります。立地にこだわり抜いた結果、入居率は99.1%。長く安定した需要が見込めるでしょう。

自社ブランドのマンションシリーズ「ZOOM」は、9年連続でグッドデザイン賞を受賞しました。2022年にはドイツの権威あるデザイン賞「German Design Award 2022」も受賞しています。

 マンションには、宅配ボックスや浴室乾燥機などニーズが高く質のいい設備を導入しており、デザイン性も機能性も抜群です。

トーシンパートナーズのマンションは高品質なので、金融機関での融資もおりやすいでしょう

マンションの資産価値の高さだけではなく、不動産オーナーへのサポートが手厚いこともメリットです。専用ダイヤルによる電話相談や確定申告書サポートなどがあるので、初めての不動産経営も安心です。

所有物件の収支はオーナー専用アプリで管理できます。
企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 99.1%

 

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

出典:トーシンパートナーズ公式サイト(2022年12月現在)

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • 信用力の高い上場企業のグループ
  • 首都圏で単身者向けのマンションをつくっている
  • 投資用マンションの販売実績が豊富
  • セミナーで不動産投資の基礎から節税まで学べる
  • 不動産のプロと1対1で話せる個別相談

FJネクストは、上場企業である株式会社FJネクストホールディングスのグループです。信用力が高く不動産投資に関する実績やノウハウも豊富なので、安心して取引できます。

首都圏で単身者向けのマンションを展開しており、都会的で高級感のあるデザインが特徴です。

 FJネクストは、首都圏投資用マンション供給ランキングで1位を獲得しました。※1

無料で参加できるセミナーを開催しており、不動産投資の始め方や出口戦略についてなど、初心者から経験者まで役立つ内容です。

オンラインまたは来場型の個別相談もあり、宅地建物取引士や賃貸不動産経営管理士などの専門家から不動産投資へのアドバイスをもらえます。

来場型の個別相談は新宿にあるFJネクストのオフィスで実施しています。
企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

 

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

出典:FJネクスト公式サイト(2022年12月現在)
※1:㈱不動産経済研究所調べ

よくある質問

不動産投資の融資にはどのような種類がありますか?
不動産投資融資の種類としては「アパートローン」「プロパーローン」の2種類に分かれます。
不動産投資の融資の金利にはどのような種類がありますか?
不動産投資融資の金利は「変動金利」「固定金利」の2種類に分かれています。
不動産投資の融資に積極的な銀行はありますか?
不動産投資の融資に積極的な銀行としては日本政策金融公庫、SBJ銀行、オリックス銀行などが挙げられます。
不動産投資の融資を受けるメリットはありますか?
不動産投資で融資を受けるメリットとしては投資のスピードがアップする、家賃収入でローンを返済していける、自己資金が少なくても不動産投資を行える、団体信用生命保険への加入が可能などが挙げられます。
不動産投資の融資を受ける際に注意するべきことはありますか?
不動産投資で融資を利用する際注意するべきこととしては返済できないリスクもある、審査に通らない可能性もある、金利が高い、投資する物件に抵当権が設定されてしまうなどが挙げられます。

まとめ

今回は不動産投資の融資について解説してきました。

不動産投資の融資には利益率を挙げられる、少ない自己資金でも不動産投資を始められるなどのメリットがあります。 一方で返済できないリスクがある、審査が厳しいなど一筋縄では行かないのが現状です。

不動産投資の融資は安定した収入を得ていて、健康状態に問題がなければ審査を通過できる可能性はありますので、諦めずに利用してみてはいかがでしょうか?

無理のない返済計画を立てましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事