カード ローン 専業 主婦

「本人に収入がない専業主婦(夫)でも、カードローンでお金を借りられる?」「夫に内緒で融資を受ける方法はないの?」と、カードローンを利用できる方法がないか探していませんか?

毎月の家計のやりくりや急な出費の埋め合わせに、無収入の専業主婦(夫)でも利用できるカードローンがあれば便利ですよね。そこで今回は、収入がない専業主婦(夫)でもお金を借りる方法やおすすめカードローンを紹介します。

パートナーにバレずにお金を借りたい場合の注意点や、審査に通りやすくなるコツも解説!ぜひ参考にしてくださいね。
条件により専業主婦(夫)でも申し込み可能 カードローン
おすすめ5選をチェック!

収入がない専業主婦(夫)がお金を借りる方法|即日融資可能?

収入がない専業主婦(夫)でもお金を借りられる方法はありますが、即日融資は難しいです。ここでは、専業主婦(夫)がお金を借りる方法と、即日融資が不可能な理由について解説します。

無収入では消費者金融カードローンは利用できない【即日融資不可】

財布に入ったクレジットカード

「今日中にお金を用意する必要ができた」という場合、即日融資に対応している消費者金融カードローンから借入したいと考える人も多いでしょう。しかし申込者本人が無収入の場合、消費者金融を利用するのは難しいです。

ほとんどの消費者金融カードローンでは「安定した収入があること」を借入条件としています。消費者金融は「総量規制」という貸金業法で定められた規定を守る必要があるため、無収入の申込者には融資できません。

 「総量規制」では「原則として利用者の年収の1/3を超える金額を貸し付けてはいけない」と定められています。

専業主婦(夫)でアルバイトやパートなどもしていない場合には、収入がないので総量規制の条件を満たせません。

消費者金融のカードローンでは借入ができないので、専業主婦(夫)は即日融資は不可能と考えてよいでしょう。
条件により専業主婦(夫)でも申し込み可能 カードローン
おすすめ5選をチェック!

出典:日本貸金業協会

銀行カードローンは利用できる可能性あり

クレジットカードをネットで使う

専業主婦(夫)でも、銀行カードローンであれば借入できる可能性があります。消費者金融では総量規制が設けられていますが、銀行は総量規制の対象外です。

 総量規制の対象外ではあるものの、多くの銀行カードローンでは自主的に独自の貸付金額の上限基準を設けています。

銀行カードローンは、即日融資ができません。銀行は、カードローンの申込者情報を、警察庁のデータベースに照会して反社会勢力と関わりがないかを確認します。警察庁からの回答は翌日以降になるため、即日融資はできません。

ただし、銀行カードローンにも「安定した収入がある方」を申し込み条件としているところが多いです。銀行カードローンだからと、必ずしも借入できるわけではありません。

借入できた場合も限度額が低く設定されることが多いので、多くの金額の借入は難しいと考えておいてよいでしょう。

出典:日本貸金業協会

パートナーの同意を得られるなら配偶者貸付も利用できる

事前審査

パートナーの同意を得られるのであれば、配偶者貸付も利用できます。配偶者貸付の審査対象は、夫婦の収入額の総額です。

 配偶者貸付を利用する際は、自分の情報だけでなく、配偶者の情報と配偶者の同意書が必要になります。

配偶者貸付は、パートナーに同意書にサインしてもらえば、専業主婦(夫)で自分に収入がなくてもお金を借りられる可能性がある仕組みです。

返済義務は申込者本人にあり、パートナーが内縁関係の場合、同意書にサインがあっても配偶者貸付は利用できない点に注意しましょう。

配偶者貸付に対応していないカードローンもあるので、利用できるカードローンが限られるのはデメリットでしょう。
条件により専業主婦(夫)でも申し込み可能 カードローン
おすすめ5選をチェック!

出典:日本貸金業協会

専業主婦(夫)も申し込めるおすすめカードローン5選

新生銀行スマートカードローン プラス

新生銀行スマートカードローン プラス

新生銀行スマートカードローン プラスの特徴
  • 毎月の返済は2,000円〜と負担が少ない
  • 初めての契約と条件達成でTポイントプレゼント
  • 新生銀行に口座を持っていなくても申し込みできる

新生銀行スマートカードローン プラスは、10,000円から借入できる銀行系カードローンです。初めて契約する場合、Tポイントが1,000ポイント、収入証明書と借入でさらに1,000ポイントが付与されます。

 毎月の返済負担が少ないのもポイントです。100,000円までの借入残高であれば月々2,000〜3,000円の返済になるので、計画的な返済がしやすいです。

新生銀行スマートカードローン プラスは、新生銀行に口座を持っていなくても申し込みができます。全国のコンビニに設置されている提携ATMなら、借り入れ・返済がATM手数料無料で利用できるのも、使いやすいでしょう。

24時間365日借り入れに対応しているので、急な出費が必要になったときでも安心ですね。

新生銀行スマートカードローン プラスの基本情報

借入金利(年) 4.5%〜14.8%
利用限度額 最高500万円
融資スピード 最短翌営業日
WEB申込み 可能
申込み対象
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満70歳以下
  • 本人または配偶者に安定した収入がある
  • 日本国内に居住していること
  • 日本国籍をお持ちか、外国籍で日本語が理解でき、永住権または特別永住権を持っている
  • 新生銀行の指定保証会社、新生フィナンシャル株式会社の保証を受けられる

出典:新生銀行スマートカードローン プラス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスの特徴
  • 配偶者貸付が利用できる
  • 借入手数料が無料
  • 最短24時間で借入ができる

ベルーナノーティスは、配偶者貸付が利用できるのが特徴のカーロドーンです。収入がない専業主婦でも、パートナーの同意があれば借入ができます。

 セブン銀行やローソン銀行など、全国50,000台以上の提携ATMで借入ができるので、使いやすさも魅力です。

提携ATMからの借入時には手数料がかからないので、余計な費用もかかりません。無利息は期間は14日間設けられていますが、初回だけでなく条件によっては完済後何度でも14日間無利息で借入できます。

「レディースローン」もあります。パートやアルバイトで少しでも収入があるなら、女性専用ダイヤルに問い合わせましょう。

ベルーナノーティスの基本情報

借入金利(年) 4.5%~18.0%
利用限度額 最高300万円
融資スピード 最短24時間以内
WEB申込み 可能
申込み対象

18~80歳までの安定した収入のあり、ベルーナノーティスの基準を満たす方

出典:ベルーナノーティス 

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行

PayPay銀行カードローンの特徴
  • 初回借入日から30日間は利息0円
  • 毎月の返済額は1000円から設定可能
  • 残高不足サポート機能で残高不足の心配不要

PayPay銀行カードローンは、最低金利が1.59%と業界最低水準が魅力の銀行系カードローン。申し込み条件に「お仕事をされていて、安定した収入のある方」とありますが、配偶者に安定した収入があれば申し込み可能です。

 毎月の返済額は、最終借入残高が30,000円以下なら1,000円から設定できます。

パートやアルバイトなどで収入が少ない主婦でも、無理なく返済できるでしょう。借入方法は「スマホアプリ」「ホームページ」「ATM」の3つあり、自分が借りやすい方法を選べます。

口座が残高不足でも不足額を自動的に借入する「残高不足サポート機能」が魅力!電気代やガス代などの引き落としも心配ありません。

PayPay銀行カードローンの基本情報

借入金利(年) 1.59%~18.0%
利用限度額 最高1,000万円
融資スピード 最短翌営業日以降
WEB申込み 可能
申込み対象
  • 申込時年齢が20歳以上70歳未満
  • お仕事をされていて、安定した収入がある
    ※配偶者に安定した収入があれば申し込み可能
  • PayPay銀行に普通預金口座をお持ちの個人の方※お持ちでない方は普通預金口座の開設とカードローンを同時にお申し込みできる
    ※営業性の普通預金口座(BUSINESS ACCOUNT)にカードローンをセットすることは不可能
  • 一定の審査基準を満たし、保証会社SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる方

公式ページより
出典:PayPay銀行カードローン 

イオン銀行カードローン

イオン銀行

イオン銀行カードローンの特徴
  • 毎月の返済額は1,000円から
  • 自動融資が利用可能
  • 3種類の返済方法から選べる

イオン銀行カードローンは、借入残高3万円以下で毎月の返済額を1,000円にできる、返済計画を立てやすいカードローンです。残高に応じて無理なく返済できるので、使い勝手がよいでしょう。

 返済方法は、イオン銀行からの引き落とし、指定口座からの引き落とし、ATMの3種類から選べます。

必ずしもイオン銀行に口座を開設する必要はありませんが、イオン銀行を引き落とし口座に設定している場合には「自動融資」が利用可能です。

自動融資は、カードローンで返済用に設定しているイオン銀行口座で、自動引き落としの支払いが残高不足になった場合、借入限度額内で不足額を自動的に融資してくれる仕組み。

うっかり口座に入金し忘れていて、公共料金が引き落とせなかったというリスクを回避できますよ!

イオン銀行カードローンの基本情報

借入金利(年) 3.8%~13.8%
利用限度額 最高800万円
融資スピード 申し込みから最短5日程度(カード受け取り後)
WEB申込み 可能
申込み対象
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
  • 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満で本人に安定かつ継続した収入の見込める方

※ 学生不可
※ 本人に収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入が必要

  • 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

上記の条件をすべて満たした場合のみ

よくある質問「【イオン銀行カードローン】ATMではいくらから何円単位で借入できますか?」より

出典:イオン銀行カードローン 

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの特徴
  • キャッシュカードが届く前に借入可能
  • 金利設定がわかりやすい
  • 好きなタイミングで返済できる

セブン銀行カードローンは、セブン銀行ATMからの借入なら1,000円から1,000円単位で借入できるカードローンです。本当に必要な分だけを借入できるので、借りすぎる心配がありません。

 申し込みから審査完了までは最短2〜3営業日ですが、審査に通ったらキャッシュカードが届く前にセブン銀行ATMでの借入ができます。

返済は、毎月指定口座からの引き落としだけでなく、24時間365日対応のセブン銀行ATMやダイレクトバンキングサービスで任意返済も可能です。余裕があるときに任意返済すれば、後々の返済も楽になるでしょう。

借入も返済も、手数料は利用時間帯・曜日にかかわらず無料!余分な出費を抑えられるのは嬉しいですね。

セブン銀行カードローンの基本情報

借入金利(年) 12.0%〜15.0%
利用限度額 最高300万円
融資スピード 最短2日
WEB申込み 可能
申込み対象
  • セブン銀行に口座がある
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満
  • 一定の審査基準を満たし、アコム株式会社の保証を受けられる
  • 外国籍の方は永住者であること

上記の条件をすべて満たした場合のみ

出典:セブン銀行カードローン

専業主婦が夫に内緒で借入する際の注意ポイント4つ

「夫に知られずにお金を借りたい」と考えているなら、以下4つのポイントに注意しましょう。

夫にバレないコツ4つ
  1. 郵送物に注意する
  2. 在籍確認の電話に注意する
  3. 返済の遅延に注意する
  4. 通帳やカードを見られないようにする

1.郵送物に注意する

赤いポスト

書類やカードなどの郵送物が届かない方法で申し込みをすると、家族にバレるリスクを減らせるでしょう。カードローンに申し込むとカードや書類が自宅に届きますが、郵送物が届かない申し込み方法を利用できる場合があります。

 アプリから申し込むと、郵送物が自宅に届かないカードローンも多いです。

必要な書類もWEBやアプリで提出するので、手続きも簡単に済みます。店舗に足を運ぶ必要もないので、誰かに見られる心配もありません。

WEBやアプリで明細を確認できるカードローンであれば、利用明細の書類も自宅に届かないのでより安全ですよ。

2.在籍確認の電話に注意する

カードローンの在籍確認の連絡を受ける女性

在籍確認の電話にも注意しましょう。在籍確認とは「申込者が申告した勤務先で実際に収入を得ているのか」を確認するために行われる審査のひとつです。

 毎月安定した収入がないと、返済が滞ったり返済不可能になったりするリスクがあると判断されるため、審査に通りません。

在籍確認は、勤務先にカードローン会社から電話連絡が来て確認されることが多いです。しかし、専業主婦の場合は勤務先がないので、自宅に電話連絡が来ます。

夫や家族がいるときに在籍確認が来ると、怪しまれる可能性が高いです。申し込む際には、家族が誰もいないタイミングで在籍確認の電話をしてもらえるか、確認しておくとよいでしょう。

念のため、夫の会社にも連絡が行かないかも確認しておくと安全ですよ。

3.返済の遅延に注意する

おまとめローンを利用する

返済の遅延にも注意が必要です。返済が滞ると、自宅に電話がかかってきたり、督促状が発送されたりするので、家族にバレる可能性が高まります。

 届いた督促状入りの郵送物を家族が不審に思って中身を確認すれば、カードローンの利用がバレます。

バレるリスクを減らすために、毎月の返済日に遅れないように返済しましょう。返済が遅れそうな場合は、窓口に連絡して返済する意思を示し、返済期日を約束することも有効な手段です。

あまりにも返済が滞ると強制解約される危険性があり、信用情報にも傷がつくので滞納には注意しましょう。

4.通帳やカードを見られないようにする

究極の一枚となるクレジットカード

通帳の明細を、夫が確認する習慣がある場合にも注意が必要です。カードローンの引き落としに使う口座の通帳は、夫に見られないように注意しましょう。

 通帳には、カードローン返済の引き落とし履歴が残ります。

夫が知らない自分名義の口座を作成して、その口座をカードローンの引き落とし口座に設定しておくと安心です。カードローン用のカードが発行されている場合には、借入や返済に使用するカードを隠して管理する必要もあります。

自分でしっかり対策しておけば、夫にバレずにカードローンの利用も可能ですよ。

出典:一般社団法人 全国銀行協会

専業主婦(夫)がカードローン審査に通過するためのポイント3つ

専業主婦(夫)がカードローン審査に通過するためのポイントは、主に3つあります。ただし、審査の甘いカードローンはありません。

 「審査が甘い」とアピールしている消費者金融は、闇金である可能性が高いです。だまされないように注意しましょう。

以下の3ポイントに注意すればカードローンの審査に通過しやすくなると考えられているので、ぜひ参考にしてください。

審査通過のポイント
  1. 利用限度額は最低限に
  2. 虚偽の申告をしない
  3. 申し込みは1社に絞る

1.利用限度額は最低限に

おまとめローンを利用する

カードローンに申し込む際は、利用限度額を最低限に設定しておきましょう。

 カードローンの申し込み時には、希望の利用限度額を申告します。利用限度額は、自分が返済できる範囲の金額を申請しましょう。

収入がない専業主婦の場合、50万円以上の利用限度額は設定できません。50万円以上の限度額に設定するには「収入証明書」が必要になり、収入がない専業主婦は収入証明書を提出できないからです。

また、総量規制の関係上、収入がある主婦でも年収の1/3を超える金額の設定はできないと考えてよいでしょう。

銀行系カードローンは総量規制は対象外ですが、多くの銀行で自主的に総量規制の範囲で規制しています。

2.虚偽の申告をしない

クレジットカードを申し込む

どうしても借入したいからと、虚偽内容を申告するのは厳禁です。審査時には申告内容がしっかりチェックされるので、嘘はバレると考えてよいでしょう。嘘がバレれば、審査は通りません。

 仮に借入時に嘘がバレなかった場合でも、借入後にバレれば契約違反となり、全額の即時一括返済を求められる可能性が高いです。

申告内容は正直に、間違いのないよう正確に記述し提出しましょう。なお、カードローン申し込み時には、以下のような本人確認書類を提出する必要があります。

提出できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

提出した本人確認書類の画像が不鮮明だったり、枠に収まっていなかったりすると、審査に落ちる可能性があります。画像は不鮮明にならないよう、写真や名前、住所などがしっかり確認できるように撮影しましょう。

申し込み書の記入にミスがないか、提出書類に不備がないか、提出前にしっかり確認しておくと安心ですよ。

3.申し込みは1社に絞る

レインボー カード

カードローンへの申し込みは、1社に絞るようにしましょう。他社に借入があると、審査に影響する可能性が高いです。カードローンの審査では「他社に借入がないか」「現在の借入額の総額がいくらか」を確認しています。

 総量規制では、申込者の年収の1/3以上は借入できません。これは1社に限らず、複数社の借入合計額が規制の対象です。

銀行系カードローンは総量規制の対象外ではあるものの、審査に影響する可能性は十分に考えられます。他社に借入している場合には、完済してから申し込みましょう。

また、現在どこにも借入をしていない状態でも、同時に複数のカードローンに申請すると審査に落とされる可能性があります。収入面に不安があるのではないかと疑われる可能性があるので、申し込みは1社に絞りましょう。

複数社へのカードローン申し込みの履歴は、個人の信用情報に半年間記録されるのもデメリットですよ。

まとめ

今回は、収入がない専業主婦(夫)でもカードローンを利用する方法や、パートナーにバレずに借入するコツを解説しました。収入がない専業主婦(夫)は、貸金業法の「総量規制」によって消費者金融では借入できません。

しかし「総量規制」の対象外である、銀行系カードローンなら借りられる場合があります。パートナーの同意を得られるなら、配偶者貸付も利用可能です。

カードローンを利用する際は、しっかりと返済計画を立て、支払いが滞らないように気をつけましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事