SBI証券の評判は?

SBI証券は、初心者から投資経験者まで幅広い層におすすめのネット証券です。証券業界内でも手数料が安くて知名度と実績も抜群なので、初めて証券口座を開設する人も安心して利用できるでしょう。

投資をしている人は証券口座を複数開設しているケースが多いですが、SBI証券は1口座目にぴったりです。

この記事では、SBI証券を利用している人によるリアルな評判やメリットデメリットをまとめました

SBI証券が気になっている人はぜひ参考に読んでみてくださいね。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI証券とは

SBI証券とは

SBI証券は、SBIホールディングス株式会社の子会社です。国内株式個人取引シェア、NISA口座開設数ともにナンバーワン※1毎年あらゆるネット証券関連のランキングで上位に選ばれています。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドによる「2021年みんなの株式ネット証券比較ランキング総合」においても1位に選ばれました。※2

会社名 株式会社SBI証券
所在地 東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー19階
代表電話 03-5562-7210

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

出典:SBI証券公式サイト
※1、※2 SBI証券公式サイトより

SBI証券のリアルな評判

SBI証券の評判

まずは、SBI証券を利用している人たちによるリアルな口コミ・評判をチェックしていきましょう。

いい口コミ

手数料が安い
投資信託など手数料が安いところがいい。銀行は投資信託を購入する際の手数料が高かった。
商品が多い
取り扱っている金融商品が幅広く充実している。手数料も安く、システムが使いやすいところもよい。
SBIネット銀行と連携させると便利
SBIネット銀行とハイブリッド口座などが連携していて使いやすい。キャンペーンが豊富。

いい評判として挙げられているのは、主に手数料の安さでした。取り扱い商品の充実度やSBIネット銀行との併用による利便性も好評価です。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

イマイチな口コミ

スマホをいじる男性

外国株式が取引しづらい
海外株式の取引はサイトが使いづらくスムーズではないと感じる。見やすくもない。
ETFが少ない
ETFの品揃えがあまりよくなく、ETFの検索機能もいまいち。
なにに投資すればいいか分からない
金融商品が多過ぎるため、ある程度の知識がなければ膨大な商品の中から選ぶことは難しい。結果として訳も分からずにダラダラと運用継続してしまう。

イマイチな評判で多かったのは操作のしにくさです。特に外国株式の買い付けがしづらいとの口コミが目立ちました。

また、ETF商品の品揃えがよくないとの声がある一方で、商品の種類が多過ぎるため選ぶのに手間取ってしまうと感じる人もいるようです。

どの商品を買うか迷ったら、SBI証券が無料で提供している投資情報をチェックするといいですよ。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

引用元:ネット証券の比較・口コミ-オリコン顧客満足度

SBI証券は手数料が安い!

評判にもあったように、やはり手数料の安さはSBI証券の大きな魅力です。国内株式の手数料にはスタンダードプランとアクティブプランの2種類あり、自分の投資スタイルに合ったものを選べます。

2つの手数料プランの違いや他社との手数料の違いをチェックしてみましょう。

スタンダードプランとアクティブプランの違い

手数料

スタンダードプランは、1回の注文ごとに手数料がかかります。

手数料は取引金額によって異なり、5万円までは65円、10万円までは99円です。1注文の約定代金が3,000万円以上であれば、手数料は1,070円(税込)と定額になります。

 スタンダードプランでは、1ヶ月間の合計手数料の約1.1%のTポイントがもらえます。

アクティブプランは、1回ではなく1日単位での約定代金に対して手数料がかかります。なんと、約定代金100万円以下なら手数料は0円です。

200万円までなら手数料は1,238円、300万円までは1,691円、300万円以降は100万円ごとにプラス295円となります。</p?

1日に何度も取引する人はアクティブプランがお得ですね!

手数料プランは1日に1回変更することも可能です。月曜日から金曜日に手続きすれば翌日に、土曜日と日曜日に手続きした場合は火曜日に変更が適用されます。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

手数料を他社と比較

SBI証券の手数料

証券会社名 SBI証券 楽天証券 マネックス証券 松井証券 auカブコム証券
1約定ごとの手数料(税込)

~10万円 99円

〜50万円 275円

〜100万円 535円

~10万円 99円

〜50万円 275円

〜100万円 535円

~5万円 55円

~10万円 99円

〜20万円 115円

〜50万円 275円

〜100万円 535円

〜150万円 640円

〜3000万円 1,013円

3000万円〜 1,070円

~10万円 ー

〜50万円 ー 

〜100万円 ー

~10万円 99円

〜50万円 275円

〜100万円 535円

1日定額制(税込)

〜50万円 無料

〜100万円 無料

〜50万円 無料

〜100万円 無料

〜50万円 550円

〜100万円 550円

〜50万円 無料

〜100万円 1,100円

〜50万円 無料

〜100万円 無料

SBI証券と並んで、楽天証券やauカブコム証券も業界最低水準の手数料です。マネックス証券と比べると10万円以下の取引では大差ありませんが、取引額が高くなるにつれて手数料の差も大きくなっています。

松井証券の手数料は1日定額制のみで50万円まではSBI証券と同じく無料ですが、50万円以降の取引では1,100円。大手5社の中でも、SBI証券は手数料が安いことが分かります。

次の章では、SBI証券の手数料以外の魅力についても紹介していきますよ。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI証券で実施中のキャンペーン

トーシンパートナーズの評判を調べる

SBI証券ではさまざまなキャンペーンを実施しており、一覧にすると次の表のとおりです。

キャンペーン名 詳細
FX25通貨ペア!現金還元キャンペーン 期間中に対象通貨ペアの新規取引をすると、1単位につき1円キャッシュバック
個人向け国債キャンペーン 対象債権を合計50万円以上購入した人にキャッシュバック
HYPER SBI2で取引した方に国内株式取引手数料を最大2,000円キャシュバック キャンペーン期間中にはじめてHYPER SBI 2で取引した方を対象に取引手数料を最大2,000円キャッシュバック

CFD取引手数料が最大3,000円キャッシュバックキャンペーン

期間中に対象銘柄の取引手数料を最大3,000円キャッシュバック(CFDに限る)

米株入庫で200ポイントと米株現物取引手数料80%還元祭!

米国株式の移管入庫が完了したお客様にもれなく200ポイントをプレゼント

抽選で現金1万円が当たる!新ファンド設定記念キャンペーン

抽選で100名に現金10,000円をプレゼント

NASDAQ-100リセット付証拠金取引の取引手数料を最大3,000円還元

企業型DC加入者限定、最大10,900円相当などプレゼント

米国株式信用口座開設で200円相当の米ドルがもらえる!

米国株式信用取引口座の開設で200円相当の米ドルプレゼントキャンペーン

参照:SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

SBI証券は口座開設時のみならず、初めての取引や何度か取引している場合でもキャッシュバックキャンペーンを行っています。

これらのキャンペーンは定期的に行われるため、こまめにチェックしておきましょう。
まだSBI証券で口座開設をしていない人は、SBI証券ならばキャンペーンでお得に取引できるためおすすめです。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI証券の6つのメリット

SBI証券のメリット

SBI証券には以下の6つのメリットがあります。

SBI証券のメリット
  • さまざまな金融商品に投資できる
  • 25歳以下は国内株式現物手数料が0円
  • 夜間も取引できる
  • TポイントやPontaポイントが貯まる&使える
  • クレジットカード決済でもポイントが貯まる
  • IPO銘柄の種類が豊富

メリットについて具体的に解説していきます。

さまざまな金融商品に投資できる

SBI証券はバリエーション豊かな金融商品を取り揃えています。国内株式や外国株式、ETFはもちろんのこと債券や金銀プラチナ、つみたてNISA、iDeCoなど主要な投資はすべてSBI証券で利用可能です。

投資信託の取り扱い銘柄数も多く、2,633銘柄と業界トップクラスです。投資信託は個人型確定拠出年金iDeCoやNISA口座、つみたてNISA口座を使った購入もできます。

ロボアドサービス「SBI-ファンドロボ」を使えば、数ある投資信託の中から自分に合った商品が見つかりますよ。

外国株式の取り扱い数が、他社と比べて多い点もSBI証券のメリットです。

SBI証券で取り扱っている米国株式は5,002銘柄。さらに中国やタイ、マレーシア、シンガポール、インドシア、ベトナム、韓国、ロシアの9ヵ国の株式も取り扱っています。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

25歳以下は国内株式現物手数料が0円

豚の貯金箱

SBI証券は、25歳以下の人を対象に国内株式現物手数料が0円になるキャンペーンを実施していました。

そのキャンペーンが好評だったため、2021年12月から完全無料化。25歳以下であれば手続き不要で国内株式現物手数料が無料になります。

未成年口座も完全無料化の対象ですよ。

国内株式現物手数料が無料になる期間は、26歳の誕生日を迎える前日まで。楽天証券やauカブコム証券も手数料の安さは同水準ですが、この点は他社にないSBI証券独自のメリットです。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

夜間も取引できる

夜間取引

通常、株の取引は証券取引所が受け付けている9時〜15時の間しかできません。しかしSBI証券では「PTS」と呼ばれる私設の取引所を設置しているため、証券取引所の取引時間外でも取引できます

取引時間は8時20分から23時59分まで。日中は仕事などで株の売買をする時間が取れない人も、PTSを利用すれば取引がしやすくなります。

しかも、取引手数料が16時30分から23時59分までは無料とお得なんですよ!

TポイントやPontaポイントが貯まる&使える

SBI証券では、株式の取引手数料や投資信託の保有額などに応じてTポイントやPontaポイントが貯まります。SBI証券の取り引きや普段の買い物で貯まったポイントを利用して、投資信託の購入も可能です。

1ポイントは約1円。SBI証券の投資信託は100円から購入できるので、少しのポイントでも余すことなく活用できます。

「ポイント投資」というサービスですよ。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

クレジットカード決済でもポイントが貯まる

クレジットカード決済

三井住友のクレジットカードで投信積立を購入すると、支払額に応じてVポイントが貯まります。

 Vポイントとは、三井住友銀行グループのポイントです。ネットショッピングやコンビニなどで使用できます。

投信積立できる銘柄や、つみたてNISAもクレジットカード決済の対象です。購入金額や銘柄を設定すれば自動で決済されるので、証券口座に資金を用意する手間も省けます

IPO銘柄の種類が豊富

株価が何十倍にも上がる可能性を秘めたIPO銘柄。SBI証券はIPO銘柄の取扱数がすば抜けて多く、2021年3月通期に新規で上場した会社の約93.0%の銘柄を取扱いました。

 IPOとは、未上場企業が新しく市場に上場することです。新規公開株とも呼ばれています。

IPO引受社数は、10年連続で証券業界ナンバーワン※3です。IPO銘柄への投資を目当てにSBI証券の口座を保有している人も少なくないでしょう。

 

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

※3 SBI証券公式サイトより

SBI証券のデメリット

SBI証券のデメリット

SBI証券のデメリットは以下の3点です。

SBI証券のデメリット
  • スマホアプリが多すぎる
  • 取引画面が使いやすいとはいえない
  • デモ取引ができない

デメリットについても詳しく見ていきましょう。

スマホアプリが多すぎる

SBI証券は、SBI証券株アプリやSBI証券米国株アプリ、かんたん積立アプリなど取り引き用のアプリが6つあります。

SBI証券株アプリは国内株式専用なので、外国株式の取り引きでは米国株用のアプリをダウンロードしなくてはいけません。米国株を売買する予定がある人は、スマホアプリが多すぎて面倒に感じるでしょう。

国内株式と米国株は1つのアプリにまとまってたらよかったですね。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

取引画面が使いやすいとはいえない

取引画面

口コミでもありましたが、SBI証券の取り引き画面は操作性がいいとはいえません。アプリと同様、米国株式の取引画面は国内株式とは分かれており、別ページに移動する必要があります。

ウェブサイトが使いづらいため、迅速な取引が必要な局面において煩わしく感じることもあるでしょう。

デモ取引ができない

取引に不慣れな初心者のために、デモ取引のシステムを用意している証券会社が多くあります。取り引き画面で操作を間違え、損失が出てしまう可能性もあるからです。

しかし、SBI証券では株の取引デモシステムがないため予行演習はできません。初めて証券口座を利用する人は、操作ガイドを見ながら慎重に取引しましょう。

いきなり大金で取引せず、小さな金額から始めるといいですね。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI証券の口座開設方法

SBI証券で口座を開設する方法

SBI証券で口座を開設する方法は、オンラインと郵送の2通りです。ここでは、オンラインで口座開設する方法を紹介します。

SBI証券の口座開設方法
  1. ウェブサイトから口座開設の申し込み画面に進み、メールアドレスを登録する
  2. メールで送られてきた認証コードを画面に入力し、住所などを記入する
  3. 口座開設方法で「ネットで口座開設」または「郵送で口座開設」のどちらかを選ぶ
  4. 発行されたユーザーネームとログインパスワードで口座開設状況画面にログインする
  5. マイナンバーカードなどの本人確認書類を写真に撮ってアップロードし提出する

郵送の手続きを選択した場合は住所宛に書類が送られるので、本人確認書類を入れて返送します。

口座開設の申し込みが済んだら、ウェブサイトの初期設定画面で職業などの個人情報を登録しましょう。提出書類の審査が終わり次第、すぐに取引ができるようになります。

スピーディーなネットで口座開設がおすすめですよ!
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI証券はこんな方におすすめ

Axie Infinityを始めるにあたっての注意点

SBI証券は投資経験者はもちろんのこと、初心者にも愛されているネット証券です。とはいえ、証券会社にはさまざまな特徴があり、すべての人に向いていないネット証券もあります。

SBI証券は次に当てはまる方におすすめです。

SBI証券がおすすめな人
  • 手数料を抑えたい人
  • 三井住友カードを使用している人
  • 外国株での取引を希望している人

  • 各種ポイントを貯めたい人

まだ証券口座を開設していない人も他の証券にて開設した人も、自分に向いている方はぜひ参考にしてみてください。

手数料を抑えたい人

1つ目が手数料を抑えたい人です。

例えば「現物取引 アクティブプラン」で各種ネット証券と比較した際は次の表のとおりです。

1日の取引額 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
50万円まで 0円 0円 550円
100万円まで
200万円まで 1,238円 2,200円 2,750円
300万円まで 1,691円 3,300円
以降100万円増加ごとに +295円 +1,100円 +2,750円

値段が上がるごとに手数料は安くなります。

他にも米国ETFの一部銘柄の買付手数料が0円だったり、NISA・ジュニアNISA(米国・中国・韓国ETF)の買付手数料が無料だったりと、あらゆる手数料が格安または無料です。

手数料は何度も取引をしていくうえで大きな出費となりますから、安いのはとても魅力的です。

SBI証券を利用している人の多くも「手数料が安い」と高評価しています。SBI証券自体も手数料だけではなく、使いやすいためとてもおすすめです。

 ネット証券に迷ったらSBI証券を開設しておくと良いでしょう。

参照:手数料|SBI証券

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

三井住友カードを使用している人

2つ目が三井住友カードを使用している人です。SBI証券はクレジットカードでの積立投資が可能ですが、なかでも三井住友カードを使用している人ならばとてもお得です。

 三井住友カードの積立であれば、ポイント最大2.0%の還元です。毎月5万円積み立てれば、年間で最大12,000ポイントももらえるのです。

三井住友カードを利用している、毎回クレジットカードから積み立てをしている人は三井住友カードならば、お得に積立ができます。

いま三井住友カードを持っていなくとも、新規入会&ご利用で10,000ポイント以上貰えます。

三井住友カード入会&ご利用で最大16,000円相当のプレゼントが貰えるのも嬉しいポイントです。

参照:三井住友カードでクレカ積立|SBI証券×三井住友カード

外国株での取引を希望している人

3つ目が外国株での取引を希望している人です。

 SBI証券はネット証券でNo.1の外国株取扱数です。そのため、外国株を取引したい方にとってはSBI証券へ登録すれば、大きなメリットを感じられるでしょう。

取り扱っている株も米国、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアなどとおよそ9カ国です。外国株での取引を希望している人ならば登録するべき証券会社でしょう。

SBI証券ならば取引したい外国株がないといったことはまずないでしょう。

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

各種ポイントを貯めたい人

4つ目が各種ポイントを貯めたい人です。SBI証券ではTポイント、Pontaポイント、dポイントと連携可能です。

これらのポイントカードは日常から使用している人も多く、魅力的に感じる人が多いのではないでしょうか。

ポイントは次の方法で貯められます。

ポイントの貯め方
  • 国内株式の購入
  • 国内株式の入庫
  • 投資信託の購入
  • 株式信託の保有
  • 金銀プラチナの購入
  • SBIラップのおまかせ運用
  • 新規口座開設
  • ご紹介

貯めたポイントは投資信託の購入で使用できます。1ポイント1円というのも分かりやすく嬉しい点です。

参照:SBI証券 スマートフォンサイト|―口座開設ページ:ネット証券最大手の証券会社。オンライントレードでの投資をしっかりサポート―

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI証券に関するよくある質問

SBI証券とは?
SBI証券は、SBIグループのネット証券です。国内株式個人取引シェア、NISA口座開設数ともにナンバーワン。
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドによる「2021年みんなの株式ネット証券比較ランキング総合」では1位に選ばれました。
SBI証券の評判は?
主に手数料が安い、取り扱い商品が充実している、SBIネット銀行との連携していて便利、といった口コミがありました。
しかし、外国株式の買い付けがしづらい、ETF商品の品揃えがよくないとの口コミも少なくありません。
SBI証券の手数料はいくら?
国内株式の手数料にはスタンダードプランとアクティブプランの2種類あります。
スタンダードプランは1回の取引金額が5万円までは65円、10万円までは99円です。アクティブプランは1日単位の約定代金が100万円以下なら手数料は0円です。
SBI証券の取引時間は?
株の取引は、証券取引所が開いている9時〜15時の間しか売買できません。
しかし、SBI証券はPTSと呼ばれる私設の取引所を設置しているため、証券取引所の取引時間外でも利用できます。取引できる時間は8時20分から23時59分までです。
SBI証券ではどんな金融商品に投資できる?
国内株式や外国株式、ETF、債券、金銀プラチナ、つみたてNISAなどさまざまな金融商品に投資できます。
投資信託の取り扱い銘柄数も多く、2,633銘柄と業界トップクラスです。外国株式も多く、米国や中国など9ヶ国の株式を取り扱っています。
SBI証券にはポイント制度がある?
株式の取引手数料や投資信託の保有額などに応じてTポイントやPontaポイントが貯まります。ポイントを利用して投資信託の購入も可能です。
また、三井住友のクレジットカードで投信積立を購入すると、支払額に応じてVポイントが貯まります。
SBI証券のデメリットは?
SBI証券のデメリットは、スマホアプリが多すぎること、取引画面が使いやすいとはいえないこと、デモ取引ができないことです。

まとめ

SBI証券は、さまざまなネット証券関連のランキングで上位にランクインする人気のネット証券です。

手数料は業界内最低水準で、25歳以下だと国内株式現物手数料が0円になります。

チリも積もれば山となるので、手数料が安い会社を利用したいですよね。

投資信託やIPO銘柄の取り扱い数が多く、TポイントやPontaポイントを使って投資できるため、投資未経験者にもおすすめできます。

取引画面が操作しづらい、スマホアプリは国内株式と米国株式で別々になっているなどのデメリットもありますが、総合的に使いやすいのがSBI証券です。

初めての証券口座開設はSBI証券がおすすめですよ!
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事