REIT(リート)のおすすめ銘柄はどこ?ネット証券もあわせて紹介

「不動産投資信託(REIT)が気になる」「不動産投資信託(REIT)を購入したいけれど、どうやって選べばいいか分からない」

年々、投資情報などで不動産投資信託について見聞きする機会が増えました。そのため、不動産投資信託を始めたいと思っている人は多いでしょう。

この記事は、不動産投資信託の仕組みから種類、メリットやリスクまで詳しくまとめました。不動産投資信託がどんな商品か理解を深めることで、より安全な投資が行えるでしょう。

おすすめの銘柄とネット証券会社も紹介していますので、最後まで読んでみてくださいね。

不動産投資信託(REIT)とは?

不動産投資信託(REIT)とは?

不動産投資信託は、英語で「Real Estate Investment Trust」です。頭文字をとってREIT(リート)とも略します。

1960年にアメリカで導入されたのが始まりで、日本では2001年9月にJ-REITがスタートしました。日本の不動産投資信託は、Japan Real Estate Investment Trustを略してJ-REITです。

 REITは不動産投資法人が投資家から集めた資金を運用。投資先の不動産による家賃収入や売却益などを、投資家に還元しています。

証券取引所に上場されたREITは、取引時間内であればいつでも売買可能です。価格は数万円~数十万円までさまざま。不動産投資信託はNISA口座でも買えます。

不動産版の投資信託だと考えれば分かりやすいですね。

不動産投資信託(REIT)の種類

不動産投資信託(REIT)の種類

戸建てやマンション、商業ビルなどさまざまな不動産があるように、不動産投資信託にもいろいろな種類があります。

大きく分けると、単一用途特化型REIT複数用途型REITの2種類です。この中でも、特定の地域の不動産に投資するエリア特化型のREITもあります。

単一用途特化型REITとは、1種類の不動産に投資します。複数用途型REITは、2〜3種類の不動産を組み合わせて投資する金融商品です。

投資対象ごとの不動産投資信託の特徴

REITの投資対象には、以下のような不動産があります。

REITの投資対象
  • 住宅
  • オフィス
  • 商業施設
  • 物流施設
  • ホテル
  • ヘルスケア

住宅は安定した家賃収入を得られるため、価格が変動しづらい投資先です。しかし利益は少ない傾向にあります。

商業施設や物流施設ホテルは収益性が高めです。しかしホテルや商業施設は景気に左右されやすいと言う特徴もあります。

 ホテルは新型感染症の影響を特に大きく受けた不動産です。

有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、病院等などのヘルスケア施設は、商業施設などと比べると安定した収益を得られるでしょう。

このように、投資する不動産種別によってREITの収益性は異なります。

複数用途型REITは、オフィスビルと商業施設、住居と商業施設などさまざまな組み合わせがあります。

不動産投資信託(REIT)の利回り

不動産投資信託(REIT)の利回り

REITは他の金融商品に比べて利回りが高いと言われています。不動産投資会社は利益の90%超を投資家に還元することで税金が免除されるからです。

REITの利回りは、投資口の価格に対する分配金の割合によって算出します。

 REITの分配金利回り=年間予想分配金(ひと口当たり)÷投資額(ひと口あたり)×100

ひと口あたり10万円のREITを購入した場合、年間予想分配金が6,000円なら分配金利回りは6%になります。

不動産の家賃収入や売却益からさまざまな経費を差し引いた文が利益です。

不動産投資信託(REIT)の4つのメリット

不動産投資信託(REIT)の4つのメリット

不動産投資信託には4つのメリットがあります。

不動産投資信託のメリット
  • 現物より少ない資金で始められる
  • リスクが分散できる
  • 管理がいらない
  • 売買しやすい

メリットについて、ひとつずつ詳しくチェックしていきましょう。

メリット①現物より少ない資金で始められる

不動産を購入するには、比較的安い中古の戸建や単身者向けのワンルームマンションだとしても、300万円から500万円はします。

しかし、REITはひと口1万円ぐらいから投資できる商品がほとんどです、現物の不動産を購入するよりも、ずっと手軽に投資できます。

不動産のように登記手数料や固定資産税もかからないので、低コストですね。

メリット②リスクが分散できる

メリット②リスクが分散できる

複数用途型のREITを購入すれば、リスクを分散できます。安定した収益を得られるけれど利益は多くない住宅、オフィスビルや商業施設は、利益は多いけれど退去が出た場合にガクンと収益が落ちてしまいます。

これらを組み合わせることで、リスクを抑えつつ適度な利益率をキープできます。

これも現物不動産の購入ではなくREITだからできることですね。

メリット③管理がいらない

通常、不動産に投資する場合は入居者の募集や家賃収入の管理、建物の修繕などを行います。現物の不動産投資は利回りが高いのが魅力ですが、管理の手間がネックに感じる人も多いでしょう。

しかしREITは株式のような金融商品なので、管理の手間がかかりません。REITは不動産会社が運営しているケースが多く、投資対象の物件管理も行っています。

不動産投資と投資信託のいいとこどりですね!

メリット④売買しやすい

メリット④売買しやすい

現物の不動産は流動性の低い資産です。購入したいと思っても、金額や立地面積などが希望に合った不動産を買えるかはタイミング次第です。

また、売却したいと思っても買い手が見つからない限りは、たとえ赤字だとしても所有し続けなくてはいけません。

不動産を売買するタイミングは自分だけでは決められないんですね。

REITなら、証券取引所の取引時間内でいつでも売買可能です。現金が必要になったり他の金融商品を購入したいと思ったりしてもすぐに売却できるため、気軽に購入できます。

知らないと危険な不動産投資信託(REIT)のリスク

知らないと危険な不動産投資信託(REIT)のリスク

メリットの多い不動産投資信託ですが、金融商品なのでもちろんリスクもあります。リスクについてもきちんと理解しておきましょう。

不動産投資信託のリスク
  • 災害による影響が大きい
  • 金利が上昇したら利益が減る可能性がある

不動産投資信託は、株式や債権などに比べて災害による影響が大きい金融商品です。地震や洪水土砂災害などによって投資対象の不動産が損壊すれば、家賃収入は減ってしまうでしょう。

最悪の場合、家賃収入が全くなくなってしまう可能性もゼロではありません。

 不動産投資信託の主な収入源は、投資不動産の家賃収入です。

自然災害以外にも、火災によるリスクも考えられます。このようなリスクを防ぐためには、単一エリア型の投資信託ではなく、あらゆる地域の不動産に投資している商品を購入するといいでしょう。

また、金利が上昇したらREITはマイナスの影響を受ける可能性があります。REITは金融機関から資金を借り入れているため、金利の上昇によって負担が増えてしまうのです。

そのことによって収益性がダウンし、REITの分配金も下落するかもしれません。

REITのおすすめ銘柄をチェック

REITのおすすめ銘柄をチェック

REITのおすすめ銘柄
  • マリモ地方創生リート投資法人
  • いちごオフィスリート投資法人
  • イオンリート投資法人

次は、おすすめ銘柄の特徴や分配金利回り、投資対象物件についてそれぞれ詳しく解説します。

今回は、株式会社日本格付研究所による格付ランクがA以上のリート銘柄を2つ、そして分散投資に適したREITを厳選しました。

財務状況や運用状況から、REITの信用度がAAA~Dのランクで表されています。

AAA が最も信用度が高く、収益性も高い銘柄です。格付け評価が高いほど、REITの破綻リスクも低く安心して購入できます。

いちごオフィスリート投資法人

いちごオフィスリート投資法人

いちごオフィスリート投資法人の特徴
  • 中規模オフィスに特化している
  • 投資エリアは首都圏や主要都市が中心

いちごオフィスリート投資法人は、収益性と流動性が高い中規模オフィスに特化しています。

いちご神宮前ビルやいちご恵比寿西ビルなど、東京都心を中心に首都圏や主要な地方都市の物件に投資しているため、今後の成長にも期待できるでしょう。

会社名 いちごオフィスリート投資法人
上場日 2005年10月12日
分配金利回り 5.47% ※3月18日時点
投資対象 事務所、商業施設
投資エリア 首都圏、主要都市
格付け(JCR) A

出典:いちごオフィスリート投資法人公式サイトより

イオンリート投資法人

イオンリート投資法人

イオンリート投資法人の特徴
  • 大規模な商業施設を中心に投資している
  • イオングループだから安定性が高い

イオングループがスポンサーのイオンリート投資法人。イオンレイクタウンmoriやイオン相模原ショッピングセンターなどの大規模な商業施設を中心に投資しています。

ポートフォリオには、マレーシアのイオンモールも2つ組み込まれているんですよ。

イオングループの高い集客力と開発力を生かし、安定した利益を生み出しています。

会社名 イオン・リートマネジメント株式会社
上場日 2013年11月22日
分配金利回り 4.40% ※3月18日時点
投資対象 商業施設、物流施設
投資エリア 全国各地
格付け(JCR) AA-

出典:イオンリート投資法人公式サイトより

マリモ地方創生リート投資法人

マリモ地方創生リート投資法人

マリモ地方創生リート投資法人の特徴
  • 地方の魅力的な物件に投資している
  • 投資対象の物件種別とエリアが幅広い

マリモ地方創生リート投資法人は、主に新築分譲マンション開発や販売を行っている株式会社マリモがスポンサーのREITです。

「地方から日本を強くしていく」を基本理念に、地方物件を中心に投資しています。レジデンスや商業施設、オフィスなどさまざまな不動産が投資対象です。

会社名 マリモ・アセットマネジメント株式会社
上場日 2016年7月29日
分配金利回り 5.71% ※3月18日時点
投資対象 事務所、住居、商業施設、ホテル
投資エリア 全国各地
格付け(JCR)

出典:マリモ・アセットマネジメント株式会社公式サイトより

REITにおすすめのネット証券5選

REITを始めたいと考えているなら、まずは運用をするネット証券で口座開設を行いましょう。楽天証券では今回ご紹介した銘柄すべて取り扱っています。

楽天証券

楽天証券

楽天証券の特徴
  • REITは62銘柄
  • ETFやREIT等の信用取引手数料が無料
  • 楽天ポイントで投資できる

楽天証券はREITに力を入れており、62銘柄取り扱っています。もともと業界内でも低水準の手数料ですが、さらにETF・REITの信用取引手数料が無料。低コストでREITに投資できます。

楽天ポイントを使って投資できるので、投資初心者でも手軽に利用できますよ。
さらに楽天証券は投資を勉強したい初心者の方のために、セミナーや動画配信を積極的に行っています。投資の方向性に迷ったときにも、安心できますね。
低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら
株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55円
  • 10万円まで 99円
  • 20万円まで 115円
  • 50万円まで 275円
  • 100万円まで 535円
  • 150万円まで 640円
  • 3,000万円まで 1,013円
  • 3,000万円超 1,070円

※全て税込み

株式手数料(信用)
  • 10万円まで 99円
  • 20万円まで 148円
  • 50万円まで 198円
  • 50万円超 385円

※全て税込み

投資信託本数 2,694本
取扱い商品
  • 国内株式
  • 海外株式・ETF
  • 投資信託
  • 楽ラップ
  • 債権
  • 先物・オプション
  • 楽天FX
  • 外国為替
  • 保険
キャンペーン 信用デビューでもれなく200ポイントプレゼント!
※開催終了時期未定

出典:楽天証券公式サイトより

低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら

松井証券

松井証券

松井証券の特徴
  • REITは61銘柄
  • サポート体制が整っている
  • 使いやすいトレーディングアプリ

充実したサポート体制が魅力の松井証券。操作方法や投資に関するお悩みを、電話やチャットで専門スタッフに相談できます。

 25歳以下は取引にかかる手数料が無料となっています。26歳以上も50万円までは手数料0円で取引可能です。

REITの取り扱いは61銘柄。スマートフォン向けの「松井証券 株アプリ」は、シンプルな画面で操作しやすいと評判です。

独自の動画セミナーも公開していますので、投資初心者の方でもすぐにノウハウを得ることができるでしょう。
50万円まで株式手数料0円! 松井証券
無料で口座開設してみる
株式手数料(現物)

【26歳以上】

  • 50万円まで:0円
  • 100万円まで: 1,000円(税込1,100円)
  • 200万円まで: 2,000円(税込2,200円)
  • 100万円増えるごとに1,100円(税込)加算
  • 1億円超: 100,000円(税込110,000円)(上限)

【25歳以下】

無料

株式手数料(信用)

【26歳以上】

  • 50万円まで:0円
  • 100万円まで: 1,000円(税込1,100円)
  • 200万円まで: 2,000円(税込2,200円)
  • 100万円増えるごとに1,100円(税込)加算
  • 1億円超: 100,000円(税込110,000円)(上限)

【25歳以下】

無料

投資信託本数 1,183本
取扱い商品
  • 株式・現物取引
  • 株式・信用取引
  • 投資信託
  • IPO
  • 貸株サービス
  • 立会外分売
  • ベストマッチ(約定価格改善サービス)
  • PTS
  • MMF
  • 先物・オプション取引
  • NISA/つみたてNISA
  • FX
  • ETF/REIT
  • iDeCo
キャンペーン
  • 新規デビュープログラム
    口座開設で全員に「松井証券ポイント」を200ポイントプレゼント
    ※開催期間2021年7月1日~2022年6月30日

出典:松井証券公式サイトより

50万円まで株式手数料0円! 松井証券
無料で口座開設してみる

SBI証券

SBI証券とは

SBI証券の特徴
  • REITは61銘柄
  • NISAの口座開設数がナンバーワン※1
  • TポイントやPontaポイントが使える

金融商品を幅広く取り扱っているSBI証券。REITの取り扱い銘柄も多く、61銘柄も取り揃えています。REITを購入する際に利用したいNISA口座の開設数がナンバーワン※1と、投資家に人気のある証券会社です。

SBI証券は、TポイントやPontaポイントが使ったポイント投資もできます。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら
株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55 円
  • 10万円まで99円
  • 20万円まで 115 円
  • 50万円まで 275 円
  • 100万円まで 535 円
  • 150万円まで 640 円
  • 3,000万円まで 1,013 円
  • 3,000万円まで 1,013 円

    ※全て税込み

株式手数料(信用)

【通常】

  • 10万円まで 99 円
  • 20万円まで 148 円
  • 50万円まで 198 円
  • 50万円超 385 円

【大口優遇】

  • 0円
投資信託本数 2,698本
取扱い商品 国内株式
外国株式
投資信託
債券
外国為替保証金取引(FX)
先物・オプション
CFD(くりっく株365)
金・銀・プラチナ
eワラント
iDeCo(個人型確定拠出年金)
保険
キャンペーン
  • SBIハイブリッド預金の受取利息が100倍!
    ※キャンペーン対象期間:2021/4/20(火)~2021/10/16(土)
  • S株買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン!
    ※キャンペーン期間:2021/8/2(月)~2021/10/29(金)13:30まで
  • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン
    ※キャンペーン期間:2021/9/16(木)~10/29(金)※約定日基準
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

出典:SBI証券公式サイトより
※1 SBI証券公式サイトより

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券の特徴
  • REITは62銘柄
  • 米国株の銘柄数が多い
  • 無料の定期自動入金サービス

マネックス証券は、米国株の取り扱いが多い証券会社です。2022年1月時点での取扱銘柄数5,000銘柄超。新規上場の銘柄も続々追加されています。

定期自動入金サービスに申し込めば手間をかけずに資金移動できるので、スピーディーに取引を進められます。しかも手数料が0円です。

REITは62銘柄取り扱っています。
株式手数料(現物)
  • ~5万円以下:55円
  • 5万円~10万円以下:99円 
  • 10万円~20万円以下:115円            
  • 20万円~50万円以下:275円
  • 50万円~100万円以下:535円
  • 100万円~150万円以下:640円
  • 150万円~3000万円以下:1,013円
  • 3000万円以上:1,070円

※全て税込み

株式手数料(信用)
  • ~10万円以下:99円
  • 10万円~20万円以下:148円                 
  • 20万円~50万円以下:198円
  • 50万円~100万円以下:385円
  • 100万円~150万円:660円
  • 150万円~200万円:880円
  • 200万円~:1100円

※全て税込み

投資信託本数 1,130本
取扱い商品
  • NISA
  • iDeCo
  • 国内株
  • 米国株
  • 投信・投信つみたて
  • 新規公開株(IPO)
  • ETF
  • FX
  • 暗号資産CFD
  • 債権
  • ロボアドバイザー
  • 信用取引
  • 先物・オプション
  • 中国株
  • 金・プラチナ
キャンペーン
  • 米国株デビュー応援プログラム開催終了時期未定
    初回入金日から20日間で取引した米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円分まで米ドルでキャッシュバック
  • 信用取引はじめてキャッシュバック開催終了時期未定
    株式売買手数料を10万円まで全額キャッシュバック(実質0円)

出典:マネックス証券公式サイトより

よくある質問

不動産投資信託の仕組みは?
不動産投資信託は、投資家から集めた資金を不動産投資法人が運用。投資不動産の家賃収入や売却益などを、投資家に還元しています。
価格はひと口あたり数万円~数十万円までさまざま。投資信託や株式と同じように、証券取引所で取引されます。
不動産投資信託にはどんなメリットがある?

不動産投資信託は、現物よりも少ない資金で購入できます。管理が不要で売買しやすいことも現物の不動産と大きく異なるポイントです。

 

また、用途が異なる複数の不動産を組み合わせたREITを買えば、リスクが分散できます。

不動産投資信託はなんで利回りが高いの?
不動産投資信託は、不動産の家賃収入や売却益から経費を差し引いた利益を投資家に分配します。
利益の90%超を投資家に還元することでREITは税金が免除されることから、配当金が高い傾向です。
不動産投資信託のリスクは?
不動産投資信託は現物の不動産を購入するわけではありませんが、投資対象は不動産です。
災害が発生した場合、家賃下落などの影響を受けやすいでしょう。
金利が上昇した場合も、金融機関から資金を借り入れているREITは影響を受ける可能性があります。
おすすめの銘柄は?
格付ランクが高い「いちごオフィスリート投資法人」と「イオンリート投資法人」は低リスクなので、安心して購入できます。
さまざまな地域・物件種別に投資しているマリモ地方創生リート投資法人もおすすめです。
不動産投資信託の取り扱いが多い証券会社は?
楽天証券とマネックス証券、野村証券は62銘柄。SBI証券と松井証券は61銘柄取り扱っています。

まとめ

不動産投資信託は、不動産の現物を購入することなく間接的に投資できる金融商品です。1口1万円程度から購入できるため、株式と同じように手軽に始められます。

不動産投資のように管理の手間がかからず売買もしやすいため、分散投資のひとつとしてポートフォリオに組み込むのにぴったりです。

個人では購入できないような大型商業施設にも投資できるのは嬉しいですね。

しかし、災害によるリスクや金利変動の影響を受ける可能性があることには留意しましょう。

投資先が単一エリアではない複数用途型のREITを購入することで、災害によるリスクは減らせます。

購入するREITによって、リスクを抑え安定した配当金を得られますよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事