不動産投資はサラリーマンでも可能?メリットと失敗しないコツを解説

不動産投資は不動産を購入し、家賃収入を得るという投資方法です。

物件を購入する必要があるため、多くの人は「お金持ちでないと無理」「なんだか大変そう」と思う方も多いでしょう。そんな不動産投資ですが、実はサラリーマンでも行っている人が多いのです。

今回は不動産投資はサラリーマンでもできるのかというテーマについて解説していきます。

サラリーマンが不動産投資を行うメリットや注意するポイント、失敗事例などもご紹介していきますので、不動産投資に興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

不動産投資は思っているより難しくはありません。

不動産投資はサラリーマンでもできる?

不動産投資と聞くと「大金が必要だからサラリーマンの給料では無理」と思ってしまう方も多いでしょう。この章ではサラリーマンに不動産投資は可能なのかについて解説していきます。  

不動産投資はサラリーマンでも十分可能!

不動産投資と聞くと非常にハードルが高いものだと思っている方も多いですが、実はサラリーマンでも取り組むことは十分可能なのです。

不動産投資は巨額の資金を必要とするため、難しそうですが、物件の管理や入居者の募集などは管理会社が委託でやってくれるので、投資者はほとんどすることがありません。

 物件を購入し、委託先を見つけるのが主な活動です。

近年サラリーマンも絶対安定といえない時代となってきており、今後の生活に不安を抱える方も多いでしょう。

不動産投資を行うことによって、今の生活よりもさらに安定した生活基盤を作ることも十分可能となっています。

むしろサラリーマンは不動産投資を行う上で有利な肩書きです。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

不動産投資をしているサラリーマンの割合は?

実は近年不動産投資を行うサラリーマンの割合は増加傾向にあり、現在では不動産投資を行っている人の約4割がサラリーマンなのです。

不動産投資は管理を委託できるので、本業が忙しいサラリーマンの仕事を増やすということはありません。

 FXや株式のように手間や専門知識をつけなければならないという訳でもありません。

不動産投資は資金をしっかり投じさえすれば、自動的に家賃が入ってきます。最初にお金の流れをしっかりと作れば非常に楽です。

副業として不動産投資は人気を博しています。

不動産投資はサラリーマンに向いている?

サラリーマンは、個人事業主などの不安定な収入に比べて安定した給与収入を得ることができます

 そのため、資金返済が滞りにくいと判断されるケースも多く、銀行からの融資を受けやすいと言われています。

しかし、同じサラリーマンでも営業実績などにより給与が変動する場合は、安定した収入を確保しているとみなされにくく、融資審査が通りにくい場合もあります。

融資を希望している方は、給与収入の基準を確認しましょう!

 

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

不動産投資は年収が低いサラリーマンでも始められる?

不動産投資はサラリーマンに向いている、とされていても多くの方が「自分の年収でもできるのか」と不安に思っているでしょう。

不動産ローンの審査が通る年収の目安としては700万円となっていますが、年収500万円以下でもローンを受け付けてくれる金融機関も存在します。

 日本政策金融公庫・商工中金などが挙げられます。

年収が500万円以下のサラリーマンが不動産投資を始めるには、審査を通りやすくするためにもできるだけ多くの自己資金を用意することをおすすめします。

綿密な収支計画を立てて交渉材料にするのも有効です。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

サラリーマンが不動産投資を行うメリット

今現在サラリーマンとして働いているという人の中には「将来が不安」「何か副業をしてみたい」という方も多いでしょう。そんなサラリーマンには不動産投資がおすすめです。

この章ではサラリーマンが不動産投資を行うメリットを解説していきます。主なメリットとしては以下のような点が挙げられます。

サラリーマンが不動産投資を行うメリット
  • 本業に支障が出にくい
  • 保険の代わりとしても利用できる
  • 節税対策になる
  • 副業としても取り組みやすい
  • インフレ対策になる
  • 銀行から融資を受けやすい
  • 老後の年金問題を解決できる

本業に支障が出にくい

不動産投資は賃貸管理業務を管理会社に一任してしてしまえば、自身で行わなくてはならないことはほとんどありません。

そのため1日の大半をオフィスで過ごすサラリーマンでも取り組みやすいのです。信頼できる委託先を見つけてしまえば、何も問題ありません。

 税金関係も税理士に一任できます。

また不動産投資はFXや株式などと違いチャートに張り付いて値動きを気にする必要がないというのも魅力です。

手間をかけずに副業したいという方にはおすすめです。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

保険の代わりとしても利用できる

不動産投資の融資を受けるためには、団体信用生命保険への加入が条件となっていることが多いです。この団体信用生命保険が保険としての機能も果たしてくれるのです。

 団体信用生命保険は融資を受けた人が死亡・障害を負った時に保険会社が残高を保証するというものです。

近年の団体信用生命保険には「がん団信」「7大疾病」などの補償特約をつけられる金融機関も増えてきています。

仮に本人の身に何かがあったとしても借入金額が0になり、不動産は残された家族の資産になることから通常の保険と同じような仕組みになります。

家族の大黒柱となっているサラリーマンには最適です。

節税対策になる

サラリーマンが不動産投資を行うことによって、節税対策になるというメリットがあります。特に初年度には節税効果が大きいです。

不動産投資を行うと家賃収入が入ってきますが、修繕などの管理費としてさまざまな出費が発生します。

 開始時期によっては2年目も大きな節税を行える場合もあります。

経費がかかりすぎると赤字になってしまいますが、給与所得から赤字分を差し引いて所得金額を計上することが可能です。

節税効果を最大限発揮させるためには確定申告を行いましょう。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

副業としても取り組みやすい

近年副業に取り組むサラリーマンも増えてきています。しかし会社の就業規則で副業を禁じられている場合もあります。

不動産投資はそのような場合でも副業として取り組みやすいというメリットがあります。

 就業規則では業務に支障をきたす場合、機密情報を漏洩する場合などが禁止条件として挙げられていることが多いです。

不動産投資は不動産の管理などを管理会社に委託することができるため、サラリーマンが業務時に動く必要はありません。

不動産投資を始める前に就業規則をしっかり確認しましょう。

インフレ対策になる

不動産投資はインフレの影響を受けにくいという特徴があります。

インフレが発生すると額面は変わらないのですが、物の価値が上がってしまうため今まで通りの金額では購入できません。

 インフレとは物価上昇によって通貨の価値が下がってしまう現象です。

インフレの影響を防ぐためには金融資産を現物資産として変えておくことが非常に重要です。現物資産としては不動産や貴金属、土地などが挙げられます。

不動産に投資をしておくと、お金の価値が下がっても、物価が上昇した後の価格で不動産を売却することが可能になるのです。  

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

銀行から融資を受けやすい

サラリーマンが不動産投資を行う際、金融機関から融資を受けて取り組む人が多いでしょう。不動産投資のローンは長期に渡ることが多いので、返済能力を認められなければ審査が通りません。

サラリーマンの場合、安定した給料を毎月支給されているため、銀行からの融資を受けやすいです。

 審査基準は金融機関によって異なりますが、年収や勤続年数を考慮されることが多いです。

サラリーマンは社会的信用度が高いので、ある程度の融資ならば問題なく融資を受けることができるでしょう。

年収が低かったり、転職を短期間で繰り返していたりすると審査は厳しくなってしまいます。

老後の年金問題を解決できる

近年では年金のみで老後の生活を支えることはできないとされており、生活資金として2000万円が必要だと言われています。

不動産投資を行うことによって、老後の年金問題を解決できる可能性があります。

FXや株式などの投資とは異なり、不動産投資は長期間の運用を前提としています。ローンを完済した後は、家賃収入が入ってきますので、老後の生活を支えてくれるでしょう。

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

サラリーマンが不動産投資を行うデメリット

サラリーマンが不動産投資を行うデメリット

サラリーマンが不動産投資を実施すると、「一定の節税効果」「インフレ対策」につながってきますが、デメリットもあることに注意しましょう。

 サラリーマン投資家はプロの不動産投資家と比較しても時間に余裕がないため、勉強不足・物件購入が難しくなります。

そこで、サラリーマンが不動産投資を行うデメリットについて解説していきます。

サラリーマンが不動産投資を行うデメリット
  • 勉強不足な不動産投資になる可能性
  • 物件購入まで時間がかかる
  • 不動産会社と関係を築くのに時間がかかる
  • 空室リスクがある

勉強不足な不動産投資になる可能性

先ほども解説した通り、サラリーマン投資家だと本業に割かれる時間があるため、不動産投資のために勉強する時間が少なくなってしまいます。

不動産投資の勉強不足で物件購入をしてしまうと、取り返しのつかない欠陥が見つかってしまったり、それを修繕するのに大きな出費が必要になることも。

可能であれば、サラリーマンの方も不動産投資の勉強をしてから実践していくことがおすすめです。

忙しくて時間が取れないという方であれば、まずは無料セミナーから「不動産投資」のノウハウを集めていくこともおすすめでしょう。

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

物件購入まで時間がかかる

サラリーマン投資家であれば、物件を購入するのも時間がかかります。プロの投資家と比較しても購入するための時間を作ることが難しく、どうしても買付申込が遅れてしまいます。

 欲しいと思った物件でも、内見する時間がなかったり、不動産会社との連絡が遅くなってしまい、他の不動産投資家に先を越されてしまうことも多いです。

物件を購入するためにも、判断力を鍛えて早く買付申込ができるようにならなければなりません。

そのためにも、不動産投資の勉強をしておき、即座に優良物件かどうかを判断できるような知識を身につけておく必要があります。

不動産会社と関係を築くのに時間がかかる

サラリーマン投資家であると、不動産会社との関係を築くのにも時間がかかることがあります。

不動産会社との信頼関係があると、優良物件の紹介をいただけたり、不動産賃貸管理を安心して任せられるようになります。

 サラリーマン投資家であると、本業で活動中ではなかなか連絡が取れず、信頼関係の構築に時間がかかるでしょう。

それでも、しっかりコンタクトをとりつつ関係を築いたり、複数の不動産会社を比較していくことで、信頼できる不動産会社を見つけたり、関係性を築けるでしょう。

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

空室リスクがある

不動産投資は、入居者が転居した際に次の入居者が決まるまでの間、空室ができてしまいます。

 空室期間が長引けば長引くほど、収入が得られずに支出の割合が多くなってしまうケースもあります。

そのため入居率をあげようとリフォームするなど、常に空室を出さないための工夫が必要となります。

しかしそれらの費用を自己資金から用意することとなるため、収入の低いサラリーマンには空室リスクは大きなデメリットと言えるでしょう。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

不動産投資を始める手順・流れ

不動産投資をスタートする際には、まずは手順や流れを把握することが大切です。ここでは、不動産投資を始める際の手順や流れについて解説します。

不動産投資を始める手順・流れ
  • 1.不動産に関する知識を身につける

  • 2.資金を準備する

  • 3.物件を探す

  • 4.物件調査をする

  • 5.物件を購入する

  • 6.入居者を募集する

1.不動産に関する知識を身につける

不動産投資を始める際には、まずは不動産に関する知識を身につけましょう。不動産の知識を身につけておくと、不動産投資までの手順を円滑に進められます

知識がないのにもかかわらず不動産投資を始めてしまうと、大きな損失を伴う可能性があるので、注意が必要です。

不動産に関する知識は、インターネットや書籍、セミナーなどから学ぶのがおすすめです。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

2.資金を準備する

資金を準備する

不動産の知識を身につけたら投資資金を準備しましょう。昨今、これまでと比較して金融機関からの融資が厳しくなっているため、全額融資で物件を購入することは難しくなっています

 初期費用として、物件価格の20〜30%程度準備しておくべきです。

3.物件を探す

資金準備ができたら、購入する物件を探しましょう。物件探しは、大手の不動産サイトや投資家に向けたサイトで探すのが一般的です。

また新聞の折込チラシにも、インターネットには掲載されていない、掘り出し物件が載っている可能性があるので、チェックしましょう。

自分の手で探すのではなく、不動産会社に物件を探してもらうのも一つの手です。

特に、自分の希望条件に合った物件を探したい人や新しく売り出された物件を探したいに人は、不動産会社に物件探しを依頼するのをおすすめします。

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

4.物件調査をする

物件調査をする

購入したい物件が決まったら、物件調査をしましょう。物件調査とは、不動産会社が売買する物件の状況や周辺環境などを調べる作業のことを指します。

物件調査は、物件を購入するうえで重要な行程です。

最近では、Googleマップや不動産会社が持っている写真などで物件を確かめられますが、可能であれば現地へ足を運び、自分の目で物件を確かめることをおすすめします。

5.物件を購入する

物件調査が完了し、物件を購入する意志が定まったら、物件の購入手続きを進めましょう。物件を購入する際は、物件の購入希望額などを買付申込書に記載し、売主に提出します。

自分以外にも、物件購入希望者がいる場合は、売主が条件を見て、誰に売却するのかを決めます。売主から許可がでたら、売買契約の手続きをします。

 物件に関する重要事項の説明を受けてから、売買契約を結びます。その後、売主に代金を支払い、物件の登記移転手続きが完了したら、物件購入完了です。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

6.入居者を募集する

入居者を募集する

物件を購入したら、物件の入居者を募集しましょう。自ら入居者を募集し、賃貸契約を締結することも可能ですが、物件の案内や見学対応などは思った以上に手間がかかります。

そのため、不動産投資が初めての人は特に不動産業者に任せるのをおすすめします。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

サラリーマンが不動産投資を行う際に注意するポイント

サラリーマンが不動産投資を行うメリットは非常に多いですが、注意しなければ大きな損失を招いてしまいかねません。

この章ではサラリーマンが不動産投資を行う際に注意するポイントについて解説していきます。

サラリーマンが不動産投資を行う際に注意するポイント
  • お金の流れは必ず把握しておく
  • 物件の相場をリサーチしておく
  • 物件の立地をチェックする
  • 土地の将来性をリサーチする
  • さまざまなリスクを想定しておく

お金の流れは必ず把握しておく

サラリーマンが不動産投資をする際は、必ずお金の流れを把握しておきましょう。

投資用の不動産を購入した場合、年間収入・支出、年度末にいくら残っているのかなどを把握しておくことで、今後の見通しが立ちやすくなります。

 購入する不動産をリサーチする段階で把握しておくのが理想です。

年間収入額などは不動産のレントロールを見れば大体分かりますので、気になる不動産を見つけたらチェックしておきましょう。

レントロールは売主から手に入れることができます。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

物件の相場をリサーチしておく

投資する不動産のあたりをつけたら、その物件の相場をしっかりリサーチしましょう。相場よりも高いと収益を減らしてしまうことに繋がります。

 ポータルサイトなどで同じ地域の物件情報を見れば相場は分かります。

もし明らかに相場よりも高いといった場合には、その物件を管理している不動産会社に問い合わせてみることをおすすめします。

もしかすると相場よりも高くせざるをえない事情があるかもしれません。

相場よりも高い理由としては土地価格やアクセスなどがあります。

物件の立地をチェックする

不動産投資で利益を上げるためには物件の立地も非常に重要です。最寄駅やショッピングセンターなどに近いと需要は高まります。

 単身用物件の場合、会社や学校が近くにある方が良いです。

物件の立地のチェックはGoogleマップなどで確認する程度で問題ありません。余裕がある方は実際に物件の周りを歩いてみることをおすすめします。

物件の立地は家賃や入居率に直結しますので、しっかりとチェックしましょう。  

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

土地の将来性をリサーチする

サラリーマンが不動産投資を行う際は、その物件・土地の将来性をしっかり考えましょう。将来性を具体的にいえば、その地域が発展する見込みがあるかということです。

 これは売却後のことを考えるきっかけになります。

もし購入した不動産の所在地周辺が発展すれば、必然的にその物件の価値も上がるため、高値で売却しやすくなります。

気になる物件を見つけたら役所に行って土地区画整理事業・都市計画道路の予定はないか聞いてみると良いでしょう。  

さまざまなリスクを想定しておく

不動産投資にはさまざまなリスクが存在します。空室・災害・修繕など挙げればキリがありません。

そのためさまざまなリスクを想定し、事前に予算を組んでおくと大きな損失を避けることができます。

 リスクを回避するためには不動産投資に関する知識が必要です。

このような最悪の事態を常に想定し、ギリギリの財務状況で不動産投資を行うなんてことは内容にしましょう。

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

サラリーマンが不動産投資に失敗してしまう事例

サラリーマンは不動産投資に向いているということを解説してきましたが、全ての人が成功している訳ではありません。

この章ではサラリーマンが不動産投資に失敗してしまう事例をいくつかご紹介していきます。このようなことにならないように注意しましょう。

サラリーマンが不動産投資に失敗してしまう事例
  • 収支がマイナスの物件を購入してしまう
  • 相場よりも高い物件を購入してしまう
  • 節税目的で不動産投資を始める

収支がマイナスの物件を購入してしまう

サラリーマンが不動産投資で失敗してしまう理由としては非常に多いのが、収支がマイナスの物件を購入してしまっているという事例です。

収支がマイナスというのは家賃収入よりも支出が多く、毎月お金が手元から出ていってしまっているという状態です。

 経費だけでなく、ローン返済も含まれます。

利回りの低い物件を購入してしまうと、結局支出が多くなり、家計を圧迫していくことにも繋がります。

将来値上がりが高い確率で見込まれるなら別ですが、そうでない場合はローンを完済する頃には物件価格・家賃も下がってしまうのであまりおすすめはできません。  

リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

相場よりも高い物件を購入してしまう

サラリーマンが不動産投資で失敗する事例としてよく見られるのが、相場よりも高い物件を購入してしまっているという事例です。

不動産投資は巨額のお金が動く取引を行うので、金銭感覚が麻痺してしまう、お得だと感じてしまう方が多いようです。

 自分でも積極的に学習しないと営業トークに惑わされてしまいます。

相場よりも高い物件をつかまされてしまわないためには、その地域の不動産の相場を知るしかありません。購入前に徹底的にリサーチしましょう。

お金の問題にはシビアに向き合いましょう。

節税目的で不動産投資を始める

サラリーマンの不動産投資には節税効果もあるのですが、これは人によって異なります。中にはほとんど無意味なのに買ってしまう方も多いです。

基本的に年収が1200万円以下のサラリーマンが不動産投資を行ったとしても、最大限の節税効果を受けることはできないでしょう。

 全く節税効果がないという訳ではありませんが、期待通りには行かないはずです。

また新築・築浅ワンルームマンションに投資した場合も、節税効果は薄くなってしまいます。

これらに当てはまるにもかかわらず、執拗に節税効果があると言われている場合は騙されているかもしれません。

物件売却時に今まで節税していた税金を払うことになってしまったという人も存在します。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

不動産投資が向いているサラリーマンの特徴

不動産投資が向いているサラリーマン

サラリーマンの中で不動産投資が向いている人には、共通の特徴があります。ここでは、不動産投資が向いているサラリーマンの特徴について解説します。

特徴
  • 収入が安定している職業に就いている人

  • 勤続年数が長い人

  • 年収が高い人

  • 預貯金や株式などの保有資産が多い人

収入が安定している職業に就いている人

収入が安定している職業に就いているサラリーマンは、不動産投資が向いています。不動産の投資で金融機関の審査では、返済能力があるかどうかを重視されるためです。

安定した収入を得られる職業や社会的知名度の高い職業に勤務している人は、審査において有利になるでしょう。

 具体的には、医師や弁護士、公務員、上場企業の社員などが挙げられます。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

勤続年数が長い人

勤続年数が長い人

勤続年数が長い人も、不動産投資が適しています。勤続年数が長期間であればあるほど、安定した収入を得ていると判断されやすいためです。

勤続年数の長さは、金融機関の融資の審査でも、有利になる可能性が高いとされています。

年収が高い人

年収が高い人は、不動産投資が向いています。年収が高ければ、返済能力があると見なされやすいためです。

 「年収700万円以上である」などと、申し込みにおける要件が定められている金融機関もあります。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

預貯金や株式などの保有資産が多い人

預貯金や株式などの保有資産が多い人

預貯金や株式などの保有資産が多い人は、不動産投資が適しています。資産があると、返済に充てるお金があると判断されるため、金融機関の審査に通る可能性が高くなります。

 昨今では、物件価格の1〜2割程度は自己資金がないと、融資が受けられないケースも増えています。
リスクが少ない不労所得 不動産投資を
始めたい方はこちら

サラリーマンにおすすめの不動産投資会社4選

SYLA(シーラ)

SYLA(シーラ)

おすすめポイント
  • デザイン性が高い自社ブランドの「SYFORME」
  • 住宅性能評価書を取得した高品質なマンション

  • 管理物件の入居率は98.6%、SYFORMEだけなら99.3%※1
  • 利回りくんなら1万円で不動産投資できる
  • オンライン相談会の参加者には楽天ポイントをプレゼント

SYLAはマンションの販売から管理までを行う不動産デベロッパーです。

自社ブランドの「SYFORME」は何十年後も普遍的な価値をもつデザインをコンセプトにデザイン・設計されています。住宅性能評価書も取得しており、デザインだけではなく安心して長く住める性能を備えたマンションです。

 住宅性能評価書とは、国土交通省による住宅性能評価制度において、第三者である専門家が建物の品質について評価する制度です。

デザイン性と品質の高いマンションづくりによって、管理物件の入居率は98.6%、SYFORME単体で見ると99.3%と高水準を実現しています。

予算が少ない人は、1万円から始められる応援型クラウドファンディング「利回りくん」がおすすめです。

SYLAは無料でオンライン相談会を実施しており、参加者には楽天ポイントをプレゼントしています。

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.1%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA公式サイト
※1:公式サイトより

RENOSY

RENOSY

おすすめポイント
  • 売買契約の手続きは来社不要で最短1週間で完結
  • 手軽に収支を管理できるアプリ
  • 入居率99%だから安定収入を得られる※2
  • 資産価値が高いマンションに投資できる
  • 資料請求&面談でAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは、テクノロジーで不動産の取引を手軽にできることが特徴です。売買契約の手続きはすべてオンラインで完結でき、RENOSYのオフィスへ足を運ぶ必要はありません

オンライン手続きなら最短1週間でマンションを購入できるので、忙しいサラリーマンにもおすすめの不動産投資会社です。「OWNR by RENOSY」というアプリを利用すれば、マンション購入後の家賃に管理も手軽にできます。

 RENOSYの入居率は99%、平均空室期間は29日なので、空室リスクが低く安定した家賃収入を得られるでしょう。

RENOSYが取り扱っている不動産は、東京を中心とした都市部にある中古マンションです。

マンションの資産価値が高いこと、そして月間PV数548万以上(2022年7月時点 ※3)を誇るRENOSYのウェブサイトに物件情報を掲載することで、高い入居率を実現しています。

資料請求後に面談を受けると、Amazonギフト券が5万円分もらえます。

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99%

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

出典:RENOSY公式サイト
※2.3:公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

おすすめポイント
  • 人気沿線を中心にした賃貸需要の高い立地のマンション

  • 入居率が高いから安心
  • デザインと性能にこだわった自社ブランド「ZOOM」
  • マンションの資産価値を長く保つためのメンテナンスを実施
  • 考え方に合わせて選べるマネジメントシステム

トーシンパートナーズは、山手線や中央線、京王線など東京の人気沿線を中心にマンションづくりをしています。さらに、駅徒歩10分圏内の人気エリアを厳選しているので賃貸需要が高く、入居率はなんと99.1%です。※4

自社ブランドのマンションシリーズ「ZOOM」はデザインと性能にこだわっており、浴室換気乾燥機やクリーニングボックス、最新のセキュリティなどを導入しています。

 マンションの構造設計は、第三者である構造設計事務所がチェックすることで、建物の安全性を高めています。

マンションの完成・販売後には、建物の清掃や点検、管理組合の設立・運営サポートも実施。もともとの安全性と賃貸需要が高いマンションですが、丁寧なサポートとメンテンアンスによって資産価値を長く保ちます。

管理業務は「管理代行システム」と「借り上げシステム」の2種類から選択可能です。借り上げシステムは、査定賃料の90%の条件でトーシンパートナーズが借上げてくれるので、入居者の有無に関わらず安定した収入を得られます。

退去時に室内を修繕する費用もトーシンパートナーズが負担してくれるので、借り上げシステムなら安心です。
企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 99.1%

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる
出典:トーシンパートナーズ公式サイト
※4:公式サイトより

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • 東証プライム市場に上場している企業のグループ会社
  • 長年の経験と知識で高い入居率をキープしている
  • 都会的で高級感があるデザインのマンション
  • オンラインセミナーに無料で参加できる
  • 1万円から投資できる不動産クラウドファンディング

FJネクストは、東証プライム市場に上場しているFJネクストホールディングスのグループ会社です。40年以上にわたって培ってきた経験と知識によって、99%と高い入居率をキープしています。※5

自社ブランドの投資用マンション「ガーラマンションシリーズ」は、都会的で高級感のあるデザインが特徴です。東京や横浜、川崎など人口の多いエリアを中心につくっています。

 FJネクストは、首都圏投資用マンション供給ランキングでNo.1を獲得した実績があります。※6

無料のオンラインセミナーや個別相談会を開催しているので、これから不動産投資を始める人はとりあえずFJネクストに問い合わせてみるといいでしょう。

1万円から投資できる不動産クラウドファンディングもあるので、個別相談会に参加すれば自分に合った投資方法を提案してもらえるかもしれません。

無料個別相談ではオリジナルの投資プランを作成してもらえます。
企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる
出典:FJネクスト公式サイト

※5,6:公式サイトより

不動産投資に関するアンケート調査

不動産投資を始めたい方の中には、「お金持ちでないと無理」「なんだか大変そう」と思う方も多いでしょう。

そこで不動産デジタルでは、不動産投資に関する独自のアンケート調査を行いました。アンケート項目は以下の通りです。

アンケートの項目
  • 投資の中で「不動産投資」を選んだ理由は何ですか?
  • 不動産投資を始めた時の個人年収はいくらですか?
  • 不動産投資の勉強方法を教えて下さい。

不動産投資を始めようかと悩んでいる方はぜひ、参考にしていてください!

Q1 投資の中で「不動産投資」を選んだ理由は何ですか?

不動産投資を選んだ理由

アンケートの概要
不動産投資を選んだ理由 割合
手間や時間がかからなそうだから 23.4%
周りで不動産投資をしている人がいたから 21.0%
少額の資金で始められるから
初期費用がそこまでかからないから
19.0%
ミドルリスク・ミドルリターンで
比較的リスクが抑えられるから
11.2%
副業禁止の職場だが、
不動産投資だけ認められているから
21.0%
その他 8.7%

 

アンケートの結果、「手間や時間がかからなそうだから」が23.4%、「周りで不動産投資をしている人がいたから」が21.1%ということがわかりました。

 不動産投資はFXや株式投資など他の不労所得に比べて、初心者でも始めやすいことが特徴です。

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターン投資とも呼ばれ、リスクが低いです。また、価格変動が少なく、毎日チェックする必要がないため、副業として初めたい方におすすめでしょう。

仕事で忙しいサラリーマンの方も始めやすいでしょう!

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

Q2 不動産投資を始めた時の個人年収はいくらですか?

個人年収

アンケートの概要
個人年収 割合
500万円未満 29.8%
500~700万円未満 28.8%
700~1,000万円未満 22.9%
1,000~1,500万円未満 11.2%
1,500~2,000万円未満 3.4%
2,000万円以上 3.9%

 

アンケートの結果、「500万円未満」が29.8%、「500~700万円未満」が28.8%ということがわかりました。

 不動産ローンの審査が通る年収の目安としては700万円となっていますが、年収500万円以下でもローンを受け付けてくれる金融機関も存在します。

そのためサラリーマンの方でも不動産投資を気軽に始めることができるでしょう。

しかし、年収が500万円以下のサラリーマンが不動産投資を始めるには、審査を通りやすくするためにもできるだけ多くの自己資金を用意することをおすすめします。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

Q3 不動産投資の勉強方法を教えて下さい。(複数回答可)

不動産投資の勉強方法

アンケートの概要
勉強方法 割合
32.2%
セミナー 31.7%
不動産会社の個別面談 25.4%
不動産メディアなどのコラム 22.0%
その他 12.2%
特にない 36.1%

 

アンケートの結果、本が32.2%セミナーが31.7%ということがわかりました。

 不動産投資会社では、無料のセミナーを随時開催しています。不動産投資のプロからリスクをなるべく減らした不動産投資の方法を学ぶことができます。

また、不動産投資に関する質問をプロに聞くことができるため、自己流で学ぶよりも深い知識をつけることができるでしょう。

不動産投資を始めたい方はまず不動産投資会社の無料セミナーや無料相談を受けましょう。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

アンケート調査の概要

セルフ型ネットリサーチ-Fastask-www.fast-ask.com

調査概要 不動産投資に関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 不動産投資経験のある20〜60代以上の方
調査対象者数 208名(男性158名 女性50名)
調査実施月 2021年12月
調査対象地域 日本全国
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク
にて自主調査
詳細はこちら

よくある質問

不動産投資はサラリーマンでも行えますか?
実はサラリーマンでも取り組むことは十分可能です。本業に支障が出にくい、融資を受けやすいなど、サラリーマンは不動産投資を始めるには有利な肩書きだと言えるでしょう。
投資を行っているサラリーマンの割合はどれくらいですか?
近年不動産投資を行うサラリーマンの割合は増加傾向にあり、現在では不動産投資を行っている人の約4割がサラリーマンとなっています。
不動産投資を行うにはどれくらいの年収が必要ですか?
不動産ローンの審査が通る年収の目安としては700万円となっていますが、年収500万円以下でもローンを受け付けてくれる金融機関も存在します。
サラリーマンが不動産投資を行うメリットを教えてください。
サラリーマンが不動産投資を行うメリットとしては本業に支障が出にくい、保険の代わりとしても利用できる、節税対策になる、副業としても取り組みやすい、インフレ対策になる、銀行から融資を受けやすい、老後の年金問題を解決できるなどが挙げられます。
サラリーマンが不動産投資を行う際に注意するポイントはありますか?
サラリーマンが不動産投資を行う際に注意するポイントとしてはお金の流れは必ず把握しておく、物件の相場をリサーチしておく、物件の立地をチェックする、土地の将来性をリサーチする、さまざまなリスクを想定しておくなどが挙げられます。
サラリーマンが不動産投資に失敗してしまう事例としてはどのようなものがありますか?
サラリーマンが不動産投資に失敗してしまう事例としては収支がマイナスの物件を購入してしまう、相場よりも高い物件を購入してしまう、節税目的で不動産投資を始めるなどが挙げられます。

まとめ

今回は不動産投資はサラリーマンでも行えるのかというテーマについて解説してきました。

不動産投資は本業に支障をきたしにくい、ローンが通りやすい、節税効果があるなどのメリットがあり、サラリーマンにも取り組みやすい投資となっています。

年収が少なくてもローンを受け付けてくれる金融機関もありますので、興味のあるサラリーマンはぜひ取り組んで見てください。

今後の生活に不安を抱えている人にもおすすめです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事